【2021年最新版】徹底比較!SUVタイヤの人気おすすめランキング15選

記事ID143755のサムネイル画像

SUVタイヤは市街地だけでなく荒地でのドライブにも欠かせません。色んな種類がありオフローダーからコンフォートまでさまざまです。低燃費や耐摩耗、安全性などの性能も徹底比較しましょう。そこで今回はおすすめのSUVタイヤをランキング形式で紹介します。

「SUVタイヤ」を選んで、新しい走りを体感しよう

従来のSUVは、オフロードを走るための乗用車というイメージでした。しかし近年は市街地での走行をメインにしたタイプも生まれ、SUVの多様化が話題です。こうなると、自身が使っているSUVに合ったタイヤがわからないと悩みますよね。

 

最近のSUVタイヤにはオフロードで走るためのオフローダータイプに限らず、街乗りも楽しめるオンローダー、乗り心地や燃費が良くなるコンフォートなどがあります。自身のこだわりポイントを絞って選べば、理想のタイヤを見つけるのは難しくありません。

 

そこで今回はSUVタイヤのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入に迷われている方はぜひ参考にしてみて下さい。この記事の最後にSUVタイヤの寿命と交換のタイミングも紹介しています。こちらも確認してより快適に使えるようにしましょう。

SUVタイヤの選び方

SUVタイヤは種類が多く、選ぶ基準がわからないと悩む人もいるでしょう。種類や性能などさまざまな面で異なるからです。ドライブでのこだわりポイントやよく走る場所を意識すれば、使いやすいタイヤが見つかるでしょう。以下の選び方をぜひ参考にして下さい。

SUVタイヤの種類で選ぶ

SUVタイヤには乗り心地や燃費といった機能性を重視したものから、オフロードで走るのに適したものまで多様です。以下の4つのタイプを徹底比較し、自身に合うSUVタイヤの基本的な特徴を考えましょう。

乗り心地の良さや燃費性能を重視するなら「コンフォートタイプ」

SUVで快適なドライブを楽しむなら、コンフォートタイプがおすすめです。こちらは乗り心地を良くしたり、他のタイヤよりも燃費性能に優れるなどの特徴があります。近年は街乗りのSUVも流行しているので、通勤や家族でのお出かけなどにも役立つでしょう。

 

車の性能に寄り添ったコンフォートタイプは、長期的な使用にも適しています。普段使いでSUVに乗っているなら、こちらから探してもよいでしょう。

街乗りもアウトドアも楽しむなら「オンローダータイプ」

オンローダータイプは、街乗りからアウトドアまで様々なシチュエーションを楽しめます。悪路だけでなく市街地でも乗り心地が良くなるSUV用タイヤです。選定に悩んだら、使いやすいタイプともいえるこのタイプに決めるとよいでしょう。

 

一般道における燃費や乗り心地といった性能を最低限確保しているのがオンローダーの特徴です。一方で砂利道や濡れた道のような悪路の走行でも性能を発揮します。様々な走行環境を考え、全体の性能バランスを整えたのがオンローダータイプです。

オフロードで走ることが多い人はかっこいい「オフローダータイプ」

オフローダータイプは、舗装されていない道を走りこなす目的で作られています。砂利道やぬかるんだ道のような悪路への対応力を高めたタイプです。走行環境に合わせて見た目もゴツく、ワイルドに仕上がっています。

 

オフロードタイプにドレスアップし、SUV本来のかっこよさを引き出したい人にもおすすめです。アウトドア好きにとっては、オフローダータイプの装着で見た目にも走りにも満足できるでしょう。

一年中走行できる「オールシーズンタイプ」

オールシーズンタイプは、季節を問わずいつでも使いやすいタイヤです。街乗りからキャンプまであらゆる状況に対応できます。突然の雨や雪でも走りづらくなる心配がありません。夏の夕立のような急な天気の変化でも落ち着いて対処可能です。

 

シーズンごとにタイヤを履き替える必要がないのもメリットです。SUVタイヤは他の乗用車のものより直径が大きく交換しづらいので、オールシーズンは助かるでしょう。使いやすさにこだわるならこのタイプに決めてもよさそうです。

オンもオフもおすすめ「オールテーン」

毎日使用する事が出来るオールテーンタイヤは、オンロードもオフロードにも適していますので使いやすくおすすめのタイプです。全地形タイヤとも呼ばれており、舗装された道路でも静寂性に優れているのが特徴です。

