バーベルの人気おすすめランキング15選【おすすめのメーカーやブランドも紹介】

自宅にバーベルがあると、筋トレやトレーニングの効率が上がりますよね。でも、バーベルって種類も多いし、どれを選ぶか困っていませんか。ここでは、バーベルの選び方と、おすすめのバーベルの人気ランキングをご紹介。バーベルのおすすめの使い方も紹介していきます。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

バーベルを使って自宅でも筋トレをしよう

筋トレやトレーニングが好きな方は、自宅にバーベルがあったら便利だと思いますよね。 でも、バーベルって種類も多いし、ダンベルとの違いも分からず、お困りではありませんか。しかし、選ぶバーベル次第で、バーベルを使った筋トレの効果は劇的に変わってきます

 

そこで今回はバーベルの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

 

また、この記事の最後には、バーベルでのトレーニング方法についても紹介しています。こちらも確認して、トレーニング効果を高められるようにしましょう。

バーベルとダンベルの違い

バーベルとダンベルの違いは、バーベルは両手で使うサイズのものですが、ダンベルは片手で使うものだということです。

 

バーベルの方が高重量で、危険性も高いですが、筋肉に高い負荷をかけられるため、筋肉の肥大に繫がります。一方、ダンベルは、軽量のため負荷は小さい分、危険性も低いですが、持ったまま様々な動きが出来るため、自宅で色々なトレーニングをするのに向いています。

 

バーベルとダンベルのどちらかが優れているわけではありません。あなたの筋トレの目的に合った方を選ぶようにしましょう。

バーベルの選び方

これから、バーベルを選ぶ時のおすすめの観点について説明していきます。様々な観点から、自分に合ったバーベルを選べるようにしましょう。

シャフトの長さで選ぶ

1つ目の観点は、シャフトの長さです。シャフトの長さで鍛えられる部位が変わってきますので、よく確認しましょう。

腕の筋肉を鍛えるなら「160~180センチ」がおすすめ

ベンチプレスの中でも、上腕三頭筋を鍛えるナローグリップや、上腕二頭筋を鍛えるノーマルグリップをやりたいなら、シャフト幅が短いグリップが良いでしょう。不必要に長すぎるシャフトを買っても置き場所に困りますので、腕の筋肉を鍛えるなら160~180センチで良いでしょう。

全身の筋肉を鍛えるなら「180~200センチ」がおすすめ

大胸筋を鍛えるベンチプレスや、下背部・臀部・脚部を鍛えるデッドリフトをやりたい人には、180センチや200センチのシャフトが良いでしょう。また、下半身、特に大腿四頭筋・下腿三頭筋・大臀筋・中臀筋などを鍛えるスクワットをやりたい人も同様です。

 

このように、全身の筋肉を鍛えるには、一定のグリップ幅を取る必要があるため、180センチより短いシャフトは不向きです。怪我の危険性も高まるので、180〜200センチはあるシャフトを選ぶようにしましょう。

シャフトの形状で選ぶ

バーベルを選ぶ際の2つ目の観点は、シャフトの形状で選ぶことです。シャフトの形状は3種類あり、それぞれ特徴が異なります。

一般的で高重量に耐えられる「ストレートタイプ」

高重量に耐えられ、全身を効率よく鍛えられるのが、最も一般的なストレートタイプです。当然、握り手もまっすぐになるため、握り方に困ることもなく、様々な種類の筋トレをしたい人には扱いやすいのが特徴です。

 

欠点としては、握ると掌が正面を向くため、手首などに負担が掛かりやすい点が挙げられます。そのため、初心者がストレートバーを使って、腕回りを鍛える際には、細心の注意を払った方が良いでしょう。

腕を重点的に鍛えたいなら「EZバー」

バーの中心部が湾曲しているのがEZバーです。Wの形のように曲線がついているのが特徴で、腕を重点的に鍛えられます。特に、上腕二頭筋を鍛えて力こぶを大きくするなど、腕のサイズアップを図り、腕を逞しく見せたいなら、EZバーが良いです。

 

そしてストレートバーに比べて、手首への負担が少なく、ケガの危険があまりないため、初心者が腕を重点的に鍛える時には、安心して使うことができます。EZバーカールで上腕二頭筋を鍛えたい人は、EZバーを用意しましょう。

上腕三頭筋の筋トレにおすすめの「トライセプスバー」

網目のような形状をしているのが、トライセプスバーです。シャフトを縦に握れるため、ストレートバーと違って、握った時に掌が正面を向くことがありません。そのため、EZバーと同様に、手首への負担を減らし、ケガを避けることができます

