記事ID143341のサムネイル画像

防音マットの人気おすすめランキング15選【冷え性にも】

防音マットがあれば、歩く足音や運動の音が抑えられて安心ですよね。でも、防音マットなんて、どれを選んだら良いかも分からず、困っていませんか。ここでは、防音マットの選び方と、おすすめの防音マットの人気ランキングをご紹介。防音効果を最大限高める方法もお伝えします。

防音マットを活用するメリット

防音マットには、生活音を軽減させる他にも、様々なメリットがあります。ここでは、それらのメリットについて説明していきます。

防音マットは近所迷惑の防止以外にも冷え性の方にも最適

防音マットというと、生活音を小さくして、近所迷惑を防止するために敷くものというイメージがありますよね。ですが実は、防音マットは冷え性に対する強力な対策アイテムにもなります。

 

というのも、最近では、床がフローリングの家が増えていますが、フローリングは床冷えの原因になり、冷え性の人には厳しい環境です。そこで、コルクなどの防音マットを敷くと、断熱性や保湿性に優れているため、熱や冷たさを遮り、床を一定温度に保ちます。

 

そのすると、電気やガスを使わずに、ただ敷くだけで、冷え性に対して劇的な改善効果が得られます。防音マットは冷え性対策にも最適なのです。

運動時の騒音対策にも最適

マンションやアパートで、ダンスや激しい筋トレ、ランニングマシンやエアロバイクの使用時や、子供が走り回る場合などにも、防音マットは活躍します。運動時の騒音は、生活音の比ではありません

 

運動による衝撃を吸収し、床を傷つけるのを守るためにも、クッション性の高い防音マットは活躍するでしょう。

防音マットの選び方

防音マットには、様々な種類がありますが、あまり頻繁に買う物ではないから、どれを選んだら良いか困りますよね。そこで今回は、防音マットの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

 

また、この記事の最後には、防音効果を最大限活かす方法なども説明しますので、一緒にチェックして、しっかり防音できるようになりましょう。

タイプで選ぶ

防音マットを選ぶ際のポイントの1つは、防音マットの「タイプ」で選ぶことです。タイプによって、使い勝手が大きく変わってきます。

リビングなど広範囲に敷く場合は「一体型」

一体型とは、1枚で必要な広さをまかなえるサイズの防音マットのことです。サッと敷くだけで使え、種類も数多く販売されています。リビングなど広範囲に敷くには一体型の防音マットがおすすめです。機能性が高い商品もあるため、防音性も高いです。

 

一体型の防音マットには、自由にカットできるタイプのものもあります。ただ、基本的にはカットせずに使う製品が多く、一体型を選ぶ際には、お部屋の広さやレイアウトを十分に考慮した上で選ぶようにしましょう。

赤ちゃんやペットには「ジョイント式」

一方、ジョイント式の防音マットとは、40cm×40cmや、50cm×50cmなど、1枚1枚が小さく、組み合わせて使うことを前提としたパズル型のものです。一体型と違い、汚れた部分のみ取り換えが可能なので、赤ちゃんやペットがいる家庭では、ジョイント式が良いでしょう。

 

また、ポリエチレンやコルクのような柔らかい素材で作られており、快適に使えます。軽い上に組み替えも可能なため、当初の予定とは別の部屋で使うことも可能です。

 

さらに、赤ちゃんがおねしょや吐き戻しをしても、中まで浸透しない素材であるため、匂いや細菌の発生を防げ、衛生面の担保がしやすいです。ペットのおしっこやうんちも同様です。

厚さで選ぶ

防音マットを選ぶ際には、防音マットの「厚さ」も重要です。厚さによって、防音効果のレベルが変わってくるからです。

ピアノ・電子ピアノには「5mm」がおすすめ

ピアノや電子ピアノを弾く場合、ピアノの音はもちろん、ペダルや鍵盤を叩く音もするため、防音マットを厚くしたくなるでしょう。ですが、分厚すぎるマットの上に、ピアノを置けば、ピアノがぐらつき演奏に集中できません

 

また、ピアノや電子ピアノは、床に直接衝撃を与えるわけではなく、空気中を音が伝わる楽器です。そのため、防音マットにより、空気中の音が伝わらなくすれば問題ありません。以上から、ピアノや電子ピアノでは、5mmの防音マットを敷くのが一番良いでしょう。