 

エコタイヤよりも消費燃費は劣りますが、砂利道やダートの路面でも走行する事が多い方には使用しやすいタイプと言えます。剛性も高くゴツゴツとした見た目も人気を集めています。オンにもオフにも使用したい方は、オールテレーンタイヤを確認しましょう。

チェックしておきたい性能で選ぶ

SUVタイヤも他のタイプの乗用車と同じく、耐摩耗性やグリップ、低燃費など様々な性能チェックが大切です。おろそかにすると、運転環境によくない影響があるかもしれません。理想の運転環境を実現するために、気になる性能に合わせてタイヤを選びましょう。

「耐摩耗性」を重視して安定した乗り心地を

耐摩耗性は、SUVタイヤ選びで特に重要です。SUVはセダンやコンパクトカーよりも重量の数値が高く、タイヤにかかる負担も大きいといえます。摩耗が早いと走行に影響したり、交換の頻度が多くなって維持費がかさんだりするでしょう。

 

摩耗に対応できるタイヤはゴムが高密度だったり、接地圧の均一化が施されたりしています。商品情報からゴムや接地圧に対する工夫が見られれば、負担に対応できるタイヤだとわかるでしょう。

制動距離を抑える「ウェット性能・グリップ性能」

ウェット性能やグリップ性能は、制動距離を抑えるうえで重要です。雨の日のドライブはいつ訪れるかわからないので、濡れた路面でもブレーキが効きやすいタイヤが望ましいでしょう。

 

基本的なグリップ性能も、入り組んだ市街地や、高速道路などのカーブをスムーズに曲がるのに欠かせません。特に運転経験が少ない人は、車のコントロールのしやすさが大切です。そう考えると、ウェットやグリップの性能はなるべく高い方がよいでしょう。

地球にやさしく走行できる「低燃費性能」

低燃費性能の高いタイヤは地球にやさしいイメージから、多くのドライバーに好まれています。ガソリンの減りが遅ければ周辺環境にも優しく、給油の頻度も減らせて経済的です。

 

低燃費性能を確かめるには、転がり抵抗を見ましょう。タイヤの回転時に、進む方向に対して反対側に加わる力を転がり抵抗と呼びます。これが小さければタイヤの回りもスムーズで低燃費につながるのです。転がり抵抗から燃費に優しいタイヤを見分けましょう。

走行中の音を静かに抑えたいなら「静粛性」

走行中のノイズが気になるなら、静粛性を重視しましょう。静かな環境でSUVを走らせられれば、長距離の移動でもリラックスできるからです。

 

静粛性に優れたタイヤはコンフォートタイプが多いといえます。タイヤが地面を転がるときの音や振動を吸収する性能が高いからです。コンフォートタイプを念頭に、運転環境に優しいタイヤを選んでみませんか。

ハードな乗り方をするなら「マッド性能」も欠かせない

オフロードをはじめハードな走行環境でのドライブが多いなら、マッド性能も見逃せません。山や海など自然の場所は舗装されていない道も多く、タイヤがグリップしにくいからです。マッド性能は荒地でのグリップ力の指標になります。

 

以上を考えると、アウトドア志向はマッド性能の高いタイヤがおすすめです。たとえばゴムの側面に「M+S」と刻まれいれば、「Mud and Snow」という意味で泥や雪に対応しているとわかります。自然の道でも高いグリップ力を示すタイヤに注目しましょう。

家族や自分の身を守る「安全性」や「快適性」

走行の安定性や快適性はタイヤのクオリティの基本です。家族や自分の身を交通事故から守るためには、タイヤの健全な設計が欠かせません。

 

たとえばタイヤの非対称トレッドパターンは、車体の大きなSUVを高速走行時にも安定させます。静粛性やグリップ性能が高ければ、SUVをドライブしやすくて快適でしょう。カーライフを楽しむなら安定性や快適性に優れたタイヤが選びが重要です。

見た目を重視したい方は「かっこいいタイヤ」がおすすめ

見た目を重視したい方は、かっこよく見えるタイヤを選びましょう。SUVらしい見た目のタイヤにかえることで、全体の見た目も大きく変わってきます。今のタイヤに満足していない方も、アップデートする事もおすすめです。

