【2021年最新版】AuXケーブルの人気おすすめランキング10選

AuXケーブルとはオーディオケーブルのことです。プラグの大きさは3.5mmで、端子はステレオミニプラグになっているものがほとんどです。AuXケーブルがあれば高音質のサウンドを楽しめます。また電子器機を充電できるのも特徴です。今回は人気のAuXケーブルをご紹介します!

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

AuXケーブル(オーディオケーブル)とは?

「車内でiPhoneに入っている音楽を聴きたい」ドライブの時にこう思ったことはありませんか。そんな時はAuXケーブルの出番。車にBluetooth機能が付いていなくても、Lightning端子のAuXケーブルがあればすぐに音楽を楽しむことができます。

 

AuXケーブルとは音響機器同士をつなぐケーブルのことです。実はAuXケーブルの選び方次第で音質が変化しますせっかくなら高音質で音楽を聴きたいですよね。選び方は素材や加工、プラグ形状や長さなど様々なポイントがあります。

 

そこで今回はAuXケーブルの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。購入できる場所についても解説しています。こちらも確認して、効果的に使えるようにしましょう。

AuXケーブルのメリット

AuXケーブルを使えばあなたのPCやiPhone、テレビなどを音響機器やカーオーディオにつないでより高音質なサウンドを楽しめます。Bluetoothにはない、有線ならではのメリットもあります。ぜひ参考にしてみてください。

PCやiPhoneと繋げて車内で音楽を楽しめる

AuXケーブルがあればPCやiPhoneに入っている音楽を車内で流すことができます。カーオーディオがBluetoothに対応していない場合でも、AUXケーブルを直接接続することで解決します。

 

Apple製品をつなぐ場合、LightningコネクタになっているAuXケーブルがあると便利です。ただ普通のフォーンプラグでも、変換アダプタがあれば接続可能です。お手持ちのAuXケーブルに合わせて使い分けましょう。

有線ならではの「高音質」

AuXケーブルを使うと高音質で音楽を楽しむことができます。Bluetoothよりも有線の方が音の劣化を最小限に抑えられます。音楽用のAuXケーブルは販売されていませんが、オーディオと記載されている商品なら高音質で再生されるでしょう。

 

低音が強化されていたりボーカルがクリアに聞こえたりと、AuXケーブルによって聞こえ方が変わります。オシャレにデザインされているAuXケーブルもあるので、スマホケースとのコーディネートも楽しめます。

テレビとコンポを接続できる

AuXケーブルがあればテレビとコンポを繋ぐことができます。まずお手持ちのコンポの裏側に、赤と白のRCA端子差し込み口があるかを確認しましょう。差し込み口付近に「外部入力」か「INPUT」と書いてあれば、音を流すことができます。

 

次に必要なのは「RCAピン」が付いているAuXケーブルです。それを使ってスピーカーとテレビのイヤホン端子を接続します。これで、映画やライヴ映像などを高音質で楽しめるようになります。

AuXケーブルのデメリット

AuXケーブルでよくあるトラブルが断線。急に音が聞こえなくなったり、片方のスピーカーからしか聞こえなくなった場合は断線している可能性があります。ムリに引っ張ったり、極端に折り曲げたりしないよう注意が必要です。

 

他にもプラグ自体が劣化して、使えなくなってしまう可能性があります。プラグ表面に酸化膜ができてしまうことが劣化の原因です。これは専用のクリーナーを使えば汚れを落とすことができます。

 

またプラグの構造にも極数にも気をつけなければいけません。プラグ先端についている線の数プラス1が極数です。先端の線が3本なら4極プラグ、4本なら5極プラグです。適切なものを使用しないと、接続機器が故障する可能性があります。

AuXケーブルの選び方

AuXケーブルにはいくつかの選び方があります。値段の安さや家にあったからなど、いい加減な理由で選ぶのはトラブルの元です。目的やプラグ形状、端子など状況に応じて適切なものを選びましょう。ここではそれぞれの選び方について解説します。

AuXケーブルを使う「目的」から選ぶ

AuXケーブルは目的に合わせて選びましょう。音質にこだわりたいのか、ケーブル自体の耐久性を重視したいのかで選び方が変わります。覚えておくとストレスなくAuXケーブルを使うことができるので、参考にしてみてください

