市販コーヒーの人気おすすめランキング20選【コンビニやスーパーでも買える】

市販のコーヒーはドリップからインスタントまでいろいろあって、どれがよいか迷ってしまいます。しかし、実はTPOに合わせて正しい方法で淹れさえすれば、どんなコーヒーも美味しく味わえるのです。今回は、市販のコーヒーの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

市販のコーヒーでも高級な味わいが楽しめる

今や、コーヒーは私たちの生活に欠かせない飲み物。一流ホテルやこだわりの喫茶店に限らず、街のコンビニエンスストアでも美味しいコーヒーが手に入ります。そんな時代に家庭で淹れるコーヒーにどのような意味があるのでしょうか。

 

家庭で淹れるコーヒーこそ、最高の一杯です。お気に入りのカップとお菓子、市販のコーヒー豆(粉)で淹れたコーヒーで高級な一杯が楽しめます。ここでは市販のコーヒーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方は参考にしてください。

 

また、記事の最後には風味を落とさないコーヒー豆(粉)の保存法を紹介しています。家庭で少しずつ消費するコーヒー豆(粉)には、風味の劣化が常に関係します。こちらもぜひ役立ててください。

おいしいコーヒーの淹れ方とは?

コーヒー豆を挽いた粉(コーヒー粉)を手に入れたら、後は手持ちの抽出器具にそれをセットして、コーヒーを淹れるだけです。抽出器具によって、豆の適切な煎り具合や挽き具合が異なるので、気を付けてください。豆の煎り具合と挽き具合については、後で説明します。

 

もっともポピュラーなペーパードリップ法の場合、中煎りで中細挽きのコーヒー粉を使います。ペーパーフィルターをドリッパーにセットして、コーヒー粉を入れて温度90℃のお湯を、細く「の」の字を描くようにポットを動かしながら、ゆっくりと注ぎます。

 

以下の記事には、ペーパードリップ法によるコーヒーの正しい作り方が、より詳しく紹介されています。ぜひご覧になって、美味しいコーヒーを楽しんでください。

市販のコーヒーの選び方

市販のコーヒーにはコーヒー豆から瓶入りのインスタントコーヒーまで、お買い得の大容量パックから1回分に小分けしたスティックコーヒーやドリップパックまで、いろいろあります。ここではそれらをどんな時にどのようにして使い分ければよいかを紹介します。

ニーズに合わせた「種類」から選ぶ

スーパーで売っている市販のコーヒーは、コーヒー豆(あるいはそれを粉末にしたレギュラーコーヒー)とインスタントコーヒーに大別できます。

味にこだわりたいなら鮮度が高い状態で楽しめる「コーヒー豆」

コーヒーを飲むのなら美味しい方が良い」と思うのは、当然のことです。そのためにはコーヒー豆をそのままの状態で購入して、飲む直前に必要な量だけミルで挽いてから淹れることをおすすめします。

 

コーヒーミルを持っていない人は、あらかじめ粉になった製品を買う必要があります。しかし、コーヒーの粉は豆より劣化が速くすすみます。コーヒーの粉を買う場合は、少量ずつ購入することが望ましいです。

 

コーヒーの鮮度を落とさないで保つためには、豆の状態で保存した方が断然良いです。コーヒーの味にこだわる人は、自宅にコーヒーミルをあらかじめ用意していくことをおすすめします。コーヒーミルについては、下記の記事も参照してください。

手間をかけたくないならスーパーやコンビニで買える「コーヒー粉(インスタント)」

とはいえ、朝の出勤前などの忙しいときには、コーヒー豆を挽き、道具を準備して、時間をかけて淹れる暇はありません。そのようなときに活躍するのが、スーパーやコンビニエンスストアでも手軽に買うことができるインスタントコーヒーです。

 

インスタントコーヒーなら、お湯に溶かすだけで美味しいコーヒーを楽しめます。風味は豆から挽いて淹れたコーヒーほどではないかもしれません。しかし手間をかけたくないときに、インスタントコーヒーは大助かりです。

 

どうしても豆から挽いたコーヒーにこだわる人は、ドリップパックの利用がよいでしょう。紙製の折りたたみ式ドリッパーと粉になったコーヒーをパックしたものです。カップの上にドリッパーを広げて中のコーヒー粉にお湯を注ぐだけで、本格的なコーヒーを楽しめます

味の好みに合わせて選ぶ

コーヒー豆にも品種があるし、同じ品種であっても産地などによって風味が異なります。ここでは産地を手がかりに、お気に入りのコーヒーを見つける方法を紹介します。

ブレンドされている「産地」から選ぶ

コーヒー豆の銘柄は、それぞれの産地に関連して名付けられることが多いです。「ブラジル」など、産地の国名が付けられたり、「キリマンジャロ」のように産地を象徴する地名が使われたり、「モカ」のようにその豆が輸出される港の名前が使われたりします。

 

したがって、自分が試してみたいコーヒー豆(粉)を選ぶには、そのコーヒーの主要な産地をチェックすればよいのです。あるいはコーヒー豆(粉)のパッケージに「キリマンジャロブレンド」のように、ブレンドされている主要な豆の名称が付いていることもあります

こだわりのある人へは「ストレート」がおすすめ

コーヒー豆は、世界中で栽培されています。よく知られている産地はアフリカや中南米ですが、東南アジアやハワイやカリブ海の島でも、コーヒーは栽培されています。そして、それぞれの産地の気候や土壌の違いによって、コーヒーの味は大きく異なります

 

