【2021年最新】衛生管理者参考書の人気おすすめランキング15選

記事ID144321のサムネイル画像

清潔で安全な職場環境を衛生面から取り締まる衛生管理者ですが、会社内の健康診断の管理や空気中の濃度計測など様々な業務を行います。裏方作業ですが、安全面から会社を支える重要な業務です。今回はそんな衛生管理者の資格を取るために必要な参考書についてご紹介していきます。

衛生管理者の資格とは

衛生管理者は一定規模以上の職場には必ず在籍させないといけません。しかし、会社で急に資格を取るように言われた方は、どうすればいいか困っていしまうかと思います。作業環境や労働者の健康を取り締まる重要な職種ですが、参考書を使った独学で十分資格取得が可能です。

 

しかし、衛生管理者参考書は多くのメーカーからたくさんの種類が発売されておりどれを選べばいいか迷ってしまうかと思います。そこで今回は衛生管理者参考書の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

自分に合った、理解しやすい参考書を使って勉強することが重要です。ここからは具体的な参考書の選び方についてご紹介します。また、記事の最後にはおすすめの勉強方法についてもご紹介していますので、是非最後までご覧になってください。

✔試験合格率は45~55%

✔独学で十分合格を狙える

✔自分に合った参考書選びが重要

資格の種類について

衛生管理者の資格には第1種と第2種の二種類があります。基本的に行う業務内容は同じですが、業務を行うことが出来る業種が異なります。第1種では全ての職種で業務で行うことが出来ますが、第2種では有害業務を含む業種は除外されてしまいます。

 

そのため、範囲が広い第1種の方が若干難易度は上がります。ご自分の業種が含まれている資格を取得しましょう。有害業務を含んだ職場の場合は必ず第1種を、それ以外の場合は第2種でも問題ありません。ちなみに合格率はどちらも50%程度です。

衛生管理者参考書の選び方

衛生管理者の参考書は自分に合った学び方が出来るものを選べるかが重要です。ここでは「種類」「特徴」「出版社」の3つの項目を選び方のポイントとしてそれぞれご紹介します。

種類で選ぶ

衛生管理者の参考書には図や表が豊富で理解しやすいものや、参考書と問題集がセットになっているもの、コンパクトなタイプなど様々な種類があります。自分の学習スタイルに合ったものを選んで購入しましょう。

最短で学習できる「要点が簡潔」な参考書

テキストが多い参考書には、試験の問題内容に不必要な程詳細な情報が記載されていることがあります。たしかに衛生管理者として豊富な知識を持っているに越したことはありませんが、まずは合格を最優先にして必要な情報のみを学ぶことをおすすめします。

 

なので、参考書を選ぶ際は要点が簡潔にまとめられているものがおすすめです。詳細な知識などは合格した後からでもゆっくり勉強することが出来ます。

「図や表があるもの」なら理解しやすい

テキストがずらっと書き連ねてある参考書は、中々具体的なイメージがわかず理解が追いつかないなんてこともあります。全くの初心者から勉強する方には図や表を使ってわかりやすくなっている参考書がおすすめです。

 

全くの初心者の場合は、まず具体的なイメージを持っていないことがほとんどです。絵やイラストなどを見て、視覚的に学習できる参考書を選ぶとよいでしょう。

「最新の頻出傾向」を押さえているかもチェック

衛生管理者の試験問題は毎年刷新されていますが、年代ごとに頻出問題の傾向が異なります。そのため、あまり古い年代の参考書を使って勉強することはおすすめしません。

 

過去問を解くのは良いですが、あまりに古すぎる問題集を使っていると今とは出題パターンが大きく変わっている可能性もあります。参考書を選ぶ際は出来る限り最新の頻出傾向を抑えているものにしましょう。

「参考書と問題集」がセットになっているもので記憶を定着

参考書は主に理論や知識を学ぶものですが、いくら情報をインプットしても問題を解くなどのアウトプットをしないと中々記憶に定着しません。

 