ドラムなどの振動を抑えるには「10mm」がおすすめ

一方、同じ楽器でも、ドラムなどを演奏するなら話は別です。ドラムが発する衝撃音は、床を直接振動させ、音だけでなく振動を階下に届けてしまうためです。そこで、10mmの防音マットを敷いて、その振動を十分に吸収してやることが大切です。

 

ドラムの中でも、スネアドラムよりは、バスドラムの重低音が下の階に響きやすいです。また、様々な厚みのものを組み合わせると、防音効果にムラが出てしまうため、ジョイント式の防音マットを組み合わせる場合には、10mmのマットで揃えるようにしましょう。

フィットネスには防音効果の高い「20mm」がおすすめ

フィットネスをする人は、防音効果が高い20mmを選びましょう。20mmであれば、多少大きな動きやジャンプをしても、床を傷つけず、衝撃を吸収する効果も期待できます。

 

また、20mmの中でも防音効果が低いものは避けましょう。フィットネスでは、音や衝撃が大きいため、クッション性が十分に高い物を選びましょう。

音の種類から選ぶ

防音が必要な音には3種類あり、それぞれで適した防音マットが異なります。目的に合わせて、必要な防音マットを選ぶようにしましょう。

ギターや電子ピアノなど「空気伝播した音」

ギターや電子ピアノは、空気を震わせて音を響かせる楽器です。空気伝播音は、障害があると減衰しやすい特徴があり、マンションのコンクリートで出来た床、壁、柱は、この空気伝播音を軽減させる力をある程度持っています。

 

空気伝播音は、比較的対策しやすいと言われており、ポイントになるのは、空気の遮断です。つまり、空気が通る隙間が出来ないように、防音マットを隙間なく敷き詰めることが有効であり、ジョイント式よりは一体型の防音マットの方が良いでしょう。

ピアノなど「固体伝播」

電子ピアノとは違い、ピアノの出す音は、個体伝播音に分類されます。これは、個体を振動させて伝わる音です。ピアノは、床に設置する楽器であるため、壁や床、天井などの物質を通して、振動が伝わってしまいます

 

個体伝播音は、伝達経路が複雑であるため、空気伝播音に比べて対策が難しいです。効果的なのは、素材が柔らかくて制振効果もある防音マットです。柔らかくて緩衝作用の高い防音マットを敷くことで、個体伝播音を最小限に抑えられます

 

また、それなりに厚みのある防音マットを選ぶことも大切です。5mm程度以上あるものが良いでしょう。

跳ねる運動やダンス、ドラムなど「衝撃音」

ダンスやドラムのように、床に直接振動が伝わる楽器では、その振動が床のコンクリートに伝わります。つまり、床自体が、振動の発生源となるわけです。ドラムでは、ノイズイーターなどの防音製品も売られているように、衝撃を発する楽器の下に防音対策をすることが大変重要です。

 

ゴム製の硬い防音マットは、逆に振動が響きやすくなってしまうため、単体で使用するのはNGです。おすすめなのは、5~10mmの硬めのゴムマットのうえに、柔らかい防音マットを出来るだけ厚みを持たせて乗せるという併用型の防音対策です。

 

これにより、柔らかい防音マットにより和らいだドラムの音と振動を、ゴム製の硬いマットによって熱エネルギーに変換して小さくすることができ、強力な防音対策が完成します。

より効果を高めたいなら「裁断可能タイプ」

より防音効果を高めたいなら、ハサミやカッターなどで裁断可能なタイプを購入し、それを部屋や楽器の大きさに合わせてカットしましょう。これにより、あなたがどのような家具を置いていようが、部屋の隅々まで防音マットを敷きつめ、防音効果を高めることが可能です。

 

裁断可能タイプにも、ゴム製のものと絨毯性のものがあります。ただし、一度裁断してしまえば、修復不可のため、よく考えから裁断するようにしましょう。

機能性で選ぶ

防音マットを選ぶ際には、機能性も考慮しましょう。あなたが求める機能により、選ぶべき防音マットは全く変わってきます。

静電気を抑える「制電機能」

制電機能とは、静電気を抑える機能です。防音マットの上で運動する人には、その摩擦で静電気が起きやすいです。また、秋から冬にかけては、湿度が低くなることで、防音マットの表面の吸着水分量が増して電気伝導性が向上するため、静電気が起きやすくなります。

