ジャッキスタンドの人気おすすめランキング10選【低床タイプも】

ジャッキスタンドとは、ジャッキアップを行った後、その高さをキープしてくれるアイテムです。車の足回りの点検などの作業を安全に行うために必要になるものの、人によって形状や性能で好みも変わってくるでしょう。ぜひ、自分に合うジャッキスタンドを見つけてください。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

ジャッキスタンド(リジットラック・ウマ)とは?

タイヤ交換をする際など、作業を安全に行えるように「支え」があった方がいいですよね。その「支え」として活躍してくれるのがジャッキスタンドです。その他の呼び名としても「車ウマ」や「リジットラック」と言われています。

 

ジャッキアップをエアージャッキなどで行ったとしても、そのまま作業をするのは余りにも危険が伴います。そこで今回はジャッキスタンドの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

この記事の最後にジャッキスタンドの代用・自作についても紹介しています。こちらも確認して、効果的に使えるようにしましょう。

ジャッキスタンドの選び方

ジャッキスタンドは作業するシチュエーションでどれを選ぶのか変わってきます。ここからは、ジャッキスタンドの選び方について説明していきます。ぜひ参考にしてください。

耐荷重量で選ぶ

ジャッキスタンドを耐荷重量で選ぶという選び方が存在します。この選び方の場合、「3トンを超えるか超えないか」という基準が重要になってきます。ぜひご覧ください。

普通乗用車には「3トン以下」の小さいサイズ

車は前後左右の重さが均一ではありません。また、ジャッキスタンドにかかる荷重は4基使用した水平のときと、前後どちらかをジャッキアップしてバランスがずれているときでは違いがでます。

 

通常はフロント側に最大60~70%の荷重がかかると言われていますので、2トンの車でしたら1.2~1.4トンほどかかる計算になります。普通乗用車であれば2トンタイプでも問題ないですが、3トンの方が安心です。ただ、一般的にはこの耐荷重量で問題ありません。

フルサイズSUVなどには「3トン超え」の大きいサイズ

ランドクルーザークラスになると、燃料などの重さを加えると2.5トンを超えてきます。また、レクサスのLXだと車両重量だけで2730kgあります。こうしたランドクルーザーやレンジローバーなどのフルサイズSUVの場合は、余裕を持っての3トンを超えるものを選びましょう

 

それ以上になるとトラックなど重量級向けになり、10トンや15トンなどの大きなものまであるので、安心です。

高さで選ぶ

車によって床の高さが違うというのはご存じでしょうか。ローダウン車両からSUV車などの車高のある車まで異なるので、それぞれの特徴を確認してから購入することをおすすめします。

車高が低い車には「低床タイプ」

ローダウンの車両のタイプをジャッキアップするには低床タイプを選択しなければなりません。それは、ジャッキアップした後も高床タイプだと余分にジャッキアップしなければならないからです。しっかりと低いタイプを選びましょう。

 

できるだけ適した高さのジャッキスタンドを選ぶようにしましょう。そうすることで余分な労力をかけずにジャッキができます。タイヤ交換の準備が面倒という方も多いでしょうから、床高は大切なチェックポイントです。

車高が高い車には「最低値の高い・ロングタイプ」のもの

SUV車やコンパクトカーというと車高が高いです。そのため、低床タイプだとかなり伸長しなくてはならなくなります。万が一、合わないタイプを選んでしまうと、ジャッキスタンドの高さが足りない可能性がありますので注意しましょう。

 

そのようなことを防ぐために、ジャッキスタンドの最高位と最低位を確認しておくことが大切になってきます。そして、それに合うようなロングタイプのジャッキスタンドを選ぶことをおすすめします。

用途で選ぶ

用途で選ぶという選び方もあります。例えば、タイヤローテーションのためのタイヤ交換などでは、タイヤが浮きさえすれば、交換作業ができるのでジャッキスタンドも車体が少し浮上する高さに上げられるジャッキスタンドを選択します。

 

