【2021年最新版】iMacの人気おすすめランキング4選

記事ID143824のサムネイル画像

クリエイティブな作業に欠かせないiMacですが、iMac以外にもMac Book AirやProなどのノートタイプも優秀です。今回は、最新の2020年モデル、中古品の選び方、メモリ増設などのおすすめカスタマイズについて、ランキングと比較表も用いて紹介します。

自分に合った「iMac」で仕事や作業を効率化!

iMacは、PhotoshopやFinal Cut Pro、Logicなどの写真・動画編集や作曲の専用ソフトを用いてのクリエイティブな活動には欠かせない存在です。Windowsと比べてスタイリッシュな見た目とシンプルな操作性も若い世代から支持を集める理由の1つです。

 

しかし、iMacは1年に1度のペースで新しいモデルが発表されています。これからクリエイティブな活動を始めたいという方にとって、どれを選べばいいか迷ってしまうのは当然かと思います。

 

そこで今回はiMacの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。記事の最後にはiMacを中古で購入する際の注意点についてもご紹介していますので、是非最後までご覧になってください。

iMacの選び方

iMacは使用用途によって選ぶポイントが変わります。今回は選ぶ際のポイントを「種類」、「画面サイズ」、「画質」、「CPU・GPU性能」、「ストレージの種類」、「ポート数」、「メインメモリ」、「価格」の8つの項目に分けてそれぞれご紹介します。

iMacの種類で選ぶ

まず最初のポイントはiMacの種類です。作業効率重視の「27インチiMac(5Kディスプレイ)」、性能、ストレージにとことんこだわりたい人向けのフラッグシップモデル「iMac Pro」などを含む、4つのiMacの種類についてご紹介します。

高画質で大画面で作業効率もアップ「27インチiMac(5Kディスプレイ)」

27インチiMacは大画面でウィンドウを広々と使えて、作業効率が格段にアップします。さらに搭載された大画面の液晶は5kディスプレイで写真や動画の美しさも抜群に良いです。

 

画面をセンターで分けて2つのAppを並べて表示するSplit Viewを使用しても、それぞれ十分なサイズの画面で作業できます。デメリットを上げるとすれば、本体のサイズが大きいので広い設置スペースを必要としてしまう点です。

コンパクトで省スペース「21.5インチiMac(4Kディスプレイ)」

21.5インチのiMacの最大のメリットはコンパクトなサイズにあります。台座も小さく高さもそれほどないので、ロフトベッドの下のスペースなどにも置きやすいです。自宅の設置場所が限られている方におすすめです。

 

4Kディスプレイを搭載していることに加え、corei5のプロセッサと8GBのメモリを標準で装備していることもあって十分な性能を持っています。比較的コストパフォーマンスも高いです。

コスパ重視なら「21.5インチiMac(フルHD)」

21.5インチiMac(フルHD)はシリーズ最安値のiMacです。新品で120000円台から購入可能なのはコスト的に考えたらかなり魅力的です。とにかくMac専用のソフトが使いたくてコストパフォーマンスを最重視している方であればおすすめです。

 

フルHDのディスプレイは、最新のRetinaディスプレイを搭載したモデルのiMacと比べると画面の解像度の粗さが目立ちます。スペックも心もとないので、コストパフォーマンスを重視している方以外にはおすすめできません

性能、ストレージなどにとことんこだわりたい人は「iMac Pro」

iMac Proは2017年時点でApple史上最高のスペックを搭載したモンスターマシンです。標準スペックで32GBのメモリと1TBのSSDを搭載しており、拡張性も豊かな最高レベルのiMacでした。

 

しかし、2020年に発表された27インチのiMacがiMac Proを上回る拡張性を備えていることもあり、2021年3月にiMac Proの販売終了が発表されました。日本のApple Storeでも現在抱えている在庫が無くなり次第販売を終了する予定とのことです。

画面サイズで選ぶ

iMacは画面サイズによってスペックも変わってきます。今回は大画面でマルチタスクに向いている「27インチ」と、省スペースへの設置に向いている「21.5インチ」の2つのモデルについてそれぞれご紹介します。

解像度が高くマルチタスクがしやすい「27インチ」

27インチのiMacはとにかく大きい液晶画面を搭載しています。画面を広く活用することで、作業効率が大幅にアップします。MacにはSplit Viewという画面をセンターで2分割して両サイドで別々のAppを起動できる機能がありますが、その状態でも十分な作業スペースがあります。

 

マルチタスクがしやすくなる他に、写真・動画編集やイラスト作成をされる方にとっては大きな画面で見ることで細かなチェックが可能にもなります。映像系の作業をされる方にも大変おすすめです。

