フライパンの蓋の人気おすすめランキング15選【自立できるタイプも】

毎日のお料理に大活躍のフライパン。そのフライパン蓋には、工夫いっぱいのおすすめの蓋が数多くあります。様々な素材、機能性や収納性、お洒落なデザイン、料理をぐんと快適にし一段と美味しくする、おすすめのフライパン蓋の数々は必見です。お気に入りを是非見つけてみてください。

フライパンの蓋を活用して、料理の幅を広げよう!

普段何気なく使っているフライパン蓋。フライパンとセットの蓋や、並んで売っていた手近な蓋を使っている方が多いかもしれません。中には多少合わなくても事足りるとそのまま使っている場合や、フライパン蓋自体あまり使わない方もいるのではないでしょうか。

 

実は、最近のフライパン蓋は、「ただの蓋」という従来のイメージとは大きく異なるアイデア商品がいっぱいです。料理をもっと美味しくするための機能性と工夫はもちろん、自立式等の収納性にこだわったフライパン蓋も数多くあるのです。

 

そこで今回はフライパン蓋の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。この記事の最後には、フライパン蓋のサイズが合わない時に試したい工夫についてもご紹介しているので必見です。

フライパンの蓋の選び方

フライパン蓋が変わると、毎日の料理とキッチンの使い勝手が大きく変わります。あなたのニーズにぴったりのフライパン蓋を探すときに注目したい、フライパン蓋の選び方のポイントをご紹介します。

サイズで選ぶ

フライパン蓋で重要なのは、何と言ってもフライパンに合うサイズであること。サイズに着目するときに気をつけたいポイントをご紹介します。

「ひとつのサイズ」に対応しているものはぴったりとはまる

うちのフライパンは一つだけという方や、いくつかフライパンがあるけれど、いつも使うフライパンはこれ一つ、という方におすすめしたいのが、家のフライパンのサイズにぴったりのフライパン蓋を選ぶ方法です。

 

まずは、いつも使うフライパンの直径を調べてみましょう。フライパンの取手や側面・裏面にサイズの記載がある場合もあります。記載がなかったり見えなくなったりしている場合は、フライパンの一番上の部分の内径がフライパンのサイズです。

 

フライパン本体も一緒に探している方は、大きめのお肉や魚も入りやすい直径28cmの大きめサイズがおすすめです。お気に入りのフライパンにぴったり合うフライパン蓋があれば、お肉や魚の中まできれいに火が通って美味しさがアップしますよ。

「複数サイズ」に対応できるものなら用途に合わせて使える

サイズの異なる複数のフライパンを使い分けている方には、一つのフライパン蓋で複数のサイズに対応できるタイプのものがおすすめです。それぞれのサイズの蓋を購入する方法ももちろんありますが、一枚何役にもなるフライパン蓋は便利で快適に使えます。

 

実際にフライパン蓋を使っている方なら、料理中、フライパン蓋を外している時の置き場所は特に気になると思います。フライパンごとに蓋があると尚更ですね。置き場所を整えていたとしても、ボリューム感がありすぎると作業スペースが狭くなります。

 

一枚の蓋を複数のフライパンに使えれば、フライパン蓋の利点を得られつつ場所もスッキリ。サイズはお手持ちのフライパンのサイズを確認した上で、直径24cm・26cm・28cmに対応しているものを選ぶと汎用性があります。

タイプで選ぶ

あなたはフライパン蓋にどんな役割を求めますか。その内容によって、ふさわしいタイプの蓋を選ぶ方法があります。

保温効果や乾燥防止には「スタンダードな鍋蓋」

フライパン蓋をすることで保湿や乾燥を防ぎたい、または蒸し料理をしたいという方は多いと思います。そんな方におすすめなのが、スタンダードなタイプの蓋です。蒸気をフライパン内にできる限りキープしておく役割を果たします。

 

フライパン蓋により水蒸気と熱をできるだけ逃がさないようにすることで、加熱効率がアップし、食材への火の通りが良くなるだけでなく、沸騰までの時間も早くなります。肉や魚には中までしっかり火が通り、みずみずしい美味しさが楽しめます。

 

つまり、料理の質と味がアップするだけでなく、時短にもなり、加熱のためのガスや電気を節約することにもなるのです。フライパン蓋がエコにもつながるのは、ちょっと意外で面白いのではないでしょうか。

煮崩れを防ぐことができる「落し蓋」

落とし蓋はフライパンや鍋の中に入れ込むタイプの蓋で、食材に直接被せます。フライパンや鍋よりひとまわり小さいので、蓋という感じがしないかもしれませんが、落とし蓋ならではの効果で料理をぐんと美味しくすることができます。

 

具体的には、落とし蓋を使うことにより煮物の煮崩れを予防したり、食材に味が染みやすくなります。まさに、ひと手間かけた味わい深さが出るのが落とし蓋のいいところなのですね。

 