他にも、タイヤ交換ではなく、シャーシ部分までしっかりと入って作業したいというのであれば、しっかりと高さを出せるジャッキスタンドを選択することをおすすめします。

足の本数で選ぶ

ジャッキスタンドによって足の本数も異なってきます。つまり、ジャッキスタンドの足の本数も重要な判断基準となってくるのです。以下では、足の本数で選ぶという方法について説明していきます。

初心者でも扱いやすい「4本足」

それぞれ違う形をしているジャッキスタンドですが、その中もで四つ足タイプは、どういう置き方をしても安定した形になり、とても扱いやすいのが大きな魅力として知られています。

 

横方向でも縦方向でも脚がしっかりと地面とジャッキアップポイントを設置してくれます。だからこそ、ジャッキスタンド初心者にとっても非常に使いやすいタイプになるのです。例えば、DIYなどで行う経験の浅い方には、四つ足ジャッキスタンドがおすすめです。

「3本足」はコツがいるので注意!

ジャッキスタンドの三つ足タイプは接地の仕方にコツが必要です。そこを誤ってしまうと例えジャッキスタンドを設置したとしても危険が伴うので、きちんとポイントを抑えておきましょう。

 

そこで、ポイントとして設置してする時に、足の向きを両方が外側へ向くように置くようにしましょう。そうすることで縦横の両方に対して踏ん張りがきくようになるのです。さらに、輪留めも設置して縦方向の力を抑制することも考えておきましょう。より安全で、おすすめです。

機能で選ぶ

自分に合った作業をするためにも、ジャッキスタンドを機能によって選ぶという選び方はとても大切です。ここからは、ジャッキスタンドを機能で選ぶ方法について解説していこうと思います。

「アジャスト機能」はラチェットタイプがおすすめ

高さが調整できるジャッキスタンドであれば、アジャスト機能は当然ついているのです。ただ、ロックピンタイプとラチェットタイプの中では、ロックピンタイプはあまりおすすめできません。ロックピンタイプだと調整幅が広く、微調整が効かないという欠点があるからです。

 

ラチェットタイプでしたら数センチ単位で微調整が効くため、使い勝手がよいです。また操作もしやすいのでこちらのタイプのほうがおすすめと言えます。

車受け部分には「ゴム」が必要!

ジャッキスタンドと車が接地する部分は強い力が働きます。つまり、過度なエネルギーが不適切な形で当たり続けると車にダメージを与えてしまう可能性が生じてしまうのです。そこでクッションとなるゴムがとても重要になってきます。

 

ジャッキスタンドによって、最初からしっかりとしたゴムが付いているものもあります。しかし、その逆でしっかりとしたゴムが付いていないものもあるのです。購入時に接地する部分がどのようなものになっているのか確認することをおすすめします。

コンパクトの収納できる「折りたたみタイプ」

ここでは、折りたたみ式のジャッキスタンドについて紹介します。折りたたみ式が採用されたジャッキスタンドは、コンパクトに収納することができるため、ガレージが狭い方や青空DIYをしている方にとっては、大助かりなジャッキスタンドです。

 

また、持ち運びをする際、他のタイプのジャッキスタンドだとかさばってしまうことがありますが、折りたたみ式の場合、そのような心配も要らないのでおすすめです。

安い商品には注意!安全性を第一に

ジャッキスタンドにはかなり低価格なものから高額なものまで存在します。ただ、あまりに、低価格な商品だと品質に問題があったり、使用しづらいものがあるということも事実です。実際に、失敗したという声も報告されています。

 

しっかりと高品質なジャッキスタンドを購入したいと考えている方は、それなりに高値の商品を購入することをおすすめします。しっかりとしたジャッキスタンドを購入すれば、嫌な思いをすることはないでしょう。

おすすめメーカー・買える場所で選ぶ

ジャッキスタンドの販売はさまざまなメーカーで行われており、それぞれのメーカーで特徴が異なってきます。ここからは、おすすめのメーカーでジャッキスタンドを選ぶ選び方について紹介します。

EMERSON(エマーソン)

エマーソンの製品は、江戸川区に本社を構えるニュートレイン株式会社の製品です。ジャッキだけではなく、ガソリン携行缶、ワイパーブレードや工具などをエマーソンブランドで展開していることが大きな特徴です。

 

