記事ID143247のサムネイル画像

LED投光器の人気おすすめランキング15選【野外にも】

様々な作業に使用されるLED投光器。LEDを光源としているライトで、野外でも使用がしやすい充電式などのタイプも人気があります。10000ルーメンを超える最強に明るいLED投光器なども販売されており、プロの工事現場でも活躍しています。

LED投光器とは

投光器とは、レンズや反射板などのアイテムを使用することで、一定方向に強い光を出すことができる照明器具です。LED投光器は、その投光器の光源にLEDを使用した器具です。ハロゲンランプや水銀灯よりも、とても長い寿命を持っています。

 

他にも、圧倒的な消費電力の低さも特徴の1つです。現在では多くのシーンでLEDが使用されており、とても身近に感じられます。LED自体が小さいので、LED投光器はコンパクトな商品や薄型の商品が多いです。

 

そこで今回はLED投光器の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。記事の最後には、人気のメーカーも紹介しています。ぜひ最後までチェックしてみてください。

LED投光器の選び方

LED投光器は、光の強さや形状の違いなど様々な種類が販売されています。搭載されている機能も大きく違うので、自分のニーズに合った商品から選ぶことが重要です。

形状から選ぶ

形状が違うだけで、照射する角度などが違うことがあります。選ぶ形状によって設置する位置などを決めるようにしましょう。多く使用されている丸型や角型以外の形状も人気があるので、しっかり形状から選びましょう。

一方向をピンポイントに照らせる「丸型」

丸型のLED投光器は、看板や屋上などの高い位置に設置されていることが多い形状です。一定方向に強い光をピンポイントに当てることが可能で、とても明るいです。看板など、特に注目してほしい部分がある時におすすめのタイプです。

 

ピンポイントと言っても、ある程度の範囲を照らすことも可能な点は頭に入れておきましょう。一定のエリアスポットを照らすことにも最適で、屋外で使用している方が多いです。人気の形状なので、商品の種類が多いことも丸型の大きなメリットです。

広い範囲を均一に照らせる「角型」

丸型と同じ人気の形状に、角型と呼ばれる四角い形状のLED投光器があります。とても広い範囲を照らすことが可能で、丸型とは違い、均一に広い範囲を照らします。ガレージや駐車場など、広い範囲をキレイに照らしたい場合におすすめの形状です。

 

こちらの形状も人気が高く、多くの商品が販売されています。電源タイプも豊富で、バッテリー式の商品も多いです。四角型とも呼ばれることがあり、光の強い角型の商品は工事現場などのプロの現場でも多く使用されています。

360度しっかり照らせる「円柱型」

丸型や角型とは違い、360°の方向をしっかり照らせる人気の形状です。円柱タイプになっているので、横に幅を取らない点も大きなメリットです。ピンポイントでも広い範囲でもなく、しっかり360°照らすことができます。

 

円柱型は、商品の種類がまだ少ないことがデメリットです。そのため、様々な種類から自分のニーズに合った商品が探しにくいです。人気が高くなっている形状なので、これから種類は増えていくでしょうが、現在は少ない種類から選ぶ必要があります

設置方式から選ぶ

LED投光器には、設置するタイプの違う商品が多く販売されています。自分が使用する場所に設置したり、取り付けることができるタイプから選ぶことが大切です。複数の取り付け方法がある商品は、使い勝手が良いので特に人気が高いです。

場所を選ぶことなく設置可能な「クランプ・クリップ式」

クランプやクリップ式は、LED投光器に多く採用されている設置タイプです。クランプ式はネジでしっかりと固定することが可能で、固定力も抜群です。クリップ式は対応している幅であれば、どこでも設置することができます。

 

屋外はもちろん屋内でも使用がしやすいタイプで、とても人気が高いです。設置方法も非常に簡単で、素人の方でも少しの工具で簡単に設置できます。工事現場などのプロの現場でも使用されやすく、使い勝手が良いです。

 

クランプ・クリップ式のメリットはそれだけでなく、簡単に持ち運びがしやすい点も大きなメリットです。場所を選ばずに使用がしやすいので、サッと取り外して別の場所に取り付けることも楽に行なえる、大人気の設置タイプです。

