記事ID143509のサムネイル画像

スタイラスペン(タッチペン)の人気おすすめランキング25選【pcやスマホに】

スタイラスペンはタッチペンとも呼ばれていてiphone、android、ipad以外にパソコンにも使えるものがあります。種類が豊富でイラストを描くのに適しているものや本物のペンと同じ感覚で描くことが出来る筆圧感知式など様々なタイプのスタイラスペンをご紹介します。

タブレットの作業に「スタイラスペン(タッチペン)」が便利!

スマートフォンやタブレットでイラストを描いたり手書き風の文字を書いたりゲームをしたりしていると、細かいところを押し間違えたり繊細な表現が出来ないと感じた経験はないでしょうか。

 

そんな方には是非細かい操作が可能なスタイラスペンがおすすめです。しかしスタイラスペンにも種類があり過ぎて困ってしまうと思います。

 

そこで今回はスタイラスペンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。この記事の最後にはタッチペンを自作で作る方法も紹介していますので是非最後までご覧になってください。

スタイラスペンとは?

そもそもスタイラスペンとはペンの先端に機器の電気を吸収する繊維を搭載し、指の代わりに反応させることでタッチパネルを操作できるようにするものです。一般的にスタイラスペンとタッチペンは言葉が違うだけでほぼ同義です。

 

指で操作するよりもスピーディーにスワイプしたり、ピンポイントにタップできるので押し間違いもしづらくなります。またイラストや文字を書いている方はより繊細な表現が可能になります。

使い方

スタイラスペンはペン先でタッチパネルの操作を行うことが出来ます。お分かりかと思いますが使い方はとてもシンプルで、ただ指の代わりにペンを使っていつも通りにお使いのデバイスを操作するだけです。

 

特別な機能がないシンプルなスタイラスペンでしたら、充電やお使いのスマートデバイスとペアリングする必要もないので何の準備もいらずにそのまま使用することが出来る便利で簡単なものです。

スタイラスペンの選び方

スタイラスペンは種類がたくさんあって悩んでしまいます。ここでは種類、目的、ペン先の素材、付加価値、字を書く仕組み、対応速度の6つの項目を選び方のポイントとしてそれぞれ紹介していきます。

種類で選ぶ

まず最初のポイントはスタイラスペンのペン先の種類です。ペン先が丸いタイプ、細いタイプ、筆タイプの3つの形状を紹介します。また繊細な表現のための筆圧感知タイプというものも併せて紹介します。

初めて使う方には「ペン先が丸いタイプ」

ペン先が丸いタイプは最もポピュラーなタイプです。スタイラスペンと聞くと真っ先に思い浮かべるのがこのタイプだと思います。このタイプのスタイラスペンは滑らかな書き心地が特徴です。

 

また最もリーズナブルな製品が多いのもこの形状のスタイラスペンです。これから初めてのスタイラスペンを買って試してみたいという方は、まずこのタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

スマホなどの小さい画面には「ペン先が細いタイプ」

AndroidやiPhoneなどの最近の機種は画面が大きくなったものが増えましたが、古い機種を使っている方は画面が小さくて操作しづらいと感じたことはないでしょうか。指で操作していると思わぬところをタップしてしまったりして困ってしまいます。

 

そんな方にはペン先が細いタイプのスタイラスペンがおすすめです。ボールペンの様なペン先で手になじみやすい形状が特徴で、指では表現できない細い線や直筆の様な文字を書くことが出来ます。

イラストを書く方には「筆タイプ」

先端が本物の筆の様な柔らかい素材でできているスタイラスペンで、水彩画や油彩画の様な表現が出来るタイプです。また絵だけではなく毛筆で書いたような文字を書くこともできます。

 

筆タイプのスタイラスペンは上述したような絵や文字を書くのに特化していますが、ゲームやネットサーフィンなどで行う細かいタッチや画面スクロール、文字入力などは向いていません。

繊細な描画を求めるなら「筆圧感知タイプ」

筆圧感知タイプは絵や文字などを描く際にスタイラスペンにかけた圧力を感知して線の太さや濃さを変えることが出来るタイプのスタイラスペンです。

 

使いこなせるとイラストや文字を描く際によりリアルな表現が可能になりますが、スタイラスペンごとの癖や使用するソフトとの相性もあるので思い通りに使いこなせるまで時間がかかる可能性があります。

目的で選ぶ

次に紹介するのは目的ごとのスタイラスペンの選び方です。メモ書きや文字入力、ゲーム用、イラスト用の3つの項目に分けてそれぞれどのタイプのスタイラスペンが適しているのかをご紹介します。

メモ書きや文字入力に使う

メモ書きや文字入力にはペン先が細いタイプのスタイラスペンがおすすめです。不意にさっと取り出してスピード感をもってメモなどを書きたい時にペン先が細いタイプだと細かい文字でも鉛筆やボールペンと同じ感覚で書くことが出来ます。

 

また文字入力をする際もペン先が小さいので手先が隠れません。スムーズに画面上のキーボードをタップして入力することが出来るのでこのタイプなら押し間違いもかなり減るかと思います。

ゲーム用に使う

ゲーム用にはペン先が丸いタイプのスタイラスペンがおすすめです。このタイプは接地面積が大きいので静電容量式タッチパネルに反応する感度が高く、スワイプなどのスピード操作に優れています。

