記事ID142821のサムネイル画像

高コスパ!掛け布団のおすすめ人気ランキング15選【オールシーズン】

夏にも冬にも活躍する掛け布団。無印良品やニトリなど、さまざまなメーカーで取り扱われています。そこで今回は、機能的で暖かい製品やオールシーズン使えるモデル、丸洗いできる掛け布団などのおすすめランキングと選び方を解説します。

夏も冬も活躍する掛け布団のメリット

寝るときの必需品である掛け布団。だんだん気温が下がっていく冬場は特に、無くてはならない存在ですよね。あなたも今まさに、できるだけ暖かくて長持ちする掛け布団を探しているところなのではないでしょうか。

 

そんな掛け布団ですが、洗えない製品の方が多い印象を持っていませんか。そういった掛け布団はクリーニングを依頼しなくてならず大変です。しかし、近年は手洗いや洗濯機での丸洗いに対応しているものが多く、手軽に清潔な状態を維持できるんですよ。

 

そこで今回は掛け布団の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。記事の最後では掛け布団の洗い方や手放すときの手順、一緒にチェックしておきたいアイテムも解説しています。ぜひご確認ください。

掛け布団の選び方

ランキング形式で製品を紹介する前に、まずは掛け布団の選び方をくわしく見ていきましょう。素材、掛け布団の種類と季節、機能、サイズ、値段の5つの観点に分けて解説します。実際に掛け布団の比較・検討を行う際は、ぜひ下記を参考にしてみてください。

素材で選ぶ

肌触りや性能に重きを置いて掛け布団を検討するなら、素材から絞り込むのがおすすめです。木綿、リネン、羽毛、羊毛、ポリエステル、シルクの6つについて、その特徴を解説します。

耐久性を重視するなら「木綿」

木綿は非常に歴史のある素材なので、どこか懐かしさを覚える方も多いでしょう。この素材は、保温力と吸水性に優れているのが特徴的です。優しい暖かさを感じられる上、寝汗を吸い上げてくれる効果もあります。定期的に打ち直しをすると、長期間使い続けることが可能です。

吸湿性・抗菌性で選ぶなら「リネン」

リネンも、木綿と同様に保温力・吸水性が高い素材です。それに加えて、抗菌性に優れているのもメリットと言えます。これは、汚れを打ち返すペクチンが含有されているためです。リネンで作られた掛け布団は生地がしっかりしていて、洗濯しても破れにくい特徴もあります。

保温力を重視するなら「羽毛」

軽量性とムレにくさで選ぶなら、羽毛布団がおすすめ。ダウンの割合が半分以上を占める製品を指します。ちなみに、ダウンとは羽毛が占める割合を表す指標で、この数値が高いほど暖かさを感じやすいです。羽毛布団は、ダック、グース、マザーグースの3つに分類されます。

 

このうち、もっとも価格が安いのがダックです。グースは羽毛布団特有の臭いがほとんどせず、軽くて扱いやすいです。そしてマザーグースは、3種類の中でもっともダウン率・価格が高いと言われています。メリット・デメリットは三者三様なので、よく比較・検討しましょう。

 

羽毛布団おすすめ10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

どの季節でも快適に使いたいなら「羊毛」

木綿と羽毛の利点を兼ね備えているのが、羊毛の掛け布団です。羊毛の掛け布団は羽毛と比較すると安価かつ、木綿と同様の吸水性があります。寝汗をしっかり吸ってくれて季節を問わずに活躍するため、コストパフォーマンスに優れている掛け布団がほしい方におすすめです。

 

ちなみに、羊毛布団は「ウール○○%」といった表記がなされています。この割合を見ることで、羊毛がどのくらい含まれているのかが分かります。ウールとポリエステルが混ざっている製品も少なくありませんが、ウールのみで構成された掛け布団の方がメリットを享受しやすいです。

機能性を重視するなら「ポリエステル」

ポリエステル(合成繊維)は天然の素材ではないので、ダニが発生しにくくリーズナブルというメリットがあります。製品のバリエーションも多く、それぞれ異なる機能が付与されているのも特徴的。具体的には速乾機能・抗菌加工・防臭加工・毛玉対策などが施されています。

肌への優しさと高級感で選ぶなら「シルク」

肌触りで選ぶときに、もっともおすすめなのがシルクです。表面のきめ細かさ、滑らかさは、他の追随を許しません。有名なブランドのシルク製の掛け布団は30,000円を優に超えることも多く、値は張りますが、その分エレガントな雰囲気で所有欲を満たしてくれます。

掛け布団の種類と季節で選ぶ

季節ごとに、おすすめの掛け布団の種類は異なります。夏向けの肌掛け布団、春・秋向けの合い掛け布団、冬向けの本掛け布団、2枚合わせ布団(デュエットタイプ)の4つを取り上げて説明します。

夏は「肌掛け布団」で温度調整を

中に綿が入っているものの、厚みはブランケットとほぼ変わらない製品を、肌掛け布団と呼びます。薄手のため、室温が25度あるような場所でも暑苦しさを感じずに使えるのが最大のメリットです。したがって、主に夏場に使用されることが多いです。

 

しかし、他の毛布と組み合わせれば、季節の変わり目にも応用できます。もっと工夫すればオールシーズン活躍してくれます。また、柄や肌触りなどで差別化を図っている製品が多いです。レビューを参考に、弾力性や柔らかさなどを比較して検討してみてください。

