記事ID143845のサムネイル画像

【2021年最新版】ハンディライトの人気おすすめランキング20選

ハンディライトは、アウトドアや災害時などで、いざという時にで活躍します。一つあれば重宝する優れものですが、明るさやサイズ、価格帯などによって、様々な種類が販売されています。そこで今回は、ハンディライトのおすすめ商品をご紹介します。

アウトドアや災害時に大活躍の「ハンディライト(フラッシュライト)」

ハンディライトはアウトドア時や夜道の散歩の際だけではなく、停電や災害時など、いざという時に役立つ優れものです。フラッシュライトや懐中電灯とほぼ同じで、持ち運びが可能で暗闇を照らすライトのことを指します。

 

最近のアウトドアブームで、ハンディライトを探していたり、万が一の事態に備えて、購入を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ライトの明るさや機能、大きさやなどによって様々な種類があり、どれを購入すれば良いか迷ってしまうことでしょう。

 

そこで今回は、ハンディライトのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。また、この記事の最後には、ハンディライト以外でもアウトドアで使えるライトについても記載しています。ぜひ最後までチェックしてみてください。

ハンディライトの選び方

ハンディライトを選ぶ際に、着目したいポイントはたくさんあります。例えば、明るさや大きさ、価格帯やメーカーなど、チェックすべき点は様々です。まずは、ハンディライトの選び方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ハンディライトのタイプで選ぶ

一口にハンディライトと言っても、タイプは多種多様です。充電式のものや乾電池で動くもの、ランタンタイプやペンタイプまで幅広い種類があります。ここからはハンディライトのタイプに注目して、ご紹介をしていきます。

普段使いにおすすめな「充電式」

充電式のハンディライトは、普段使いする方におすすめなタイプです。散歩やランニングなどで、日々頻繁に使用する方だと、乾電池式のものはすぐに電池が切れてしまうので使い勝手が悪く、コスパも低いと言えるでしょう。

 

充電式のライトを選べば、バッテリーを持ち歩くと充電しながら使用することもできるうえ、わざわざ電池を購入しなくても済むのでコスパも高いです。

 

逆に、災害時など万一の事態に備えて自宅に置いておく場合には、向かないタイプといえます。停電時には充電ができなくなり使用ができなくなってしまうため、乾電池式の方を選ぶ方が良いでしょう。

アウトドアにおすすめな「乾電池式」

乾電池式のハンディライトは、電池切れを避けたいアウトドア時などに使用するのに向いています。電源が使えない状況の時は、充電式のものよりも乾電池式を選ぶ方が良いでしょう。予備の電池を持っていけば、使用し続けることができます。

 

また、乾電池をストックしておくことで、災害時にも安心して使用できます。エネループなど充電式の電池を使用すれば、電池が無くなる度に購入する必要もなく、地球にも優しいので大変おすすめです。

広範囲に光を照らすことができる「ランタンタイプ」

ランタンタイプのハンディライトを使えば、広範囲に光を照らすことができます。基本的に一点を照らすハンディライトよりも、明るさ自体は強力でない傾向にあり、広く辺りを照らしたい場面に向いている形状です。そのため、普段使いよりもアウトドア時におすすめです。

 

形もおしゃれなので、キャンプの夜など雰囲気作りにも良いでしょう。一点を照らしたい場合には向いていないタイプなので、散歩のときなど一人で使用する場合には不向きと言えるでしょう。

一点を照らし持ち運びに便利な「ペンライトタイプ」

ペンライトタイプは、一点を明るく照らしたい場合に向いているタイプです。また、ボールペンのように小型なので、持ち運びに便利なのも魅力ポイントの一つです。設備員など、現場職のお仕事の際にも携帯が可能でおすすめです。

 

集中してスポットで照らすことができるので、探し物をする時などにも向いています。常時、車の中に置いておき、探し物の際に取り出すのもおすすめです。

屋外での実用性を重視するなら「軍用ライトタイプ」

実用性を重視する方には、軍用のハンディライトがおすすめです。軍用とは、軍隊や警察の方が使用する目的で開発されたライトのことを指します。そのため、機能・性能面において信頼のおけるものが多いのが特徴です。