床置きするなら「スタンド式」

スタンド式は商品だけで自立してくれるタイプで、床に直接置くタイプとstandで立たせるタイプが販売されています。standで立たせる商品は、主に3脚standを使用しており、床よりも高い位置から手軽に使用することができます。

 

床置きするタイプのLED投光器は商品の種類も多く、人気が高いです。こちらもクランプ・クリップ式と同じで、手軽に持ち運びがしやすいです。取っ手が付いた商品も販売されているので、自分が使いやすい床置きタイプの商品を選んでみましょう。

 

ただし、床置きタイプは光源が床になってしまうので、商品によっては照射角度が合わない可能性があります。床置きタイプを購入する際は、自分がどの部分を照らしたいかをハッキリ確認してから購入するようにしましょう。

持ち運び可能な「ハンディ式」

ハンディタイプのLED投光器は、狭い場所や暗い場所での作業の相棒として人気のあるタイプです。上記で紹介した設置タイプとは違い、広い範囲を照らすことは難しいです。片手にLED投光器を持って作業をする際に便利なタイプです。

 

折り畳める商品が多く、持ち運びに便利なこともハンディタイプのメリットです。とてもコンパクトになるので、鞄の中などにも簡単に収納させやすいです。そのため、災害時や緊急時でも手軽に持ち運ぶことができます。

 

ハンディタイプの中にはフックやマグネットが付いた商品も販売されています。適応した場所に設置することで、両手を空けて作業をすることができます。ハンディタイプは何かと便利に使用できるため、1つ保管しておくのがおすすめです。

明るさで選ぶ

LED投光器の明るさは、とても範囲が広いです。そのため、使用する場所に合った明るさの商品を選ばなければ、周囲に迷惑になってしまうことがあります。とにかく明るさの強い商品を選ぶのではなく、使用する場所に合った明るさの商品を選びましょう。

一般家庭の簡易照明などには2,000lmまでがおすすめ

明るさが2000ルーメンまでのLED投光器は、一般家庭での使用にも最適な商品です。目安ですが、2000ルーメンは約5m先までのものがハッキリを確認ができる明るさです。玄関などに設置して、防犯対策として使用している家庭も多いです。

 

また、ガレージまでの道などにも使用がされやすいです。身近なものを照らすには十分な明るさがあり、一般家庭でこれ以上の明るさの商品を使用すると、眩しすぎることになる可能性もあります。家庭で使用するなら、1000~2000ルーメンの商品がおすすめです。

業務用の照明には5,000ml程度がおすすめ

明るさが5000ルーメンまでに上がってくると、直接目で見れない程に明るくなります。一般家庭での使用には向いていないので注意してください。広めの駐車場の照明や、屋外でのイベント会場の照明としてはおすすめです。

 

そのため、主に業務用として使用がされる明るさです。軽く30m以上まで明るく照らしてくれるので、広めの会場などでの使用に向いています。屋外の広さに合わせて、いくつか用意しておくと、明るさの調整がしやすくなります。

機能で選ぶ

LED投光器は使い勝手のよくなる機能が搭載された商品も販売されています。自分が使用するシーンに合った機能が搭載されているか、しっかりチェックしましょう。

釣りやバーベキューなど野外で使用するなら「充電式」

充電式は名前の通り、充電した電力で使用できる人気のタイプです。充電さえあればどこでも使用することが可能で、釣りやバーベキューなどの際にも重宝します。電源コードを気にする必要はありませんが、明るさの値は低いことがあるので注意です。

 

野外での使用を考えるなら充電式がおすすめです。手軽に持ち運びがしやすい点も、充電式の大きなメリットです。が、充電が切れてしまったら何も出来なくなってしまうので、残りの電池の量だけはしっかり確認しておくようにしましょう。

 

また、充電式のLED投光器の中には、モバイルバッテリーとしても使用することができる商品も販売されています。緊急時や災害時でも重宝するので、こちらの機能もチェックしておくと、万が一の際にも便利です。

