車用ブルートゥース(Bluetooth)の人気おすすめランキング20選【カーナビなしでも後付けできる?】

運転中に電話する時などに便利な車用ブルートゥースは、後付けで簡単に取り付ける事が出来ます。カーナビなしでもレシーバーなども販売されているので、簡単に対応できます。今回は、高品質でおすすめのレシーバーや車用ブルートゥースについてランキング形式でご紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

ブルートゥーススピーカーはカーナビなしでも後付け可能!

長距離の車での移動の時、音楽を高品質で楽しみたい方も多いでしょう。そんな時はスピーカー等のアイテムがあると便利です。その中で最近人気を集めているのが、ブルートゥーススピーカーです。最近ではカーナビなしでも対応させることも可能です。

 

ブルートゥースとは特殊な無線を飛ばし、対応機器と繋ぐ役割を持ったアイテムの一つで、スマホやナビと連動させる事が出来ます。配線が必要なく後付けも簡単な便利なアイテムですが、商品数も多く何を基準に選べば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

 

そこで今回は車用ブルートゥースの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。音質の見極め方など、気になる情報も公開しているので、ぜひあなただけのお気に入りの商品を見つけて下さい。

車用ブルートゥースアイテムの選び方

車用ブルートゥースアイテムの選び方についてをご紹介していきます。対応OSや使用目的によって細かく分類される部分なので、ブルートゥースアイテム選びの参考にして下さい。

「対応OS」から選ぶ

スマホから音楽を連動させる事も多いと思いますが、スマホから音楽を連動させたい場合は対応OSからブルートゥースアイテムを選びます。

iPhoneなら「IOS対応」

Appleから販売されているIphoneをお使いの場合、Iosに対応しているブルートゥースアイテムを選びましょう。Ios以外のOS対応アイテムだと連動出来ない為、Iphoneで音楽を聴く時は、ブルートゥースアイテムがIosに対応しているかチェックして下さい。

 

Ios対応商品は純正品でしか使えないイメージがありますが、純正品以外でも相互性が高く、品質の高いアイテムが販売されています。

Androidなら「Android対応」

スマホがアンドロイド端末の場合、Androidに対応しているブルートゥースアイテムを選びましょう。Ios対応製品と異なり、Android対応の製品は多いのですが、古いアンドロイド端末をお持ちの場合、適合していない製品も多いので注意が必要です。

 

また、Googleからもアンドロイド端末が販売されていますが、対応製品であっても、実際には非対応の場合もあります。こちらも製品を選ぶ際に注意して選んで下さい。

アイテムから選ぶ

ブルートゥースアイテムを選ぶ時、どんなアイテムだと使いやすいのか、事前にチェックしておくと選びやすいです。使用目的と用途に合わせて、どんなアイテムがあるのか紹介していきます。

みんなと共有可能な「スピーカー」

記事番号:143580/アイテムID:5837928の画像

例えば家族や友達など、大勢で長距離のドライブやお出掛けの時には、皆で音楽を共有する事が出来る、スピーカータイプのブルートゥースアイテムがおすすめです。

 

ナビや車内に予め搭載されているオーディオでも、HDMI端子と繋いで音楽を聴く事が出来る製品はありますが、接続する為の端子をお持ちでない場合は、使う事が出来ません。

 

その点、ブルートゥースタイプのスピーカーはHDMI端子などの接続端子が不要なので、簡単にスマホと連動させる事が可能です。また、スピーカータイプは後部座席にも高音質な音楽を共有する事が出来るので、皆でお気に入りの音楽を楽しむ事が出来ます。

じっくり聞ける「イヤホン」

ブルートゥースアイテムには、イヤホンタイプの製品もあります。有線イヤホンと違い、線が邪魔にならず運転中に使用しても邪魔になりません。また、イヤホンは通話だけではなく、1人でじっくり音楽を楽しみたい時などに便利なアイテムです。

 

通勤時などにも使用している方が多いアイテムですが、車用のブルートゥースイヤホンも販売されているので、じっくり音楽を楽しみたい時や、通話が多い方におすすめです。

 

最近では音楽が聴ける機能と通話が出来る機能がセットになったブルートゥースイヤホンも販売されているので、仕事などの急な連絡が多い方などにとって、かなり重宝するアイテムではないでしょうか。

車内でラジオを楽しめる「FMトランスミッター」

記事番号:143580/アイテムID:5837934の画像

車内で音楽を楽しむツールの1つとして、FMトランスミッターもおすすめです。スマホなどに入っている音楽のプレイリストを、ラジオから音楽が聴けるようにFM周波数に自動で変えてくれる、便利なアイテムです。

 

車のシガーソケットに入れるだけで使う事が出来るので、接続端子を用意する面倒な手順は必要ないのがポイントです。シガーソケットさえあれば接続が可能なので、自分の車にオーディオ機能がない時や、レンタカーや友人の車で音楽を楽しみたい時など、手軽に音楽を楽しむ事が出来ます。

 

また、FMトランスミッターにはUSBソケットが付いている製品が多く、スマホの充電も一緒に出来る為、充電器としても使用する事が出来ます。

ブルートゥース非対応の車には「ブルートゥースレシーバー」

記事番号:143580/アイテムID:5837937の画像

ブルートゥースレシーバーとは、ブルートゥース非対応製品を対応製品に変えてくれるアイテムです。車のオーディオがブルートゥース非対応でも、レシーバーを使用する事でブルートゥースが利用出来るようになる、非常に便利な製品です。

 

使い方は簡単で、イヤホンジャックにプラグを差し込むだけで使用する事が出来ます。中継器のような役割を持つレシーバーですが、本体で操作も可能なので、通話する時にも使う事が出来ます。

 

スマホをカーオーディオに繋いで音楽を楽しむだけではなく、自宅にいる時はヘッドフォンと繋いで音楽や通話に使用する事も出来るので、1つ持っていれば様々なシーンで活用する事が出来るでしょう。

