靴磨きセットの人気おすすめランキング15選【初心者や女性にも!】

記事ID143727のサムネイル画像

高価な靴や愛用している靴は、靴磨きセットを使ってまめなケアを行いましょう。きれいな靴は履く人におしゃれな印象を与えてくれます。今回は靴磨き初心者や女性の方にもおすすめの靴磨きセットをご紹介。効果的な靴磨きセットの使い方も解説します。

靴磨きセットでお気に入りの靴も長く綺麗に使える!

お気に入りの靴や奮発して買った高価な靴、せっかくなら長く愛用したいですよね。そんな時に活用したいのが靴磨きセット。靴のお手入れに必要なツールが詰まっているので、初心者の方でもすぐに靴磨きに取りかかることが出来ます。

 

しかしいざ買おうとすると靴磨きセットの種類の多さから、どれを選んでいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は靴磨きセットの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

またこの記事の最後に靴磨きセットの使い方も紹介しています。こちらも確認して、愛用の靴をしっかりとケア出来るようにしましょう。

靴磨きセットに入っているアイテムは?

靴磨きセットには大きく分けて2つのアイテムが入っています。汚れを落とすアイテムと見た目をより良くするアイテムです。靴のコンディションに合っていないアイテムを使ってしまうと、効果が出にくいので注意が必要です。

汚れを落とすアイテム

汚れを落とすためのアイテムは2つ。ステインリムーバーと馬毛ブラシです。ステインリムーバーは革靴の汚れを落とすために使います。ステインリムーバーにはクリームタイプと液体タイプの2種類が存在します。

 

馬毛ブラシはホコリ落としに使うアイテムです。馬毛は非常に柔らかい毛質なので、デリケートな革靴でも優しく汚れを取り除くことができます。汚れが落ちていないと靴の通気性が悪くなり、この後の見た目を良くするアイテムの効果が出にくくなってしまいます。

見た目をより良くするアイテム

見た目をより良くするアイテムは3つ。豚毛ブラシ、乳化性クリーム、油性クリーム、です。豚毛クリームは乳化性クリームを革に馴染ませるために使います。馬毛と比べて毛質にコシがあり、履きジワや靴先など細かい部分にもクリームを浸透させられます。

 

乳化性クリームは革に栄養を与えてくれるアイテムです。革に光沢が生まれ、ひび割れにくくなります。油性クリームはさらに革に光沢を加えたいときに使うアイテム。ビジネスシューズやガラスレザーの靴など、より美しく仕上げたい場合にオススメです。

靴磨きセットの選び方

靴磨きセットには靴との相性があります。チェックするべきポイントは靴の素材やブラシ形状、クリームの種類の3つです。適切な靴磨きセットを選ばないと、使いこなせなくなってしまうのでぜひ参考にしてみてください。

磨く靴の素材で選ぶ

靴の素材によって、靴磨きセットの選び方が変わってきます。革靴をケアするための製品がメインですが、スニーカーに対応したものもあります。お手持ちの靴にあった靴磨きセットを選んで、愛用の靴を長く履くようにしましょう。

ビジネスマンにおすすめな「革靴用」

ビジネスで相手の印象を良くするためにも革靴のケアは必須です。革靴用の靴磨きセットを購入すればブラシやクリーム、クリーナーやクロスなど必要なアイテムを一遍に手に入れることが出来ます。

 

ポイントは「伸びのよいクリーム」と「持ちやすいブラシ」の2点。靴磨きセットをどの商品で買うか迷った際は、この2つをチェックしてみましょう。また、革とクリームの色味も合わせるようにしてください。塗ったときに色ムラが付いてしまう可能性があります。

スニーカーにこだわりがある人には「スニーカー用」

アクティブに動けるスニーカーも、定期的に汚れを落としてキレイな状態で履くことをオススメします。スニーカー用の靴磨きセットは、商品によって対応素材が変わるので注意しましょう。またキャンパス地の場合、靴用洗剤や粉石けんを用いて丸洗いも出来ます。

