記事ID142852のサムネイル画像

酸化しにくい!コーヒー用水筒の人気おすすめランキング15選【サーモスも】

最近人気のマイボトル。特に自分好みのテイストで美味しいコーヒーを味わうことができるコーヒー用水筒が人気を博しています。そこで今回はコーヒー用水筒の選び方やサーモスなどおすすめ商品を15選んでご紹介します。コーヒーはボトル内で酸化を起こしやすいので、匂いや汚れを落とすお手入の仕方も記事の最後でご紹介します!

コーヒー専用の水筒を持ち歩くメリットとは?

最近ブームなのが地球環境や資源の無駄を省くための「マイストロー」やお買い物時のレジ袋に代わる「マイエコバック」など、自分専用のアイテムを持ち運びすることに人気がある傾向にあります。

 

最近はコーヒ用水筒やコーヒー用ボトルを持ち運びすることにも人気が出ています。実はコーヒー用水筒を持ち歩くことも資源の無駄を省くことに繋がっていて、自治体によってはマイボトル・マイカップを推奨している地域もあるのです。

 

それ以外にもコーヒー用水筒を持ち運びするメリットはたくさんあります。「お金を節約できること」「自分好みの味がいつでも楽しめること」「お得なサービスが受けられる」など、ここではそのメリットを詳しくご紹介していきたいと思います。

自動販売機でのコーヒー代を節約できる

コーヒー専用ボトルを持ち歩くメリットの中で断トツなのは、何といってもお金の節約ができる事です。今までコーヒーを飲む度に自動販売機を使っていた人が、コーヒー用マイボトルを持ち運びすれば、出費金額が抑えられることは間違いありません。

 

自動販売機の缶コーヒーなら1本100円~150円程度、喫茶店などでコーヒーを注文すれば350円以上はします。コーヒー用水筒を持ち運びすることで、一ヵ月・一年間を通してみるとかなりの差額が見込めるはずです。

自分好みのコーヒーをいつでも飲める

次にコーヒー用水筒を持ち運びするメリットとしてあげられるのが、いつでもどこでも自分好みの味を楽しむことができることです。人にはそれぞれ好みの濃さや薄さ、またお気に入りのコーヒー豆など、お気に入りがありますよね。

 

自動販売機で買ったコーヒーはどうも甘すぎてという人や、缶独特の匂いや味が苦手でという人、美味しいコーヒーを飲みたいけどカフェは高くてという人にとってもいつでも自分好みの美味しいコーヒーが味わえることは魅力の一つです。

マイボトルがあればスタバなどでお得なディスカウントを受けられる

続いて自分専用のコーヒー用水筒を持ち運びするメリットとして、マイボトルやマイタンブラーを持っていく事で割引が適用になるお店があるということです。これはコーヒー用マイボトル派にとってはとても嬉しい特典ですよね。

 

こうした割引の実施は、現在はスタバ(スターバックス)や、一部コンビニなどで行われています。ただし注意すべき点は、自分の持っているコーヒー用ボトルがお店のコーヒーマシンのサイズに合うかどうか、事前に確認することをおすすめします。

コーヒー専用水筒の選び方

それでは自分専用のコーヒー用水筒を選ぶ際にはどのようなところをポイントにおいて選ぶとよいでしょうか?ここでは「容量」「サイズ」「飲み口」「魔法瓶」「お手入れ」「価格」という観点から解説してみたいと思います。

自分のニーズにあった「水筒の容量」から選ぶ

まず初めに、自分のニーズに合った水筒を選ぶという観点から「水筒の容量」について説明します。水筒やボトルにはいろんな容量やサイズがあり、どんな飲み方や使い方をしたいのかで容量が決まります。ここでは「200ml」「350ml」「500ml」で解説します。

鮮度の高い酸化していないコーヒーを飲みたいならすぐに飲める「200ml」がおすすめ

ちょうどカップ一杯分のコーヒーが入る容量が「200ml」です。この容量なら持ち運びするにも重たくないし、ボトルに入れたコーヒーが飲み切ることのできる容量です。飲み切りのメリットはたコーヒーが酸化を起こす前に美味しいコーヒーを味わえることです。