 

またペン先の素材によっても操作性が変わってきます。ペン先は大きく分けてシリコン製と導電性繊維製の2種類のものがありますが、導電性繊維製のほうがより滑らかなタッチなので素早い操作に向いています。

イラスト用に使う

イラストを描く方には筆圧感知タイプのスタイラスペンがおすすめです。デジタルで描く漫画家やイラストレーターのほとんどがこの筆圧感知タイプのスタイラスペンを使っています。

 

スタイラスペンには商品ごとに癖があり、またソフトとの相性もあるため思い通りの線が描けるようになるまでは慣れが必要です。しかし一度慣れてしまえばその後の作業は非常に効率的に進めることが出来ます。

ペン先の素材で選ぶ

スタイラスペンのペン先に使われている素材は商品によって異なります。ここではシリコンゴム、導電性繊維、樹脂、透明ディスクの4つの素材の特徴をご紹介します。

スクリーンを傷つけにくい「シリコンゴム」

ペン先にシリコンゴムの素材を使ったスタイラスペンは、弾力があるためスクリーンを傷つけずに使用することが出来ます。またこのタイプのスタイラスペンはリーズナブルなものが多いのも特徴です。

 

シリコンゴムという特性上、他に使われている素材よりも摩耗しやすいためある程度使用したら買い替えることを前提にするくらいの気持ちで使用するといいでしょう。ペン先だけを交換できるもの商品もあるのでそちらもおすすめです。

滑らかな書き心地の「導電性繊維」

ペン先に網上に編んだ導電性繊維を使ったスタイラスペンはペン先のすべりが良く、サラサラとしたなめらかな書き心地が特徴です。またタッチ感度が抜群でストレスフリーな操作が行えるという特徴があります。

 

この素材を使用したスタイラスペンの多くは球状ですが、ボールペン状や筆状になっているタイプのものもあります。そういったタイプではイラストを描く際により繊細な表現が可能となります。

細かい作業がしやすい「樹脂」

ペン先に導電性の樹脂を使ったスタイラスペンはペン先が細いものが多く、ボールペンや鉛筆の様な書き心地で操作が出来ることが特徴です。小さな文字やイラストなどの微細な表現をしたいという方に適しています。

 

また筆圧感知タイプのスタイラスペンはこの素材のものに多いです。本物のペンを使っているような感覚を是非試してみてください。難点は硬い素材なので液晶画面を傷つけてしまうことがあります。液晶保護フィルムを貼るなどして対策するといいでしょう。

画面が見やすい「透明ディスク」

ペン先に透明ディスクを使ったスタイラスペンは手元の視認性に特化しているのが特徴です。透明な素材のため、操作をしながらペン先の画面を透かして見ることが出来ます。

 

また駆動式のディスクがペン先を保護して液晶画面との摩擦による劣化やほこりの付着を防止してくれます。硬めのスタイラスペンを使っていて液晶画面を傷つけてしまうというのはよくある話です。こういった素材のスタイラスペンを使うことで防止することが出来ます。

付加機能で選ぶ

次にスタイラスペンの付加機能について「2in1タイプ」、「充電方式」、「ストラップタイプ」、「機能切替ボタン」、「バームリジェクション機能」、「収納機能」、「円盤(ディスク)」の7つの項目に分けてそれぞれの機能をご紹介します。

紙とタブレットの両方で使える「2in1タイプ」

代表的な付加機能は1つのスタイラスペンで2通りの使い方ができる2in1タイプです。このタイプのスタイラスペンは両端に別々の素材がついていて、片方がシリコンゴム製のタッチペンとして使え、もう片方はインクを使用する本物のボールペンとして使えるものなどがあります。

 

普段はボールペンとして使いながらスマートフォンを操作する時にクルっとペンの向きを変えればそのままスタイラスペンとして使用することが出来ます。このタイプは使用する人を選ばないので贈り物として需要が高まっています。

「充電方式」は駆動時間もチェック

一般的にペン先が細いタイプのスタイラスペンは、画面との接地面性が小さく電流が伝わらないのでスマートフォンなどのデバイス側で反応しづらい傾向にあります。

 

そこで充電方式を採用したスタイラスペンでしたら、自ら電力を流してくれるので設置面積にかかわらず反応させることが出来ます。細い線を描きたいという方におすすめの機能ですが、商品によって持続可能な時間が違うので購入前によく確認しましょう。

持ち運びに便利な「ストラップタイプ」

ストラップタイプのスタイラスペンは本体にストラップを取り付ける用の小さい穴が開いています。そこにストラップ用の紐を通せば首からぶら下げるのもよし、バッグに取り付けるのもよしなストラップに早変わりします。

 

スタイラスペンは小さい物なので紛失してしまいやすいです。日常的に持ち運んで外出先での使用が多い方や、ビジネスで使用される方などの常に携帯しておきたいという肌身離さず持っていたい方におすすめの機能です。

創作に便利な「機能切り替えボタン」

スタイラスペンを使ってイラストや文字を描いたりする作業をしている方には機能切替ボタンが付いた商品がおすすめです。

 

