【ダイエットにも効果的】MCTオイルの人気おすすめランキング20選

記事ID143428のサムネイル画像

ダイエットや美容、健康によいと言われているMCTオイルですが、最近ではオンラインストアやスーパー、激安量販店でも購入が可能になりました。MCTオイルの基礎知識や選び方と共に、色々な種類の中からお勧めのMCTオイルをランキングでご紹介します。

美容や健康や筋トレにも効果的!MCTオイルとは?

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸油のことです。かつては、油は美容の敵と言われたこともありました。しかし中鎖脂肪酸油は他の油に比べて肝臓での変換が速いために、短時間でエネルギーになりやすく、脂肪として蓄積されにくいという特長があります。

 

その特長から、実はMCTオイルは美容や健康によいと言われているのです。しかもMCTオイルは消化吸収もよく、脳や体のエネルギー源にもなることが知られているため、今ではダイエットのサポート役や運動パフォーマンス向上に効果的と言われています

 

そこで今回はMCTオイルの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。また、最後には他の健康にいいオイルも紹介していますので、合わせて確認して効果的に使用してみましょう。

ココナッツオイルとの違いは?

ココヤシの実から作られるココナッツオイルも、中鎖脂肪酸を豊富に含んでいます。しかし、中鎖脂肪酸の含有率は市販の一般商品でも60%程度ですので、残りの40%は中鎖脂肪酸以外の何かしらのオイルを含んでいることになります。

 

それに比べてMCTオイルは100%中鎖脂肪酸のオイルですので、ココナッツオイルのように低温で固まってしまう性質はなく、冬でも常温で固まらずに、そのまま手軽に使用できるという特長があります。

MCTオイルのメリットとその効果

中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体に変換されます。ケトン体はブドウ糖の代わりに脳や体のエネルギー源として働きます。そのため、高齢者の認知症やアルツハイマー病患者の脳機能に良い影響を及ぼす可能性があると考えられています。

 

またケトン体はすばやくエネルギーに変換され体内に脂肪が蓄積されにくくなるため、トレーニング中のアスリートに適しています。さらにケトン体を先に消費することでエネルギーが温存され持久力もアップ、運動パフォーマンスが向上します。

MCTオイルのデメリット

MCTオイルにはデメリットもあります。人によっては1日の摂取量が100gを超えるなどした場合、腹痛や下痢といった副作用を引き起こす場合があります。同様に大量摂取によって胃痛や吐き気を感じる場合もありますので、摂取量には注意が必要です。

 

また、いくら健康に良いとは言え、MCTオイルは脂質ですので、当然摂り過ぎは体重増加の元です。MCTオイルを日常の食事に取り入れたいのであれば、他の脂質や糖質を減らすなどの、全体のカロリーコントロールが必要です。

どれがいい?MCTオイルの選び方

多くのMCTオイルが販売されていますが、実際どのMCTオイルをどのように選んだらよいのでしょうか。ここでは、MCTオイルを選ぶためのポイントについて説明します。

原料の割合から選ぼう

できるだけ体に良いMCTオイルを選ぶためには、自分が購入しようとしているMCTオイルが、いったい何からできているのかを知っておく必要があります。

パーム由来より酸化しにくく熱にも強い「ココナッツ100%」がおすすめ

MCTオイルは、主にココナッツとアブラヤシの2種類の原料から抽出しています。ココナッツのみ、アブラヤシのみ、混合と種類があり、パーム油なども含まれているものもありますが、一番お勧めなのはココナッツ100%のMCTオイルです。

 

パーム油には安価ですが、ココナッツオイルには、酸化しにくく且つ180度までの熱にも強いという大きなメリットがあります。毎日少量ずつ継続して摂取するならば、必要な期間、成分が劣化せずに長持ちするということは大事なポイントです。

ココナッツの産地は「フィリピン産」がおすすめ

毎日摂取するのですから、MCTオイルの品質と安全性は最も重視したいポイントです。ココナッツオイル100%でさえあれば生産国はどこでも同じかというと、決してそんなことはありません。ココナッツのフィリピンでの生産量は世界1位です。

 

