記事ID143475のサムネイル画像

【徹底比較】スパークリングワインの人気おすすめランキング20選

口当たりの良さと華やかな雰囲気が魅力の「スパークリングワイン」。プレゼントや特区別な日にもおすすめです。でも、シャンパンやカヴァなど種類もさまざまで、どれがよいのか迷ってしまいがち。そこで今回は、人気のスパークリングワインの20銘柄をランキング形式でご紹介します。

スパークリングワインの魅力

スパークリングワインとは、発泡性のワインのこと。グラスに注いだ時に立ち上る美しい気泡や、口に含んだときの爽快感が魅力です。

 

スパークリングワインはその華やかさから、パーティー用などとして重宝されますが、シャンパンなどの高級なものから、デイリーで使えるコスパが良いものまで様々なので、シーンに合わせて選ぶことができます。

 

今回はそんなスパークリングワインの選び方や、おすすめの20銘柄をランキング形式でご紹介します。記事の最後には、スパークリングワインの扱い方も紹介していますので、購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

カロリーと度数

口当たりがよく、飲みやすいスパークリングワインは、つい飲み過ぎてしまうことも多いもの。そんなときに気になるのがカロリーではないでしょうか。

 

スパークリングワインのカロリーは100mlで「100kcal」程度といわれています。ビールや焼酎などと比較すると、比較的高いのが特徴です。

 

またアルコール度数に関しては、普通のワインと比べるとスパークリングワインの方が若干低い傾向にあります。ワインは原料のぶどうの種類や産地によってアルコール度数に違いが出てくるので、気になる方は購入する前にアルコール度数をチェックしてみましょう。

スパークリングワインとシャンパンの違い

シャンパンとスパークリングは、同じものだと思っている方も多いのではないでしょうか?でも実は、スパークリングワインとシャンパンは別物なのです。

 

スパークリングワインは、発泡性のワイン全般のことを指す総称です。一方で、シャンパンはスパークリングワインの一種ということになります。フランスのシャンパーニュ地方で、法律に定められた厳しい条件をクリアしたものだけが「シャンパン」と名乗ることができます

 

スパークリングワインを造る製法はいくつかありますが、シャンパンは伝統的方式(トラディショナル方式)という方法で造らなければなりません。この製法はスパークリングワインを造る方法の中で、一番手間とコストを要します。そのため、シャンパンは高品質で高価なものになります。

スパークリングワインの総称

スパークリングワインは、国によって呼び方(総称)が違います。欧州各国でのそれぞれの呼び方と代表的なスパークリングワインを、以下の表にまとめましたのでご覧ください。

 

スパークリングワインの総称 代表的なスパークリングワイン
フランス ヴァン・ムスー シャンパン、クレマン
イタリア スプマンテ プロセッコ、フランチャコルタ、ランブルスコ
スペイン エスプモーソ カヴァ
ドイツ シャウムヴァイン ゼクト

スパークリングワインの選び方

ここからはスパークリングワインの選び方のポイントをお伝えしていきます。ポイントを参考に、目的やお好みに合ったものを選びましょう。

人気の種類で選ぶ

スパークリングワインは品種ごとにそれぞれ特徴があり、製法や産地などによっても違いがあります。そこでここからは、特に人気の種類をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

価格を抑えつつ上質なワインを楽しみたいならスペインの「カヴァ(Cava)」

スペイン生まれのスパークリングワイン「カヴァ(Cava)」。価格を抑えながらも、上質なワインを楽しみたい方におすすめです。

 

カヴァはスペインで造られているスパークリングワインであるため、シャンパンとは名乗れませんが、シャンパンと同じ製法で造られ、使用するぶどうの品種や醸造期間が法律により厳しく決められています。

 

爽やかで軽快な飲み口のものが多いので、特に食前酒に選ばれることが多いですが、お料理との相性が良いのも特徴です。ホームパーティーや普段使いにもおすすめできる一本です。

食事と一緒に楽しみたいならイタリア の「プロセッコ(Prosecco)」

イタリアではスパークリングワインは「スプマンテ」と総称されます。その中でも、お料理とのマリアージュが素晴らしいのが、「プロセッコ」。マリアージュとは、料理とワインの組み合わせの相性が最高になることを意味します。

 

プロセッコは、口当たりが爽やかで、フルーティーな香りと勢いを感じる風味が特徴です。さっぱりとしながらも旨味のある料理と相性抜群。食事をしながらワインを楽しみたい方に、ぴったりのワインです。

 

シンプルにローストしたお肉や、グリルした野菜との相性も良いです。魚や生ハム、カルパッチョなどの前菜にもよく合い、シャンパンのように食前酒として楽しむことができます