 

例えばホワイトレターの入ったタイヤなど、足元も華やかに見えますので見た目も良くおすすめです。またSUVらしいゴツゴツとしたタイプを選んでも良いでしょう。この際に注意が必要なのが見た目だけではなく、サイズも合っているかなので合わせて確認しましょう。

タイヤサイズで選ぶ

SUVに合ったタイヤサイズも重要です。サイズは幅、縦横比、リムサイズの順番で示しています。たとえば「195/65R15」なら、幅が195mm、縦横比が65、リムサイズが15インチです。

 

たとえばタイヤサイズが大きいほど、コーナリング性能が上がります。しかし乗り心地が硬く、ノイズも起きやすいのが弱点です。サイズが小さいほど乗り心地は向上します。しかしコントロール性能の低下や、車体を支えるタイヤの負担増も難点です。

 

タイヤサイズは大きくても小さくても、それぞれメリットやデメリットがあります。車体とのバランスを考えながら理想を決めましょう。

価格で選ぶ

価格の安さにこだわってタイヤを選ぶのもおすすめです。特にSUV用は他のタイプの乗用車より相場が高いので、少しでも手ごろなものを選びたいですよね。

 

しかし安いタイヤの中には、性能が劣るものもあるので、予算節約だけを目的にしてはいけません。安定性や快適性、走行性能などとのバランスを取りましょう。安くで有能なタイヤを見つけることが、コストパフォーマンスにつながります。

人気のメーカーで選ぶ

SUVタイヤ選びに迷ったら、人気メーカーで選んでみましょう。この章ではヨコハマやダンロップなど、SUVタイヤで有名な会社を3つピックアップしてみました。

ヨコハマタイヤ

ヨコハマタイヤは横浜ゴム株式会社のブランドです。会社としては1917年に設立され、当時は「グッドリッチ」というブランド名でした。有名なシリーズにモータースポーツでも活躍する「ADVAN」、低燃費タイヤの「GEOLANDER」などがあります。 

 

SUV用は「GEOLANDER」として、多彩なラインナップが特徴です。ノーマルからオールシーズンまで揃っていて、好みや使い方に応じた選定ができます。タイヤブランドとして前向きな口コミが多いので、メーカーで選べる代表例でしょう。

DUNLOP(ダンロップ)

ダンロップは1889年にイギリスで設立された老舗タイヤメーカーです。日本では住友ゴム工業株式会社が商品を使って製造販売を行っています。これまで「DIREZZA」や「エナセーブ」など、数々のヒットシリーズを生み出してきました。

 

主力商品は低燃費や耐久性に優れたタイプが多いといえます。SUVでも長く使いやすい人にとっては使用しやすいでしょう。SUV用では「GRANDTREK」が活躍中で、走行性能と環境性能の両立が高い評価です。ハイクオリティなタイヤのメーカーとして注目でしょう。

MICHELIN(ミシュラン)

ミシュランは1863年にフランスで設立され、1889年に現在の名称に変わりました。空気入りタイヤを世に広めたり、世界で初めて市販ラジアルタイヤを生み出したりするなど、タイヤ業界を長年リードしています。

 

SUV用では「LATITUDE」シリーズを展開中です。耐摩耗性能に優れたゴム素材や、剥離抑制の工夫などを加え、ハイパフォーマンスを確立しました。静粛性にも優れているので、静かなドライブ環境を求める人には合うでしょう。

REGNO(レグノ)

ブリヂストンから展開されているレグノは、圧倒的な快適性を持ったタイヤです。長時間のドライブでもその快適性を全身で感じる事が出来ます。高機能なレグノは、走行するほどその良さを感じ取れます。

 

市街地の時速30km/hでもその差は体感できると言われています。ウェットの向上ポリマーの採用と、すり減りにくいナノプロ・テックゴムが採用されておりロングライフも実現しています。快適性を実感する事が出来るレグノはおすすめの商品です。

コンフォートタイプのSUVタイヤの人気おすすめランキング4選

転がり抵抗が少なく低燃費に貢献する

環境に優しいBluEarth RV-02シリーズの一品です。転がり抵抗が少ないので、無駄なガソリン消費の心配がありません。使用中の車のガソリンが減りやすいと思ったら、このタイヤを試してみませんか。

 