 

さらに、子供や赤ちゃんは、床に身体をこすりつけるのが好きなため、静電気が起きやすいです。これらの静電気の特徴を踏まえ、あなたが静電気を抑えたいなら、静電機能がついた防音マットを選んでおいた方がよいでしょう。

ニオイを防ぐ「消臭機能」

料理などの食べ物のニオイ、体臭、ペットのニオイ、汗のニオイなど、生活していると、防音マットには、様々なニオイがつきます。そこで、おすすめなのが、消臭効果のある防音マットです。

 

匂いがついても時間が経つと自然と取れるものや、そもそも匂いがつきづらいものがあります。もちろん消臭スプレーや空気清浄機もありますが、あなたがニオイを防ぎたいなら、最初から、消臭機能のある防音マットを選んでおいた方がよいでしょう。

「水洗い」可能だとお手入れ簡単

水洗い出来ないものだとクリーニングに出さざるを得ず、時間と費用が掛かります。結果的に、手入れをする頻度も減り、清潔な状態を保つことが容易でありません。

 

水洗いできる防音マットは、お手入れが簡単で、自宅で手軽に綺麗にできるため、常に綺麗で清潔な状態を保つことができます。

スペックで選ぶ

防音マットは、面倒でも1つ1つのスペックを確認しながら選ぶことで、満足したものを選べます。ここでは、7つのスペックについて紹介していきます。

「サイズ」は事前に寸法をチェック

言うまでもなく、防音マットのサイズは重要です。当てずっぽうのサイズで買ってみて、買った後になって大きすぎたり、小さすぎたりしたら、ガッカリしてしまいます。サイズは、事前に寸法をメジャーなどで測ってから、購入するようにしましょう。

 

ギリギリのサイズだと、大きさが足りなくて失敗しやすいので、必要サイズよりも2~3cm程度大きなものを選ぶと安心です。また、ちょうど良いサイズのものがなければ、裁断可能なタイプを購入する方法や、ジョイント式のものを組み合わせて使う方法もあります。

「重さ」で防音性の高さが変わる

重さは、防音性の高さを決定づける重要な要素です。一般に、重い物のほうが、防音効果は高くなります。ただし、重いと設置や移動、洗濯が大変になるため、女性などで腕力に自信がない場合は、気を付けましょう。

 

また、ジョイント式の分解できる防音マットを選んでおけば、重くても分解して扱うことができて便利でしょう。

「吸着性」に優れた物はずれにくい

吸着性のある防音マットは、擦れてもずれにくいです。いちいちずれると、直すのも面倒でしょう。そのため、防音マットの上で運動をする場合や、防音マットの上を子供やペットが走り回る場合には、吸着性の高いものがおすすめです。

 

また、吸着性が高くてずれにくいと、床を傷つけにくいメリットもあります。マンションなどでフローリングを傷つけたくない場合や、畳の上に敷く場合には、吸着性に優れた防音マットがあると良いですね。

「撥水性」があるものなら水をこぼしても安心

撥水性とは、水を吸収せずに、はじく性質です。子供が飲み物をこぼしたり、吐き出してしまったり、運動によって汗をかいたりする可能性があるなら、撥水性があると、とても安心できます。

 

ちなみに、撥水性のある防音マットは、空気をきちんと通すため、通気性は良く、梅雨などに蒸れることもないため、安心してください。

「防ダニ性」があるなら衛生的

湿気の多い部屋に居る人や、梅雨など湿度の高い時期が気になる人は、防ダニ性がついている防音マットが良いです。また、ペットの身体は、ダニが寄生しやすいため、ペットを飼っているなら、防ダニ性の方が良いでしょう。

 

防ダニ性は、ついていて困ることはありません。防ダニ性で衛生的な防音マットを使っておけば、あなたや大切な子供の衛生面・健康面が守られ、部屋をクリーンに保てますので、極力、防ダニ性のものを選びましょう。