給電方式から選ぶ

ブルートゥースアイテムには大きく分けて、給電が不要なタイプと手軽に使える電池式タイプがあります。どの様な特徴を持っているのか、こちらで説明していきます。

充電不要な「シガーソケット」

記事番号:143580/アイテムID:5837943の画像

シガーソケットに差し込むタイプのブルートゥースアイテムであれば、こまめな充電が必要ないので、充電し忘れて使えない、という事がありません。

 

例えば、FMトランスミッターシガーソケットに差し込んで使う製品なので、充電が不要なタイプになり、手軽に音を楽しむ事が出来ます。

 

スマホ以外のアイテムは充電を忘れがちになってしまう事も多いと思いますが、こちらはシガーソケットから直接電力を供給出来るので大変便利です。

手軽に使える「電池式」

最近ではシガーソケットが搭載されていない車も多いですが、そんな時は電池式のブルートゥースアイテムが便利です。

 

電池式だとこまめな充電が必要なく、車に予備の電池を常備しておけば、電池切れでもすぐに対応することが出来るので、とても手軽なアイテムだと言えるでしょう。

 

電池式ならシガーソケットが無い場合でも、ブルートゥースアイテムを楽しむ事が出来ますし、充電が面倒な時や外出時に充電が出来ない時にも重宝します。

スペックから選ぶ

ブルートゥースアイテムを選ぶ時、バッテリー容量や固定式などのスペックから選ぶ方も多いでしょう。使用目的からスペックを選ぶと、非常に便利に使う事が出来ます。

長時間使いたいなら「バッテリー容量」をチェック

ブルートゥースアイテムを使用する時間が長い場合、気になるのはバッテリー容量です。容量が少ないタイプはすぐに充電が切れてしまうので、長時間使いたい場合はバッテリー容量が大きいものを選ぶと良いでしょう。

 

また、電源を繋いだままでの長時間の使用は、バッテリーを劣化させてしまう原因の1つです。シガーソケットから直接給電するタイプなら問題ないのですが、充電式のアイテムを使用する時は、バッテリー容量が少ないタイプは避けましょう。

 

もしバッテリー容量が少ないタイプで長時間使用したい場合や、充電出来る場所がない場合、バッテリーの負担をなしにする為にも、電池式のタイプを代用するのもおすすめです。

移動中でも外れない「固定式」

車での移動中にブルートゥースアイテムを使用する場合、振動で落ちてしまう事もあります。思わぬ事故にも繋がりますので、移動が多い方は外れない固定式タイプのブルートゥースアイテムを選びましょう。

 

FMトランスミッターやレシーバー、イヤホン等は特に固定する必要はありませんが、スピーカーやスマホを使う時は、ブレーキをかけた時に落ちてしまい危険なので、しっかり固定しておきましょう。スマホなどを固定する時は、専用のホルダーを使うと便利です。

 

車用ススマホホルダーのおすすめ人気ランキング15選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

商品の「仕様」や「規格」もチェック

ブルートゥースアイテムを選ぶ時は、商品の仕様や規格もチェックしておくと間違いがありません。どのタイプもブルートゥースが接続出来るという訳ではなく、接続に適したタイプや環境がある為です。

 

仕様書で適応していると記載があっても、実際に繋いでみると使えなかった、という事は意外に多いです。対応機種であっても、実はOSやバージョンが非対応で接続出来なかった、という事もあります。

 

ブルートゥースアイテム側の規格とスマホのバージョンが合わないものを買ってしまった時など、繋げる事が出来ても音質が悪くなってしまう可能性も高いので、お手持ちのアイテムと合った規格のものを選びましょう。

コーディックやプロファイルから選ぶ

ブルートゥースアイテムをより使いこなす為に、コーディックやプロファイルなどの項目はしっかりチェックして製品を購入しましょう。

高音質を楽しみたいなら「コーディック」に注目

スマホの音楽データをオーディオでも聴けるよう、オーディオに適した形式に自動で変えてくれるのがコーデックの役割です。音楽を高音質で楽しみたい場合、選ぶコーデックにも注意しましょう。

 

コーデックにはSBCとAAC、aptXの3種類があります。SBCは利用出来る機器が多いのですが、音が遅れる・高音域が消えてしまうので音質はあまり良くありません。AACはIOSで使われているタイプで、SBCと比べるとラグも少なく、音域が消える事もありません。

 

Androidに対応しているaptXは、3つの中で1番品質が高く、動画視聴に最も向いているタイプです。それぞれの特徴を比べて、目的に合ったタイプを選んで下さい。

A2DPやHFPに対応しているか「プロファイル」もチェック

ブルートゥースの信号を送受信する時にプロファイルが必要ですが、音声データや画像データなど、送信するデータの種類によって、使用するプロファイルも異なります。

 

主に使われているプロファイルはA2DPとHFPなどですが、A2DPはヘッドフォンなどに音声データを送る際に使われるプロファイルです。HFPはハンズフリー通話を行う際に必要なプロファイルで、通話機能も必要な方は、HFPが必要です。

 

その他、aptXは音声を高品質データに変えて送信してくれるので、タイムラグが少なくクリアな音質が楽しむ事が出来ます。このように、使用目的に合ったプロファイルが搭載されているかも、選ぶ基準として覚えておきましょう。

ブルートゥース以外の「対応メディア」もチェック

ブルートゥースアイテムを選ぶ時、接続する以外でどんな使い方が出来るかもチェックしておくと良いでしょう。対応メディアをチェックしておくと、スマホに繋ぐだけではなく、使い道の幅も広がります。

 

ブルートゥースアイテムの中で付いてて1番便利な機能がUSBメモリです。スマホのデータを送受信出来るだけではなく、USBポートがあれば充電も出来るので、スマホの充電が無くなった時などに大変便利な機能の1つです。

 

次に付いていて嬉しい機能としては、SDカード対応タイプのものです。microSDカードに入れたデータを再生する事が出来るので、スマホとリンクしなくても音楽を楽しむ事が出来ます。

あったら嬉しい便利機能から選ぶ

無くても不便はしなくても、あったら嬉しい便利な機能が付いていれば、ブルートゥースアイテムの使用用途も広がります。

運転中でも電話が可能な「ハンズフリー通話」

運転中、携帯での通話は道路交通法により禁止されています。ただ、仕事の関係で重要な電話をする機会が多い方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな時は、ハンズフリー通話が可能なブルートゥースアイテムであれば、運転中の通話も可能です。道路交通法では「携帯電話用装置を通話のために使用し、表示された画像を注視しないこと」が義務付けられていますので、画面を見て操作しなければ、ハンズフリー通話は可能です。