他にも耐摩耗やウェット性能などにも優れており、トータルバランスに優れています。

235mm 縦横比 50
リムサイズ 18インチ 特筆性能 低燃費、耐摩耗、ウェットなど

口コミを紹介

乗り心地も良く、静粛性も良く、非常に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

スッキリした見た目とナノバランステクノロジーで快適にドライブできる

日本のタイヤ業界で名を馳せるトーヨー代表の一品です。スッキリした見た目で、店頭での第一印象も申し分ありません。

 

ナノバランステクノロジーを軸にした設計で、総合的な性能に優れています。SUVに快適な乗り心地を求めるなら、こちらも見逃せません。

175mm 縦横比 80
リムサイズ 15インチ 特筆性能 燃費、ウェット、静粛性など

口コミを紹介

タイヤで燃費などそうそう変わるものかと低燃費タイヤなど信じていませんでしたが、少し燃費が良くなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

トーヨー「PROXES」シリーズが誇るハイパフォーマンスタイヤ

SUVタイヤの「PROXES」シリーズでも、パフォーマンスの高さを求めたタイプです。ウェット性能が高いので、雨の日でも快適にドライブできるでしょう。

 

他にも燃費性能や静粛性なども高水準で、家族や友人との会話にも余裕ができます。PROXESシリーズのうち、天気を問わず使えるタイヤとして覚えておきましょう。

235mm 縦横比 55
リムサイズ 19インチ 特筆性能 ウェット、燃費、静粛性など

口コミを紹介

proxes sports suvはとても静かで、コンフォート性は抜群、ウエットグリップ良好です

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトSUVに最適な高品質タイヤ

LE MANSシリーズより快適性能を重視したタイヤです。低燃費かつロングライフなので、経済的にも役に立ちます。ヴェゼルやC-HRのような、ハイブリッドタイプのコンパクトSUVに合うでしょう。

 

近年話題のコンパクトSUVにも最適なので、街乗りに役に立つタイヤです。

225mm 縦横比 50
リムサイズ 18インチ 特筆性能 低燃費、耐摩耗、静粛性など

口コミを紹介

元々装着されていたのが同じダンロップのエナセーブ503でしたが、不快な振動に加え、ロードノイズが酷く、かなり残念な印象でした。タイヤを履き替えたところ、この2点に明らかな改善が認められ、タイヤでここまで変わるのかと驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンフォートタイプのSUVタイヤの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 縦横比 リムサイズ 特筆性能
1
アイテムID:5789202の画像
【4本セット】BluEarth RV-02 59,854円

詳細を見る

転がり抵抗が少なく低燃費に貢献する

235mm 50 18インチ 低燃費、耐摩耗、ウェットなど
2
アイテムID:5789205の画像
CF2S 6,190円

詳細を見る

スッキリした見た目とナノバランステクノロジーで快適にドライブできる

175mm 80 15インチ 燃費、ウェット、静粛性など
3
アイテムID:5789208の画像
PROXES スポーツ SUV 13,720円

詳細を見る

トーヨー「PROXES」シリーズが誇るハイパフォーマンスタイヤ

235mm 55 19インチ ウェット、燃費、静粛性など
4
アイテムID:5789211の画像
LE MANS V(ルマン5) 17,560円

詳細を見る

コンパクトSUVに最適な高品質タイヤ

225mm 50 18インチ 低燃費、耐摩耗、静粛性など

オンローダータイプのSUVタイヤの人気おすすめランキング4選

コントロールやウェット性能に優れたSUV用タイヤ

トータルバランスに優れたダンロップらしいSUV用タイヤです。操縦安定性能やウェット性能が従来品よりレベルアップしています。運転初心者でも安心してドライブを楽しめるでしょう。 

 

SUVをスムーズにドライブしたいと思ったら、こちらに注目してみませんか。

225mm 縦横比 65
リムサイズ 17インチ 特筆性能 ウェット、低燃費、耐摩耗など

口コミを紹介

ブリジストンからの履き替えでしたがハンドルも軽くなって大満足です♫

出典:https://www.amazon.co.jp

低燃費ながら静かにドライブできる街乗りタイプ

GEOLANDERはヨコハマを代表するタイヤで、街乗りSUVに履かせるにふさわしいでしょう。低燃費と静粛性に優れているからです。

 