これはココナッツがフィリピンの重要な産物であり、輸出品目だからです。そのため、フィリピンでは1976年にココナッツ庁を設置し、製造業者に対して生産技術や品質管理の指導を行い、安全性が高く品質の良いココナッツを安定供給しています。

ダイエットには「中鎖脂肪酸100%」のものを選ぼう

MCTオイルはダイエットに向いていると言われています。これは、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸含有率が約60%なのに対し、MCTオイルはその100%が中鎖脂肪酸で構成されているためです。

 

中鎖脂肪酸は他の油に比べて肝臓での変換が速く、他のオイルに比べて短時間でエネルギーに変換されるため、脂肪になりにくい性質があります。ダイエットには他のオイルが混ざっていない中鎖脂肪酸100%であるMCTオイルがお勧めです。

形状で選ぶ

MCTオイルには、液体のものばかりでなく、パウダー状のものや持ち運びやすく小分けになったものなどがあります。目的や使う場所によって使い分けましょう。

定番の「液状タイプ」は使い勝手がよい

液状タイプのMCTオイルは、オイルの一般的な形状で、熱や光を遮蔽するために大抵は瓶に入っています。また、匂いや味がなく、料理や飲み物に混ぜても味が変わらないため、普段の食事の中で違和感なく中鎖脂肪酸を摂取することができます

 

しかし、低温でも固まらない性質のため、熱を加えると他のオイルより低い温度で煙が出てしまいますので、揚げ物や炒め物といった高温調理には向いていません。サラダなどの料理に使用するのがお勧めです。

持ち運びに便利な「サプリタイプ」

サプリタイプのMCTオイルは、場所を問わずに一番手軽に摂取できる形状です。タブレット状のサプリなら固形で軽量なため、移動先で水などと一緒に簡単に摂取することができますので、旅行先にも気軽に持っていくこともできます

 

サプリタイプのMCTオイルは外国産のものが多いですが、最近は国内産でもサプリタイプが増えてきていますので、いつでもMCTオイルを摂取する手段として、購入候補の一つに加えるのも一つの方法です。

飲み方は自由自在!コーヒーと合わせるなら「パウダータイプ」

コーヒーなどの飲み物にMCTオイルを入れて飲むことが多い人には、パウダータイプがお勧めです。1包が数グラムの小分けになっているものが多いため、持ち運びに適していますし、飲み物に溶けやすいのも使いやすさのポイントです。

 

基本的にMCTオイルは無味無臭ですので、コーヒーにいれても味の変化はありません。しかし、コーヒーにオイルを入れること自体に抵抗がある場合でも、パウダータイプであればそれほど抵抗なくMCTオイルを入れることもできます。

効果が出るまで続けやすい!携帯用に便利「スティックタイプ」

外出することが多めの人には、持ち運びに便利なスティックタイプがお勧めです。瓶は重くて持って行けなくても、少量のMCTオイルが1本のスティックタイプになっていますので、必要な数だけ持っていくことができます。

 

パウダータイプのMCTオイルは、振りかけて使わない限りは飲料などの液体に溶かす必要がありますが、スティックタイプはオイルのままですので、通常料理に使用しているのと同様に使用することができるため、使いやすく便利な形状です

容器で選ぶ

どのような瓶であれば保存に適しているのか、持ち運びたい場合はどのような容器がいいのか、といった観点で容器を選択するのも一つの方法です。

酸化を防ぐ効果がある「遮光性のあるボトル」を選ぼう

MCTオイルは常温で保存が可能ですが、直射日光に当てないように保存するのが基本です。これは容器の中の酸素が紫外線によって、酸化力の高いオゾンに変わりオイルが酸化してしまうのを防ぐためでもあります。

 

MCTオイルは他のオイルに比べて酸化しにくい性質とはいうものの、小分けでない限りはすぐに使い切ることは難しいため、紫外線を遮断できる遮光性のあるボトルで保存するのが安心です。

持ち運ぶなら「小分け」が便利、容器へのいれやすさもチェック

外出先でも摂取したい場合は、小分けになっている方が何かと便利です。サプリタイプやパウダータイプ、スティック対応といった持ち運びしやすい形状のMCTオイルは、常に携行することも可能で便利です。

 