 

ブルートゥースアイテムで、スピーカーと接続すればイヤホンを耳に付ける必要もないので、安全に通話が出来ます。電話が多い方は、こういった機能が付いているタイプを選ぶと良いでしょう。

車内でも充電可能な「USBポート」

USBポートが付属されているブルートゥースアイテムを持っていれば、車内でスマホなどの電子機器の充電が可能となるので、外出時などにとても役立ちます。USBポートは2つ以上付いているものだと便利です。

 

例えば災害時や停電の時など、電気が使えない時にUSBポートがあれば、電子機器の充電が可能です。緊急時などにもかなり役立つので、付いていると後々役立つシーンもかなり多いのではないでしょうか。

 

特に外出が多い方は、スマホなどを充電する時間もない事が多いでしょう。車内で気軽に充電する事が出来るので、これからブルートゥースアイテムを購入する方は、USBポートが付いたタイプを選ぶと損はありません。

品質を求めるなら「国内メーカー」

より品質にこだわるのであれば、やはり国内産メーカーのブルートゥースアイテムを購入するのが1番です。国内産メーカーであれば、アフターフォローや故障した際のサポートが充実しているので、製品に何かあった時にも安心です。

 

国内産でおすすめのメーカーと言えば、ソニーやエレコムが人気のメーカーとして有名です。海外製品と比べて値段は張りますが、アフターフォローや機能面も充実しているので、迷ったらこちらのメーカーを選ぶと間違いはないでしょう。

 

多くのブルートゥースアイテムを販売しており、品質にも定評があるので、世界中からも人気を集めているメーカーブランドです。

ブルートゥースのバージョンは「4.0以上」がおすすめ

ブルートゥースアイテムを購入する時は、製品の規格が4.0以上のタイプを選びましょう。その理由としては、規格(バージョン)によって製品の品質に差が出てくる為です。

 

初代ブルートゥースのバージョンが1.0に対し、2020年の最新バージョンは5.2までアップデートが繰り返されてきました。バージョンごとに搭載されているプロファイルや通信速度などが改善されているので、品質が格段に良くなっているのです。

 

また、バージョンが4.0になった以降から、製品の交互性が格段に上がり、異なる製品でもリンクしやすくなりました。その他も様々な機能が追加されているので、品質にこだわりたい時は規格にも注目して選びましょう。

FMトランスミッターなら「周波数」をチェック

FMトランスミッターを選ぶ時、対応している周波数にも注目して選びましょう。FMトランスミッターは、スマホなどに入っている音楽データをFMラジオの周波数に変えて、カーオーディオでも聴けるようにしてくれるアイテムです。

 

ラジオ電波は共有されているので、例えばAの周波数で使用している時、周囲にもAの周波数で使用している方がいると、同じ電波同士で同調して混線してしまい、相手の音楽データが入り込んでしまう、というトラブルが起きる事もあります。

 

混線した時にすぐ別の周波数に切り替えれば対処する事が出来るので、、FMトランスミッターを選ぶ時は周波数が複数あるタイプを選びましょう。

性能と価格とのバランスを考えて「値段」を選ぼう

搭載されている機能や販売メーカーによって、ブルートゥースアイテムも価格が変動します。電子機器は値段と機能や品質が比例してくるものではありますが、現在では低価格で高品質な製品も販売されています。

 

ブルートゥースアイテムを価格から選ぶ時は、口コミや商品紹介サイトを参考にしてみて下さい。ネットでは予算も比較する事が出来るので、コスパが良い製品を見つける事が出来るでしょう。

メーカーから選ぶ

電子機器は信頼できるメーカーから購入した方が、アフターフォローも万全なので安心感があります。こちらでは、世界的にも有名で人気のあるメーカについて、特徴などをまとめています。

日本の誇る家電メーカー「ソニー(SONY)」

記事番号:143580/アイテムID:5837998の画像

電化製品と言えばソニーと言われるほど、世界中から信頼を集めているメーカーですが、幅広い機種に対応しており、相互性が高く使い勝手が良いのが特徴です。

 

手頃な価格の製品からプロ仕様の製品まで、幅広い用途にも対応しているので、お探しの製品もきっと見つける事が出来るでしょう。

 

また、アフターフォローも充実しており、音質も良く丈夫な作りになっているので、長い目で見るとコスパも充実しているのもポイントです。

業界トップクラスの「エレコム(ELECOM)」

記事番号:143580/アイテムID:5838001の画像

エレコムは国内産電子機器メーカの1つですが、低価格で高音質な製品が多いので、最近ではソニーと並ぶメーカーへと成長を遂げています。

 

現在は海外へも進出しており、認知度も高くなってきていますが、高性能だけど手頃な価格で、コスパが良く手に取りやすいのも、選ばれる1つのポイントです。

 

気になる音質も、シンプルですがクリアな心地の良いサウンドが特徴で、愛用されている方も多いのではないでしょうか。

グーグル出身者が設立した「アンカー(ANKER)」

記事番号:143580/アイテムID:5838004の画像

アンカーというメーカーは、グーグル出身者が創設者で、最近ではじわじわと愛用者が増えてきているメーカーの1つです。

 

当初はモバイルバッテリーが有名でしたが、最近はブルートゥースなども販売しており、低価格ながら音質が非常に良く、コスパが良いメーカーとして人気です。

 

今狙い目のメーカーと言われたら迷わずアンカーと答える方も多いほど、電子機器メーカーとして浸透しているメーカーとも言えるでしょう。

ブルートゥーススピーカーの人気おすすめランキング5選

マイク内蔵でハンズフリー通話にも対応しているスピーカー

2台同時にペアリングも可能で、簡単に接続が可能な大人気のスピーカーです。IPX7の防水性能を持っており、どんな場所でも使用がしやすいです。マイクが内蔵されており、ハンズフリー通話にも対応しています。

 