 

コーヒーの味にどこまでもこだわりという人や、出先や職場などで一杯ずつ新しく作ったコーヒーを補充したい人、いつも新鮮な美味しいコーヒーが飲みたいという人にはこの200mlの容量がおすすめです。

一杯のコーヒーだけじゃ満足できないという方は「350ml」がおすすめ

一杯のコーヒーじゃちょっと物足りないなという方には、350mlの容量のボトルがおすすめです。このサイズなら充分に自分好みのコーヒーを堪能することができます。バックやリュックサックに入れて持ち運びするにも、このサイズなら収まりもよいでしょう。

 

自宅のカップ一杯分が180~200mlなので、350mlのコーヒー用水筒なら、ほぼカップ二杯分入る計算になります。午前中に一杯、食後にもという方にはもってこいの容量です。

友達や家族とシェアしたい方は「500ml」がおすすめ

仕事先や外出先でコーヒー用水筒を使って、自分好みの味を味わう一方で、どこかにお出かけした際に家族でシェアしたり、または同僚や友人とシェアしたいと思うのなら、500mlのボトルがおすすめです。

 

多少は持ち運びするのに重たいと感じるかもしれませんが、みんなで一緒に美味しいコーヒーを味わうのもまた楽しみなものです。また複数人でシェアしても、この容量なら飲み切ることができるのでおすすめです。

持ち運びしやすい水筒の「サイズや形」から選ぶ

ニーズに応じた容量が決まったら、次に持ち運びしやすいという観点でコーヒー用水筒をチェックしてみましょう。職場や出張先、外出先に持ち運びするのに便利な形やサイズ、またデザインのものがあります。

 

もしくはバックやリュックサックに入れても、邪魔になりにくいデザインのものもおすすめです。また、持ち運びしやすい取っ手がついたタイプのものもありますので、自分にあったデザインの水筒を検索してみてください。

コーヒー用水筒の「飲み口」から選ぶ

一口にコーヒー用水筒と言っても、大きく分けて「直のみするもの」「コップタイプ」の2種類があります。自分の好みの飲み方でどちらのタイプを選ぶかを決めるわけですが、ここではそれぞれのメリットを説明してみたいと思います。

コーヒーの香りを間近に感じられる「直飲みタイプ」

水筒についている蓋を外せば、そのまま口をつけてコーヒーの香りや入れたままの温度を楽しむことができるのが「直のみタイプ」です。その他にも蓋を開けた時に、コーヒーが直接見えるので、視覚でコーヒーを楽しめるのも直飲みタイプならではです。

 

さらに直飲みタイプのコーヒー用水筒なら、スクリュー型の蓋が殆どなので、手入れがしやすいという良さもあります。構造上、シンプルなものが多いため、扱いやすさや持ち運びのしやすさでは定評があるのも直飲みタイプの水筒です。

 

いろんなパーツを掃除したり、細かい事や面倒なことが苦手だという人にもおすすめのタイプといえるでしょう。さらに片手でワンプッシュ、簡単に蓋が開けられるタイプの直飲みタイプもあります。

工夫次第で飲み方いろいろ「コップタイプ」

水筒の蓋の部分がコップになっているものもあります。この蓋にコーヒーを注いで、自分好みのコーヒーを楽しむタイプの水筒も人気です。昔からよく見かけるタイプのこの水筒のメリットは、なんといってもコップに注ぐことでの安心感にあります。

 

直飲みタイプと違って、直接に口をつけることなく、コップに注ぐという事は衛生面でも優れているため、雑菌が気になる方や、特に一回でコーヒーを飲み切ることがないという人なら、コップに注ぐタイプが良いかもしれません。

 

またコップに注ぐことで、その時々の気分に合わせて、お砂糖やミルクを入れて変化を楽しめるのもコップタイプのメリットといえます。

「魔法瓶タイプ」なら保温性・保冷性ともにバツグン

コーヒー用水筒を冬・夏のどちらの季節も楽しみたい方で、コーヒー用ボトルに保温性や保冷性を求めるなら、なんといっても「魔法瓶タイプ」の水筒やボトルがおすすめです。魔法瓶タイプの水筒は、特に魔法瓶を製造・販売しているメーカーのものが人気があります。