アプリ上で作画モードと消しゴムモードの切り替えをするとなると画面タッチの操作が必要になりますが、この機能がついていればスタイラスペン上のボタンを押すだけで簡単に切り替えが可能になります。創作をよりスピーディーに行いたいという方におすすめです。

液晶へのタッチを無効化してくれる「パームリジェクション機能」

大きいディスプレイを使っている方などは誤作動を避けるために手を浮かしてスタイラスペンを使用していないでしょうか。

 

パームリジェクション機能を搭載したスタイラスペンならば、本物の紙に書いているように手の側面や手のひらを画面につけてもペン先にだけ反応するようになっています。この機能があれば自然な姿勢で楽に作業をすることが可能です

収納に便利な「ノック式」や「クリップ付き」

スタイラスペンのペン先は液晶画面や持ち運びしている際の摩擦で摩耗しやすく汚れも付着してしまい放っておくと反応が悪くなってしまいます。特にシリコンゴム製の素材を使用したスタイラスペンは他の素材よりもその傾向が顕著です。

 

そこでノック式でしたらボールペンのように使用する時だけペン先を露出させることが出来ます。またクリップ付きであれば胸ポケットなどに固定することが出来るのでほこりから守りながら手軽に持ち運びが可能です。

「円盤(ディスク)」つきのものは安定性高め

円盤(ディスク)が先端に搭載されたスタイラスペンは書く際の安定力が高いのが特徴です。駆動式の円盤が画面に垂直に吸い付くことで、どの角度からでも安定して線を引くことが出来ます。

 

また一見操作時に邪魔になってしまいそうなディスクですが、透明な素材でできているためペン先の視認性が悪いという事もありません。

字を書く仕組みで選ぶ

指の代わりにスタイラスペンを使ってスマートデバイスが操作できる仕組みは「感圧式」、「静電式」、「デジタライズタイプ」の3つがあります。1つずつその特徴をご紹介します。

安価なのは「感圧式」

最も価格が安いものが多いのは感圧式です。この仕組みを利用したスタイラスペンは充電の必要やデジタル機器を搭載する必要もない簡単なものです。カーナビや携帯ゲーム機にこの方式を採用しているものが多いです。

 

大多数のスマートフォンでは静電式を採用しています。誤って感圧式を買ってしまい、スマートフォンが操作できないという失敗をしてしまう方が多いので気を付けましょう。

どこでも購入できるのは「静電式」

ほとんどのスマートフォンやタブレットに搭載されているのは静電式です。ペン先とタッチパネルが触れた際に静電気が伝わることによって操作が可能になっています。

 

この方式では電気を通す必要がありますが、設置面積が極端に少ないペン先の場合を除けば必ずしもスタイラスペンの充電が必要なわけではありません

「デジタライズタイプ」はラグもずれも最も少ない優れもの

デジタライズタイプのスタイラスペンは、あらかじめタブレットやパソコンにスタイラスペンを認識させることで書いた位置を出力するタイプのものです。ラグやずれが極限まで低減されています。

 

またスタイラスペンを「ペン」としてデバイス認識するので、指では通常通りの操作を同時に行うことが出来ます。例えば右手ではスタイラスペンで絵を描き、左手では拡大と縮小や画面の移動を行うなど効率的に作業することが出来ます。

対応速度が速いものを選ぶ

スタイラスペンを選ぶ際の基本的な判断ポイントは反応速度です。ここでいう反応速度とはスタイラスペンがタッチパネルに触れてからデバイスが反応するまでの速度のことです。

 

この速度が遅いとペンの動作に対してラグが発生してしまい書きづらくなってしまいます。逆に速ければ速いほどリアルな感覚で作業が出来ます。スムーズに描きたい際はなるべく反応速度が速い商品を選びましょう。

【メモ書き・文字入力】スタイラスペンの人気おすすめランキング5選

第1位

Adrawpen

タッチペン

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約1.5時間のフル充電で最大48時間の連続使用が可能な2in1

直径1.5mmの極細のペン先と導電繊維ペン先の2種類が両端に搭載された2in1のスタイラスペンです。細かい線などの繊細な表現がしたい時は充電してから超極細タイプをお使いください。一方導電性繊維の方では充電不要でサラサラとした滑らかな描き心地を実現します。

 

大容量のバッテリーが内蔵されており、1.5時間のフル充電で最大48時間の連続使用が可能です。5分間使用しないでいると自動的にスリープ状態になるので電源の消し忘れ防止にもなります。

重量0.28gカラーホワイト・ブラック
バッテリー内蔵

口コミを紹介

iPhone7,iPad mini 第二世代だとめちゃくちゃスムーズに書けます。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

PONY

タッチペン

価格:1,198円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫な素材で耐久性2倍

従来のデザインと異なる双方向磁気キャップ付きでペン先に近づけるだけで自動的にくっつきます。両端ともマグネットデザインでシンプルかつ上品な外観の商品です。

 

本体はアルミ製の円筒形で円盤の先端は金属製の鋼ボールによって接続されています。耐久性に優れたこちらの商品は従来の所品よりも長く安心して使用することが出来ます。

重量20gカラーグレー・ブラック
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

最初の頃は安価な商品かなと思っていたが、思った以上コスパが高い、シンプルなデザインも気になる。Apple Pencilのかわりに、こっちの方がおオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

aibow

タッチペン 3本+ペン先3個

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃密導電繊維で滑らかな操作性

こちらの商品はペン先が交換式になっています。ブルー、ブラック、ホワイトの3本のペンと交換用のペン先が3つ付属されるので油分やほこりなどの付着による使用感が出てきたらペン先だけ交換して使用することが出来るコスパの高い商品です。

