【2021年最新版】スピンバイクの人気おすすめランキング20選【マグネット式も多数紹介】

最新のスピンバイクは、有酸素運動と無酸素運動に対応している商品もあり、家の中で本格的なトレーニングが行えます。家でしっかり運動をするのにスピンバイクはとてもおすすめです。今回は2021年最新のスピンバイクのおすすめ商品を、ランキング形式で紹介します。

トレーニングやダイエットに!スピンバイクとエアロバイクの違いは?

スピンバイクと同じようなフィットネス器具に、エアロバイクと呼ばれる器具があります。どちらもフィットネスバイクの仲間ですが、スピンバイクは、エアロバイクと比べ、高負荷なトレーニングをすることが可能という違いがあります。

 

エアロバイクは有酸素運動に最適で、スピンバイクは主に無酸素運動が得意です。筋肉を鍛えるならスピンバイク、ダイエットや軽めの運動ならエアロバイクがおすすめです。最新のスピンバイクは、負荷を抑えて有酸素運動が可能な商品も販売されています。

 

そこで今回はスピンバイクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。記事の最後には、基本的なトレーニング方法も紹介しています。ぜひ最後までチェックしてみてください。

効果ない?スピンバイクで1か月トレーニングした結果

実際にスピンバイクで1ヶ月トレーニングした結果を紹介します。どれぐらいの効果があるのか、どれぐらいの期間で効果が表れるかの目安にしてください。あくまでも、個人の感想なので、その点は注意しておいてください。

太ももの筋肉がつき体力も増加した

スピンバイクでトレーニングをしてから約2週間、太ももの筋肉が太くなったようです。スピンバイクはペダルを漕ぐ際に、太ももの筋肉をしっかり使用します。その結果、わずか2週間で太ももの筋肉の変化が見られました。

 

また、体力の増強はしっかり感じられます。最初の頃に比べてスピンバイクでの運動時間が長くできるようになりました。スピンバイクでのトレーニングを始めて数週間で、これだけの効果が表れたのはモチベーションのアップにも繋がります。

生活に変化も

スピンバイクで1ヵ月トレーニングをした結果、体力が付き1日の最後まで活発に動くことができるようになりました。何かをした後でも疲労を感じにくくなったので、1日を最大限に楽しむことができます。

 

また、新しいことへのチャレンジ精神も上がったように感じます。これもスピンバイクのトレーニングの成果の1つです。何かを始めるのも疲れが原因でストップしている方は、スピンバイクでのトレーニングがおすすめです。

スピンバイクの選び方

スピンバイクはサイズや重量はもちろん、駆動方式や負荷方式などの種類が豊富にあります。自分の体力や筋力に合わせて商品を選ぶことも大切です。また、家族で使用する方は、家族みんなの体格などもしっかり把握して選びましょう。

駆動方式から選ぶ

スピンバイクの駆動方式には、主にベルト方式とチェーン方式の2種類があります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分の環境に合っている駆動方式から選びましょう。

メンテナンスの不要を求めるなら「ベルト式」

ベルト方式は、油などでのメンテナンスも不要なタイプです。そのため、初心者の方やメンテナンスが面倒に感じやすい方におすすめのタイプです。静音性が高いことも特徴の1つで、集合住宅などに住んでいる方でも、安心して使用することができます。

 

駆動方式の中では高い人気があり、流通しているスピンバイクの中でも多く採用されています。ただし、下記で紹介するチェーン式と比較すると、本体の価格が高くなりがちな点もあります。財布と相談することも大切です。

 

ベルト式はメンテナンスが不要ですが、使用しているとベルトが摩耗することがあります。摩耗してしまうと、新しいベルトに交換する必要があります。この点だけは注意ですが、全体を見ると、とても扱いやすいので人気が高いです。

本格的なトレーニングをしたいなら「チェーン式」

駆動伝達方式がチェーン式のスピンバイクは、ダイレクトに力を伝えることが可能な点が多きな特徴です。筋肉にしっかりトレーニング効果が反映されるので、筋肉を鍛えたいという方には特におすすめのタイプです。

 

また、上記で紹介したベルト式よりも価格が安価な製品が多いことも大きなメリットです。ただし、チェーンの素材は金属なので、駆動させると金属音がしてしまいます。静音性が低いので、集合住宅での使用は難しい場合があります。

 

定期的なメンテナンスが必要で、油を使用したりするので汚れることも考えられます。しっかりとしたトレーニングは可能ですが、メンテナンスなどが面倒に感じる方もいます。本格的なトレーニングがしたいならチェーン式がベストです。

