防草シートの人気おすすめランキング15選【業務用も】

庭の雑草処理をするならば、防草シートがおすすめです。カインズなどホームセンターで購入でき、砂利や人工芝を敷く家庭が増えています。今回は、防草シートの選び方や人気おすすめランキング、さらに防草シートの敷き方・貼り方や業者に依頼するときの費用について紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

強雑草にも!雑草対策に効果的な「防草シート」

抜いても抜いても生えてくる庭の雑草は厄介な存在でしょう。そこで雑草対策に効果的なのが「防草シート」であり、被せて置くだけで雑草が生えるのを防いでくれる優れたアイテムとして注目されています。

 

防草シートといえば、透水性のあるものがほとんどでよく知られていますが、意外にも土砂崩れを防ぐ不透水タイプの防草シートも最近では人気です。市販の除草剤を使ってもなかなか枯れない強雑草にも対応したタイプを探すとよいでしょう。

 

そこで今回は防草シートの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてください。記事の最後には防草シートの敷き方や業者に頼む場合の施工費用を紹介していますので、こちらも確認してみてください。

防草シートの効果

防草シートの効果は、第一に抜いても抜いても生えてくる雑草の生成を抑えることができる点が挙げられます。草の生え具合が遅くなった分、草むしりの手間が少なくなったことで手入れをする回数が減る点でも理想的なアイテムでしょう。

 

とくに夏など暖かい時期は雑草はぐんぐん伸び、横に広がってくるため、処理する範囲も拡大して面倒です。うえから砂利を敷けば、より雑草は生えにくくなり、キレイな外観になって一石二鳥でしょう。

デメリット

雑草の生成を抑える働きが期待できる防草シートですが、敷き方によってデメリットもあります。防草シートがむき出しの状態になっていると、景観が損なうだけでなく、紫外線・雨などの刺激によって劣化を早めてしまうかもしれません

 

また、コンクリートよりも手軽で費用が安く済む分、どうしても劣化が早いのが難点でしょう。ずっと永遠に使う続けることは不可能であり、何度か張り替える必要があることを頭にいれておいてください。

防草シートの選び方

防草シートといっても色んなタイプがあり、はじめて使うときはどれがいいのか迷ってしまうでしょう。そこで、種類・遮光性の高さ・水はけの良さ・サイズ・厚さ・色・耐用年数・素材・施行のしやすさ・値段・おすすめメーカーの観点から探してみてください。

種類で選ぶ

防草シートには色んな種類があり、それぞれの目的に応じた選び方が大事な要素でしょう。「不織布タイプ」「織布タイプ」「人工芝やタイル」などがあり、それぞれの特徴やメリットを紹介するため、ぜひ、チェックしてみてください。

ほつれにくく耐久性に優れた「不織布タイプ」

「不織布タイプ」の防草シートは、ほつれにくく耐久性に優れています。できるだけ長い期間、除草効果が期待できるタイプがおすすめであり、不織布タイプはまさに理想的なアイテムといえるでしょう。

 

また、不織布タイプの防草シートは浸透性にも優れ、雑草の育成を防ぎながら水はけのよさも定評があります。液体肥料や水を透過させることができるため、大事な草花などを枯らす心配がありません。

 

防草シートが必要ではない部分はくりぬいて庭木の周りに使うと、液体肥料の養分が適度に浸出します。

広い範囲に敷くならコスパの良い「織布タイプ」

「織布タイプ」の防草シートは、コスパ力に優れていて、広い範囲に敷くのに適しています。特徴は、繊維をひとつひとつ織ったものであり、ホームセンターなどでよく見られるシートが、この「織布タイプ」でしょう。

 

繊維を織りこんでいるため、ひっぱり強度が強く、それでいてコスパ力が高いとあっては、選ばない理由はありません。とにかく広い範囲にお手頃価格で防草シートを張りたいのであれば「織布タイプ」で探してみてください。

