ベルトサンダーの人気おすすめランキング15選【使い方も紹介】

電動式やエアー式で金属の研磨もできるのがベルトサンダーです。スタンダードタイプや卓上タイプなど様々な製品をマキタなどのメーカーが販売していますが、今回はおすすめのベルトサンダーをランキングで紹介するとともに、ベルトサンダーの選び方についても説明いたします。

ベルトサンダーでDIYの幅を広げよう!

木材や金属の研磨や研削のための必需品と言えるのがベルトサンダーです。しかし、思い通りに対象物の加工が行えないなんて経験はありませんか。実は、目的に合った形状のベルトサンダーを選ばないと、研磨や研削の加工はうまくいきません

 

ベルトサンダーは、DIYの幅を広げてくれるお手頃な価格のモデルから、プロの需要にもこたえる本格的なモデルまでさまざまな商品が用意されていますが、種類が多すぎてどれが自分に最適なのか迷ってしまう方もいるかもしれません。

 

そこで今回は、ベルトサンダーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。また、この記事の最後にはベルトサンダーのおすすめの使い方も紹介していますので参考にしてみてください。

ベルトサンダーの選び方

それでは、目的に応じてベルトサンダーを選ぶためのポイントを詳しく見ていきます。各項目を参考にして、快適に使うことができる製品を選びましょう。

タイプで選ぶ

ベルトサンダーの形状は、いくつかのタイプに分けることができます。それぞれの形状によって、得意としている作業の形態も異なります。

平面を研ぐのに便利な「スタンダードタイプ」

ベルトサンダーで最もスタンダードなタイプと言えるのが、手で本体を持ち上げて使うタイプの製品です。対象物を上から抑えるように操作するのが特徴で、大型の角材や木製テーブルなどの平面を研ぎたい時に最適です。

 

また、スタンダードタイプには、上面が平らでグリップを前後に備えた「角型」と、よりコンパクトで手持ちに特化した「アップハンドル型」の2種類があります。作業に応じて適したタイプを選びましょう。

小型の素材を研ぐには「卓上タイプ」

ベルトサンダーの上面が平らになっており、台に固定して使用することができるのが「卓上タイプ」のベルトサンダーです。素材を手に持って研ぐという使い方をするため、細かな部分の研磨や、素材の輪郭の加工などに威力を発揮してくれます。

 

また、小型の素材を研ぐのに適しているので、据え置きタイプよりもコンパクトな製品が選べることも特徴と言えます。近年では卓上型のベルトサンダーの人気も高く、豊富な種類の商品の中から選ぶことが可能です。

安定性が高い「据え置きタイプ」

卓上型のベルトサンダーをより大きくしたのが「据え置きタイプ」の製品です。卓上型よりも本体が重いことから安定した作業を行うことが可能で、側面にディスクサンダーが一体化した製品も選ぶことができます。

 

また、卓上型はクランプで固定するものが一般的ですが、本体が重い据え置きタイプでは、ボルトなどでしっかりと固定するものが多いことも特徴です。幅広い用途に対応しますが、持ち運びには不向きなタイプと言えるでしょう。

細かい範囲を研ぐには「極細タイプ」

細長い外見が特徴的なのが極細タイプのベルトサンダーです。ベルト部分の幅は約10mmほどと細いので、部品の隙間部分などの細かい範囲を研ぎたいときに最適なタイプと言えるでしょう。

 

珍しい型のベルトサンダーなので販売されている商品の種類は限られてしまいますが、ほかのタイプでは不可能な作業にも対応できるので、一台持っていれば便利に活躍してくれそうです。

動力で選ぶ

ベルトサンダーは動力に電気を使う電動式と、圧縮空気を使うエアー式の2つのタイプがあります。それぞれのタイプで能力が異なるので、作業に適したタイプを選びましょう。

初心者の方におすすめの「電動式」

電動のベルトサンダーは、種類が豊富な商品から選ぶことが可能です。用途に合わせてさまざまな形状のタイプが選べて、価格帯も手頃なものから選べぶことができるので、初めてベルトサンダーを導入する初心者の方にもおすすめします

 

コンセントから電源を供給するタイプはパワーが維持しやすく、バッテリーが切れることを気にせず長時間の作業に最適です。また、充電式のタイプは、作業中にコードが邪魔にならないので、天井や壁などの研磨にも最適と言えるでしょう。