 

スエード地の場合、キャンパス地のように水洗いは出来ません。ブラシで汚れを落とした後、スエードクリーナーを使ってケアします。レザースニーカーなら革靴と同じケア方法で大丈夫です。お手入れの際は、靴ヒモを外すようにしましょう。

「ブラシ」の使いやすさで選ぶ

靴磨きセットのブラシは、用途や使いやすさで選びましょう。素材やサイズ、毛の抜け具合とチェックするポイントは3つです。合っていないブラシを選んでしまうと、思うようにケア出来ないかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

用途に合ったブラシの種類を選ぶ

ブラシは毛の種類に応じて使う用途が変わります。毛の種類で代表的なのは3種類。馬毛ブラシはホコリを落とすために使います。革についたホコリを放置すると、水分が奪われてひび割れを引き起こしてしまいます。

 

豚毛ブラシは革にクリームを伸ばす時に使います。豚毛の特徴は油分が多いことです。そのため、クリームがブラシの毛に吸収されにくく、革にクリームをスムーズに塗り広げられます。ただし豚毛は硬いので、強く革に当てすぎないようにしましょう。

 

山羊毛ブラシはお手入れの仕上げとしてツヤ出しに使います。山羊の毛は非常に繊細です。毛が革の奥まで届き、煌めくようなツヤを生み出します。他の毛より高価ですが、お手入れの最後にひと手間加えたい方におすすめです。

初心者の方は「大きなブラシ」を選ぼう

靴のケアに慣れていない初心者の方は、大きめのブラシをおすすめします。毛が当たる部分が大きいので、ブラッシングを効率よく行えます。また革にかかる力が散るので、余計なダメージを抑えながらケアをすることが出来ます。

 

「靴磨きセットを買ってみたら、以外とブラシが小さくて使いづらく、大きいブラシを買うハメになった」という声をよく聞きます。小さいブラシだと細かい作業がしやすいと思いがちですが、作業効率が落ちるので迷ったら大きいブラシと覚えておいてください。

「抜け毛」の量は口コミで事前確認!

商品の口コミをチェックする際は、ブラシの抜け毛具合についても確認しましょう。同じブランドの商品でも、モデルによって抜け毛のしやすさが変化するものもあります。チェックした方がいいポイントは、機械植えブラシか手植えブラシかです。

 

機械植えブラシは安価な分、抜け毛が目立つ傾向があります。手植えブラシは、穴のひとつひとつに毛が詰まっており、引き線で全ての穴が繋がっています。手間がかかる分、価格も高めですが抜け毛が少ないのが特徴です。

長時間握っても疲れない「握りやすさ」で選ぶ

靴のケアをしていると気になるのがブラシの握りやすさ。見分けるポイントは柄の幅、柄の形状、側面の溝の3つです。柄の幅が狭いタイプの方が、力をかけずに握ることができます。また柄の形状が少し湾曲していると持ちやすいです。

 

他にも柄の部分の厚みが所々変えられているブラシも、握りやすいと言えます。また側面の溝にも注目してください。くぼみがあることで、指がフィットし握りやすくなります。無理な力をかけることなく、軽い力でブラッシングが出来ます。

「クリーム」の使いやすさで選ぶ

ブラシと合わせてチェックしたいのがクリームです。ポイントは3つあります。乳化性クリームなのか油性ワックスなのか、クリームのテクスチャーはどうか、靴と合ったクリームの色を選んでいるかです。それぞれ解説していきます。

「乳化性クリーム」か「油性ワックス」で選ぶ

クリームには2つの種類があります。「乳化性クリーム」と「油性ワックス」です。乳化性クリームの役割は、革に栄養を与えることです。革のひび割れを防止し、表面に光沢を出してくれます。しかし塗布しすぎると、通気性を悪くして革が傷みやすくなってしまいます。