 

また交換方法もネジ式タイプなので工具は何も必要ありません。初めてのスタイラスペンなどでとりあえずお試しで探している方におすすめの商品です。

重量50gカラーブルー・ブラック・ホワイト
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

文字入力時指でやると複数同時に押したりのトラブルがなくなった。スマートで使いやすい良い製品。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Briskyjp

タッチペン

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPad、iPhone、Androidのほぼすべてに対応する互換性

タッチペン全体の酸化処理により高級感のある外観は塗装の剥離などもなく長期間使用することが出来ます。滑りにくい設計で握りやすく書き心地も抜群の商品です。1.4mmの超極細ペン先は弾性設計と曲面先端になっていて素早い操作でも液晶画面を傷つけません。

 

充電は本体に搭載されたMicroUSB入力ポートから可能で、フル充電後最大約10時間の連続使用が可能です。オートスリープも搭載しているので電源を切り忘れる心配もありません。

重量16.5gカラーシルバー・ブラック・ホワイト
バッテリー内蔵

口コミを紹介

非常にコストパフォーマンスが高いタッチペンだと思います。
Apple Pencilは高すぎて手が出せないという私のような人におすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Mixoo

スタイラスペン 10本セット

価格:699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10本セットでコスパ最強

ペン先は柔らかいシリコンゴム製の素材を採用した高感度で滑らかな描き心地のスタイラスペンです。ペン本体の長さが112mmで重さはわずか3gしかありません。それでいてクリップも付いておりストラップ取付用の穴も開いているので持ち運びに最適です。

 

なんといっても驚きなのは10本セットで699円という驚きの低価格です。これだけあれば万が一紛失しても問題ありません。

重量3gカラーシルバー、グリーン、アジュール、ブルー、ゴールド、ホワイト、ローズゴールド、 レッド
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

10本入りなので、いろんなところに忍ばせて、スマホだけではなくてATMやセルフレジのタッチ画面でも使ってます。公共の場のタッチパネルやタブレットは汚いので触りたくなかったのですが、コロナ禍のおかげで違和感なく使えますし、実際使いやすくていいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【メモ書き・文字入力】スタイラスペンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5540702の画像

    Adrawpen

  • 2
    アイテムID:5540820の画像

    PONY

  • 3
    アイテムID:5540871の画像

    aibow

  • 4
    アイテムID:5540905の画像

    Briskyjp

  • 5
    アイテムID:5540925の画像

    Mixoo

  • 商品名
  • タッチペン
  • タッチペン
  • タッチペン 3本+ペン先3個
  • タッチペン
  • スタイラスペン 10本セット
  • 特徴
  • 約1.5時間のフル充電で最大48時間の連続使用が可能な2in1
  • 丈夫な素材で耐久性2倍
  • 濃密導電繊維で滑らかな操作性
  • iPad、iPhone、Androidのほぼすべてに対応する互換性
  • 10本セットでコスパ最強
  • 価格
  • 2299円(税込)
  • 1198円(税込)
  • 999円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 699円(税込)
  • 重量
  • 0.28g
  • 20g
  • 50g
  • 16.5g
  • 3g
  • カラー
  • ホワイト・ブラック
  • グレー・ブラック
  • ブルー・ブラック・ホワイト
  • シルバー・ブラック・ホワイト
  • シルバー、グリーン、アジュール、ブルー、ゴールド、ホワイト、ローズゴールド、 レッド
  • バッテリー内蔵
  • ×
  • ×
  • ×

【ゲーム用】スタイラスペンの人気おすすめランキング5選

第1位

LEZUN

タッチペン

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2in1のハイスペックタッチペン

1.45mmの超極細ペン先で指先よりも自然な書き心地となめらかな操作を実現しました。指先でのプレイが難しいゲームも快適にプレイすることが可能です。ペン先が細いため画面が隠れることもなく視認性も抜群です。

 

さらに逆の先端には交換可能な高感度導電性繊維キャップが付いています。柔らかい素材なので操作時にコツコツと音を立てることもなく、サラサラとした滑らかな使い心地です。

重量40gカラーホワイト・ブラック
バッテリー内蔵

口コミを紹介

早速使ってみましたが細書きで、滲むこと無く書けて感動しました。
とても使いやすく便利です!お気に入りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Elemiya

タッチペン

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適かつ高級感溢れる設計

MicroUSB入力端子を搭載したバッテリー内蔵のスタイラスペンなのに、重量はわずか16gしかなく長時間使用していてもストレスを感じにくくなっています。

 

直径1.45mmのクッション性もある超極細ペン先と、逆側には導電性繊維のペン先を搭載していてスマホパズルゲームも細かい表現が必要なイラスト類もどちらも対応できます。充電は1-2時間の充電で8-10時間の連続使用が可能です。

重量16gカラーブラック・ホワイト
バッテリー内蔵

口コミを紹介

初めてタッチペンを買いました。デザイン(ブラック)格好よく、握り心地よく、使い心地もいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Mixoo