そこでおすすめなのが参考書と問題集がセットになっていて、インプットアウトプットが一冊で行えるタイプの商品です。学んだ情報に関する問題を流れで解くことが出来るので効率良く学習することが出来ます。

持ち運びが可能な「コンパクトなタイプ」なら移動先で学習できる

参考書を選ぶ際には、その本自体の大きさや重さも重要なポイントです。これは自分が勉強する場所にもよります。自宅以外でも勉強したいという方にはなるべくコンパクトな参考書を選ぶことをおすすめします。

 

軽くてコンパクトなサイズの参考書はリュックやカバンに入れてもかさばらず、電車やバスなどの移動時間でも広げて学習することが出来ます。ちょっとした隙間時間でも学習したいという方におすすめです。

特徴で選ぶ

参考書の特徴から選ぶのもおすすめです。ここでは「傾向分析」「最新版」「過去問」「専門用語」「基礎知識」「ロングセラー」などの6つの特徴についてそれぞれご紹介します。

専門の講師が「傾向分析」しているもの

全ての資格試験に通ずることですが、試験問題には出題される問題の傾向が存在します。衛生管理者の試験問題に関しても、年代ごとに変わってきているとはいえ出題パターンは存在しています。

 

ある程度基本的な知識を学んだら、試験対策として傾向分析がされている参考書を選ぶといいでしょう。具体的にどんな問題が出るかを知っておくことで、実際の試験でも落ち着いて対応することが出来、対策が立てやすいです。

「最新版」で本試試験に備える

こちらもどの資格試験の参考書に言えることですが、なるべく最新版の参考書を選ぶことをおすすめします。過去から情報が改定されていることがあるので、あまり古い参考書を使っていると間違った内容で覚えてしまうかもしれません。

 

また、問題の出題傾向も年代ごとに変わっています。最新の参考書を使って、最新の試験対策を行うことがおすすめです。

試験直前には「過去問」

参考書を何周かして、記載されている内容が理解できたら次は問題集を解きましょう。問題集を解いて記憶に定着したら、今度は過去問集を使って試験対策をするのがおすすめです。

 

問題集に記載されている問題は基本的なものが多く、実際の試験では出てこないような問題も多いです。過去問集では実際に過去の試験で出題された問題の演習が行えます。時間配分も含めて試験対策を行えるので、試験直前の学習におすすめです。

「資格独自の専門用語」が理解できる

衛生管理者の勉強をする上で、専門的な用語はかなりの量を覚える必要があります。参考書の内容を理解するためにも一つ一つ用語を確認して意味を理解しなければなりません。

 

専門用語がまとめられた参考書は辞書代わりにも使えて便利です。わからない単語が出た際にすぐに調べることが出来るので、1冊は持っておくことをおすすめします。

初心者でも理解しやすい「基礎知識」

これから何も予備知識が無い状態で衛生管理者の資格を目指すという初心者の方には、基礎知識について丁寧に解説がされている参考書がおすすめです。

 

試験にはある程度複雑な問題が出ることもありますが、それも全て基礎知識を抑えていないと解けません。いきなり上級者向けの内容の参考書では挫折してしまうので、まずは初心者でも理解しやすい基礎知識に重点を置いている参考書を選びましょう。

「スマホのアプリ」で隙間時間も活用できる

最近では紙の本以外に電子書籍として参考書が販売されていることも多くなりました。電子書籍版の参考書のメリットは、普段持ち歩いているスマートフォンやタブレットから読めることです。

 

移動時間や休憩中、またはトイレの中などのちょっとした隙間時間でも勉強できるので時間を有効活用して試験勉強をしたいという方には電子書籍版の参考書がおすすめです。

信頼のある「ロングセラーのテキスト」

これまで紹介してきた参考書の種類や特徴を読んでもまだ選べないという方は、ベストセラー作品から選んでしまうのも良いでしょう。

 

ベストセラーを獲った参考書はそれだけ多くの受験生から良い評価を集めているので、かなり信頼のおける参考書です。気になる方は商品の口コミやレビューが書いてあるブログなどを読んで、買う前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