シンプルな形状で車はもちろん屋外でも使い勝手が良いです。最大で24時間の連続再生が可能な点も人気のポイントです。価格もリーズナブルなおすすめのスピーカーです。

サイズ 約 168 x 47 x 56 mm 重量 約414g
通信方式 オーディオ出力
連続再生時間 約24時間 搭載機能
防水規格 IPX7 ブラック
対応プロファイル 対応コーデック

口コミを紹介

サイズが大きいので当然ですが音はSoundCore 2が低音が出ており一番良い様に思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

カーオーディオのような音質の高い音楽がしっかり楽しめる

質の良い音楽を車内でも楽しみたいのであれば、やはり王道メーカーであるSONYがおすすめです。対応コーデックはSBC/AAC/LDACの3種類に対応しているので、品質を重視する方でも満足の音質を提供してくれます。

 

特にSONYは重低音がとても綺麗なので、より重量感のある音を求める方にピッタリです。まるでライブ会場に居るような臨場感を体感出来ます。

サイズ 325mm x123mm x117mm 重量 2950g
通信方式 Bluetooth標準規格ver5.0 オーディオ出力 50w
連続再生時間 最大24時間連続再生可能 搭載機能 USB給電可能
防水規格 IPX7 ブラック
対応プロファイル A2DP/AVRCP/HFP/HSP 対応コーデック SBC/AAC/LDAC

口コミを紹介

めずらしくノリノリでレビューしましたが、今やこのスピーカーが欠かせません。故障無しに突き進んでくれればいいなと願うばかりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コスパが良く高音質の音楽も楽しめる人気のスピーカー

Ankerは手に取りやすい価格にも関わらず、音質も有名メーカーに引けを取らない事で人気のメーカーです。USBポートも付いているので、車内でも充電が可能なのは嬉しい機能すが、24時間連続再生が出来る容量の大きさも魅力的なポイントの1つです。

 

デュアルパッシブラジエーター搭載により、重低音が割れにくく、心地よいサウンドを奏でてくれる大本命のスピーカーです。初めてスピーカーを購入する方にもおすすめです。

サイズ 17.4 x 6 x 5.7 ㎝ 重量 500g
通信方式 Bluetooth 5 オーディオ出力 16W
連続再生時間 最大24時間連続再生可能 搭載機能 USB-Cポート搭載
防水規格 IPX7 ブラック
対応プロファイル 対応コーデック

口コミを紹介

シンプルに良い、使いやすい、完成度高い、コスパの高い、色々揃ったAnker の最新Bluetoothスピーカー。9割の人はこれで間違いないと思う。買って後悔はしないはず。オススメ

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ソニー(SONY)

ワイヤレスポータブルスピーカー

カーナビなしでも簡単に後付け可能なおすすめのスピーカー

コロンとした丸いフォルムが可愛らしいSONYのスピーカーですが、小さいながらもその実力は驚くほど高く、持ち運びに便利なタイプなのでアウトドアにもおすすめです。

 

1回の充電で16時間の連続再生が可能なので、高音質な音楽を長く楽しむ事が出来ます。付属のストラップを付ければどこにでも持ち運びが出来るのも嬉しいですね。

 

対応コーデックはSBC/AACの2種類ですが、元々音質が良いメーカーなので、音の遅延や音質の低さなどは特に気になりません。コスパも良く、見た目もこだわりたい方にピッタリです。

サイズ 直径46mm 重量 243g
通信方式 Bluetooth標準規格ver.4.2 オーディオ出力 5W
連続再生時間 約16時間 搭載機能 USBケーブル搭載
防水規格 IP6X バイオレット
対応プロファイル A2DP,AVRCP,HFP,HSP 対応コーデック SBC/AAC

口コミを紹介

後に、この製品、思ったより軽く持ち運びがしやすいのがGOODでした!レンタカーでのドライブのお供にしようと思っています。カップホルダーに入る形状なので。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

NETVIP

ワイヤレスポータブルスピーカー

ハンズフリー通話も可能で機能性が抜群に良い

車載用ブルートゥーススピーカーなので、機能面で充実している製品です。音楽の再生だけではなく、ハンズフリー通話も可能なので、電話が多い方にもおすすめです。

 

車内でもしっかり固定する事が出来るよう、金属ならどこにでも付ける事が出来る磁気ベースを搭載しているので、運転中でも安心です。

 

SiriやGoogleアシスタントにも対応しているので、操作性はバツグンです。LINE通話にも対応しているので、長距離のドライブにもおすすめです。

サイズ 13.5 x 5.3 x 4 cm 重量 111g
通信方式 Bluetooth V4.2 オーディオ出力
連続再生時間 最大17時間連続再生可能 搭載機能 ハンズフリー通話可能タイプ
防水規格 オレンジ
対応プロファイル 対応コーデック

口コミを紹介

マイクも良くなり、スピーカーも良いし、これならスマホからのradikoを聴くスピーカーとしても重宝しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルートゥーススピーカーの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 通信方式 オーディオ出力 連続再生時間 搭載機能 防水規格 対応プロファイル 対応コーデック
1
アイテムID:5838110の画像
Anker Soundcore 2 4,999円

詳細を見る

マイク内蔵でハンズフリー通話にも対応しているスピーカー

約 168 x 47 x 56 mm 約414g 約24時間 IPX7 ブラック
2
アイテムID:5838008の画像
ワイヤレスポータブルスピーカー 21,790円

詳細を見る

カーオーディオのような音質の高い音楽がしっかり楽しめる

325mm x123mm x117mm 2950g Bluetooth標準規格ver5.0 50w 最大24時間連続再生可能 USB給電可能 IPX7 ブラック A2DP/AVRCP/HFP/HSP SBC/AAC/LDAC
3
アイテムID:5838011の画像
Soundcore 3 Bluetooth スピーカー 5,990円

詳細を見る

コスパが良く高音質の音楽も楽しめる人気のスピーカー

17.4 x 6 x 5.7 ㎝ 500g Bluetooth 5 16W 最大24時間連続再生可能 USB-Cポート搭載 IPX7 ブラック
4
アイテムID:5838014の画像
ワイヤレスポータブルスピーカー 6,727円