 

「トライセプス」という言葉が、上腕三頭筋という意味であるように、EZバーとの違いは、上腕三頭筋の筋トレにおすすめだということです。グリップ力が安定し、安定感を高めた状態でトレーニングできるため、上腕三頭筋を鍛えることに集中できます。

ローレットで選ぶ

バーベルを選ぶ時の3つ目の観点は、ローレットで選ぶことです。安全に筋トレするには、欠かせない軸ですので、しっかりと押さえておきましょう。

高重量のトレーニングをするなら「カットが深いもの」がおすすめ

ローレットとは、シャフトのグリップ部分の表面にある、ギザギザした滑り止め部分のことです。カットが深く、エッジが鋭いものは滑りにくいため、高重量のトレーニングに向いています。

 

浅く丸みを帯びたエッジのローレットは、滑りやすいため高重量のトレーニングに使用すると危険です。ただし、持った時に皮膚への感触が優しいため、手の皮などに配慮した人にはおすすめです。

 

カットが深いものにも3種あり、滑りにくい順に、ピラミッド型>火山型>台形となります。ただ、カットが深いものほど、皮膚への負担が大きくなる欠点もあるため、滑りにくいさと皮膚への負担の両側面を考慮して選ぶようにしましょう。

ローレットの位置が「グリップ幅に合っている」かもチェック

ローレットは、シャフト全体に付いているわけではありません。ローレットが付いていない場所をグリップしてしまえば、筋トレ中に滑ってしまい、滑り止め効果がなくなってしまいます。ですので、あなたのグリップ幅とローレットの位置が一致するものを購入するようにしましょう。

また、ストレートバー、EZバー、トライセプスバーのそれぞれで、ローレットの位置も異なります。特に、EZバーやトライセプスバーは、初心者からするとローレットの位置が分かりにくいので、しっかり確認してから選ぶようにしましょう。

スリーブの太さで選ぶ

バーベルを選ぶ時の4つ目の観点は、スリーブの太さで選ぶ方法です。太さは、主に2種類だけですので、自分に合った方を選びましょう。

「28mm」は初心者や女性におすすめ

スリーブとは、シャフトの端にある、プレートをつける部分のことです。レギュラーシャフトと呼ばれる28mmのスリーブは、初心者や、手が小さな女性に向いています。スリーブが細いため10kg程度と軽くて、持ちやすく扱いやすいのが特徴です。

 

プレート可変式のダンベルで用いているプレートも28mm用ですので、そちらのプレートを使い回せるのもありがたいですね。また、比較的安価に購入できることからも、28mmのスリーブは、お財布に優しいスリーブでもあります。

本格的な筋トレをするなら「オリンピックバーベル50mm」

ジムでよく置いてあるのが、シャフトが50mmのオリンピックバーベルです。高重量に耐えられ、重いプレートを付けられ、本格的な筋トレをするのに向いています。手の大きな男性や、筋トレ上級者が好んで使うことが多いです。

 

ただ、シャフト自体が20kgと重く、価格も2倍程するため20mmタイプと比べても随分と高価です。ですが、太さが20mmのスリーブと比べると、スリーブ自体が長いため、多くのプレートを付けられるのが、筋トレ上級者などに愛される理由の1つでしょう。

プレートの素材で選ぶ

バーベルを選ぶ時の5つ目の観点は、プレートの素材です。プレートの素材は2種類ありますので、それぞれの特徴を押さえた上で選択しましょう。

価格を重視するなら「アイアンタイプ」がおすすめ

アイアンタイプとは、鉄がむき出しになっており、表面をペイントしただけのプレートです。薄いため、シャフトにたくさん装着できるうえに、かさばりません。また、比較的安価で手に入れられるのも嬉しい点です。

ただ、床に落としたり、家具や壁などにぶつけると傷つけてしまう可能性があり、衝撃吸収マットが必要です。また、万が一、脚の指の上に落としてしまえば、骨折の危険もあります。金属がむき出しのため、プレート同士がぶつかると音がうるさいデメリットもあります。

自宅で使用するなら「ラバータイプ」がおすすめ

ラバープレートとは、表面がゴムでコーティングされており、床や家具、身体などに衝突した時のダメージを和らげてくれる特徴があります。さびにくく、プレート同士がぶつかっても音が静かなのも長所です。自宅で使う際に向いているでしょう。

一方で、ゴムの分だけかさばりやすく、シャフトに装着できる数も少なめです。また、アイアンタイプと比べると、値段が高くなりがちです。加えて、ゴムの匂いが気になる人には、あまりおすすめは出来ません。