また、気に入ったMCTオイルを持ち運びたい場合は、オイルを移しやすく、且つこぼれづらい形状の持ち運び用の容器も選ぶのがお勧めです。持ち運び用の容器は別に販売されていますので、どこへでも気軽にMCTオイルを持ち運ぶことができます。

「香り」で選ぶ

MCTオイルのほとんどは無味無臭ですが、よりMCTオイルの風味を楽しみたいのであれば、香りの強い商品を選ぶのがお勧めです。香りの強いMCTオイルは、料理などに使用することで香りをアクセントとして加え、より美味しくすることができます。

 

また、コーヒーなどの飲料にMCTオイルを混ぜることで、コーヒーにさらに香りと深みを持たせることができます。とは言え、MCTオイルによって香りの強さが違いますので、香りを確認できずに選択するときは注意が必要です。

「デザート」や「コーヒー」に合わせるなら味も重視

自分の口に入れるのですから、MCTオイルを購入するときは、香りだけでなく味の良い商品を選択するのがお勧めです。口に入れた時にココナッツの甘味がしっかり感じられる物であれば、たとえ香りは控えめでも、豊かな風味を味わうことができます。

 

そのため、健康維持はもちろんのこと、料理、デザート、コーヒーなどに合わせて楽しむこともできます。オイルではありますが、後味もさっぱりとしていますので、試飲できる機会がもしあれば確認することをお勧めします

「コスパ」がよく、「口コミ」がよいものを選ぼう

MCTオイルは結構な数が市場に出回っています。今回紹介したポイントだけでは判断が付かない場合は、販売員や、既に使用している人の経験談や過去例、口コミなどを参考にするのも一つの方法です。

 

また、健康のために継続して使用することを考えた場合、長期に渡って定期的に購入する必要があります。自分の体に合ったオイルであれば、例え高価なMCTオイルでなくとも、コスパを重視した選択をするのも一つの方法です。

メーカーや店で選ぶ

オイルを選ぶのに迷ったら、メーカーや販売店舗などで選ぶのもおすすめです。継続して購入できるように自分にとって買いやすい方法がよいでしょう。

有名メーカーだから継続して購入しやすい「日清オイリオ」

日清オイリオは、液状タイプとパウダータイプの商品を販売しています。一般的な食用油など、油に特化した有名メーカーである上に、取り扱っている販売店も多いため、継続的に安心して購入することができます。

 

液状タイプは200gの瓶、パウダータイプには800g缶と250g缶の2種類の缶入りと、13gが30包入ったタイプがありますので、家では瓶、外出先では小分けのパウダーというように用途によって選択することも可能です。

輸入品をお探しなら「KALDI(カルディ)」がおすすめ

カルディは、主に輸入品のMCTオイルを扱っています。実店舗も国内で400店舗以上あり、繁華街や大型商業施設に多く出店しているため店舗での購入も可能ですし、オンラインストアも展開していますので、通販での購入も可能です。

 

そもそも輸入食品を多く取り扱っているため、フィリピンやマレーシアなど、ココナッツ生産現地の他では扱っていないようなメーカーの商品もあります。また、瓶だけでなくスティックタイプのMCTオイルも扱っています。

大容量でお得なサイズをお探しなら「COSTCO(コストコ)」がおすすめ

コストコは郊外型の大型店舗で、アメリカを始め海外製品がまとめて安く買えるというメリットがあります。実店舗も増えていますが、楽天などの通販でもコストコの商品は扱っていますので、重い商品でも通販で購入することも可能です。

 

商品によりますが、無添加のMCTオイルでも、同じ容量の国内製品と比較しますと約半分の価格で購入することができます。そのため、比較的気軽に、日常的に使用することができますのでお勧めです。

スッキリとした味わいが好みなら「仙台勝山館」がおすすめ

仙台勝山館は、酒造会社が母体という日本国内のメーカーです。2016年の創業と比較的新しいメーカーですが、オンラインショップ以外にも楽天やYahoo!ショッピング、amazonにも通販を展開しています。

 

MCTオイルは、360gと165gの液状タイプ、7g×10袋、7g×30袋、4g×16袋のスティックタイプの他、日本初の糖質ゼロのパウダータイプもあり、用途に合わせて商品を選択することができます。