詳細を見る

カーナビなしでも簡単に後付け可能なおすすめのスピーカー

直径46mm 243g Bluetooth標準規格ver.4.2 5W 約16時間 USBケーブル搭載 IP6X バイオレット A2DP,AVRCP,HFP,HSP SBC/AAC
5
アイテムID:5838017の画像
ワイヤレスポータブルスピーカー 2,799円

詳細を見る

ハンズフリー通話も可能で機能性が抜群に良い

13.5 x 5.3 x 4 cm 111g Bluetooth V4.2 最大17時間連続再生可能 ハンズフリー通話可能タイプ オレンジ

ブルトゥースイヤホンの人気おすすめランキング5選

ノイズキャンセリング機能もあるので高音質で楽しめる

車用のブルートゥースイヤホンとしてだけでなくテレワークや通学などにも最適な、大人気のイヤホンです。シンプルな見た目なので性別に関係なく使用できます。ノイズキャンセリング機能も付いており、音にこだわる方にもおすすめです。

 

充電池は大容量なので、ゆっくり音楽を楽しめます。2台同時に接続も可能で、左右どちらの耳にも対応しています。本体にボタンが付いており、簡単に操作することができます。

重量 通信方式 無線
連続再生時間 約10時間 搭載機能 マイク
ブラック 防水規格
対応コーデック 対応プロファイル

口コミを紹介

移動しながら通話をすることが多く、色々なヘッドセットを試してしましたが、Jabra TALK25にも引けを取らないコストパフォーマンスの良い製品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

完全ワイヤレスイヤホン

業界最高クラスのノイズキャンセラでクリアな音質を楽しめる

両耳が独立しているタイプなので運転中にイヤホンおすすめのブルートゥースイヤホンです。特に電話が多い方は、ワイヤレスイヤホンはとても便利なアイテムです。

 

独立受信方式を搭載しているのでブルートゥースの接続も安定性があります。通話品質においても、声以外のノイズを自動で軽減してくれる複数の機能を搭載しているので、ストレスを感じる事が少ないでしょう。

 

また、外音取り込み機能で周囲の音も確認する事が出来るので、道路状況を確認しながらの通話も可能です。

重量 7g 通信方式 Ver.5.0
連続再生時間 約7.5時間 搭載機能 ビームフォーミング技術搭載
ブラック 防水規格 IPX4相当
対応コーデック SBC、AAC 対応プロファイル

口コミを紹介

総じて私の中では高評価です。国内メーカーのノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホンが約2万円とコスパが非常にいいので多くの人に勧めることができるいい完全ワイヤレスだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

WMW Direct(JP)

ワイヤレス イヤホン

リーズナブルでコスパが良いイヤホンをお探しの方におすすめ

車内での通話メインで使用する方に向いている耳掛け型のイヤホンで、先端にマイクが付いているので小型ヘッドセットのように使う事が出来ます。

 

フル充電で連続10時間の通話が可能というのもポイントが高いでしょう。イヤホン先端のマイクはお好みの角度に調整できるので、相手側にもしっかり音声を届ける事が可能です。

 

Siriにも対応しているので、音楽の再生や通話、ナビ操作なども音声で対応が可能です。充実した機能を持っているブルートゥースイヤホンで、使い勝手も非常に良いでしょう。

重量 140g 通信方式 Bluetooth規格:V5.0
連続再生時間 約8時間 搭載機能 高精度CVC8.0ノイズキャンセリング/同時に2つのデバイスと接続可能
ブラック 防水規格 IPX7防水
対応コーデック 対応プロファイル

口コミを紹介

こちらの商品は、他のと違い、耳の穴は関係なくしっかり固定されて外れません!!とても良い商品に出会いました!!

出典:https://www.amazon.co.jp

iPhoneユーザーなら1度は使って損はしないイヤホン

iPhoneユーザーの方であれば、まず間違いはないブルートゥースイヤホンでしょう。何を購入すれば良いのか迷った時は、AirPodsを選べば間違いはありません。

 

2万円代という価格の中では品質は非常に高いレベルで、音質もとてもクリアです。耳にもフィットするカナルタイプなので、運転中にずり落ちてしまう、という事がありません。

 

気になる通話品質ですが、ノイズキャンセラ搭載で周囲の音を拾わず、会話もスムーズです。ただ、耳との密着性が高く周囲の音が聞き取りにくい性質があるので、使用時はボリュームを下げての使用が推奨されます。

重量 5.4 g 通信方式 Bluetooth 5.0
連続再生時間 最大4.5時間 搭載機能 デュアルビームフォーミングマイクロフォン、デュアル光学センサー、動きを感知する加速度センサー、音声を感知する加速度センサー、感圧センサー
ホワイト 防水規格 IPX4相当
対応コーデック 対応プロファイル

口コミを紹介

Apple史上最高音質のイヤホンです。この小ささで音質良し・機能性よし・取り回しよし
最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

最大24時間の連続再生で長時間の外出時に便利

最大24時間の連続再生が可能なので、長距離の移動時にもおすすめのブルートゥースイヤホンです。10分の充電でも約90分の再生が可能なので、充電が出来ないシーンでも安心です。

 

イヤホンは人間工学に基づいた使用なので、耳から落ちる事がなく、しっかりと密着してくれる形です。クイックアテンションモードで周囲の音も聞き取れるので、運転中の通話にピッタリです。

 

ワイヤレスイヤホンは音の品質がやや落ちる傾向にありますが、高音域の再生に長けているメーカーなので、高音質な音を楽しむ事が出来ます。

重量 8.5g 通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.5.0
連続再生時間 最大6時間(NC ON)/最大8時間(NC OFF) 搭載機能 ノイズキャンセラ搭載
ブラック 防水規格
対応コーデック SBC, AAC 対応プロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP

口コミを紹介

WF-1000MX3は、現状最強クラスのワイヤレスイヤホンです。AndroidユーザーならWF-1000MX3。iPhoneユーザーならAirPods Proを選ぶのが良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルートゥースイヤホンの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重量 通信方式 連続再生時間 搭載機能 防水規格 対応コーデック 対応プロファイル
1
アイテムID:5838117の画像
Bluetoothイヤホン 2,299円