手入れが面倒な方には「人工芝やタイル」がおすすめ

「人工芝やタイル」タイプの防草シートは、おしゃれさと防草シートの機能を代用している点が魅力的でしょう。自宅の敷地入口から玄関までのアプローチとしても活用でき、殺風景な庭が一気に華やぎます。

 

庭の一部に人工芝を敷くだけで雑草対策になるうえ、季節を問わずに、色鮮やか・爽やかな空間がぐっと広がるでしょう。人工芝タイプもタイルタイプも、敷きたい場所のゴミや石を取り除き、平らにしたらあとは敷くだけの簡単さが人気です。

 

また、持ち運びもラクチンで、それほど力が必要ないため、女性でも簡単に取り扱うことができるでしょう。

遮光性の高さで選ぶ

「高い遮光性タイプ」の防草シートは、しっかり日光を遮ることで雑草の育ちを抑えることができます。もちろん、完全にシャットアウトすることは難しいですが、できるだけ太陽の光を遮って、光合成を抑える点ではおすすめポイントでしょう。

 

数多くある中から「遮光性の高い」防草シートを見つけるには、厚さがあるもの・フィルムの色が黒いもの・織り目が細かいものがよいです。遮光性の高いものを選ぶことで、雑草処理の手間から解放されるでしょう。

水はけの良さで選ぶ

防草シートを選ぶときは、水はけのよさも大事な要素でしょう。せっかく防草シートを敷いて雑草が生えなくなってきても、雨水などが溜まってしまうと、虫が湧いたり異臭を放つことも考えられます。

 

そのため、防草シートを購入するときは、しっかりと水はけのよいものを選ぶ必要があり、水はけのよさを数値で表示されているものもあるため、必ずチェックしてください。また、新品の場合は出荷工場の油がついていて水はけが悪いこともあり、注意が必要です。

サイズで選ぶ

防草シートを購入するときはサイズ選びも大事であり、市販されているタイプの横幅はたいていは1メートルであるため、縦の長さに着目します。ミニ花壇・広範囲など、敷く場所に応じて防草シートのサイズを検討してみましょう。

1坪のミニ花壇なら「10メートル」程度のもの

3平方メートルほどのミニ花壇に利用するのであれば、1×10メートルの防草シートで十分でしょう。多めに購入したのであれば二重にするとより一層、日光をシャットアウトすることができます。

 

室内用のプランター・観葉植物の場合は、ハサミ・カッターで小さくカットすれば、適したサイズで使えるでしょう。製品によりますが、年の経過で劣化することを考えると多めに購入しておいたほうがよいですが、置き場所に困るほどストックしておく必要はありません。

広範囲には「50メートル以上」のもの

防草シートを広い範囲で使うのであれば、50メートルのロールタイプがおすすめです。家庭菜園・土手・田のあぜ道など、広い範囲で使う場合はあらかじめ面積を確認しておいて、余裕をもったサイズで選びましょう。

 

横幅が1メートルのものが一般的であり、使いたい場所の縦横の長さをチェックしておけば、あとは長さに適したサイズの防草シートを買うだけです。そのとき、どれくらいの耐久年数なのかも確認しておいて、数年単位で購入するとリーズナブルでしょう。

厚さで選ぶ

商品によって、防草シートの厚さは異なり、繊維が太くてしっかりと編みこまれたタイプで選ぶと激しい雨水などでも破れず長く使えるでしょう。そこで、厚手のもの・2枚重ねに観点を当てて、防草シートを探してみてください。

厚手のものを探しているなら「厚さ1ミリ以上」がおすすめ

厚手の防草シートを探している場合は「厚さ1ミリ以上」がおすすめです。公共工事などで使われているタイプも厚さ1ミリ以上で指定されていることが多く、高品質な繊維、かつしっかりと編みこまれたタイプだと破れません。

 