出版社で選ぶ

最後は出版社で選んでしまうのも手です。通信教育や資格取得の参考書をメインで扱っている出版社を選ぶと良いでしょう。

 

特におすすめのユーキャンは、日本の通信教育系の本を数多く出版している業者です。ユーキャン公式テキストは衛生管理者の参考書以外でも数多くの分野の参考書で高い評価を得ています。

衛生管理者参考書の人気おすすめランキング15選

1位

KADOKAWA

この1冊で合格! 村中一英の第2種衛生管理者 テキスト&問題集

プロ講師が最短合格へ頻出テーマを徹底解説

参考書と問題集がセットになったこちらの商品では、短期集中で効率的に衛生管理者の資格取得に向けて学習することが出来ます。

 

指導実績10年超の有名講師がナビゲートしており、図やイラストが豊富で全くの初心者からでもスムーズに理解しながら読み進めることが出来ます。

出版社 KADOKAWA 種別 第2種

口コミを紹介

公表問題の中から特に試験に出やすいポイントのみを重点的に説明している参考書のようです。
実際の試験で多く出題されていたので値段の割には良い結果を出せると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

KADOKAWA

この1冊で合格! 村中一英の第1種衛生管理者 テキスト&問題集

評価の高い1冊

先ほどランキング1位で紹介した商品と同シリーズで第1種に対応している参考書&問題集です。基本的に学習する内容はほとんど同じですが、有害物質を取り扱う業種にも対応できるように試験範囲が広がっています。

 

丁寧に解説されており内容理解がしやすく、巻末には実際に行われる試験と同じ44問の問題が収録されています。読み終えた最後に自分の力試しが出来、間違えた範囲は読み直すことでこれ一冊で試験対策まで一貫して行うことが出来ます。

出版社 KADOKAWA 種別 第1種

口コミを紹介

勉強を始めたばかりですが、分かりやすそうで、良いと思います。合格目指して頑張ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

U-CAN

'20~'21年版 ユーキャンの第1種衛生管理者 重要過去問&予想模試

最新の出題傾向に対応

こちらの問題集には、公表問題を徹底分析して最新の頻出問題を割り出して論点別に収録されています。過去問題に加えて実践さながらの予想模試も掲載されていて試験対策の取りやすい商品です。

 

重要論点別に問題が整理されていることで、自分の苦手分野を集中して学ぶことが出来ます。解説も易しく丁寧に行われているので、しっかりと理解を深めることが出来ます。

出版社 U-CAN 種別 第1種

口コミを紹介

とてもわかりやすいです!このテキスト3回解き直し、完全理解で、1発合格でした

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

U-CAN

'20~'21年版 ユーキャンの第1種・第2種衛生管理者 速習レッスン

重要度が明示されている

衛生管理者の資格には第1種と第2種の2種類がありますが、こちらの参考書はどちらにも対応することが出来ます。

 

イラストや図が豊富に掲載されており、全くの予備知識がない初心者の状態からでもしっかり合格までサポートすることが出来ます。それぞれ重要度についても明示されているので、優先度をつけて効率的に学習することが出来ます。

出版社 U-CAN 種別 第1種・第2種

口コミを紹介

この本の特徴は、まず、赤シートが付いていて、赤い字を隠しながら
勉強できるところで、本文の配色が、活字の黒のほかは重要語の赤
なので、シートを使っていけば、試験範囲のキーワードをすべて網羅できる。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

TAC出版

スッキリわかる 第1種衛生管理者 テキスト&問題集 2021年度版

イラストと図が満載

こちらの商品は項目ごとにまとめられた過去問演習が多数収録されており、予想試験問題が1回掲載されていることもあって試験対策がバッチリ行える参考書兼問題集です。

 

テキストに関しても図やイラストが豊富に掲載されており、初心者から始める方にとっても理解しやすくておすすめです。

出版社 TAC出版 種別 第1種

口コミを紹介

とても分かりやすい。会社で10冊注文しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

実施試験6回分を収録

こちらの商品には平成29年後期から令和2年前期までの実施試験6回分が収録されています。豊富な問題量が掲載されていますので、一通り知識を学んだあとはこちらの問題集を使って試験対策をすることがおすすめです。