充電不要の「ソーラーパネル」

充電式のLED投光器と同じで、コンセントが必要ないのでソーラーパネルタイプです。太陽光を電力としているので、どこでも使用することができます。充電不要なので、災害時や緊急時にも重宝しますが、デメリットが無い訳ではありません。

 

太陽光を電力としているので、天気が不安定だと使用出来ない可能性があります。また、動作が不安定になりやすいという欠点もあります。自然の力で充電するのでとても経済的ですが、しっかりデメリットも頭に入れておきましょう

 

ソーラーパネルタイプのLED投光器は、小型でコンパクトな商品も多いです。価格もリーズナブルな商品もあります。コスパを抑えてLED投光器が欲しい方にもおすすめのタイプです。メインではなく、予備のLED投光器としても最適なタイプです。

雨の日でも心強い「防水・防塵機能」

屋内ではなく屋外でLED投光器を使用する場合は、防塵・防水機能もチェックしておきましょう。防塵・防水機能は、IP〇〇といったように表記されていることが決まっています。〇部分には数字が入れられており、〇の数字が高いほど機能性が高いです。

 

防水性能が高ければ、雨の中でもしっかり動作が可能なので心強いです。屋外の防犯用や、照明用としている場合は特にチェックが必要なポイントです。ガレージや工事現場などで使用する際は、防塵機能も重要です。

 

特に工事現場は、かなりの粉塵が舞い上がることが多いです。屋外での工事現場の場合は、防水と防塵の良品をチェックすることが大切です。家庭にあるガレージも意外と粉塵が舞いやすいので、防塵機能が高い商品を選びましょう。

コンセント付きなら「スイッチ付き」

LED投光器にはコンセントで繋いで使用するタイプの商品も多いです。コンセントタイプのLED投光器を使用する際は、スイッチ機能の有無をチェックしましょう。スイッチ機能が無いと、コンセントを繋いだ瞬間に光が出てしまいます。

 

点灯させたり消灯させることが多い場合、いちいちコンセントの抜き差しを何度もしなくてはいけなくなります。スイッチ機能が付いてると、手元の近くでオンとオフが切り替えられるので、とても便利に使用することができます。

 

コンセント付きのLED投光器の商品で、スイッチが無い商品は意外と多く販売されています。スイッチが付いているかどうかは、必ずチェックしてから購入しましょう。いきなり明るくなって迷惑をかける心配がなくなります。

価格やコスパから選ぶ

LED投光器は、ハロゲンランプや白銀灯と比較しても非常に低い消費電力で使用することができます。が、その中でも省エネで使用できる商品もあります。コスパを抑えたいなら、本体の価格だけでなく、電力部分もチェックしてみましょう。

ランニングコストを気にするなら「省電力タイプ」

一般家庭で使用する際でも、業務用で使用する際でもLED投光器は、長く使用することが多いです。そのため、長期間使用しているとランニングコストが高くなりやすいです。ランニングコストを抑えたいなら省電力タイプの商品がおすすめです。

 

24時間使用するLED投光器だからこそ、少しの省電力でも結果的に大きな金額になることが多いです。。省電力タイプは、商品のパッケージに表記されていることが多いです。しっかりパッケージを確認してから、購入するようにしましょう。

導入コストを削減したいなら「5,000円以下の安い製品」

業務用として使用する場合は、導入コストが気になるポイントです。可能な限り導入コストを削減したいと考えるのは当然です。そのため、導入コストの削減を考えるなら5000円以下の安い商品を選ぶことがおすすめです。

 

LED投光器は、1万円を超える商品も多く販売されていますが、5000円以下のコスパの良い商品もたくさん販売されています。価格の点から商品を選ぶことも選択肢の1つです。その際は、口コミやレビューなども参考にするのがベストです。

人気メーカーから選ぶ

LED投光器は今では多くのシーンで見かける人気の照明器具です。様々なメーカーから人気の商品が販売されているので、お気に入りのメーカーから選ぶことも重要です。ここでは、おすすめのメーカーを紹介しています。