 

乳化性クリームは、歯ブラシの半分の量を目安に塗りましょう。油性ワックスはさらに光沢を出したい時に使います。別名ポリッシュワックスと呼ばれており、ガラスレザーや鏡面磨きに対応しています。

初心者の方は扱いやすい「柔らかいクリーム」がおすすめ

靴の手入れになれていない場合、柔らかいクリームをおすすめします。柔らかいとクリームの伸びがいいので、塗布した時にムラになりにくいです。また油性ワックスよりも乳化性クリームの方が柔らかいので、まずは乳化性クリームで靴のケアに慣れましょう。

 

乳化性クリームの柔らかさは、成分の割合で変わります。乳化性クリームは油脂、ロウ、水分を主成分としています。中でも水分の割合が高いと、ゼリーのように柔らかいテクスチャーです。塗りやすさや作業効率を重視したいなら、水分の配合率に注目してください。

靴の色と合った「クリームの色」で選ぶ

必ずクリームの色は、ケアをする靴の色に合わせたものを選んでください。靴の色が黒の場合は黒のクリームを、茶色のなど他の色の場合は靴よりも薄い色を選びましょう。ムラを避けるために、靴よりも濃い色を選ぶのは避けた方がいいです。

 

薄い色の方が重ね塗りで色の調節がしやすいです。経年劣化によって靴の箇所で色が異なる場合などに重宝します。またクリームには無色の商品もあります。これなら靴の色を気にせずにケアすることができます。

「シューキーパー」の有無で選ぶ

大切な靴の型崩れを防ぐためにシューキーパーは必須です。手入れの際も靴の形を保ち、しっかりブラッシングするためにあると便利です。ホコリを取りやすくなり、クリームやリムーバーも塗布しやすくなります。

 

もし持っていない場合は靴磨きセットを選ぶ際に、シューキーパーが付いているかもチェックしましょう。手入れの時だけでなく、普段靴を履かないときも使うことが出来ます。また付属している商品は多くないので、購入前によく確認しましょう。

価格で選ぶ

靴磨きセットの相場は4,000円前後です。このくらいの価格のものなら、靴磨きに必要なものがセットの中に全て揃っています。初心者の方にはコスパのいい価格帯です。2,000円以下だと内容に不安があるので、避けた方がいいでしょう。

 

逆に8,000円以上の高価な靴磨きセットもあります。ブラシに天然馬毛を使用していたり、クリームの成分が非常に優れているものが多いです。また、パッケージも凝っていてオシャレなものが多いのでギフト用としても最適です。

人気のメーカーや買えるお店で選ぶ

靴磨きセットには人気のメーカーがいくつかあります。シューズブランドからリペア専門店、おなじみの日用品ブランドまで、様々なメーカーが靴磨きセットを販売しています。代表的な3ブランドを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

REGAL(リーガル)

リーガルは日本の老舗シューズブランドです。既製品のみならず、ビスポークや革小物など幅広いアイテムを展開しています。靴磨きセットも販売しており、靴周りのアイテムがトータルで揃うブランドです。

 

人気なのはオリジナルの化粧箱に入った靴磨きセットです。重厚な雰囲気の化粧箱は、大切な靴をケアするひとときを格上げしてくれます。ギフトにも最適です。もう少し安価なミニセットも販売しています。こちらにウォータープルーフスプレーが同梱されています。

M.MOWBRAY(モウブレイ)

モウブレイはシューズケア用品を取り扱う株式会社R&Dのオリジナルブランドです。このブランドはかつてメルトニアンというブランドが販売していた、ハンドメイドのクリームを復活させました。現代では貴重な製造に手間暇をかけたクラシックなクリームです。

 

中でも人気なのがトラディショナルワックスという商品。革に馴染むのが非常に早く、スムーズに鏡面仕上げを行うことが出来ます。ワックス自体の伸びもいいので、初心者の方にもおすすめです。