 

「二重構造」と呼ばれる魔法瓶タイプは、外ビンと内ビンとで構成されている水筒のことで、頑丈な構造で冷たいコーヒーなら保冷を、温かいコーヒーなら保温を、どちらもしっかりと好みの温度を保つことができます。

 

またそれ以外でも、結露のつきにくさという点でも魔法瓶タイプは、非常に優秀です。移動する際のカバンやリュックサックの大事な書類やアイテムに、水分がつかないという点でも人気のある水筒です。

コーヒーの頑固な臭いや汚れを落とすためにも「お手入れ」がしやすいものから選ぶ

コーヒー用水筒で一番気をつけたいのが、コーヒーの酸化による臭いや汚れです。コーヒーの成分が水筒内の空気に長時間触れてしまう為避けられないものですが、少しでも汚れやニオイの付着は避けたいものですね。ここでは「お手入のしやすさ」の観点から解説します。

「テフロン加工」ならコーヒーの頑固な臭いがつきにくい

コーヒーは入れてから時間の経過とともに、ボトル内の空気に触れてしまうことで酸化が起こります。できれば避けたいと思ってもこればかりはどうしようもないのですが、しかし予防策としてテフロン加工が施されているものをおすすめします。

 

テフロン加工とは鍋やフライパンでよく聞く、いわゆるフッ素加工と同じコーティングなので、イメージが湧きやすいと思いますが、テフロン加工されている水筒なら匂いや汚れがつきにくいのです。酸化が気になる方はテフロン加工のものを選びましょう。

ゴムパッキンやシリコンパッキンがついていないタイプならお手入れしやすい

コーヒー用水筒の匂いや汚れを避けるもう一つの工夫として、ゴムパッキンやシリコンパッキンが水筒の部品として使われていないものを選ぶことも、おすすめの方法です。シリコンパッキンやゴムパッキンはどうしても汚れや臭いが染み込みがちです。

 

取り外してこまめに汚れを取り除くことも一案ですが、それだけでは取り除くことが難しいようです。中にはそうしたことも面倒だという方もおられるでしょう。ゴムパッキンやシリコンパッキンの交換もできるようなので、そうした工夫も良いですね。

コーヒー用 水筒の「価格やコスパ」に注目して選ぶ

コーヒー用水筒を購入する際には、たくさんある商品の機能性、価格をよく吟味してから購入することをおすすめします。というのも、例えば同じ200mlの水筒であっても値段は幅広く、また機能性も様々です。

 

先述しましたように、保温性・保冷性、持ち運びやすさ・美味しいコーヒーを味わえるような工夫(ゴムパッキンの有る無し)、飲み口や容量などをよく加味して、値段に見合う満足を得られるコーヒー用水筒を選ぶようにしましょう。

 

臭いや汚れが気になる方は毎年ボトルを買い替えて、いろんな製品を楽しむことも一案ですし、逆にこれだというお気に入りを見つけたら、色違いで2.3本まとめ買いをしておくのもアリです。

コーヒー用水筒の他にも、おしゃれなタンブラーがあり以下のサイト内でも紹介しています。どうぞ併せてお読みください!

200~300ml コーヒー用水筒人気おすすめランキング5選

第1位

シービージャパン

カフア コーヒー ボトル QAHWA

価格:2,667円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー用美味しい飲み切りサイズ

INIC coffee.にちょうどいいサイズのボトルで、ボトル内面にテフロン加工を施したコーヒー用水筒です。美味しいコーヒーを持ち運びできる「こだわり」つめこみました。匂い移りがしにくく、飲み物本来の味と香りが楽しめます。

 

汚れもつきにくく、落ちやすいので衛生的で、さらにコーヒーの香りを楽しめる大きな飲み口です。コーヒーカップで飲むときのような豊かな香りを楽しむことができます。

容量190ml口径4.6cm
サイズ6.7×11.5(cm)特徴真空2層構造

口コミを紹介

可愛くて使いやすくてめちゃくちゃ気に入ってます。私の使い方は、朝にお茶を入れて出勤し、昼頃には飲みきっているので昼食時にこの水筒にコーヒーを入れて飲み、そのあとまた午後用にお茶を入れて飲んでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