そのため、コーヒーの味にこだわりを持つ人は、いろいろな産地で採れる豆を単独(ストレート)で使ったコーヒーを、味わってみることをおすすめします。それぞれの産地の味を知った上で、自分のお好みのコーヒーを見つければ良いでしょう。

さまざまな味を楽しめる「ブレンド」

コーヒー豆、そしてその豆から抽出されて得られるコーヒーの味には、産地ごとにさまざまな特徴があります。そしてさらに多彩な風味を楽しむために、これらのコーヒーはいろいろな配合でブレンドされて、市場に出回ります。

 

私たちが購入できるコーヒー豆(粉)の大半は、ブレンドされたコーヒー豆(粉)です。ブレンドコーヒーは、単独の産地の豆を使ったコーヒーよりさらに幅広い味を楽しめるので、コーヒーの世界を広げてくれます。

焙煎度合いで選ぶ

コーヒー豆の焙煎度合いは、コーヒーの味を決定する重要な要素です。焙煎度合いを大別すると、浅煎り・中煎り・深煎りの3タイプに分かれます。

ブラックで飲むならさっぱりした「浅煎り」

コーヒー豆は浅煎りに近くなるほど、苦みが薄くなり、酸味が強くなります。その代わり、豆がもともと持っているフルーティーな香りや花の香りなどが強調されるので、試飲用に用いられることが多いです。

 

浅煎りと中煎りの中間の「中浅煎り」のレベルになると、苦みが薄く・酸味が強めのアメリカン・テイストのコーヒーとして飲まれます。香りが豊かでさっぱりとしたコーヒーなので、ブラックで飲むのに向いています。

 

ブラックコーヒーを1日に何倍も飲む人には、浅煎り(正確には中浅煎り)で香りが豊かなアメリカン・コーヒーをおすすめします。

飲みやすいコーヒーなら「中煎り」が人気

コーヒー豆を中煎りにすると、茶色から茶褐色に色が変わります。中煎りのコーヒー豆から抽出されるコーヒーは、酸味が和らいで苦みが強くなります。酸味と苦みのバランスが取れて飲みやすいコーヒーです。

 

最もポピュラーなペーパードリップやコーヒーメーカーには、中煎りの豆を使います。サイフォンやネルドリップでも、使うのは中煎りの豆です。多くの家庭や喫茶店で楽しまれているコーヒーの多くは、中煎りの豆を使っています。

 

どんな豆を最初に試したらよいか悩んでいるコーヒー豆初心者には、中煎りの豆から試してみることを、おすすめします。

カフェオレに合うコーヒーを探しているなら「深煎り」

コーヒー豆を深煎りにすると、濃い焦げ茶から黒っぽい色に変わります。この段階になると酸味が感じられない、強い苦みと深いコクが主体のコーヒーが抽出されます。たっぷりのミルクを入れて飲むカフェオレやカプチーノには、深煎りの豆がぴったりです。

 

エスプレッソに使われるのが、この深煎りの豆です。水出しコーヒーにも使われます。中近東で好まれるトルコ式コーヒー(ターキッシュコーヒー)と呼ばれる方法に使われるのも、この深煎りの豆です。

 

深煎りのコーヒー豆は、苦みを引き出すのに適した細挽きから極細挽きにして使われることが多いです。

コーヒー豆の粗さで選ぶ

豆の挽き方も、コーヒーの味を決定する重要な要素です。豆の挽き方の粗さ・細かさによって、使用できる器具も異なります

エスプレッソには「極細挽き」

「極細挽き」の粉は最も細かく、エスプレッソに適しています。熱湯をコーヒーの粉にごく短時間、瞬間的に触れさせるエスプレッソのような抽出方法では、お湯と接触する面積を大きくするするために、できるだけ細かく挽いた粉を使う必要があるからです。

 

極細挽きの豆は、ちょうど上白糖のような感じに仕上がります。このような細かい粉からは、コクのある苦いコーヒーから抽出されます。そのため、苦みのはっきりした深煎りの豆が極細挽きにされることが多いです。(エスプレッソが苦いのも、そのためです。)

時間をかけて水出しコーヒーを楽しみたいなら「細挽き」

極細挽きの次に細かい挽き方が「細挽き」です。上白糖とグラニュー糖の中間くらいの仕上がりになります。細挽きの粉は、特に水出しコーヒーに適しています。水はお湯よりも、コーヒー粉の成分を抽出し切るまでに、時間がかかるためです。

 

水出しコーヒーは、お湯で淹れたコーヒーよりもえぐ味や雑味がコーヒー粉より溶け出ることが少ないです。そのため水で抽出すると、時間がかかるものの、澄んだ飲みやすいコーヒーを楽しむことができます。

苦いコーヒーが好きなら「中細挽き」

「中細挽き」は、グラニュー糖ぐらいの細かさに仕上げます。ペーパードリップやコーヒーメーカーという、多くの人にとって一番身近な器具でコーヒーを淹れるのにぴったりの細かさです。

 

中細挽きのコーヒー粉を使うと、酸味が弱く苦みがはっきりと感じられるコーヒーを淹れることができます。苦いコーヒーが好きで酸味の強いものは苦手な人におすすめの挽き方です。

酸味の少ないコーヒーを楽しみたいなら「中挽き」

「中挽き」は、グラニュー糖とザラメの中間くらいの細かさに仕上げる挽き方です。サイフォン式のコーヒーやネルドリップ、そして現在流行しているフレンチプレスを使ってコーヒーを淹れるのに適しています。

 