無印良品

人気の生活雑貨ブランド無印商品からもシューズケア商品が販売されています。特徴はどのアイテムも使いやすく安価な点です。単品で全てのケア用品を揃えても、合計6,000円程度で購入することが出来ます。

 

おすすめはクリームとクロスがセットになった商品。クリームは化粧品のようにチューブに入っており、少量ずつ使うことが出来ます。また携帯用靴磨きシートもおすすめ。外出先でも靴をひと拭きすれば、汚れを落としつつツヤを出すことが出来ます。

【革靴用】靴磨きセットの人気おすすめランキング5選

世界中で愛用されている人気ブランド

世界中で人気のシューケアブランドKIWIが販売する靴磨きセット。油性ワックスが3種類と豊富なので、これ一つあればワードローブの靴はほとんどケア出来ると思います。

 

ただしホコリを落とすための馬毛ブラシは同梱されていません。別に用意する必要があるので注意してください。

セット内アイテム数 7個 ブラシ 2本

口コミを紹介

kiwi缶が可愛くて、ジャケ買いみたいな感じで決めてしまいました。
セットで入っているので、とっても便利!
後から買い足すものは出てきますが、初めてだとこのくらいで十分!

出典:https://www.amazon.co.jp

モウブレイをお試し感覚で使えるセット

高品質なクリームを作るモウブレイの靴磨きセット。クリームは黒、無色のツヤなし、無色のツヤ有りの3種類同梱されており、好みの仕上がりに合わせてクリームを選べます。

 

伸びのいいとろけるようなクリームは、初心者の方にも扱いやすいです。クリームは少量だけなので、モウブレイを試してみたい方向けの靴磨きセットです。

セット内アイテム数 8個 ブラシ 4本

口コミを紹介

クリームはツヤ出し、黒仕上げ2つ使っていますが、どちらも問題ありません。使用手順も書かれているので、迷いなく磨けます。
これ以上欲しいなら価格上げて本格派を購入かな。とも思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

油性ワックスとは思えないとろみ感

フランスのレザーケアブランド、サフィールノワールの靴磨きセット。同ブランドの人気アイテム「クレム1925」と馬毛ブラシがセットになっています。

 

クレム1925は油性ワックスですが、乳化性クリームのようなとろりとしたテクスチャーです。靴の隅々まで磨き上げることが出来ます。

セット内アイテム数 4個 ブラシ 2個

口コミを紹介

とても良い商品だと思います。付けすぎ注意です。足りないかな?くらいがちょうどいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトながら充実のセット内容

コンパクトな靴磨きセット。持ち運びしやすいので旅行や出張用として、オフィスに一つ置いておくために買うのにピッタリです。

 

コンパクトながら、ブラシは豚毛と馬毛の両方を同梱。乳化性クリ-ムも2種類入っているので、初歩的なケアは十分可能です。

セット内アイテム数 7個 ブラシ 2本

口コミを紹介

ケースはコンパクトですがしっかりしていて、収納しやすいサイズだと思います。ブラシは2種類ついており、こちらもコンパクトなサイズですが使うのに充分な大きさです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スエード素材のケアが出来るブラシが同梱

ブラシの数が豊富な靴磨きセット。クリームの色に合わせて使いわけが出来るので、買い足す必要がありません。馬毛ブラシは溝入りで持ちやすい作りです。

 

また、起毛革専用ブラシが同梱されているので、スエード地のケアも出来ます。一つ持っていればケアの幅が広がること間違いなしです。

セット内アイテム数 10個 ブラシ 5個

口コミを紹介

今まであまり靴の手入れはしてきませんでしたが、周りから多少はしといたほうがいいよと言われたので思い切ってセットを購入しました。
私服用、仕事用ともに手入れのやりがいがあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

【革靴用】靴磨きセットの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 セット内アイテム数 ブラシ
1
アイテムID:5564749の画像
シューシャインキット 3,300円