広範囲を効率的に作業したいなら「エアー式」

動力に圧縮空気を使って稼働させるのがエアー式のベルトサンダーです。電動式よりも重量が軽くてハイパワーなのが特徴で、広範囲の研磨加工を効率的に済ませたい方におすすめします。

 

荒削りから仕上げの加工まで対応する便利なベルトサンダーですが、作業にはコンプレッサーやボンベなど、圧縮空気を供給できる設備が必要なので注意しましょう。

ベルト幅で選ぶ

ベルトサンダーは、ベルト幅で選ぶことも基本的なチェックポイントです。サンディングベルトはさまざまな幅の商品が販売されていますが、10・30・76・100mmのものが主流の商品となっています。

 

加工したい対象に応じて適したベルト幅は異なりますが、30mmまでのベルト幅は、比較的にスリムなタイプのベルトサンダーに採用されています。また、大きな対象の加工や、広範囲の加工には、ベルト幅の広いベルトサンダーがおすすめです

消費電力で選ぶ

消費電力は、ベルトサンダーのパワーに影響する重要なチェックポイントです。ベルトサンダーの消費電力は、300W~700W程度のものが主流になっていますが、用途や作業に応じたパワーの商品を選びましょう。

 

消費電力が少ないベルトサンダーを選んでしまうと、パワーの不足からベルトの回転速度が落ちてしまい、快適に使うことが難しくなってしまいます。パワーが大きいベルトサンダーは騒音が大きくなってしまいますが、できるだけパワーが大きいものが理想的です。

機能で選ぶ

ベルトサンダーには、付加的な機能を備えたモデルもあります。今回は主な機能として、集じん機能、変速機能、静音機能についてご説明します。

粉じんが気になる人は「集じん機能」

ベルトサンダーで研磨や研削の加工をすると、どうしても細かな粉じんが発生してしまいます。作業中の粉じんが気になる方には、「集じん機能」を備えたベルトサンダーをおすすめします。

 

本体に備わる集じんポートにホースを接続し、集じん機と繋ぐことで粉じんを吸い取ってくれるので、作業中に粉じんを吸い込むこともなく、よりクリーンな環境で作業をすることが可能です。そのほかに、本体に集じん袋を備えたモデルも選ぶことができます。

必要に応じた調節ができる「変速機能」

必要な作業に応じてベルトサンダーの出力を調節できるのが「変速機能」を備えた製品です。広い範囲の研削をスピーディーにしたい時には高速、じっくりと加工したい時には低速というように選べるので、研磨加工の自由度を高めてくれます

 

また、低速から高速まで出力を調節して加減を見ながら作業に慣れることができるので、変速機能が付いたモデルは初心者の方にも適していると言えそうです。

作業中の音が気になる人は「静音機能」

ベルトサンダーは、商品の特性上から騒音が大きくなってしまいがちです。パワーが大きいモデルだと、とくに作業中の音が気になってしまうものですが、静音モーターを採用するなどして静音機能を高めた商品も販売されています。

 

さまざまな商品に静音の表記がされていますが、実際にどの程度の音が出るかは使ってみないことにはわかりません。通販で購入する際には、ユーザーの口コミやレビューも参考にして選びましょう。

価格で選ぶ

ベルトサンダーは、安いものから高価なものまでさまざまな価格の商品が販売されています。できるだけ低価格でハイパワーな商品を選びたいところですが、タイプによっても価格帯は異なってきます。

 

比較的に価格が安いのは手持ちで使うスタンダードタイプや極細タイプで、1万円を切る商品を選ぶことが可能ですが、卓上タイプや据え置きタイプだと1万円から2万円といったところが一般的な商品の相場と言えそうです。

人気のブランドやメーカーで選ぶ

ベルトサンダーの購入に迷われた方は、人気のブランドやメーカーから商品を選ぶのも良いでしょう。主なメーカーの製品の特長や、商品の価格帯などについてご説明します。

マキタ

電動工具の総合メーカーがマキタです。同社のベルトサンダーは高品質から人気が高く、日本国内の販売シェアは60%を超えており、海外においても評価が高いものとなっています。

 

手持ちで使えるスタンダードタイプを中心として、変速機能や集じん機能が付いたモデルも選ぶことが可能で、主要な商品の価格は、コンパクトなタイプだと1万円台から2万円台。やや大きいタイプだと3万円台から4万円台が目安となっています。