幅広い品種が楽しめるドイツの「ゼクト(Sekt)」

ドイツではスパークリングワインを「シャウムヴァイン」と総称し、代表銘柄は「ゼクト」と言われます。ゼクトは、すっきりとした酸味と華やかな香りが感じられる個性的な味わいが特徴です。

 

また幅広い品種が楽しめるのもゼクトの魅力。ゼクトの中には、規定が厳しい「ドイチャー・ゼクト」「ゼクト b.A.」などの細かな種類があります。

 

近年、日本などに輸出されているものは個性豊かで高品質なものが多く、普段とは違ったスパークリングワインを楽しみたいという方にも人気があります。

色で選ぶ

スパークリングワインには白・赤・ロゼなどの色の種類がります。色で選ぶ場合は、料理に合わせて決めるのがおすすめです。それぞれの特徴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

どんな料理にも合わせやすい「白」

どのような食事にも合わせやすいのが白のスパークリングワインです。カルパッチョやサラダ、ハーブを使ったさっぱりした料理などがお好みなら、白のスパークリングワインを選んでみましょう。

 

その他にも、白身魚や貝類、イカやエビなどの魚介類も白ととても相性がよいです。また日本料理などの素材を活かした調理法の料理には少し甘口の白がおすすめ。中華やフランス料理など、こってりしたものや複雑な味わいを持つ料理には辛口の白がよく合います。

イベントごとにもピッタリ「ロゼ」

赤と白の中間的な存在のロゼ。黒ブドウを原料に、赤と白の製法をミックスしたタイプで、赤と白のいいとこ取りと表現することもできます。白のスッキリとした風味と、赤のコクを併せ持ち、とても飲みやすいのが特徴です。

 

どのような料理とも相性がいいので、迷ったらロゼを選ぶのがおすすめです。ピンク色の華やかな見た目で女性からの人気が高く、イベントごとやプレゼントにもピッタリなタイプです。

珍しいので興味があれば試してみよう!「赤」

シャンパンは法律で、白とロゼしか造ることができないとされています。しかし世界中には赤のスパークリングワインも生産されています。赤ワインは、スパークリングワインにすることで特性が緩和され、何にでも合わせやすくなるのが特徴。

 

スパークリングワインの爽快感に赤ワインのコクを持ち合わせ、飲みごたえがあるのに飲み疲れしないのが魅力です。赤のスパークリングワインは、比較的珍しいので興味がる方はぜひ試してみてください。

味わいで選ぶ

スパークリングワインは、甘口や辛口など、味わいの違いで選ぶのもおすすめです。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。

Demi-Sec(ドゥミ・セック)、Sec(セック)は甘口だから飲みやすい

甘口のスパークリングワインは食前酒や、食事の締めにデザートワインとして飲むのもおすすめです。「Demi-Sec(ドゥミ・セック)」や「Sec(セック)」は、お酒があまり飲めない方や弱い方、初めてスパークリングワインを飲む方にもおすすめのタイプ。

 

「Sec(セック)」は、やや辛口とやや甘口の間のタイプ。糖分を残しながらもキリッとした優しい甘さです。「Demi-Sec(ドゥミ・セック)」は、セックよりも糖分がやや多いですが甘すぎず、食事と一緒に飲みやすいのも特徴です。

辛口が好きならExtra Dry(エクストラ・ドライ)やBrut(ブリュット)を

辛口のスパークリングワインがお好みの方は、「Extra Dry(エクストラ・ドライ)」や「Brut(ブリュット)」がおすすめです。

 

「Extra Brut(エクストラ・ブリュット)」は、極辛口のタイプ。添加する糖分はかなり少なめか、もしくはゼロです。一方で「Extra Dry(エクストラ・ドライ)」は、やや辛口のこと。エクストラ・ブリュットとくらべると、随分優しい辛さが特徴です。

製法で選ぶ

スパークリングワインの製造方式は主に3種類ありますが、製法によって、かかる手間やコストに大きな違いが出てきます。ここでは、それぞれの製法の特徴をご紹介します。

品質を確保したいなら「トラディショナル方式」

「トラディショナル方式」は、スパークリングワインの製法が誕生した場所であるフランスのシャンパーニュ地方で、伝統的に行われている製法です。瓶に1次発酵したワインと酵母、糖を詰めて閉じ、瓶内で意図的に2次発酵させる方式です。

 

この工程には非常に手間を要します。トラディショナル方式で有名なスパークリングワインは、フランスのシャンパンの他、スペインのカヴァなどもあります。確かな品質のものを選びたい方におすすめの製法です。

田舎方式とも呼ばれる「メトード・リュラル」

温暖な気候で原材料のブドウがとても甘く育つ南フランスでは、「メトード・リュラル」方式が採用されています。別名「田舎方式」と呼ばれる方式です。ぶどうの糖度を利用し、2次発酵まで進ませるのがこの製法の特徴です。