詳細を見る

世界中で愛用されている人気ブランド

7個 2本
2
アイテムID:5564993の画像
エドワードセット 3,300円

詳細を見る

モウブレイをお試し感覚で使えるセット

8個 4本
3
アイテムID:5565095の画像
クレム1925セット 4,104円

詳細を見る

油性ワックスとは思えないとろみ感

4個 2個
4
アイテムID:5565203の画像
靴磨きセット 2,380円

詳細を見る

コンパクトながら充実のセット内容

7個 2本
5
アイテムID:5565225の画像
靴磨きセット 2,860円

詳細を見る

スエード素材のケアが出来るブラシが同梱

10個 5個

【スニーカー用】靴磨きセットの人気おすすめランキング5選

スニーカー好き必携の人気ブランド

クリーナーとブラシが入ったスニーカー用の靴磨きセット。クリーナーは環境に優しい天然素材を使いながら、しっかりとした洗浄力を実現しています。

 

キャンパス地はもちろんスエードやレザーのスニーカーにも対応。クリーナーは約100足分使うことが出来ます。

セット内アイテム数 2点 ブラシ 1本

口コミを紹介

ニューバランスのスエード製のスニーカーが好きでよく履きますが、汚れてきたときに本製品で手入れするとかなりきれいになります。
一度に使用する量もわすかなので、一度購入すればそれなりの期間使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

columbus(コロンブス)

スニーカーケア シャンプーセット

柔軟剤が入った弱酸性の洗剤

ミニマルなデザインが特徴的なスニーカー用の靴磨きセット。ソープには皮革用柔軟剤が入っているので、柔らかい洗い上がりと色落ちしにくい点が特徴です。

 

キャンパス地はもちろん、天然皮革や合皮も洗うことが出来ます。弱酸性なので、肌と環境にも優しい仕様です。

セット内アイテム数 3点 ブラシ 1本

口コミを紹介

付属のブラシがけっこう硬めなので、最初は優しく擦ってましたが、全然傷めることはないことが分かり途中からガシガシいきました。ブラシとシャンプーの相性が良いのか、かなり汚れが綺麗に落ちました!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

高い洗浄力でしっかりと洗い上げる

人気ブランド「サフィール」のスニーカー用靴磨きセット。元々ヌバックやスエードなどの起毛革製品のケアをするために生まれた製品です。

 

キャンパス地や合皮のスニーカーでも、しっかりと汚れを落とすことが出来ます。ブラシは豚毛100%なので、繊維の隙間まで洗い上げられます。

セット内アイテム数 2個 ブラシ 1個

口コミを紹介

これまで、スウェードローションを使ってきましたが、毛ばたちで汚れが目立たなくしてるだけでした。この商品は、汚れが落ちます。写真のスニーカーは、つま先が黒く汚れていましたが、白くなりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Crep Protect

スニーカークリーニングキット 3点セット

シャープ印象のポーチが好印象

イギリスの人気シューズケアブランドが販売するスニーカー用の靴磨きセット。かなりコンパクトな作りなので、持ち運びしやすい商品です。

 

ソープの主原料はココナッツ。キャンパス地はもちろん、ヌバックや革でも優しく洗うことが出来ます。仕上げは同梱のマイクロファイバータオルで拭きましょう。

セット内アイテム数 3個 ブラシ 1本

口コミを紹介

白のVAPORMAXが汚れてしまったのでこちらを使用しました。

泡立ちが良く、なにより匂いが良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

jasonmarkk(ジェイソンマーク)

クリーナー キット

飛行機内にも持ち込みOKな靴磨きセット

シューズケアブランドが販売する、トラベルタイプのスニーカー用の靴磨きセット。飛行機内の持ち込みにも対応しているので、海外旅行時にもピッタリです。

 