「耐火性」があれば火災のリスクを低減

耐火性は、万が一火災があっても、簡単には燃えません。逆に、燃えやすい素材で出来た防音マットは、火災時に、火の勢いを拡大してしまいます。

 

耐火性の防音マットを選んでおけば、火災のリスクを軽減してくれます。特に、高層マンションなど、火災時に逃げにくい環境に住んでいるなら、耐火性があると安心できます。

「洗濯可能」なものであればお手入れ簡単

洗濯可能な防音マットは、お手入れが簡単です。お手入れがしやすいと、衛生面も保たれ、いつも清々しくいられます。また、もし季節ごとに防音マットを変える場合にも、きちんと洗ったうえで、収納しておくことができます。

 

ただし、あなたの洗濯機の大きさは、考慮しましょう。洗濯機に入らないものでも、中性洗剤などで水拭き掃除が可能ですが、やはり洗濯機の方が汚れを落としやすいです。きちんと洗濯機と防音マットの両方の大きさを調べてから購入しましょう。

「口コミ」を参考にすると購入の失敗が少ない

防音マットに限らず、機能やスペックがついていると表記されていても、実際に使ってみると良い製品とイマイチな製品があるものです。そこで、実際の利用者の口コミを参考にすることで、購入の失敗を減らすことができます

 

ただし、口コミを書いた人とあなたとでは、その防音マットを使用する部屋や目的が異なります。ですので、口コミだけに頼って選ばず、口コミはあくまで参考に留めるということも意識しておいてください。

お部屋にあった「デザイン」だとおしゃれ

防音マットは、使用する量によっては、カーテンと並び、部屋に置くものの中でも特に表面積が大きなアイテムの1つです。そのため、防音マットのデザイン次第で、部屋の雰囲気はガラッと変わります

                                                      

恰好の良い防音マットを見ると、つい欲しくなりがちですよね。ですが、やはり自分のお部屋に合ったデザインのものが、一番おしゃれです。部屋の色合いやトーンなども考慮しながら、せっかくならインテリアとしても優れたおしゃれな防音マットを選びましょう。

5mmタイプ防音マットの人気おすすめランキング5選

第1位

NBL

防音対策マット

価格:5,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供に優しい電子ピアノ用の防音マット

電子ピアノ用の防音マットであり、遮音等級LL-6という非常に高い防音機能を持っています。

 

静電機能があるため、子供が足を擦っても静電気はたたない上に、やわらかい素材で出来ているので、触り心地も良い防音マットです。

タイプ一体型厚さ3~5mm
裁断裁断可能機能性静電機能
サイズ50cm×150cm重さ
その他スペック耐火性

口コミを紹介

アパート1Fでコルグの電子ピアノLP380を使ってます。
夜中の2時だろうが3時だろうがヘッドフォンで弾いていますが、今のところ苦情は来ていません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

EMUL

電子ピアノ用防音マット

価格:12,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレさ重視の電子ピアノ用防音マット

ブラックカラーに白の縁取りがされており、とてもオシャレな防音マットです。デザイン的には、白系や黒系の電子ピアノとの相性が良いでしょう。

 

また、軽量衝撃音遮音等級L-35を実現しており、防音機能も優秀です。打鍵、ペダル操作、足でのリズム取り、椅子をずらす音などを軽減できます。

タイプ一体型厚さ
裁断不可機能性
サイズ55cm×150cm重さ
その他スペック

口コミを紹介

見た目はスッキリしててカッコ良いです。階下へ打鍵案が緩和されてるかどうかはいまいち実感はないですが隣の部屋の家族からは、床からは伝わってこないと言われました。 

出典:https://item.rakuten.co.jp

第3位

ヨガマット プロスタンダード

価格:14,985円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨガやストレッチをしたい人に

ヨガやストレッチのように、飛んだり跳ねたりしない静的な運動なら、こちらの防音マットが良いです。グリップ力が高く、マットから手足がずれません

 

撥水性が高くて汗をはじく上に、半永久保証の耐久実験に耐えた丈夫さを持ち合わせており、1度買ったら、とても長く使い続けられる経済的な製品です。

タイプ一体型厚さ6mm
裁断可能機能性
サイズ67cm×180cm重さ3.8kg
その他スペック吸着性、撥水性

口コミを紹介

マンションに住んでいるので防音にも使えるトレーニングマットを探していてこちらの商品に辿り着きました。防音効果はあります。汗をかいても手や足は滑りにくくてトレーニングのストレスが減りました。毎日使う物なので良い買い物だったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