負荷方式から選ぶ

スピンバイクには、トレーニングの際に負荷をかけます。この負荷には大きく分けて2通りの負荷方式が採用されています。摩擦式とマグネット式が主な負荷方式ですが、ここでは2つの負荷方式について紹介します。

負荷の調整をしたいなら「摩擦式」

摩擦方式はスピンバイクのホイールに、フェルト生地や革の繊維を当てることで負荷をかける方式です。そのため、自分の加減で摩擦の力を調整しやすいのが特徴です。そのため、無段階で負荷調整が可能なスピンバイクが多く販売されています。

 

摩擦によって負荷をかけるので、どうしても音を0にすることができません。が、最近のスピンバイクの摩擦式は、限りなく音を小さくしているスピンバイクもあります。そのため、音の問題を気にする心配はほぼありません。

 

摩擦式は、自由に負荷の調整が可能ですが、数値化して負荷のレベルを目で見ることができません。そのため、どれぐらい負荷をかけているかが確認しにくい点は、大きなデメリットです。ただ、仕組みが単純なので故障にはとても強いです。

静音性を求めるなら「マグネット式」

マグネット方式の最大の特徴は静音性です。摩擦式とは違い、ホイールに対して何も触れるものがないので、音がほぼ出ません。仕組みとしては、ホイールに永久磁石を近づけて負荷を与えます。そのため、摩擦による劣化が生じる心配もありません。

 

メンテナンスも不要ですが、スピンバイクの価格が高価な点は注意しておきましょう。集合住宅も音の心配をする必要がありません。ただし、マグネット式は長時間使用すると熱で劣化する可能性があり、商品によって決められた制限時間でしかトレーニングできません。

 

マグネット式のスピンバイクは、負荷レベルが目で確認できる商品が多いです。そのため、トレーニングの効果が目で見て分かりやすいです。商品によっては電源を必要とする場合もあるので、購入する際はしっかりチェックしておきましょう。

機能で選ぶ

効率良くトレーニングをすることができるか、ストレスフリーで鍛えられるかは、機能面に大きく左右されるので、しっかりチェックしましょう。

正しい姿勢で使うなら「サドル・ハードルの調整機能」

スピンバイクはハードなトレーニングも可能な器具です。そのため、正しい姿勢でトレーニングをすることが重要です。無理な態勢だと、体を壊したりケガに繋がる心配があります。サドルだけでなく、ハンドルの位置が調整できる商品がおすすめです。

 

また、高さだけでなく前後や左右の位置まで調整が可能だと、自分にピッタリな姿勢でトレーニングが可能です。効率良く、最大限トレーニングの効果を受けるためにも、サドルやハンドルの位置調整が細かく可能なスピンバイクを選ぶようにしましょう。

トレーニングの質を上げるなら「心拍数が測れる機能」

スピンバイクの多くには、正面にサイクルコンピューターと呼ばれるメーターが付いています。心拍数や回転数がモニターに表示され、自分の今の体の状態などが一目で確認できます。トレーニングで特に重視するのは心拍数です。

 

自分の心拍数を把握することで、限界までトレーニングをすることや、休憩を入れるタイミングなどが分かります。効率良くトレーニングをするなら、心拍数の計測が可能なサイクルコンピューターが付いたスピンバイクを購入します。

 

スピンバイクの種類によっては、後からサイクルコンピューターを付けられる商品もあります。しっかりチェックするのがおすすめです。

ロードバイクのトレーニングをするなら「ピンディングペダル対応」

スピンバイクのペダルがビンディングペダルに対応していると、自転車競技者もトレーニングが可能なので、対応しているかもチェックしておきましょう。元からビンディングペダルに対応している商品もありますが、後から対応させることが可能な商品もあります。

 

ビンディングペダルで足としっかり合わせることで、より効率良くトレーニングをすることが可能です。ビンディングペダルに対応していると、ロードバイクのトレーニングも充実します。プロの方のトレーニングにも使えます。

持ち運びを頻繁にするなら「折りたたみ機能」

スピンバイクの持ち運びを頻繁にする方は、折りたたみ機能がおすすめです。折りたたみができると使わないときは部屋に収納したり、車につみこんだりできたるので無駄なスペースを取りません。部屋が狭い方や収納スペースに困っているという方にも折りたたみ機能はおすすめです。

自分にホイールの重さが対応しているかチェック

スピンバイクには重たいホイールが付いています。このホイールの重量は、商品によって大きく違います。自分の体力や筋力に合ったホイールの重量から選ぶことも重要です。

初心者の方は桁重量の「軽めなホイール」がおすすめ

トレーニング初心者の方や、女性や年齢を重ねた方が使用する場合は、ホイールの重量は1桁のホイールがおすすめです。軽い力でもしっかり漕ぐことができるので、安心してトレーニングができます。1桁の中でも5kg前後のホイールは、とても軽いです。