 

また、最新の法改正に対応させて全ての選択肢に解説文が掲載されています。実際の試験と同様の間隔で行えるように、マークシートの解答欄も付いていて本番さながらの雰囲気で学習できます。

出版社 成美堂出版 種別 第1種

口コミを紹介

この問題集をひたすらやらりました。
多分引くくらいやりまさした。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

秀和システム

第1種衛生管理者 一問一答パーフェクト1500問 '19~'20年版

頻出傾向を抑えた一問一答集

こちらの問題集には、一問一答形式で最新の頻出傾向を抑えた問題が合計1500問も収録されています。THP指針やメンタルヘルス指針、リスクアセスメント指針といった新傾向にも対応しています。

 

過去10年分の出題パターンを収録しており、これ一冊で合格を狙える十分な試験対策を行うことが出来ます。

出版社 秀和システム 種別 第1種

口コミを紹介

衛生管理者の試験問題は新規問題が少ないので、過去問が重要です。その点、この本は問題数も多く、解説も解りやすいのでオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

頻出テーマをピックアップして収録

こちらの参考書では1テーマごとに見開きの2ページを使って、図表やイラストを駆使してコンパクトに整理されています。

 

また、暗記ポイントを隠せる赤シート付きなので効率的に重要ポイントを学び進めることが出来ます。過去問を詳細に分析したことで頻出テーマもまとめられており、〇×形式で理解度をチェックできるようになっています。

出版社 成美堂出版 種別 第1種

口コミを紹介

とにかく過去問学習からスタートして覚えていくのがベストだと思います。
教材テキストで一から勉強しようとしてもなかなか入ってきません。
意味も分からずでも単語や内容に触れるには過去問学習がベストだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

衛生管理者の業務内容を把握できる一冊

こちらの商品には実際に衛生管理者がどのような業務を行うのかが、多様化した労働衛生問題をから具体的な例をピックアップして解説されています。

 

これから衛生管理者を目指す方や、衛生管理者とは何なのかと言った根本的なことを学ぶ際に便利な一冊です。会社の規模が大きくなってきて、衛生管理者が必要になるかもという現実に直面しても事前に知っておくことで慌てずに対応することが出来ます。

出版社 労働調査会 種別 第1種・第2種

口コミを紹介

初心者にも読み易く、わかり易いので助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

秀和システム

第2種衛生管理者 一問一答パーフェクト900問 '20~'21年版

900問を一問一答で収録

試験の一発合格を目指す方は、過去の試験のデータを基にした頻出傾向を理解することが最適です。この問題集は合計で900問物頻出傾向を抑えた問題を収録していて、試験対策に最適な一冊です。

 

1日30問をマスターすれば合計30日で1周することが出来ます。これを数回繰り返すことで、本番の試験対策はほぼ済ませることが出来ます。

出版社 秀和システム 種別 第2種

口コミを紹介

暗記用の赤シートを別途買う必要があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

秀和システム

第2種衛生管理者 過去7回本試験問題集 '20~'21年版

解答が別冊になっていて答え合わせがしやすい

こちらの商品には過去7回の実際に行われた本試験の問題が収録されています。全ての選択肢に対して丁寧な解説が添えられているので、問題を解く以外でも解説を読み込むことで理解を深められます。

 

また赤シートに対応していることに加えて、解答が本誌から切り離し可能な別冊に掲載されています。問題ページと横に並べて見比べることが出来るため、答え合わせがしやすい構造なっています。

出版社 秀和システム 種別 第2種

口コミを紹介

やはり過去問題は、直近のものに限る。
試験の時に、役立ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

秀和システム

第1種衛生管理者 一問一答パーフェクト1500問 '20~'21年版

20回分相当の試験問題を収録

こちらの過去問集には過去10年の試験問題、20回分相当を収録しています。しかも各問題は条文・項目別にまとめられているため苦手な項目を集中して学びやすいです。

 