厚みがあると水はけが気になる人も多いですが、素材や編みこみの仕方によって対応できるタイプもあります。耐久性と水はけなど機能性においてこだわると、交換をする回数を減らすことができて便利です。

 

黒くて厚みのある防草シートを選ぶことで、遮光性においても完璧であり、煩わしい雑草取りから解放されます。

遮光率も高く耐候性もある「厚さ2ミリ以上」

遮光率が高く耐候性で選ぶのであれば「厚さ2ミリ以上」の防草シートがよいでしょう。2枚重ねで価格を抑えているものが多く、厚さがある分、価格も高くなるものの、強度など品質で選ぶのであればおすすめでしょう。

 

太い繊維で多層に絡みあっており、高い遮光性と耐候性が期待できるとあって多くの人が愛用しています。摩擦による劣化も少なく、耐用年数が長いとあっては、貼り替える手間が省けるでしょう。

 

品質のよさにこだわるのであれば、防草シートの厚みや生地は購入する前にしっかりとチェックしておいてください。

使い方に合わせて色で選ぶ

色んな種類がある防草シートから選ぶのは、そう簡単なことではなく、失敗しないために「色」にこだわってみましょう。「緑色」「茶色」の防草シートの特徴と、どんな場合におすすめなのかチェックしてみてください。

上に何も敷かない場合は「緑色」がおすすめ

うえに何も敷かない場合は「緑色」の防草シートがおすすめです。周りに木や花が多い花壇などがある環境では、緑色は周囲に調和して目立ちにくいため、防草シートが敷いてあるとは分かりづらいでしょう。

 

また、土とも自然に調和して、地面との境目も気にならず、草木と馴染みやすいことから選んで正解です。たとえば天然石マット・人工芝など、グリーンであればどんな庭にも自然にマッチしやすく、黒やブラウン系よりも庭が明るくなるでしょう。

砂利と一緒に使うなら「茶色」が目立ちにくい

砂利と一緒に使うのであれば「茶色」の防草シートが目立ちにくいため、おすすめです。土の色と同じブラウンの防草シートは、地面の色とマッチして遠目でみると防草シートが張られていることに気づかないかもしれません。

 

たとえば、花壇の花がカラフルなときは、防草シートの色をできるだけ目立たなくさせることがポイントです。ブラウン系の防草シートを選べば、黒よりも自然に周囲に馴染んでキレイな花をより強調させることができるでしょう。

耐用年数をチェック

張り替えが面倒であれば、耐用年数にこだわって防草シートを選ぶことも大事です。防草シートの耐久性は、シートの厚さや素材・製法によって左右されるため、それぞれこだわって選ばなければいけません。

 

ポリプロピレンの不織布がもっとも強度が高く、高密度であればより破れにくいですが、永久に劣化しない防草シートはないです。耐久年数は平均して5年前後のため、定期的に点検をして必要に応じて設置し直すことが大事でしょう。

素材で選ぶ

防草シートは、素材によって強度に差が出ます。素材がポリプロピレンの不織布であれば、もっとも強度が高いとされており、繊維密度が高いことから破れにくい・長持ちするといったメリットがあるでしょう。

 

ポリプロピレンのほかにも、ポリエステル・ポリエチレンなどの素材があり、ポリプロピレンと同じようにポリエステルも熱や紫外線に強く耐久性に富んでいます。つまり、より強度にこだわりたいのであれば、2つを組み合わせたタイプがよいでしょう。

DIYを考えている方はピンやテープなど「施工のしやすさ」もチェック

DIYを考えている人は、ピン・テープなど「施行のしやすさ」もチェックしておきましょう。ピンやテープを使うことで、自分一人だけで施行したいと思っている場合でも、割と簡単に設置ができるでしょう。

 

固定ピンによって、強い雨風にも飛ばされることがなく、しっかり防草シートとしての役割は果たします。また、カットする手間を省くために、購入するときからサイズぴったりで選んだり、あまり重くないものを選ぶのも負担が軽減されておすすめです。