車で音楽を楽しみたいなら「音質重視」

AuXケーブルを使う最大のメリットは、サウンドを高音質で楽しめる点。音をケーブルに閉じ込めて送るので、音質の劣化はほぼありません。車内のような狭い空間なら、より臨場感のある音楽を聞くことが出来ます。

 

音質を左右するのは、AuXケーブルの素材やシールドです。これらによって、信号の劣化や周囲の電磁波から受ける影響が変わります。商品にOFCと呼ばれる無酸素銅や箔シールド、編組シールドが使われていれば高音質といえるでしょう。

 

音質を重視したいなら、AuXケーブルの長さにも気を配りましょう。AuXケーブルが短ければ短いほど、ノイズなどが乗りにくいと言われています。しかし短いAuXケーブルを購入して、距離が足りなくて使えないのは本末転倒ですので注意しましょう。

携帯電話の充電に使いたいなら「耐久性重視」

AuXケーブルと携帯電話をカーオーディオにつなげば、音楽を楽しみながら充電をすることができます。ポータブル充電器を忘れてしまっても、AuXケーブルがあれば長時間のドライブも安心です。携帯充電用として使うなら、耐久性を重視して選びましょう。

 

おすすめはナイロン製のケーブルか巻き取り式のAuXケーブル。ナイロン製のAuXケーブルは、折り曲がってもケーブルに癖が付きにくい特徴を持っています。これならバックの中で折りたたんでも安心。イヤホンなどのケーブル類を引っ張る癖がある人にもおすすめです。

 

巻き取り式のケーブルはかなりコンパクトなので、どこにでも気軽に収納できます。長さを調整できるので、車のスペースに合わせて使用できる点もメリットです。

AuXケーブルの「プラグ形状」から選ぶ

AuXケーブルのプラグには「ストレート型」と「L型」の2つの形状があります。形状による機能の違いはありませんが、使い勝手が異なります。商品数が多いのはストレート型で、抜けにくいのはL字型です。シーンに応じて使い分けると便利なので覚えておきましょう。

使いやすい「ストレート型」

AuXケーブルのプラグの多くはストレート型の形状をしています。端子にさしやすい点がメリットです。特に車で使用する場合、AuX端子がひじ置きなど狭い場所に設置されてる車種もあります。そんな時はストレート型の方がスムーズにさしやすいでしょう。

 

さしやすい分、何かの拍子に抜けてしまう可能性もあります。スマホを使いながら音楽を聴きたい場合や、スピーカーなど引っかかりそうな配線の場合は後述するL型をおすすめします。AuXケーブルを一時的に使いたい場合には問題ないでしょう。

 

最もポピュラーなプラグ形状なので、商品数が多いのも特徴です。音質やデザインなど、自分にぴったりのAuXケーブルが見つかりやすいと思います。

抜けにくい「L型」

L字型のプラグ最大のメリットは抜けにくいことです。プラグが直角に曲がっているので、しっかりとAuX端子に固定することができます。抜けにくい特性を生かして、スマートフォンの充電やカーナビなどに最適なAuXケーブルです。

 

またストレート型と比べて断線しにくいというメリットもあります。抜き差しを頻繁に行う場合でも安心です。また端子部分は力がかかった時にくるっと回転するので、プラグが折れることを防いでくれます。

 

配線がしやすいのもL字型のメリットです。ごちゃごちゃと絡まることなく、すっきりとまとめることが出来ます。機能性はストレートタイプと変わりません。もしプラグの形状で迷ったら、L字型を選ぶことをおすすめします。

AuXケーブルの「端子」から選ぶ

AuXケーブルの端子には2極ジャック、3極ジャック、4極ジャック、5極ジャックの計4種類があります。プラグの先端にある線の数プラス1が、そのAuXケーブルの極数です。正しい極数を選ばないと、最悪電子機器が故障してしまう可能性があるので注意が必要です。

モノラル音声なら「2極ジャック」

モノラル音声の再生は「2極ジャック」に対応しています。価格が安いのでコスパも良いです。2極と3極は「アンバランス伝送」か「バランス伝送」かの違いがあります。

 