 

上記のトラディショナル方式では、加糖しなければ炭酸ガスが発生しないので、ワインに糖を加えて意図的に2次発酵させますが、「メトード・リュラル」では、糖分を加えることなく1次発酵の途中で瓶詰めをするのが違いです。

スッキリした味わいが特徴「タンク内二次発酵方式(シャルマー方式)」

「タンク内二次発酵方式(シャルマー方式)」は、タンクに1次発酵済みのワイン、酵母、糖を加えて、密閉した状態で2次発酵を行う製法です。前記の2つの製法では、瓶詰めした状態で2次発酵させますが、タンク内二次発酵方式はひとつのタンクで発酵を行います。

 

1度にたくさんのスパークリングワインを造ることができ、最近採用されることが多い製法です。炭酸のキメはやや粗くなりがちですが、スッキリとした味わいが特徴です。

コスパ抜群!「炭酸ガス注入方式」

手ごろな価格でコスパ抜群なのが、「炭酸ガス注入方式」のスパークリングワインです。「炭酸ガス注入方式」は、人工的に二酸化炭素を吹き込んだ製法です。

 

スパークリングワインがどのようなものなのか試してみたい方にもおすすめです。ただし、人工的な技法のため、他の製法のワインと比較して炭酸のキメは粗い点には注意が必要です。

生産国で選ぶ

スパークリングワインは世界各国で生産されていますが、生産国によってぞれぞれ特徴があります。シャンパンの発祥地であるフランスはもちろん、ヨーロッパ各国が個性あるスパークリングワインを造っています。

フランス

フランスのスパークリングワインは品質の安定感が魅力。世界最高峰のスパークリングワインとして、世界的に有名な「シャンパン」は、上記でも触れた通り、フランス・シャンパーニュ地方で造られたワインのことです。

 

そして、フランスではシャンパーニュ地方以外においても、シャンパンと同じ製法でスパークリングワインが造られており、それを「クレマン」と呼びます。シャンパンとは、また違った味わいを楽しめるのが特徴。品質が高いことに加えて、価格が非常に安くておすすめです。

イタリア

地域によって様々な個性的なワインを造り出すイタリア。イタリアではスパークリングワインを総称して「スプマンテ」と呼びます。世界的にも知名度がり、日本のレストランのメニューでもおなじみなので、スパークリングワイン好きにはなじみがあるでしょう。

 

そしてスプマンテに分類されるものの中で有名な銘柄といえば「プロセッコ」。フルーティーでフレッシュな味わいを感じられるほか、口に含んだときの心地のよい苦みも特徴です。その他にも、イタリアの乾杯ワインの定番として根強い人気があるアスティなどがあります。

スペイン

スペインではスパークリングワインを「エスプモーソ」と呼びます。そしてこのエスプモーソの中でも、世界的に爆発的な人気を呼んでいるのが「カヴァ」です。日本国内でもおなじみであり、コンビニなどで入手できるものもあります。

 

カヴァは、シャンパンと同じ本格的な製法で作られており、一定レベル以上の品質てありながらも、非常にリーズナブル。コスパが良いのが魅力です。日本のワインショップでも、1000円前後のお手ご価格で購入できるものもあります。

ドイツ

冷涼な気候で育ったブドウを使ったドイツのスパークリングワイン。果実味豊かで、華やかな香りと引き締まった酸味が特徴です。特に白ワインの品質にそれぞれ長所があり、どれも料理に合わせやすいのがポイント。

 

そしてドイツのスパークリングワインの代表的なものがゼクトです。ドイツのスパークリングワインは甘口から辛口まで幅広いスタイルがありますが、ゼクトは基本的に辛口。フランスのシャンパーニュと同じ製法で造られるものもあり、幅広い味わいがあるのが魅力です。

価格で選ぶ

スパークリングワインを選ぶ際には価格も大切なポインです。世界中で造られているスパークリングワインですが、価格は、1000円前後から数万円以上まで幅広くラインナップされています。

 

価格に大きな差が出る理由としては、その製造方法の違いが挙げられます。より手間暇をかけている銘柄の方が高価になる傾向があるでしょう。ただし、値段が高いからと言って、それが決しておいしいワインとも限らず、安くても美味しいものもたくさん流通しています

 

人によって好みの違いもあるので価格は1つの目安として、さまざまワインを飲み比べて、自分好みのワインをみつけるのもおすすめです。

スパークリングワインの人気おすすめランキング20選

第1位

モエ エ シャンドン

モエ アンペリアル

価格:5,269円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界で最も愛されているシャンパン

1743年の創業以来、華やかで芳香な味わいで世界中の人々を魅了してきた「モエ・エ・シャンドン」の「モエ アンペリアル」。最高級メゾンが手掛けた、世界中で高い人気を誇る辛口スパークリングワインです。