日本の大手家電メーカー「アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)」

日本を代表する大手家電メーカーのアイリスオーヤマ。家電以外のアイテムも豊富に販売されており、LED投光器も販売しています。とても使いやすいだけでなく、高い機能を持っている商品もあります。

 

そのため、様々なシーンで活躍しています。5000円以内で購入できるリーズナブルな商品から、数万円する価格の高い商品まで幅広く販売しています。自分のニーズに合った商品から選びやすいので、とても人気のあるメーカーの1つです。

保証が充実「ピーライト(P-light)」

主に作業灯のLED投光器を多く販売しているメーカーです。シンプルで使いやすい商品が多く、どこでも使いやすい商品が多いことも特徴の1つです。高い防水・防塵機能を持った商品もあり、屋外などの作業現場でも使いやすいです。

 

角度調整なども手で行うことができる商品など、高い人気を得ています。また、ピーライトの特徴として、ピーライト製のLED投光器は、とても保証が充実している点も人気の点です。何か問題があっても、保証が充実しているので安心して使用することができます

LED投光器の人気おすすめランキング15選

第1位

Platinum Brand

LED投光器

価格:2,850円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8000ルーメンで工事現場でもしっかり使える

軽量なアルミ筐体で、持ち運んでの使用にも最適な商品です。高い放熱性を持っているので、素早く冷却してくれます。そのため、寿命も長いです。安全性能が高く、防水・防塵性能も高いです。省エネに使用ができるので、コストを抑えたい方にもおすすめです。

明るさ8000ルーメンサイズ220×112×95mm
消費電力50W防水性能IP67

口コミを紹介

すごく明るくチラつきもありません。素晴らしいです

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Vorally

LED投光器

価格:3,017円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2段階調光が可能で使用する用途に応じて使い分けられる

商品の底部には大きなマグネットが4つも付いており、鉄製のアイテムにくっつけて使用することができます。工事現場などでも活用しやすく、調光も2段階で可能です。使用する場所に合わせた光で使えます。価格もリーズナブルで、導入コストが安い大人気の商品です。

明るさ2200ルーメンサイズ125×98×125mm
消費電力30W防水性能IP65

口コミを紹介

中国製品だからもうちょっと安くならないかなぁって位です。でも、ちゃんとバッテリーも持つし、明るいし。総合的に良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Meikee Outdoor LED Lighting

センサーライト

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水防塵設計なのでどんな場所でもしっかり作動する

1100ルーメンの明るさを持った家庭での使用に最適な投光器です。センサーライトなので、人を感知すると自動で点灯してくれます。防水性能も高く、雨の中でもしっかり作動してくれます。防犯対策としても人気で、価格が非常にリーズナブルで手軽に購入がしやすいです。

明るさ1200ルーメンサイズ118mmx142mm
消費電力12W防水性能IP66

口コミを紹介

とにかく明るいです 今のところ センサーもしっかり反応してくれています

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

髙儀(Takagi)

EARTH MAN LEDワークライト WLT-15LSA

価格:5,672円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自立スタンド型だから使い勝手が抜群に良い

3脚スタンドのLED投光器で、明るさは1200ルーメンあります。910~1810mmまでの高さ調整が可能で、使用する用途に合わせやすいです。夜間などの暗い場所での作業に最適です。防水性能もIP67と高く、雨でも安心です。自立してくれるのでとても使いやすいです。

明るさ1200ルーメンサイズ約長さ720×幅830×高さ910~1810(mm)
消費電力15W防水性能IP67

口コミを紹介

何度目かのリピータですが、物はしっかりとした作りで、いい感じで使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

P-light

LED投光器

価格:2,849円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒートシンク設計でしっかり放熱

明るさが8000ルーメンと明るく、工事現場でも活躍できる人気の商品です。電源コードの長さは約3mと使い勝手が良く、安定性も高いです。本体はアルミ合金で軽量になっており、照射角は240°でとても広いです。放熱性能も高い設計で、長く愛用することができます。

明るさ8000ルーメンサイズ210×105×115mm
消費電力50W防水性能IP65

口コミを紹介

早速、夜間工事に携帯バッテリーと併用して使用しました。1個でも充分な明るさで、ハロゲンライトのスタンドを使用しましたが、2個使用する場合は、2箇所からてらした方が良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