自然派食品にこだわるなら「iHerb」がおすすめ

健康な体を保つための食品を扱っている「iHerb」では、MCTオイルを数多く取り扱っています。特に、液状からパウダーまで様々な形状が選べるのでとても便利です。自然派食品にこだわる方は一度チェックしてみてください。

品質にこだわる方には「LOHA Style」がおすすめ

品質にこだわりたい、高品質なMCTオイルがよいという方には「LOHA Style」のMCTオイルがおすすめです。オイル以外にも、天然の甘味料や食物繊維、ダイエット食品なども取り扱っています。国産基準を満たした工場で生産されていて安心です。

 

中鎖脂肪酸100%のオイルを使用しているので、健康管理のためにMCTオイルを摂取したいという方におすすめです。体の健康のために摂取するなら安心できる品質の商品を摂りたいと思う方は一度チェックしてみるとよいでしょう。

添加物が気になる方には「Coco」がおすすめ

「Coco」は、オイルを販売しているメーカーです。MCTオイルもとても人気がある商品です。Cocoのオイルは、体への影響を重視して作られているため、添加物を一切使用していないのが特徴です。添加物が気になる方は一度チェックしてみて下さい。

市販の商品なら「スーパー」や「ドンキホーテ」「業務スーパー」でも手軽に買える

店舗によって取扱商品には違いがありますが、MCTオイルは、成城石井などの高級スーパーだけでなく、イオンやイトーヨーカドーなどの大きめのスーパーでも購入することが可能です。

 

また、ドンキホーテや業務スーパーといった低価格のスーパーでもMCTオイルを取り扱っている店舗もありますので、なるべく購入費用を抑えたい場合は比較検討することをお勧めします

認証で選ぶ

製造過程の安全性や、宗教上の禁忌に関する認証を取得している商品はやはり安心です。商品に対する情報の一つとしてチェックしておくのもおすすめです。

「製造過程」の安全性を担保する認証をチェック

製造過程の安全性を示す認証には、主に3つあります。「GMP認証」といって原材料の入荷や製造などの工程で品質が保たれているか表すもの。「ISO22000認証」といって食品の衛生管理と安全対策が取られているか表すもの。

 

そして「HACCP認証」といって食品を作る際に異物混入・汚染などが起こる原因を分析し、予防対策が取られていることを表すもの、の3つです。安全性にこだわって選びたい方は参考にしてみるとよいでしょう。

無農薬にこだわる方は「有機JAS規格」や「EUオーガニック」をチェック

オーガニックにこだわる方は、オーガニック認証を受けた商品を選ぶとよいでしょう。「有機JAS規格」は食品の95%以上が有機成分で出来ていると照明するもので、日本農林水産省の認定です。

 

同様にEUが認証する「EUオーガニック」や、アメリカ農務省が認定する「USDAオーガニック」などがあります。気になる方はラベルなどの表示をチェックしてみることをおすすめします。

必要な方は「宗教」に関わる認証もチェック

ご自身に宗教上の制約がある方、またはそういった方と繋がりがある方は、宗教に関する認証もチェックしておきたいものです。「ハラル認証」はイスラム教、「コーシャ認証」はユダヤ教に関する認証です。

 

それぞれの宗教には、宗教上の理由で食べてはいけない食品があることがあります。見た目ではわかりにくいそれらの食品を間違って食べないように表示があります。必要な方は確認しておきましょう。

液状タイプのMCTオイルの人気おすすめランキング15選

1位

勝山ネクステージ 株式会社

MCTオイル (中鎖脂肪酸100%)

完全無添加

パーム核由来の中鎖脂肪酸油を、完全無添加で特注生産したのがこのMCTオイルです。製造工程に対しての厳格な監視体制等、安心して購入できる条件を備えています。

ココナッツオイル100%ではありませんが、中鎖脂肪酸の中でもケトン体になりやすいと言われる、カプリル酸(C8)60%とカプリン酸(C10)40%のみで構成されているため、効率を重視したい人にお勧めです。

容量 450g 原材料 ココナッツ、パーム

口コミを紹介

この商品はパーム由来だそうです。味や風味は、仙台勝山館のものと変わらないように感じます。同じ中鎖脂肪酸100%なので、大量消費するなら、この商品でもいいように思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーガニックココナッツ

有機JAS認証取得のオーガニックMCTオイルです。 溶剤を一切使わず、遠心分離の上で低温精製し濾過された商品です。 インドネシア、フィリピン原産のオーガニックココナッツのみを使用して作られています。

 

動物愛護と環境保護の観点から、動物を介さずに人間の手作業で収穫したココナッツのみで作られており、カプリル酸(C8)55~65%とカプリン酸(C10)35~45%のみで構成されています。

容量 440g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

このメーカーのは初めて使ったけど、とくに問題なし。ココナツ由来100%でこの値段なら文句無しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

フィリピン産ココナッツ

1873年創業の食用油製造会社が作ったMCTオイルです。薬品は一切使用しないナチュラル製法の上、高品質なフィリピン産ココナッツを100%使用しているため、安価なパーム油は使用していません。

 

カプロン酸(C6)0.28%、カプリル酸(C8)65%、カプリン酸(C10)33%、ラウリン酸(C12)1.72%で構成されており、無味無臭で飲みやすいといった口コミが多い商品です。

容量 360g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

中鎖脂肪酸。以前から耳にしていたが、この製品は混じり気なしのココナッツオイルから精製された100%中鎖脂肪酸オイル。自社工場製というのも老舗製油会社ならではで信頼が出来る

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

インドネシア産ココナッツ

インドネシア産のココナッツを原料として、定期的な工場視察により、厳密な品質管理で作られたMCTオイルです。

 

1位のMCTオイル同様、カプリル酸(C8)60%とカプリン酸(C10)40%のみで構成されているため、効率を重視したい人にお勧めです。

容量 360g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

バターコーヒーでつかっています。
無味無臭でコーヒーの味がかわらないので良い商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

バージン・ココナッツオイル

バージン・ココナッツオイルを蒸留製法により、化学的工程や添加物を一切加えないナチュラル製法で製造されたオイルです。

 

市場で販売されているMCTオイルの約90%は、安価なパームオイルを原料にしていると言われていますが、CocoのMCTオイルは、100%ココナッツ由来ですので変換効率のよいオイルです。

容量 360g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

無味無臭過ぎて驚きです。コーヒーに入れて飲んでいます。味は全く変わりません。スプーンで混ぜた程度ではオイルがコーヒーの表面に浮きます。1本で体重を何キロ落とせるか検証中です

出典:https://www.amazon.co.jp

純度100%ピュアオイル

2019年モンドセレクション受賞のMCTオイルですGMP(適正製造規範)適合認定証を取得している安心・安全な日本国内の工場で製造された、純度100%のピュアオイルです。

 

「ISO22000」「HACCP認証」「コーシャ認証」「ハラル認証」「RSPO認証」など様々な認証を取得している老舗企業と共同開発したMCTオイルで、高品質でありながらリーズナブルな製品です。

容量 450g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

ダイエット、体の健康にいいと聞き購入しました。食べ物の量はあまり変わってないのですが、このオイルをかけると、今まで何をやっても落ちなかった体重がスルスルと落ち始め、びっくりしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

CIVGIS(チブギス)

ファンクティア MCTオイル

100%ココナッツ由来

ファンクティアは、タイのココナッツオイルのメーカーです。元からココナッツオイルの工場でありココナッツしか扱っておらず工業用パーム油やアブラヤシは不使用の100%ココナッツ由来のMCTオイルです。

容量 250g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

色々なMCTオイルがありますが、ココナッツ100%由来、250mlでこの価格はとてもリーズナブル!他の商品はココナッツだけでなくパーム由来も混ざっていますからね。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

8位

プレミアムマーケティング

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)

100%ココナッツ由来

マレーシア原産の100%ココナッツから作られたMCTオイルです。100%ココナッツ由来のため、ダイエットのサポートに最適です。サラサラしていてかすかに香りもあるのが特徴です。

容量 250g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

毎朝1杯のコーヒーにグラスフェッドバター25g、MCTオイル25gを入れてミキサーで攪拌。乳化したそれを飲むと夜までお腹が空きません。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