バーベルプレートの重さで選ぶ

バーベルを選ぶ時の6つ目の観点は、バーベルプレートの重さです。初心者と上級者とでは、必要なプレートの重さが全く違いますので、重要なポイントです。

初心者は「20kg~40kg程度」の重さがおすすめ

初心者は、シャフトとプレートの合計の重さが20kg程度になる、軽めの重さから始めましょう。いきなり重すぎるものに挑戦しても挫折しやすくなるため、無理のない重さから始めることが大切です。

 

もっと言えば、プレートをつけず、シャフトだけ持ち上げるのでも良いです。シャフトだけでも、10kgや20kgの重さがあるため、ある程度の負荷を掛けられるので、初心者にはそれで十分な場合もあります。40Kgから一回持ち上げるのにも苦労するため、無理せずに筋トレしましょう。

 

また、軽めのプレートを所持しておくことで、負荷のレパートリーを微調整できます。筋トレの種目によっては、軽めのプレートを持っていた方が取り組みやすい種目もあることも、軽めのプレートを選ぶメリットの1つです。

上級者は「100kg以上」のものを

一方で、上級者はシャフトとプレートの合計重量が100kg以上になるようにプレートを揃えると良いでしょう。筋トレが進んでいくと、軽負荷では物足りなくなっていくため、自然と重いプレートが欲しくなるものです。

筋肉には、軽負荷の刺激を何回も繰り返し与えるよりも、高負荷の刺激ほんの数回与える方が、肥大に繋がりやすい特徴があります。100kg以上の負荷をかける準備を整え、効率よくトレーニングを進めていけます。

なお、100kg以上にする際には、同じ重さのプレートを何枚も買うより、異なる重さのプレートを揃えた方が、バリュエーションを持たせやすいです。ただし、シャフトの両側は、左右均等の重さになるように、同じ重さのプレートを偶数枚購入する方が良いです。

本格的に体を鍛えたい方は「ベンチプレスセット」を

身体を本格的に鍛えたいと思う方は、ベンチプレスセットの購入も検討してみてください。ベンチプレスセットは、バーベルだけでなくベンチまでセットになっているため、スポーツジムのような本格的な筋トレを楽しむことができます。

 

また、そのまま持ち上げるよりも、重量の重たいバーベルにも挑戦しやすいため、自宅に設置できるスペースがあるならば、購入も検討してみてください。

ブランド・メーカーで選ぶ

バーベルを選ぶ時の7つ目の観点は、ブランド・メーカーで選ぶことです。ブランド・メーカーによって、特徴や強みが違いますので、バーベルを選ぶうえで大切な観点となります。

重さを微調整したい方は「IROTEC(アイロテック)」がおすすめ

IROTEC(アイロテック)は、トレーニング器具を取り扱うブランドです。バーベルやダンベルはもちろん、ベンチやグローブ、ジムに置いてあるような数々の筋トレマシンも扱っており、バーベルの購入先としても、十分に信頼のおけるブランドです。

バーベルセットも販売しており、様々な重量がありますが、250kgを超える上級者向けのセットもあります。プレート単体でも販売しているため、重さを微調整したくなった時には、こちらのブランドでプレートを買い足すのも良いでしょう。

幅広い重量から選びたい方は「FIGHTING ROAD(ファイティングロード)」がおすすめ

こちらのブランドも、トレーニング器具を取り扱うブランドです。特徴は、ウェアやサポーター、ジョイントマットなど、筋トレのサポートアイテムを数多く扱っており、筋トレをする人を総合的に応援してくれる点です。筋トレに必要なものが幅広く揃うでしょう。

ダンベルやバーベルはやや種類が少なめですが、幅広い重量を網羅してはいます。そして、デザインにも拘りが感じられるため、FIGHTING ROAD(ファイティングロード)というブランド名にピンと来た人には、一度はチェックして欲しいブランドです。

プレートの使いやすい商品が欲しい方は「IVANKO(イヴァンコ)」がおすすめ

IVANKO(イヴァンコ)は、革新的なアイディアを創造し、製品として世に送り出すことを使命として掲げたブランドです。50年以上の実績があり、バーベルを購入する上でも、信頼性のおけるブランドであると言えます。

 

このブランドのプレートには、複数のスロットを外周に沿って均等に配置することで、どこからでも安全にプレートを持ち上げられる特徴があります。安全性への拘りが感じられ、プレートの使いやすさはピカイチです。

 