イヤホンから音が出るのは電流を流しているからです。プラグの端子の数だけ電流を分けています。最後の極を「グランド」として、モノラルなら「音声、グランド」、ステレオなら「左音声、右音声、グランド」という順番で流しています。

 

そしてバランス伝送とは、伝送信号と逆の信号を同時に送ることで、ノイズをキャンセルさせる手法です。モノラルのバランス伝送の場合「音声+、音声-、グランド」の3つを流すので、3極に対応しています。

 

ただし一般的なモノラルのオーディオ機器のほとんどは、バランス伝送とは逆のアンバランス伝送です。よって、原則モノラルは2極と覚えておきましょう

ステレオ音声なら「3極ジャック」

ステレオ音声の再生は「3極ジャック」に対応しています。2極と比べてもより高音質なサウンドを楽しむことができます。パソコンや音楽プレイヤーに利用することが中心です。古い機器で多く採用されている極数なので、注意点もあります。

 

例えばPCでオンラインゲームやチャットをする場合、マイクが必要かと思います。そのため3極ジャックのヘッドセットでは、ヘッドホンとマイクの2つ分の入力端子が必要です。AuXケーブルも2本必要となるでしょう。

 

4極ジャックに3極プラグをさした場合、一応音は流れます。しかし4極ジャックはグランドを2分割しているので、3極プラグを挿すと2つが合流してショートしてしまいます。それでも正常に音は流れますが、想定外の故障の原因になるので注意が必要です。

ハイレゾ音声やマイク入力・映像出力なら「4極ジャック」

ハイレゾ音声やマイク入力なら「4極ジャック」に対応しています。現在スマホをはじめとしたほとんどの機器で、この4極が使われています。4極ジャックの場合、統一規格はありません。そのため、4極のAuXケーブルを選ぶ際は注意が必要です。

 

まずステレオのアンバランス伝送にマイク用が加わった規格。これには「OMTP」と「CTIA」の2種類があります。OMTPは海外や古い端末で多く、CITAはiPhoneや最近の端末で多く採用されています。商品説明に書いてある対応機器名をチェックしましょう。

 

次にステレオのアンバランス伝送に映像用が加わった規格。さらにステレオのバランス伝送の規格です。これらはメーカーによって、極毎に送られる信号が異なります。製品に付属されているAuXケーブルを使うのが無難です。

ハイレゾ音声やノイズキャンセリングマイクなら「5極ジャック」

ハイレゾ音声やノイズキャンセリングマイクは「5極ジャック」に対応しています。一部のメーカーからのみ販売されている、非常に限定的な仕様です。ハイレゾは音源の情報量がケタ違いなので、今までにない臨場感ある音楽を楽しめます。

 

その他5極ではステレオのバランス伝送、もしくはステレオにノイズキャンセリングが搭載され、非常に高音質な音を楽しめます。その反面、使える機器が限定されている点がネックです。どうしても使い回したい場合、変換アダプターを使うと便利です。

 

これがあれば、5極のAuXケーブルも、違う極数で使うことができます。他の極数と同じく、不必要な故障を避けるため違う極数のプラグに直接挿すのは避けましょう。

ケーブルの「種類」から選ぶ

AuXケーブルにはフラットタイプ、カールタイプ、ナイロン型、巻き取り式の計4つの種類があります。それぞれ特徴が異なるので、使うシーンを想定して選びましょう。それぞれ解説をするので、購入時の参考にしてみてください。

隙間を有効活用できる「フラットタイプ」

非常に薄く平べったいコードをしているのが「フラットタイプ」の特徴です。車内で使用する場合、AuX端子がひじ置きの中に入っていることがあります。そうするとひじ置きをおろした際に、コードを挟まなければいけません。

 

そんなときに便利なのがフラットタイプです。このタイプなら隙間を有効活用することができます。また、ケーブルの配線をごちゃこちゃさせたくない場合にもピッタリ。比較的安価なので、とにかく1本欲しい方にピッタリです。

 

注意点としては、他のケーブルの種類に比べて強度が少し落ちてしまう点。ムリに引っ張ったり、重いものを載せたりするのは避けた方がいいでしょう。それでも近年は強度が上がった製品も販売されています。