 

キャンプなどでおしゃれな雰囲気作りがしたい方には向いていませんが、災害時の停電や豪雨・豪雪などの緊急事態に備えておきたい方にはおすすめの種類です。また、中には銃に取り付けられるタイプのものもあるので、サバイバルゲームで使用する方も多いライトです。

明るさ(ルーメン)で選ぶ

ライトの明るさは「ルーメン」という単位で表されます。ルーメン値が高ければ高いほどライトは明るくなります。ここからは、ルーメンの値に着目した選び方をご紹介していきます。ライトを購入する際の決め手になる場合も多いので、ぜひチェックしてみてください。

非常時の携帯用におすすめなのは「50ルーメン」

50ルーメンのライトは、足元を照らす程度にちょうど良い明るさです。基本的に、近くを照らしたい場合、50ルーメンあれば十分手元を明るくすることができます。しかし、真っ暗闇を遠くを照らしたい場合には物足りない明るさと言えるでしょう。

 

アウトドアで使用する場合は、暗闇の探検や肝試しの際など、ライトが全く無い場所ではあまり活躍はせず、ちょっと手元を明るく照らしたいという場面で重宝します。非常時に備えて、カバンの中に入れておくのにちょうど良いくらいの明るさと言えるでしょう

夜の暗い道もしっかり照らす「50~100ルーメン」

50〜100ルーメンのライトは、街灯の少ない暗い夜道の散歩やジョギングなど、しっかりと行く道を照らしたい場合におすすめです。閑静な場所を散歩する場合など、灯りの少ない場面で役に立つでしょう。

 

50〜100ルーメンの明るさがあれば、夜道でもしっかり遠くを照らすことができ、転倒を防いだり事故を防止することができるレベルの明るさを実現します。一本あれば安心の明るさなので、護身用にペンライトタイプなど軽量のものを持ち歩くのも良いでしょう。

キャンプなど明るさを重視するなら「100ルーメン以上」

何よりも明るさを重視してライトを探している方には、100ルーメン以上のものを選ぶのがおすすめです。100ルーメン以上あれば車のヘッドライトくらいの明るさがあるため、真っ暗な状況をかなり明るく照らすことができます。

 

登山などの山道で灯りがなく、真っ暗な状況で使用する場合、100ルーメン以上の物を選ぶと良いでしょう。その際、防水や防塵機能のついたものを選んでおけば、停電時や豪雨・豪雪の緊急事態の際にも本格的に使用できるのでおすすめです。

できる限り「点灯時間」が長いものを選ぼう

ハンディライトを選ぶ際、点灯時間が長いかどうかは重要なポイントです。散歩やジョギングといった短時間の使用であれば、点灯時間が短くても使用に差し障りない場合も多いですが、いざという災害時に備えるのであれば長時間使用できるものを選ぶ方が良いでしょう。

 

どんな使用目的であっても長時間連続使用ができるライトを選ぶに越したことは無いので、商品を選ぶ際は点灯時間に注目してみると良いかもしれません。長いものであれば丸一日近く使えるものもあります。

ランニングコストを減らしたい人は「電池本数」を少ないものを

乾電池式のライトを選ぶ場合は、電池が消耗品なのでどうしてもランニングコストがかかってしまいます。なるべく費用を抑えたい場合は、使用する電池本数が少ないものを選ぶのが良いでしょう。中には単4電池1本で稼働するものもあります。

 

ただし、電池の本数が少ないと電力も少量になるので、使用本数が多いほど強力な明るさを実現するライトである傾向にあります。明るさを取るかランニングコスト削減を重視するかは、自身の用途に合わせて決めると良いでしょう。

ハンディライトの機能で選ぶ

ハンディライトには、商品ごとに様々な付加機能がついています。例えば、防水機能搭載のものやラジオ機能つきのライトなど、万が一の時に役立つものがたくさんあります。用途に合わせて、付加機能で商品を比較するのも良いでしょう。