コンパクトな作りですがソープは約50足分洗浄可能。マイクロファイバータオルも同梱されているので、これ一つでいつでもスニーカーをキレイに出来ます。

セット内アイテム数 4個 ブラシ 1本

口コミを紹介

クレップも持っているのですがこちらの方が泡立ち匂い等個人的に好みです。

ポーチもしっかりしていますし、出張が多い僕にはちょうどいいです

出典:https://www.amazon.co.jp

【スニーカー用】靴磨きセットの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 セット内アイテム数 ブラシ
1
アイテムID:5563014の画像
ESSENTIAL KIT 2,200円

詳細を見る

スニーカー好き必携の人気ブランド

2点 1本
2
アイテムID:5565237の画像
スニーカーケア シャンプーセット 2,530円

詳細を見る

柔軟剤が入った弱酸性の洗剤

3点 1本
3
アイテムID:5565243の画像
オムニローション 1,980円

詳細を見る

高い洗浄力でしっかりと洗い上げる

2個 1個
4
アイテムID:5565288の画像
スニーカークリーニングキット 3点セット 2,093円

詳細を見る

シャープ印象のポーチが好印象

3個 1本
5
アイテムID:5565326の画像
クリーナー キット 3,400円

詳細を見る

飛行機内にも持ち込みOKな靴磨きセット

4個 1本

【初心者向け】靴磨きセットの人気おすすめランキング5選

42色と豊富なカラーのクリームが人気

靴のケアに必要なアイテムが全て揃う靴磨きセット。マニュアルが付いているので、靴磨きが始めての方におすすめの商品です。

 

ブラシは用途別に3本同梱されています。42色と色展開が豊富なクリームにも注目です。非常に柔らかいテクスチャーで、初心者の方にも扱いやすいです。

セット内アイテム数 7点 ブラシ 3個

口コミを紹介

ケアの仕方も丁寧に説明されていて初心者でも簡単に
作業できます。
仕上がりも納得の出来で大変満足の商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

フランスのメーカーが作った靴磨きセット

レザーやアンティーク製品のケア用品を製造する、フランスのメーカーが作った靴磨きセット。大きめのブラシだけでなく、小ぶりのブラシも同梱されているので、靴だけでなくレザー小物のケアにも使えます。

 

クリームは油性タイプを除いたラインナップです。さらに磨きをかけたい場合は、別途で油性クリームを購入する必要があります。

セット内アイテム数 8個 ブラシ 4本

口コミを紹介

シューズケアのやり方説明があり、道具もそろっているので、初心者に使いやすいセットでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Saphir × 銀座大賀靴工房

スターターセット

靴工房が販売する基本の靴磨きセット

銀座の靴工房「銀座大賀靴工房」が販売している靴磨きセット。馬毛と化繊のブラシ、サフィールのクリームを同梱した、初心者の方に使いやすい内容です。

 

このセット一つあれば馬毛のブラシでしっかりと汚れを落とし、乳化性クリームで栄養を与え、油性クリームでツヤを与えるという基本の工程を全て行うことが出来ます。ただブラシは少し小型なので、扱いにくいと感じるかもしれません。

セット内アイテム数 9個 ブラシ 4本

口コミを紹介

使用した感想としては、とっても満足です。
箱もオシャレで、特徴と使用順が書かれた説明書がありわかりやすいです。
また100均ではどんなに磨いても輝かなかった靴も、簡単に鏡面磨き成功となりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)

シューケア グランブルーセット

プロも納得のセット内容

モゥブレィのケア用品が詰まった靴磨きセット。クリーム、ブラシ、クリーナーといった全11種類のケア用品が詰まっています。

 

お手持ちのケア用品は引き出しに収納可能。ふたの内側のバンドにはクロスを挟むことが出来ます。重厚感のあるボックスはギフトにも最適です。

セット内アイテム数 17個 ブラシ 6本

口コミを紹介

外出から戻った後や
夜の宴会前に軽く磨いたりするのに便利。
自宅のシューケア用品はとても入らないが職場ではジャストサイズ。

出典:https://www.amazon.co.jp

買い足し不要のケア用品セット

初心者はもちろん玄人も大満足の靴磨きセット。革のケア用品に加えて、ポリッシュウォーターやエッジクレヨンが同梱されています。

 