フラット・クラフト

[Amazon 限定ブランド] タスオイル MCTオイル

amazon限定ブランド

シンガポール産100%ココナッツ由来のMCTオイルです。添加物も一切使用しておらず、国内で容器に充填されているため、安心して購入することができます。amazon限定ブランドで480gと大容量なのも魅力です。

容量 480g 原材料 ココナッツ

特に気になる味もなくコーヒーやサラダにかけて頂いています。大容量でコスパもいいので、なくなったらまた、購入したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

日清オイリオ

[Amazonブランド]Happy Belly MCTオイル

100%中鎖脂肪酸

「HAPPY BELLY MCTオイル」は、Amazonと日清オイリオが共同企画した100%中鎖脂肪酸の商品です。食品安全マネジメントシステム の国際規格の一つ、「FSSC22000」 を取得している日清オイリオの国内工場で製造されています。

 

また、液ダレしにくいキャップを採用しているところが、消費者に優しい商品です。

容量 400g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

僕には日清製造のMCTオイルが合っているようです。店頭で日清オイリオ製造のMCTオイルを買って試したのですが、初MCTオイルでしたが、冷え性に顕著な効果が自分には見られました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

無添加MCTオイル

フィリピンやシンガポールに続くココナッツ産地であるスリランカ産の、100%ココナッツ由来の無添加MCTオイルです。以前の商品より蓋が改善され、液ダレしにくくなって使いやすくなっています。

容量 250g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

毎食ティースプーン1杯分くらいを、1品にかけ使用しました。無味で食事自体の味を邪魔する事はないです。こちらのオイルを使用してから、減量が進むようになった気がします!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

株式会社レインフォレストハーブジャパン

ココナッツ由来100% MCTオイル

ココナッツ風味をプラス

オーガニックバージンココナッツオイルから主に中鎖脂肪酸のカプリル酸(C8)とカプリン酸(C10)を取り出しただけでは無味無臭のため、有機バージンココナッツオイルを5%を配合しココナッツ風味をプラスした商品です。

 

無味無臭では物足りない、香りが少しは欲しいという方にお勧めです。

容量 170g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

ほんのり甘いさらっとしたオイルです。コーンスープや中華スープによくあいます。荏胡麻オイルと併用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

たんぱく質ゼロ

たんぱく質の調整が必要な方や、高齢で食の細くなった方に適した、たんぱく質ゼロのMCTオイルです。すばやく消化吸収されるため、すぐにエネルギーになりやすく、エネルギー補給やコンディション管理などにも広く使われているオイルです。

容量 400g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

バターコーヒーとサラダ用に購入しました。バターコーヒーは、少し大きめのマグカップにグラスフェッドバター12g、本品を10g入れています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

日清オイリオ

日清オイリオ MCTオイルHC100%

少量サイズ

日清オイリオの、少量サイズのMCTオイルです。100%中鎖脂肪酸はもちろん、使いやすいサイズのため賞味期限をあまり気にすることなく使用できます。

 

また、キャップも改良され、液ダレしにくい上にワンタッチで開閉が可能な優しい商品です。

容量 85g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)を作るのに購入しました。癖とかは無くて飲みやすい感じです。小分けにつかえるので重宝します。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

15位

COCOCURE

MCT ココナッツオイル 一番絞り

ミンダナオ産MCTオイル

ミンダナオ産のMCTオイルです。ココナッツ畑と工場が近くにあるため、フレッシュなままのココナッツを使用した香りも優しく高品質です。一切熱処理をしていないため、限りなく自然に近いオイルです。

 

また、ココナッツキュアはSDGsの取り組みを推進している企業でもあります。

容量 不明 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

あっさりしていて美味しいです。スプーンでとろりと取り出せる柔らかさになっています。暑くなる前に減らして開封時にこぼさない量まで減らさなきゃ(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

液状タイプのMCTオイルの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 原材料
1
アイテムID:5803388の画像
MCTオイル (中鎖脂肪酸100%) 1,498円