急な雨にも安心して使える「防水機能」

防水機能つきのハンディライトを選べば、急な雨でも安心して使うことができるため、野外で使用する場合にはおすすめです。中には、25m防水など、強い水圧に耐えられるものもあります。雪の中や豪雨の中でも使用できるため、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

災害時には「広角照射」や「点滅機能」を利用しよう

万が一の災害に備えてハンディライトを常備しておく場合は、広角照射機能や点滅機能のついた物を選ぶのがおすすめです。広角照射機能がついているライトは、車のハイビームのように光の届く範囲を広げてくれるため、遠くまで明るく照らすことができます。

 

また、点滅機能のついたハンディライトは、停電してしまった際などに自身の居場所を伝えられるツールになり得ます。いざという時に役立つので、登山の際などリスクの高い場合には特におすすめです。

 

中には、赤色に光るライトなど、SOS時に緊急性を表すことのできる商品もあります。行き先が危険な場所の場合は、常備していると安心できるでしょう。

遠方を照らすときは「ズーム機能付き」を

ズーム機能がついているライトは、ズームイン・アウトを切り替えることができるタイプのものです。照射距離と明るさを調整することができるため便利です。ズームインに切り替えると、スポットライトの要領で遠方まで一点を明るく照らすことができます。

 

一方で、ズームアウトモードでは、広範囲を柔らかく照らすことができます。光の量を調整でき、1本で2役を果たすため、大変すすめなライトの種類です。

「ラジオ機能」があれば災害時の情報をキャッチできる

ハンディライトには、ラジオ機能つきのものもあります。ラジオを聞ける優れもので、災害時にも色々な情報をキャッチすることができ便利です。中には、手回し充電のできるタイプもあり、停電時にも安心して使用できるものもあります。

様々な場所にも設置できる「マグネット付き」

マグネット付きのハンディライトは、本体に磁石がついているのが特徴です。屋根や壁に貼り付けておけば両手で作業することができ、暗い場所で細かい作業をするのに向いています。

 

金属の部分さえあれば、どんな場所にも設置ができるので、大変作業がしやすいタイプのハンディライトです。

サイズで選ぶ

ハンディライトには、様々な大きさのものがあります。ポケットに入るようなペンライト式の商品から、手のひらサイズのもの、頭につける特大サイズの商品まで多種多様なので、光の範囲の広さや明るさと合わせてチェックしてみるのが良いでしょう。

 

ライトが小さいほど照射範囲が狭い傾向にあるので、用途に合わせて大きさを選んでみると失敗しないでしょう。

価格で選ぶ

用途に合わせて価格でハンディライトを選ぶのも良い方法です。軍用や、明るさが100ルーメン以上の本格的なライトは高価な傾向にありますが、小さいサイズのライトや、弱い光りのものにはお手頃価格の商品もたくさんあります。

 

軽い散歩用や少し探し物をする程度の用途であれば、安価で購入することができる商品でも十分でしょう。それぞれの価格に注目して選ぶのも良いでしょう。

人気のメーカーで選ぶ

ハンディライトは色々なメーカーから販売されており、それぞれに特徴があります。好きなメーカーで選ぶのも良い方法でしょう。

GENTOS(ジェントス)

GENTOS(ジェントス)は、日本でトップシェアを誇るライトメーカーです。LEDライトの商品開発に強く、ハンディライトはもちろん、バイクライトやデスクライトなども製造している非常に信頼のおけるメーカーです。

 

LEDのハンディライトを探している方は、GENTOS(ジェントス)に注目してみるのも良いでしょう。

SURE FIRE(シュアファイア)

SURE FIRE(シュアファイア)は各国の陸海空特殊部隊などといった軍隊の標準装備にもなっている、軍用ライトのメーカーです。軍隊や警察などといった妥協が許されない職業の方々に使用されているメーカーなので、商品のラインナップは非常に本格的です。

MAG LITE(マグライト)

MAG LITE(マグライト)は、世界各国の警察や軍隊、消防などといったセキュリティ機関で採用されているライトを製造しているアメリカのライトメーカーです。本格的なライトの生産を行っているため、どんな用途にも安心して使用することができます。