Mixoo スタイラスペン

価格:2,781円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感あふれるデザイン

滑らかな描き心地の導電性繊維タイプと安定性抜群のディスクタイプの2in1タイプのスタイラスペンです。ペン先が劣化した際の交換用ペン先がそれぞれ付属するためコスパも高い商品です。

 

高品質なアルミニウムを採用したペン本体は耐久性が抜群なうえ、ディスクタイプ側にはラバーグリップがついていて握りやすさが格段に上がっています。見た目だけではなく機能性も兼ね備えたおすすめ商品です。

重量24gカラーブラック・シルバー・グレー・ローズゴールド・ホワイト・ブルー
バッテリー内蔵

口コミを紹介

このタイプがほしくて買いました。
反応がよくて満足しています。
タブレット用にもうひとつ購入しようか検討中です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Gouler

タッチペン

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファッション性に富んだデザインで操作性も抜群

タッチペン本体に上品なアルミ素材を採用し、ボディには酸化処理がされているため長期間の使用でも塗膜の剥がれ落ちを防止しています。ペン本体にクリップがついているためシャツの胸ポケットなどに収納でき、それでいてファッション性を損ないません。

 

1.45mmの超極細ペン先で、指ではタップしづらいところも快適にタップできるのでパズルゲームなどには最適です。USB充電式で1回のフル充電後約15時間の連続使用が可能です。

重量60gカラーシルバー・ブラック
バッテリー内蔵

口コミを紹介

現在、iPhone XSとアイビスペイントを使用して絵を描いてます。iPhone SEからの機種変更を機に、こちらのペンを買ってみたのですが、以前はどのタイプのペンでも指で描いた方が早かったのに、このペンは本当に使いやすい…!感動しました!

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

エレコム

P-TPCN

価格:1,704円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペン先を守るノック式のスタイラスペン

ペン先に超高感度かつ高密度なファイバーチップを採用したことにより、軽い力で滑るような操作が可能になりました。広範囲の接地面を確保したことで素早いタップやスワイプ操作にも対応できます。

 

持ち運びに便利なクリップがついているためシャツの胸ポケットに忍ばせることも可能です。さらに使用しない時はペン先を収納できるノックタイプなのでペン先の繊維表面の摩耗やごみの付着を防ぎます。

重量20gカラーブラック・ブルー・ホワイト
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

気にしすぎと言われそうですが、このご時世なので、タッチパネルに指で触れるのが嫌で購入しました。
銀行のATMでもガソリンスタンドのタッチパネルでも、ストレスなく使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

【ゲーム用】スタイラスペンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5540944の画像

    LEZUN

  • 2
    アイテムID:5540982の画像

    Elemiya

  • 3
    アイテムID:5540993の画像

    Mixoo

  • 4
    アイテムID:5541000の画像

    Gouler

  • 5
    アイテムID:5541011の画像

    エレコム

  • 商品名
  • タッチペン
  • タッチペン
  • Mixoo スタイラスペン
  • タッチペン
  • P-TPCN
  • 特徴
  • 2in1のハイスペックタッチペン
  • 快適かつ高級感溢れる設計
  • 高級感あふれるデザイン
  • ファッション性に富んだデザインで操作性も抜群
  • ペン先を守るノック式のスタイラスペン
  • 価格
  • 1999円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 2781円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 1704円(税込)
  • 重量
  • 40g
  • 16g
  • 24g
  • 60g
  • 20g
  • カラー
  • ホワイト・ブラック
  • ブラック・ホワイト
  • ブラック・シルバー・グレー・ローズゴールド・ホワイト・ブルー
  • シルバー・ブラック
  • ブラック・ブルー・ホワイト
  • バッテリー内蔵
  • ×

【イラスト用】スタイラスペンの人気おすすめランキング5選

第1位

Abida

タッチペン

価格:2,159円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超大容量バッテリー内蔵で120時間のスタンバイ可能

こちらの商品はペン先に耐久性の優れた日本製カーボンナノファイバー素材を2.4mmの極細タイプで採用しています。リアルにこだわって作られており、本物のペンの様な質感を感じながら使用することが出来ます。

 

180mAhの大容量リチウムバッテリーを内蔵したことで1回の充電で約12時間の連続使用と120時間を超えるスタンバイが可能になっています。電源を入れる際はスイッチを一度押すだけで即使用可能です。未使用時は5分間でオートスリープするようにもなっています。

重量20gカラーブラック・漆黒
バッテリー内蔵

口コミを紹介

これまでのディスクタイプと比べるとペン先がよく見れて描きやすいです。また鉛筆のような六角形のボディは、描き続けた時の疲労感が少なく、線の延滞もほとんどないので描いていて楽しいです。描き味もクレヨンで画用紙に書いているような抵抗感があっていいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

GreenBulb

スタイラスペン

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能なのに低価格

こちらの商品はバッテリー内蔵タイプのスタイラスペンですが、イヤフォンジャックに差し込むことで使用するデバイスから電源が供給できるのでペン本体の充電は必要ありません。

 

筆圧感知、ショートカットボタン、パームリジェクションなどの多くの高機能を持ちながら3980円という低価格で販売されているコスパの高い商品です。いろいろな機能を試してみたいという方におすすめの商品です。