高儀(TAKAGI)

建設に関わる電動工具の開発や製造を手掛けているのが高儀(TAKAGI)です。同社のベルトサンダーは、「アースマン」のブランド名で展開しており、手持ちで使うスタンダードタイプを中心に商品を揃えています。

 

また、同社のベルトサンダーは非常にリーズナブルな価格の商品が用意されていることも特徴です。電動式でコードタイプの価格帯は、3千円台から5千円台が目安となっているので、プロユース以外にも一般の方の需要にもこたえてくれます。

リョービ(RYOBI)

高品質な電動工具でお馴染みのメーカーが「リョービ(RYOBI)」です。同社のベルトサンダーは、手持ちで使うスタンダードタイプをはじめ、据え置きタイプや極細タイプなどを幅広く用意しているので、さまざまな用途にこたてくれます

 

また、高性能と比較してリーズナブルな価格の商品が多いこともリョービのベルトサンダーの特徴です。手持ちで使うスタンダードタイプや極細タイプのベルトサンダーであれば、1万円台から2万円台が目安となっています。

ベルトサンダーの人気おすすめランキング15選

1位

マキタ(Makita)

ベルトサンダ 吸塵装置式 76mm 9911

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽量コンパクトで低騒音

重量は約2.6kgという軽量なベルトサンダーです。コンパクトなサイズで騒音も低く抑えられているベルトサンダーですが、優れた研削能力を持っており、スピード調整ダイヤルも装備しています。

 

また、別販売品のクランプを用意すれば、卓上用としても使うことができるのも特徴です。そのほかに集じん機能にも対応しており、別販売品の集じん機と接続して使うこともできます。

タイプ スタンダードタイプ 重量 2.6kg
ベルト幅 76mm 動力 電動式
消費電力 650W 機能 集じん機能、変速機能、静音機能

口コミを紹介

ベルトの安定感凄くいいです
どんな使い方をしてもベルトがぶれたりずれたりしません
業界No1がわかる工具です

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

マキタ(Makita)

ベルトサンダ 9mm 9032

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コンクリートや石材にも対応する極細タイプ

ベルト幅が9mmの極細タイプのベルトサンダーです。コンパクトなサイズの製品ですが、ハイパワーを実現しており、石材ベルトを使えばコンクリートや石材の研磨、研削もスピーディーに行うことができます。

 

また、角度調節が可能なアームは狭くて深い場所でも研削が可能で、別販売品のアームを使用すれば6mm、13mm幅のサンディングベルトも使用が可能です。騒音も低く抑えられているので、自宅でDIYなどに使う方でも周囲を気にすることがありません。

タイプ 極細タイプ 重量 1.6kg
ベルト幅 9mm 動力 電源式
消費電力 500W 機能 集じん機能、変速機能、静音機能

口コミを紹介

これは最高です
鋼材の面取りにヤスリがけをしていましたが。このベルトサンダーを使うと早く、時間短縮、効率アップ。しかも回転も早くないので安全です。お勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

リョービ(Ryobi)

電気やすり BY-1030

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

自在な角度調節で多用途に対応

薄い鉄板のバリ取りをはじめ、溶接のビード削り、木工工作の研磨、農機具などの刃物研磨まで対応できる極細タイプのベルトサンダーです。ヘッド部分は角度を調節することが可能なので、作業の自由度を高めてくれます。

 

また、変速機能も搭載しているので、加工対象の削りすぎを防止することができます。中仕上用と仕上用のエンドレスベルトも付属しているので、買ってすぐに使い始めることが可能です。ベルトの交換が工具を使わずにできるのも便利なポイントと言えるでしょう。

 

 

タイプ 極細タイプ 重量 1.0kg
ベルト幅 10mm 動力 電動式
消費電力 180W 機能 変速機能

口コミを紹介

エアー式の方が軽くてパワフルなのですが、電気の方が使える場所が自由なのでこれにしました。
板金部品のバリ取りに使用しましたが、とても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Kawasaki Air Tools

ベルトサンダー KPT-7310

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

狭い場所でも自在に使えるエアー式

動力に圧縮空気を使用するエアー式のベルトサンダーです。ベルト幅が10mmの極細タイプの形状を採用しており、アームの角度も自由に調節ができるので、狭い場所や細かな対象物の研磨加工をしたい方におすすめします。