値段で選ぶ

防草シートは、5年ごとなど定期的に張り替える必要があるため、値段にもこだわりたいものです。とくに家庭菜園や農業などで広範囲に防草シートを敷く必要がある場合は、性能とともに値段も重視することが大事でしょう。

 

防草シートは価格帯が広く、性能においても幅が広いため、どれがいいのか迷ってしまいますが、基本1×50mのものであれば、3千円から4千円のタイプを選ぶと性能・コスパともにおすすめです。

 

同じサイズで性能・値段を比較しながら選ぶと、失敗が少なく、ムダを省いてしっかり使い切ることができるでしょう。

おすすめメーカー

数ある防草シートの中から選ぶのに迷ってしまったら、おすすめメーカーの商品をチェックしてみましょう。代表的なのが、デュポン(DUPONT)・東レ(TORAY)・カインズ(CAINZ)などのホームセンターで、それぞれのメーカーの特徴や価格帯を紹介します。

デュポン(DUPONT)

デュポン(DUPONT)の防草シートといえば、ザバーンが人気であり、ポリプロピレン・4層スパンボンド不織布を採用している点が特徴的です。太い繊維で強度があり、優れた透水性・耐候性があります。

 

そのため、雨水・液体肥料を通しやすく、色んなシーン・どんな場所でも幅広く活用できるのが魅力的です。気になる価格は1万円台から2・3万円台と割と高いですが、丈夫で耐久性に富んでいることから愛用者が多いのも特徴でしょう。

東レ(TORAY)

東レ(TORAY)の防草シートは、防草を目的として開発されたポリエステル100%の長繊維不織布を使っています。優れた遮光性のほかに、通気性・透水性・耐候性などがあり、丈夫で長い期間のあいだ、しっかりと雑草をシャットアウトします。

 

価格は割とコスパ力に優れている点でも、選んで損はないでしょう。だいたい、幅1m×長さ10mで5千円台で買え、はじめて防草シートを使う人でも不安がなくサッと手が出やすいのが特徴的です。

カインズ(CAINZ)などのホームセンター

カインズ(CAINZ)などのホームセンターで扱っている防草シートは、長さや耐用年数などから、色んな種類を取り扱っているのが特徴です。千円以下で買えるコスパ力の高いタイプや1万円以上のものなど、用途や値段に合わせて選べるでしょう。

 

ホームセンターであれば身近な存在であり、どの地域にもあるため、思い立ったときにサッと行けて購入できるのが魅力的です。花壇などのミニサイズから農業用などの業務用サイズも揃っていて、希望通りのサイズに出会えるでしょう。

防草シートの人気おすすめランキング15選

1位

アストロ

防草シート 0.5×10m グリーン

丈夫で耐久性に富んだ防草シート

防草シート 0.5×10m グリーンは、ポリプロピレン製の厚みがある繊維を多層に絡め、強度を強くしている点が特徴的な防草シートです。耐候剤を練り込んでいることで、より耐久性にこだわっています。

 

また、遮光性も高く、根を張ったしつこい雑草の成長もしっかりと抑制できるとあって、口コミでも人気です。

サイズ 幅0.5m×長さ10m カラー グリーン

口コミを紹介

こちらのシートはしっかりした作りでとても良いです。
草が枯れます。草の上から一度ひいてしまいましたが中の草は死んでます!嬉し〜

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

iimono117 Bandiera

リアル人工芝 U字ピン付き

リアルな芝で効果が望める防草シート

iimono117 リアル人工芝は、敷くだけで簡単に防草シート効果が望める人工芝ロールです。複数の色や形の葉をミックスさせることで、より天然芝に近い状態になり、リアルな芝を楽しみたい人にぴったりでしょう。

 

はさみやカッターで簡単にカットすることができるため、スキマがなくムダがなく使えて便利です。

サイズ 1m×10m カラー 人工芝

口コミを紹介

雑草対策で最終的に行き着いたのがこの商品です。春秋色にしてよりリアルな雰囲気になりました。防草シートとの併用をお勧めします。排水性思ったより良く満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Benefast