 

8kg前後になると、しっかりとしたトレーニングも可能になります。自分に合った1桁の重量のホイールを選びましょう。最初は軽いものから始めた方が、ケガの心配もありません。無理せず自分に合った軽量なホイールを選ぶようにしましょう。

上級者の方は「13~15kg」の重めのサイズ

しっかりと筋肉を付けたい方や、ハードなトレーニングを経験している方は13kg以上のホイールがおすすめです。軽量だと物足りないですが、13kg以上だとハードなトレーニングをした方でも納得のトレーニングができます。

 

最近では16kgのような、とても重たいホイールのスピンバイクも販売されています。ただし、ホイールは重たいほどトレーニング効果が良いという訳ではありません。あくまでも、自分の体力や筋力に合ったホイールの商品を選ぶのが大切なポイントです。

値段で選ぶ

スピンバイクは機能や性能によって値段が大きく違います。安い買い物ではないので、自分の財布と相談しながら値段で選ぶことも選択肢の1つです。

予算がある方は「最安値・相場」をチェックしておく

スピンバイクは安くても1~2万円はします。平均すると4~5万円前後が相場となっていることが多いです。もちろん、高いスピンバイクは100万円を超える商品もありますが、一般家庭で使用する分だと、4~5万円の商品が妥当です。

 

あまり安い商品だと、耐荷重が低くなってしまっていることがあり、安心して使用がしにくくなります。自分の体を預ける器具なので、値段はもちろんですが性能もチェックしてから購入するのがベストです。

とりあえず始めたい方は「中古品・レンタル」を検討する

上記でも紹介したようにスピンバイクは安くても1~2万円は超えることが多いです。そのため、初心者の方は中古品やレンタルから初めてみるのもおすすめです。現在ではフィットネスバイクのレンタルを見かけることも多くなりました。

 

レンタルなら自分にスピンバイクが合わないと感じても、大きな痛手になることは少ないです。最初は安い中古品やレンタルで初めて、慣れたら自分にピッタリなスピンバイクを購入するのも、賢い選び方の1つです。

家や環境に合わせて使うなら「スペースも考慮」

スピンバイクはとても大きなフィットネス器具です。そのため、設置する家のスペースと相談することも重要です。購入したものの、サイズが合わなくて設置が出来ない。なんてことになったら、とてもショックが大きいです。

 

また、スピンバイクは重量も20~30kgを超える商品が多いです。床が傷ついてしまわないようにする必要もあります。床が重量に耐えられるか、設置しても余裕を持ったスペースがあるかは、購入前に必ずチェックしましょう。

ブランドやメーカーで選ぶ

スピンバイクは自分の体を預けるフィットネス器具です。そのため、安心したメーカーの商品から選ぶことも選択肢の1つです。ここでは、特に人気の高いスピンバイクのメーカーを紹介します。気になる方はぜひ確認してみてください。

リーズナブルで高機能を求めるなら「HAIGE(ハイガー)」

スピンバイクと言えば、ハイガーと言えるぐらいに最大手のメーカーの1つです。家庭用で使用するスピンバイクを多く販売しており、様々な種類があります。どの商品も品質が高く、しっかりとトレーニングを行うことができます。

 

スピンバイクだけでなく、エアロバイクなどの種類も豊富な点もハイガー産業の人気の点です。トレーニング器具はもちろん、トレーニング用品も多く販売しています。静音性が高い商品が多く、どんな場所でも使いやすいです。

 

値段もリーズナブルな商品が多く、1~2万円の安い商品から販売されています。もちろん、5万円を超えるような商品も販売しており、値段の点からも多くの商品から選べる大人気のメーカーの1つです。

豊富な種類から選ぶなら「ALINCO(アルインコ)」

アルインコの特徴は、なんといっても商品の種類が豊富なことです。スピンバイク以外のフィットネス器具の種類が多いので、様々なトレーニング器具から選べます。エアロバイクはもちろん、フィットネスバイク系の商品も多く販売しています。

 

また、アウトレット商品が公式から購入できる点も人気のポイントです。少しでも安く購入したい方は、アルインコの公式ショップをチェックしてみるのがおすすめです。もちろん、人気のメーカーで、どのフィットネスバイクも品質が高いです。

 