重量100gカラーアクアグリーン・ブラック
バッテリー内蔵

口コミを紹介

アンドロイドタブレットで使っています。
筆圧感知ができるスタイラスペンで値段もお手頃。とても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

MEKO

スタイラス タッチペン2本 +交換用ペン先6個

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの付属品で満足できるセット

高級シリコンで作られたディスクタイプのペン先は安定性が高くどんな角度からでもスムーズに線を描くことが出来ます。また柔らかい素材なのでタッチパネルを操作してもコツコツという音が出ない静音設計です。

 

スタイラスペン本体2本にそれぞれディスクタイプのペン先を搭載しており、それに加えてクリップ付きのネジ式のキャップ、ディスクタイプのペン先4つ、導電性繊維のペン先2つが付属品として含まれている大満足なセットの商品です。

重量20gカラーブラック・ゴールド・シルバー・パープル・ピンク・ブルー・ホワイト・レッド
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

ガラスフィルムを張っていますが、気になりません。
重さも長時間は疲れるかと思いますが、安定感が出る重さで丁度良いと思います。
何より安く、替えも豊富にあるので長く使えそうです。あと安っぽくないのが良い!

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Bargains Depot

スタイラスペン

価格:899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大量の交換用ペン先で長期間の使用が可能

スタイラスペンの本体には高品質のアルミニウムを採用しています。耐久性もグリップもしっかりしているため長期間の使用に最適です。

 

また両端にシリコンゴム製のペン先が付いていますが、20個もの交換用ペン先が付属しています。長期間の使用によって操作性が落ちることがりますが、ペン先の摩耗や汚れの付着が原因なことがほとんどなので交換することでまた操作性が元に戻ります。

重量22.68gカラーシルバー・ブラック・ブルー・ローズゴールド
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

100均の物は、画面に引っかかるような感じだったので
これもそんな感じだろうと思って余り期待しないで買ったのだが
思った以上にスムースに動いてくれたので驚いた。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

RIO

スマート液晶タッチペン

価格:650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリップ付きの2in1タイプ

1000円を切る低価格帯ながらもグリップ付きで握りやすく重量も19.4gしかないため長時間の使用でも疲れにくいデザインのスタイラスペンです。

 

さらにペン先は極細タイプとワイドタイプの2in1設計で細かい表現もスムーズなタッチスワイプ操作も快適に行えます。またカラーバリエーションも豊富なので自分の好みに合わせて選ぶことが出来るのもおすすめポイントです。

重量19.4gカラーゴールド・シルバー・ピンク・ブラック・ブルー・レッド
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

以前は指で書いていたので、とても書きやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【イラスト用】スタイラスペンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5541068の画像

    Abida

  • 2
    アイテムID:5541133の画像

    GreenBulb

  • 3
    アイテムID:5541160の画像

    MEKO

  • 4
    アイテムID:5541189の画像

    Bargains Depot

  • 5
    アイテムID:5541234の画像

    RIO

  • 商品名
  • タッチペン
  • スタイラスペン
  • スタイラス タッチペン2本 +交換用ペン先6個
  • スタイラスペン
  • スマート液晶タッチペン
  • 特徴
  • 超大容量バッテリー内蔵で120時間のスタンバイ可能
  • 高機能なのに低価格
  • 多くの付属品で満足できるセット
  • 大量の交換用ペン先で長期間の使用が可能
  • グリップ付きの2in1タイプ
  • 価格
  • 2159円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 899円(税込)
  • 650円(税込)
  • 重量
  • 20g
  • 100g
  • 20g
  • 22.68g
  • 19.4g
  • カラー
  • ブラック・漆黒
  • アクアグリーン・ブラック
  • ブラック・ゴールド・シルバー・パープル・ピンク・ブルー・ホワイト・レッド
  • シルバー・ブラック・ブルー・ローズゴールド
  • ゴールド・シルバー・ピンク・ブラック・ブルー・レッド
  • バッテリー内蔵
  • ×
  • ×
  • ×

【windows10/iPad向け】スタイラスペンの人気おすすめランキング5選

第1位

Wacom

Bamboo Ink

価格:7,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Windows Inkに最適なスマートペン

こちらの商品はWindows Ink向けに設計されたスタイラスペンです。ペンのトップについているボタンを押すだけでWindows Ink、もしくはお気に入りのペン対応アプリの起動が可能になっています。

 

筆圧感知タイプのペン先でよりリアルで自然な描き心地を実現しています。さらに3種類の柔らかさのペン先が付属しており、自由に付け替えて使用可能です。

重量20gカラーブラック
バッテリー内蔵

口コミを紹介

趣味で漫画を描いています。SurfacePro(2017)用に買いました。
普段からWacom製品の液タブを使用しているせいか、
幾つかのスタイラスペンを使った中で一番違和感がなく描き易いと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

JAMJAKE

タッチペン

価格:2,788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

第三世代iPad専用タッチペン

iOS12.2以降かつ第三世代以降のiPad専用に開発されたこちらのスタイラスペンは磁気吸着機能で使用しているデバイスに吸着します。iPadとセットで持ち運べるので保管にも便利です。吸着だけでワイヤレス充電はサポートしていないので注意してください。

 