BOPBIN 防草シート

UV添加物が施されたおすすめ防草シート

BOPBIN 防草シートは、生地に添加物が施されているのが特徴の防草シートです。耐用年数が5年と通常よりも長いのがポイントであり、こまめに雑草処理や張り替えが面倒だと思っている人にぴったりでしょう。

 

水はけもよく、雨水も通し、弾力性があって砂利の下に敷くことで沈下・変形を防ぐことができておすすめです。

サイズ 1×10m カラー ブラック

口コミを紹介

庭の雑草に悩んで、人工芝の下に敷き詰めました。
しっかりしてる丈夫な生地で、裁断もスムーズにほつれることなく切れました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

コモライフ(Comolife)

雑草が生えないおしゃれな天然石マット

雑草防止シートつき天然石の防草シート

コモライフ 雑草が生えないおしゃれな天然石マットは、雑草防止シートがついた天然石マットでおしゃれなアプローチに変身します。ちょっと北欧風のデザインがおしゃれだと口コミでも話題でしょう。

 

下にシートを敷き、並べるだけと簡単にリフォームが可能で、砂利のようにだんだん少なくなってくることもなく、メンテナンスもラクチンです。

サイズ 30.5×30.5 カラー グリーン系

口コミを紹介

自転車置き場が草がひどいため、購入しました。年ほど使っていますが、ほとんど草が生えて来なくなりました。文句なしの星5ですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

山善(YAMAZEN)

ガーデンマスター 人工芝 ロール PP8A-3512

敷くだけ手軽な防草シート

ガーデンマスター 人工芝 ロール PP8A-3512は、芝の手入れが必要なく、シートを敷くだけの手軽さが人気の防草シートです。芝刈り・水やりなどがまったく必要がないのが魅力であり、メンテナンスが面倒な人にぴったりでしょう。

 

裏には水抜き穴がついており、雨水でぬかるむ心配がなく、害虫発生を抑えることができる点でも選んで正解です。

サイズ 1×20m カラー グリーン

口コミを紹介

ホームセンターで販売されている様な、派手な緑色ではなく、若干のくすみが入っていて、
落ち着きがある風合い色。

出典:https://www.amazon.co.jp

周辺や木々に馴染むおすすめの防草シート

高質防草シートは、グリーンカラーが周辺や木々に馴染む、おすすめの防草シートです。グリーンの中でもモスグリーンを採用しているため、庭の風合いを一段とおしゃれに演出してくれるでしょう。

 

使用状況によりますが、耐用年数は4・5年ほど使用できるため、耐久性においてもそんなに問題がありません。

サイズ 幅1m×長さ50m カラー グリーン

口コミを紹介

価格の安さ、この厚みのシートはこの価格では探せなかった。色がよく施工依頼主から喜ばれました。また機会があれば注文します。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

GARDENIA

改良版 プロも認めた防草シート

遮光率99.9%のおすすめ防草シート

改良版 プロも認めた防草シートは、遮光率が99.9%と高く、農園芸資材専門メーカーによる高精度な織物性防草シートとして注目されています。水を通しやすいエンボス加工でしっかりと雨水を通すため、道路のぬかるみ防止にも効果が期待できるでしょう。

 

防草シートを固定するときに必要なUピン杭・黒丸が10セット付属されており、購入のあとにすぐ作業ができます。

サイズ 1m×10m カラー 濃緑

口コミを紹介

Amazonで他社品を1年前に使ってみたが、ボロボロになってしまい、違うメーカ―品を探していた。この商品は生地が厚くて、今のところ問題なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アイアグリ

