【2021年最新版】日本語検定参考書の人気おすすめランキング10選

日本語検定とはあまり聞きなれない資格ですが、有資格者は優遇すると公表している企業や学校もあるなど、就職や入試が有利になる可能性がある資格です。今回は日本語検定の資格取得に役立つ参考書を、難易度や勉強法など、それぞれの目的や用途に合わせたおすすめ商品を紹介します

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

就職や入試が有利に!日本語検定とは?

資格を取るなら、就職や入試が有利になるものが良い、そう思っている方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが日本語検定という資格です。ですが資格勉強をするためには参考書がかかせません。

 

そこで今回は日本語検定参考書の選び方やおすすめ商品ランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。また日本語検定の勉強方法や試験についてなども紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

✔︎受験したい難易度の物を選ぶ

✔︎試験問題全体が載っている物で流れを把握

✔︎苦手な部分は専用のテキストで反復練習

日本語検定の参考書の選び方

日本語検定の参考書には様々な種類があり、対応している問題や範囲、難易度など内容は多岐に渡ります。これから要素ごとに分けた選び方や、おすすめの参考書をランキング形式で紹介します、ぜひ参考にしてみてください。

難易度で選ぶ

日本語検定には階級が1級から7級まであり、数字が小さい階級ほど内容が難しく、試験の難易度は上がっていきます。参考書は基本的に1つの階級についてのみの内容になっていますが、一部の参考書は複数の階級について取り扱っているものもあります。

小・中・高校生向けなのは「4級~7級」

日本語検定の4級~7級は難易度があまり高くなく、それぞれ小学生、中学生、高校生レベルの試験問題になっています。そのため人によっては簡単に合格できますが、4級~7級では就職や入試に有利にならない可能性が高いので注意が必要です。

 

しかし現役の学生であれば、学力の上昇に繋がりますので結果的に就職や入試に有利になるということもあります。また社会人の方でも、基礎的だが正しい日本語を勉強できれば、ビジネスシーンで役に立つこともあるので、4級~7級の参考書もおすすめです。

大学生・社会人には「1級~3級」

多くの企業や大学が優遇を明言しているのは3級以上からで、場合によっては1級のみの所もあります。しかし日本語検定の1級~3級は難易度が高く、レベル的には大学生や社会人程度の試験内容になっています。

 

特に1級の合格率は約10%、受検者数全体の中では僅か1.6%しかない程で、とても狭き門となっています。そのため参考書を使用するなどした事前の勉強が必要不可欠です。また参考書の内容が自分に合うものを選ぶのも大切です。

出版社で選ぶ

日本語検定の参考書は様々な出版社が発刊しています。ですが取り扱っている問題の範囲や、どんな勉強法に合っているかなどの特徴が異なります。そのため購入前に内容の確認やレビューなどを見て参考にすることをおすすめします。

純正の公式テキストを選ぶ

日本語検定の試験を行っている日本語検定委員会が、公式に出している参考書もあります。純正の公式テキストというだけあって問題や解説など内容の質は高く、信頼できる参考書を求めている方におすすめです。

 

また種類も豊富なのが特徴で、自分の目的にあったものを選びやすいのも利点です。実際に試験で使用された問題が載っている公式過去問題集や、試験本番の雰囲気で勉強が可能な公式練習問題集や、単純な実力を測りやすい例題集などがあります。

勉強方法で選ぶ

試験に向けた勉強といっても、やり方や方法は人それぞれです。日本語検定の参考書には様々な種類があり、中には一部の問題に特化していて、対策がしやすいものもあります。自分がどこをどのように勉強したいのかで参考書を選んでみてください。

試験問題全体を把握するなら「6領域」を扱ったもの

日本語検定の試験は大きく分けて6つの設問で構成されています。敬語、文法、語彙、表記、言葉の意味、漢字です。これらは合わせて6領域と呼ばれ、さらに総合問題が1つ加わって計7つになります。

 

6領域を取り扱っている参考書であれば、試験に出る範囲を余すことなく勉強することが可能です。さらに自分が苦手な領域が分かれば、その部分を集中的に勉強するという対策が出来るようになります。

「練習問題」で試験に向けて勉強

試験問題の全体や流れが把握できている、基礎的な知識は既に持っている方におすすめなのが練習問題を取り扱っている参考書です。実際の試験と同じように作られた練習問題が載っているため、実践に必要な力を身に付けることが可能です。

 

さらに、自分が苦手とする領域を把握しているのであれば、その部分を反復練習するためにも練習問題集がおすすめです。基礎から実践まで幅広く対応している練習問題集で、試験に向けて勉強を進めてみてください。