家庭用のスピンバイクも多く販売しており、価格もリーズナブルな商品が揃っています。値段と品質のバランスが良いので、初心者の方にも購入しやすい人気のメーカーです。

筋トレと合わせて使うなら「IROTEC(アイロテック)」

アイロテックは本格的に筋肉を鍛えたい方用の器具を多く販売しています。そのため、フィットネスやダイエットではなく、筋力トレーニングに重点を置いた商品を探している方は、アイロテックの商品がおすすめです。

 

もちろんスピンバイクも販売していますが、ダンベルやベンチプレスなどの商品も販売しています。パワー系のトレーニング器具だけでなく、細かいトレーニング用品まで販売しているので、筋トレに最適なメーカーです。

 

初心者には嬉しいセット商品まで多く取り揃えられているので、初めての方でも安心して購入しやすいです。価格が高い商品も販売されていますが、ジムで設置されているような高品質な商品が多いです。

こだわったデザインが好みなら「fitbox(フィットボックス)」

フィットボックスは実際にジムを経営しており、最新のスピンバイクを多く販売していることでも、人気のあるメーカーです。とても高性能な商品が多く、自分の体力や筋力に合ったスピンバイクから選べます。

 

価格も高すぎるということはなく、相場付近の金額の商品が多い点もおすすめのポイントです。家庭でも使用がしやすい静音性の高い商品もあり、集合住宅でも使いやすいです。また、デザインがおしゃれなスピンバイクも販売されています。

 

見た目にもこだわったスピンバイクが欲しいなら、フィットボックス製の商品を探してみましょう。初心者の方から慣れている方にまで人気のメーカーです。

家族や友人と一緒に使うなら「pooboo」がおすすめ

poohooは、人間工学に基づいたマシン設計をしているエアロバイクを多く販売している会社です。友人と家族ともシェアできるように、細かい段階調節ができます。サドルの高さや、負荷の強さなどさまざまな調節をすることでトレーニングを効率よく行えるのでおすすめです。

<摩擦式>スピンバイクの人気おすすめランキング10選

連続使用時間無制限で本格トレーニングができる

本格トレーニングに最適な商品で、ホイールの重量が16kgと非常に重いです。摩擦式の負荷方式を採用しており、無段階で負荷の調整が可能です。

 

また、連続使用時間無制限なのでそのため、自分の体力や筋力に合わせたトレーニングができる、大人気のスピンパイクです。

重量 31㎏ 動力方式 ベルト方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 135㎏
ホイール重量 16㎏

口コミを紹介

日頃の運動不足解消と出来ればダイエットも念頭に購入しました。他社のを使用していないので判断しづらいですが、作りがしっかりしていたのと、交換用のパッドが添付されていた事で長く使えそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

摩擦音が少なく静かにトレーニングができる

推奨身長が198cmまでと、様々な身長の方に対応できる人気の商品です。踏み外しにくいペダルを採用しているので、踏み外す心配がありません。

 

緊急ブレーキもあり、安全にトレーニングできます。摩擦式ですが、とても静音性の高い人気のスピンバイクです。

重量 34㎏ 動力方式 ベルト方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 150kg
ホイール重量 16㎏

口コミを紹介

ハンドルの形が凝ってるので色んな持ち方が出来ますが全体的に大きめです。
タブレット置き場がしっかりついてるのでiPadで動画を見ながらトレーニング出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

日本製で移動がしやすいキャスター付き

とても人気の高いアルインコ社製のスピンバイクは日本製で、商品の重量が34kgと重たいので安定感が抜群です。移動用キャスター付きで、部屋間の移動が楽に行えます。

 

サドルやハンドルは微調整が可能で、自分のベストポジションでトレーニングがしやすい商品です。

重量 34㎏ 動力方式 ベルト方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 120㎏
ホイール重量 13㎏

口コミを紹介

磁力式と違い30分以上漕いでいられるところはとても良いです。実際1時間くらい運動できる摩擦式のこの商品のがおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトサイズで設置場所に困らない

サイズが非常にコンパクトで、本体重量も26kgしかない小型のスピンバイクです。小型ですが、距離やカロリーが表示可能なメーターも付いています

 

静音摩擦パッドを採用しており、静音性能が高いだけでなく柔軟な負荷を可能にしています。

重量 26kg 動力方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 100kg
ホイール重量 8kg

口コミを紹介

トレーニング用に購入しました。実車+ローラー台にするか悩みましたが、コレを選んで不満な点はありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

微妙な調整もやりやすく家族での使用に最適

安定フライホイールや静音摩擦パッドを採用した、使いやすいスピンバイクです。耐荷重が150kgと高いので、家族での使用にも最適です。心拍数も計測ができるので、本格的に負荷をかけるトレーニングも可能です。

 