デュポンザバーン 防草シート

水はけのよさも定評がある防草シート

デュポンザバーン 防草シートは、繊維がしっかりと絡まる4層構造で丈夫ですが、水はけのよさにも定評がある防草シートです。また、目詰まりがしにくく、ハサミ・カッターなどで簡単にカットできるため、好きなサイズにできます。

 

酸・アルカリなどの耐薬品性にも優れ、劣化することがないことからも長く愛用したい人にぴったりでしょう。

サイズ 2×30m カラー グリーン

口コミを紹介

紫外線に当たらないように上に砂利などを被せると10年くらいもつそうですね。
そのままでトラックで乗っても大丈夫でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

まつうら工業

防草シート(厚手)

厚手で丈夫な防草シート

まつうら工業 防草シート(厚手)は、厚手のシートでとても丈夫な防草シートです。黒色で遮光性にも優れており、憎き雑草処理が面倒で悩んでいる人にぴったりとアイテムだと口コミでも注目されてます。

 

ロールタイプのため、使いたい長さをカットして残りは保存しておけるのが便利であり、価格もお手頃なのではじめての人でも手が出しやすいでしょう。

サイズ 0.5m×20m カラー ブラック

口コミを紹介

家の裏側に使いました。おさえピンも同時に注文したので簡単に敷くことができました。見た目にもきれいな仕上がりとなってよかったです。雨が降ってもほとんど水たまりができません。

出典:https://www.amazon.co.jp

不織布タイプの防草シート

透水防草シートは、空気や水をよく通す不織布タイプの防草シートです。雨水がたまりにくく、ハサミで切ってもほつれにくいのが特徴であり、とても使い勝手がよいため、はじめての人にもおすすめでしょう。

 

夏場は雑草が伸びやすく、面倒な作業が煩わしいと思っている人にとってはまさに快適なアイテムです。

サイズ 1m×10m カラー

口コミを紹介

柔らかくて水はけもよく、施工しやすかったです。畑の畝間の通路に使用してます。他のメーカーの、同価格帯のものと比較して、私は良い製品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ダイオ化成(Daio Kasei)

高密度防草シート

ダイオ化成から販売している高密度防草シート

ダイオ化成 高密度防草シートは、農業資材メーカーの「ダイオ化成」から販売されている高密度防草シートです。シートの遮光性を利用して雑草の生成を抑えることができ、雑草処理にかかるコストを軽減できるでしょう。

 

また、透水性にも優れており、雨が降っても水が地面に吸収されるため、水たまりになったりぬかるんだりすることもありません。

サイズ 1mx50m カラー

口コミを紹介

高価なシートに比べれば確かに薄かったり、浸透性が遅い面はありますが金額で考えれば必要十分です 私は満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

キンボシ(Kinboshi)

ファームガーデン 超強力防草シート

高密度織りで耐久性に富んだ防草シート

ファームガーデン 超強力防草シートは、きめ細かな高密度織りで、さらに厚みをもたせた防草シートです。厚みがあることで防草効果が望め、耐候性・耐久性にも富んでいる点で、口コミでも注目されています。

 

浸透性も確保されており、雨水によるぬかるみ予防にも貢献し、滑りにくいポリプロピレン採用で安心して歩けるでしょう。

サイズ 1m×20m カラー ブラック

口コミを紹介

見るからに丈夫そうな防草シートでした、これなら耐用年数もあるだろうと思います。カットラインもあり使いやすいシートだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

日本マタイ

日本マタイ 超強力防草クロスシート

耐候年数が10年の防草シート

超強力防草クロスシートは、丈夫で耐候年数10年もつのが魅力的な防草シートです。庭周りの道路・非農耕地・空地・法面や工事現場などにおすすめであり、幅広く使えるのが魅力的でしょう。

 

太陽光発電向け・雑草対策に作られた強力な防草シートを探している人は、一度、試してみてください。

サイズ 幅1m×長さ50m カラー ブラック

口コミを紹介

不織布のタイプよりこちらの方が破れる力には強いみたいなので、こちらにしました。
厚みがあってしっかりしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