落とし蓋はクッキングシート等で代用する方も多いですが、落とし蓋として作られた製品を使うことで適度な重さがかかり、より落とし蓋の効果がアップします。そしてもちろん、繰り返し使えるのがエコでいいですね。

材質で選ぶ

フライパン蓋はその素材の材質によって大きく使い勝手が変わります。注目するポイントは、重さのお手入れのしやすさです。

中身が見えて便利な「ガラス製」

フライパン蓋を取らなくても中身が見えるガラス蓋は最近のフライパン蓋のトレンドでもある人気の材質です。蓋を開けて確認して熱が逃げるということがなく、蓋を開ける手間自体を減らせるのでおすすめです。

 

もちろん、蒸気で曇って見えないということはどうしてもあり得ます。このことについては、ガラス部のカーブや蒸気穴などで曇りを軽減しているフライパン蓋があるので、口コミをよく見てから選ぶのがおすすめです。

 

もう一つのポイントはガラスであるがゆえの重さです。中身をみたいけれど重いのは気になるという方は、ガラス窓があって他の素材で取り囲んであるタイプが軽くなっておすすめです。

軽量でリーズナブルな「アルミ製」

アルミ製のフライパン蓋のポイントはなんといってもその軽さです。料理中に手軽に開け閉めできる軽さは、毎日使うものだからこそ嬉しいものですね。そして、軽いだけでなく、リーズナブルな価格も嬉しいポイントの一つです。

 

また、ガラス等と違い、落としても割れることがありません。何かとバタバタすることも多いキッチンでうっかり当たってしまったり、火傷してはじいて落としてしまっても安心です。

 

一点気をつけたいのは、油なじみが悪い性質のために焦げてしまう場合があることです。お手入れのしやすさも含めて、汚れがつきにくく取れやすい表面のコーティングがなされている製品もあるので比較検討してみてください。

お手入れ簡単で錆びにくい「ステンレス製」

続いてはキッチン用品としてなじみが深いステンレス製です。ステンレスのメリットとしてまず挙げられるのは錆びにくさです。ちなみにステンレスはステイン(錆)+レス(ない)という語源の言葉です。

 

ステンレスには酸性やアルカリ性に強い性質なので、酸性・アルカリ性の料理を入れていても大丈夫です。また、落としても割れることはなく、丈夫で比較的軽いことも重要ポイントです。

 

また、汚れのつきにくさ・落としやすさの面でも優れていて、お手入れが簡単にできます。製品によってはさらにお手入れしやすくなるコーティングがされているものもありますので、チェックしてみてくださいね。

揚げ物には耐久性の強い「鉄製」

高熱調理に強いのは何と言っても鉄製のフライパン蓋です。熱だけでなく油にも強いので、揚げ物をよくする場合や油を使う料理をよくする場合には鉄製のフライパン蓋を持っておくと便利です。

 

ステンレスと違って錆びやすいのかな、と思うかもしれませんが、適切なお手入れをしていれば大丈夫です。お手入れのポイントは、料理をした後すぐに行うこと。早めに汚れをとっておけば、きれいな状態がキープできます。

 

熱にも油にも強く傷みにくい、丈夫な鉄製のフライパン蓋は、ひとつ持っておくと長く使える頼れる存在です。ガラス窓付きの鉄製フライパン蓋や、コーティングがされたタイプもありますので、ニーズに合わせて選んでみてください。

扱いやすく、おしゃれな「シリコン製」

シリコン製のフライパン蓋は、熱に強くて柔らかく、お手入れも簡単です。ベーシックなフライパン蓋として使うことはもちろん、落とし蓋にも人気の素材です。また、カラフルにキッチンを彩ってくれるのも魅力です。

 

さらに、同じ蓋を電子レンジ加熱時の蓋に使ったり、配膳後食べるまでのカバーに使ったりすることもできます。フライパンをそのまま食卓に置いて食べるタイプを使っている場合等、フライパン蓋がそのまま保温に使えてラップ代わりにもできるので便利ですね、

 

食洗機で洗ったり、折り曲げる・重ねることがやりやすく収納に便利なことも大切なポイントです。マルチに活躍できるシリコン製の蓋はひとつ持っておくと何かと便利で、料理のレパートリーを増やすのにも一役かってくれます。

機能で選ぶ

続いては、フライパンのもつ機能で選ぶ方法です。特に注目するポイントとなるのが、収納のしやすさとお手入れのしやすさです。あなたのこだわりたいポイントはどこですか。

立てたままの収納に便利な「自立するタイプ」

フライパン蓋において、いまや常識となりつつあるのが自立式のタイプです。フライパン蓋のツマミ部分がハンドルタイプになり、ハンドルがスタンドになっているものが主流になっています。

 

置き場所には何かと困ることも多いフライパン蓋。自立して置いておけると、場所を取らず便利で衛生的ですね。各社から自立式タイプが出ているので、あなたのフライパンに合うものがきっとあるはずです。

 