エッジクレヨンはソールやヒールの側面の傷を補色するアイテム。ポリッシュウォーターは鏡面磨きの際、水の代わりに使うことでさらに光沢を出せるアイテムです。靴の隅々までケアをいき届けたい方におすすめです。

セット内アイテム数 13点 ブラシ 2本

口コミを紹介

洗練されたスタイルで、気分良く靴の手入れができます。
靴磨き初心者には、ハードルが高いかもしれませんが
慣れてきたら、このシューケアセットをお薦めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

【初心者向け】靴磨きセットの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 セット内アイテム数 ブラシ
1
アイテムID:5562934の画像
シューケアボックス 3,300円

詳細を見る

42色と豊富なカラーのクリームが人気

7点 3個
2
アイテムID:5564697の画像
シューケアキット 3,054円

詳細を見る

フランスのメーカーが作った靴磨きセット

8個 4本
3
アイテムID:5565168の画像
スターターセット 4,480円

詳細を見る

靴工房が販売する基本の靴磨きセット

9個 4本
4
アイテムID:5565364の画像
シューケア グランブルーセット 16,200円

詳細を見る

プロも納得のセット内容

17個 6本
5
アイテムID:5565371の画像
SHOE CARE SET BLACK VELVET 22,000円

詳細を見る

買い足し不要のケア用品セット

13点 2本

初心者でも簡単な靴磨き方法

最初に靴ひもを全てほどき、シューキーパーを入れて形を整えます。こうすることでシワが伸び、革のひび割れを防いでくれます。次に馬毛ブラシで靴を隅々までブラッシング。ホコリが残ったままだと、革の油分が吸い取られてしまいます。

 

ブラッシングが終わったら、クリーナーで靴の汚れを落とします。布を指に巻き500円玉程度のクリーナーを馴染ませ、円を描くように靴をなでましょう。その後、クリームを指で直接塗り込みます。クリームは履きジワのところを重点的に塗りましょう。

 

塗り終わったら、豚毛ブラシで靴をブラッシング。摩擦と毛の弾力でクリームを革に浸透させます。最後に余分なクリームを取り除くために布で乾拭き。さらに光沢を出したい場合は、油性ワックスで鏡面磨きを行いましょう。

まとめ

スーツでもカジュアルでもおしゃれは足下から。靴磨きセットがあれば、お手持ちの靴が新品同様に生まれ変わります。定期的なケアをすることで、長く靴を愛用することも可能です。靴磨きをしたことがない方は、今回紹介した商品を参考に選んでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

フェイスマスクの人気おすすめランキング50選【徹底比較】

フェイスマスクの人気おすすめランキング50選【徹底比較】

スキンケア・基礎化粧品
ナイトクリームの人気おすすめランキング24選【年代別に紹介】

ナイトクリームの人気おすすめランキング24選【年代別に紹介】

ビューティー・ヘルスケア
効果別に!フェイスマスクのおすすめ人気ランキング50選【ルルルンも】

効果別に!フェイスマスクのおすすめ人気ランキング50選【ルルルンも】

ビューティー・ヘルスケア
型崩れ防止!シューキーパーのおすすめ人気ランキング20選【スニーカー】

型崩れ防止!シューキーパーのおすすめ人気ランキング20選【スニーカー】

靴・シューズ
柔軟剤入り洗剤の人気おすすめランキング15選【無臭タイプも】

柔軟剤入り洗剤の人気おすすめランキング15選【無臭タイプも】

生活雑貨・日用品
失敗しないファンデーションブラシのおすすめ人気ランキング25選【肌荒れしない】

失敗しないファンデーションブラシのおすすめ人気ランキング25選【肌荒れしない】

レディースファッション