詳細を見る

ノイズキャンセリング機能もあるので高音質で楽しめる

無線 約10時間 マイク ブラック
2
アイテムID:5838026の画像
完全ワイヤレスイヤホン 14,490円

詳細を見る

業界最高クラスのノイズキャンセラでクリアな音質を楽しめる

7g Ver.5.0 約7.5時間 ビームフォーミング技術搭載 ブラック IPX4相当 SBC、AAC
3
アイテムID:5838029の画像
ワイヤレス イヤホン 2,167円

詳細を見る

リーズナブルでコスパが良いイヤホンをお探しの方におすすめ

140g Bluetooth規格:V5.0 約8時間 高精度CVC8.0ノイズキャンセリング/同時に2つのデバイスと接続可能 ブラック IPX7防水
4
アイテムID:5838032の画像
AirPods Pro 28,256円

詳細を見る

iPhoneユーザーなら1度は使って損はしないイヤホン

5.4 g Bluetooth 5.0 最大4.5時間 デュアルビームフォーミングマイクロフォン、デュアル光学センサー、動きを感知する加速度センサー、音声を感知する加速度センサー、感圧センサー ホワイト IPX4相当
5
アイテムID:5838035の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン 20,759円

詳細を見る

最大24時間の連続再生で長時間の外出時に便利

8.5g Bluetooth標準規格 Ver.5.0 最大6時間(NC ON)/最大8時間(NC OFF) ノイズキャンセラ搭載 ブラック SBC, AAC A2DP, AVRCP, HFP, HSP

ブルートゥースFMトランスミッターの人気おすすめランキング5選

1位

安定した強い信号で不安定な接続にならないからストレスフリーで使える

Siriを使用することで、質問はもちろんハンズフリー通話にも対応している人気の商品です。信号が非常に強いので、不安定な接続になることが少ないです。そのため、ストレスフリーで使用することができる商品です。

 

ノイズ低減技術を採用しており、音質の良い音楽や通話も楽しめます。見た目もシンプルな中にも高級感があり、車の中をよりおしゃれにしてくれます。

FM周波数範囲 入力電圧
音楽フォーマット 外部メモリー
USBメモリー 32ギガまで 機能 ハンズフリー通話
Bluetooth接続 Bluetooth5.0

口コミを紹介

いろいろな車に仕事上乗り換えるので極力小さく且つ高音質な物を探して何点目かでたどり付きました。
音質・サイズ共に私の使用状況にはベストでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

全車種対応で欲しい機能が詰まった最強FMトランスミッター

シリーズの累計販売台数が10万台と、多くの方に選ばれているFMトランスミッターです。対応のFM数周波数が多いので、万が一の混線も避ける事が出来ます。

 

ハンズフリー機能やUSBポートも3口搭載しており、iPodとの有線接続も可能なので、これ1つで様々な使い方が出来ます。メインとして使うにも非常に優れているFMトランスミッターではないでしょうか。

 

通話も音楽も充電も出来るので、非常に便利なアイテムです。全車種対応タイプなので、社用車と自家用車で1つづつ搭載しておけば、緊急時にも安心です。

FM周波数範囲 76.0~90.0MHz/FM周波数141ch切替 入力電圧 12-24
音楽フォーマット MP3/WMA 外部メモリー 非対応
USBメモリー 対応 機能 ハンズフリー通話/防塵/防傷
Bluetooth接続 対応:Bluetooth5.0

口コミを紹介

どこの会社の製品だからとか関係なく、良いものは良いです。どうしようか悩まれている方には、是非ともおすすめしたい商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

USBメモリーにも対応しているので使い勝手が非常に良い

USBポートやSDカード対応で、ハンズフリー通話にも対応している多機能タイプのFMトランスミッターですが、コスパが非常に良いので、2台目の購入としてもおすすめです。

 

本体にマイクが付いているので、別途イヤホンを購入する必要はありません。ハンズフリー通話が可能なので、普段お仕事で車に乗る事が多い方にもピッタリです。

 

USBポートが2つ搭載しており、急速充電タイプなのでスマホの充電にも役立ちます。多機能が備わっていて低価格なので、既に他のブルートゥースアイテムをお持ちの方でも手に取りやすいアイテムです。

FM周波数範囲 87.5-108.0MHz 入力電圧 DC12V-24V
音楽フォーマット MP3、WAV、WMA、FLAC、APE 外部メモリー SDカード/ Uディスク
USBメモリー 対応 機能 ハンズフリー通話/急速充電
Bluetooth接続 対応: Bluetooth 5.0

口コミを紹介

Bluetooth接続出来るのでスマホから音楽再生出来るのが便利になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

巨大なスクリーン搭載で操作がしやすく便利

FMトランスミッター商品の中でも、画面が大きいので、文字も見やすく操作性も抜群です。リモコン付きなので、機能や音量の切り替えも簡単です。

 

SiriとGoogle音声アシスタント対応で、音声操作が出来るだけではなく、ハンズフリー通話も可能なのでお仕事中の移動でも、大事な電話を逃しません。車の電圧検出機能搭載しているので、車種を選ばず使えるのもポイントです。

 

microSDカードやUSBなどの機能も充実しているので、価格と比較してもコスパが良く、おすすめの製品です。

FM周波数範囲 76.0 -108.0 MHz 入力電圧 車の電圧検出機能搭載
音楽フォーマット MP3/WMA/WAV 外部メモリー microSDカード対応
USBメモリー 対応 機能 ハンズフリー通話/Google音声アシスタント
Bluetooth接続 対応:V4.1

口コミを紹介

音質について言えば、1世代前のFMトランスミッターとは別物です。FM特有のノイズも無くクリアーな音質で音を楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

走行中でも音が途切れにくく通話も安定しています。

FM周波数の切り替えチャンネルも多く、ブルートゥースの接続も安定しているFMトランスミッターなので、走行中の通話も途切れにくく安心して使用する事が出来ます。

 

周波数の切り替えチャンネルが多いと、混線した時に別のチャンネルを選択する事が出来るので、いざという時に安心です。また、有線接続も可能なので、iPodやiPadなどから音楽を聴く事も出来ます