同じ自立式といえども、それぞれ少しずつ違った形状のスタンドになっていて、また蓋本体の素材や重さも異なるため、置いた時の安定感や角度等、使い勝手は様々です。口コミを見て、お好みのものを探してみてください。

省スペースでの収納には「取っ手が折りたためるタイプ」

従来のフライパン蓋や鍋蓋は、厚みも様々、しかもつまみ・取っ手が出っ張っていて、重ねて収納することが難しいものですね。ガタガタして安定性も悪く、蓋をしまっているあたりだけキッチン棚の収納効率が悪いこともよくあることです。

 

しかし最近では、このつまみ・取っ手の部分を改良して、折りたたみ式にしてあるタイプのフライパン蓋が人気です。先ほどご紹介した自立式でも、スタンドが折りたためて省スペースで収納できるタイプもあります。

 

取っ手部分だけでなく、本体も重ねやすいよう平らなタイプのものが増えてきている傾向にあります。取っ手の折りたたみ機能にこだわりたい方は、フライパン蓋全体の形状も見ながら選定することをおすすめします。

インテリアにもなる「フックにかけられるタイプ」

先ほどはフライパン蓋を重ねて収納するのに便利な折りたたみの取っ手をご紹介しましたが、こちらは見せる収納として壁掛けにできるタイプです。フックにかけられる金具がフライパン蓋に付いているタイプは、使用後サッと壁にかけておけて便利です。

 

きれいなデザインのフライパン蓋ならば、キッチンをおしゃれに見せてくれるアイテムとして、インテリア要素にもなります。キッチン用具が壁掛けできれいに並んでいる様子はスタイリッシュで、美味しい食卓を演出してくれますね。

 

壁掛けタイプで気をつけたいのが、フライパン本体の重さに耐えられる安定感と、フック自体を設置する環境・状況との兼ね合いです。フック対応でも、かけておくのが危険、落ちて割れそう、ということのないように口コミと環境をチェックしましょう。

蒸気穴など「便利機能つきタイプ」は料理を効率的にできる

数あるフライパン蓋には、各社の工夫がいっぱいで、ちょっとした工夫で使い勝手が大きく変わります。一見似たものに感じるフライパン蓋も、詳しく見ていくと実は奥が深く面白いので、せっかく買うならしっかり比較検討するのがおすすめです。

 

特に注目の機能は、ガラス窓があるタイプのフライパン蓋の蒸気口です。フライパン内の蒸気を程よく逃す穴ですが、フライパンの中身をガラス越しに覗く時、蒸気で曇るのを軽減する働きもしています。

 

他には、蓋をしめたまま水をさせるタイプや、菜箸・フライ返し等をおける機能が付いたフライパン蓋もあり、そのアイデアで日々の料理がぐんと快適になることがあります。あなたに合ったアイデア商品を是非見つけてみてください。

「ドーム型」や「傾斜があるもの」は曇りにくい

先ほど蒸気口の時にも触れましたが、ガラス製のフライパン蓋において、蒸気のくもりによって中身が見えなくなる場合があります。蒸気口はその解決手段の一つですが、もう一つの手段として、蒸気が停滞しない蓋の構造があります。

 

具体的には、蓋部分に傾斜があったり、ドーム型になっているタイプは、溜まった蒸気が水滴となって流れやすいので、蒸気で曇る状態が軽減されます。中身の見えやすさを重視したい方は、蒸気口とあわせて蓋の角度も注意してみてください。

 

フライパン内に蒸気を貯めておく以上、ガラス部分が曇ることはある程度は避けられないことですが、製品の工夫により、見えやすいフライパン蓋もあります。曇りやすさは口コミでわかる部分もありますので、チェックしてから買うことをおすすめします。

お手入れが簡単な「コーティング加工」

フライパン蓋を長持ちさせるにはお手入れが大切。とはいえ、毎日の食事の後片付けに、調理器具のケアまで考えるとなかなか大変で、日々に追われる中で続けていくのは簡単なことではありません。

 

そんなとき、耐久性を高めてお手入れしやすくしてくれるコーティングがなされているタイプのフライパン蓋が便利です。先ほどフライパン蓋の材質についてお話しましたが、それらの弱い部分を補完して便利に使えるようにしてくれるコーティングもあります。

 

具体的には、フッ素樹脂膜やシリコン樹脂膜のコーティングによって、汚れがつきにくく、落としやすくなります。簡単にできるお手入れだからこそきれいをキープできることもあるので、購入の際には注目してみてください。

耐熱温度で選ぶ

熱に強い前提で考えられているフライパン蓋ですが、購入の際にはきちんと耐熱温度をチェックしてから購入しましょう。特に、シリコン素材が使われているフライパン蓋は100℃以下で利用することが原則です。商品の記載を確認しましょう。

 

また、製品の耐熱温度だけで一概に言えないのがガラス蓋における急激な温度変化です。あまり急な温度の上下があるとガラスが割れてしまう場合があり危険です。強化ガラスではあっても耐熱ガラスではない、というガラス蓋も多いので、十分に注意しましょう。