充電式ハンディライトの人気おすすめランキング5選

第1位

ThruNite

Catapult V6

価格:8,995円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片側ボタンスイッチ設計で簡単操作

片側ボタンスイッチ設計なので、オン/オフを1回クリックするだけで片手で簡単に操作できるのが特徴です。明るさのレベルによって、合計6つの点灯モード切替が可能です。明るさは最大2836ルーメンに達し、日常生活にはもちろん、アウトドアにも最適です。

重量203gタイプ充電式
明るさ2836ルーメン

口コミを紹介

ヘッドランプ以外に必ずハンドライトを持って行きますがヘッドランプでは届かない遠方の確認に力を発揮、この明るさは頼りになり安心感を与えてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

OLIGHT

S1R BATON II

価格:7,295円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで実用性の高いハンディライト

わずか51gの重さで、持ち運びに大変便利なライトです。電池残量表示のLEDランプがついており、残量によって色が変化するので、直感的に分かり易い仕様です。 防災、アウトドア、散歩など、様々なシーンで活躍します。

重量51gタイプ充電式
明るさ1000ルーメン

口コミを紹介

小さいからとりあえず持ってけばいっかっていうノリで持ち歩ける。なのにハイパワー。なのに配慮もできる神アイテム。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

GENTOS(ジェントス)

作業灯 LED ワークライト

価格:2,685円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼のおける日本の老舗メーカー

国内メーカー「GENTOS(ジェントス) 」のワークライトです。底面がマグネットのタイプなので、金属の壁や天井にくっつけることができ、暗闇でも両手で作業しやすい仕様です。2mの落下耐久があり、塵防滴仕様なので日常使いにも最適です。

重量87gタイプ充電式
明るさ120ルーメン

口コミを紹介

携帯性や利便性がヘッドライトよりよく
ハンドライトより作業性が良いです。
キャンプなどでも活躍すると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Spriak

COBマグネットテール UVライト

価格:1,649円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズーム機能で7つのモードに切り替え可能

便利なズーム機能つきで、7つのモードに切り替えが可能です。SOS点滅モードや赤色ライトモードなどに変更ができ、緊急事にも役立つハンディライトです。また、防水機能もついているため、大雨や雪の中でも問題なく使用ができます。

重量118gタイプ充電式
明るさ1900ルーメン

口コミを紹介

普段は屋外の雨が掛かるエアコン室外機上に、マグネットで立てて放置していますが、今のところ防水に問題はないようです。マグネットも強力で、錆びた鉄骨へ水平に取り付けても落ちませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Wsiiroon

LED 懐中電灯

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッド部分をスライドで照射範囲の調整が可能

ズーム機能搭載で、照射範囲の調整が可能なタイプです。ハイ・ミドル・ローモードに加え、SOS点滅モードもあり、もしもの時に備えるのに適しています。価格帯も手に取りやすく、手軽に常備しておけるのも魅力ポイントの一つです。

重量190gタイプ充電式
明るさ1600ルーメン

口コミを紹介

とてもコンパクトであるにもかかわらずとても明るいです。それと他のライトだと、照らされたところに明るいところの暗いところのムラがでるのに、このライトは均等に照らしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

充電式ハンディライトの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5590948の画像

    ThruNite

  • 2
    アイテムID:5590949の画像

    OLIGHT

  • 3
    アイテムID:5590950の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 4
    アイテムID:5590951の画像

    Spriak

  • 5
    アイテムID:5590952の画像

    Wsiiroon

  • 商品名
  • Catapult V6
  • S1R BATON II
  • 作業灯 LED ワークライト
  • COBマグネットテール UVライト
  • LED 懐中電灯
  • 特徴
  • 片側ボタンスイッチ設計で簡単操作
  • コンパクトで実用性の高いハンディライト
  • 信頼のおける日本の老舗メーカー
  • ズーム機能で7つのモードに切り替え可能
  • ヘッド部分をスライドで照射範囲の調整が可能
  • 価格
  • 8995円(税込)
  • 7295円(税込)
  • 2685円(税込)
  • 1649円(税込)
  • 999円(税込)
  • 重量
  • 203g
  • 51g
  • 87g
  • 118g
  • 190g
  • タイプ
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 明るさ
  • 2836ルーメン
  • 1000ルーメン
  • 120ルーメン
  • 1900ルーメン
  • 1600ルーメン