近年はSUVもハイブリッドやPHEV車が多数ヒットしており、多くはGEOLANDERシリーズに合うでしょう。都会で優雅にドライブしたいと思ったら、こちらのタイヤに要注目です。

225mm 縦横比 60
リムサイズ 17インチ 特筆性能 低燃費、静粛性、耐摩耗など

口コミを紹介

タイヤ購入とタイヤ交換がセットになっているので、とても良かった。タイヤ交換を依頼するガソリンスタンドも自宅から近い場所にあったので利用しやすかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽SUVの魅力を引き立てる街乗り用タイヤ

グッドイヤーが誇る低燃費タイヤで、サイズの小さなSUVにも合います。ハスラーのようなSUV型軽自動車に履かせると、魅力が引き立つでしょう。

 

低燃費で摩耗にも強く、乗り心地も助けてくれます。「エコ」という名にふさわしい性能で、カーライフを支えるでしょう。

155mm 縦横比 65
リムサイズ 14インチ 特筆性能 低燃費、耐摩耗、ウェットなど

口コミを紹介

ロードノイズが格段に減りました。
とても静かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

トーヨーが誇る静かなタイヤ

OPEN COUNTRYシリーズのU/Tは街乗りSUVのために作られました。静粛性や燃費、ウェットなどさまざまな性能がバランスよく噛み合っています。

 

オンロードにおける静粛性は、SUV用タイヤとしては上位クラスです。運転初心者でも動かしやすいでしょう。

225cm 縦横比 55
リムサイズ 19インチ 特筆性能 静粛性、燃費、ウェットなど

口コミを紹介

林道走行したいけど行くまでのオンロード走行も楽しみたい人にはもってこいのタイヤだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

オンローダータイプのSUVタイヤの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 縦横比 リムサイズ 特筆性能
1
アイテムID:5789216の画像
GRANDTREK PT3 14,200円

詳細を見る

コントロールやウェット性能に優れたSUV用タイヤ

225mm 65 17インチ ウェット、低燃費、耐摩耗など
2
アイテムID:5789219の画像
GEOLANDAR SUV G055 23,430円

詳細を見る

低燃費ながら静かにドライブできる街乗りタイプ

225mm 60 17インチ 低燃費、静粛性、耐摩耗など
3
アイテムID:5789222の画像
EfficientGrip ECO EG01 3,820円

詳細を見る

軽SUVの魅力を引き立てる街乗り用タイヤ

155mm 65 14インチ 低燃費、耐摩耗、ウェットなど
4
アイテムID:5789225の画像
OPEN COUNTRY U/T 18,650円

詳細を見る

トーヨーが誇る静かなタイヤ

225cm 55 19インチ 静粛性、燃費、ウェットなど

オフローダータイプのSUVタイヤの人気おすすめランキング3選

雪が積もる地域で役に立つタイヤ

GOODYEARが誇るオフローダータイプのSUVタイヤです。氷上でのグリップ力を重視しながら開発したため、豪雪地帯で活躍できます。北海道や北陸地方など、雪が積もりやすい地域でのドライブに役立つでしょう。

 

雪によるスリップ事故を避けるには、アイスバーン対策が重要です。ICE NAVIは氷上でもブレーキに反応しやすいので、タフな環境で助かるでしょう。

175mm 縦横比 80
リムサイズ 16インチ 特筆性能特筆性能 氷上・雪上でのグリップ、燃費、耐摩耗など

口コミを紹介

豪雪時期にジムニーに履かせて雪上ラリーしましたが違和感もないし全然滑らない。
ブレーキも違和感なく雪や氷を捉えてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

アジアンタイヤとして貴重なオフロードタイプ

手ごろな価格でおなじみのナンカンタイヤが誇るオフロードタイプです。アウトドア志向のドライバーにとっては、経済的にお得でしょう。

 

センターリブの両サイドに切り込まれた2本の縦溝や、独特なブロックパターンのおかげで、タフな環境に対応できます。静粛性や乗り心地にも優れており、ナンカンらしいコストパフォーマンスを期待です。

175mm 縦横比 80
リムサイズ 16インチ 特筆性能 オフロード、静粛性、快適性など

アジアンタイヤと割り切っての購入です。1年はいた後の感想。特に摩耗が激しいわけでもなく、乗り心地も以前はいていたグッドイヤーのATよりマイルド。

出典:https://www.amazon.co.jp

特別な吸水ゴムで氷上性能が高い

ヨコハマのオフロード用タイヤです。独自開発である非対称パターンや特別な吸水ゴムにより、氷上性能を高めています。濡れたり凍ったりした路面でも、ブレーキをかけると止まりやすい仕様です。