また、ダンベルの両端をフラットな形状にすることで、安全性や安定性を高め、余計な力を入れる必要もなく工夫を施しています。筋トレをする人の気持を徹底的に理解し、改善を図ってきたブランドであると言えるでしょう。

バーベルのおすすめ人気ランキング15選

1位

株式会社スーパースポーツカンパニー

アイアンバーベルダンベル140KGセット

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

上級者御用達の140kgセット

1位は、IROTECブランドの140kgのバーベルセットです。プレートは、1.25KG×4枚、プレート2.5KG×4枚、プレート5KG×4枚、プレート10KG×2枚、プレート15KG×2枚、プレート20KG×2枚と豊富です。

 

しかも、バーベルシャフトだけでなく、ダンベルシャフトも2本ついており、この高重量であらゆる種目を行える応用性の高いセットです。様々な重量で、様々な種目を行いたい上級者にとっては、最高に便利なセットでしょう。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 28mm プレートの素材 アイアン
プレートの重さ プレート125kg、バーベルシャフト10kg、ダンベルシャフト2.5kg×2本 ブランド・メーカー IROTEC

口コミを紹介

ベンチプレスでBiG3を行うようになり、筋トレの種目が増え楽しいです。ダンベルより、高重量を扱える為、筋肉の成長が早いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Shanxi Regent Works Inc.

ダンベル可変式 バーベルにもなれるダンベル 合計20kg

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

人間工学に基づいてローレット加工

こちらも、ダンベルにもダンベルにもなるタイプです。ジョイントシャフトで、2つのダンベルをつなぎ合わせると、途端にバーベルが完成します。

 

また、人間工学に基づいたローレット加工がされており、高重量でトレーニングしても手が疲れにくい仕様となっています。さらに、アイアンタイプで、見た目もごつく、質感もあるので、筋トレをするモチベーションにもつながりやすいでしょう。

シャフトの長さ 調整可能 シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 約25mm プレートの素材 アイアン
プレートの重さ 10kg(シャフト1.5kgを含む)×2本 ブランド・メーカー PROIRON

口コミを紹介

簡易的用途、初めてのダンベル、バーベルの代用としては便利で良いと思います。
バーベルとして使用する際、ジョイント部が若干ぐらつくこともありますが、使用中に外れるようなことはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Aokeou

多段階重さ調節可能バーベル ダンベルセット (10kg×2セット)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

バーベル、ダンベルの両方に使え、腕立て伏せも

こちらも、バーベルとダンベルの両方に使える製品です。面白いのは、腕立て伏せにも使えると謳っている点であり、このバーベルを床につけて腕立てをすることができます。

 

また、プレート部分が八角形のため、当たった時に居たくない上に、頑丈さも持ち合わせています。いろいろな意味で、良いとこ取りをしたような製品であり、筋トレ初心者はこれ1つを購入するだけで、筋トレの世界に入り込めるでしょう。

シャフトの長さ 調節可能 シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 約18mm プレートの素材 ポリエチレン
プレートの重さ 10kg(シャフト0.5kgを含む)×2本 ブランド・メーカー Aokeou

口コミを紹介

いっこずつのバーベルがそんなに重くないので(2kg 2.75kg )女性のトレーニングには適切かなと思ってます

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

シミーズ合同会社

バーベルにもなるダンベル 20kg 2個セット

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

一石二鳥なバーベル

こちらは、やや変わり種ですが、バーベルとしてもダンベルとしても使える応用性の高い施品です。そのため、片手で行う種目も、両手で行う種目も行えるため、1つあるだけでトレーニング種目の幅が広がります

 

また、プレート部分がポリエチレンという素材で出来ているため、匂いの心配もありません。プロスポーツトレーナーが開発に関わっており、トレーニングマニュアルが付属でついてくる点も見逃せません。

シャフトの長さ 42cm ×2本 シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 28mm プレートの素材 ポリエチレン
プレートの重さ 10kg(シャフト0.5kgを含む) ×2本 ブランド・メーカー Wout

口コミを紹介

トレーニングマニュアルが付属しており、筋肉部位毎のダンベル基本動作と動作名称が実質10p程度で紹介されています。初心時の私には非常に有り難かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

IVANKO(イヴァンコ)

ラバープレート2.5kg

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安全に、負荷を微調整したい人に

こちらは、ラバータイプのプレートですので、床や壁、家具などを傷つける心配があまりありません。脚の上に落としても、最小限のダメージに留められます。

 

また、2.5kgのプレートは、負荷の微調整がしやすいため使い勝手が良く、実はどんな種目でも活躍する重さです。やや多めにあっても便利な重さでしょう。

シャフトの長さ シャフトの形状
スリーブの太さ プレートの素材 ラバー
プレートの重さ 2.5kg ブランド・メーカー IVANKO(イヴァンコ)

口コミを紹介

自宅筋トレのために、ラバープレートを追加。
スクリューバータイプは女性でも扱い易くおすすめです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

6位

ファイティングロード Co., Ltd.