中挽きは、雑味の出にくいコーヒー粉に仕上がります。喫茶店などでよく使われています。中細挽きに比べて苦みが少なく酸味が強めのコーヒーを淹れることができます。コーヒー豆が本来持っている風味を、最もよく引き出す淹れ方です。

ワイルドにコーヒーを楽しみたいなら「粗挽き」

粗挽きは、最も粗いコーヒー豆の挽き方で、ザラメ大の粒に仕上がります。じっくりと火にかけてコーヒーを煮出すのに適しています。キャンプなどアウトドアで楽しむパーコレーターには、この粗挽きの豆が最適です。

 

粗挽きのコーヒー豆から抽出されるコーヒーは、苦みが少ない代わりに、酸味が強くなる傾向があります。西部劇のカウボーイのイメージがどうしても頭に浮かんで来ますが、いわゆるアメリカン・コーヒーはこのようなところから生まれたのかもしれません。

自分好みの「香り」から選ぶ

コーヒーを選ぶ基準は、味だけではありません。「香り」も選択の重要な要素です。コーヒーはただ香ばしいだけでなく、花の香りを感じたり、フルーツの香りを感じたり、ナッツやチョコレートの香りがしたりする、複雑な風味の飲み物です。

 

コーヒーの香りは、豆の持つ個性だけでなく、挽き方や焙煎の方法によって微妙に変化します。注意して香りをかいで、自分がいちばん好みで心地よい香りになるコーヒーを選びましょう

実際の購入者からの口コミもチェック

ネットを通じてコーヒー豆(粉)を買う場合、商品の説明を読んだだけでは、買うべきかどうか、もうひとつ判断できないことがあります。そのような時は、実際の購入者の声や口コミを参考にしてみましょう。商品の意外な側面が浮かび上がって来ることがあります。

 

もちろん本当のところは、そのコーヒーを手に入れて、実際に飲んで見てから出ないとわかりません。また、個々の口コミはそれぞれのユーザーの主観的な意見が並んでいるだけなので、あなたとの感性の違いや思い込みも多いです。

 

しかし、まとまった数の口コミを読むと、ネット上の説明ではわからない味のクセが読み取れることも多いです。多くの人が「このコーヒーは〇〇だ」と指摘するポイントは信用に値します。特にそのコーヒー豆(粉)を最初に買うとき、これらの意見は役に立ちます。

シーンに合わせて選ぶ

コーヒーをホットで飲むかアイスで飲むかによって、ふさわしい豆の種類や挽き方、抽出器具まで異なります。

寒い冬なら暖かい「ホット」

寒い冬には、体が温まる飲み物が欲しくなります。そこで、コーヒーも温かいホットコーヒーがおすすめです。濃く苦いコーヒーにミルクや砂糖を加えて、カフェオレやカプチーノにすると、さらに体が温まるかもしれません。

 

ホットコーヒーの淹れ方は、一番ポピュラーなペーパードリップ式をはじめ、さまざまな方法があります。それぞれの抽出方法にふさわしい焙煎方法やぴったりの挽き方があるので、適切な方法でコーヒーを淹れて、楽しんでください。

夏の暑い季節には「アイス」

日本の夏は高温で湿度が高く、べたべたしています。しかし、冷房の効いた部屋に閉じこもっていることができる人は、多くありません。このような気候の中で、他の季節はホットコーヒーを楽しんでいる人も、真夏は冷たいアイスコーヒーを飲みたくなるでしょう。

 

ただしアイスコーヒーは、ホットコーヒーと全く同じ淹れ方をして、氷を入れればOKというわけにはいけません。アイスで飲むと、ホットで飲むのと違って酸味をより強く感じます。また氷を入れるため、どうしてもコーヒーが薄くなってしまいます。

 

そのため、アイスコーヒーにはホットの場合より苦みの強い豆を使うのが望ましいです。また、ホットと同じ方法で抽出するだけでなく、水出し(ウォータードリップ)法を使って淹れるのも良いでしょう。

分量の違いから選ぶ

ここでは、コーヒーを保管する際のメリットやデメリットを、包装の違いという立場から紹介します。

長持ちする「賞味期限」が長いもの

当たり前のことかもしれませんが、賞味期限ができるだけ長い製品を選ぶと、そのコーヒーは長持ちします。ただし、コーヒーの粉であれインスタントコーヒーであれ、一度包装を開けて使い始めると、その時点で賞味期限は意味を失ってしまいます

 

これを防ぐには、1回分ごとに小分けしてあるドリップパックやスティックコーヒーを使うことです。これらは使う直前までひとつひとつが密封された状態になっているので、賞味期限内だったら劣化を心配する必要はありません。

手間をかけない「スティックタイプ」

忙しくて、コーヒー豆を挽いたり、コーヒーの粉からコーヒーが抽出されたりするのをじっくりと待っている暇がないときには、インスタントコーヒーを利用するのがよい、と最初に述べました。

 

しかし実は、インスタントコーヒー1回分を(ときにはミルクや砂糖と一緒に)パックしたスティックタイプのコーヒーの方がさらに便利です。何も考えずにスティックの中身をカップに開けて、お湯を注げば良いのです。手間らしい手間をかけないで済みます

 

しかもスティックタイプの場合、使う直前まで密封された状態を保つので、瓶入りのインスタントコーヒーより風味の劣化は進みにくいです。また何種類かのスティックを集めておいて、その日の気分によって好きなものを選んで飲む、という楽しみ方もできます。