 

また、目的に応じて研磨のスピードを選択することもできるので作業もラクラクです。ただし、エアー式のコンプレッサーは圧縮空気を供給できる設備が必要です。別販売品のコンプレッサーやボンベなどをお持ちの方におすすめします。

タイプ 極細タイプ 重量 0.95kg
ベルト幅 10mm 動力 エアー式
消費電力 - 機能 変速機能

口コミを紹介

仕事が車の鈑金で、ほぼ毎日使っています。購入から1年以上経ちますが快適です。今まで、シナノ、空研などを使ってきたが、こいつの方がプーリーもへたらず快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

リョービ(Ryobi)

ベルトサンダ BE-3210 637521B

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

プロのレベルにも対応する確かな性能

木材の研削をはじめ、金属の錆び落としや塗装のはがしなどをスピーディーにすることができるベルトサンダーです。620Wのモーターはパワーも十分で、プロ向けの需要にもしっかりとこたえてくれます。

 

また、固定用のクランプも付属しているので、小物の研削加工をしたいときには本体を裏返して卓上型のベルトサンダーとして使うことも可能です。手持ち用として使うには重量がやや重いかもしれませんが、プロのように美しい仕上がりを実現したい方におすすめします。

タイプ スタンダードタイプ 重量 3.8kg
ベルト幅 76mm 動力 電動式
消費電力 620W 機能 集じん機能、変速機能

口コミを紹介

2年間、ヘビーユースで、故障はありません。
ベルトサンダーは面を平滑に削るためには、平行を保つ必要がありますが、この機種は容易に平行を保って削ることができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

リョービ(Ryobi)

ベルトディスクサンダ BDS-1010

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ベルト面が可動できて集じん機能も装備

据え置き型として使えるリョービのベルトサンダーが「BDS-1010」です。用途に応じてベルトの向きを水平方向と垂直方向に可動することができるので作業がしやすく、広い面や側面の研削にも便利に使うことができます。

 

また、作業中の粉じんが気になる方のための集じん機能として「ダストノズル」も備えています。別販売品の集じん機と集じんホースと接続することで、クリーンな環境で研磨作業をすることが可能です。

タイプ 据え置き型 重量 17kg
ベルト幅 100mm 動力 電源式
消費電力 400W 機能 集じん機能、変速機能

口コミを紹介

当初、曲線の切削は不可能だろうと考えていましたが、ベルトを思いっきり片寄りさせればエッジが出るのでそこを利用して曲線を切削できますし、CV134というかなり硬い鋼材でも十分な切削力で、多少力を入れて押し付けても回転は止まりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

三共コーポレーション

H&H ベルト&ディスクサンダー HBDS-100

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ハイパワーで安定感のある据え置き型

ベルトサンダーとディスクサンダーが一体になって1台2役で使うことができる据え置き型の製品です。重量は約22kgと重いだけあって安定は抜群で、振動も抑えてくれます。また、400Wのハイパワーのモーターも採用しているので、スピーディーな作業が可能です。

 

ベルトの幅は100mmという大型のサイズを採用。ベルトの向きは水平にも垂直にも可動ができるので、さまざまな場面で便利さが実感できそうです。さらに、ワークテーブルも45度の範囲で可変できるので、作業の効率を一層アップしてくれます。

タイプ 据え置き型 重量 約22kg
ベルト幅 100mm 動力 電動式
消費電力 400W 機能 集じん機能、変速機能

口コミを紹介

安価なのに良く出来ている。木工品は勿論で刃物類も早く研げる、ディスクサンダーでドリル刃を研ぐとバッチリですよ良く切れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ブラックアンドデッカー(Black + Decker)

ドラッグスターベルトサンダー KA3000

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

狭い場所にも対応するハイパワーモデル

720Wというパワフルなモーターを搭載するベルトサンダーです。手持ちに便利なアップライトハンドルを採用していますが研磨面が広いことも特徴で、小径ベルト軸設計を採用することにより研磨が可能な面積は従来品よりも25%のアップを実現しています。

 

スリムな先端部が前面に飛び出した設計も機能的なもので、狭い場所の研磨加工にも便利に応用することが可能です。また、お手入れが簡単な自動吸塵機能も備えているので、清潔でクリーンな作業環境も提供してくれます。