スケーター

Pooh honey ディズニー SMBC2B

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びたいかわいらしさの200ml

少量の飲料を持ち運びたい、2種類の飲料を持ち運びたい、そんな方におすすめのの飲み切り用コーヒー用ボトルです。小さくてスリムなのでサブボトルとしても便利です。ステンレスボトルは少し重たいなと感じている方向けに、コンパクトタイプを新設計しました。

 

軽くなって、コンパクトになっても保温・保冷効果はさらにUPしました。熱い飲み物と冷たい飲み物で飲み口を使い分けできるW飲み口で、氷が入れやすい広口タイプとなっています。

容量200ml口径-
サイズ5.7×13.8(cm)特徴ステンレス鋼

口コミを紹介

シンプルに黒の線画で描かれたプーさんとピグレット。飽きの来ないスッキリしたデザインです。底が滑り止め仕様なので、デスク上でも滑らず安心。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

シービージャパン

ステンレス ボトル

価格:1,873円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー専用カフアシリーズ

内側にテフロンTM加工を施したコーヒー専用ボトル「カフア」シリーズです。オフィスやドライブ中など、どこでも美味しいコーヒーを楽しみたい方のためにサイズや形も豊富に取り揃えました。コーヒー好きの方のプレゼントにもおすすめです。

 

一回の休憩で飲みきるのに丁度いい200mlサイズで、コーヒーが酸化する前に飲み切ることができ、最高の一杯を味わえます。ボトル内面は、汚れがつきにくく、落ちやすいテフロン加工となってます。

容量200ml口径47mm
サイズ5.7×14(cm)特徴テフロン加工

口コミを紹介

保温性はほどほどですが、飲めないほど熱々のホットコーヒーを長時間持ち歩いてもしょうがないというか、味が酸化せずおいしく飲める間に飲みきるには十分な保温性だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

パール金属

H-6927

価格:650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

何度も使えるマイボトル

コンパクトサイズが嬉しいコーヒー用ボトル・タンブラーです。入れたてのコーヒーの味・香りをそのままに飲み切りサイズのコーヒーを入れておくのに、ちょうどピッタリのサイズです。持ち運びにとても便利です。

 

200mlなのでカップ一杯のサイズで、保温効力は50℃で6時間・80℃で1時間となっています。パッキンの取り外しが簡単で清潔をいつも保つことが出来ます。

容量200ml口径-
サイズ60×14.5cm特徴ステンレス鋼

口コミを紹介

寒い通勤に缶コーヒーの代わりになり、とても経済的です。
保温性についてコメントあったりしますが、ちょうどよいです。
熱すぎると飲めないですしね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

ケヴンハウン

KHS200RE

価格:1,533円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧テイストの200mlボトル

時と場所を選ばず活躍するスタイリッシュなマグボトルです。いつもの自宅の味をそのままに、持ち運び便利で、お出かけ先でも楽しめます。丈夫で保冷・保温性に優れたステンレス二重構造で夏でも冬でも活躍します。

 

北欧テイストでスマートな雰囲気のボディラインで、熱くなった金属部分に触れず飲むことができる樹脂製飲み口でとても安心して、大好きなコーヒーを味わうことができます。

容量200ml口径-
サイズ6.5×15.2(cm)特徴ステンレス

口コミを紹介

ほぼ一年中 外出する時は ボトルを持ち歩いてます。 車ではないので リュックの横のポケットに入る小さな水筒が便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

200~300ml コーヒー用水筒おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5452902の画像