使いやすい「カールタイプ」

コード部分がくるくると巻かれているのが「カールタイプ」の特徴です。曲げたり引っ張ったりしても、ケーブルに負荷がかかりにくいので耐久力があります。普段コードは縮まっているので、見た目もスッキリしています。

 

車内の場合、スペースが限られているのでAuXケーブルもなるべくコンパクトに収めたいかと思います。カールタイプなら必要なときは伸ばして手元に引き寄せられるので、非常に使いやすく便利です。

 

デメリットは、他の形状に比べて重く感じる点。かさばってもしまうので、持ち運びには向いていないでしょう。値段もフラットタイプに比べてやや高価です。それでも耐久性があるので、頻繁に買い換えることはなく長く使い続けることができます。

耐久性優れた「ナイロン製」

最も耐久性があるのが「ナイロン製」のAuXケーブルです。この形状はケーブルの表面をナイロン繊維で編み込み、メッシュ状になっています。ナイロン繊維が何層にも編み込まれているので、曲げや引っ張りに非常に強く断線しづらいです。

 

よくケーブルを抜くとき、ムリに引っ張ってしまい断線させてしまう癖がある人には最適な形状です。海や川などアウトドアで音楽を楽しみたいときも、安心して使うことができるでしょう。

 

ナイロンは発色が鮮やかなので、デザイン性に富んだ製品が非常に多い点にも注目です。ただし折り曲がりのくせが付くと、それが原因で断線してしまう可能性があります。曲がりっぱなしなるような場所で使うのは避けましょう。

場所を取らない「巻き取り式」

最もコンパクトに持ち運びが出来るのが「巻き取り式」。普段はスリムに巻き取られているので、バッグやポケットに入れても場所を取らないタイプです。車内で音楽を聴きながら、後部座席でスマホを使いたいとき、コードを伸ばせば問題なく使用できます。

 

またワイヤレスと有線の2Wayタイプヘッドホンに使用するのもおすすめ。ヘッドホンの充電がなくなった時に、AuXケーブルで繋げばそのまま音楽を聴けます。人混みで接続がうまくいかない時にも活用できます。

 

置き場所に困らないので、予備のAuXケーブルとしても最適です。しかしこのタイプは、断線を防ぐため、根元が太くなっている製品があります。スマートフォンやタブレットのケースによっては繋げない場合があるので注意が必要です。

プラグの「大きさ」から選ぶ

AuXケーブルを選ぶポイントにプラグの「大きさ」があります。対応する機器によって大きさが変わるので注意が必要です。今回は代表的な2つの大きさを解説します。万が一入力端子と合わなかった場合は、変換プラグを使えば問題ないので、用意があると便利です。

小型機器におすすめにお「マイクロミニプラグ(2.5mm)」

「マイクロミニプラグ」は大きさが2.5mmのプラグです。別名ミニミニ端子とも呼ばれています。ICレコーダーやデータレコーダーなどの小型器機におすすめの大きさです。販売されている製品が少ないので、どうしても手に入らない場合は変換プラグを活用しましょう。

 

プラグ部分は経年劣化にも気を配りましょう。早くて数ヶ月、しっかりした製品で数年ほどで悪くなってしまう可能性があります。プラグ部分は交換が難しいので、悪くなったら買い換えるのがベストです。

 

経年劣化を防ぐにはまめな掃除をすることをおすすめします。ティッシュで軽く拭き取るだけで大丈夫です。もし汚れがひどい場合は「接点復活剤」を使うといいでしょう。接触が悪くなった場合も試してみてください。

幅広い器機に使用可能な「ミニプラグ(3.5mm)」

「ミニプラグ」は大きさが3.5mmのプラグです。主にパソコンや音楽プレイヤーなどに対応しています。幅広い器機に使用可能なので、AuXケーブルの中で一番ポピュラーな大きさと言えるでしょう。

 

こちらも変換プラグを使えばマイクロミニプラグとしても使用できます。販売されている商品が多いので、比較的入手しやすいサイズです。そのため、価格もリーズナブルなものが多く見受けられます。

 