実際の「過去問」で傾向を知る

日本語検定に限らず、やはり試験への対策で重要なのは過去問です。過去問は実際に出題されている問題なので、どのような傾向になっているのかを把握することが出来ます、そのため高得点を獲得するためには必要不可欠です。

 

さらに日本語検定委員会の公式ホームページでは1級から7級までの全ての領域問題と総合問題、それぞれの一部が過去問pdfとして配布されています。無料なので、そちらも活用することをおすすめします。

直前対策には「単語帳・一問一答」

試験本番が近づいてきた時におすすめなのが、単語帳・一問一答です。短く簡単に復習することが可能で、特に読みに関する問題や語彙に対する理解が大事な日本語検定では、暗記が重要になってきます。

 

単語帳・一問一答は自作しやすく、制作すること自体が復習になります。しかしどうしても手間がかかってしまいます。ですが単語帳に関しては出版されているものがありますので、ぜひ活用してみてください。

日本語検定参考書の人気おすすめランキング10選

1位

東京書籍

日本語検定公式練習問題集 1級

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

試験問題全体の流れを確認できる

日本語検定の中で最も難易度の高い1級ですが、こちらの参考書を使えばどんな問題がどんな風に出題されるかを把握することができます。また各問題への解説もされているため、分からない問題があっても安心です。

 

全体の流れを確認できたら、自分が苦手だった、分からなかった部分を把握し、克服するために勉強を進めることがおすすめです。こちらの参考書でも充分に可能ですが、より集中的に勉強した方は領域別にまとめられた専用の参考書もおすすめします。

難易度 1級 範囲 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題

口コミを紹介

あまり量も多くなく、テンポ良く学習できます。公式の問題集なので、まずはここから始めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

東京書籍

日本語検定公式過去問題集 3級

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

過去問を2年分収録

勉強を進める上でかかせないのが、実際に出題された問題、つまり過去問を解くことです。過去問に触れることで、試験問題の内容がどのような傾向にあるかなど、単純な知識以外の部分を把握することができるからです。

 

こちらは3級用の参考書で、2019年に実施した2回のテストで使用された過去問が収録されています。過去問としてだけではなく、練習問題として地力をつけるのにもおすすめです。総じて3級の受験を考えている方におすすめの1冊です。

難易度 3級 範囲 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題

口コミを紹介

日本語検定3級の新しい問題を解きます。合格するために勉強します。どうもありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

東京書籍

日本語検定公式練習問題集 2級

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

練習問題で実践力を付ける

基礎的な知識や力が付いてきた方におすすめなのが練習問題です。本番と同じ形式の練習問題をこなすことによって、実践的な実力を身につけることができます。また暗記だけではなく問題を解くということは、単純な学力も向上にも繋がります。

 

こちらの参考書は2級用の練習問題が収録されています。特に2級から合格率が約10%程度になるぐらい難易度が跳ね上がるため、試験に向けて練習問題をこなしていくことをおすすめします。

難易度 2級 範囲 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題

口コミを紹介

まずは基本問題を解くことが先ですね。練習問題は試験1週間前で十分だった。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

東京書籍

日本語検定公式テキスト・例題集 「日本語」上級

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

1、2級用の例題と過去問題を収録

こちらの参考書は公式が出しているテキストです。想定の難易度は高く設定されていて、階級にすると1、2級用になっています。また受検対策用に大幅に増補改訂された最新版になっています。

 

内容は例題と過去問が収録されています。そのためこの1冊でだけでも、例題によって学力の向上ができ、過去問によって試験問題の傾向を把握できます。基礎的な知識や力は既についていて、実際の試験に向けて勉強を進めたい方におすすめです。

難易度 1・2級 範囲 例題、過去問

口コミを紹介

日本語検定の問題集は実店舗だとあまり揃っていないので、ここで買えて助かりました。
探していたので良かったです。

出典:https://books.rakuten.co.jp

5位

東京書籍

日本語検定公式テキスト・例題集 「日本語」中級

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

3、4級の受験に向けた勉強がしたい方へ

3、4級を受験する方におすすめなのがこちらの参考書です。例題と過去問が収録されているので、実際の試験で問題を解くのと同じ雰囲気で勉強ができ、かつ過去問によって出題の傾向を把握することができます。

 

また3級は大学生以上のレベルの日本語を総合的に学べるため、大学生、社会人の方は学業やビジネスシーンでも役に立つ知識が身に付きます。受験を考えていない方にもおすすめの1冊です。

難易度 3・4級 範囲 例題、過去問

口コミを紹介

たまに日本語検定は、取り扱いのない本屋さんがあるのですが、こちらは各種取り揃えてくれているので助かります。 また利用しようと思います。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