 

あなたがフライパンで料理する調理方法とその頻度、フライパン蓋を何に使いたいかをイメージしておくことで、よりふさわしいフライパン蓋が見つかります。それに応じて耐熱温度もしっかりチェックしておきましょう。

価格で選ぶ

フライパン蓋は欲しいけれどできるだけ安いものを選びたいという方は多いと思います。お手頃価格で選ぶ方法も、フライパン蓋の選び方としては賢い方法でしょう。ここでキーワードとなるのは材質と口コミです。

 

材質としては、アルミニウム製やガラス製のベーシックなフライパン蓋が需要も供給も多く、安い値段帯のものが多いと言えます。機能的なものや、自立式等アイデア商品はどうしても相場より高価になる傾向があります。

 

安くても良質なフライパン蓋を探すには、口コミでコスパが良いと書かれているのを見るのが一番でしょう。そして同時に、不良品や不具合等の口コミがないかもチェックしておくことで、安心してお得なフライパン蓋が買えるはずです。

メーカーや買えるお店で選ぶ

信頼のおけるお店や手持ちのフライパンに合わせたメーカーでフライパン蓋を選ぶ方法もあります。チェックしておきたいメーカーやお店をご紹介します。

T-fal(ティファール)

電気ケトルや圧力鍋等の調理器具を私たちの生活においてぐんと親しみやすいものにしたメーカーといえばティファールではないでしょうか。ティファールの製品による影響でキッチンにおけるスタンダードは大きく変わったといっても過言ではありません。

 

ティファールはフライパンにおいても驚きのアイデア商品を提示しています。すっかりお馴染みの、取っ手が取れるフライパンシリーズです。収納をより便利にしたことはもちろん、そのまま食卓に出せるお皿代わりとしても活用できるようになりました。

 

そんなティファールのフライパン蓋は、折りたたみ式の取っ手や自立式のもの等、アイデア商品がたくさんあります。ティファールのフライパンを使っている方はもちろん、そうでない方にも是非試して欲しいフライパン蓋が多くおすすめです。

ニトリ

ホームファッションやインテリアに強いニトリは、食器や調理器具の品揃えが実に多彩で豊富です。ベーシックなものからアイデア商品まで様々な商品展開があります。フライパン蓋も数多く取り揃えており、コスパよく買えるのでチェックしておきましょう。

 

最近人気の自立式のタイプのフライパン蓋も、ベーシックなタイプのフライパン蓋もあり、素材やサイズ等も幅広く取り揃えられています。もちろん、ニトリのフライパンに合う専用蓋もラインナップされています。

 

おすすめは、インターネットで商品ラインナップを把握しておいて、気になる商品を実際の店舗で比べてみる方法です。自立式で1000円程度、ベーシックな蓋なら500〜600円で購入できるので、良いものがお安く見つかるかもしれません。

100均(ダイソー・セリア)

あなたのお家にも、実は100均で買ってずっと使っているという調理器具が一つはあるのではないでしょうか。100均の日用品は実に優秀で、信じられないほどのコスパの良い商品も数多くあります

 

もちろんフライパン蓋も、まずは100均で探すという方法も賢い方法です。シリコンやアルミニウム等、軽くて扱いやすいものを中心に様々なラインナップがあり、厳密には100円でなく数百円するグレードアップした商品もおすすめです。

 

100均の商品は実際に使ってみたユーザーのブログやレビュー記事が数多くありますので、それらをチェックしてから買うとよりイメージが湧きやすいでしょう。賢く良品を買うにはおすすめの方法です。

フライパンの蓋の人気おすすめランキング15選

1位

ティファール(T-fal)

蓋 インジニオ・ネオ

折り畳める取手が収納に便利で見やすさ・密閉性も抜群

ティファールの代名詞とも言える、取っ手が取れるフライパンに対応したフライパン蓋で、1番の特徴は、バタフライ型の折り畳めるつまみです。平たい蓋にそってつまみも平らに折り畳めるので収納力が抜群です。

 

ガラス部分から中身の状態が見え、周りのシリコン部分がフライパンに密着して熱を逃がさず、シリコンのおかげで置く時に大きな音がしないことも好評です。ティファールのフライパンを持っていない方にもおすすめの便利なフライパン蓋です。

素材 ガラス・シリコン サイズ(cm) 16・18・20・22・24・26・28

口コミを紹介

シンプルな作りで、バタフライ式のつまみのため収納が楽。また、湯気も適度に抜けるようにつくられているので、吹きこぼれもほとんどなくて重宝します。また、シンプルというところから、洗いも簡単なのでおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

サーモス(THERMOS)

折りたたみスタンド式フライパンフタ

自立式でスタンドが折り畳める複数サイズ対応の蓋

フライパン蓋を立てた状態で置けるスタンドのついた、サーモスの自立式のフライパン蓋です。スタンドは折りたたみ式で、収納時にはコンパクトになり、蓋のハンドルとしても使えるので開け閉めの際につかみやすくなっています。