ペン先の傾き具合を感知して線の太さを自動に変える機能やパームリジェクション機能も搭載しているので使用中に手が画面に触れてもペン先にしか反応しないようになっています。Apple Pencilが欲しいけど高くて手が出ないという方におすすめしたい商品です。

重量60gカラーホワイト・シルバー
バッテリー内蔵

口コミを紹介

スラスラ書けます。線も細くて小さい文字が書けます。
アップルペンシルのように筆圧はないですが、文字を書くには十分満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

mpio

Surfaceペン

価格:3,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Windows専用タッチペン

こちらの商品を使用する際に面倒な設定は一切不要です。ペン先とSurfaceの平面側を軽く押すだけですぐに使用することが出来ます。遅延のない反応速度と4096レベルの筆圧感知機能でリアルで繊細な表現を実現しました。

 

機能性も豊富で右クリックボタン、消しゴムボタンを搭載しているため画面上の操作をせずに機能を切り替えることが可能です。またペン先は交換用ツールを使えば新品と交換可能です。長期間の使用も安心して行えます

重量60gカラーシルバー・ブラック
バッテリー内蔵

口コミを紹介

箱をあけて電池を入れるだけでいきなり使用できた。軽い。クリックボタンが柔らかい。替え芯がついている。思い通りに気持ちよく遅延なく線がひける。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

heiyo

Heiyo タッチペン

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Android、iOS、Windowsにも使用できる互換性抜群のスタイラスペン

フル充電後最大8時間の連続使用が可能で、省エネルギー設計のため5分間使用しないと自動的に電源がOFFになるので電源の切り忘れでエネルギーを浪費することが無くなります。

 

1.45mmの超極細ペン先で精密な操作が出来ることに加え、滑らかな描き心地でさっとメモを取りたい時にもスピーディーに記録することが出来ます。また本体上部にはLEDインジケーターが付いており、ペンのステータスが一目でわかるようになっているのも便利です。

重量100gカラーシルバー・ブルー
バッテリー内蔵

口コミを紹介

 他の同様のタッチペンと比べて滑りがなめらかで書き心地が気持ち良く、長さもちょうどです。特にラウンド状の発光部が角度を選ばずon/offを直ぐに確認できて判りやすく、カチッとハマるマグネット充電もスムーズで脱着しやすいちょうどの強さです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Ciscle

タッチペン

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高感度にこだわる1.45mmの極細ペン先を搭載

本体と接続する際にBluetooth接続は不要で、ペン先で液晶画面を1秒ほど押すだけでタッチペンの電源が自動的にONになります。省エネ設計で5分間使用せずにいると自動的に電源がOFFになるのでバッテリーの浪費を抑えることが出来ます。

 

直径わずか1.45mの超極細ペン先で自然な描き心地と正確で微細なタッチを可能にしています。イラストなどの微細な表現も文字入力やゲームのスピード感のあるタップやスワイプ操作にも適しています。

重量100gカラーホワイト
バッテリー内蔵

口コミを紹介

Bluetoothで接続しているわけではないのでどうしても反応や精度はApple pencilには及びませんが、書き心地が本物のペンのような気持ち良さがあります。充電式、そして自動電源オフとこの値段でこの機能はかなり満足できる商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

【windows10/iPad向け】スタイラスペンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5541092の画像

    Wacom

  • 2
    アイテムID:5541339の画像

    JAMJAKE

  • 3
    アイテムID:5541348の画像

    mpio

  • 4
    アイテムID:5541367の画像

    heiyo

  • 5
    アイテムID:5541384の画像

    Ciscle

  • 商品名
  • Bamboo Ink
  • タッチペン
  • Surfaceペン
  • Heiyo タッチペン
  • タッチペン
  • 特徴
  • Windows Inkに最適なスマートペン
  • 第三世代iPad専用タッチペン
  • Windows専用タッチペン
  • Android、iOS、Windowsにも使用できる互換性抜群のスタイラスペン
  • 高感度にこだわる1.45mmの極細ペン先を搭載
  • 価格
  • 7990円(税込)
  • 2788円(税込)
  • 3599円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 重量
  • 20g
  • 60g
  • 60g
  • 100g
  • 100g
  • カラー
  • ブラック
  • ホワイト・シルバー
  • シルバー・ブラック
  • シルバー・ブルー
  • ホワイト
  • バッテリー内蔵

【iPhone/Android向け】スタイラスペンの人気おすすめランキング5選

第1位

エレコム

タッチぺン

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

単6乾電池で動作するアクティブタッチペン

1.5mmの極細ペン先でイラストや文章書き込みでより繊細な表現を可能にしたこちらの商品は単6乾電池1本で作動するアクティブなスタイラスペンです。非電池式のスタイラスペンと比較するとより反応が良く、なめらかなタッチ感が特徴です。

 

ペン先には導電性に優れたポリアセールを採用しています。ゴムに比べて耐久性に優れていて金属よりも柔らかいため液晶画面を傷つけにくくなっています。

重量40gカラーシルバー・ピンク・ブラック・レッド
バッテリー内蔵電池駆動

口コミを紹介

なうなうなう、このレビューをこのペンで書いております。電池式の為、単6電池を探すことが大前提ですが、私はヤマダ電機にて全ての電池を買い占めましたので、向こう数年使い続ける事が出来ます。指紋ベタベタが嫌いだったので、出会えて良かったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ESR