サンコー(三つ葉)

ずれないタイルカーペット 10枚

価格:4,514円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペットや子供がいる家の生活音対策

防音マットの中では、比較的さわやかなデザインであり、また吸着性があるため、子供やペットが走ってもずれませんし、走った音も階下に響きません

 

消臭効果があるので、子供が飲食物をこぼしたり、ペットを飼っていてもニオイの心配が減ります。子供やペットがいる家の生活音対策には十分な製品です。

タイプジョイント式厚さ4mm
裁断可能機能性消臭効果、水洗い可能
サイズ<1枚当たり>45cm×45cm重さ0.115g/枚
その他スペック吸着性、撥水性、洗濯可能

口コミを紹介

床へのくっつきもいいし、貼り直しもしやすいし、ワンコも走りやすそうで大満足です。厚さもあまりないので貼ってないところとの境目も特に違和感ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

ケイ・ララ

タイルカーペット 32枚セット

価格:7,934円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なのに低価格な防音マット

椅子を引く音や足音、物を落とした音など、室内の生活音を防音します。家具によるへこみやペットの傷跡から床を守るキズ防止機能もついています。

 

冬のフローリングの冷たさも軽減でき、オールシーズン快適に活躍します。冷え性の人も、こちらの防音マットを敷くと、ずいぶんと楽になるでしょう。

タイプジョイント式厚さ5.5mm
裁断可能機能性静電機能
サイズ<1枚当たり>50cm×50cm 重さ
その他スペック耐火性

口コミを紹介

リビング用に購入しました。要領を掴めば貼るのも時間かかりませんでした、色もちょうどよくて満足しています。 

出典:https://item.rakuten.co.jp

比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5519755の画像

    NBL

  • 2
    アイテムID:5519827の画像

    EMUL

  • 3
    アイテムID:5515770の画像

  • 4
    アイテムID:5520832の画像

    サンコー(三つ葉)

  • 5
    アイテムID:5515715の画像

    ケイ・ララ

  • 商品名
  • 防音対策マット
  • 電子ピアノ用防音マット
  • ヨガマット プロスタンダード
  • ずれないタイルカーペット 10枚
  • タイルカーペット 32枚セット
  • 特徴
  • 子供に優しい電子ピアノ用の防音マット
  • オシャレさ重視の電子ピアノ用防音マット
  • ヨガやストレッチをしたい人に
  • ペットや子供がいる家の生活音対策
  • 高品質なのに低価格な防音マット
  • 価格
  • 5800円(税込)
  • 12700円(税込)
  • 14985円(税込)
  • 4514円(税込)
  • 7934円(税込)
  • タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • ジョイント式
  • ジョイント式
  • 厚さ
  • 3~5mm
  • 6mm
  • 4mm
  • 5.5mm
  • 裁断
  • 裁断可能
  • 不可
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 機能性
  • 静電機能
  • 消臭効果、水洗い可能
  • 静電機能
  • サイズ
  • 50cm×150cm
  • 55cm×150cm
  • 67cm×180cm
  • <1枚当たり>45cm×45cm
  • <1枚当たり>50cm×50cm 
  • 重さ
  • 3.8kg
  • 0.115g/枚
  • その他スペック
  • 耐火性
  • 吸着性、撥水性
  • 吸着性、撥水性、洗濯可能
  • 耐火性

10mmタイプ防音マットの人気おすすめランキング5選

第1位

YYT

防音マット

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラムに適した防音マット

ドラムなどの衝撃音を発する楽器を演奏するなら、こちらのマットがおすすめです。個体伝播音を小さく制御する防振効果があるためです。

 

厚さも10mmあるためドラムに適しており、電子ドラムの下に敷いて使います。シンプルなブラックのデザインで、あなたのドラムがさらに映えるでしょう。。

タイプ一体型厚さ10mm
裁断可能機能性
サイズ100cm×50cm重さ0.3kg
その他スペック

口コミを紹介

私は振動マシン用マットとして使用しています。マシン側はマットは不要とありましたが、心配なのでこのマットを購入しました。使ってみて、自分の感覚しかありませんが、振動を吸収している気がしています。それ以上にマットを敷くことで安心感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Roland(ローランド)