スマホ/Padホルダーが搭載されており、ながら運動にも最適な商品です。ダイヤルを回すだけで負荷が簡単に調整でき、ホイールの重量は16kgあります。コンパクトに設置ができるので、狭いスペースでも使いやすい大人気のスピンバイクです。

重量 28.5kg 動力方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 120kg
ホイール重量

口コミを紹介

コロナウイルスの関係で自宅で気軽にトレーニングできて十日を経って一キロ痩せて最高です。組み立てでは子供と2人で設置できて難しくないです。デザインや配色もインテリアの邪魔しません。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Sovnia Fitness

フィットネスバイク

高機能なのに価格が安いスピンバイク

いつでも負荷を調整可能で、自分に合ったトレーニングが行いやすい摩擦方式を採用したスピンバイクです。価格が安いのに、高機能で使いやすい点が魅力です。

 

長時間のトレーニングでも蒸れない・痛くなにりくいサドルで、集中したトレーニングが可能です。ボトルホルダー付きで水分補給もしやすい商品です。

重量 34kg 動力方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重
ホイール重量 16㎏

口コミを紹介

組立ては慣れない&大型ということもあり1時間以上かかりましたが、組み立ててみると壮観です。早速使ってみました感想ですが、まずはいくら漕いでもほとんど音がしないことが驚きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

デザインカバー付きで見た目にもおしゃれ

実用性はもちろん、見た目にもこだわったおしゃれなスピンバイクです。デザインカバーを採用しており、安全・耐久性も高いです。ホイールの重量は10kgと、軽い運動から激しい運動をしたい方、どちらにも対応させやすいです。

 

脂肪燃焼に効果的な、心拍数の計測も可能なおすすめのスピンバイクです。

重量 28.7kg 動力方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 100kg
ホイール重量 10kg

口コミを紹介

初めてバイクのフィットネス器具使用しました。思っていたよりも静音性がしっかりしており、隣室で寝ている家族も少し音がするくらいで気にならないといっております。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジムの高級感を手軽に家庭でも

本格的なサドルや、心拍数計測機能などジムと同じ感覚でトレーニングできる商品です。移動用キャスターも付いており、細かな調整がしやすい商品です。

 

使用前と使用中では、騒音レベルが2dBしか変化がなく、とても高い静音性も人気のポイントです。有酸素運動と無酸素運動の両方が可能な、大人気の商品です。

重量 35kg 動力方式 ベルト方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 150kg
ホイール重量

口コミを紹介

価格は安いですが、基本機能は満足しております

出典:https://www.amazon.co.jp

肉厚サドルでお尻への衝撃をやわらげる

ホイールの重量が8kgと軽量で、軽いトレーニングから始めたい方におすすめの商品です。肉厚サドルで、長時間のトレーニングでもお尻が痛くなりにくいです。

 

サドルは前後の調整も可能となったので、自分のベストポジションに設置しやすいです。心拍数だけでなく、時間や距離、回転数の計測も可能となっているスピンバイクです。

重量 29kg 動力方式 ベルト方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 120kg
ホイール重量 8kg

口コミを紹介

音も少なく過量も直ぐに出来るのでとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

サドルは前後にも調整が可能

本格トレーニングに最適な摩擦方式のスピンバイクです。フロアマットがプレゼントされるので、床を傷つける心配もありません。

 

速度だけでなく回転数や時間・距離の計測が可能で、運動能力の向上が見て確認できます。身長155~185cmの方に対応しており、家族での使用にもおすすめの商品です。

重量 33kg 動力方式 ベルト方式
負荷方式 摩擦方式 耐荷重 120kg
ホイール重量 13kg

口コミを紹介

購入してから、16キロのダイエットに成功しました!毎日1時間ほどのっているだけでした!負荷はかけずにリラックスした状態でのっていても、十分に汗かきます!

出典:https://www.amazon.co.jp

<摩擦式>スピンバイクの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重量 動力方式 負荷方式 耐荷重 ホイール重量
1
アイテムID:5825788の画像
スピンバイク 22,960円