タイプ スタンダードタイプ 重量 3.3kg
ベルト幅 76mm 動力 電動式
消費電力 720W 機能 集じん機能、変速機能

口コミを紹介

広範囲の平面を研磨するのには必須ですね。
削れすぎるので、ベルトの番手を上げ気味にするのがいい感じです。
ただ、パテなどを使っていると、目が詰まりやすいので、頻繁にベルトクリーナーをかけてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

PROXXON(プロクソン)

マイクロ・ベルトサンダー No.27510

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高トルクで汎用性の高い極細タイプ

木材や金属の研磨や、仕上げ作業におすすめの極細タイプのベルトサンダーです。非常にコンパクトな製品ですがAC100Vの電源に対応しており、また本体に独自の技術による特殊ギアを内蔵することで、高いトルクを使った作業が可能なことも優れたポイントです。

 

ヘッド部分には角度調節機能を搭載しているので狭い場所の加工も快適に行えるほか、ベルトのたわみを利用した曲面の研磨加工にも対応します。また、ベルト部分に搭載されたガイド面を使って平面加工にも応用が可能です。

タイプ 極細タイプ 重量 1.08kg
ベルト幅 10mm 動力 電動式
消費電力 50W 機能 変速機能

口コミを紹介

サンダーやヤスリでは難しい凹部の削り作業ができルーターより切削効率がよい。ベルトの受けがない部分で撓ませて使えるのも便利だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

髙儀(Takagi)

EARTH MAN BSD-110

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

手持ち用でも卓上用でも使える

木材の表面研磨や角取り、塗装面のはがしなどに便利に使うことができるスタンダードタイプのベルトサンダーです。リーズナブルな価格を実現した製品でありながらパワーも十分なので、広い平面の研磨や研削加工をしたい方にもおすすめします。

 

また、本体の重量は約3kgという軽さなので、手持ちで使っていても疲れにくいことも優れたポイントです。さらに、付属するクランプを使用することで卓上用として使うこともできます。アマチュアの方がDIYなどの用途に使うのに最適なベルトサンダーです。

タイプ スタンダードタイプ 重量 約3kg
ベルト幅 76mm 動力 電動式
消費電力 680W 機能 -

口コミを紹介

電動カンナで削ったまな板が、カンナ刃の幅の関係で、段差が出来るので、それを平らにしたくて購入しました。
とても綺麗に平らに削ることが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

イリイ(Irii Corporation)

ベルトディスクサンダー TR-123EB

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

作業に応じてベルトの向きが変えられる

据え置き型のベルトサンダーですが、ベルト部分の向きを縦型に変えることもできる製品です。必要に応じて最適な向きで作業が行えるので、使い勝手の良さを実感できるのではないでしょうか。

 

エンドレスペーパーの幅は100mmで、鉄、非鉄金属、木、樹脂など、あらゆる対象物の研削にも威力を発揮してくれます。また、側面に直径150mmの研磨ディスクとマイターゲージが標準装備で付いているので、 あわせて使うことで正確な研削を行うことが可能です。

タイプ 据え置き型 重量 12.0kg
ベルト幅 100mm 動力 電動式
消費電力 375W 機能 変速機能、静音機能

口コミを紹介

購入して1週間程使った感想です。仕事で木工小物の研磨用として使いました。購入前は使い勝手は値段相応の物だろうなとあまり期待していませんでしたが、予想に反してパワーも充分で良い働きをしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

タックライフ(Tacklife)

ベルトサンダ PSFS1A

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

これ1台で多用途に活用できる

リーズナブルな価格の製品でありながら、多用途に対応することができる便利なベルトサンダーです。手持ちで使うスタンダードタイプのモデルですが、付属するスクリュークランプで固定すれば卓上用としても使うことができます

 

速度の調整も6段階の変速に対応しており、木工や金属の加工、錆落とし、塗装はがしなどに便利に使うことが可能です。また、作業中の粉じんが気になる方のために、高集塵システムを備えていることも優れたポイントと言えるでしょう。

タイプ スタンダードタイプ 重量 3.05kg
ベルト幅 動力 電動式
消費電力 600W 機能 集じん機能、変速機能

口コミを紹介

ベルトサンダーを購入する前に、オービタルサンダーを購入しましたが、ウレタン樹脂を剥がすことはできませんでした。ベルトサンダーでもダメだったらどうしようと思いましたが、綺麗に剥がす事が出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