6位

東京書籍

日本語検定公式領域別問題集 語彙・言葉の意味

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

苦手な部分を反復練習できる

こちらは日本語検定の公式が出している参考書です。日本語検定の試験問題は6領域と呼ばれ、それぞれ問題の内容が異なります。その中でもこちらは語彙・言葉の意味の2つに特化した参考書になっています。

 

いきなりこちらの参考書で勉強するのではなく、基礎的な勉強を終え、試験全体の流れを把握した方におすすめです、特に語彙・言葉の意味の2つの部分が苦手だと感じている方は、ぜひこちらの参考書で反復練習をしてみてください。

難易度 1~4級 範囲 語彙、言葉の意味
7位

東京書籍

日本語検定公式領域別問題集 文法

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

苦手の克服と傾向の把握ができる

6領域と呼ばれる日本語検定の試験の中でも、こちらは文法に焦点を当てた参考書となっています。反復練習が行えるので苦手な領域を集中的に勉強できます。また過去問題が収録されているため、傾向の把握にも役立ちます。

 

また対応している難易度も広く1~4級までの問題が総合的に収録されています。そのため基礎的な知識から1級の難しい問題の勉強まで、幅広く利用することができます。文法が苦手ではない方も、勉強を進めやすくなるためおすすめです。

難易度 1~4級 範囲 文法
8位

東京書籍

日本語検定公式テキスト・例題集 「日本語」初級

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

基礎から学びたい人におすすめ

こちらは5~7級用の参考書になっています。日本語検定のために必要な最も基礎的な知識を学びたい方におすすめです。大学生や社会人の方には物足りないかもしれませんが、小学生、中学生の方は資格を取らなくても学力向上の役に立つためおすすめです。

 

特にこちらの参考書は受検対策用に大幅に増補改訂し、例題と過去問題を充実させた最新版のため、初めて日本語検定の勉強をするという方にもおすすめです。

難易度 5~7級用 範囲 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題

口コミを紹介

凄く、勉強意欲が湧いてきました。よく読んで、検定試験迄いけるように『頑張ります!』

出典:https://books.rakuten.co.jp

9位

東京書籍

日本語検定公式練習問題集 5級

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

小学生、中学生向けの参考書

こちらは日本語検定の5級用の参考書になっています。5級は小学生、中学生レベルとされているので、大人ではなく子供におすすめの参考書です。内容は実際の試験範囲を広くカバーしているため、全体の流れを把握することができます。

 

またこちらの参考書だけでも5級の試験に向けた勉強をすることも可能です。しかしこちらは全体の流れを把握し、自分の得意、不得意の領域を知ることに利用するのがおすすめです。その後苦手な領域や問題を集中的に勉強に繋げられるからです。

難易度 5級 範囲 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題

口コミを紹介

子供が使うのに購入。分かりやすく問題量も少な過ぎず多過ぎずいい感じです

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

東京書籍

日本語検定公式練習問題集 6級・7級

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

基礎中の基礎、小学生向けの参考書

日本語検定の6~7級は難易度自体は低く、小学生レベルと言われています。そのため小学生、特に低学年の方におすすめです。日本語への理解が深まれば他の教科にも応用が利くため、こちらも受験の有無に関わらず学力向上のためにおすすめです。

難易度 6・7級 範囲 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題

口コミを紹介

今回、試験を受けるつもりなので、参考迄に購入しました。学校の教科書と違い、面白いねーと見ていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

日本語検定参考書の人気おすすめランキング10選

商品 商品リンク 特徴 難易度 範囲
1
アイテムID:5734803の画像
日本語検定公式練習問題集 1級 700円

詳細を見る

試験問題全体の流れを確認できる

1級 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題
2
アイテムID:5734806の画像
日本語検定公式過去問題集 3級 1,100円

詳細を見る

過去問を2年分収録

3級 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題
3
アイテムID:5734809の画像
日本語検定公式練習問題集 2級 121円

詳細を見る

練習問題で実践力を付ける

2級 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題
4
アイテムID:5734812の画像
日本語検定公式テキスト・例題集 「日本語」上級 4,577円

詳細を見る

1、2級用の例題と過去問題を収録

1・2級 例題、過去問
5
アイテムID:5734814の画像
日本語検定公式テキスト・例題集 「日本語」中級 372円

詳細を見る

3、4級の受験に向けた勉強がしたい方へ

3・4級 例題、過去問
6
アイテムID:5734826の画像
日本語検定公式領域別問題集 語彙・言葉の意味 4,709円

詳細を見る

苦手な部分を反復練習できる

1~4級 語彙、言葉の意味
7
アイテムID:5734830の画像
日本語検定公式領域別問題集 文法 732円

詳細を見る

苦手の克服と傾向の把握ができる

1~4級 文法
8
アイテムID:5734836の画像
日本語検定公式テキスト・例題集 「日本語」初級 4,314円

詳細を見る

基礎から学びたい人におすすめ

5~7級用 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題
9
アイテムID:5734838の画像
日本語検定公式練習問題集 5級 990円