詳細を見る

連続使用時間無制限で本格トレーニングができる

31㎏ ベルト方式 摩擦方式 135㎏ 16㎏
2
アイテムID:5825791の画像
フィットネスバイク 23,630円

詳細を見る

摩擦音が少なく静かにトレーニングができる

34㎏ ベルト方式 摩擦方式 150kg 16㎏
3
アイテムID:5825794の画像
NEW スピンバイク BK1518Y 25,461円

詳細を見る

日本製で移動がしやすいキャスター付き

34㎏ ベルト方式 摩擦方式 120㎏ 13㎏
4
アイテムID:5825797の画像
スピンバイク HG-YX-5006 24,800円

詳細を見る

コンパクトサイズで設置場所に困らない

26kg 摩擦方式 100kg 8kg
5
アイテムID:5825800の画像
スピンバイク 18,999円

詳細を見る

微妙な調整もやりやすく家族での使用に最適

28.5kg 摩擦方式 120kg
6
アイテムID:5825803の画像
フィットネスバイク 19,800円

詳細を見る

高機能なのに価格が安いスピンバイク

34kg 摩擦方式 16㎏
7
アイテムID:5825806の画像
スピンバイク HG-YX-5006S 29,800円

詳細を見る

デザインカバー付きで見た目にもおしゃれ

28.7kg 摩擦方式 100kg 10kg
8
アイテムID:5825809の画像
スピンバイク 13,800円

詳細を見る

ジムの高級感を手軽に家庭でも

35kg ベルト方式 摩擦方式 150kg
9
アイテムID:5825812の画像
スピンバイク 21,080円

詳細を見る

肉厚サドルでお尻への衝撃をやわらげる

29kg ベルト方式 摩擦方式 120kg 8kg
10
アイテムID:5825815の画像
スピンバイク HG-YX-5001 ver.2 33,044円

詳細を見る

サドルは前後にも調整が可能

33kg ベルト方式 摩擦方式 120kg 13kg

<マグネット式>スピンバイクの人気おすすめランキング10選

1位

FITBOX

スピンバイク メーカー エクササイズセンサー付き

耐久性だけでなくデザイン性も抜群のスピンバイク

カラーやデザインも抜群に良い人気のスピンバイクです。賦課方式には次世代マグネット式を採用しており、高い静音性を実現しています。心拍数の計測も可能で、耐久性も高いです。そのため、長く愛用することができるおすすめのスピンバイクです。

重量 33kg 動力方式
負荷方式 次世代マグネット方式 耐荷重 100kg
ホイール重量

口コミを紹介

音も静かで昼夜問わず使用出来て、フォルムも素敵です。思ったより小ぶりで心配していた"邪魔になる"事も無く、快適に使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダブルフロントホイールで移動が楽

ベルト駆動方式を採用しており、メンテナンスの必要性が限りなく低いです。サドルはワイドサドルになっており、長時間のトレーニングでも安心です。汗によるベルトの腐食も防止されており、激しいトレーニングでもスピンバイクの劣化を防いでくれます

重量 43kg 動力方式 ベルト方式
負荷方式 マグネット方式 耐荷重 127kg
ホイール重量

口コミを紹介

とにかく静かですね購入後、2ヶ月毎日30〜1時間は漕いでますが今のところ問題ありません

出典:https://www.amazon.co.jp

内臓式ホイールで安心・安全に使用できる

内臓ホイール式を採用しており、静音性が高く安全にトレーニングができます。汗などからもホイールを守るので、耐久性も高いです。スマホやドリングホルダーも付いており、トレーニング中でも水分補給が楽に行えます。

 

次世代マグネット式を採用しており、スムーズなペダリングが可能です。そのため、ケガなどの心配も少ない人気の商品です。

重量 31kg 動力方式
負荷方式 次世代マグネット式 耐荷重 150kg
ホイール重量

口コミを紹介

音も静かで、座面も気になるほど痛くはない。寒いとなかなか外を歩くなどしにくいので、買いました。買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

超静音設計でいつでも使いやすい

日本人の体形に合わせて設計されており、家族での使用にもおすすめの商品です。サドルは上下だけではなく、前後への調整も可能です。

 

心拍数や時間、距離にカロリーまで表示ができます。マグネット負荷方式ですが、無段階での負荷調整が可能な商品です。

重量 35kg 動力方式
負荷方式 次世代マグネット方式 耐荷重 180kg
ホイール重量 18kg

口コミを紹介

重くて組み立てはやすかった。自分の体が大くので使えるかどうか心配して、高さが調整できるので実際に使う後は安心しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2通りの乗り方でトレーニングができる

静音設計なのはもちろん、連続使用時間が無制限な人気のスピンバイクです。自分の好きな時間だけトレーニングが可能で、モチベーションが下がりにくいです。ホイールの重量も11kgと、軽い運動から本格的なトレーニングまで両方に対応している商品です。

重量 32kg 動力方式
負荷方式 協力マグネット方式 耐荷重 120kg
ホイール重量 11kg

口コミを紹介

色々感想はありますが、使い心地はとてもよいので★5です。寒い時期に室内での運動に活躍してもらう予定です(*'ω'*)