Roland V-Drums Mat TDM-10

価格:14,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電子ドラム専用の防音マット

3重構造で床への振動を吸収してくれるVドラム専用マットです。音だけでなく衝撃を吸収し、ドラムからの衝撃が階下に響いてしまうのを軽減します。

 

シンプルなデザインですが、フローリングの部屋でも、ドラムのキックパッドやハイハット・ペダルのスパイクで、床に傷がつきにくい仕様となっています。

タイプ一体型厚さ8mm
裁断裁断不可機能性
サイズ120cm×130cm重さ2.1kg
その他スペック

口コミを紹介

商品到着も早く、商品も思った通り良かったです。
市販のカーペットも検討しましたが、やはり専用のマットの方が、見た目もカッコよく一体感があり、購入して正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

野原産業

静床プレミア 防音マット8枚入

価格:16,632円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性抜群の製品ブランド

静床プレミアは、名前の通り、防音によって床が静かになることに加えて、多機能、ハイスペックな製品ブランドです。

 

「防ダニ性」で「水洗い機能」もあり、いつも清潔感を持って使用できる上に、「消臭機能」があり使用感が心地よく、「耐火性」もありマンションの高層階でも安心です。

タイプジョイント式厚さ12.5mm
裁断可能機能性消臭機能、水洗い
サイズ<1枚当たり>50cm×50cm 重さ2.25kg/枚
その他スペック耐火性、防ダニ性

口コミを紹介

階下の住人から足音が気になると言われて購入を検討し本品を廊下に敷いた。その後階下の住人と話す機会があった際に「劇的に改善された」と言われた。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

VEGA CORPORATION

ジョイントマット 32枚 大理石柄

価格:7,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジョイント式のオシャレ防音マット

本製品は、大理石柄ですが、防音マットとしては想像できないオシャレさであり、これを敷き詰めれば、部屋の雰囲気がガラッとオシャレになります。

 

さらにジョイント式なので、部屋の形に合わせてカットして利用でき、隅々までオシャレに拘れます。防音効果+デザインを大切にしたい人向けです。

タイプジョイント式厚さ10mm
裁断不可機能性
サイズ<1枚当たり>60cm×60cm重さ
その他スペック

口コミを紹介

思っていたより少し大きかったですが、柄?雰囲気は想像通りで満足してます!

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

グラムスタイル

ラグマット

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低反発が自慢の、身体に優しい防音マット

低反発で、足がじんわり沈み込む素材になっているのがウリで、一度気に入ったら他のマットには変えられないでしょう。

 

また毛足が短くてゴミが絡みにくいため掃除がしやすい上に、汚れたら水洗いが出来るので、いつも清潔感を保って使用できるマットです。

タイプ一体型厚さ13~15mm
裁断不可機能性水洗い可能
サイズ130cm×190cm重さ
その他スペック

口コミを紹介

なんという事でしょうこの肌触り、たまらなくサラサラ、フワフワのまるでヒヨコを敷き詰めているかのような感触、最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5520797の画像

    YYT

  • 2
    アイテムID:5520444の画像

    Roland(ローランド)