 

緑がかった淡い黄色で、新鮮なフルーツと花のクリーミーさでやわらかな香りが特徴。バランスの良いエレガントな味わいは、前菜からメイン、デザートまであらゆる料理とよく合います。コクのある芳醇な喉越しで、長続きする後味が特徴です。

内容量750ml
アルコール度数12 %味わい辛口
産地フランス(シャンパーニュ地方)

口コミを紹介

今まで安物のシャンパンしか飲んだことなかったからか、一口目から感動しました。
炭酸が優しく、味が上品だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Veuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ)

イエローラベル ブリュット

価格:5,259円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりとしたボディが特徴の辛口シャンパン

シャンパーニュを代表する、老舗メゾン「ヴーヴ・クリコ」が造る高級スパークリングワインです。こちらは、ヴーヴ・クリコを代表するシャンパン。酸味と果実味のバランスが良く、爽やかさと際立ったフルーティさが特徴的な1本です。

 

辛口で飲みやすく、どんな料理とも相性が良いのがポイント。爽やかでジューシーな味わいなので、サーモンのマリネやパルメザンチーズをたっぷり使ったサラダにもよく合います。

内容量750ml
アルコール度数12%味わい辛口
産地フランス(シャンパーニュ地方)

口コミを紹介

両親のお祝いごとに購入しました。ヴーヴクリコはとても好きな味で辛すぎず甘すぎず。スッキリしてますがそれだけではなく、きちんとしたシャンパンの味が深いです。シャンパン好きがみたら、お、と思うシャンパンです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Freixenet(フレシネ)

コルドン・ネグロ

価格:1,082円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さっぱりとした味わいの辛口スパークリング

世界の約150国に輸出されており、多くの人々に親しまれているスペイン産のスパークリングワインです。きめ細かい泡立ちで、どんな料理にも合う辛口のワイン。

 

柑橘系の香りと爽やかな口当たりが特徴です。レモンやシトラスのようなクリーンでキリッとした酸味が感じられます。お手頃価格ながら美味しいと口コミでも大好評の商品です。

 

内容量750ml
アルコール度数12%味わい辛口
産地スペイン(カバ地方)

口コミを紹介

あっさり、さっぱりとした口当たりでかなり軽いです。
どんな料理にも合わせやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

モエ・エ・シャンドン

モエ ロゼ アンペリアル

価格:3,310円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピンク色が華やかなロゼスパークリングワイン

ランキング1位でも紹介したワイナリー「モエ・エ・シャンドン」が造り出すロゼワインです。モエ・エ・シャンドンは、高級シャンパンの代名詞「ドン・ペリニョン(ドンペリ)」を造るメーカーとしても有名。

 

すっきりした味わいの辛口のロゼです。野イチゴを感じさせるフルーティーさと、わずかに感じるスパイスやナッツの香りが魅力。華やかなピンク色で、パーティーやプレゼントにも最適な1本です。

内容量375mlロゼ
アルコール度数12%味わい辛口
産地フランス(シャンパーニュ地方)

口コミを紹介

見た目も広く知られているので雰囲気を盛り上げるならこれですね。
375mlなら細めのシャンパングラスで2人乾杯用にピッタリです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

POILVERT JACQUES(ポルヴェール・ジャック)

ブリュット シャンパーニュ

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群のシャンパン

350年以上もの歴史を持つ家族経営の老舗ワイナリーが手掛ける、お手頃価格のシャンパンです。炭酸が強く辛口タイプで、泡のなめらかさをしっかりと感じることができます。

 

価格は2000円程度とシャンパンなのに破格。予算をおさえて、シャンパンを購入したい方におすすめです。口コミでも、「コスパ抜群」「低価格なのにしっかりとシャンパン香がする」など、大満足の1本です。

内容量750ml
アルコール度数12%味わい辛口
産地フランス(シャンパーニュ地方)

口コミを紹介

低価格なのに飲みやすいシャンパーニュ。
辛口なのにフルーティーでとても美味しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

メディチ・エルメテ

アッソーロ・フリッツァンテ・ロッソ・レッジアーノ・セッコ

価格:1,175円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚な赤のスパークリング

イタリアの情報誌ガンベロ・ロッソの「コストパフォーマンスのよいワイン特集」に掲載されたワインです。本格的な赤ワインの濃厚さの中に、ブドウから出てくる旨みが感じられ、奥深い味わいに

 

赤のスパークリングワインは珍しく色も楽しめるでしょう。「コスパが良い」「やや辛口で飲みやすい」と口コミでも高評価の商品です。

 

 