AuXケーブルを購入する時には、プラグ自体の材質にも注目しましょう。金メッキ加工が施されていれば、汚れやサビを防いでくれます。これにより経年劣化を最小限に抑えられます。価格は少し上がってしまいますが、長く使うことができるのでおすすめです。

ケーブルの「長さ」から選ぶ

AuXケーブルと電子器機は最短距離でつなぐのが理想的です。そうすることでノイズが乗ることを防ぎ、高音質なサウンドを楽しめます。しかし少しあまる位なら問題はありません。設置場所に合わせることを優先して、AuXケーブルの長さを決めましょう。

 

車で音楽を流す場合は、ある程度長さがある方がスマートフォンの操作もしやすいです。カーナビの場合は短めのケーブルの方がいいでしょう。長さに迷った場合、巻き取り式のAuXケーブルを使うのも手です。

音質にこだわりたいなら「OFC」採用ケーブル

AuXケーブルの素材によって音質は変化します。高音質にこだわりたいなら、素材にOFCを使っているAuXケーブルがおすすめです。OFCとは無酸素銅のことです。不純物を徹底的に除去した高純度銅なので、音の解像度が高くキレのいい音を楽しめます。

 

しかしOFCを使ったAuXケーブルの値段は高め。コスパを考えると1,000円前後の商品がおすすめです。他にも箔シールドや編組シールド、編組シールドが使われているAuXケーブルは高音質です。

iPhoneと接続したいなら「Lightningケーブル」採用のものから選ぶ

iPhoneにAuXケーブルを接続する場合、Lightning端子になっているケーブルがおすすめです。iPhone7以降は、iPhone自体にイヤホンジャックがありません。Lightningケーブルなら、直接iPhoneに接続することができます。

 

Lightningケーブルを持っていない場合、変換プラグがあればお手持ちのAuXケーブルをそのまま使えます。Apple社で動作保証をしている製品もあるので、安心して使うことができます。

マイクロミニプラグAuXケーブルの人気おすすめランキング5選

1位

WYVERN AUDIO

AUXケーブル

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

2種類のプラグをつなぐカール式ケーブル

ミニプラグとマイクロミニプラグが2つ付いたAUXケーブル。マイクとカメラを接続する時などに使用します。カール式なので耐久力も安心です。

 

また接続部分には金メッキ加工を施しています。錆びなどの経年劣化にも強いので、長く愛用することができます。

長さ 約40cm~120cm 素材 金メッキ
極数 3極

口コミを紹介

音質とか関係無し
ハッセルブラッドと神牛のコマンダーとの接続に使用。
特に問題無く使用できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Wuernine electronics

L字型オーディオケーブル

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る

L字型プラグは家庭内のオーディオに最適

家庭用ゲーム機やヘッドセットなどで活用できるAuXケーブル。L字型のプラグなので、一度接続すれば抜けにくい仕様です。

 

腐食を防ぐ金メッキ加工なので、挿しっぱなしでも問題なし。価格もお手頃なので、非常にお求めになりやすい商品です。

長さ 約1m 素材 金メッキ
極数 3極

口コミを紹介

LANC用ケーブルとして購入しました。問題なく使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Geekria

オーディオコード

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

鮮やかなカラーが目を引くAuXケーブル

ヘッドホンとオーディオ器機を接続するためのAuXケーブル。リモコンが付いているので、音量の調整や曲の選択を手元で行うことが出来ます。

 

高純度エナメル銅芯を採用しているので、耐久性と音質に優れています。鮮やかなカラーなので、ヘッドホンとのコーディネートも楽しめます。

長さ 約1.2m 素材
極数 4極

口コミを紹介

純正品とほぼ同じで満足しています。リモコンが若干下についていたのは個体差の範囲内でしょう。本体が生産終了品なのでこの価格なら買い置きしておこうかなと思ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Shure Incorporated

カールコード

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

デスクトップでゲームプレイも余裕の長さ

なかなか見られない3mのカール式AuXケーブル。デスクトップのパソコンとヘッドホンを繋いでも、余裕を持ってゲームができる長さです。

 