シンセイ株式会社

シンセイ 濃グリーン 防草シート

ビッグサイズなのにコスパが高い防草シート

シンセイ 濃グリーン 防草シートは、1m×100mのビッグサイズなのにコスパ力が高いのが魅力的な防草シートです。抗菌剤がはいっていることで、カビが生えにくく、透水性もあっておすすめでしょう。

 

また、気になる遮光率は95%で、対応年数も4・5年ほどもつことから、こまめに張り替えしたくない人にぴったりです。

サイズ 1m×100m カラー 濃グリーン

口コミを紹介

期待通りでした〜
機会があれば、ぜひまたリピしたいと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

日本ワイドクロス

防草アグリシートR BW2415

広い敷地に敷きたい人にぴったりの防草シート

日本ワイドクロス 防草アグリシートR BW2415は、農業資材を扱うメーカーの商品で、50cm幅で100m入りなので広い敷地に敷きたい人にぴったりでしょう。シートの面が黒と白のリバーシブルになっているのがおしゃれです。

 

また、横糸に使われている耐候安定剤いりのチタンホワイト糸は、太陽光を反射するため、明るい栽培環境と果実などの色づきを促す働きが期待できます。

サイズ 0.5m×100m カラー ホワイト&ブラック

口コミを紹介

今まではホームセンターで購入したものを使用していましたがシートの布目が歪んでいたりしてカットしにくかったのですが、カットするのも楽ですし生地もしっかりしていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

防草シートの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ カラー
1
アイテムID:5565694の画像
防草シート 0.5×10m グリーン 1,200円

詳細を見る

丈夫で耐久性に富んだ防草シート

幅0.5m×長さ10m グリーン
2
アイテムID:5565942の画像
リアル人工芝 U字ピン付き 8,982円

詳細を見る

リアルな芝で効果が望める防草シート

1m×10m 人工芝
3
アイテムID:5566564の画像
BOPBIN 防草シート 1,480円

詳細を見る

UV添加物が施されたおすすめ防草シート

1×10m ブラック
4
アイテムID:5565904の画像
雑草が生えないおしゃれな天然石マット 3,769円

詳細を見る

雑草防止シートつき天然石の防草シート

30.5×30.5 グリーン系
5
アイテムID:5566380の画像
ガーデンマスター 人工芝 ロール PP8A-3512 3,322円

詳細を見る

敷くだけ手軽な防草シート

1×20m グリーン
6
アイテムID:5565925の画像
高質防草シート 5,080円

詳細を見る

周辺や木々に馴染むおすすめの防草シート

幅1m×長さ50m グリーン
7
アイテムID:5565679の画像
改良版 プロも認めた防草シート 3,080円

詳細を見る

遮光率99.9%のおすすめ防草シート

1m×10m 濃緑
8
アイテムID:5565687の画像
デュポンザバーン 防草シート 24,650円

詳細を見る

水はけのよさも定評がある防草シート

2×30m グリーン
9
アイテムID:5568987の画像
防草シート(厚手) 1,363円

詳細を見る

厚手で丈夫な防草シート

0.5m×20m ブラック
10
アイテムID:5566420の画像
透水防草シート 1,971円

詳細を見る

不織布タイプの防草シート

1m×10m
11
アイテムID:5569007の画像
高密度防草シート 7,030円

詳細を見る

ダイオ化成から販売している高密度防草シート

1mx50m
12
アイテムID:5566580の画像
ファームガーデン 超強力防草シート 6,527円

詳細を見る

高密度織りで耐久性に富んだ防草シート

1m×20m ブラック
13
アイテムID:5566408の画像
日本マタイ 超強力防草クロスシート 12,019円

詳細を見る

耐候年数が10年の防草シート

幅1m×長さ50m ブラック
14
アイテムID:5567733の画像
シンセイ 濃グリーン 防草シート 9,190円

詳細を見る

ビッグサイズなのにコスパが高い防草シート

1m×100m 濃グリーン
15
アイテムID:5566611の画像
防草アグリシートR BW2415 12,111円

詳細を見る

広い敷地に敷きたい人にぴったりの防草シート

0.5m×100m ホワイト&ブラック

防草シートの敷き方・貼り方

せっかく購入した防草シートも、敷き方・貼り方を間違えてしまうとすぐにはがれたりして意味がありません。そこで、防草シートの敷き方の手順・砂利+防草シートの組み合わせのときの敷き方や貼り方について紹介します。