内容量750ml
アルコール度数11.5 %味わい辛口
産地イタリア

口コミを紹介

いやー本当に驚いた!スパークリングの赤でここまで美味しいのはコレだね〜 だいたい甘口が多いけどコレはいいよ。結局1人で2本も飲んでしまった…
1500円でこのうまさはいいね

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

モトックス

天使のアスティ

価格:1,019円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優しい味わいの甘口スパークリング

マスカットの香りと爽やかな風味を持つ甘口のスパークリングワイン。フルーティで華やかな香りが特徴です。ラベルデザインに天使が描かれており、プレゼントにもおすすめの1本。

 

アジア最大のワインコンクールにおいて金賞受賞しています。口に含むとクリーミーで細かな泡が口の中いっぱいに広がります。フルーティでしっかりした味わいながら、甘味はそれほど強すぎず、バランスがよいスパークリングワインです。

内容量750ml
アルコール度数8%味わい甘口
産地イタリア

口コミを紹介

アップルタイザーにアルコールを入れたような感じで気に入りました。
また購入させて頂きます!

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

エノテカ

スパークリング・エンジェル

価格:2,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが良いシャンパン製法の1本

シャンパンと同じ製法で造られたチリ産のワインです。一般的なスパークリングワインの多くは約1~2年の熟成期間で出荷されますが、こちらは36ヶ月という長い熟成を経て出荷されます。

 

味わいは、長い熟成期間によるなめらかでクリーミーな泡や長い余韻が特徴です。サラダやなどの軽い前菜はもちろん、肉料理などのボリュームのある食事にも相性抜群です。

内容量750ml
アルコール度数12%味わい辛口
産地チリ

口コミを紹介

明るい黄金色、細かな泡立ちと上品かつ華やかな香り、香ばしさを感じるニュアンス。キリッとしたドライな飲み口ですっきりしているのにどこか豊かな余韻があり、とても美味しい。これが2,649円(現行価格)とはありがたい限りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

ボッテガ

ロゼ ゴールド

価格:2,310円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目華やかなプロセッコ

おしゃれなピンクゴールドのボトルが目を引くボッデガのスパークリングワイン。ロゼスパークリングですが、辛口とあるように甘さはほとんどなく、すっきりとした味わいに仕上がっています。

 

お手頃価格なのも人気の秘訣。リンゴや桃が細く優しく香ります。透明度の高い、あわいピンク色でお祝い事の食事などにも相性がよいワインです。

内容量750mlロゼ
アルコール度数12 %味わい辛口
産地イタリア

口コミを紹介

とても爽快かつ繊細、豊潤な口当たりで柔かく、ほのかに香るスプマンテの香りが幸せな旅に連れていってくれます。とても扱いやすい質の良いスプマンテなので私達の宝物です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

CINZANO (チンザノ)

アスティスプマンテ

価格:1,314円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

甘くてフルーティーなスパークリングワイン

イタリアを代表するブランド「チンザノ」のスパークリングワイン。グラスに注ぐと、勢いよく泡が立ち上がり、見た目にも華やかなワインです。豊かな泡が甘さと相まって、絶妙のバランスに。

 

フルーティーで、シナモンなどの香りもあります。甘口ですが甘すぎず、後味はスッキリとしています。デザートとも相性抜群で、華やかさを添えてくれるスパークリングワインです。

内容量750ml
アルコール度数7%味わい甘口
産地イタリア(アスティ地方)

口コミを紹介

基本的には辛口のスパークリングの方が好きなのですが、これは別。甘口どころかホントに甘いと言っていいくらいの甘口で、かつフルーティー。ブドウの香りがし、フルーティーな香りがし、フルーティーでもあり、シナモンなどの香りも感じられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

コドーニュ

アナ デ コドーニュ スリーバーボトル

価格:2,374円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

きりっとした辛口のカヴァ

スペイン王室御用達ワイナリー「コドーニュ社」のスパークリングワイン。フレッシュで、酸味と華やかな香りが特長のカバです。シャンパンと同じく、瓶内で二次発酵させる手法で作られています。

 

南国系フルーツを感じさせるふくよかな香りとクリーミーな泡立ちが特徴。まろやかさを感じる辛口スパークリングです。ベタ付かず甘くないので、どんな料理に合うワインです。

内容量750ml
アルコール度数12 %味わい辛口
産地スペイン

口コミを紹介

スペインで良く飲んでたブランド。やっぱり料理に良く会う!今回キッシュとサラダと一緒にペアリングした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第12位

ガンチア

アスティ・スプマンテ

価格:998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口当たりの良い爽やかな甘さが魅力

1850年にイタリアで設立された老舗ワイナリーである「ガンチア」が造る、白スパークリングワイン。甘みと酸味のバランスが絶妙の1本です。マスカットの香りと甘く爽やかな口当たりが特徴

 

甘くて飲みやすいと口コミでも高評価。食後のデザートと一緒に味わうのにも向いています。甘口のワインがお好きな方におすすめのスパークリングワインです。

 

 

内容量750ml
アルコール度数7.5 %味わい甘口
産地イタリア

口コミを紹介

今までスパークリングワインを飲んで、美味しいと思った事はなかったのですが、これは甘口で飲みやすくて美味しいと思いました!値段も手頃なので、辛口のスパークリングワインが苦手な方は、是非一度飲んでみてください!