詳細を見る

完全無添加

450g ココナッツ、パーム
2
アイテムID:5803391の画像
オーガニックMCTオイル 3,024円

詳細を見る

オーガニックココナッツ

440g ココナッツ
3
アイテムID:5803397の画像
MCTオイル 2,160円

詳細を見る

フィリピン産ココナッツ

360g ココナッツ
4
アイテムID:5803400の画像
仙台勝山館MCTオイル 2,160円

詳細を見る

インドネシア産ココナッツ

360g ココナッツ
5
アイテムID:5803403の画像
MCTオイル 1,398円

詳細を見る

バージン・ココナッツオイル

360g ココナッツ
6
アイテムID:5803406の画像
COCOLAB MCTオイル 2,160円

詳細を見る

純度100%ピュアオイル

450g ココナッツ
7
アイテムID:5803409の画像
ファンクティア MCTオイル 1,398円

詳細を見る

100%ココナッツ由来

250g ココナッツ
8
アイテムID:5803415の画像
MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 1,188円

詳細を見る

100%ココナッツ由来

250g ココナッツ
9
アイテムID:5803418の画像
[Amazon 限定ブランド] タスオイル MCTオイル 1,798円

詳細を見る

amazon限定ブランド

480g ココナッツ
10
アイテムID:5803420の画像
[Amazonブランド]Happy Belly MCTオイル 1,804円

詳細を見る

100%中鎖脂肪酸

400g ココナッツ
11
アイテムID:5803423の画像
MCTオイル 1,480円

詳細を見る

無添加MCTオイル

250g ココナッツ
12
アイテムID:5803426の画像
ココナッツ由来100% MCTオイル 1,280円

詳細を見る

ココナッツ風味をプラス

170g ココナッツ
13
アイテムID:5803432の画像
日清MCTオイル 2,232円

詳細を見る

たんぱく質ゼロ

400g ココナッツ
14
アイテムID:5803435の画像
日清オイリオ MCTオイルHC100% 838円

詳細を見る

少量サイズ

85g ココナッツ
15
アイテムID:5803441の画像
MCT ココナッツオイル 一番絞り 1,480円

詳細を見る

ミンダナオ産MCTオイル

不明 ココナッツ

小分けタイプのMCTオイルの人気おすすめランキング4選

1位

日清オイリオ

日清MCTオイル (6g×30包)

小分けタイプ

国内大手メーカー日清オイリオの、小分けタイプの中鎖脂肪酸100%MCTオイルです。小分けになっているため手軽で使い勝手がよく、特に外出することが多い人にとっては携帯性に優れた商品です。

 

瓶と比較した場合、割高ではありますが、同じ小分けでも4gでは物足りない人にお勧めですし、手間がいらずに、しかも一回ずつ使い切ることができてありがたいといった口コミが多い商品です。

容量 180g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

小分け入りで4g以上の容量を探していたら見つけました。4gでは物足りなく6gは丁度良い量で外出時に持ち歩いています。非常に使い勝手の良い商品で満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

持留製油

MCTオイル スティック 5g×15袋入

スティックタイプ

フィリピン産の、100%ココナッツ由来の商品です。「ココナッツならフィリピン」と言われるのは、国をあげて厳しい検査と衛生法によって管理し、上質なココナッツを生産しているためです。

 

持ち歩きに便利なスティックタイプで、使い切りサイズの5gの個包装が15袋入っています。朝食のコーヒーに、ランチに、外出先でもMCTオイルを摂取できます。

容量 75g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

糖質制限の食事をすると困るのは15時を過ぎて頭が回らなくなること。徐々に血糖値が下がるからでしょう。ここで普通ならブレイクタイムでクッキーなどを食べて糖質補給なんですが、今はそうもいかない。そこでコレです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

仙台勝山館

仙台勝山館MCTオイル7g×30袋

MCTオイル専門店

MCTオイル専門店が作った、ココナッツ由来の中鎖脂肪酸100%のMCTオイルです。

 

1回分7gのスティックですので軽量もいらず手軽に使えます。カプリル酸(C8)60%とカプリン酸(C10)40%のみで構成されているため効率のよい商品です。

容量 210g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

朝のコーヒーに入れて飲んでいます。ジムとエステに行き、お酢も飲んでるのでこれのおかげも手伝ってか分かりませんが短期間でお腹周りが手が2つ分、緩くなりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