Wシャフト

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

レギュラーバー×EZバー

50mmのオリンピックバーでは敷居が高いけれど、28mmのレギュラーバーで、EZバーに挑戦したい人には、こちらの製品がおすすめです。28mmなら、手持ちのプレートの使い回しもしやすいでしょう。

 

また、EZバーなので、手首への負担を減らしたまま、今までよりも高い負荷を上腕二頭筋にかけていくことも可能です。憧れの盛り上がった力こぶを手にするのをサポートしてくれるシャフトです。

シャフトの長さ 120cm シャフトの形状 EZバー
スリーブの太さ 28mm プレートの素材
プレートの重さ ブランド・メーカー ファイティングロード Co., Ltd.

口コミを紹介

ファイティングロードでダンベル等購入しました。
EZバーはAmazonで買いました。何も問題点はありません。
筋トレ用品はファイティングロードを買います!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

FitElite(フィットエリート)

オリンピックバーベルプレート1.25kg

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

50mmのオリンピック用の本格派プレート

オリンピックバーベルでは、スリーブの太さが28mmでなく50mmのため、28mm用のプレートは使えません。50mm専用のプレートが必要となります。

 

本格的に鍛えたくて、オリンピック用のプレートを揃えたい人にはもってこいのプレートです。しかも、2.5kgといった軽量のものから扱っており、トレーニング負荷の微調整がしやすいのも嬉しいですね。

シャフトの長さ シャフトの形状
スリーブの太さ プレートの素材 ラバー
プレートの重さ 1.25kg ブランド・メーカー FitElite

口コミを紹介

製品としてはとても良いものです。同じくIROTECのオリンピックシャフトを使っていますが、当然サイズはピッタリでプレートのブレなく使用できます。とても良いものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ファイティングロード Co., Ltd.

バーベル ラバータイプ 50㎏セット

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

モチベーションが上がるプレート

50kgセットですので中級者に向いており、筋トレに慣れてきたけど、さらに筋肉を大きくしていきたい人に向いています。ラバー製のため、つい壁や床、自分の身体にぶつけてしまっても安心です。

 

そして、ファイティングロードのラバープレートは、燃え上がる色をしているため、筋トレ中に闘志を掻き立てられます。そのため、メロンが入っているような丸みのあるメロン肩を作れると謳っていますが、それだけモチベーションが湧き上がるでしょう。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 28mm プレートの素材 ラバー
プレートの重さ 50kg(シャフト10kgを含む) ブランド・メーカー ファイティングロード

口コミを紹介

とても気に入ってます。これから筋トレして希望通りの身体を目指して日々頑張ります!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

株式会社スーパースポーツカンパニー

レギュラーバーベルシャフト180cmワイドグリップタイプ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

汎用性の高い180cmシャフト

180cmシャフトは、腕の筋肉を鍛えるのにも、全身の筋肉を鍛えるのにも使え、汎用性が高いです。また、形状も真っすぐなストレートタイプであり、様々な場面で活躍してくれます。

 

バーベルセットでなく、シャフトを単独で購入したいなら、ひとまず180cm×ストレートのこちらのシャフトが良いでしょう。こちらに慣れてから、他のシャフトを検討するのも賢い選択法だと思います。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 28mm プレートの素材
プレートの重さ ブランド・メーカー IROTEC

口コミを紹介

ワイドグリップなので、パワーラックを持っていない私でも使い易いです。重量も100kg程しかつけないので私は十分。シャフトどれにするか悩んでるなら、このサイズしかない!って思っても良い位。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

株式会社スーパースポーツカンパニー

レギュラー バーベルシャフト 160cm

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

腕の筋肉を鍛えるための短めのシャフト

腕の筋肉を鍛えるには、160cm程度の短めのシャフトで十分です。真っすぐなストレートタイプのため、腕を鍛える種目を行う際にも、やり方に困ることはないでしょう。

 

トレーニング器具を扱う有名ブランドであるIROTEC製の製品でもあるため、買って後悔することもありません。比較的短く、置き場所にも困りませんので、あって困ることはない一品です。