SenMeiGuang

LED投光器

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

180°回転可能なセンサーでしっかり見守る

センサー部分が180°回転するので、しっかりと感知が可能なセンサーライトです。感知可能な距離は最大12mまで調節ができるので、様々な家庭に合わせやすいです。天井や壁に取り付けることもできます。サイズも小型で、外から目立ちにくいので防犯にも役立ちます。

明るさ1000ルーメンサイズ115x85x75mm
消費電力10W防水性能IP65

口コミを紹介

価格の都合もあるのでしょう、造りは全体にチャクに見えますが、機能的には何も問題ありません。軒下に取り付けごもうすぐ2ヶ月になりますが、正常に機能しています。光は白くて明るいです。とてもよい買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

Gao chuang

LED投光器

価格:4,970円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

照射角度が120度あり広い範囲を照らす

3mのコードプラグ付きのLED投光器です。明るさが10000ルーメンと非常に高いので、広い駐車場や公園などの照明器具としてもおすすめです。照射範囲が非常に広いので、周囲を明るく照らしてくれます。本体の固定ネジは防水加工がされているので錆にも強いです。

明るさ10000ルーメンサイズ283×340×41mm
消費電力100W防水性能IP66

口コミを紹介

写真の通り、20m四方なんてラクラクの光量。100m先の壁にも光が届きました。車のハイビーム並かそれ以上かも。直視は危険です。道路街灯の5倍は明るい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

goodgoods

COB LED投光器 YC-02W

価格:4,708円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2mからの落下の衝撃にも耐えることができる

電源のない場所でも使いやすい充電式のLED投光器です。本体のサイズはコンパクトで、スマホと同程度の大きさです。鞄などにも入れやすいので、アウトドアでの使用にも最適です。2mの高さから落下しても耐えられる耐久性を持っており、災害時にも重宝します。

明るさ2500ルーメンサイズW171.6*H126.8*D45.9mm
消費電力20W防水性能IP65

口コミを紹介

現場仕事用に購入。取手が足場などに安定してくっついてくれるので重宝してます。明るさは2段階とフラッシュの点滅の3パターンです。明るさは期待よりもずっと明るくてビックリするくらいでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

KIWEN

LED投光器

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360°回転する取り付けステーで様々な場所に取り付けられる

均一な発光が可能な高品質なLED投光器です。ウォータープルーフガラスや防水シリコンを採用し、とても高い防水性能を持っています。取り付けステーはとても自由度が高く、好きな場所に取り付けがしやすいです。放射面には強化ガラスを採用しているので高耐久です。

明るさ8000ルーメンサイズ25.5×17.5×4cm
消費電力50W防水性能IP66

口コミを紹介

雨風の当たらない屋内で使用します。作業用に100ワットを購入、蛍光灯より数倍明るくてびっくり!LEDは凄い発明だと感心してしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

RUNACC

LED投光器

価格:3,695円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量バッテリーでキャンプなどにも最適

折り畳み式のLED投光器で、持ち運んでの使用に最適な商品です。展開させることで、放射面が大きくなります。バッテリーも大容量で、長時間のキャンプやバーベキューなどにも最適です。モバイルバッテリーとしても使用が可能で、災害時でも重宝する人気の商品です。

明るさ1500ルーメンサイズ23.5cm×18.5cm×5cm
消費電力10W防水性能

口コミを紹介

バイクを改造する時の光源用に購入。360度どんな角度にも照らす事が出来ます。USB充電式で大容量の5000mAhのバッテリーが搭載されています。シングルライトなら8時間、ダブルライトなら5時間連続使用が出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

MEIKEE

センサーライト

価格:1,880円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐熱性や耐寒性が非常に高い

10Wの人感センサーライトです。家庭内や玄関などの暗い場所に使用することで、ハッキリと周囲を照らしてくれます。防水性能だけでなく、耐熱・耐寒性能も高いです。そのため、季節や、住んでいる地域などに関係なく使用がしやすいです。