    シービージャパン

  • 2
    アイテムID:5452897の画像

    スケーター

  • 3
    アイテムID:5452757の画像

    シービージャパン

  • 4
    アイテムID:5452866の画像

    パール金属

  • 5
    アイテムID:5452894の画像

    ケヴンハウン

  • 商品名
  • カフア コーヒー ボトル QAHWA
  • Pooh honey ディズニー SMBC2B
  • ステンレス ボトル
  • H-6927
  • KHS200RE
  • 特徴
  • コーヒー用美味しい飲み切りサイズ
  • 持ち運びたいかわいらしさの200ml
  • コーヒー専用カフアシリーズ
  • 何度も使えるマイボトル
  • 北欧テイストの200mlボトル
  • 価格
  • 2667円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 1873円(税込)
  • 650円(税込)
  • 1533円(税込)
  • 容量
  • 190ml
  • 200ml
  • 200ml
  • 200ml
  • 200ml
  • 口径
  • 4.6cm
  • -
  • 47mm
  • -
  • -
  • サイズ
  • 6.7×11.5(cm)
  • 5.7×13.8(cm)
  • 5.7×14(cm)
  • 60×14.5cm
  • 6.5×15.2(cm)
  • 特徴
  • 真空2層構造
  • ステンレス鋼
  • テフロン加工
  • ステンレス鋼
  • ステンレス

300~400ml コーヒー用水筒人気おすすめランキング5選

第1位

サーモス

FFM-350 SBK

価格:1,613円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー用向きのコップ付き

コップ&中せん付きのステンレスボトルは、長時間の保温や保冷が可能です。サイズや容量も豊富にラインナップしており、用途や世代・性別を選ばず、さまざまなシーンに活躍します。もちろんカップがついているので、コーヒー用にぴったりです。

 

軽量・コンパクトで携帯性に優れ、使いやすさ、お手入れのしやすさなどを重視したサーモスの自信作です。中せんは注ぎやすい形状で、漏れにくい構造になっています。保温能力は、さすがにサーモスならではといったところです。

容量350ml口径4cm
サイズ6.5×6.5×19(cm)特徴ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)

口コミを紹介

使いやすさと洗いやすさは十分です。特にお湯の出口部分がシンプルで使いやすいのと洗いやすいのがいいですね。配送も問題なく速やかに届けて頂いたので満足でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

象印マホービン

SM-XC36-DV

価格:2,095円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸洗いできるタンブラー

パッと簡単に開いて、カチッと安心ロック、持ち運びに便利な軽量&コンパクトサイズのステンレスタンブラーです。優れた保温・保冷力でドリンクの温度を長時間キープし、一日中美味しくお飲みいただけます。

 

押して回すだけで分解できる「分解せん」採用で、汚れがたまりがちな「せん」を分解して洗えるので、いつも清潔に保てます。もちろん丸洗いオッケーで、外側もすみずみまで洗うことができるので、汚れをしっかり洗い流せます。

容量360ml口径-
サイズ6.5×6.5×17.5(cm)特徴内面のフッ素コートが2倍

口コミを紹介

前のと比べると、フタの中栓が外れて洗えるようになったのが一番ありがたいです。
冷たいもの温かいもの、コーヒーや昆布茶を入れるので凄く重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

BRUNO

BHK074-K

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムなボディボトル

ホーローのような真っ白なボトルは、保温・保冷対応のTHERMOSの魔法瓶タイプ。 保温も保冷も長時間のキープが可能のため、時間がたっても美味しく飲んで頂けます。 重さは超軽量の170gのスリムなボディなのでカバンでもかさ張らず収まり、持ち運びも楽々です。

 

また、アルファベットは全部で7種類で、お気に入りのイニシャルで持ったり、どなたでも使いやすいいつでもおいしいドリンクをお気に入りのイニシャルと一緒に持ち運べます。

容量350ml口径-
サイズ6.5×19.5cm特徴半回転オープン

口コミを紹介

さすがTHERMOS、保温保冷機能が優れています。特に保冷に関しては、昼間大きめの氷と水を入れていつまで氷があるか室内にて実験してみたところ翌日の昼間でも氷が残っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

タケヤ化学工業

タケヤフラスク ゴーカップ

価格:3,410円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運び便利なかわいいボトル

タケヤフラスク「ゴーカップ」に400mlが登場しました。ほどよい量のコーヒー用として持ち運ぶのに、とても便利な取っ手がついています。小さな子供さんでも持ち運びできるようにデザインされたものですが、もちろん大人が持ってもおしゃれです。