  • 3
    アイテムID:5515693の画像

    野原産業

  • 4
    アイテムID:5515681の画像

    VEGA CORPORATION

  • 5
    アイテムID:5515703の画像

    グラムスタイル

  • 商品名
  • 防音マット
  • Roland V-Drums Mat TDM-10
  • 静床プレミア 防音マット8枚入
  • ジョイントマット 32枚 大理石柄
  • ラグマット
  • 特徴
  • ドラムに適した防音マット
  • 電子ドラム専用の防音マット
  • 機能性抜群の製品ブランド
  • ジョイント式のオシャレ防音マット
  • 低反発が自慢の、身体に優しい防音マット
  • 価格
  • 3300円(税込)
  • 14300円(税込)
  • 16632円(税込)
  • 7990円(税込)
  • 7980円(税込)
  • タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • ジョイント式
  • ジョイント式
  • 一体型
  • 厚さ
  • 10mm
  • 8mm
  • 12.5mm
  • 10mm
  • 13~15mm
  • 裁断
  • 可能
  • 裁断不可
  • 可能
  • 不可
  • 不可
  • 機能性
  • 消臭機能、水洗い
  • 水洗い可能
  • サイズ
  • 100cm×50cm
  • 120cm×130cm
  • <1枚当たり>50cm×50cm 
  • <1枚当たり>60cm×60cm
  • 130cm×190cm
  • 重さ
  • 0.3kg
  • 2.1kg
  • 2.25kg/枚
  • その他スペック
  • 耐火性、防ダニ性

20mmライプ防音マットの人気おすすめランキング5選

第1位

KaRaDa Style

高密度ジムマット 4枚セット

価格:14,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジムでも使われる本格派の防音マット

トレーニングする人なら、ダンベルを落としたり飛び跳ねたりした時に、衝撃を徹底吸収してくれる本製品は、大変重宝するでしょう。

 

しかも、吸着性に優れているため、運動してもズレることがなく安全です。また、撥水性があるので、汗がこぼれ落ちても、拭けば衛生面を保てます。

タイプジョイント式厚さ25mm
裁断裁断不可機能性
サイズ<1枚当たり>50.5cm×50.5cm重さ6.2kg/枚
その他スペック吸着性、撥水性

口コミを紹介

室内で運動が出来るようにするため購入。かなり厚さと重さがあるので、フローリングに敷きつめた上でトランポリンで飛んでも問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

和気産業

吸音材 QonPET(キューオンペット)

価格:1,520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音のプロが造った防音マット

生活音(テレビ、掃除機、洗濯機)、趣味の音(楽器など)、工場騒音や機械音など、あらゆる音への対策に有効な防音マットです。

 

トレーニングする人なら、厚さが20mmあれば良いところ、本製品はなんと35mmもあり、音エネルギーを1/4まで低減できるプロ仕様のマットです。

タイプジョイント式厚さ35mm
裁断可能機能性
サイズ<1枚当たり>30cm×30cm重さ
その他スペック耐火性

口コミを紹介

デミオのトノカバー(ボード)裏に貼り付けました。荒れたアスファルトの道で鳴っていた高音が吸収されたように感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ソノーライズ

防音マットZS 2枚セット

価格:20,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防音マットの有名製品

ダンススタジオや、ライブハウスでも利用されており、効果が圧倒的に実証されている防音マットです。1枚が大きいため、広めの部屋に良いでしょう。

 

厚さは、3mm、5mm、10mm、15mm、20mmと5種類あるので、気に入ったら他の厚さで使用してみることも可能です。

タイプジョイント式厚さ35mm
裁断可能機能性
サイズ<1枚当たり>30cm×30cm重さ
その他スペック耐火性

口コミを紹介

木造家屋で1階に住んでいる両親からクレームがありマッサージチェアの下に引きました。全く音がしなくなったとの回答。ありがたいです!厚さ2センチと言うところがミソかも。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

コンポジット

トレーニングエクササイズ用ジョイントマット 8枚セット

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅のジム設営にピッタリ

この防音マットは、硬度55という数値を保っており、重量マシンを使っても床にのめりこまない丁度良い硬さです。

 

限られたスペースで、自宅にジムを作りトレーニングしたい人には、ジョイント式で、デザインも良い本製品は、使いやすいでしょう。

タイプジョイント式厚さ20mm
裁断可能機能性
サイズ<1枚当たり>45cm×45cm 重さ
その他スペック防カビ性、耐火性

口コミを紹介

床・フローリングの保護という当初目的は達成できており、
トレーニング時の防音・衝撃吸収効果に有効性をを感じています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

コンポジット

折りたたみ スポーツマット

価格:4,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折り畳み式の分厚い防音マット

折り畳み出来るのがウリの防音マットです。トレーニングしたいけれど、常に防音マットを敷いておく程のスペースがない人には、最高の製品です。

 

しかも厚さが50mmもあり、階下に音や振動が伝わるのを徹底的に防いでくれます。しかも撥水性まであり、折り畳み式なのに高スペックすぎる防音マットです。

 