出典:https://www.amazon.co.jp

ケージ式ペダルで踏み外す心配がない

ケージ式ペダルで踏み外しを防止できる人気のスピンバイクです。また、ブレーキカバーも採用しているので、ペットや子どもが近くにいても安心です。

 

レバーだけで負荷を調整可能で、押し込むことでブレーキにもなる、家庭で使用するのにベストな商品です。

重量 動力方式
負荷方式 新世代マグネット方式 耐荷重 120kg
ホイール重量 16kg

口コミを紹介

ガタついたりすることなく安定した乗り心地で、強度も変えられるし、何より好きな映画などをみながら自宅でできるのが良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

心拍回復力計測機能が搭載されている

心拍回復力計測機能が付いており、本格的なトレーニングに最適な商品です。耐荷重は150kgと非常に高く、サドルや土台、ハンドルは細かな調整が可能です。パネルは大画面で、ほとんどの計測数値が一目で確認できます。

 

4Wayハンドルを採用しており、自分のレベルに合った場所を持ってトレーニングができます。ハンドルにも耐摩耗加工がされているおすすめの商品です。

重量 39kg 動力方式
負荷方式 高性能マグネット方式 耐荷重 150kg
ホイール重量

口コミを紹介

こいだときもかなり静かです。タブレットを見ながらやっても音はまったく聞こえません。僕は体重が100kgを超える重量級なのですが、使ってても何の不安もなく使えてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

有酸素運動と無酸素運動の両方が実現

ハンドルを握るだけで心拍数の計測が可能で、スマホや雑誌を置けるトレイも付いている人気の商品です。有酸素運動と無酸素運動の両方が可能で、家族全員で目的別にも使用しやすいです。

 

永久磁石負荷方式を採用しており、音の心配をしなくて済むスピンバイクです。

重量 48kg 動力方式
負荷方式 マグネット方式 耐荷重
ホイール重量 16kg

口コミを紹介

とても静かでマンションでも気になりません。液晶画面の操作がわかりづらく、暗い印象。ペダルを漕ぐとカタカタするのが気になる。シートがもう少し前にスライドすると、楽に漕げると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

重量があるので安定感も高い

高機能なデジタルメーターが付いており、自分の能力が数値で確認できる人気の商品です。土台は個別に高さの調整が可能で、凸凹した場所に設置しても、しっかり平行を保てます

 

耐荷重150kgのフレームで耐久性が高く、コンパクトに設置できる人気のスピンバイクです。

重量 30kg 動力方式
負荷方式 マグネット方式 耐荷重 150kg
ホイール重量 10kg

口コミを紹介

期待通りの製品でした、音も静かでテレビや音楽を聴きながら乗れるので毎日使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

リーズナブルな人気のスピンバイク

負荷方式にマグネット方式を採用していますが、とても値段がリーズナブルな大人気のスピンバイクです。ボトルホルダー付きで、長時間のトレーニングも安心です。

 

人間工学に基づいたデザインのサドルを採用しており、快適なトレーニングを約束している商品です。

重量 26kg 動力方式 ベルト方式
負荷方式 マグネット方式 耐荷重 150kg
ホイール重量

口コミを紹介

グネット式なので静かです。フライホイールも適度に重く、良い運動になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

<マグネット式>スピンバイクの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重量 動力方式 負荷方式 耐荷重 ホイール重量
1
アイテムID:5825820の画像
スピンバイク メーカー エクササイズセンサー付き 49,800円