シャフトの長さ 160cm シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 28mm プレートの素材
プレートの重さ ブランド・メーカー IROTEC

口コミを紹介

このバーベルでベンチプレス、バーベルスクワット、デッドリフトなど高重量で追い込むトレーニングができるようになりました。もうホームトレーニーとしてはこれで十分です。
ダンベルだけで十分かなと思いましたが、バーベルがあるとやっぱり違いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

uyoyous

レギュラートライセプスバー

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

トライセプスバーの王道

トライセプスバーを初めて使ってみたいなら、こちらがおすすめです。トライセプスバーは、他のシャフトとは持ち手の向きが異なるため、手首への負担が全く違ってきます。

 

また、複雑な動きをしても、金具の外れにくい六角形ロックタイプです。滑り止め加工もしっかりと施されていますので、トライセプスバーが初めての方でも安心して使えます。これで上腕三頭筋を鍛え抜けば、腕がどんどんと太くなっていくでしょう。

シャフトの長さ 86cm シャフトの形状 トライセプスバー
スリーブの太さ 28mm プレートの素材
プレートの重さ ブランド・メーカー uyoyous

口コミを紹介

ハンマーカールやトライセップエクステンション、フレンチプレス等に使えます。三頭鍛えるには最適かと。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ザオバ

オリンピックアームカールバー

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

「50mm×EZバー」という最強の組み合わせ

50mmオリンピックバーが使われており、重いプレートをどんどんと付けることが出来るシャフトです。本格的に筋トレをしていて、とことん筋肉をいじめたい人には、うってつけのシャフトです。

 

しかも、EZバーが用いられているため、手首などへの負担が少ないのも長所です。ケガの心配を無くしつつ、思い切り高負荷を掛けられるため、上腕二頭筋の力こぶが大きくなること間違いなしです。

シャフトの長さ 120センチ シャフトの形状 EZバー
スリーブの太さ 50mm プレートの素材
プレートの重さ ブランド・メーカー ザオバ

口コミを紹介

ローレット加工のエッジが心地よく滑らずに筋トレできる。バーベル部分と中央部分とが回るので、手首に負担が無い。バーベル部分には溝加工が無いので、どんなバーベルカラーでも使用し易い。最高に安定した商品。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

IVANKO(イヴァンコ)

スタンダードペイントイージーグリッププレート I1.25kg

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安全性、安定性に秀でたプレート

IVANKO(イヴァンコ)が得意とするプレートで、どこからでも安全にプレートを持ち上げる安全性に拘り抜かれたプレートです。誤って落としにくいですし、置いてあるプレートを拾い上げるのも楽チンです。

 

また、ダンベルの両端がフラットな形状なので、余計な力を入れる必要がなく、安全性や安定性に配慮されています。プレートを購入するなら、IVANKO製は選択肢から外せないでしょう。

シャフトの長さ シャフトの形状
スリーブの太さ プレートの素材 アイアン
プレートの重さ 1.25kg ブランド・メーカー IVANKO

口コミを紹介

さすがIVANKOという感じで品質も良く、削れなどもありません
とりあえず2個あると便利ですよー。絶対おすすめ

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

株式会社スーパースポーツカンパニー

バーベル ダンベル 70KGセット

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

中級者向けのバーベルセット

70kgのバーベルセットなので、筋トレに少し慣れてきた中級者向けです。バーベルシャフトとダンベルシャフトがついており、様残なトレーニングを行えます。

 

また、5kgや10kgのプレートには、プレート穴がついています。そのため、プレート1枚だけを持って、サイドレイズやリストカールをなどのトレーニングを行うことも可能です。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 28mm プレートの素材 アイアン
プレートの重さ プレート55kg+バーベルシャフト10kg+ダンベルシャフト2.5kg×2本 ブランド・メーカー IVANKO

口コミを紹介

ホームジムが完成しました。
値段手頃で揃いました。
さっそくトレーニング始めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

BODY DESIGN(ボディデザイン)

ラバーバーベルセット 100kg

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

上級者向けのお得セット

100kgに挑戦したい上級者は、こちらのセットを購入すると、シャフトやプレートが一度に揃って便利です。ラバー製のため、100kgのバーベルが床などに当たっても、傷つけにくいよう配慮がされています。

 

こちらは、ボディデザインのセットであり、見た目がシンプルでありつつ洗練されています。バーベルのデザインがカッコいいと、筋トレの時間が楽しみになりますね。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
スリーブの太さ 28mm プレートの素材 ラバー
プレートの重さ 100kg (シャフト10kgを含む) ブランド・メーカー BODY DESIGN