 

フライパンはサイズの異なる2タイプの展開で、それぞれ20・24cm対応、26・28cm対応の複数サイズに対応しているのも便利です。密閉性や、フッ素樹脂膜加工によるお手入れのしやすさも好評です。

素材 フッ素樹脂膜加工アルミニウム・ガラス サイズ(cm) 20・24対応/26・28対応

口コミを紹介

これは絶対買いだと思います。軽く、20.24のフライパン鍋にピッタリと隙間もなく湯気なとの垂れない様配慮されていて使いやすいです。取手部分も平らに出来たりするので、使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

和平フレイズ(Wahei freiz)

折りたたみスタンド式ハンドル兼用パンカバー リーンズ

折りたたみスタンドと幅広いサイズ対応が魅力のフライパン蓋

機能性とリーズナブルさが魅力の折りたたみスタンド式フライパン蓋で、ハンドルが折りたためて収納性も抜群です。大きさによって2タイプがあり、20〜27cm対応・26〜30cm対応の2サイズ展開です。

 

一つのフライパン蓋で幅広い直径のフライパンに対応するので、このフライパン蓋があるとマルチに使えて非常に便利です。ガラス部分が小さめではありますが、その分非常に軽いことが特徴で、その軽さゆえ扱いやすく安定して自立できるので安心です。

素材 アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)・強化ガラス サイズ(cm) 20〜27対応/26〜30対応

口コミを紹介

料理って毎日やるからこそ極力細かなストレスを減らしたいですよね。こちらの蓋は縦置きできるのでサッと置けてとても助かります。グラグラ不安定ということもありません。
軽くて持ちやすく、取っ手も折りたためるので非常に優秀な子です。買って良かった~。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

パール金属(PEARL METAL)

グルメクック H-7899

幅広いサイズに対応する自立式フライパン蓋

パール金属の自立式フライパン蓋で、ガラス部分が大きく中身が見えやすいことが特徴です。垂直に近い角度で自立するので置いても場所を取らず衛生的で、スタンドがそのままハンドルとなるのでしっかりと握ることができます。

 

一つの蓋で24〜28cmのフライパンに対応し、フライパンだけでなく鍋にもこれ一つで使いまわしているという口コミも多数です。ガラス部分の中身が見えやすいので、料理の効率も上がります。

素材 鉄(フッ素・シリコン樹脂加工)・全面物理強化ガラス サイズ(cm) 24〜28対応

口コミを紹介

餃子やハンバーグを焼くときに重宝しています。
窓が付いていること、取っ手を立てることができることが思ったよりも便利でびっくりしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

アルミニウムだから軽くて自立しやすくサイズ対応が豊富

アルミニウム製だからこその軽さが特徴の自立式フライパン蓋で、既存品に比べて20%の軽量化がなされています。シリコンポリエステル樹脂加工がされているので、汚れを落としやすくお手入れが簡単です。

 

このフライパン蓋一つで24〜30cmのフライパンに対応でき、大小様々なフライパンに合いますが、フライパン蓋自体のサイズは大きく感じる方が多いようです。ティファールのフライパンを持っている方はもちろん、そうでない方にも便利な商品です。

素材 アルミニウム(シリコンポリエステル樹脂加工)・ガラス サイズ(cm) 24〜30対応

口コミを紹介

ティファールのフライパンセットを使ってますので、これをふたにしてます。取っ手を取れば、密着します。自立するので、外したあとも楽。熱いうちに洗えば、かんたんに汚れも取れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

パール金属(PEARL METAL)

LOOK LIFE 強化ガラス蓋

サイズの種類が多く蒸気口の有無が選べる強化ガラス蓋

シンプルながらも使いやすい強化ガラス製のフライパン蓋で、直径14cmから大きいサイズの32cmまで多様なサイズの商品展開が魅力です。蒸気口有りと蒸気口なしのタイプがお好みで選べます

 

ガラス越しに中身を見たい方は蒸気口あり、加熱効率を上げたいなら蒸気口なしのタイプがおすすめです。コスパが良いベーシックなガラス蓋として好評ですが、全面ガラス製なので急激な温度変化には注意が必要です。

素材 全面強化ガラス サイズ(cm) 14・16・18・20・22・24・26・28・30・32

口コミを紹介

主に、オムレツ(スペイン風?)を作るのに使います。蒸し焼きにできるので、途中でひっくり返さなくても卵がちゃんと固まってくれます。お弁当のメインをオムレツにしたい時には助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

パール金属(PEARL METAL)

フライパンカバー オイルパートナー

中身がよく見える大きなガラス部分と複数サイズ対応の便利さを両立

中身がよく見えるガラス部分の大きなフライパン蓋です。ガラス蓋の良いところを最大限に活かしつつも、複数サイズのフライパンに対応する機能的なフチが便利です。サイズは3種類あり、16〜21cm、24〜28cm、26〜30cmがあります。