乾電池式ハンディライトの人気おすすめランキング5選

第1位

Ledlenser(レッドレンザー)

P5E LEDフラッシュライト

価格:2,669円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間点灯可能な手のひらサイズライト

20時間以上の長時間点灯が可能なスタミナ型モデルです。LEDとレンズとのマッチングに優れるため、ルーメン値以上に明るく感じることができます。ズームの切り替えも容易で、遠近両方で使用可能で、アルミ合金のボディは軽量で丈夫で日常使いに優れています。

重量62gタイプ乾電池式
明るさ25ルーメン

口コミを紹介

単3が1つで程よいサイズ、明るすぎず常用できシンプルに使える。ズームで照度が調整でき、どの領域でも光りの広がりはレッドレンザーの伝統を汲み、丸く均一な明るさを持っている。そして25lmにもかかわらず、スポット光は結構飛ぶ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

GENTOS(ジェントス)

閃 FLP-1807

価格:2,964円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力な明るさを実現したペンタイプのハンディライト

ペンタイプで持ち運びが簡単なうえ、250ルーメンという明るさを実現した国内老舗メーカーのハンディライトです。手元を照らすには十分な明るさがあり、暗闇での作業に向いています。シンプルな操作性と綺麗な照射が特徴です。

重量110gタイプ乾電池式
明るさ250ルーメン

口コミを紹介

とてもいい!シンプルな操作性と明るさ、フォーカスコントロールも良い。フォーカスコントロールは先先々代?の一般モデルで以前使っていた「SG-305」よりも綺麗に照射され明るさと性能が上がってるのが体感できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

LUMINTOP

EDCAA ミニライト

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた防水機能で大雨でも安心のコンパクトライト

水深2mまで利用可能な防水機能を誇り、豪雨や豪雪下でも安心な仕様です。表面には軍用処理が施されていおり、経年しても磨損や錆による劣化が少なく綺麗な状態を維持しやすいタイプです。医療・研究・登山・防犯・緊急災害時など様々な場面で心強い味方となります。

重量60gタイプ乾電池式
明るさ600ルーメン

口コミを紹介

テールスイッチがとても押しやすいです。スイッチ周辺に誤操作防止のせり上がり等が全く無いため、どう回転させて握っても同じ操作感を維持でき、緊急時の使用にも自信が持てます。グリップ部分が目の細かいカットになっていることも操作性の向上を助けています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

GENTOS(ジェントス)

GP-6BK

価格:1,461円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アマゾン限定の優秀ハンディライト

コンパクトで持ち運びに便利な、アマゾン限定のハンディライトです。片手で操作可能かつ、手のひらに収まるコンパクトタイプなので、現場職の方にもおすすめです。手元を照らすには十分な明るさがあり、エネループも使用可能なのが嬉しいポイントです。

重量80gタイプ乾電池式
明るさ26ルーメン

口コミを紹介

キーホルダー用の穴もあるのでとても便利です。テールスイッチもしっかり押さないと点灯しない為、誤動作防止に役立ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

WUBEN

ハンディライト CREE XP-G3

価格:1,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の地震を考えて設計された災害時にも安心なライト

小型でコンパクトな本体にもかかわらず、日本の地震を想定して設計された頑丈な作りのハンディライトです。十分な防水と耐久性が備え付けられた、災害時でも安心のタイプです。100ルーメンもの明るさを誇るため、いざという時にも遠くを照らす優れものです。

重量20gタイプ乾電池式
明るさ100ルーメン

口コミを紹介

個人的には非常に満足してます。本体は電池入りでも軽くビックリしました。キーホルダーとして付けていても一切気にならないです。レンズにも傷もなく、きれいなものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