特に、ジャッキスタンドやフロアジャッキなどのジャッキアップ製品には定評があり、信頼性も高いことで知られています。普通のジャッキスタンドに加えて、電動ジャッキや軽量のアルミ製小型ジャッキを買うこともおすすめです。

BAL(バル)

BAL(バル)というメーカーは、自動車要港部メーカーでは老舗の大橋産業株式会社が展開する有名ブランドです。充電器やインバーターといった車載電源製品、工具や専用ツールなど多岐にわたる商品展開が魅力であり、その中の1つの製品がジャッキアップ製品となります。

 

3トン以下の製品を中心に一通りのアイテムを取り揃えているのです。サポートもしっかり受けられるので安心して使えるという声も多く、おすすめです。

RIKIMAEDA(リキマエダ)

RIKIMAEDA(リキマエダ)は、鉄鋼で有名な新潟県燕三条にある自動車整備用機械工具を中心に製造販売しているメーカーです。ジャッキスタンドのバリエーションが豊富であることが特徴で、ジャッキスタンドは2トンから15トンまで幅広く展開しています。

 

ただ、確認点として、ジャッキの販売はしていません。ジャッキスタンドと合わせてジャッキを購入しようと考えている方は、ぜひ覚えておいてほしい情報です。

ASTRO(アストロ)

ASTRO(アストロ)の特徴は、ジャッキスタンドの種類の多さでしょう。普通のジャッキスタンドだけではなく、ゴム製のものやガレージジャッキなども取り揃えており、しっかりとほしいものから選択することができるのです。

 

特に、ASTRO(アストロ)のガレージジャッキは、軽くて移動しやすい利便性と、錆びにくい堅実性を兼ね備えています。とても作業しやすく、持ち運びもしやすいのでおすすめです。

オートバックスやホームセンターでも

オートバックスやホームセンターで購入することができるジャッキスタンドの特徴は、なんといってもそのリーズナブルな価格でしょう。特に、セールなどが行われている場合、定価よりも安い値段で購入することが可能でしょう。気楽に購入することができます。

 

また、店員さんとの距離も近く、分からないことがあったらすぐに店員さんに質問することができるので、オートバックスやホームセンターはとてもおすすめです。

ジャッキスタンドの人気おすすめランキング10選

1位

エマーソン(Emerson)

ジャッキスタンド 2個セット

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ラバーパッド付き

タイヤをDIY交換するときに必要となるアイテムを中心に展開している、有名なエマーソンブランドの商品です。口コミでもロックピンが必要との声が多くあり、それを体現したようにロックピンを取り付けることができるのです。

 

これにより、荷重が掛かっていない状態でもロックレバーが固定されるため、受け皿の部分を持って運んでも支柱が抜けないので便利であり、作業に集中することができるので、おすすめです。

高さ 260mm~405mm 最大荷重 3t

口コミを紹介

30年前にも購入しており、今回購入した物と仕様が全く同じ。それだけ完成された製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

メルテック(meltec)

3tジャッキスタンド

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

使いやすいラチェットタイプ

作りがしっかりしている分重いですが、少し腰高なのでとても使いやすいでしょう。ただ、ローダウン車には注意が必要なことは覚えておくべきでしょう。1.25cmごとに調整できるので微調整が容易に行なうことができます。

 

3tまで耐えられて445mmまで上げることができるので、大型乗用車に向いています。こちらもコンパクトに収納できる折りたたみ式ですから、頻繁に使用しないという方におすすめです。

高さ 約218mm〜約445mm 最大荷重 3t

口コミを紹介

軽バンのタイヤ交換に使いましたが、無難に使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ウェイモール(WEIMALL)

ジャッキスタンド 3t 馬ジャッキ

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安心のゴムラバー

高さは3段階で調整でき、ロックピンで固定できるので安心して使えます。ゴムラバーがついているので愛車を傷つけません。折りたたみ式なのでコンパクトに収納可能であり、持ち運びが簡単なことも特徴です。

 

タイヤ交換やマフラーの交換を頻繁に行わないのであれば、折りたたみができて収納場所が狭くても楽に収納できるこの商品がでおすすめです。ロックピンもついている安心設計仕様がとてもうれしいです。