 

壁掛けフック等に掛けておける金具がついていて、蓋本体は場所を取らない平らな形状になっています。ガラス部分が大きく重いので、フックはご利用の環境に応じて安全にご使用ください。

素材 アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)・強化ガラス サイズ(cm) 16〜21対応/24〜28対応/26〜30対応

口コミを紹介

ガラス部分がとても広く、中がよく見えます。おかげで重めですが、使い勝手はかえって良い感じがします。購入前は気づかなかったのですが、曲面ガラスって美しいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ナガオ(Nagao)

燕三条 落とし蓋でR

燕三条の鉄器技術が光る落とし蓋のベストセラー

続いては落とし蓋の中で根強い人気を誇るベストセラー商品で、日本一の金物の町・新潟県燕三条の技術がきらりと光る逸品です。直径14cmから23cmまでのフリーサイズで、使っているフライパンや鍋に合わせて自由自在にサイズを変えることができます

 

サイズを調節するときの動きがなめらかでやりやすく、しっかりした作りと程よい重みで食材にしっかり味が通り、料理の質が上がります。今まで専用の落とし蓋を使っていなかった人にもおすすめの使いやすさです。

素材 ステンレス サイズ(cm) 14〜23フリーサイズ

口コミを紹介

大きさが変えられる所がとてもいいです。
ちょっと使うだけで、味が染み込みやすくなって、美味しくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

マーナ(Marna)

ブタの落としぶた

デザインの可愛さでキッチンを楽しくしてくれるシリコン製落とし蓋

可愛いブタさんのデザインが印象的なシリコン素材の落とし蓋です。キッチンが楽しくなるデザインだけでなく、もちろん品質も安心で、シリコーンゴム製でしっかりしているのに軽く、お手入れもしやすくて使いやすいと評判です。

 

ピンクの他にもホワイトがあり、3サイズで展開しています。さらに、ブタさんシリーズでマグカップのふたや電子レンジ加熱用の蓋もあるので、気に入ったあなたはシリーズで揃えてみてはいかがでしょうか。

素材 シリコーンゴム サイズ(cm) 13.5・17.5・21.5

口コミを紹介

とても便利です。
鼻の穴に菜箸を引っ掛けて取るそうですが、耳を素手でつかんで中の様子を見ることもできます。料理のレパートリー拡大!!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

和平フレイズ(Wahei freiz)

ガラス蓋 プレシャス

コスパ抜群で中身の見えやすさとガタつかない重量感が人気

シンプルな蓋をリーズナブルに買いたいあなたにぴったりで、お手軽な値段ながらも良品だと人気で売れ筋商品ランキングの定番になっています。特に好評なのが全面強化ガラスの素材感で、重量感があるのでガタガタしにくく安定性が高いと評判です。

 

また、蒸気口がしっかりしていて中身が見えやすいことも特徴で、同社のフライパンだけでなく他社製に合わせる人も多い傾向があります。表記型番サイズより実サイズが少し大きいので、詳細欄のサイズを確認して購入することをおすすめします。

素材 全面物理強化ガラス サイズ(cm) 14・16・18・20・22・24・26・28

口コミを紹介

良かった点としては
中身が見えるので料理の進み具合が確認できる・ガラスが分厚いのでガタつかない・蒸気穴が丁度良い具合に水分を逃してくれる・料理に火が通りやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ベストコ(Bestco)

ベストコ クックエポ 強化ガラス蓋

菜箸等が置けるつまみが便利でサイズ展開の多い強化ガラス蓋

シンプルなガラス蓋ながらもアイデアの光る商品です。注目してほしいのはつまみの部分で、つまみに少しだけ凹んだ溝があって、ここに菜箸やお玉、フライ返し等を置くことができ、作業スペースの邪魔になることもありません。

 

このつまみが大きめに作られているので、裏返して置く時も傾かず、水滴が垂れにくいのもポイント。蒸気穴もしっかりしていて中身がよく見えます。ちょっとしたアイデアで使い勝手がぐんと良くなるものですね。

素材 全面物理強化ガラス サイズ(cm) 14・16・18・20・22・24・26・28・30・32

口コミを紹介

強化ガラス、蒸気抜きの穴、フライ返しなどを置ける大き目の取っ手、以上の機能を考えるとコスパが非常によいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

和平フレイズ(Wahei freiz)

スタンド式ハイドームパンカバー リーンズ

高さのある自立式フライパン蓋で料理のレパートリーがぐんと広がる

フライパン蓋を探す上で料理のレパートリーや質の向上を重視する人や、フライパン蓋をもうひとつ追加したい人に特におすすめなのがハイドーム型のパンカバー。料理好きなら持っておきたい、機能性の高いフライパン蓋です。

 