乾電池式ハンディライトの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5590972の画像

    Ledlenser(レッドレンザー)

  • 2
    アイテムID:5590971の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 3
    アイテムID:5590973の画像

    LUMINTOP

  • 4
    アイテムID:5590970の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 5
    アイテムID:5590976の画像

    WUBEN

  • 商品名
  • P5E LEDフラッシュライト
  • 閃 FLP-1807
  • EDCAA ミニライト
  • GP-6BK
  • ハンディライト CREE XP-G3
  • 特徴
  • 長時間点灯可能な手のひらサイズライト
  • 強力な明るさを実現したペンタイプのハンディライト
  • 優れた防水機能で大雨でも安心のコンパクトライト
  • アマゾン限定の優秀ハンディライト
  • 日本の地震を考えて設計された災害時にも安心なライト
  • 価格
  • 2669円(税込)
  • 2964円(税込)
  • 2680円(税込)
  • 1461円(税込)
  • 1699円(税込)
  • 重量
  • 62g
  • 110g
  • 60g
  • 80g
  • 20g
  • タイプ
  • 乾電池式
  • 乾電池式
  • 乾電池式
  • 乾電池式
  • 乾電池式
  • 明るさ
  • 25ルーメン
  • 250ルーメン
  • 600ルーメン
  • 26ルーメン
  • 100ルーメン

ペン型ハンディライトの人気おすすめランキング5選

第1位

STREAMLIGHT(ストリームライト)

マイクロストリーム

価格:2,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

適度な明るさで日常使いに最適

明るさ最大28ルーメンとちょうど良く、日常的に備えておけば色々な場面で役立つ一本です。明るさスイッチの半押しが可能なので、手軽に光量を調整できます。小型タイプでポケットにも入り、設備員など現場のお仕事の方にもおすすめです。

重量30gタイプペンライト
明るさ28ルーメン

口コミを紹介

ちょうど良い明るさ、単4一本で動く汎用性の高さ、軽さ、頑丈さ、クリップの使い勝手の良さ、どれも最高だと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Weltool

M6-BL ペンライト

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

眩しさのない暖かい光で観察や研究に適切

穏やかで眩しくない光を発する仕様のため、観察や研究など、近くを柔らかく照らしたい場合におすすめなライトです。ポケットに収まるコンパクトサイズなので、持ち運びに便利です。乾電池2本で、約20時間連続点灯が可能です。

重量16.5gタイプペンライト
明るさ12ルーメン

口コミを紹介

質感良いです

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Ledlenser(レッドレンザー)

P4X LEDペンライト

価格:3,136円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズーム機能付きのスリムなペンライト

単4電池2本で稼働するスリムなペンライトで、最大120ルーメンの明るさを実現します。ボールペンのようなコンパクトなサイズ感にもかかわらず、遠近のズーム2段階調節が可能なタイプです。遠方モードに切り替えると、ワイドに広範囲を照らせます。

重量55gタイプペンライト
明るさ120ルーメン

口コミを紹介

コレ、本当に、120ルーメン?、エネループプロ使用で、スルーナイトTI4、252ルーメンより明るいですよ!しかも、ズームまで付いてるし、作りも良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

GENTOS(ジェントス)

AP-100RD

価格:1,227円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた防塵・防水でアウトドアにもおすすめ

単4アルカリ電池2本で使用可能なコンパクトなサイズ感が特徴です。防塵・防水機能つきで、2mの落下耐久があるため、アウトドアにもおすすめな商品です。最大100ルーメンで64mの照射範囲があるため、遠くまで明るく照らすことができる優れものです。

重量51gタイプペンライト
明るさ100ルーメン

口コミを紹介

このシリーズは程よく拡散して見やすい!素晴らしいですね!追加で購入します!