コンパクトサイズで省スペースで済む「21.5インチ」

21.5インチのiMacは27インチのモデルと比べると一回り以上小さいコンパクトなモデルです。スタンド部分も小さくなっているので、27インチモデルだと置けないような小さい机にも余裕をもって設置可能です。

 

27インチと比べてコストも抑えられています。コストパフォーマンス重視、そして設置場所が限られているという方に是非おすすめしたいモデルです。

画質で選ぶ

映像系の作業をする方にとって画質は最重要視されるポイントの1つです。とことんディスプレイの美しさを追求したい方におすすめの「Retina(4k・5k)モデル」とコストパフォーマンス重視の「非Retina(フルHD)モデル」の2種類を紹介します。

Retina(4K・5K)は目に優しく、長時間作業に向いている

21.5インチモデルにはRetina 4kが、27インチモデルにはRetina 5Kが搭載されています。5Kの方がより解像度が優れていて美しい発色の液晶画面になりますが、4Kも十分な解像度を持っています。

 

これらのディスプレイは優れた解像度だけでなく、目にも優しくできています。ついつい集中すると時間を忘れて作業してしまう方もいるかと思いますが、そんな長時間の作業でも目が疲れにくいです。

非Retina(フルHD)はコスパよし

21.5インチモデルはRetina 4Kと、非RetinaのフルHDモデルを選ぶことが出来ます。フルHDは画面の大きさに関わらずピクセル数が一定です。そのためスマホなどの小さい画面では密度が高く綺麗ですが、21.5インチディスプレイとなると粗さが目立ちます。

 

非RetinaのフルHDモデルはコストパフォーマンスを重視されている方におすすめです。Retina搭載モデルのiMacと比べると大幅にコストが抑えられています

CPU・GPU性能で選ぶ

CPUとGPUの性能で処理速度は大きく変わってきます。CPUとはiMacの脳みその様なもので、この性能が高いほど計算処理が速くなります。GPUは画面上に画像を表示させる処理を担っています。高性能なほど美しい映像が速く表示されます。

 

iMacはモデルによって標準装備されているCPUとGPUが違い、拡張性も異なります。21.5インチモデルに比べると27インチモデルの方がより優れたスペックのものが搭載されています。CPUとGPUの数値は基本的には大きい方が優れているので購入前にチェックしましょう。

ストレージの種類で選ぶ

iMacには3つの異なるストレージが搭載されてるモデルがあります。今回はその中から「SSD」と「Fusion Drive」についてそれぞれの特徴をご紹介します。また、番外編として「外付けSSD」に関しても説明します。

「SSD」ならデータの読み込み・書き出しが高速処理される

SSDは現在のストレージでは最速の書き込み速度を誇っています。HDDだとアプリを起動するだけでも数十秒待たされてしまうケースもありますが、SSDの場合は一瞬でアプリを起動できることがほとんどです。

 

高性能な分コストは大きくなってしまいますが、作業効率をアップさせるためにも待ち時間を極力削減したいという方にはおすすめです。

「Fusion Drive」も処理速度は速いがSSDには劣る

Fusion DriveはSSDには劣りますが、HDDと比べると優れた書き込み速度を持っています。Fusion Driveは内部に少量のSSDを搭載しており、使用頻度の高いアプリやデータファイルを自動的に内部SSDに格納するという特徴があります。

 

そのため、頻繁に使用するアプリに関するデータはSSDの速さで処理を行うことが可能になっています。特にiMac自体の起動に関するファイルもSSDに移動されるので電源を入れてから使用できるようになるまでの時間短縮にもなります

コスパを重視するなら「外付けSSD」も要チェック

iMacに標準搭載されているSSDの容量は256GBDです、オプションで1TBのSSDに変更すれば優れた速度で快適に作業を行うことが出来ますが、純正だとかなりコストがかかってしまいます。

 

そこでおすすめなのが、外付けSSDです。iMacには標準の256GBのSSDのみにしておいて、価格の下がった外付けSSDを購入すれば簡単にストレージ容量を増やすことができます。

ポート数で選ぶ

ポートとはヘッドホンや有線LAN、スピーカー、外付けSSDなどの外部機器に接続する端子のことです。搭載しているポート数が多ければ多いほど多くの外部機器に同時接続することが可能です。

 

ポートにはThunderboltやUSB-Cなどの種類があります。例えば外付けSSDと接続したい場合はその外付けSSDに対応している端子をiMac側が搭載していないと接続できません。使用したい外部機器の端子が搭載されているか確認してから購入しましょう。

メインメモリで選ぶ

メモリは容量が大きいほどたくさんの作業を同時進行できるので、作業をする机とよく例えられます。iMacには標準だと2~8GBのメモリが搭載されていることが多いですが、動画編集をしたりデュアルディスプレイ環境にするのなら4GBはほしいところです。

 