コスパ最強の「大容量タイプ」

コーヒー豆であっても、コーヒーの粉であっても、あるいはインスタントコーヒーであっても、大容量タイプの製品を選べば、コスパの面では最強です。ただし、大容量パックのコーヒー豆やインスタントコーヒーを選んだら、劣化という問題に突き当たるので要注意です。

 

大容量のコーヒーを買ったら、適切に保管して、劣化が進行してコーヒーの味が悪くなる前にきれいに使い切ってしまいましょう。この記事の最後に「コーヒー豆の保管方法」を紹介しているので、そちらも参考にしてください。

コーヒーの「銘柄」から選ぶ

コーヒー豆は、その銘柄ごとに異なる特徴があります。ここではそれぞれの銘柄を、産地別に紹介します。

酸味と苦みのバランスが良い「キリマンジャロ」

「キリマンジャロ」は、東アフリカのタンザニアで生産されているコーヒー豆です。その名はタンザニアにあるアフリカ大陸最高峰の山キリマンジャロから名付けられました。コーヒーが好きな人の間では「キリマン」と略して呼ばれることもあります。

 

キリマンジャロの特徴は苦みと共に深いコクと強い酸味を感じる、個性的な味わいです。「アフリカの大地のような野性味のあふれる味」と表現されることもあります。

酸味が強めで甘い香りが特徴の「グアテマラ」

「グアテマラ」はその名の通り、中米のグアテマラで産出されるコーヒー豆です。グアテマラの国土の70%は火山に囲まれた山岳地帯です。寒暖差の激しい厳しい気候と合わさって、コーヒーの栽培にふさわしい環境が生まれています。

 

グアテマラコーヒーの特徴は、フルーティーな酸味と花のような甘い香りです。コクも豊かで、複雑な要素のバランスがうまく取れています。甘めの香りで酸味の強いグアテマラコーヒーは、香りの豊かなコーヒーを求める人におすすめです。

口当たりがなくそんなに苦くないコーヒー「ブルーマウンテン」

コーヒーにあまり詳しくない人でも「ブルーマウンテン」という名前はどこかで聞いたことがあるでしょう。ブルーマウンテンは、カリブ海の島国ジャマイカ東部にあるブルーマウンテン山脈の限られたエリアで栽培されている、大変貴重なコーヒー豆です。

 

ブルーマウンテンは、酸味・甘さ・苦みといった味のバランスが取れていて口当たりが良く、「コーヒーの王様」とも呼ばれています。あまり苦くないコーヒーが好みの人でも、安心して飲むことができるコーヒーです。

苦みが少なくさわやかな味わいの「ハワイコナ」

「ハワイコナ」は、その名の通り、ハワイ島西側のコナ地区で栽培されているコーヒー豆です。極めて限られた場所で栽培されている希少で高価な豆として、ブルーマウンテンと並び、よく知られています。

 

ハワイコナのコーヒーの特徴は、柑橘系のフルーツのような強い酸味とさわやかな甘みです。苦みは少ないので、強い苦みが苦手な人は、ハワイコナを試してみてください。

強めの苦みとコクが特徴な「マンデリン」

「マンデリン」スマトラ島(インドネシア)の一部地域で栽培されている高級コーヒー豆です。マンデリンの名は、このコーヒーの栽培を推進した現地の部族(マンデリン族)にちなんだもので、特定の地名に由来するものではありません。

 

マンデリンコーヒーの特徴は、深いコクがあり、苦みは強めで酸味は弱い、というものです。多くのコーヒー豆と同様に、ブレンドに使われるだけでなく、ストレートでも飲まれています。苦いコーヒーが好みの人は、まずマンデリンを試してみることをおすすめします。

アイスコーヒーを楽しみたいなら専用のものがおすすめ

アイスコーヒーを楽しむためのコーヒー豆は、品種も焙煎の具合もホットコーヒーのものとは異なります。夏に楽しむアイスコーヒーは、ホットコーヒーよりも冷たい温度で飲むものなので、同じ豆を使っても、ホットで淹れた場合より酸味を強く感じるからです。

 

そのため、多くのアイスコーヒー用のブレンドでは、苦みを強く感じさせるために深煎りの豆を使います。また、パッケージにもアイスコーヒー用であることが印刷されている場合が多いので、そのような専門の豆を使って淹れるようにしましょう。

カフェインがほとんど含まれていない「デカフェイン」もおすすめ

夜中にコーヒーを飲みたくなったけれどそのまま寝付けなくなるのを心配している人、あるいは妊娠中や体調の問題で、コーヒーを飲むのを避けている人には、コーヒーからカフェインの成分を抜いた、デカフェインタイプのコーヒーがおすすめです。

 

この種のコーヒーは、「デカフェ」「カフェインレスコーヒー」と呼ばれています。カフェインを抜く作業も、薬品を使わずに、環境にやさしく人体に影響を与えない方法が発達しています。

 

夜中を過ぎても勉強や仕事のために、カフェインたっぷりのコーヒーを飲むのもよいでしょう。しかし、それをやりすぎて体調を壊しそうになったり睡眠のリズムが乱れたりしたら、胃にやさしいデカフェを上手に利用して、体調と安眠を確保するようにしましょう。

メーカーから選ぶ

コーヒー豆は多くのメーカーが取り扱っています。ここではそれらのうちで、日本で有名ないくつかのブランドを紹介します。

コーヒーと言えば「スターバックス(STARBUCKS)」

全国に店舗を展開していて、ファンの多い有名なスターバックスのコーヒー。そんなスターバックスでは、コーヒー豆も販売しています。お店で買うことはもちろん、ネット通販で手に入れることもできるし、スーパーでも見かけます。

 