明るさ1000ルーメンサイズ118mmx142mm
消費電力10W防水性能IP66

口コミを紹介

センサーの反応が以前の物よりよかったのでまず安心しました。明るさも十分、あらゆる気候に耐久性があるというので安心して設置出来ます。衝撃にも強いみたいですね♪

出典:https://www.amazon.co.jp

第12位

Platinum Brand

LED投光器

価格:2,430円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質のCOBチップを採用した投光器

床に設置することも、取り付けステーで様々な場所に設置することもできる商品です。高品質のCOBチップを採用しているので、太陽光に近い心地よい光を出してくれます。照射角度が130°と非常に広いので、広い範囲を照らす必要がある現場などでも大活躍してくれます。

明るさ4300ルーメンサイズ281×231mm
消費電力50W防水性能IP66

口コミを紹介

玄関にはセンサーライトがありましたが、車庫から玄関までは暗かったので今回購入しました。まあ明るい方がいいと思い10Wを購入。宅配便等夜間配達のサイン時便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第13位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

LEDワークライト投光器 LWT-5000ST

価格:7,478円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5000ルーメンの明るさでしっかり照らしてくれる

3脚付きのスタンドLED投光器で、明るさは5000ルーメンと高いです。熱くなりにくいだけでなく、虫もよりにくいので使い勝手が良いです。PSEマーク付きで、安全・安心して使用することができます。一般的なハロゲン投光器と比較すると、約90%の省エネに成功しています。

明るさ5000ルーメンサイズ幅約84.5×奥行約73.8×高さ約88~185
消費電力50W防水性能IP65

口コミを紹介

夜間作業に使用の為、購入しました。とりあえず5000ルーメンにしましたがつかえます。グレードアップ版はおそらくプロ用にも文句なしと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第14位

Yunce

LED投光器

価格:2,950円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つの点灯モードを搭載しているので使い勝手が良い

弱光と強光だけでなく、SOS点灯モードも搭載している人気のLED投光器です。室外の作業だけでなく釣りやキャンプのお供としても使いやすいです。120°の広角モードで、広い範囲を照射してくれます。持ち手も大きいので、とても持ち運びがしやすい商品です。

明るさサイズ約265×175×155mm
消費電力30W防水性能IP65

口コミを紹介

夜釣り用に欲しくなり、50wとも迷ったが、コストやレビューみて購入。充電池変えれば(別途購入した)時間気にせず使える。まだ夜釣りに使用してないが、明るさも充分。

出典:https://www.amazon.co.jp

第15位

照明器具工場直営店

LED投光器

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約3mの配線コードで好きな場所に設置しやすい

寿命が約50000時間と非常に長く、放熱フィン形状設計されており、高い放熱性でいつも低温の状態で使用できるLED投光器です。スタンド部分は大きく角度調節が可能で、様々な場所に取り付けても使いやすいです。ムラの無い光を照射可能で、しっかり照らしてくれます。

明るさ5000ルーメンサイズ143×245×36mm
消費電力30W防水性能IP66

口コミを紹介

充分な光量。電球?ってくらい電球色。コスパ良し。

出典:https://www.amazon.co.jp

LED投光器の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5505222の画像

    Platinum Brand

  • 2
    アイテムID:5505505の画像

    Vorally

  • 3
    アイテムID:5505513の画像

    Meikee Outdoor LED Lighting

  • 4
    アイテムID:5505671の画像

    髙儀(Takagi)

  • 5
    アイテムID:5505680の画像

    P-light

  • 6
    アイテムID:5505691の画像

    SenMeiGuang

  • 7
    アイテムID:5505699の画像

    Gao chuang

  • 8
    アイテムID:5505715の画像

    goodgoods

  • 9
    アイテムID:5505724の画像

    KIWEN

  • 10
    アイテムID:5505732の画像

    RUNACC

  • 11
    アイテムID:5505740の画像

    MEIKEE

  • 12
    アイテムID:5505752の画像

    Platinum Brand

  • 13
    アイテムID:5505758の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 14
    アイテムID:5505778の画像