後からメモリを別途購入して自分でメモリを増設すると比較的安く済ませられますが、モデルによってはメモリが基盤に溶接されていてメモリ増設が不可能なiMacもあります。そういった場合は必ず購入前に十分なサイズのメモリを確認しましょう。

価格で選ぶ

どうしてもiMacで作業がしたいけど27インチモデルやiMac proは高いから手が出せないという方は、自分の手が届く価格帯で探すというのも手です。

 

そんな中で21.5インチのiMacは比較的コスパが高くておすすめです。中でもフルHDの液晶ディスプレイを搭載したモデルは、画面の美しさやスペックに関しては他のモデルに比べてかなり劣ってしまいますが、コスパを最重要視される方にはおすすめです。

iMacの人気おすすめランキング4選

1位

Apple(アップル)

iMac Retina 5Kディスプレイモデル (27インチ, 8GB RAM, 512GB SSD)

最高レベルのスペックを搭載したiMac

鮮やかで美しい発色かつ目に優しいRetina 5Kディスプレイを搭載したこちらのモデルは、現時点でMacシリーズ最高レベルのスペックを誇っています。

 

Core i5のCPUと8GBのメモリが高速処理を実現し、512GBのSSDでファイルの書き込み・読み込み速度も抜群に速いです。せっかくiMacを買うなら高スペックの物が欲しいという方に是非おすすめしたいモデルです。

サイズ 27インチ ディスプレイ Retina 5K
CPU 第10世代 Intel Core i5(6コア) GPU Radeon Pro 5550 XT
メモリ 8GB ストレージ 512GB SSD

口コミを紹介

とにかく速い。速いは正義。以下買い換えたiMac 21.5 Late2015(core i5)との比較だが、動画のエンコードが半分以下の時間で完了する。カクツキがちだった4K動画の再生も軽快。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Apple(アップル)

iMac (21.5インチ, Retina 4Kディスプレイモデル, 3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ, 1TB)

1TBの大容量ストレージを搭載

Retina 4Kディスプレイを搭載したこちらの21.5インチのiMacは1TBのHDDを搭載したことで大容量のデータ保存が可能になっています。

 

iMacはTime Maschineという機能を使ってバックアップを取得します。1TBも内蔵容量があるので、パーテーションを作成すれば外付けHDDやSSDを使わなくても余裕をもってバックアップを作成できます

サイズ 21.5インチ ディスプレイ Retina 4K
CPU 第8世代 Intel Core i5(6コア) GPU Radeon Pro 560X
メモリ 8GB ストレージ 1TB HDD

口コミを紹介

長年使ってきたiMacの動きが流石に重くなり、壊れちゃないけど、新しく。私はあんまりヘビーな使い方をしないが、うん、快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Apple(アップル)

iMac Retina 4Kディスプレイモデル (21.5インチ, 8GB RAM, 256GB SSD)

SSDの速さを体験したい方向け

こちらのiMacは256GBと小容量ですがSSDを搭載したモデルです。内部ストレージの容量をそこまで必要としないけど、SSDの速さを手に入れたいという方におすすめです。

 

また液晶ディスプレイはRetina 4Kを搭載しているので、鮮やかな発色で美しい写真や動画を表示します。21.5インチなので設置場所が限られている方にもおすすめのモデルです。

サイズ 21.5インチ ディスプレイ Retina 4K
CPU 第8世代 Intel Core i3(4コア) GPU Radeon Pro 555X
メモリ 8GB ストレージ 256GB SSD

口コミを紹介

初めてのマックです。
今までWindowsだったので、新鮮で楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Apple(アップル)

iMac (21.5インチ, 8GB RAM, 256GB SSD)

とにかく安さ重視の方向け

こちらのiMacはフルHDの液晶ディスプレイを搭載したモデルです。Retina 4K・5Kモデルと比べると解像度が荒いコストパフォーマンス重視の方向けのモデルです。

 

第7世代のIntel Core i5プロセッサ(2コア)とCPUは若干古い世代のものを使用していますが、256GBのSSDを搭載しているため内部ファイルの書き込み速度などはある程度の速度が期待できます。

サイズ 21.5インチ ディスプレイ フルHD
CPU 第7世代 Intel Core i5(2コア) GPU Intel Iris Plus Graphics 640
メモリ 8GB ストレージ 256GB SSD

口コミを紹介

MacBOOK Airも持っているのですが、日本語入力が間違うことがあります。その点この iMacは昔から使っている入力方法でとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

iMacの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5573260の画像

    Apple(アップル)

  • 2
    アイテムID:5573263の画像

    Apple(アップル)

  • 3
    アイテムID:5573264の画像

    Apple(アップル)

  • 4
    アイテムID:5573266の画像

    Apple(アップル)