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

オーム電機

07-8940 LH-PY02Z-S

価格:797円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手に取りやすい価格の防水LEDペンライト

防水機能つきのLEDペンライトかつフォーカス機能つきにもかかわらず、安価で手に取りやすいのが魅力ポイントな商品です。軽量で衝撃に強いアルミボディを採用しており、小型で耐久性にも優れているのが特徴です。

重量40gタイプペンライト
明るさ200ルーメン

口コミを紹介

このサイズ・単4が2本・そしてこの値段でこれだけ明るいのは中々無いかも。質感も高級感があり満足。水濡れした手で使っていても漏水なし。スライド部分はガタつきもいなく良好。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペン型ハンディライトの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5590992の画像

    STREAMLIGHT(ストリームライト)

  • 2
    アイテムID:5590993の画像

    Weltool

  • 3
    アイテムID:5590995の画像

    Ledlenser(レッドレンザー)

  • 4
    アイテムID:5590996の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 5
    アイテムID:5590997の画像

    オーム電機

  • 商品名
  • マイクロストリーム
  • M6-BL ペンライト
  • P4X LEDペンライト
  • AP-100RD
  • 07-8940 LH-PY02Z-S
  • 特徴
  • 適度な明るさで日常使いに最適
  • 眩しさのない暖かい光で観察や研究に適切
  • ズーム機能付きのスリムなペンライト
  • 優れた防塵・防水でアウトドアにもおすすめ
  • 手に取りやすい価格の防水LEDペンライト
  • 価格
  • 2950円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 3136円(税込)
  • 1227円(税込)
  • 797円(税込)
  • 重量
  • 30g
  • 16.5g
  • 55g
  • 51g
  • 40g
  • タイプ
  • ペンライト
  • ペンライト
  • ペンライト
  • ペンライト
  • ペンライト
  • 明るさ
  • 28ルーメン
  • 12ルーメン
  • 120ルーメン
  • 100ルーメン
  • 200ルーメン

軍用ハンディライトの人気おすすめランキング5選

第1位

Carantee

LED 懐中電灯

価格:1,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万が一の災害時でも安心の圧倒的な明るさ

最大3500ルーメンの本格的な高輝度で、照射距離が最大1000メートルにも及ぶ超強力な明るさを誇るライトです。万が一の災害時にも遠くまで明るく照らすことができ、防水・防塵にも優れているので一本あればいざという時にも安心な商品です。

重量100gタイプ軍用
明るさ3500ルーメン

口コミを紹介

Great value for the price.

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

hzpp

懐中電灯

価格:4,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズーム式で7段階に光量調節が可能

7段階に調節が可能で、万が一の際にも安心して使用できます。COBライトでのHIGH・MID・赤色光・赤色光SOSモードに加え、LED光での強い光・中程度の光・SOSに調整が可能です。どのモードでもスイッチを2秒間押し続けると、すぐにオフになり便利な仕様です。

重量46gタイプ軍用
明るさ1500ルーメン

口コミを紹介

いつものカバンに入れておくだけで万一の災害時にも安心できるすぐれものとして、また、携帯電話の予備電池としても使えるすぐれものです。自分は、夜釣りにも使います。また、車中泊時にもランタン代わりにも使えるので非常に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

YGYJP

ハンディライト

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マグネット機能つきで手元作業にもおすすめ

ボタンをクリックするだけで、ハイ・ロー・SOS点滅モードに切替が可能です。また、長押しで360度COBライトにも切替えができます。底面部分にはマグネットが付いているので、金属面にくっつけて固定も可能です。両手を使う作業時にも大変便利なLED作業灯です。

重量180gタイプ軍用
明るさ-

口コミを紹介

使いやすいサイズで明るいです。
焦点調整がワンハンドで出来て便利です。
18650電池が付いてこの値段なら安いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

yIFeNG

ハンディライト 軍用

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力な耐久性と防水設計で野外使用に最適

ヘッド部分をスライドさせるだけで、照射範囲を変更することができるズーム機能付きです。最長照射距離500mと最大出力光束1600ルーメンに達し、暗闇でも遠くまで照らすことができます。航空機グレードの耐久性があり防水機能もついている優れものです。