敷き方の手順

防草シートの敷き方は、まず、雑草の処理から始まります。とくに強害雑草の場合はすぐに生えてくるため、しっかりと根っこから処理する必要があり、できるだけ手間を省きたいのであれば雑草が少ない冬場に敷くとよいでしょう。

 

次に地面を平らに整地しますが、平らでないと防草シートと地面の間に隙間が開いてしまい、光・種子が侵入しやすくなるため、平らに整地するのは必須です。ここから隙間なく防草シートを張ってください。

 

シートのつなぎ目は最低10cmは重なるようにし、粘着剤や粘着テープでぴったり貼りつけたら、風でめくれないようにシートピンで固定して完了です。

砂利+防草シートの組み合わせの場合

砂利やバークチップなどと防草シートを組み合わせることで、防草最強コンビに仕上がります。防草シートむき出しの状態よりもおしゃれに魅せることができるため、おすすめポイントでしょう。

 

2分砂利・3分砂利などありますが、1.5cmほどの白砂利であれば、人が歩くにも歩きやすく、砂利の粒に厚みがないため、地面に均しやすいメリットがあります。地面からの厚みは3cmから5cmほどで、隙間から地面が見えないように敷き詰めましょう。

業者に頼む場合の施工費用は?

防草シートの施行を業者に依頼する場合、費用などは各業者によって異なり、面積のみならず土壌条件もプラスされます。工事内容は、除草剤散布・草刈り・整地・残土処理費・防草シート敷き・砂利敷きです。

 

たとえば、ある業者は、除草剤散布は1式1万円・草刈りは1式4千円・整地は32平方メートルは8千円・残土処理費は1式7,500円・防草シート敷き32平方メートル1万6千円・砂利敷きは32平方メートル3万2千円となり、ある程度の目安になるでしょう。

まとめ

今回は、防草シートの選び方や人気おすすめランキング15選、さらに防草シートの敷き方・貼り方や業者に依頼するときの費用について紹介しましたがいかがでしょうか。ガンコな雑草生成を抑える防草シートをうまく活用しておしゃれな庭にしましょう。

「防草シート」は下記の記事で紹介しています。選び方も紹介しているので是非チェックしてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【ベランダや庭に】人工芝の人気おすすめランキング20選

【ベランダや庭に】人工芝の人気おすすめランキング20選

農業資材・ガーデニング用品
【徹底比較!】除湿シートの人気おすすめランキング15選

【徹底比較!】除湿シートの人気おすすめランキング15選

生活雑貨・日用品
【2021年最新版】ジュニアシートの人気おすすめランキング25選【安全なISOFIX式も】

【2021年最新版】ジュニアシートの人気おすすめランキング25選【安全なISOFIX式も】

ベビー・キッズ
【洗車や園芸に最適!】ホースの人気おすすめランキング20選【最強はどれ?】

【洗車や園芸に最適!】ホースの人気おすすめランキング20選【最強はどれ?】

生活雑貨・日用品
【2021年最新版】ヒップシートの人気おすすめランキング15選【何歳まで?いつから使える?】

【2021年最新版】ヒップシートの人気おすすめランキング15選【何歳まで?いつから使える?】

ベビー・キッズ
最強!猫よけの人気おすすめランキング15選【超音波タイプも】

最強!猫よけの人気おすすめランキング15選【超音波タイプも】

生活雑貨・日用品