  • 商品名
  • iMac Retina 5Kディスプレイモデル (27インチ, 8GB RAM, 512GB SSD)
  • iMac (21.5インチ, Retina 4Kディスプレイモデル, 3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ, 1TB)
  • iMac Retina 4Kディスプレイモデル (21.5インチ, 8GB RAM, 256GB SSD)
  • iMac (21.5インチ, 8GB RAM, 256GB SSD)
  • 特徴
  • 最高レベルのスペックを搭載したiMac
  • 1TBの大容量ストレージを搭載
  • SSDの速さを体験したい方向け
  • とにかく安さ重視の方向け
  • 価格
  • 238480円(税込)
  • 181280円(税込)
  • 157080円(税込)
  • 132880円(税込)
  • サイズ
  • 27インチ
  • 21.5インチ
  • 21.5インチ
  • 21.5インチ
  • ディスプレイ
  • Retina 5K
  • Retina 4K
  • Retina 4K
  • フルHD
  • CPU
  • 第10世代 Intel Core i5(6コア)
  • 第8世代 Intel Core i5(6コア)
  • 第8世代 Intel Core i3(4コア)
  • 第7世代 Intel Core i5(2コア)
  • GPU
  • Radeon Pro 5550 XT
  • Radeon Pro 560X
  • Radeon Pro 555X
  • Intel Iris Plus Graphics 640
  • メモリ
  • 8GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 8GB
  • ストレージ
  • 512GB SSD
  • 1TB HDD
  • 256GB SSD
  • 256GB SSD

中古で購入する時の注意点は?

新品にこだわらないという方にとっては、リーズナブルな中古品は魅力的に映ります。しかし、欠陥品や故障品を購入してしまったら安物買いの銭失いで結局損をしてしまいます。そうならないために、中古品を買う際は「整備品」として販売されているものを選びましょう。

 

整備品とはAppleが独自に立てた整備プロセスを経て、中古販売にふさわしい品質と認められた商品という意味で、ユーザーが欠陥品を買ってしまわないためのメーカー側の配慮といえます。

Mac bookシリーズも合わせて見よう!

デスクトップ型のiMac以外に、ノートタイプのMac bookシリーズもおすすめです。頻繁に持ち歩いて使用したいという方には小型で大変便利です。ノートタイプの「Mac book」、「Mac Book Air」、「Mac boook pro」の3つのタイプを紹介します。

Mac book

Mac bookは1kgを切る軽さが魅力の軽量モデルです。高解像度な12インチのRetinaディスプレイを搭載している、持ち運びのしやすさではMacノートの中ではNo.1のモデルです。

 

軽量でコンパクトなモデルのため、持ち運びに特化した分性能は控えめです。冷却用のファンを内蔵しないファンレス仕様なので、動作音が静かな半面、動画編集などを長時間行うのには向いていません。価格帯は104800円から販売されています。

Mac book Air

こちらも厚さ1.56cmの超薄型モデルで持ち運びに特化しているモデルです。CPUにはインテルのYプロセッサーという消費電力の低いタイプを搭載しており、MacbookとMacbook proの中間程度の処理性能を持っています。

 

最新モデルではRetinaディスプレイを搭載していますが、その分価格も上がっています。Retinaディスプレイを搭載していないモデルであれば89700円から販売されているのでコスパ重視の方におすすめです。

Mac book pro

Mac book proはノートシリーズの中でハイエンドモデルに位置付けられているモデルです。メインマシンとして十分使用できるスペックを持っているため、携帯性とマシンの性能の両方を重視したい方におすすめです。

 

タッチ式のディスプレイである「Touch Bar」や指紋認証機能の「Touch ID」なども搭載されているものがあります。価格はiMacよりも高くなってしまうものが多いですが、メインマシンを持ち運びたいという方に最適なモデルです。

まとめ

今回はiMacの選び方のポイントとおすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。iMacの購入を検討している方は、是非今回ご紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】スキャナーのおすすめ人気ランキング22選

【2021年最新版】スキャナーのおすすめ人気ランキング22選

家電
セミダブルベッドの人気おすすめランキング15選【一人暮らしに】

セミダブルベッドの人気おすすめランキング15選【一人暮らしに】

布団・寝具
【2021年最新版】スマホスタンドの人気おすすめランキング21選

【2021年最新版】スマホスタンドの人気おすすめランキング21選

スマホ
バケットシートの人気おすすめランキング20選【レース用・普段使い用】

バケットシートの人気おすすめランキング20選【レース用・普段使い用】

自動車・自転車・バイク
【2021年最新版】シンセサイザーの人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】シンセサイザーの人気おすすめランキング20選

楽器
【2021年最新版】コンベクションオーブンの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】コンベクションオーブンの人気おすすめランキング15選

調理・生活家電