口コミを見ているとこのフライパン蓋で様々な調理法を試す人が多く見受けられます。例えば、簡易オーブンのようにローストしたり、無水調理、蒸し物、お好み焼き、燻製まで…高さがあるからこその使い方ができるので、料理のレパートリーが増やせます。

素材 鉄(フッ素樹脂加工)・強化ガラス サイズ(cm) 26

口コミを紹介

使い方しだいでフライパンがオーブンになる!大きくて多少重いけど、密閉性は抜群でした。熱対流を利用して深型のフライパンと網を使えば、ローストビーフやローストポークが手軽に作れます。それと厚みのあるパンケーキを焼くときもしっかりと加熱が出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ヨシカワ(Yoshikawa)

ヨシカワ 栗原はるみ フライパンカバー

栗原はるみコラボの使い勝手抜群な自立式フライパンカバー

長く使える良いものを探したいあなたにおすすめしたいのが、このステンレス製の自立式フライパン蓋です。料理研究家・栗原はるみさんのプロデュースで、品質も使い勝手も抜群、ステンレスでお手入れがしやすく、塗装の取れる心配もありません。

 

少し高めの値段ではありますが、丈夫で安定感のある作りで使いやすく、自立式で置き場所も便利なので、買ってよかった、もっと早く買っておきたかったという声が多い商品です。長く使える良品は長い目で見るとかえってコスパが良くなるかもしれません。

素材 ステンレス サイズ(cm) 16〜18対応/18〜22対応/24〜26対応/26〜30対応

口コミを紹介

お値段がネックでしたが、もっと早く購入すれば良かった。
ステンレスで頑丈、緩みガタツキなし。
素材感やデザインも、気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels)

ツイン スペシャル ガラス蓋

フライパンとセットで買いたくなる人が多い良品でデザインもおしゃれ

スタイリッシュな見た目と品質の良さが両立した強化ガラス製のフライパン蓋です。この商品は、同社のフライパンを使っていて良かったから揃えたくなったという口コミが多く、使ってみるとフライパン蓋もとても良い品物だと満足度が高いと評判です。

 

ツマミ部分がしっかりしていて置くときに安定性があり、全面ガラスなので中身がよく見えるのもポイントです。スタイリッシュでスッキリしたデザインのキッチンに華を添えるフライパン蓋、あなたのお家にもいかがですか。

素材 全面物理強化ガラス・ステンレス サイズ(cm) 16・20・24・26・28

口コミを紹介

しっかりした品質です。
掴みの部分が平らなので、裏返して置くことがてきて使いやすい。重いけれど、使ううちに気にならなくなった。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

和平フレイズ(Wahei freiz)

ひと目でわかるパンカバー

美味しい餃子が焼けると評判の赤くておしゃれなフライパン蓋

ここまで、いろんなフライパン蓋があってどれも魅力的に感じるけれどイマイチ自分にとって決め手がないというあなたにご提案、口コミで美味しい餃子が焼けると評判のフライパン蓋はいかがでしょうか。シリーズのフライパンと合わせるとさらに美味しく焼けます。

 

餃子の羽がパリパリにうまく焼き上がったり、お好み焼きがふんわりしたり、フライパン全体にうまく熱がまわるのに役立つ良質のフライパン蓋だからこそのおいしさが楽しめます。赤いおしゃれなデザインも素敵な、おすすめのフライパン蓋です。

素材 鉄(内面:ふっ素樹脂加工、外面:焼付塗装)・全面物理強化ガラス サイズ(cm) 22・24・26兼用

口コミを紹介

最近のホームセンターは、立てて置ける蓋ばかりで、我が家には不向き。引っかけるものが付いてるのを探してやっと見つけたのがこちらの商品でした。その上、蓋をしてもガラス付きなので、料理の具合も見られる。洗いやすいし軽いし、フック付きで重宝しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

フライパンの蓋の比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 サイズ(cm)
1
アイテムID:5563117の画像
蓋 インジニオ・ネオ 2,518円

詳細を見る

折り畳める取手が収納に便利で見やすさ・密閉性も抜群

ガラス・シリコン 16・18・20・22・24・26・28
2
アイテムID:5563139の画像
折りたたみスタンド式フライパンフタ 1,980円

詳細を見る

自立式でスタンドが折り畳める複数サイズ対応の蓋

フッ素樹脂膜加工アルミニウム・ガラス 20・24対応/26・28対応
3
アイテムID:5564567の画像
折りたたみスタンド式ハンドル兼用パンカバー リーンズ 1,848円

詳細を見る

折りたたみスタンドと幅広いサイズ対応が魅力のフライパン蓋

アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)・強化ガラス 20〜27対応/26〜30対応
4
アイテムID:5563421の画像
グルメクック H-7899 740円