ESR スタイラスペン

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超大容量のバッテリーと1.4mmのペン先を搭載

iPad、iPhone、Samsungのスマートフォンやタブレット、その他のAndroidデバイスなどの静電容量式タッチスクリーンを備えたすべてのデバイスに幅広く対応しています。面倒なBluetoothのペアリングも不要で電源を入れたらすぐに使用することが可能です。

 

USB充電式バッテリーを搭載しており、わずか1時間の充電で最大10時間の連続使用と30日間の待機を可能にします。また電源が付いた状態で30分経過すると自動的に電源がOFFになる省エネ設計です。

重量24.8gカラーホワイト
バッテリー内蔵

口コミを紹介

iPhone xで簡単なイラストを描くために購入しました!!
とてもいいと思います!軽くて持ちやすくてイラスト用にぴったりです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Semiro

タッチペン

価格:2,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感あふれる設計の2in1タッチペン

1.45mmの超極細ペン先で指先よりも繊細な表現を可能にし、ストレスなくイラストを作成することが出来ます。もう一つの先端には交換可能な導電性繊維を搭載しており、柔らかい材質なので保護フィルムが無い状態でも画面を傷つける心配がありません。

 

またこちらの商品はペン内部にバネを使用しており、程よい弾力を持たせることによってペン先の長寿命化を実現しました。

重量14.8gカラーシルバー・ブラック
バッテリー内蔵

口コミを紹介

手元に届いて期間は短いですが、デザイン良し!使いやすい!かさばらない!お気に入りの一つになりました。充電は一般的なUSBなので、不便さは一切感じません。気になるのは耐久性ですがこればっかりは使い続けないとわかりませんね☆ 

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

The Friendly Swede

マイクロニットスタイラスペン 3本セット

価格:1,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧スウェーデン発のブランド品

スタイラスペンで多くの人気と信頼を得ているスウェーデンのメーカーThe Friendly Swedeからペン先交換式のマイクロニットスタイラスペンが異なるカラーバリエーション3色のセットで販売されています。

 

スタイラスペン3本に加えて交換用のスペアペン先が3つ付いてくるとてもお得なセットの販売です。また携帯用のストラップも付いているので専用の穴に通せば首からぶら下げることも可能です。肌身離さず使いたい方やビジネスで使用する方には最適な機能です。

重量40gカラーピンク・ライトブルー・パープル
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

導電性のタッチペンは便利ですね♪
ゴムと違うので、画面の滑りはいいし、ストレスなく操作できるのが良かったです♪

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

LOE

タッチペン

価格:650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マットコーティングされた上質な質感

6mmと7mmの2種類のペン先を搭載しており、お好みで使い分けることが出来ます。キャップも付いているので使用しない側につけておけば摩耗や汚れの心配もありません。

 

どちらも伝導率が高くやわらかなメッシュ素材を使用していて、高い耐久性と軽いタッチ操作を実現しています。価格も1本650円という低価格でコスパも高いので、これから初めてのスタイラスペンを購入しようとしている方におすすめです。

重量17gカラープレミアムシルバー
バッテリー内蔵×

口コミを紹介

通常の操作で反応などに違和感を感じることは全くありませんし
手書き入力でも点線になることも無く快適に使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

【iPhone/Android向け】スタイラスペンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5541771の画像

    エレコム

  • 2
    アイテムID:5541776の画像

    ESR

  • 3
    アイテムID:5541791の画像

    Semiro

  • 4
    アイテムID:5541803の画像

    The Friendly Swede

  • 5
    アイテムID:5541814の画像

    LOE

  • 商品名
  • タッチぺン
  • ESR スタイラスペン
  • タッチペン
  • マイクロニットスタイラスペン 3本セット
  • タッチペン
  • 特徴
  • 単6乾電池で動作するアクティブタッチペン
  • 超大容量のバッテリーと1.4mmのペン先を搭載
  • 高級感あふれる設計の2in1タッチペン
  • 北欧スウェーデン発のブランド品
  • マットコーティングされた上質な質感
  • 価格
  • 3240円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 2190円(税込)
  • 1199円(税込)
  • 650円(税込)
  • 重量
  • 40g
  • 24.8g
  • 14.8g
  • 40g
  • 17g
  • カラー
  • シルバー・ピンク・ブラック・レッド
  • ホワイト
  • シルバー・ブラック
  • ピンク・ライトブルー・パープル
  • プレミアムシルバー
  • バッテリー内蔵
  • 電池駆動
  • ×
  • ×

タッチペンを自作しよう!

スマホなどの静電式のタッチパネルは画面に触れると発生する電流の変化を感知することでタッチした場所を認識し操作できるのですが、要するに電気を通せる物であれば指でなくても操作することが出来るのです。例えばアルミホイルなんかは最適です。

 

これを踏まえるとボールペンにアルミホイルを巻いただけで自作のタッチペンが完成します。アルミホイルで綿棒を巻いたものでもタッチペンとして使うことが出来ます。もう少しこだわるなら鉛筆の補助軸にカットした導電スポンジを詰めれば見た目もタッチペンらしくなります。

まとめ

今回はスタイラスペンの選び方のポイントとおすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。スタイラスペンの購入を検討している方は、是非今回ご紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。

TOPへ