口コミを紹介

100キロセットでこの値段は嬉しいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

バーベルの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 シャフトの長さ シャフトの形状 スリーブの太さ プレートの素材 プレートの重さ ブランド・メーカー
1
アイテムID:5824893の画像
アイアンバーベルダンベル140KGセット 39,600円

詳細を見る

上級者御用達の140kgセット

180cm ストレート 28mm アイアン プレート125kg、バーベルシャフト10kg、ダンベルシャフト2.5kg×2本 IROTEC
2
アイテムID:5824896の画像
ダンベル可変式 バーベルにもなれるダンベル 合計20kg 6,580円

詳細を見る

人間工学に基づいてローレット加工

調整可能 ストレート 約25mm アイアン 10kg(シャフト1.5kgを含む)×2本 PROIRON
3
アイテムID:5824899の画像
多段階重さ調節可能バーベル ダンベルセット (10kg×2セット) 4,929円

詳細を見る

バーベル、ダンベルの両方に使え、腕立て伏せも

調節可能 ストレート 約18mm ポリエチレン 10kg(シャフト0.5kgを含む)×2本 Aokeou
4
アイテムID:5824902の画像
バーベルにもなるダンベル 20kg 2個セット 9,999円

詳細を見る

一石二鳥なバーベル

42cm ×2本 ストレート 28mm ポリエチレン 10kg(シャフト0.5kgを含む) ×2本 Wout
5
アイテムID:5824905の画像
ラバープレート2.5kg 3,250円

詳細を見る

安全に、負荷を微調整したい人に

ラバー 2.5kg IVANKO(イヴァンコ)
6
アイテムID:5824908の画像
Wシャフト 4,400円

詳細を見る

レギュラーバー×EZバー

120cm EZバー 28mm ファイティングロード Co., Ltd.
7
アイテムID:5824911の画像
オリンピックバーベルプレート1.25kg 1,980円

詳細を見る

50mmのオリンピック用の本格派プレート

ラバー 1.25kg FitElite
8
アイテムID:5824914の画像
バーベル ラバータイプ 50㎏セット 13,345円

詳細を見る

モチベーションが上がるプレート

180cm ストレート 28mm ラバー 50kg(シャフト10kgを含む) ファイティングロード
9
アイテムID:5824917の画像
レギュラーバーベルシャフト180cmワイドグリップタイプ 8,580円

詳細を見る

汎用性の高い180cmシャフト

180cm ストレート 28mm IROTEC
10
アイテムID:5824920の画像
レギュラー バーベルシャフト 160cm 8,360円

詳細を見る

腕の筋肉を鍛えるための短めのシャフト

160cm ストレート 28mm IROTEC
11
アイテムID:5824923の画像
レギュラートライセプスバー 4,199円

詳細を見る

トライセプスバーの王道

86cm トライセプスバー 28mm uyoyous
12
アイテムID:5824926の画像
オリンピックアームカールバー 28,400円

詳細を見る

「50mm×EZバー」という最強の組み合わせ

120センチ EZバー 50mm ザオバ
13
アイテムID:5824929の画像
スタンダードペイントイージーグリッププレート I1.25kg 847円

詳細を見る

安全性、安定性に秀でたプレート

アイアン 1.25kg IVANKO
14
アイテムID:5824932の画像
バーベル ダンベル 70KGセット 23,100円

詳細を見る

中級者向けのバーベルセット

180cm ストレート 28mm アイアン プレート55kg+バーベルシャフト10kg+ダンベルシャフト2.5kg×2本 IVANKO
15
アイテムID:5824935の画像
ラバーバーベルセット 100kg 34,540円

詳細を見る

上級者向けのお得セット

180cm ストレート 28mm ラバー 100kg (シャフト10kgを含む) BODY DESIGN

安全性を重視する方は「バーベルカラー」も忘れずに

カラーとは、バーベルにプレートを取り付けるものであり、万が一バーベルが斜めになった際にプレートが滑って落ちないよう止める器具のことです。バーベルは基本的に斜ることがないため、付けない方もいます。しかし、安全に筋トレを行うのであれば、必ず付けましょう。

 

持ち上げている最中に、バランスを崩してプレートが落ちてしまうと大怪我に繋がります。また、初心者の方はフォームもめちゃくちゃになりやすいため、より安全対策が必要です。バーベルを購入したら、ついでにカラーも購入してみてください。