 

他にも劣化への強さや低燃費性能など、タイヤに求められるクオリティを様々な面で満たしています。高品質なヨコハマタイヤのひとつとして期待できるでしょう。

195mm 縦横比 60
リムサイズ 16インチ 特筆性能特筆性能 氷上、耐摩耗、低燃費など

口コミを紹介

今年の冬は、スキー場までの道中、安心してドライブ出来ました。凍結路でも破綻なしでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

オフローダータイプのSUVタイヤの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 縦横比 リムサイズ 特筆性能特筆性能 特筆性能
1
アイテムID:5789230の画像
ICE NAVI 9,000円

詳細を見る

雪が積もる地域で役に立つタイヤ

175mm 80 16インチ 氷上・雪上でのグリップ、燃費、耐摩耗など
2
アイテムID:5789233の画像
FT-7 7,540円

詳細を見る

アジアンタイヤとして貴重なオフロードタイプ

175mm 80 16インチ オフロード、静粛性、快適性など
3
アイテムID:5789235の画像
iceGUARD 6 15,730円

詳細を見る

特別な吸水ゴムで氷上性能が高い

195mm 60 16インチ 氷上、耐摩耗、低燃費など

オールシーズンタイプのSUVタイヤの人気おすすめランキング4選

夏タイヤながら雪が降っても快適に走れる

ミシュランが誇るオールシーズンタイヤです。サマーシーズンでは路面温度が高かったり、濡れていたりなど、あらゆる路面に適用します。

 

雪が降っているときも適応力が高いので、冬に合わせてタイヤを替える必要もありません。コストパフォーマンスに優れた一品です。

225mm 縦横比 65
リムサイズ 17インチ 特筆性能 ウェット、氷上、静粛性など

口コミを紹介

夏タイヤとしての性能は何も問題なしです!燃費もあまり変わらず、音も雨も高速道路もきになりません。年に数回しか雪道を走らない方には、充分かと思います!雪国に行く際は元々使ってたチェーンを一応持って行ってますが使わずに何とかなりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

中国有数のメーカーが誇る万能タイヤ

GOODRIDEは中国で成長中のタイヤメーカーです。こちらの商品はSUVでもフィーリングが軽くなり、コストパフォーマンスに期待できます。 

 

左右非対称で排水性が高く、ウェット路面に対応できます。コーナリング性能も引き出してくれるので、スムーズなコントロールに期待しましょう。重量の重いSUVに履かせると、入り組んだ道も順調に進めます。

225mm 縦横比 60
リムサイズ 18インチ 特筆性能 ウェット、ドライなど

口コミを紹介

コスパ最高
タイヤが、軽い

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイクオリティなゴムでふらつきに強い

MAXX SJ8はダンロップらしくタフに仕上がりました。独自のゴム構成でふらつきを抑えてくれるからです。

 

高密度ゴムを採用しており、接地感が安定しています。車体サイズの大きいSUVに履かせると、高速走行時やコーナリングでも乗り心地が守られるでしょう。

175mm 縦横比 80
リムサイズ 16インチ 特筆性能 氷上、耐摩耗など

口コミを紹介

安いだけでなく、品質しっかりして良かった。
北陸の冬 バンバン走りたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ドバイから生まれたハイクオリティタイヤ

ZEETEXはドバイを拠点にしたタイヤメーカーです。中でもZT1000は耐摩耗性に優れており、水と熱の分散で寿命を守ります。湾曲なトレッドパターンによって磨耗に強い構成です。

 

静粛性にも優れているので、運転環境も高めてくれるでしょう。安さを求めるなら、中東系メーカーのこちらも見逃せません。

165mm 縦横比 55
リムサイズ 14インチ 特筆性能 耐摩耗、静粛性など

オールシーズンタイプのSUVタイヤの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 縦横比 リムサイズ 特筆性能
1
アイテムID:5789240の画像
CROSSCLIMATE 78,602円

詳細を見る

夏タイヤながら雪が降っても快適に走れる

225mm 65 17インチ ウェット、氷上、静粛性など
2
アイテムID:5789243の画像
サマータイヤ 4,000円

詳細を見る

中国有数のメーカーが誇る万能タイヤ

225mm 60 18インチ ウェット、ドライなど
3
アイテムID:5789246の画像
MAXXSJ8 9,980円

詳細を見る

ハイクオリティなゴムでふらつきに強い

175mm 80 16インチ 氷上、耐摩耗など
4
アイテムID:5789249の画像
ZT1000 2,870円

詳細を見る

ドバイから生まれたハイクオリティタイヤ

165mm 55 14インチ 耐摩耗、静粛性など

SUVタイヤの相場は?