勝山ネクステージ株式会社

勝山ネクステージ MCTオイルスティックタイプ

ナチュラル製法

厳密な品質管理の上で作られているMCTオイルです。添加物は一切使用せず、蒸留によるナチュラル製法で作られており、カプリル酸(C8)60%とカプリン酸(C10)40%のみで構成されている、お勧めのMCTオイルです。

容量 150g 原材料 ココナッツ

口コミを紹介

とても美味しく使いやすい。大きさもちょうど良いです。全く香りも無いので料理でもコーヒーでもお菓子づくりでもなんでも使えます。必ずこちらのメーカーのをリピートしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

小分けタイプのMCTオイルの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 原材料
1
アイテムID:5803394の画像
日清MCTオイル (6g×30包) 1,380円

詳細を見る

小分けタイプ

180g ココナッツ
2
アイテムID:5803412の画像
MCTオイル スティック 5g×15袋入 972円

詳細を見る

スティックタイプ

75g ココナッツ
3
アイテムID:5803429の画像
仙台勝山館MCTオイル7g×30袋 2,268円

詳細を見る

MCTオイル専門店

210g ココナッツ
4
アイテムID:5803438の画像
勝山ネクステージ MCTオイルスティックタイプ 1,728円

詳細を見る

ナチュラル製法

150g ココナッツ

パウダータイプのMCTオイルの人気おすすめ商品

日清オイリオ

日清 MCTパウダー 250g×2缶セット

まぜるだけでエネルギーアップ

この商品はMCTオイルを様々な料理にかけたり、混ぜたりできるように粉末状にしたものです。油っこさや油のにおいがほとんどないため、無理なくエネルギー補給ができます。

 

たんぱく質ゼロで使いやすい粉末油脂です。温かいものにも冷たいものにも溶けやすく、おかず、お菓子、飲み物にも簡単に加えることが出来ます。

容量 250g 原材料 中鎖脂肪酸油、デキストリン、加工でん粉

口コミを紹介

MCTオイルをいくつか試しましたが、本品が一番くせがなく、値段もMCTオイルの中ではそこそこなのでリピートしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

MCTオイルの使い方と注意点

せっかく買ったMCTオイルであっても、正しい使い方でなければその効果を発揮することはできません。上手に摂取するための使い方と注意点について、確認しておくことが大切です。

「加熱せず」に使おう

MCTオイルは他のオイルと比べて、沸点が低いという特徴があります。常温でもサラサラして使いやすいのですが、逆に加熱に弱いため、加熱調理に向かないオイルです。

 

MCTオイルを正しく摂取するためには、サラダのような食事にそのままかけたり、コーヒーなどの飲料に混ぜるなど、加熱せずにすむ方法が適しています。

「金森式ダイエット」も摂取のしすぎは太る?「適量」で摂取しよう

金森式の断糖高脂質ダイエットなど、MCTオイルはダイエットによいと言われますが、油であることには違いはありませんので、摂取し過ぎてしまうと太る可能性があります。加えて、摂取のし過ぎは胃や肝臓への負担も増してしまいます。

 

1日の摂取量は小さじ1杯、つまり5mlです。但し、これはあくまで一般的な話で、当然個人差がありますので、無理のないように徐々に摂取量を増やしていき、自分の適量を探してみることをお勧めします。

嘔吐や下痢などの「副作用」にも注意

いくら健康に良いと言っても、中には摂取のし過ぎで吐き気や嘔吐、腹痛や下痢になったという利用者の報告も上がっています。MCTオイルは吸収がよい分、副作用が体に表れるのも早いため、摂取のし過ぎには充分な注意が必要です。

他の健康にいいオイル(油)もチェック!

MCTオイル以外にも、健康に良いオイルがあります。アマニ油は、動脈硬化の改善、ホルモンバランスの改善、アンチエイジング、更年期症状の緩和によいと言われていますし、エゴマ油は、アレルギー症状の緩和を助けます。

 

オリーブオイルは、コレステロール値の低下、生活習慣病予防など、ゴマ油は、抗酸化作用が体によいと言われています。下記の記事ではそんなオイルのおすすめ商品をご紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

まとめ

ダイエットや美容、健康によいと言われるMCTオイルですが、摂取の仕方や選び方、保存方法などで結果に違いが生じます。同じ摂取するのであれば、正しい方法で効率よく、自分の体に取り入れていきましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事