 

USBも3口搭載しているので、スマホだけではなくPCなども持ち運ぶ方におすすめのFMトランスミッターです。

FM周波数範囲 76.0~90.0MHz/FM周波数141ch切替 入力電圧 12-24V
音楽フォーマット MP3/WMA 外部メモリー
USBメモリー 対応:3口 機能 ハンズフリー通話/防塵/防傷
Bluetooth接続 対応:Bluetooth 5.0

口コミを紹介

USBポートが3個あるのでドライブレコーダー、スマホの充電も同乗者のスマホと2台同時にできてとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルートゥースFMトランスミッターの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 FM周波数範囲 入力電圧 音楽フォーマット 外部メモリー USBメモリー 機能 Bluetooth接続
1
アイテムID:5838120の画像
Epeios FMトランスミッター 2,290円

詳細を見る

安定した強い信号で不安定な接続にならないからストレスフリーで使える

32ギガまで ハンズフリー通話 Bluetooth5.0
2
アイテムID:5838044の画像
FMトランスミッター 3,480円

詳細を見る

全車種対応で欲しい機能が詰まった最強FMトランスミッター

76.0~90.0MHz/FM周波数141ch切替 12-24 MP3/WMA 非対応 対応 ハンズフリー通話/防塵/防傷 対応:Bluetooth5.0
3
アイテムID:5838047の画像
FMトランスミッター 2,099円

詳細を見る

USBメモリーにも対応しているので使い勝手が非常に良い

87.5-108.0MHz DC12V-24V MP3、WAV、WMA、FLAC、APE SDカード/ Uディスク 対応 ハンズフリー通話/急速充電 対応: Bluetooth 5.0
4
アイテムID:5838053の画像
fmトランスミッター 2,850円

詳細を見る

巨大なスクリーン搭載で操作がしやすく便利

76.0 -108.0 MHz 車の電圧検出機能搭載 MP3/WMA/WAV microSDカード対応 対応 ハンズフリー通話/Google音声アシスタント 対応:V4.1
5
アイテムID:5838056の画像
FMトランスミッター 3,480円

詳細を見る

走行中でも音が途切れにくく通話も安定しています。

76.0~90.0MHz/FM周波数141ch切替 12-24V MP3/WMA 対応:3口 ハンズフリー通話/防塵/防傷 対応:Bluetooth 5.0

ブルートゥースレシーバーの人気おすすめランキング5選

多機能搭載タイプでこれ1つで音楽・通話を楽しめるレシーバー

最大12時間の連続再生が可能なレシーバーで、長距離運転の時に便利なタイプです。対応プロファイルはA2DPを搭載しており、音質についても定評がある製品です。

 

Ankerは手頃な価格で高性能な製品が多く、こちらの製品もレシーバー1つでスピーカー・通話・音楽・充電など、幅広い用途にも対応してくれる優れた機能を搭載しています。

 

車で過ごす時間が多く、品質にもこだわりたいけどコスパもこだわりたい、という希望にも答えてくれるブルートゥースレシーバーです。

通信規格 Bluetooth 5.0 再生時間 最大12時間の長時間再生
対応プロファイル HFP v1.6, A2DP v1.2, AVRCP V1.4 対応コーデック
バッテリー容量 180mAh, 3.6V ブラック
機能 2台同時接続/ハンズフリー通話可能

口コミを紹介

こりゃ便利。しかも接続ケーブルの長いのと短いのが入っていて、使い分けできるようになっているのも心憎い。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

高音質を可能としたレシーバーで音を楽しみたい方におすすめ

対応コーデックはA2DP/AVRCP/SBC/AAC/APTX/APTX LLと、多くに対応しているので、音の品質にこだわりたい方におすすめです。

 

充電が不要なタイプなので、バッテリー劣化の心配がないのも嬉しいポイントです。音の遅延も少ないので、通話時もストレスを感じる事がありません。

 

2台同時接続も可能なので、音質にもこだわりながら、機能面も充実しているレシーバーをお探しの方はぜひお試しください。

通信規格 Bluetooth 5.0 再生時間
対応プロファイル 対応コーデック A2DP/AVRCP/SBC/AAC/APTX/APTX LL
バッテリー容量 充電不要 ブラック
機能 同時に2台の端末と自動接続が可能

口コミを紹介

元々音がいいだけにこう言った些細な違いでも認識できる高音質な製品です。お勧めします!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

SUNVALLEY

トランスミッター レシーバー

車内だけではなく自宅でも高音質を楽しめるタイプのレシーバー

使い方は車内だけではなく、自宅のスピーカーとしてもおすすめのレシーバーです。光デジタル接続方式を採用しているので、テレビやプロジェクターに光デジタル端子が搭載されている場合は、ぜひ使用してみて下さい。

 

車内で使用する時は、特に音質が良いとされているaptXをコーデックとして搭載しているので、音質にも満足できるでしょう。

 

約15時間の連続再生が可能で、大容量バッテリーなので充電を気にせずに使えるのが選ばれるポイントです。

通信規格 Bluetooth 5.0 再生時間 24時間
対応プロファイル A2DP、AVRCP 対応コーデック TX:aptX LL、aptX、sbc ;RX:sbc
バッテリー容量 ブラック
機能 Type-C充電ポート、光デジタル接続搭載

口コミを紹介

apt X-LL対応の安いBluetoothヘッドホンを購入し、ペアリングしてTV鑑賞、Amazon Video、YouTubeなどで使用しましたが、本当に全く遅延は感じません‼️

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Wsky.