コーヒーが欲しくなる度にわざわざお店まで出かけないでも、身近な場所に豆を常備しておいたら、コーヒー業界ではすっかり定番になったあの味を、好きなときに家庭で自由に再現できます

豊富なラインアップが魅力な「カルディ(KALDI)」

日本全国に400店舗以上を展開している、人気食料雑貨店カルディ(KALDI)正式名称が「カルディコーヒーファーム」であることからもわかるように、カルディは特にコーヒーに力を入れていて、そのラインアップはバラエティに富んでいます。

 

カルディのコーヒーは、クオリティーが高いのにお手軽価格で買えるので、いろいろな種類を試してみることが可能です。オンラインストアも運営しているので、出かけるのが面倒な場合や、カルディのお店が近くにない場合でも、簡単に注文ができます。

品質の良さを求めるなら「成城石井」

高品質な食料品を扱うスーパーマーケットチェーンの「成城石井」では、コーヒーのプライベートブランドを扱っており、品質の良いコーヒー豆を、専門店より手頃な価格で手に入れることができます。

 

安全・安心をモットーに、世界各地からこだわりの食品を仕入れているので、コーヒー豆の品質には大いに期待が持てます。コストパフォーマンスが良くクオリティーのしっかりしたコーヒー豆が欲しい人に、おすすめのお店です。

市販コーヒーの人気おすすめランキング20選

1位

AGF

ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー スペシャルブレンド

誰にも好まれるコーヒー

厳しい検査を通過したコーヒー豆だけを使用した、スペシャルブレンドです。焙煎方法にも徹底的にこだわって、香りや深いコクを引き出しています。酸味はやや控えめで苦みは平均的なレベル。それが返って飲みやすく、誰にでもおすすめできるコーヒーになっています。

タイプ 粉(中挽き) 内容量 1,000g
焙煎 その他

口コミを紹介

巣ごもりの影響で購入してちょこちょこ飲んでます。(現在進行系)
水出し用ポット、ドリッパー使っての使用ともに美味しく飲んでます。開封後、密閉後冷蔵庫保存してますが味が落ちるということはない感じですね。またリピートしようかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ネスレ日本

ネスカフェ ゴールドブレンド

お馴染みの超ロングセラー

半世紀以上の歴史を誇る超ロングセラー商品、かつフリーズドライ製法で作られた、世界初のインスタントコーヒーです。この商品を置いていないスーパーは、まずありません。コストパフォーマンスもよく、マイルドでコクのあるオーソドックスな味も魅力です。

タイプ インスタントコーヒー 内容量 120g
焙煎 その他

口コミを紹介

ゴールドブレンド、違いが判る男のコーヒー。。。。。。ダバダー、、、ダバダ 懐かしのCMを思い出します。
それ程の年月を我が家では定番として愛飲しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

マウント ハーゲン

オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー

人気のカフェインレス

マウント ハーゲンはドイツのコーヒーメーカーです。パプアニューギニアに農園を持っている他、さまざまな国のコーヒー豆生産者と公正な取り引き(フェアトレード)に基づいて有機栽培のコーヒー豆を調達して、製品に加工しているひと味違う業者です。

 

この製品はそのマウントハーゲンのカフェインレス・インスタントコーヒーです。環境にも人間の体にも安全な方法でカフェインを取り除き、その残留率はなんと0.3%未満夜眠る前であっても、妊娠中の女性であっても、安心してコーヒーを飲むことができます。

タイプ インスタント 内容量 100g
焙煎 その他 カフェインレス、オーガニック、フェアトレード

口コミを紹介

カフェインに弱く、レビューを読み、購入しました。マウントハーゲンは癖がなく飲みやすい。冷めてしまっても、味の低下が少ない。熱くした牛乳にマウントハーゲン入れて、苦みのあるホットコーヒー牛乳にして毎日飲んでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ステイックコーヒーの定番

高評価のスティックコーヒーです。コーヒーらしい香りと味がしっかりとしています。冷たい水や牛乳にも溶けやすく、夏にはアイスコーヒーとして楽しむことも可能です。オーソドックスで苦みの強いタイプなので、ミルクと相性が良いコーヒーです。

タイプ スティック 内容量 100本
焙煎 その他

口コミを紹介

このコーヒーは毎日飲んでいても飽きないコーヒーです。(個人的な意見ですが)
それに、ビンに入っているコーヒーだとスプーンで必要な量をとったりしますが
個包装になっているのでとても楽です!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ネスレ日本

スターバックス コーヒー ハウスブレンド

スタバお馴染みの味

スターバックスの創業当時から、お店で提供されてきたコーヒーの味と同じブレンドのコーヒー豆です。中煎り(ミディアムロースト)で、ナッツやチョコレートの風味がかすかに感じられるバランスの取れた飲みやすい味を、家庭でも楽しむことができます。

タイプ 内容量 250g
焙煎 中煎り その他

口コミを紹介

スターバックスコーヒー豆は以前に店内でよく購入していました。私の好きなコーヒーのひとつです。美味しく飲んでいます。250グラム入りなのが私には適量です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ネスレ日本

スターバックス コーヒー カフェベロナ

深いコクが自慢

ミディアムブレンドのハウスブレンドとは違った顔を持つ、スターバックスのコーヒー豆です。深煎り(ダークロースト)でコクと苦みが強く、一種の「深み」も感じられます。カカオの風味がかすかにあるコーヒーらしいコーヒーです。

 