 

保冷力抜群の保冷専用ステンレスボトルで、本体はキズや剥がれに強いパウダーコーティング塗装が施されています。飲み物を入れる口径は、氷が入れやすく、洗いやすい広口設計です。コップに注いでも、直飲みしてもOKです。

容量400ml口径-
サイズ8.7×7.7×23.1(cm)特徴-

口コミを紹介

まず、とても気に入っています!シンプルでカッコイイのに、コップや底のシリコンバンパーが付いているので保育園児にはとても良いと思い購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

クリーンカンティーン(Klean Kanteen)

2.0 16oz 473ml パシフィックスカイ

価格:4,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー用水筒に!スライド式カフェキャップ

真空2層構造の携帯用マグボトルです。オフィスでのコーヒーやアウトドアで飲み物を保冷保温できます。無垢のステンレスボトルと安全性の高いアクリル樹脂コーティングを施し、カラーバリエーションも豊富なのが嬉しいポイントです。

 

蓋には片手で開閉できるスライド式カフェキャップ2.0を採用していて、熱い飲み物でも飲みやすい形状です。蓋を開けずに飲めるので、飲み物の温度変化が少なくすみます。

容量355ml口径-
サイズ17×7.5×7.5(cm)特徴ステンレス鋼

口コミを紹介

毎日コーヒーを仕事に持っていっています。以前スタバのタンブラーを使ってて、落とすと割れるを繰り返したのでこちらを購入。今は60度?位まで冷ましてからいれていますが、退社時間まで冷たくなることはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

300~400ml コーヒー用水筒おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5452748の画像

    サーモス

  • 2
    アイテムID:5452839の画像

    象印マホービン

  • 3
    アイテムID:5452779の画像

    BRUNO

  • 4
    アイテムID:5452849の画像

    タケヤ化学工業

  • 5
    アイテムID:5452860の画像

    クリーンカンティーン(Klean Kanteen)

  • 商品名
  • FFM-350 SBK
  • SM-XC36-DV
  • BHK074-K
  • タケヤフラスク ゴーカップ
  • 2.0 16oz 473ml パシフィックスカイ
  • 特徴
  • コーヒー用向きのコップ付き
  • 丸洗いできるタンブラー
  • スリムなボディボトル
  • 持ち運び便利なかわいいボトル
  • コーヒー用水筒に!スライド式カフェキャップ
  • 価格
  • 1613円(税込)
  • 2095円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 3410円(税込)
  • 4290円(税込)
  • 容量
  • 350ml
  • 360ml
  • 350ml
  • 400ml
  • 355ml
  • 口径
  • 4cm
  • -
  • -
  • -
  • -
  • サイズ
  • 6.5×6.5×19(cm)
  • 6.5×6.5×17.5(cm)
  • 6.5×19.5cm
  • 8.7×7.7×23.1(cm)
  • 17×7.5×7.5(cm)
  • 特徴
  • ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)
  • 内面のフッ素コートが2倍
  • 半回転オープン
  • -
  • ステンレス鋼

400~500ml コーヒー用水筒人気おすすめランキング5選

第1位

タイガー魔法瓶

MMZ-A501AA

価格:2,068円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入簡単!コーヒー用ボトル

重さわずか190gのタイガー社独自の「軽量コンパクト設計」で外出時の持ち運びもストレスフリーのコーヒー用ボトルです。市販の500mlペットボトルと同じくらいの量を持ち運べるベーシックタイプです。ふたをはずしてそのまま飲めるマグタイプです。

 

ステンレスの清潔さと飲み心地の良さを両立させたなめらか飲み口が特徴で、マグカップのようなやさしい口あたりが人気の秘密です。ボトルの内面には、なめらかで光沢のあるスーパークリーンPlus加工を施してます。

容量500ml口径4.4cm
サイズ6.6×6.6×21.6(cm)特徴本体丸洗いOK

口コミを紹介

初のタイガーは、軽い!洗いやすい!握りやすいスリムさ!これこれ!サーモスも象印も冷めないのは同等ですが、私には洗いやすさと飲みやすさと塗装の剥げにくさで、タイガーに賞杯。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ドウシシャ

mosh! DMMB450BR

価格:2,123円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目がミルク瓶のようにかわいい!