SUVタイヤの相場はタイプによっても異なりますが、1本あたり1万円台から購入する事ができます。購入しやすいタイプでは1万円より低い価格のタイヤもありますが、相場は1万~2万円と言えるでしょう。

 

エコタイヤであったり、グリップ性能が高いタイプであったり特徴は様々ですので価格にとらわれず何を重視して購入するかも大切です。中には相場よりも価格が低くても、コストパフォーマンスが高い商品もありますので確認しましょう。

SUVタイヤの寿命と交換のタイミング

SUVタイヤにもいつかは寿命が訪れ、交換が必要になります。正しいタイミングでの交換をする事で、無駄な交換をなくして維持費を抑えたりできるでしょう。

SUVタイヤの寿命

SUVタイヤの寿命は、セダンやコンパクトカー用より短いとされます。SUVの大きな重量を支えることで、摩耗が進みやすいからです。しかしタイヤのメーカーや性能などの違いから、一概に寿命は何年とはいえません。

 

しかし早期の劣化を避けるうえで、耐摩耗性能に優れたタイヤを選んだり、タイヤカバーをかけて保管したりするなどの対策は可能です。自身で寿命を延ばすための取り組みを試してみましょう。

SUVタイヤの交換のタイミング

SUVタイヤ交換のサインは、タイヤの溝の深さが1.6mm以下まで減ったときです。他にもゴム部分にヒビや亀裂が入ったら、すぐに交換しましょう。ダメージを受けたまま使い続けるとスリップやバーストの危険があります。

 

溝の深さが1.6mm以下になると、隙間からスリップサインという突起が現れます。1.6mm以下の溝の状態で走り続けると、道路交通違反にもなります。運転を終えたら定期的にスリップサインを確かめ、劣化が進めば新品を注文しましょう。

タイヤの交換の相場はどれくらい?

タイヤの交換料金などはショップによって異なりますので、事前にどれくらいの相場なのか確認しておきましょう。組み換え工賃はおおよそ1000円~2000円程が一般的に一本に対して掛かります。履き替えの場合には1本あたり500円~1500円程のショップが多いようです。

 

その他にもタイヤのバランス調整などしたい時にも、一台当たり2000円~4000円掛かりますので確認しておきましょう。定期的に確認したいバブルですがこちらは200円~500円ですので細目に確認しておきたいです。

その他の便利な自動車アイテムもチェック

その他の便利な自動車関連用品の商品も下記の記事でご紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているのでチェックしてみて下さい。

まとめ

SUVタイヤは他のタイプの車より負担重量が大きく、タフな走行環境も想定しなければなりません。自身のドライブスタイルに合わせて、様々なタイプから理想の一品を決めましょう。正しいタイヤの選択が、SUVの快適な運転環境につながります。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】ミニバンタイヤの人気おすすめランキング15選【価格相場も紹介】

【2021年最新版】ミニバンタイヤの人気おすすめランキング15選【価格相場も紹介】

自動車・自転車・バイク
【徹底比較】ジムニーのタイヤの人気おすすめランキング10選

【徹底比較】ジムニーのタイヤの人気おすすめランキング10選

自動車・自転車・バイク
人気!ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング25選【2021年】

人気!ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング25選【2021年】

AV・情報家電
【2021年最新版】バドミントンラケットのおすすめ人気ランキング20選

【2021年最新版】バドミントンラケットのおすすめ人気ランキング20選

スポーツ・アウトドア
【2021年最新版】電子メモの人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】電子メモの人気おすすめランキング20選

家電
タイヤラックの人気おすすめランキング15選【横置きタイプも】

タイヤラックの人気おすすめランキング15選【横置きタイプも】

カー用品