甘いお菓子、特にチョコレートがよく合います。ミルクをたっぷり入れてカフェオレにしても美味しいです。

タイプ 内容量 220g
焙煎 深煎り その他

口コミを紹介

コクが深く、豆を挽いた香りだけで幸せな気分になれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

マウント ハーゲン

オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー

フェアトレードで美味しいコーヒー

こだわりのメーカー、マウントハーゲンのオーガニック原料だけを使ったインスタントコーヒーです。世界のコーヒー豆業者と、搾取関係に基づかない公正な取り引きで入手した、質の高い原料は、上質なインスタントコーヒーを生みだします

 

こちらのコーヒーは、最初の方で紹介した同メーカーの製品と違って、カフェインの除去を行っていません。他のメーカーよりいくらか割高ですが、それだけの価値のあるインスタントコーヒーです。またこのコーヒーを買うことで、小さな社会貢献にもつながります

タイプ インスタント 内容量 100g
焙煎 その他 オーガニック、フェアトレード

口コミを紹介

カフェインなしの方を先に買って、こちらも
買ってみた。
カフェインなしよりも、スッキリしてる

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

UCC

職人の珈琲 深いコクのスペシャルブレンド

苦みとコクを楽しむドリップパック

UCCのドリップパックです。ドリッパーを開いてお湯を注ぐだけでコーヒーを淹れることができます。コーヒーは深いコクを意識してブレンドされています。パンチの効いた香りが特徴で、ミルクとの相性もバッチリです。

苦いコーヒーが好きな人や、コーヒーで頭をスッキリさせたい人にも向いています

タイプ ドリップパック 内容量 350g(50杯)
焙煎 その他

口コミを紹介

飲みやすい苦味で、あとくちはサッパリ。
酸味がほぼないの 。酸味より苦味とコクと香りがあれば良し、と思っている私にはちょうど良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

UCC

ゴールドスペシャル スペシャルブレンド

安定の味、王道を行く

多くの人に馴染みのあるUCCのブレンドコーヒーです。このコーヒー粉は、単品焙煎という手間のかかる方法で作り上げられています。単品焙煎というのは、豆を1種類ごとに最適な焙煎レベルで仕上げ、それを改めてブレンドするという方法です。

 

酸味と苦みが調和して、コクが深くなるように計算してブレンドされているのです。くせが少なく飲みやすく、多くの人が安心して飲める味ですが、実は非常にこだわって作られているコーヒーです。

タイプ 内容量 1,000g
焙煎 その他

口コミを紹介

UCC上島珈琲ゴールドブレンドは香りが良くて、酸味はあまりなく苦みも強くないので家族みんなで気に入っています。在宅でコーヒーを淹れるタイミングが増え消費量も多いので、この量でこの価格はたすかります(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

キーコーヒー

illy(イリー) ブレンド エスプレッソ ダークロースト (インテンソ)

本場のエスプレッソを楽しむ

イタリアでは業務用として使われているエスプレッソ粉末です。時間をかけて深煎り(ダークロースト)した豆を極細挽きにしたものなので、エスプレッソらしい強い苦みが特徴。本場の味を日本でも楽しむことができます。

タイプ 粉(極細挽き) 内容量 250g
焙煎 深煎り その他

口コミを紹介

ビアレッティの直火式エスプレッソマシーンを購入した際にオススメに出てきたので購入。安価だし味もいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

澤井珈琲

コーヒー豆 2種類 ( ビクトリーブレンド / ブレンドフォルティシモ ) セット

2種類の味が楽しめる特大パック

2種類の豆がそれぞれ500g×2袋ずつ入った、コーヒー豆のセットです。約200杯のコーヒーを飲むことができます。「2種類の豆」とは、バランスの良い風味の中煎りのブレンドフォルティシモと、コクがあってカフェオレなどに似合う深煎りのビクトリーブレンドです。

 

2種類の豆のおかげで、2種類の味を気分やシチュエーションによって飲み分けることができます。お買い得でとても楽しいセットです。

タイプ 内容量 (500g×2袋)×2種類
焙煎 中煎り(フォルテッシモ)、深煎り(ビクトリー) その他

口コミを紹介

実家で飲んだ珈琲が美味しかったので、豆を聞いたらこの豆だったので、即購入しました。
量も多いのでコスパは良いと思います。
無くなったら、また買うつもりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

honu加藤珈琲店

ゴールデンブレンド コーヒー

コスパ極めて良好

上質な豆をブレンドしたグレードの高いブレンドが、お手軽価格で手に入ります。豆のままでも、粉(中挽き)に挽いてもらった状態でも購入が可能です。コストパフォーマンスの良いコーヒー豆です。

 

バランスの良い味なので、ブラックで飲むのも良いし、もちろんミルクと砂糖を入れて飲んでも良いし、コーヒー豆初心者にこそ試してもらいたい製品です。

タイプ 豆または粉(中挽き) 内容量 500g
焙煎 中煎り その他

口コミを紹介

鮮度も香りも価格も満足です。豆の割れもなく、浅煎りっぽい色ですが、ひきたてを美味しく頂いてます。1日マグカップで五杯分作るのでコスパも高く助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

AGF

ブレンディ カフェラトリー スティック 濃厚ミルクカフェラテ

ミルク&シュガー入り、でも甘すぎない

コーヒーのコクと濃厚なミルクがマッチしたスティックコーヒーです。最初から糖分や牛乳の成分が含まれているので、お湯を注ぐだけで美味しいカフェオレを飲むことができます。水にも牛乳にも溶けやすいので、夏にはアイスカフェラテが簡単に楽しめます。