詳細を見る

小学生、中学生向けの参考書

5級 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題
10
アイテムID:5734839の画像
日本語検定公式練習問題集 6級・7級 990円

詳細を見る

基礎中の基礎、小学生向けの参考書

6・7級 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字、総合問題

日本語検定の勉強方法

日本語検定の参考書は取り扱っている本屋が少なく、アマゾンなどの通販でもあまり多くは見かけられません。しかし日本語検定の勉強方法は参考書だけではなく、無料の問題集や勉強サイトなど、実は様々な選択肢があります。

独学の場合

独学の場合、まず最初に候補になるのがやはり参考書の利用です。公式から出版されている参考書もあり、その種類も豊富なのでおすすめです。また領域別にピックアップした参考書もあるので、苦手な所が分かればその部分を集中的に勉強することをおすすめします。

 

また参考書以外の候補として、ネットからダウンロードや利用が出来る無料の問題集や、問題を掲載している勉強サイトや公式サイトなどがあります。特に公式サイトは実際に試験に使用された過去問が用意されているので、ぜひ活用してみてください。

通信講座を利用する場合

通信講座は独学だと理解度が足りているか不安、勉強を続けるモチベーションが保ちづらい、効率良く勉強をしたいという方におすすめです。また通信講座はコースや資格に合わせた専用のテキストがあるので、教材選びに迷わないのも利点です。

 

しかしどうしても通信講座はお金がかかってしまいがちで、またいくつかの企業の中から自分に合った所を選ぶための手間もあります。ですがその分メリットも多いため、経済的に余裕のある方は通信講座を選択すると良いかもしれません。

日本語検定以外にも資格を取りたい方へ

日本語検定以外にも就職や入試に有利になる資格があります。複数の資格を取得すれば、将来の選択肢が増えるのでおすすめです。下記の記事にはそのうちのいくつかを紹介しています。こちらの方も参考書選びにご活用ください。

日本語検定資格の受験の仕方は?

資格によっては何かしらの条件が設けられていることもありますが、日本語検定は誰でも受験することが可能です。申し込みの方法はインターネット、郵送、全国の書店や商工会議所などがあるで、自分の都合に合わせ方法を選ぶことができます。

 

ただし未成年の場合は保護者の同意が必要になります。保護者が同意の意思を提示するためには、願書に設けられた欄に記載しなければなりません。

 

また個人だけではなく、5人以上同時に受験する場合は団体受験申込を利用することが可能になります。こちらの申請方法は郵送またはFAXのみです。

試験場所

受験会場は全国各地に設置されているため、遠出をしなくても近場で受験することができます。基本的に地方ではなく人口の多い都市が開催場所に指定されているので、交通手段が豊富なのも嬉しい点です。

受験料

受験料は階級によって異なります。それぞれ1級6300円、2級5300円、3級3800円、4級2500円、5~7級1800円となっています。しかし団体で受験する場合は割引になります。支払い方法はクレジットカード、コンビニ決済、銀行振り込みなどがあります。

 

ただしインターネット申し込み以外は支払い方法が指定されています。郵送は銀行振り込みか郵送振替、書店や商工会議所は申し込んだその場で支払う必要があります。また団体申し込みの場合は、銀行または郵便局で振り込みになります。

開催日数

基本的に年に2回の開催になっていて、6月と11月頃に実施されています。しかし受験の申し込み自体は2~3か月前に始まって締め切りになるので、忘れずに申し込むように気をつけるようにしましょう。

日本語検定の合格率

基本的には階級が高くなるほど合格率は低くなっていきます。4~7級の合格率は約70%ですが3級は半分を切り約30%程2級と1級はさらに下がりどちらも約10%と、かなりの難関となっています。

 

しかし難易度が高くなればなるほど、取得できた時のメリットが大きくなります。特に3級以上は優遇を明言している企業、学校が多いです。ぜひ高難易度の日本語検定の合格に向けて勉強を進めてみてください。

まとめ

いかかでしたでしょうか。就職や入試に有利になる1~3級の日本語検定は難易度が高く、取得は決して簡単ではありませんが、メリットも数多くあります。ぜひこちらの記事を参考にして日本語検定受験のための勉強に取り組んでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事