さらに、各問題には重要度が割り振られているため、覚えるべき項目の優先順位が明らかです。重要度の高い項目から覚えて、効率的に試験対策を行いましょう。

出版社 秀和システム 種別 第1種

口コミを紹介

不満はない。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

日本能率協会マネジメントセンター

マンガでやさしくわかる第2種衛生管理者

マンガ+試験対策

人生100年時代の今、職場の就業環境を取り締まる衛生管理者とはいったいどういった業務を行うのかを漫画によるストーリー仕立てで知ることが出来ます。

 

また、漫画だけでなく第2種の資格取得に向けた重要ポイントの解説と演習問題も収録されています。こちらは、勉強の総仕上げとして挑んで実際の試験の雰囲気を味わえる内容です。

出版社 日本能率協会マネジメントセンター 種別 第2種

口コミを紹介

勉強の入口としては分かりやすくスムーズに理解が深まります。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ナツメ社

資格取得スピード王が教える 衛生管理者 第1種・第2種1カ月合格術 第3版

1ヶ月で合格する短期集中型

こちらの参考書は重要部を太文字、赤文字、アンダーラインで表示しています。覚えなければいけない重要ポイントが一目でわかるので、赤シートを使って効率よく学習していくことが出来ます。

 

そのためタイトルにもある通り、1ヶ月で合格ラインまで成長して一発合格を狙うことが出来る参考書です。

出版社 ナツメ社 種別 第1種・第2種

口コミを紹介

過去問をやる前に知識として読むと理解が早まると思う。実際に私はこの本を3回読み、あとは他書の過去問を解き、約1ヶ月で8割とれて受かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

7日間の短期集中で合格を狙う

こちらの商品では、過去の本試験での出題傾向を徹底的に分析して実際に試験問題として頻出な問題だけを収録し解説されています。

 

過去問題と2回分の模擬試験を解くことで実際の試験に近い感覚で学習することが出来、こちらの参考書を何周か読むことで7日間ほどでもしっかりとした試験対策をすることが出来ます。

出版社 日本実業出版社 種別 第1種・第2種

口コミを紹介

色分けされており、見やすい本です
覚えるポイントが書いてあります語呂合わせも多いです
頑張って合格したいと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