イーバリュー(E-Value)

吸塵&変速ベルトサンダー EWS-76VLN

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

750Wのハイパワーで速度調整や自動集塵機能も装備

自動集塵機能と速度調整機能を搭載しており、快適な研磨作業ができるベルトサンダーです。速度調整機能にはダイヤル式を採用しており、材料や作業の内容に合わせて最適な回転数に調整して使うことが出来ます。

 

また、付属するクランプで固定すれば、卓上型として使うことも可能です。750Wというハイパワーを活かして短時間で広範囲の研磨作業を行えますが、木工加工に特化した製品なので、石材類の研磨や、金属類の重研削には適していないことには注意が必要です。

タイプ スタンダードタイプ 重量 約3.2kg
ベルト幅 76mm 動力 電動式
消費電力 750W 機能 集じん機能、変速機能

口コミを紹介

購入時に懸念していた騒音については、電動工具としては普通でした。
オービタルサンダーよりはうるさく、電動かんなやディスクグラインダー、トリマー等よりは静か。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

SK11(エスケー11)

ベルトディスクサンダー BDS-100N

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

重量20kgの安定感で大きな板材の加工も可能

約20kgという本体重量なので、作業するときの安定感に優れている据え置き型のベルトサンダーです。消費電力は340Wのハイパワーを実現しており、大きな板材や角材の研磨作業でも快適に行うことができます

 

また、ベルト台の向きは水平方向と垂直方向に変えられるので、作業に応じて使い分けることが可能です。本体の背面には、六角レンチなどの付属品を入れておくことができる収納スペースが設けられているのも便利なポイントです。

タイプ 据え置き型 重量 約20kg
ベルト幅 100mm 動力 電動式
消費電力 340W 機能 集じん機能

口コミを紹介

本体裏に付属のマイターゲージや六角レンチを収納できるのは良いですね。
この手のものは紛失しがちですが、本体に収納できる様に作るあたりはただ安いだけの商品とは異なります。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

イリイ(Irii Corporation)

縦型ベルトサンダー TR-231EB

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

パワフルな縦型ベルトの卓上型サンダー

25mm幅のベルトを備えた卓上型のベルトサンダーです。モーターには300Wのハイパワーのものを採用することで強力な切削を可能としました。また、ベルトは連続で回転をするので、研削物がからまってしまう心配が少ないことも特徴です。

 

本体のサイドには直径125mmのディスクサンダーも装備しているので、各種研磨ペーパーを貼り付けて使うこともできます。さらに、ベルト研磨テーブルとサイドディスク用テーブルは、どちらも角度の調整が可能なので作業を快適にしてくれそうです。

タイプ 卓上タイプ 重量 7.5kg
ベルト幅 25mm 動力 電動式
消費電力 300W 機能 集じん機能

口コミを紹介

木のスプーンなど木工の小物製作に使用。そこまで精密さを求めるものでもないのでベルト、ドラムともサンダーの機能自体には不満なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベルトサンダーの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 重量 ベルト幅 動力 消費電力 機能
1
アイテムID:5557744の画像
ベルトサンダ 吸塵装置式 76mm 9911 21,888円

詳細を見る

軽量コンパクトで低騒音

スタンダードタイプ 2.6kg 76mm 電動式 650W 集じん機能、変速機能、静音機能
2
アイテムID:5557816の画像
ベルトサンダ 9mm 9032 19,164円

詳細を見る

コンクリートや石材にも対応する極細タイプ

極細タイプ 1.6kg 9mm 電源式 500W 集じん機能、変速機能、静音機能
3
アイテムID:5557781の画像
電気やすり BY-1030 9,980円

詳細を見る

自在な角度調節で多用途に対応

極細タイプ 1.0kg 10mm 電動式 180W 変速機能
4
アイテムID:5559035の画像
ベルトサンダー KPT-7310 11,765円

詳細を見る

狭い場所でも自在に使えるエアー式

極細タイプ 0.95kg 10mm エアー式 - 変速機能
5
アイテムID:5557760の画像
ベルトサンダ BE-3210 637521B 19,391円

詳細を見る

プロのレベルにも対応する確かな性能

スタンダードタイプ 3.8kg 76mm 電動式 620W 集じん機能、変速機能
6
アイテムID:5557675の画像
ベルトディスクサンダ BDS-1010 19,044円