出典:https://www.amazon.co.jp

第13位

MATEUS(マテウス)

マテウス ロゼ

価格:820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で人気のロゼワイン

ポルトガルを代表する名門ソグラペ社が手掛ける、爽やかなロゼワインです。見た目もキュートなので女性にも人気があります。

 

ほのかな甘口で、ソフトな微発泡です。魅力的なブーケの香りで、さわやかでフレッシュな味わいに。食前酒やスイーツに合わせても楽しめるでしょう。

内容量750mlロゼ
アルコール度数11 %味わい甘口
産地ポルトガル

口コミを紹介

このマテウスは20年ほどの付き合いがありいつも手元にないと安心出来ないので満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第14位

Roger Goulart(ロジャーグラート)

カバ ロゼ ブリュット

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すっきりとした切れ味のいいスパークリング

世界各国で高い評価を受ける「ロジャー・グラート」。こちらは艶やかなルビー色が印象的な、優雅で上品な味わいの辛口ロゼです。フルーティーでまろやかな風味と、適度なコクで人気があります。

 

味わいは辛口ですが、程よい甘さがスッキリとしていて、飲みやすいワインです。普段使いにも、特別な日のお食事にも合わせたい1本です。

内容量750mlロゼ
アルコール度数12 %味わい辛口
産地スペイン

口コミを紹介

グラスに注ぐとルピー色に泡立ちますが、見た目に反して辛口です。
しかし、辛すぎないのでチーズなど軽いものでこのスパークリングワインを楽しむこともできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第15位

Laurent-Perrier(ローラン・ペリエ)

ローラン ペリエ ロゼ

価格:10,130円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレゼントにも最適!王室御用達のシャンパン

フランスのシャンパーニュ地方で造られるロゼスパークリングワイン。ロゼを作るためだけに栽培したブドウを使った上質なワインです。

 

チャールズ皇太子の晩餐会で振る舞われたと言われる、イギリス王室御用達のロゼ・シャンパンです。贅沢な1本なので、大切な方へのプレゼントとしても最適。パーティーなどで楽しむのにもおすすめです。

内容量750mlロゼ
アルコール度数12%味わい辛口
産地フランス(シャンパーニュ地方)

口コミを紹介

友人の誕生日パーティー用に購入しました。乾杯する際にイギリス王室御用達というストーリーを披露して盛り上がり日頃あまり飲まないロゼということで大変喜ばれました。
きめ細やかな泡でフレッシュ感あふれるシャンパンでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第16位

TAVERNELLO(タヴェルネッロ)

ランブルスコ ロッソ

価格:636円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良い微発砲赤ワイン

イタリアのエミリア・ロマーニャ州で造られる微発泡のスパークリングワイン。赤いベリーのフルーツを詰め込んだような味わいが特徴で、フルーティですっきりとした後味です。

 

甘口で、あまりワインを飲まない方にも飲みやすいでしょう。コスパが抜群で、普段使いにも気軽に楽しめるのも魅力です。

内容量750ml
アルコール度数8%味わい甘口
産地イタリア(エミーリア・ロマーニャ地方)

口コミを紹介

夜のお店を経営してますが、お客様に好評です。
あまり、ワインとかのウンチクが分からない私でも飲みやすく、リーズナブルにいただけます。このシリーズは定番としておいてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第17位

Cono Sur(コノスル)

スパークリングワイン ブリュット

価格:1,073円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格ながら幅広い料理に合うワイン

チリ南部のブドウを使ったスパークリングワインです。ドライですっきりとした味わいが特徴。フレッシュで甘い果実香がはっきりとかおり、果実の豊かな甘味が感じられます。

 

低価格ながら、心地よい余韻を楽しむことができ、優雅な気分を味わうことができるでしょう。どのような料理とでも合いやすいワインです。

内容量750ml
アルコール度数12 %味わい辛口
産地チリ

口コミを紹介

結論から言えば、コストパフォーマンスに優れたスパークリングだ。この価格帯ならベストチョイスと思う。コノスルというと甘い、果実味が強いという印象だが、これはそこまで甘くなくて適度。