    Yunce

  • 15
    アイテムID:5505784の画像

    照明器具工場直営店

  • 商品名
  • LED投光器
  • LED投光器
  • センサーライト
  • EARTH MAN LEDワークライト WLT-15LSA
  • LED投光器
  • LED投光器
  • LED投光器
  • COB LED投光器 YC-02W
  • LED投光器
  • LED投光器
  • センサーライト
  • LED投光器
  • LEDワークライト投光器 LWT-5000ST
  • LED投光器
  • LED投光器
  • 特徴
  • 8000ルーメンで工事現場でもしっかり使える
  • 2段階調光が可能で使用する用途に応じて使い分けられる
  • 防水防塵設計なのでどんな場所でもしっかり作動する
  • 自立スタンド型だから使い勝手が抜群に良い
  • ヒートシンク設計でしっかり放熱
  • 180°回転可能なセンサーでしっかり見守る
  • 照射角度が120度あり広い範囲を照らす
  • 2mからの落下の衝撃にも耐えることができる
  • 360°回転する取り付けステーで様々な場所に取り付けられる
  • 大容量バッテリーでキャンプなどにも最適
  • 耐熱性や耐寒性が非常に高い
  • 高品質のCOBチップを採用した投光器
  • 5000ルーメンの明るさでしっかり照らしてくれる
  • 3つの点灯モードを搭載しているので使い勝手が良い
  • 約3mの配線コードで好きな場所に設置しやすい
  • 価格
  • 2850円(税込)
  • 3017円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 5672円(税込)
  • 2849円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 4970円(税込)
  • 4708円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 3695円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 2430円(税込)
  • 7478円(税込)
  • 2950円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 明るさ
  • 8000ルーメン
  • 2200ルーメン
  • 1200ルーメン
  • 1200ルーメン
  • 8000ルーメン
  • 1000ルーメン
  • 10000ルーメン
  • 2500ルーメン
  • 8000ルーメン
  • 1500ルーメン
  • 1000ルーメン
  • 4300ルーメン
  • 5000ルーメン
  • 5000ルーメン
  • サイズ
  • 220×112×95mm
  • 125×98×125mm
  • 118mmx142mm
  • 約長さ720×幅830×高さ910~1810(mm)
  • 210×105×115mm
  • 115x85x75mm
  • 283×340×41mm
  • W171.6*H126.8*D45.9mm
  • 25.5×17.5×4cm
  • 23.5cm×18.5cm×5cm
  • 118mmx142mm
  • 281×231mm
  • 幅約84.5×奥行約73.8×高さ約88~185
  • 約265×175×155mm
  • 143×245×36mm
  • 消費電力
  • 50W
  • 30W
  • 12W
  • 15W
  • 50W
  • 10W
  • 100W
  • 20W
  • 50W
  • 10W
  • 10W
  • 50W
  • 50W
  • 30W
  • 30W
  • 防水性能
  • IP67
  • IP65
  • IP66
  • IP67
  • IP65
  • IP65
  • IP66
  • IP65
  • IP66
  • IP66
  • IP66
  • IP65
  • IP65
  • IP66

工事現場でも使える最強の明るさの投光器を見つけよう

広い工事現場で使用するLED投光器は、どうしても明るい商品を使用する必要があります。作業現場が明るいだけで、作業効率がとても向上します。作業効率もアップするので、工事現場で使用するに値する最強のLED投光器を探すことが大切です。

 

LED投光器の中には1万ルーメンを超える商品も多く販売されています。中には3万ルーメンの明るさを持ったLED投光器も販売されています。最強の明るさを求めるなら、最低でも1万ルーメンを超える商品を購入しましょう。

 

作業効率の向上を考えるためにも、現場の明るさはとても大切です。また、工事現場が暗くなってしまうと、危険度もアップしてしまいます。安全に素早く作業を行うためにも、工事現場で使用する場合は、明るさの高い商品を選ぶのが重要です。

まとめ

LED投光器は工事現場だけでなく、キャンプやバーベキューなどの際にもおすすめの照明器具です。充電式投光器でも十分に明るい商品もあり、とても使いやすいです。自分のニーズに合ったLED投光器を購入して、しっかり明るく照らしましょう。

TOPへ