タイプ スティック 内容量 20本×3箱
焙煎 その他

口コミを紹介

最初、甘すぎるかな、と思いましたが、飲んでると好きになって、毎日飲んでいます。おいしいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

成城石井

エスプレッソ

エスプレッソもドリップも

成城石井オリジナルのエスプレッソ向けコーヒー豆です。シアトル系の程よいコクと切れの良い苦みが特徴の豆なので、ペーパードリップはOKだし、極細挽きにすればもちろん美味しいエスプレッソが楽しめます。

 

エスプレッソに泡立てたミルクを加えてカプチーノにアレンジするのもおしゃれです。

タイプ 内容量 450g
焙煎 深煎り その他

口コミを紹介

酸味は全くなく、ヨーロピアンの濃いコーヒーが好きな方向け。
長年ずっとフレンチローストを飲んでいますが、コスト的に成城石井のこの品が普通に買えるものとしては一番だと思います。ドリップで自宅で豆を挽いて飲んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

小川珈琲

有機珈琲オリジナルブレンド

オーガニックコーヒー

有機JAS認定された、ペルー産やメキシコ産のコーヒー豆6品種を個別に焙煎してブレンドした、オーガニックコーヒー(粉末)です。苦みと酸味のバランスがよく、コクのある美味しくて安心なコーヒーが楽しめます。

タイプ 粉(中細挽き) 内容量 170g
焙煎 中煎り その他 オーガニック

口コミを紹介

なかなか有機珈琲が手に入りませんが、この価格で毎日飲めるのはありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

キーコーヒー

缶 スペシャルブレンド

環境にも優しいコーヒー

キーコーヒーの自信作。酸味が少し強めですが、まろやかな風味のバランスの良い味のコーヒーです。保存性と安全面を兼ね備え、地球環境にも優しい再生可能なスチール缶を使用しています。

タイプ 粉(中挽き) 内容量 340g
焙煎 中煎り(普通煎り) その他

口コミを紹介

コスパ良し,味良しで、家で、ガンガン飲んでます。リピありです。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

重松貿易

クライス カフェインカットのおいしいコーヒー ジッパーパック

デカフェだって負けない

クライスは、ドイツの会社のブランドです。親メーカーの最高級のコーヒー豆を製品に加工するために誕生して、およそ50年経ちました。ここで紹介するコーヒーは、カフェインをカットしたインスタントコーヒーです。

 

カフェインは薬品を使わない超臨界二酸化炭素抽出法で、99.7%まで除去されてしまいます。こうしてできた製品は、カフェインが0.3%しか残っていないにもかかわらず、コーヒー本来の香りの豊かさを失っていません。デカフェとは思えない美味しさです。

タイプ インスタント 内容量 100g
焙煎 その他 カフェインレス

口コミを紹介

私は重めの味が好きなのでこちらはカフェインレスにしてはしっかりコーヒー味を楽しむことができるかなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

小川珈琲

小川プレミアムブレンド

バランスの良い味

このプレミアムブレンドからは、酸味と苦みのバランスの取れた、飲みやすいコーヒーができます。苦みとまろやかさが両立しているコーヒーです。コーヒー初心者におすすめです。

 

ここで紹介しているのはですが、のままでもドリップバッグとしても購入することができます。

タイプ 粉(中細挽き)、豆、ドリップバッグ 内容量 180g
焙煎 その他

口コミを紹介

小川珈琲店のこのコーヒーに出会って以来他のコーヒーは購入したことがありません。苦味や酸味が少なくマイルドな風味でとても飲みやすく気に入っています。来客の際にお出ししても「美味しいコーヒーですね。」と褒められます。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

キーコーヒー

illy(イリー) ブレンド エスプレッソ ミディアムロースト (クラシコ)

飲みやすいエスプレッソ

こちらもイリーのエスプレッソ粉末ですが、インテンソの深煎り(ダークロースト)ではなく中煎り(ミディアムロースト)です。正にエスプレッソという感じのインテンソに比べてこのクラシコは、バランスの取れた香味が特徴です。

 

「こちらの方が飲みやすい」と感じる人も、多いかもしれません。その日の気分や体調によって、インテンソと飲み分けても、もちろんOKです。

タイプ 粉(極細挽き) 内容量 250g
焙煎 中煎り その他

口コミを紹介

マキネッタ専用で使っていますが、苦味や酸味が少なく、チョコの様な香りが気に入りました。以前は豆をひいて飲んでいましたが、最近はこれがメインになりました。ミルクと合いますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

ドトールコーヒー

ドリップコーヒー オリジナルブレンド

飲みやすくて便利

ドトールのドリップパックです。簡単に美味しいコーヒーが飲めるので、忙しい時のリフレッシュにぴったりです。甘味・酸味・苦みのバランスが良く飲みやすいコーヒーなので、毎日飲んでも飽きません。

タイプ ドリップパック 内容量 350g(50杯)
焙煎 中煎り その他

口コミを紹介

当たり前ですけど、ちゃんとドトールの味がします。
前は普通に挽いた粉で買ってましたが、どうしても香りが抜ける。これなら期間空いても大丈夫なのでいつでもベストな香りが楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

市販コーヒーのおすすめ比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 内容量 焙煎 その他
1
アイテムID:5557667の画像
ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー スペシャルブレンド 1,318円

詳細を見る

誰にも好まれるコーヒー

粉(中挽き) 1,000g
2
アイテムID:5557761の画像
ネスカフェ ゴールドブレンド 622円

詳細を見る

お馴染みの超ロングセラー

インスタントコーヒー 120g
3
アイテムID:5557836の画像
オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー 1,135円