出典:https://www.amazon.co.jp

第18位

G.A. シュミット

ツェラー・シュワルツ・カッツ ゼクト

価格:1,553円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香りと酸味のバランスが絶妙

ドイツの老舗である「G.A. シュミット」が手掛けるスパークリングワイン。黒猫の絵が印象的な可愛くて爽やかなやや甘口のワインです。ほどよく甘く、穏やかに酸味があり、比較的どなたにでも受け入れられやすいでしょう

 

魚料理やハーブソーセージなどと相性抜群。炭酸はそれほど強くないので、炭酸系が苦手な方にもおすすめです。

内容量750ml
アルコール度数12 %味わいやや甘口
産地ドイツ

口コミを紹介

私のお気に入りです。以前はスーパー等でも購入できたのですが、最近ではメッキリ取扱い店が減りました。
来年も、購入したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第19位

ジェイコブス・クリーク

スカット・ロゼ スパークリング

価格:1,338円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

甘味が程よく飲みやすいロゼワイン

オーストラリアで最も売れているワインブランドが造るロゼスパークリング。かわいらしいドットデザインのラベルが目を引きます。

 

ラズベリーやストロベリーと一緒に、洋梨のニュアンスが感じられる、軽くて爽やかな味わいが特徴です。アルコール度数が低めなので、ランチタイムやカジュアルなパーティーにもおすすめです。

内容量750mlロゼ
アルコール度数9%味わいやや甘口
産地オーストラリア

口コミを紹介

こんなに甘いとは思いませんでした!すっごく美味しかったです!
甘口と書いてあるものをのんできましたがこれは想像以上に飲みやすくてグイグイと…
下戸の方はご注意を!

出典:https://www.amazon.co.jp

第20位

Freixenet(フレシネ)

カルタ ネバダ

価格:1,290円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャンパンと同じ製法で作られるカヴァ

スペインが原産の口あたりのよい、やや甘口のスパークリングワインです。シャンパンと同じ製法で造られています。優しい甘さを炭酸がキリリと引き締め、サッパリとした飲み口が特徴です。

 

上質でありながら価格がリーズナブルなのも人気のポイント。普段使いのワインとしても楽しめる、コスパのよさが魅力です。

内容量750ml
アルコール度数12 %味わい甘口
産地スペイン

口コミを紹介

軽くて飲みやすかったです
何時もは、渋さが苦手でワインは飲みません
これは、スパークリングワインなので、渋さも気にならなくて美味しくいただきました

出典:https://www.amazon.co.jp

比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5530453の画像

    モエ エ シャンドン

  • 2
    アイテムID:5533739の画像

    Veuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ)

  • 3
    アイテムID:5535415の画像

    Freixenet(フレシネ)

  • 4
    アイテムID:5537255の画像

    モエ・エ・シャンドン

  • 5
    アイテムID:5537289の画像

    POILVERT JACQUES(ポルヴェール・ジャック)

  • 6
    アイテムID:5534545の画像

    メディチ・エルメテ

  • 7
    アイテムID:5533635の画像

    モトックス

  • 8
    アイテムID:5533725の画像

    エノテカ

  • 9
    アイテムID:5534569の画像

    ボッテガ

  • 10
    アイテムID:5535423の画像

    CINZANO (チンザノ)

  • 11
    アイテムID:5535429の画像

    コドーニュ

  • 12
    アイテムID:5535275の画像

    ガンチア

  • 13
    アイテムID:5533761の画像

    MATEUS(マテウス)

  • 14
    アイテムID:5530448の画像

    Roger Goulart(ロジャーグラート)

  • 15
    アイテムID:5535394の画像

    Laurent-Perrier(ローラン・ペリエ)

  • 16
    アイテムID:5534822の画像

    TAVERNELLO(タヴェルネッロ)

  • 17
    アイテムID:5535435の画像

    Cono Sur(コノスル)

  • 18
    アイテムID:5534445の画像

    G.A. シュミット

  • 19
    アイテムID:5537265の画像

    ジェイコブス・クリーク

  • 20
    アイテムID:5535321の画像

    Freixenet(フレシネ)