詳細を見る

幅広いサイズに対応する自立式フライパン蓋

鉄(フッ素・シリコン樹脂加工)・全面物理強化ガラス 24〜28対応
5
アイテムID:5565235の画像
K09996 1,927円

詳細を見る

アルミニウムだから軽くて自立しやすくサイズ対応が豊富

アルミニウム(シリコンポリエステル樹脂加工)・ガラス 24〜30対応
6
アイテムID:5565277の画像
LOOK LIFE 強化ガラス蓋 847円

詳細を見る

サイズの種類が多く蒸気口の有無が選べる強化ガラス蓋

全面強化ガラス 14・16・18・20・22・24・26・28・30・32
7
アイテムID:5565295の画像
フライパンカバー オイルパートナー 710円

詳細を見る

中身がよく見える大きなガラス部分と複数サイズ対応の便利さを両立

アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)・強化ガラス 16〜21対応/24〜28対応/26〜30対応
8
アイテムID:5565353の画像
燕三条 落とし蓋でR 715円

詳細を見る

燕三条の鉄器技術が光る落とし蓋のベストセラー

ステンレス 14〜23フリーサイズ
9
アイテムID:5565440の画像
ブタの落としぶた 750円

詳細を見る

デザインの可愛さでキッチンを楽しくしてくれるシリコン製落とし蓋

シリコーンゴム 13.5・17.5・21.5
10
アイテムID:5563135の画像
ガラス蓋 プレシャス 440円

詳細を見る

コスパ抜群で中身の見えやすさとガタつかない重量感が人気

全面物理強化ガラス 14・16・18・20・22・24・26・28
11
アイテムID:5565443の画像
ベストコ クックエポ 強化ガラス蓋 648円

詳細を見る

菜箸等が置けるつまみが便利でサイズ展開の多い強化ガラス蓋

全面物理強化ガラス 14・16・18・20・22・24・26・28・30・32
12
アイテムID:5565457の画像
スタンド式ハイドームパンカバー リーンズ 1,040円

詳細を見る

高さのある自立式フライパン蓋で料理のレパートリーがぐんと広がる

鉄(フッ素樹脂加工)・強化ガラス 26
13
アイテムID:5565480の画像
ヨシカワ 栗原はるみ フライパンカバー 3,850円

詳細を見る

栗原はるみコラボの使い勝手抜群な自立式フライパンカバー

ステンレス 16〜18対応/18〜22対応/24〜26対応/26〜30対応
14
アイテムID:5565539の画像
ツイン スペシャル ガラス蓋 2,208円

詳細を見る

フライパンとセットで買いたくなる人が多い良品でデザインもおしゃれ

全面物理強化ガラス・ステンレス 16・20・24・26・28
15
アイテムID:5565566の画像
ひと目でわかるパンカバー 1,577円

詳細を見る

美味しい餃子が焼けると評判の赤くておしゃれなフライパン蓋

鉄(内面:ふっ素樹脂加工、外面:焼付塗装)・全面物理強化ガラス 22・24・26兼用

フライパンの蓋のサイズが合わない場合は「代用品」を使おう!

フライパン蓋がない場合やサイズが合わない場合等には、キッチンにある様々なものをフライパン蓋の代わりにすることが可能です。もちろん、鍋の蓋をフライパンに使うこともできるのでまずは試してみましょう。その他にも様々な方法で代用できます。

 

まず気軽な方法は、アルミホイルやクッキングシートを使う方法です。フライパンのサイズより大きめのサイズに切ってふんわりかけるのがポイントで、耐熱性に優れ、ちょうど良いサイズに切ったり、大きさが足りない場合は2枚重ねてカバーすることもできます。

 

他には、耐熱皿を使ったり、もう一つ別のフライパンを重ねるという裏技もあります。熱に強く、溶けたり割れたり火が燃え移ったりしない素材や加熱のしかたに注意すれば、フライパン蓋がないときより一歩進んだ上手な加熱が可能になります。

まとめ

今回はおすすめのフライパン蓋についてご紹介してきました。押さえたいポイントは自立式をはじめとする置き場所・収納の工夫と、中身が見えやすいガラス窓、手入れをしやすい素材の三つです。これらに注目して、満足いくフライパン蓋を選んでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

鉄フライパンの人気おすすめランキング15選【焦げ付かない】

鉄フライパンの人気おすすめランキング15選【焦げ付かない】

生活雑貨・日用品
すき焼き鍋の人気おすすめランキング【美味しいすき焼き】

すき焼き鍋の人気おすすめランキング【美味しいすき焼き】

生活雑貨・日用品
三角コーナーの人気おすすめランキング15選【おしゃれなものも】

三角コーナーの人気おすすめランキング15選【おしゃれなものも】

キッチン用品
【2021年最新版】食洗器用洗剤の人気おすすめランキング18選

【2021年最新版】食洗器用洗剤の人気おすすめランキング18選

生活雑貨・日用品
人気!ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング25選【2021年】

人気!ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング25選【2021年】

AV・情報家電
【2021年版】酵素玄米炊飯器のおすすめ人気ランキング10選【口コミも紹介】

【2021年版】酵素玄米炊飯器のおすすめ人気ランキング10選【口コミも紹介】

調理・生活家電