しかし3極なので、マイクには対応していません。お手持ちのヘッドホンがマイク付きの場合は使用を避けた方がいいでしょう。

長さ 3m 素材
極数 3極

SRH440を外出用に使っているのですが、3年ぐらい使っていたらコードのプラグ部分の金属が折れたので買い替え。
この手のカールコードはかなり雑に扱っても絡まらないので使いやすくて良い、重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

富士パーツ商会

オーディオケーブル

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

細身でスタイリッシュなAuXケーブル

かなり細身なデザインのAuXケーブル。マットなブラックなので、どんな電子器機にも馴染むと思います。そして1.2mと使いやすい長さです。

 

接続部分は金メッキ加工が施されているので、経年劣化にも強い商品です。片側がミニプラグになっているバージョンもあります。

長さ 約0.6m/1.2m/3m 素材 金メッキ
極数 3極

口コミを紹介

ケーブルもかなり細いですが、しなやかさは無く硬めで、折ると跡が残るくらいです。なので特にプラグの付け根は曲げに弱そうなので取り扱いは気を付けた方が良さそうです。
耐久性については未知数なので一旦は★4つの評価とさせていただきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

マイクロミニプラグAuXケーブルの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 長さ 素材 極数
1
アイテムID:5551644の画像
AUXケーブル 750円

詳細を見る

2種類のプラグをつなぐカール式ケーブル

約40cm~120cm 金メッキ 3極
2
アイテムID:5551659の画像
L字型オーディオケーブル 899円

詳細を見る

L字型プラグは家庭内のオーディオに最適

約1m 金メッキ 3極
3
アイテムID:5551681の画像
オーディオコード 1,513円

詳細を見る

鮮やかなカラーが目を引くAuXケーブル

約1.2m 4極
4
アイテムID:5551702の画像
カールコード 2,300円

詳細を見る

デスクトップでゲームプレイも余裕の長さ

3m 3極
5
アイテムID:5551709の画像
オーディオケーブル 999円

詳細を見る

細身でスタイリッシュなAuXケーブル

約0.6m/1.2m/3m 金メッキ 3極

ミニプラグAuXケーブルの人気おすすめランキング5選

1位

Anker

プレミアムオーディオケーブル

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ミニプラグのAuXケーブルで迷ったらコレ

高い耐久性と高音質を両立したAuXケーブル。1万回以上の折り曲げにも耐えるタフな仕様です。接続部に金メッキ加工を施し、高音質を実現しています。

 

18ヶ月と長い保証期間があるので、万が一壊れた時も安心。ミニプラグのAuXケーブルを探しているなら、最初に手に取って欲しい商品です。

長さ 約1.2m 素材 金メッキ
極数 3極

口コミを紹介

Pod classic を聴くために購入しました。iPod classicは、Bluetoothで飛ばせないので、このケーブルでAnkerのスピーカーに繋いでみたところ、クリアな良い音で聴けました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

HONG KONG UGREEN LIMITED

ステレオミニプラグ

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ナイロン編みなら耐久力もバッチリ

ナイロン編みを採用した、Lightningコネクタ付きのAuXケーブル。スピーカーやカーステレオで、iPhoneを直接接続することができます。

 

ケーブルの表面はナイロンで編まれているので耐久力も抜群。アウトドアでも気軽に使うことができます。

長さ 約1m 素材 ナイロン編
極数 3極

口コミを紹介

iphone 7で使用。ヘッドホンはダブルゼロです。
銀端子ですが音質は問題なし。
ケーブルがナイロン編みだが柔らかい素材なので取り回し易くタッチノイズもほぼ無し。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

audio-technica

オーディオケーブル 0.4m

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

オーディオブランドが作るAuXケーブル

人気オーディオメーカーaudio-technicaが製造するAuXケーブル。カールタイプなので、コンパクトに収納できます。

 

また耐熱仕様にもなっているので、夏の車内でも安心。素材にはOFC、接続部には金メッキ加工を施し、オーディオブランドならではの高品質を実現しています。

長さ 約0.4m 素材 OFC/金メッキ
極数 3極

口コミを紹介

車載オーディオに接続した場合コードが巻かれているので、余った分がプラプラせずにシフト操作を邪魔しません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

サンワサプライ

オーディオケーブル

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

最長10mの家庭向けAuXケーブル

選べる長さが豊富なAuXケーブル。最短で1m、最長で10mから選べます。スピーカーやテレビなど、家庭内での使用にピッタリです。

 