詳細を見る

人気のカフェインレス

インスタント 100g カフェインレス、オーガニック、フェアトレード
4
アイテムID:5557937の画像
ブレンディ スティック 899円

詳細を見る

ステイックコーヒーの定番

スティック 100本
5
アイテムID:5558285の画像
スターバックス コーヒー ハウスブレンド 998円

詳細を見る

スタバお馴染みの味

250g 中煎り
6
アイテムID:5557648の画像
スターバックス コーヒー カフェベロナ 998円

詳細を見る

深いコクが自慢

220g 深煎り
7
アイテムID:5559671の画像
オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー 1,183円

詳細を見る

フェアトレードで美味しいコーヒー

インスタント 100g オーガニック、フェアトレード
8
アイテムID:5558190の画像
職人の珈琲 深いコクのスペシャルブレンド 1,199円

詳細を見る

苦みとコクを楽しむドリップパック

ドリップパック 350g(50杯)
9
アイテムID:5558043の画像
ゴールドスペシャル スペシャルブレンド 1,245円

詳細を見る

安定の味、王道を行く

1,000g
10
アイテムID:5558060の画像
illy(イリー) ブレンド エスプレッソ ダークロースト (インテンソ) 1,283円

詳細を見る

本場のエスプレッソを楽しむ

粉(極細挽き) 250g 深煎り
11
アイテムID:5558049の画像
コーヒー豆 2種類 ( ビクトリーブレンド / ブレンドフォルティシモ ) セット 2,999円

詳細を見る

2種類の味が楽しめる特大パック

(500g×2袋)×2種類 中煎り(フォルテッシモ)、深煎り(ビクトリー)
12
アイテムID:5558067の画像
ゴールデンブレンド コーヒー 798円

詳細を見る

コスパ極めて良好

豆または粉(中挽き) 500g 中煎り
13
アイテムID:5557986の画像
ブレンディ カフェラトリー スティック 濃厚ミルクカフェラテ 1,478円

詳細を見る

ミルク&シュガー入り、でも甘すぎない

スティック 20本×3箱
14
アイテムID:5558087の画像
エスプレッソ 1,285円

詳細を見る

エスプレッソもドリップも

450g 深煎り
15
アイテムID:5557703の画像
有機珈琲オリジナルブレンド 634円

詳細を見る

オーガニックコーヒー

粉(中細挽き) 170g 中煎り オーガニック
16
アイテムID:5558047の画像
缶 スペシャルブレンド 718円

詳細を見る

環境にも優しいコーヒー

粉(中挽き) 340g 中煎り(普通煎り)
17
アイテムID:5559726の画像
クライス カフェインカットのおいしいコーヒー ジッパーパック 891円

詳細を見る

デカフェだって負けない

インスタント 100g カフェインレス
18
アイテムID:5560349の画像
小川プレミアムブレンド 587円

詳細を見る

バランスの良い味

粉(中細挽き)、豆、ドリップバッグ 180g
19
アイテムID:5558336の画像
illy(イリー) ブレンド エスプレッソ ミディアムロースト (クラシコ) 1,100円

詳細を見る

飲みやすいエスプレッソ

粉(極細挽き) 250g 中煎り
20
アイテムID:5558203の画像
ドリップコーヒー オリジナルブレンド 1,743円

詳細を見る

飲みやすくて便利

ドリップパック 350g(50杯) 中煎り

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆なら、袋を開封してから1週間程度は常温での保管が可能です。しかしコーヒーの粉は豆より劣化しやすいし、瓶入りのインスタントコーヒーも驚くほどのスピードで香りが失せてしまいます。

 

これを解決するためには、コーヒー豆やコーヒー粉のパックを買ったなら、密閉容器に入れて冷凍庫で保存してください。この方法なら、劣化の速いコーヒーの粉も、1カ月程度は保存が可能です。解凍は不必要です。使うときはそのままミルや抽出器具に投入してください。

 

コーヒーの粉を冷凍するとき、ジップパックなどに小分けにしておくと、さらに効果的です。実際に使用する直前まで、空気に触れることがなくなるからです。

まとめ

市販のコーヒーについて、コーヒー豆からインスタントのスティックコーヒーまで、いろいろと述べてきました。どんなタイプのコーヒーも良いタイミングで利用したら、生活を豊かにしてくれます。また、正しい方法で淹れるとコーヒーが驚くほど美味しくなります。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

美味しい!コーヒー豆の人気おすすめランキング25選【スタバも】

美味しい!コーヒー豆の人気おすすめランキング25選【スタバも】

食品・飲料
インスタントコーヒーの人気おすすめランキング15選【安くて美味しい】

インスタントコーヒーの人気おすすめランキング15選【安くて美味しい】

コーヒー・紅茶・お茶
暑い夏に一杯!アイスコーヒーのおすすめ人気ランキング20選【抽出式も】

暑い夏に一杯!アイスコーヒーのおすすめ人気ランキング20選【抽出式も】

食品・飲料
妊娠中でも安心して飲める!カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキング25選【ギフトにも】

妊娠中でも安心して飲める!カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキング25選【ギフトにも】

コーヒー・紅茶・お茶
コーヒーケトル(ポット)人気おすすめランキング30選【アウトドア】

コーヒーケトル(ポット)人気おすすめランキング30選【アウトドア】

家電
調味料の人気おすすめランキング30選【市販からお取り寄せまで】

調味料の人気おすすめランキング30選【市販からお取り寄せまで】

調味料・タレ・ドレッシング