高さ 270mm-320mm 最大荷重 2t

口コミを紹介

VOXY80に使用していますが、なんの不安感もなく下に潜っていけます。また、接着面がシリコンになっているため、骨格に傷がつかず、サビの原因にもならず使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

バーコ

Jack Stand ジャッキスタンド

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

老舗ブランドで安心

頑丈で安心感があると評価が高いジャッキスタンドです。老舗ブランドのBAHCOが販売しているため、安心感があるのではないでしょうか。安価な価格で販売されているジャッキスタンドとは比較できないくらいの品質があると高評価を得ています。

 

ただ、ジャッキスタンドと接地する部分にはゴム板が挟まれていないので、注意が必要です。また、形と色合いがジャッキスタンドの中でも、同系色のものが少なく個性的でおしゃれな雰囲気があります。

高さ 288mm~425mm 最大荷重 3t

口コミを紹介

形と色あいがいい感じです。気に入りました。あと頑丈そうです。箱の
中でストッパーがあたってガチャガチャいうのが気に入らない。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

バル(BAL)

ジャッキ キーパーマン2T

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

見た目も映える

普通のジャッキスタンドの場合、上げ幅が低いと閉塞された空間で長時間作業を行わなければならず、疲労感も強くなってしまいます。キーパーマンの良い点は、ただ、この商品は295~490mmまでの6段階調整可能なので、作業域を広げられて疲労軽減にもつながります。

 

特に、通常のジャッキスタンドでは1番高い位置にしてもタイヤを浮上させられない方におすすめです。ただ、トラック用と謳って販売されているものになると価格も高くなることがあります。

高さ 265mm~380mm 最大荷重 2t

口コミを紹介

溶接もしっかり出来ていて、ピン止めも外れないようにできています。高さも問題ありません。とりあえず比較用に高さ3段階分の画像を貼っておくので参考にどうぞ。バックの車はミニバンです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

(TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート

ジャッキスタンド 低床 3t

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コスパの良さ

こちらは低床タイプで最低位400mmまで下げられます。大凡の車が90mmが車の車底高になってきますので、低底の車種は全て網羅していると言えます。ぜひ、自分の車が低底タイプであるか確認してください。

 

また、安全面の配慮もあり、極太ストッパーが取り付いています。万が一の安全確保にも取り組めています。こちらと同タイプの中では価格も比較的安価でコストパフォーマンスも高く、おすすめです。

高さ 280mm~400mm 最大荷重 3t

口コミを紹介

車をいじる人は色々いるけど、足回りをいじりだすと必ずこのウマが必要に成ってきます。
昔は高かったけどこの価格です。十分使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

エマーソン(Emerson)

エマーソン 折りたたみ式ジャッキスタンド

信頼性できるエマーソンブランド

3tまで耐えられるのでSUV車などにとても最適です。もちろん、1基だけ購入することも可能ですが、追加購入でない限りは2基の同時購入もおすすめできます。折りたたみ式なのでコンパクトに収納でき、愛車に傷をつけないゴムパッドが付属しています。

 

さらに、安全ピンも付属していますので安心して作業ができます。しっかりと作業に集中できるでしょう。

高さ 260mm~410mm 最大荷重 3t

口コミを紹介

安定感があり、コンパクトに収納できる。
剛性が高い分、少し重いが、車に積んでおくだけなので問題ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

エスコ(ESCO)

ジャッキスタンド(2台)

余裕の6t対応

耐荷重が6tと重くても二重ロックシステムなので安心して作業に集中できます。構造が強固なので本体は重めですが、しっかりと頑丈に作られていて、安全性と耐久性の高い製品です。だからこそ、大型車のジャッキアップ作業にはとてもおすすめの商品です。

 

また、折りたたみ式ではないので、特に頻繁に使用される方にはうっての商品でしょう。

高さ 394mm-613mm 最大荷重 6t

口コミを紹介

安定感があり、コンパクトに収納できる。
剛性が高い分、少し重いが、車に積んでおくだけなので問題ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Apextreme