衛生管理者参考書の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5742284の画像

    KADOKAWA

  • 2
    アイテムID:5742288の画像

    KADOKAWA

  • 3
    アイテムID:5742303の画像

    U-CAN

  • 4
    アイテムID:5742305の画像

    U-CAN

  • 5
    アイテムID:5742307の画像

    TAC出版

  • 6
    アイテムID:5742309の画像

    成美堂出版

  • 7
    アイテムID:5742311の画像

    秀和システム

  • 8
    アイテムID:5742313の画像

    成美堂出版

  • 9
    アイテムID:5742315の画像

    労働調査会

  • 10
    アイテムID:5742317の画像

    秀和システム

  • 11
    アイテムID:5742319の画像

    秀和システム

  • 12
    アイテムID:5742321の画像

    秀和システム

  • 13
    アイテムID:5742375の画像

    日本能率協会マネジメントセンター

  • 14
    アイテムID:5742655の画像

    ナツメ社

  • 15
    アイテムID:5742661の画像

    日本実業出版社

  • 商品名
  • この1冊で合格! 村中一英の第2種衛生管理者 テキスト&問題集
  • この1冊で合格! 村中一英の第1種衛生管理者 テキスト&問題集
  • '20~'21年版 ユーキャンの第1種衛生管理者 重要過去問&予想模試
  • '20~'21年版 ユーキャンの第1種・第2種衛生管理者 速習レッスン
  • スッキリわかる 第1種衛生管理者 テキスト&問題集 2021年度版
  • 詳解 第1種衛生管理者過去6回問題集 '21年版
  • 第1種衛生管理者 一問一答パーフェクト1500問 '19~'20年版
  • 第1種衛生管理者 集中レッスン '21年版
  • 衛生管理者の実務マニュアル
  • 第2種衛生管理者 一問一答パーフェクト900問 '20~'21年版
  • 第2種衛生管理者 過去7回本試験問題集 '20~'21年版
  • 第1種衛生管理者 一問一答パーフェクト1500問 '20~'21年版
  • マンガでやさしくわかる第2種衛生管理者
  • 資格取得スピード王が教える 衛生管理者 第1種・第2種1カ月合格術 第3版
  • 最新7日間完成衛生管理者試験合格塾
  • 特徴
  • プロ講師が最短合格へ頻出テーマを徹底解説
  • 評価の高い1冊
  • 最新の出題傾向に対応
  • 重要度が明示されている
  • イラストと図が満載
  • 実施試験6回分を収録
  • 頻出傾向を抑えた一問一答集
  • 頻出テーマをピックアップして収録
  • 衛生管理者の業務内容を把握できる一冊
  • 900問を一問一答で収録
  • 解答が別冊になっていて答え合わせがしやすい
  • 20回分相当の試験問題を収録
  • マンガ+試験対策
  • 1ヶ月で合格する短期集中型
  • 7日間の短期集中で合格を狙う
  • 価格
  • 5104円(税込)
  • 1190円(税込)
  • 4887円(税込)
  • 1731円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 2300円(税込)
  • 1782円(税込)
  • 2450円(税込)
  • 5763円(税込)
  • 4689円(税込)
  • 4163円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 4992円(税込)
  • 5499円(税込)
  • 181円(税込)
  • 出版社
  • KADOKAWA
  • KADOKAWA
  • U-CAN
  • U-CAN
  • TAC出版
  • 成美堂出版
  • 秀和システム
  • 成美堂出版
  • 労働調査会
  • 秀和システム
  • 秀和システム
  • 秀和システム
  • 日本能率協会マネジメントセンター
  • ナツメ社
  • 日本実業出版社
  • 種別
  • 第2種
  • 第1種
  • 第1種
  • 第1種・第2種
  • 第1種
  • 第1種
  • 第1種
  • 第1種
  • 第1種・第2種
  • 第2種
  • 第2種
  • 第1種
  • 第2種
  • 第1種・第2種
  • 第1種・第2種

おすすめの勉強方法

最後に衛生管理者の資格を取得するまでの具体的な勉強方法について、「勉強時間」「コツ・裏技」「無料講座・アプリ」などの3項目に分けてそれぞれご紹介します。

必要な勉強時間

予備知識ゼロの状態から衛生管理者の資格取得までに必要な勉強時間は、およそ100時間程度だといわれています。また、仕事をしながらだとまとまった時間が取れなかったり、毎日継続して勉強することが難しいかと思います。

 

大まかに4~6ヶ月程度と考えておくといいでしょう。仕事終わりに1時間は勉強時間を確保すると決めたり、なるべく継続して行えるように隙間時間を使うなどして時間を有効活用してください。

勉強のコツ・裏技

学生時代に世界史や日本史などで語呂合わせを使って暗記した経験がある方は多いと思います。じつは、衛生管理者の勉強でも裏技というほどではないですが語呂合わせを活用して覚えることが出来ます。

 

また、手書きでもいいので小さいメモに重要な暗記項目を記載して、仕事中や日々の生活の中でよく目にするところに貼り付けておくこともおすすめです。あとは、出題傾向をしっかり理解することで的を絞って学習することが出来ます。

無料講座・アプリを活用

最近では、ネット上でアプリを使った無料講座を受講することもできます。一人では中々モチベーションを保てないという方にはおすすめのツールです。

 

1講座10分程度で気軽に見れるものや、問題演習が行えるものなど様々です。オリエンテーションや入門講座なども配信されているので是非気軽に試してみてください。

その他の資格の参考書もチェック

その他の資格の参考書は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

まとめ

今回は衛生管理参考書の選び方のポイントとおすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。衛生管理参考書の購入を検討している方は、是非今回ご紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事