トランスミッター レシーバー

1台で2役の機能が付いたお得なレシーバー

トランスミッターの役割も持っているので、スマホやテレビに繋いでスピーカーとして聴くだけではなく、中継器としての役割も兼ね備えたレシーバーです。

 

小型でシンプルなデザインなので、旅行やアウトドアにも使う事が出来ます。ペアリングも簡単なので、初めて使う方でも操作しやすく、使いやすいタイプでしょう。

 

機能の切り替えもスイッチを押すだけのシンプルな構造なので、手頃な値段で使いやすい機能が欲しい方におすすめです。

通信規格 Bluetooth 5.0 再生時間 最大約10時間連続使用
対応プロファイル 対応コーデック RX:A2DP、AVRCP、HFP、HSP TX:A2DP
バッテリー容量 大容量バッテリー搭載 ブラック
機能 通信距離が10mと広め

口コミを紹介

音質もクリヤー、途中で音が途切れる事もないし、音声の遅延も気にならないレベルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

JPRiDE(ジェイピー・ライド)

トランスミッター & レシーバー

充電しながら使える劣化に強い大容量バッテリー搭載しているタイプ

低レイテンシーで音の遅延を最大まで抑えたタイプなので、音楽を聴く時も音ズレを気にする事もありません。

 

対応コーデックはAAC, APT-X, APT-X LLなので、クリアな音質でお好きな音楽をなめらかな音質で楽しむ事が出来ます。

 

車内ではスピーカーとして、自宅ではブルートゥース非対応の製品をイヤホンに繋いで音楽を聴く事が出来る為、日常的にも活躍してくれる、使い勝手の良いレシーバーです。

通信規格 Bluetoothバージョン:5 再生時間 約13時間
対応プロファイル A2DP 対応コーデック aptX LL, aptX, SBC
バッテリー容量 250mAh ブラック
機能 FMトランスミッター・レシーバーの両機能搭載

口コミを紹介

遅延も極わずかです。お試しあれ!

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルートゥースレシーバーの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 通信規格 再生時間 対応プロファイル 対応コーデック バッテリー容量 機能
1
アイテムID:5838061の画像
Bluetoothレシーバー 2,399円

詳細を見る

多機能搭載タイプでこれ1つで音楽・通話を楽しめるレシーバー

Bluetooth 5.0 最大12時間の長時間再生 HFP v1.6, A2DP v1.2, AVRCP V1.4 180mAh, 3.6V ブラック 2台同時接続/ハンズフリー通話可能
2
アイテムID:5838064の画像
オーディオ レシーバー 3,388円

詳細を見る

高音質を可能としたレシーバーで音を楽しみたい方におすすめ

Bluetooth 5.0 A2DP/AVRCP/SBC/AAC/APTX/APTX LL 充電不要 ブラック 同時に2台の端末と自動接続が可能
3
アイテムID:5838067の画像
トランスミッター レシーバー 3,999円

詳細を見る

車内だけではなく自宅でも高音質を楽しめるタイプのレシーバー

Bluetooth 5.0 24時間 A2DP、AVRCP TX:aptX LL、aptX、sbc ;RX:sbc ブラック Type-C充電ポート、光デジタル接続搭載
4
アイテムID:5838070の画像
トランスミッター レシーバー 2,099円

詳細を見る

1台で2役の機能が付いたお得なレシーバー

Bluetooth 5.0 最大約10時間連続使用 RX:A2DP、AVRCP、HFP、HSP TX:A2DP 大容量バッテリー搭載 ブラック 通信距離が10mと広め
5
アイテムID:5838073の画像
トランスミッター & レシーバー 3,480円

詳細を見る

充電しながら使える劣化に強い大容量バッテリー搭載しているタイプ

Bluetoothバージョン:5 約13時間 A2DP aptX LL, aptX, SBC 250mAh ブラック FMトランスミッター・レシーバーの両機能搭載

ブルートゥーススピーカーの設定・接続方法を紹介

ブルートゥーススピーカーで音楽を聴く時は、スマホと連動させる必要がありますが、この方法をペアリングと言います。ペアリングが上手くいかないと設定が出来ないので、手順について説明します。

 

ペアリングの際、最初にスピーカー側の電源を入れておきましょう。その後、スマホの設定でブルートゥース項目を選択し、接続をONにします。設定画面で該当機器の名前が出て来るので、その項目を選択すれば設定は完了です。

 

また、スマホ以外では音楽プレイヤーとも接続が可能です。Bluetoothを繋げられる!おすすめ音楽プレイヤー7選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

音質の悪い粗悪品の見分け方

ブルートゥースアイテムを探している時、ネットで見ていると分かると思いますが、ほとんどの製品が粗悪品と見分けがつきません。どの製品も品質が良く見えてきますが、音質の悪い低品質な粗悪品が隠れている可能性があります。

 

機能も沢山付いているのにかなり安い場合などは、模造品が多く音質も悪い事が多いです。また、製品のバージョンや規格などの必要情報が明記されていない場合も気を付けて見るようにしましょう。

 

気になる製品を見つけたら、まず口コミを参考にしましょう。また、商品比較サイトに掲載されている商品は信頼出来るメーカー品も多いので、参考にしてみて下さい。

高音質で音楽を楽しみたい方はカーオーディオがおすすめ

カーナビでも音楽の再生は可能ですが、高音質で楽しみ高い方はカーオーディオを選ぶのがおすすめです。ブルートゥース対応のカーオーディオなら手軽に手持ちの音楽を楽しめます。音質が上がるとドライブの気分も盛り上がるので、興味のある方はカーオーディオを選んでみましょう。

まとめ

車用ブルートゥースアイテムは、音楽を聴くだけではなく、上手く使えば日常生活でも非常に便利なアイテムです。こちらで説明している内容を参考に、ぜひお気に入りのブルートゥースアイテムを見つけて下さい。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

スマホで音楽!FMトランスミッターのおすすめ人気ランキング25選

スマホで音楽!FMトランスミッターのおすすめ人気ランキング25選

家電
通話ができるワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング15選【最強はどれ?完全ワイヤレスイヤホンも】

通話ができるワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング15選【最強はどれ?完全ワイヤレスイヤホンも】

その他日用品
【2021年最新版】リケーブルイヤホンの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】リケーブルイヤホンの人気おすすめランキング15選

趣味
【音質重視】カーオーディオの人気おすすめランキング15選【イエローハットも】

【音質重視】カーオーディオの人気おすすめランキング15選【イエローハットも】

AV・情報家電
【2021年最新版】AuXケーブルの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】AuXケーブルの人気おすすめランキング10選

AV・情報家電
【2021年最新版】カラオケマイクの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】カラオケマイクの人気おすすめランキング15選

趣味