詳細を見る

ベルト面が可動できて集じん機能も装備

据え置き型 17kg 100mm 電源式 400W 集じん機能、変速機能
7
アイテムID:5557928の画像
H&H ベルト&ディスクサンダー HBDS-100 15,319円

詳細を見る

ハイパワーで安定感のある据え置き型

据え置き型 約22kg 100mm 電動式 400W 集じん機能、変速機能
8
アイテムID:5558017の画像
ドラッグスターベルトサンダー KA3000 6,927円

詳細を見る

狭い場所にも対応するハイパワーモデル

スタンダードタイプ 3.3kg 76mm 電動式 720W 集じん機能、変速機能
9
アイテムID:5557843の画像
マイクロ・ベルトサンダー No.27510 15,535円

詳細を見る

高トルクで汎用性の高い極細タイプ

極細タイプ 1.08kg 10mm 電動式 50W 変速機能
10
アイテムID:5557701の画像
EARTH MAN BSD-110 5,480円

詳細を見る

手持ち用でも卓上用でも使える

スタンダードタイプ 約3kg 76mm 電動式 680W -
11
アイテムID:5557124の画像
ベルトディスクサンダー TR-123EB 18,208円

詳細を見る

作業に応じてベルトの向きが変えられる

据え置き型 12.0kg 100mm 電動式 375W 変速機能、静音機能
12
アイテムID:5557768の画像
ベルトサンダ PSFS1A 7,499円

詳細を見る

これ1台で多用途に活用できる

スタンダードタイプ 3.05kg 電動式 600W 集じん機能、変速機能
13
アイテムID:5558021の画像
吸塵&変速ベルトサンダー EWS-76VLN 6,738円

詳細を見る

750Wのハイパワーで速度調整や自動集塵機能も装備

スタンダードタイプ 約3.2kg 76mm 電動式 750W 集じん機能、変速機能
14
アイテムID:5558003の画像
ベルトディスクサンダー BDS-100N 16,000円

詳細を見る

重量20kgの安定感で大きな板材の加工も可能

据え置き型 約20kg 100mm 電動式 340W 集じん機能
15
アイテムID:5558013の画像
縦型ベルトサンダー TR-231EB 16,310円

詳細を見る

パワフルな縦型ベルトの卓上型サンダー

卓上タイプ 7.5kg 25mm 電動式 300W 集じん機能

ベルトサンダーの使い方

正しい使い方を理解していれば、ベルトサンダーを扱うのは難しくはありません。手持ちで使うタイプの場合は、研磨する対象物はしっかりと固定しておくことが重要です。ベルトサンダーの重みで十分な力がかかるので、研磨面に無理に押し付ける必要もありません

 

また、ベルトサンダーは、横方向の力に弱いという特性があります。横方向に力を加えると研磨面が荒れてしまうので、前後方向に研磨するようにしましょう。また、研磨スピードの調整は、荒削りには高速、非金属の研磨には中速、木材の仕上げには低速での使用が適しています。

まとめ

今回は、ベルトサンダーのおすすめ商品を紹介するとともに、商品を選ぶ時のポイントについて説明しました。ベルトサンダーは加工したい対象に適したものを選ぶことが大切です。この記事を参考にして、用途に最適なベルトサンダーを探してみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【洗車や園芸に最適!】ホースの人気おすすめランキング20選【最強はどれ?】

【洗車や園芸に最適!】ホースの人気おすすめランキング20選【最強はどれ?】

生活雑貨・日用品
【2021最新版】卓上加湿器の人気おすすめランキング30選【冬の乾燥対策に】

【2021最新版】卓上加湿器の人気おすすめランキング30選【冬の乾燥対策に】

生活雑貨・日用品
【2021年最新版】ボール盤の人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】ボール盤の人気おすすめランキング15選

DIY・工具
【2021年最新版】スパナの人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】スパナの人気おすすめランキング20選

DIY・工具
掃除が楽々!一人暮らし掃除機のおすすめランキング25選【2021年版】

掃除が楽々!一人暮らし掃除機のおすすめランキング25選【2021年版】

調理・生活家電
人気!ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング25選【2021年】

人気!ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング25選【2021年】

AV・情報家電