OFCケーブルを使っているのでいい音を流せます。接続部には金メッキ加工が施されているので、経年劣化も強い製品です。

長さ 約1m/1.8m/3.6m/5n/10m 素材 OFC/金メッキ
極数 3極

口コミを紹介

アナログなのでこのケーブルも必要 5mってなかなか無いので重宝しています
ノートPCからテレビに接続(古いテレビ)YouTubeの音楽再生に主に利用しています

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

AWINNER

オーディオステレオケーブル

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

レアな双方L字型のAuXケーブル

どちらの接続部分もL字型のAuXケーブル。抜けにくいので、充電しながら電子器機を操作したい時などに非常に便利です。

 

OFCケーブルを採用しているので、音質面も折り紙付き。TPE弾性線材でケーブルを覆っているので、絡みにくく断線しにくいです。

長さ 1m/2m 素材 OFC
極数 3極

口コミを紹介

両方L型というのが超絶便利だ。他のは片方だけのやつばっか。
で、しばらく使ってみてますが、他の安物よりもってます。
いまのところ問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミニプラグAuXケーブルの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 長さ 素材 極数
1
アイテムID:5551596の画像
プレミアムオーディオケーブル 690円

詳細を見る

ミニプラグのAuXケーブルで迷ったらコレ

約1.2m 金メッキ 3極
2
アイテムID:5551601の画像
ステレオミニプラグ 1,998円

詳細を見る

ナイロン編みなら耐久力もバッチリ

約1m ナイロン編 3極
3
アイテムID:5551604の画像
オーディオケーブル 0.4m 940円

詳細を見る

オーディオブランドが作るAuXケーブル

約0.4m OFC/金メッキ 3極
4
アイテムID:5551613の画像
オーディオケーブル 631円

詳細を見る

最長10mの家庭向けAuXケーブル

約1m/1.8m/3.6m/5n/10m OFC/金メッキ 3極
5
アイテムID:5551632の画像
オーディオステレオケーブル 799円

詳細を見る

レアな双方L字型のAuXケーブル

1m/2m OFC 3極

AuXケーブルはダイソーやコンビニでも買える!

Auxケーブルは様々な場所で購入することができます。一番多くの種類を選べるのは、家電量販店です。今回紹介した形状や端子など、豊富な商品からあなたにピッタリのAuxケーブルを見つけることができます。

 

Auxケーブルは「AVケーブル」のコーナーに置いてあることが多いです。まれにAuxケーブルだけのコーナーが設けられています。スマホ関連やバッテリー関連のコーナーには置いてないことがあるので注意してください。

 

選べる商品は限られますがコンビニで購入することもできます。急に運転中、Auxケーブルが断線してしまった場合などに便利です。とにかく安く購入したいなら、ダイソーなどの100円ショップでも手に入れられます。

まとめ

Auxケーブルをなんとなくで選んでしまうと、音楽を上手く再生出来なかったり、故障の原因になってしまったりすることがあります。今回の解説を参考にして、あなたにピッタリのAuxケーブルを見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

オーディオケーブルの人気おすすめランキング15選【音質向上】

オーディオケーブルの人気おすすめランキング15選【音質向上】

家電
マイクケーブルの人気おすすめランキング20選【音質を向上させよう】

マイクケーブルの人気おすすめランキング20選【音質を向上させよう】

楽器
【2021年最新版】リケーブルイヤホンの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】リケーブルイヤホンの人気おすすめランキング15選

趣味
車用ブルートゥース(Bluetooth)の人気おすすめランキング20選【カーナビなしでも後付けできる?】

車用ブルートゥース(Bluetooth)の人気おすすめランキング20選【カーナビなしでも後付けできる?】

自動車・自転車・バイク
高音質!ヘッドホンアンプのおすすめ人気ランキング25選【ギターにも】

高音質!ヘッドホンアンプのおすすめ人気ランキング25選【ギターにも】

趣味
【音質重視】カーオーディオの人気おすすめランキング15選【イエローハットも】

【音質重視】カーオーディオの人気おすすめランキング15選【イエローハットも】

AV・情報家電