詳細を見る

耐久性だけでなくデザイン性も抜群のスピンバイク

33kg 次世代マグネット方式 100kg
2
アイテムID:5825823の画像
マグネット式スピンバイク 39,900円

詳細を見る

ダブルフロントホイールで移動が楽

43kg ベルト方式 マグネット方式 127kg
3
アイテムID:5825826の画像
スピンバイク 35,800円

詳細を見る

内臓式ホイールで安心・安全に使用できる

31kg 次世代マグネット式 150kg
4
アイテムID:5825829の画像
スピンバイク 32,201円

詳細を見る

超静音設計でいつでも使いやすい

35kg 次世代マグネット方式 180kg 18kg
5
アイテムID:5825832の画像
スピンバイク 27,800円

詳細を見る

2通りの乗り方でトレーニングができる

32kg 協力マグネット方式 120kg 11kg
6
アイテムID:5825835の画像
スピンバイク 27,800円

詳細を見る

ケージ式ペダルで踏み外す心配がない

新世代マグネット方式 120kg 16kg
7
アイテムID:5825838の画像
スピンバイク 44,800円

詳細を見る

心拍回復力計測機能が搭載されている

39kg 高性能マグネット方式 150kg
8
アイテムID:5825841の画像
スピンバイク 31,800円

詳細を見る

有酸素運動と無酸素運動の両方が実現

48kg マグネット方式 16kg
9
アイテムID:5825844の画像
スピンバイク 26,980円

詳細を見る

重量があるので安定感も高い

30kg マグネット方式 150kg 10kg
10
アイテムID:5825847の画像
スピンバイク 19,800円

詳細を見る

リーズナブルな人気のスピンバイク

26kg ベルト方式 マグネット方式 150kg

スピンバイクのトレーニング方法

スピンバイクは筋肉を鍛えるトレーニングも可能ですが、健康やダイエットのために使用する方も多いです。ここではスピンバイクのトレーニング方法を紹介します。

スピンバイク使用時の正しい姿勢

スピンバイクでトレーニングする方は、ロードバイクをしている方も多いです。そのため、基本的には前傾姿勢でのトレーニングが多くなります。正しい姿勢でスピンバイクを使用する場合、サドルの位置とハンドルの位置が重要になります。

 

サドルの位置ですが、サドルに座った状態でペダルが最も下に来る位置にペダルを置きます。そのまま踵を乗せて、膝が伸び切る位置にサドルを合わせるのがベストです。ただし、初心者の方は、膝や腰に負担が大きくなります。

 

その状態から、少しずつ膝を伸び切らない位置になるようにサドルを調整しましょう。スピンバイクは、ハードなトレーニングになることが多いです。必ず自分の膝や腰などに大きな負担にならない姿勢になるように調整しましょう。

基本的なトレーニング方法

スピンバイクは上記でも紹介したように、初心者の方からロードバイクをしている方まで、幅広い方が使用できる器具です。基本的なトレーニングの方法ですが、初心者の方におすすめなのが連続20分トレーニングです。

 

この時間が基本的なトレーニング時間としておすすめの時間です。無理をしても続かないので、最初は20分トレーニングすることを目指しましょう。そこから心拍数を計測した本格的なトレーニングに移行するのがおすすめです。

 

ハードなトレーニングになることが多いので、初心者の方は無理しないで続けられるトレーニングから始めるのが基本です。

zwiftを使ったトレーニング方法も紹介

Zwiftはバーチャル空間の中でサイクリングやランニングが楽しめるトレーニングプログラムです。自分のアバターを操って、仮想サイクリングやランニングができるので、室内にいながら外で運動をしている気分を味わえます。

 

PCだけでなくAndroidにも対応しており、Zwiftの技術を介したデバイスを使用することで、実際の動力がアバターにも伝わるようになり、仮想現実体験をすることができます。誰かと一緒に競争したりもできるので、一人でも楽しくトレーニングが可能です。

 

2018年1月の情報ですが、アカウント数は55万と推定されています。世界各地の人と一緒にトレーニングができるとあって、モチベーションの低下を防げます

ほかのトレーニング機器と合わせて使うのもおすすめ

エアロバイク以外にも、ほかのトレーニング機器と合わせて使うことで全身効率よく鍛えることができます。歩いたり走ったりできるルームランナーや、足を効率よく鍛えることができる筋膜ローラーなどさまざまなものがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

 

以下の記事では、ほかのトレーニング機器と合わせて使うことができる人気商品を紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ

スピンバイクは筋力トレーニングだけでなく、ダイエットにも効果がある人気のフィットネス器具で、静音性が高い商品も販売されています。ハイガーなど人気のメーカーからも多くの商品が販売されています。スピンバイクで、日頃の運動不足を解消しましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

モニターアームのおすすめ人気ランキング25選【デスクが広く使える】

モニターアームのおすすめ人気ランキング25選【デスクが広く使える】

その他インテリア
【2021年最新版】電動空気入れ(電動エアーポンプ)の人気おすすめランキング20選【充電式も】

【2021年最新版】電動空気入れ(電動エアーポンプ)の人気おすすめランキング20選【充電式も】

その他家電
エアーインパクトレンチの人気おすすめランキング15選【最強】

エアーインパクトレンチの人気おすすめランキング15選【最強】

DIY・工具
かわいい!メイクボックスのおすすめ人気ランキング20選【プチプラ】

かわいい!メイクボックスのおすすめ人気ランキング20選【プチプラ】

ビューティー・ヘルスケア
タッカーの人気おすすめランキング15選【DIYで大活躍!】

タッカーの人気おすすめランキング15選【DIYで大活躍!】

DIY・工具
バイク用ヘルメットの人気おすすめランキング15選【かっこいい・かわいい】

バイク用ヘルメットの人気おすすめランキング15選【かっこいい・かわいい】

自動車・自転車・バイク