ミルク瓶のような外観、更にレトロなフォルムが最高にかわいらしい水筒で、仕事やランチ・アウトドア・スポーツ・色んなシーンで活躍するマグボトル「モッシュ」です。一般的な500mlのペットボトルとほぼ同じ直径で持ち運びしやすいサイズです。

 

チョコレートカラーが甘さと優しさをかもし出すブラウン、この他にも10種類のカラーバリエーションが勢ぞろいです。「一味違く」カタチを追求したステンレスボトルのブランドです。

容量450ml口径-
サイズ6.8×6.8×20.1(cm)特徴真空断熱二層構造

口コミを紹介

使った後のお手入れは、いつも使っている水筒用のスポンジよりも小さいものを用意しなければなりませんが、『保温能力』『密封能力』『持ちやすさ』に関しては非常に満足しています。朝淹れたコーヒーが、夕方になっても温かいのでびっくりしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

KINTO

トラベルタンブラー 20941

価格:2,992円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美味しいコーヒーを持ち運び

容量500ml口径-
サイズ19.7×7.5×7.5(cm)特徴真空二重構造

口コミを紹介

)臭いが付きにくい。これは他社製品との主観的な比較ですが、コーヒー、緑茶、ほうじ茶を飲んだ後、洗って他の飲料を入れても臭いが気になることはほとんどありませんでした。意外と重要なポイントだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

スパイス

2016GT

価格:3,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷保温に優れ、結露しないステンレス製ボディー。がんを誘発するものとして知られているビスフェノールAや、鉛を含む素材は一切使用していないので、環境に優しくギフトにも最適です。保冷25時間、保温12時間できる保冷保温ボトルです。

 

開発コンセプトは『Goodbye, Plastic Bottles, Go Green グッバイペットボトル、ゴーグリーン』環境に対して何が出来るか?を考えた時、ペットボトルを買う人がマイボトルに持ち変えてくれたら、少しでもゴミを減らせると考えCANTEENを開発されました。

容量470ml口径
サイズ8x8x24.5cm特徴真空断熱

口コミを紹介

ワインボトルのようなルックスで持っているだけでオシャレに見える。ワンランクあがったような気持ちになります。洗い物も部品が2つしかないうえ、凹凸も少ないので凄くラクです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

HELIOS

オリーブグリーン 5442-001

価格:2,420円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外の一流ホテルでも使われるヘリオスボトル

ヘリオスは1909年にドイツで創業された魔法瓶メーカーです。動物をモチーフにしたシリーズや機能性に優れた製品を展開しています。ヘリオスの製品は海外の一流ホテルでも使われており、ドイツはもちろん世界でも評判の高い製品を提供しています。

 

滑らかな流線型フォルムが美しい保温ポットです。中瓶はガラス製なので、ステンレスと違いコーヒーなどの臭いや色が付きにくく、清潔に保つことができます。保温効果は、60℃以上で約10時間、45℃以上ですと約24時間程です。

容量500ml口径-
サイズ9×26(cm)特徴中瓶ガラス

口コミを紹介

期待通りの商品です。コーヒーを長時間美味しく楽しめます。保温も充分で、液漏れ無し。内容量の割にはサイズ大きめですが、味には変えられません。

出典:https://www.amazon.co.jp

400~500ml コーヒー用水筒おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5452829の画像