バーベルでのトレーニング方法

バーベルでトレーニングする前には、まずトレーニング方法を学ぶのを忘れてはいけません。焦らずに、丁寧に学んでいきましょう。

基本フォーム&動作を覚える

筋トレは、適切なフォームで行うかどうかで、筋肉への効き方がまるで変わってきます。そのため、重いバーベルを使って、早くトレーニングした気持ちは分かりますが、まずはフォームや動作をしっかりと学ぶことから始めましょう。

 

基本的なフォームや動作を学ぶには、きちんとした本で学ぶ方法のほかに、ジムなどでトレーナーの指導を受けることも効果的です。一度覚えてしまえば、自宅でひとりで筋トレしていっても良いでしょう。

重さに慣れたらプレートを追加する

筋トレでは、既に慣れてしまった重さで何度も繰り返しトレーニングしても、効率よく筋肉を鍛えることはできません。重さに慣れたら、プレートを追加することで、今の自分にレベルに合った負荷をかけるように心掛けましょう。

ですが逆に、まだ重さに慣れていないのに、無理にプレートを増やしすぎてしまうのも危険です。自分にとって重すぎもせず、軽すぎもしない負荷を見極め、それに合った重量を探していきましょう。

背中や肩、鍛えたい部分によってトレーニングを変える

たとえば、背中ならデッドリフト、肩ならバーベルショルダープレスといったように、鍛えたい部位によって有効なトレーニング種目は異なります。さらに言えば、同じ肩の三角筋を鍛えるのにも、前部、中部、後部のどこを鍛えるかで種目は変わります。

 

自分が鍛えたいのはどの筋肉なのかを明確にし、それにふさわしいトレーニング種目を選ぶようにしましょう。当然、その種目に合ったバーベルを選択することも忘れないようにしましょう。

下半身を鍛えるなら「バーベルスクワット」

下半身を鍛えるためにおすすめなのは、バーベルスクワットです。バーベルを使う分だけ、通常のスクワットよりも高負荷であり、初心者は体重の0.8倍、中級者は1.2~1.5倍、上級者は1.5~1.8倍のバーベルが良いと言われています。

負荷が軽すぎると下半身を十分に鍛えられませんが、負荷が重すぎると腰などを痛める原因となるため、無理は絶対にしないようにしましょう。

安く買うなら中古のバーベルセットが安い!

バーベルセットは、新品で買うと、重量にもよるものの数千円~数万円はします。ですが、中古で買うと圧倒的に安い価格で購入することが可能です。

試しに、「中古 バーベルセット」などで検索してみてください。バーベルの処理に困った人が、非常に安価で販売してくれており、自宅で筋トレを始めるための初期投資費用を大きく下げることが出来ますよ。

ホームジムを作るのであれば筋トレグッズもチェック

バーベル以外にも筋トレグッズには、さまざまなものがあります。そのため、身体を鍛えるためには、そのほかの筋トレグッズもあわせて購入しておきましょう。バーベルでは鍛えられない部分を鍛えることで、より身体を引き締めることが可能です。

 

ホームジムを作りたい方にもおすすめです。下記の記事では、そんな筋トレグッズの人気おすすめランキングをご紹介するので、この記事と合わせてご一読をお願いします。

まとめ

バーベルの選び方やおすすめのバーベルセットについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。シャフトもプレートも様々であり、自分の好み次第で、オーダーメイドなバーベルを作れます。自宅に、いつでも好きな時に筋トレできる環境があったら、やる気も出ますよね。ぜひあなたに合ったバーベルを揃えて、自宅で理想の身体を手に入れてください

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

厚さ重視!ジョイントマットのおすすめ人気ランキング25選【大判や素材別に紹介】

厚さ重視!ジョイントマットのおすすめ人気ランキング25選【大判や素材別に紹介】

生活雑貨・日用品
安い!カミソリのおすすめ人気ランキング25選【メンズやVIOにも】

安い!カミソリのおすすめ人気ランキング25選【メンズやVIOにも】

ビューティー・ヘルスケア
筋トレの本の人気おすすめランキング30選【初心者や女性にも】

筋トレの本の人気おすすめランキング30選【初心者や女性にも】

本・CD・DVD
自宅で筋トレ!トレーニングマシーンのおすすめランキング20選【初心者向けも】

自宅で筋トレ!トレーニングマシーンのおすすめランキング20選【初心者向けも】

スポーツ・アウトドア
人気!ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング25選【2021年】

人気!ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング25選【2021年】

AV・情報家電
筋トレの本の人気おすすめランキング30選【初心者や女性にも】

筋トレの本の人気おすすめランキング30選【初心者や女性にも】

本・CD・DVD