  • 商品名
  • モエ アンペリアル
  • イエローラベル ブリュット
  • コルドン・ネグロ
  • モエ ロゼ アンペリアル
  • ブリュット シャンパーニュ
  • アッソーロ・フリッツァンテ・ロッソ・レッジアーノ・セッコ
  • 天使のアスティ
  • スパークリング・エンジェル
  • ロゼ ゴールド
  • アスティスプマンテ
  • アナ デ コドーニュ スリーバーボトル
  • アスティ・スプマンテ
  • マテウス ロゼ
  • カバ ロゼ ブリュット
  • ローラン ペリエ ロゼ
  • ランブルスコ ロッソ
  • スパークリングワイン ブリュット
  • ツェラー・シュワルツ・カッツ ゼクト
  • スカット・ロゼ スパークリング
  • カルタ ネバダ
  • 特徴
  • 世界で最も愛されているシャンパン
  • しっかりとしたボディが特徴の辛口シャンパン
  • さっぱりとした味わいの辛口スパークリング
  • ピンク色が華やかなロゼスパークリングワイン
  • コスパ抜群のシャンパン
  • 濃厚な赤のスパークリング
  • 優しい味わいの甘口スパークリング
  • コスパが良いシャンパン製法の1本
  • 見た目華やかなプロセッコ
  • 甘くてフルーティーなスパークリングワイン
  • きりっとした辛口のカヴァ
  • 口当たりの良い爽やかな甘さが魅力
  • 世界中で人気のロゼワイン
  • すっきりとした切れ味のいいスパークリング
  • プレゼントにも最適!王室御用達のシャンパン
  • コスパの良い微発砲赤ワイン
  • 低価格ながら幅広い料理に合うワイン
  • 香りと酸味のバランスが絶妙
  • 甘味が程よく飲みやすいロゼワイン
  • シャンパンと同じ製法で作られるカヴァ
  • 価格
  • 5269円(税込)
  • 5259円(税込)
  • 1082円(税込)
  • 3310円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 1175円(税込)
  • 1019円(税込)
  • 2050円(税込)
  • 2310円(税込)
  • 1314円(税込)
  • 2374円(税込)
  • 998円(税込)
  • 820円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 10130円(税込)
  • 636円(税込)
  • 1073円(税込)
  • 1553円(税込)
  • 1338円(税込)
  • 1290円(税込)
  • 内容量
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 375ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • ロゼ
  • ロゼ
  • ロゼ
  • ロゼ
  • ロゼ
  • ロゼ
  • アルコール度数
  • 12 %
  • 12%
  • 12%
  • 12%
  • 12%
  • 11.5 %
  • 8%
  • 12%
  • 12 %
  • 7%
  • 12 %
  • 7.5 %
  • 11 %
  • 12 %
  • 12%
  • 8%
  • 12 %
  • 12 %
  • 9%
  • 12 %
  • 味わい
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 甘口
  • 辛口
  • 辛口
  • 甘口
  • 辛口
  • 甘口
  • 甘口
  • 辛口
  • 辛口
  • 甘口
  • 辛口
  • やや甘口
  • やや甘口
  • 甘口
  • 産地
  • フランス(シャンパーニュ地方)
  • フランス(シャンパーニュ地方)
  • スペイン(カバ地方)
  • フランス(シャンパーニュ地方)
  • フランス(シャンパーニュ地方)
  • イタリア
  • イタリア
  • チリ
  • イタリア
  • イタリア(アスティ地方)
  • スペイン
  • イタリア
  • ポルトガル
  • スペイン
  • フランス(シャンパーニュ地方)
  • イタリア(エミーリア・ロマーニャ地方)
  • チリ
  • ドイツ
  • オーストラリア
  • スペイン

スパークリングワインの扱い方

おすすめのスパークリングワインについてご紹介してきましたが、ここからはスパークリングワインの扱い方のポイントについて、いくつか見ていきましょう。

開け方

スパークリングワインの開け方のコツをご紹介します。まず、フタ周りの包装をはがします。そしてフタを開ける際には、タオルを使うことがポイントです。

 

タオルをかけてフタを親指で押さえながら、針金をゆるめましょう。次に、タオルの上からコルクを押さえて、ひねるようにして瓶の底をゆっくり回します。

 

タオルを使うことで、コルクを開けるときのすべり止めにもなりますし、万が一ワインがあふれ出しても安心です。最後に、「シュッ」と音をたてないように開栓します。

賞味期限は?保存方法もチェック

スパークリングワインは特に賞味期限の記載がありません。一般的に1~3年程は美味しく飲むことができるといわれていますが、時間が経つほど味が劣化してしまいます。したがって早めに飲み切るのがおすすめです。開栓後は1~3日ほどで飲みきるのがよいでしょう。

 

保存方法については、開栓したスパークリングワインの場合、専用のシャンパンストッパーなどを利用して再栓するのがおすすめです。そうすることで、炭酸が抜けるのを防ぐことができます。

 

開栓前のスパークリングワインならば、冷暗所で保存しましょう。また湿度も重要なので、多湿になりやすい場所は避けて保存するのがおすすめです。

まとめ

スパークリングワインのおすすめ商品をご紹介してきました。スパークリングワインは、シャンパンなどの高級なものから日常使いできるコスパが良いものまで種類が豊富です。ぜひ今回の記事も参考に、シーンやお好みに合わせてぴったりのものを選んでください。

TOPへ