ジャッキスタンド 3t 2個セット

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安心して使える

このジャッキスタンドは安心・安全の3t(1個)タイプ、ペアで販売して使用します。ラチェット式なので素早く高さ調整ができます。使用しやすいように設計されており、持ち運び(約5kg/2個)にとても便利です。

 

ガレージ、オートバイショップ、トラックなど様々な場合で使用できます。また、小型の個人車、オフロード車やバイクなどを取扱うことができます。

高さ 290mm~420mm 最大荷重 3t

口コミを紹介

手持ちのウマが少し低く、下に潜るには厳しい(自分の腹がでかくなった?)ので、こちらを購入。高さ調節もしやすく、気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

リキマエダ

リキマエダ 馬ジャッキ

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

4tクラスの大型トラック対応

自動車の修理やタイヤ交換などのエアーリフトした車を、作業に応じて高さ調整をして固定することができます。5tまでの最大荷重に耐えることができるので車重のある車を所有している方におすすめです。

 

1台で6.6kgと重量はありますが、強度が高く安定した固定が行えます。目安となる車種は、軽四輪車から4tトラックまでになります。さらに、作業に応じて345~560mmの7段調整まで調整が可能です。

高さ 345mm~560mm 最大荷重 5t

口コミを紹介

セールで安くなっているところをポチりました。
もう10回くらい使いましたが、全然使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャッキスタンドの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 高さ 最大荷重
1
アイテムID:5577876の画像
ジャッキスタンド 2個セット 3,328円

詳細を見る

ラバーパッド付き

260mm~405mm 3t
2
アイテムID:5577883の画像
3tジャッキスタンド 3,973円

詳細を見る

使いやすいラチェットタイプ

約218mm〜約445mm 3t
3
アイテムID:5577894の画像
ジャッキスタンド 3t 馬ジャッキ 2,990円

詳細を見る

安心のゴムラバー

270mm-320mm 2t
4
アイテムID:5578816の画像
Jack Stand ジャッキスタンド 5,326円

詳細を見る

老舗ブランドで安心

288mm~425mm 3t
5
アイテムID:5579558の画像
ジャッキ キーパーマン2T 3,480円

詳細を見る

見た目も映える

265mm~380mm 2t
6
アイテムID:5580013の画像
ジャッキスタンド 低床 3t 2,580円

詳細を見る

コスパの良さ

280mm~400mm 3t
7
アイテムID:5580031の画像
エマーソン 折りたたみ式ジャッキスタンド 1,620円

詳細を見る

信頼性できるエマーソンブランド

260mm~410mm 3t
8
アイテムID:5580053の画像
ジャッキスタンド(2台) 16,368円

詳細を見る

余裕の6t対応

394mm-613mm 6t
9
アイテムID:5580077の画像
ジャッキスタンド 3t 2個セット 3,080円

詳細を見る

安心して使える

290mm~420mm 3t
10
アイテムID:5580088の画像
リキマエダ 馬ジャッキ 24,334円

詳細を見る

4tクラスの大型トラック対応

345mm~560mm 5t

ジャッキスタンドの使い方

使い方の中で最も重要なことは、ジャッキを設置するための「ジャッキアップポイント」という位置が設定されていることです。もしもジャッキアップポイント以外の部分にジャッキをかけてしまうと、ボディの下の金属部分が歪んでしまう恐れがありますので注意が必要です。

 

また、注意点としてジャッキスタンドの高さに関してですが、基本的には高さの調整が出来るものが一般的ですが、最低地上高と最高地上高はそれぞれ違ってきます。しっかりと車に合ったものを選びましょう。

代用・自作はおすすめできない

中にはジャッキスタンドを自作して代用しようという方もいらっしゃいますが、プロ用のジャッキスタンドをプロが使用していても、使い方を間違えると事故につながります。

 

車の荷重は均等にかかっているわけではありませんし、高さが均一でなければ低い方へより重く重心がかかります。そうなると非常に不安定な状態になります。だからこそ、ジャッキスタンドを自作して使用することはおすすめではありません。

まとめ

ここまで、ジャッキスタンドを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。それぞれの車に合ったジャッキスタンドは異なってきます。ぜひ、最適なジャッキスタンドを選んで安全に作業を行ってくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事