    タイガー魔法瓶

  • 2
    アイテムID:5452768の画像

    ドウシシャ

  • 3
    アイテムID:5452826の画像

    KINTO

  • 4
    アイテムID:5452775の画像

    スパイス

  • 5
    アイテムID:5452855の画像

    HELIOS

  • 商品名
  • MMZ-A501AA
  • mosh! DMMB450BR
  • トラベルタンブラー 20941
  • 2016GT
  • オリーブグリーン 5442-001
  • 特徴
  • お手入簡単!コーヒー用ボトル
  • 見た目がミルク瓶のようにかわいい!
  • 美味しいコーヒーを持ち運び
  • 海外の一流ホテルでも使われるヘリオスボトル
  • 価格
  • 2068円(税込)
  • 2123円(税込)
  • 2992円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 2420円(税込)
  • 容量
  • 500ml
  • 450ml
  • 500ml
  • 470ml
  • 500ml
  • 口径
  • 4.4cm
  • -
  • -
  • -
  • サイズ
  • 6.6×6.6×21.6(cm)
  • 6.8×6.8×20.1(cm)
  • 19.7×7.5×7.5(cm)
  • 8x8x24.5cm
  • 9×26(cm)
  • 特徴
  • 本体丸洗いOK
  • 真空断熱二層構造
  • 真空二重構造
  • 真空断熱
  • 中瓶ガラス

コーヒーは酸化すると頑固な色や臭いが付きやすいので注意

前項でも述べました通り、コーヒー用水筒やコーヒー用ボトル・タンブラーは持ち運びをして、自分好みのテイストでコーヒーを味わうことが出来るのが醍醐味なのですが、時間が経つにつれ酸化が進むので、汚れや臭いがつきにくい水筒選びが大事になってきます。

 

各メーカーやブランドでも美味しいコーヒーが楽しめるような工夫がされていると思います。よく機能性や特徴を確認して、コーヒー用水筒を使ったコーヒーブレイクを楽しむようにしたいものです。

コーヒー用水筒へミルクやカフェオレを入れるのは危険!

コーヒー好きの中には、いろんな好みがありますよね。ブラックコーヒーが好きな方や、少しだけお砂糖をまぜるのが好きな微糖派や、ミルクや砂糖がたっぷり入ったカフェオレが大好きという方もおられることと思います。

 

ですが、ここで気をつけておきたいことは、ミルクとコーヒーを一緒のボトルに入れないということです。その理由として、ミルクに含まれている成分のタンパク質が、温かいボトル内に長時間保存されていることで、菌の繁殖に繋がりやすいキケンがあります。

 

またフレッシュを入れてしまうと、最初は混ざり合っていたコーヒーとフレッシュが、温度が冷めると同時に分離を起こしてしまうので、結局、コーヒーの美味しい味わいが楽しめません。ミルクやフレッシュは飲む直前に入れて飲むことをおすすめします。

コーヒーの「酸化」をできる限り防いで水筒へと移す方法

コーヒーは水筒に入れるとボトル内の空気に長時間触れることによって、酸化を起こすということは先ほどの項で述べましたが、それではそのボトル内での酸化を少しでも防ぐような対策はないものでしょうか?

 

結論からいうと、完全に酸化を防ぐということはできません。しかし酸化しにくくする工夫なら可能です。ポイントはコーヒーの「入れ方」にあります。入れ方のコツさえつかめれば、水筒でも美味しいコーヒーを楽しむことができます。

 

実はコーヒーは、温度が熱いほど酸化を起こしやすいといわれています。ですから熱々の出来立てを入れたいところですが、少し待って温度を下げてから水筒に入れる入れ方をおすすめします。

コーヒー用水筒の正しいお手入れ方法を紹介

最後にコーヒー用水筒の正しいお手入の仕方をご紹介しましょう。まずはコーヒー用水筒持ち帰ったら、すぐに洗浄したいものです。時間が経てば経つほど臭いや汚れが染みついてしまいます。

 

可能でしたら、飲み終わったコーヒー用水筒を、外出先に水道水ですすいでおくと良いですね。すすいだボトルを帰ったらすぐに洗剤をつけて洗うように工夫すれば、臭いや汚れはつきにくくなります。

 

それでもコーヒーの匂いや汚れが完全に消えることはありませんが、気になるに時は重曹水がおすすめです。重曹は口に入れても安心な食用のものを使うと安心です。水に溶かした重曹液につけ暫くの間(30~60分)放置しておきます。パッキンや中栓なども同様にします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?一口にコーヒー用水筒といっても、いろんな機能性を持ったものやデザイン・容量がありましたね。さらにタンブラータイプ・持ち運び便利なものまで様々でした。今回の記事を参考に、ぜひ自分にピッタリのコーヒー用水筒を見つけてみてください!

TOPへ