重量300gタイプ軍用
明るさ1600ルーメン

口コミを紹介

しっかりとした金属製なこともあって、ずっしりとした重さを感じます。
けっして重すぎないこの重量は信頼感・安定感につながるものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

4US

LED フラッシュライト

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なLEDで圧倒的な明るさを実現

超高輝度1800ルーメンの強力な明るさを誇る、耐久性も抜群の軍用ライトです。停電対策や地震対策など、万が一の災害に備えて常備しておくと安心でしょう。また、防水機能もついているため、アウトドア時にもおすすめです。

重量420gタイプ軍用
明るさ1800ルーメン

口コミを紹介

以前、購入したT6やL2のLEDライトもかなり明るかったが、これは、別もの。バイクのライトで照したくらい明るい。暗闇も安心!

出典:https://www.amazon.co.jp

軍用ハンディライトの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5591021の画像

    Carantee

  • 2
    アイテムID:5591022の画像

    hzpp

  • 3
    アイテムID:5591024の画像

    YGYJP

  • 4
    アイテムID:5591020の画像

    yIFeNG

  • 5
    アイテムID:5591023の画像

    4US

  • 商品名
  • LED 懐中電灯
  • 懐中電灯
  • ハンディライト
  • ハンディライト 軍用
  • LED フラッシュライト
  • 特徴
  • 万が一の災害時でも安心の圧倒的な明るさ
  • ズーム式で7段階に光量調節が可能
  • マグネット機能つきで手元作業にもおすすめ
  • 強力な耐久性と防水設計で野外使用に最適
  • 高品質なLEDで圧倒的な明るさを実現
  • 価格
  • 1600円(税込)
  • 4590円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 1380円(税込)
  • 重量
  • 100g
  • 46g
  • 180g
  • 300g
  • 420g
  • タイプ
  • 軍用
  • 軍用
  • 軍用
  • 軍用
  • 軍用
  • 明るさ
  • 3500ルーメン
  • 1500ルーメン
  • -
  • 1600ルーメン
  • 1800ルーメン

ハンディライト以外のアウトドアで使えるライトの紹介

アウトドアで灯りが欲しい場合、ハンディライト以外にも使用できるライトはいくつかあります。ハンディライトは基本的に一点を照らしますが、場合によっては周囲全体を照らしたい時や、ライトを立てて使用したい時などもあるでしょう。

 

その都度、シーンに合ったライトの種類を選ぶことで、アウトドアの時間をより便利に過ごすことができます。ここからは、ハンディライト以外にアウトドア時におすすめなライトをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ランタン

ランタン型のライトは、周辺を広く照らしたい場合におすすめです。基本的に一点を照らすものが多いハンディライトとは違い、ランタン型のものは周囲を広範囲に照らすことができる構造になっています。

 

ランタン型ライトの明るさは、ハンディライトに比べると強力ではない傾向にありますが、キャンプ時の夜間など周辺を広く照らしたい場合におすすめのタイプです。

ネックライト

ネックライトは、首から灯りを下げられるタイプのライトです。両手が自由に使えるため、スマートフォンや地図など、手元を見ながら歩く場合に最適です。慣れない場所でのアウトドアでは特に役に立つでしょう。

 

また、首から下げるだけで利用が可能なので、小さい子供でも足元を照らすことができます。持たせておくと転倒のリスクが減り、安心できるアイテムです。

デコレーションライト

デコレーションライトは、テントを装飾するためのライトです。おしゃれにテントを彩ることで、キャンプの夜の雰囲気作りに最適なアイテムです。

 

また、キャンプの夜にお手洗いなどで外に出た際、暗闇の中で自分たちのテントがどこかわからなくなってしまうことも多いでしょう。デコレーションライトをつけておけば、自分たちのテントの目印になり、実用的な面でも大変役に立つアイテムです。

まとめ

アウトドア時や日々の散歩、ジョギングの際に便利なハンディライトは、一本あればもしもの時に備えることもできる万能なアイテムです。充電式のものやズーム機能搭載のもの、お手頃価格の商品から本格的な軍用ライトまで多種多様なので、用途に合わせてぜひ選んで見てください。

TOPへ