 

 

タイプ一体型厚さ50mm
裁断裁断不可機能性水洗い可能
サイズ180cm×60cm重さ1.9kg
その他スペック撥水性

口コミを紹介

リングフィットアドベンチャーやフィットボクシングをする時に使っています。マンションなので音が気になっていたのですが厚みがあるので安心して出来ます。値段も安かったので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5515735の画像

    KaRaDa Style

  • 2
    アイテムID:5516668の画像

    和気産業

  • 3
    アイテムID:5520781の画像

    ソノーライズ

  • 4
    アイテムID:5520901の画像

    コンポジット

  • 5
    アイテムID:5520935の画像

    コンポジット

  • 商品名
  • 高密度ジムマット 4枚セット
  • 吸音材 QonPET(キューオンペット)
  • 防音マットZS 2枚セット
  • トレーニングエクササイズ用ジョイントマット 8枚セット
  • 折りたたみ スポーツマット
  • 特徴
  • ジムでも使われる本格派の防音マット
  • 音のプロが造った防音マット
  • 防音マットの有名製品
  • 自宅のジム設営にピッタリ
  • 折り畳み式の分厚い防音マット
  • 価格
  • 14000円(税込)
  • 1520円(税込)
  • 20800円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 4480円(税込)
  • タイプ
  • ジョイント式
  • ジョイント式
  • ジョイント式
  • ジョイント式
  • 一体型
  • 厚さ
  • 25mm
  • 35mm
  • 35mm
  • 20mm
  • 50mm
  • 裁断
  • 裁断不可
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 裁断不可
  • 機能性
  • 水洗い可能
  • サイズ
  • <1枚当たり>50.5cm×50.5cm
  • <1枚当たり>30cm×30cm
  • <1枚当たり>30cm×30cm
  • <1枚当たり>45cm×45cm 
  • 180cm×60cm
  • 重さ
  • 6.2kg/枚
  • 1.9kg
  • その他スペック
  • 吸着性、撥水性
  • 耐火性
  • 耐火性
  • 防カビ性、耐火性
  • 撥水性

防音効果を最大限に活かす方法とは

防音材は優れた防音効果を発揮しますが、防音材単体でやれることには、限界があるのも事実です。そこで、ピアノを弾く人は、ピアノの足の下に、インシュレーターを敷くことも有効です。さらに、遮音マットを使用することで、効果はさらに上がります。

 

また、ドラムなど、衝撃音を発する楽器の下には、防音マットに加えて、防振マットを敷くことで、衝撃への対策効果が上がります。さらに、ドラムの場合、ノイズイーターも用いることで、徹底的に対策したほうが、気持ちよくドラムの練習ができると思います。

 

あなたが、飛んだり跳ねたり、重いダンベルを使用するような運動をする人なら、運動の時間帯を考えることも大切です。階下に強い衝撃を与える運動は、人が眠っている夜間を避けるだけでも、苦情に繋がる可能性は随分と下がります。

床だけでなく壁にも防音対策を

床だけでなく壁にも対策することで、防音効果はさらに上がります。壁面対策は、吸音材と遮音材の2タイプがあります。吸音材とは、音が反響することを防ぐもので、遮音材は、音が部屋の外に漏れるのを防ぐものです。役割が異なるため、組み合わせて使いましょう

 

また、壁の対策の一環として、カーテンを防音カーテンにすることも有効ですので、押さえておきましょう。

防音マットはニトリやホームセンターでも購入可能

最近では、ニトリやIKEA、カインズなどのホームセンターでも、低価格で高品質の防音マットが販売されています。実際に手に取って、製品を見ることが出来るため、実物を見た上で決めたい人は、一度足を運んでみるのも良いでしょう。

防音マットを使って、近隣の人と気持ちよく過ごそう

防音マットの選び方やおすすめの防音マットについて紹介してきましたが、いかがでしたか。防音マットを選ぶ観点は多く、音楽や運動など、目的によっても使い分けた方が良いことがお分かり頂けたかと思います。防音が上手くいかず、近隣から苦情ばかりだと、生活していて気分が悪いですよね。防音マットでしっかり防音して、気持ち良く過ごせるようにしましょう。

TOPへ