春・秋には「合い掛け布団」がおすすめ

厚みが肌掛け布団と本掛け布団の中間に相当するのが、合い掛け布団です。毛布を足して使ってもかさばらないくらいのちょうど良いボリュームで、主に春・秋に使用されています。具体的には室温が15度から20度までの場所にぴったりで、来客用としてもおすすめです。

暖かい「本掛け布団」は冬にぴったり

肌掛け布団・合い掛け布団・2枚合わせ布団(デュエットタイプ)と比較して、もっとも中素材のボリュームが多いのが本掛け布団です。綿の量が多いので保温力に優れていて、室温15度以下の肌寒い場所で本領を発揮してくれます。特に冷え込む夜も本掛け布団があれば安心です。

 

一方、分厚いので収納場所を確保する必要があります。押し入れなどの収納スペースに余裕がない場合や、部屋が狭い場合、本掛け布団は扱いづらく感じる可能性が高いです。また、夏場に使うには暖かすぎるので、冬以外の季節は基本的にしまいっぱなしになる難点もあります。

収納性が気になるなら「2枚合わせ布団(デュエットタイプ)」

2枚合わせ布団とは、合い掛け布団と肌掛け布団が一対になっている製品を指します。デュエットタイプと呼ばれることもあります。2枚同時に使えば本掛け布団同様の暖かさを得られるのが特徴です。別々にすれば冬以外でも活用可能な上、収納スペースも節約できるので人気があります。

機能で選ぶ

掛け布団の主な機能として、洗濯可能、ハウスダスト対策、抗菌・防カビ・防ダニ機能、軽量タイプなどが挙げられます。それぞれの概要やメリットを掘り下げて見ていきましょう。

利便性を追求するなら「洗濯可能」

汗をかく夏場や、ペットを飼っている方、子どもが掛け布団を使用するようなケースでは、こまめに洗濯したくなるでしょう。このような場合は、購入を検討している段階で、手洗いや洗濯機での丸洗いに対応しているかチェックしてください。タグの洗濯表示が参考になります。

ホコリが気になるなら「ハウスダスト対策」

毎日掃除していても、ホコリを完全に取り除くことは難しいです。こうして蓄積されたホコリは、掛け布団を動かす度に舞います。それを吸い込んだ結果、鼻水やくしゃみが止まらなくなった経験がある方は少なくないでしょう。

 

そこでおすすめなのがハウスダスト対策が施された掛け布団です。このタイプは側生地の表面がきめ細かいのが特徴的。アレルギーを引き起こす原因の低減に寄与してくれます。その結果ホコリが立ちにくくなるため、気になるアレルギー症状を抑えられるでしょう。

衛生面が気になるなら「抗菌・防カビ・防ダニ機能」

衛生面が気になる方・アレルギー体質の方は、抗菌・防カビ・防ダニ機能の有無をチェックしましょう。これらの加工は、ポリエステルの掛け布団に多く見られます。特に防ダニ機能のある掛け布団は、布団乾燥機によるダニ退治の頻度を抑えられるので重宝します。

身体への負担を抑えるなら「軽量タイプ」

快適な眠りにつきたいのなら、重量もしっかり確認しましょう。本体が軽い製品であれば身体にかかる負荷を抑えられます。圧迫感を覚えにくく、寝返りが打ちやすいというメリットもあります。具体的には、2kg未満を目安にして探すのがおすすめです。

 

一方で、近年はニトリが取り扱っている『重い布団』が注目されています。これは本体重量が約5.5kgもある掛け布団です。深い眠りへ導く効果が期待でき、ストレスの軽減や幸福度の上昇につながるメリットがあります。どちらが自分に適しているか吟味してみてください。

自分の体格やベッドに合わせるなら「サイズ」をチェック

ベッドのサイズはシングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キングの5種類です。したがって、これに対応しているサイズの掛け布団をチョイスするのが一般的です。たとえばシングルのベッドを使っているなら、それに合わせて150cm×210cmの掛け布団から候補を絞り込みます。

 

このときの注意点が2つあります。1つめは、サイズの定義がメーカーごとに異なるということです。特に海外製のベッドを使用している場合は要確認。2つめの注意点は、体格も加味しなくてはいけないことです。がっしりした体つきなら、ワンサイズ上を選んだ方が良いです。

予算があるなら品質と「価格」が釣り合うかチェック

予算が厳しいのなら、価格は要チェックです。掛け布団の底値は2,500円、天井値は85,000円程度です。これだけ範囲が広いと、迷った末にリーズナブルな製品を手に取りたくなるでしょう。しかし、コストを抑えるために作りが雑になっている可能性も否めません。

 

そういった掛け布団は長持ちしません。買い換えのスパンが短くなってしまい、かえって高くつくおそれがあります。そこであわせて確認しておきたいのが、掛け布団の品質です。

 

具体的には品質チェックの基準を満たした場合に与えられるGFマークやEQマーク、国内メーカーを対象に審査するゴールドラベルの有無が参考になります。単純な価格ではなく、性能・品質面を天秤に掛けて、賢く買い物しましょう。

冬向け本掛け布団のおすすめ人気ランキング5選

第5位

クモリ(Kumori)

合繊掛け布団 セミダブル

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

暖かい状態をキープ

機能性に優れているポリエステルの掛け布団です。表面にはキルティング加工が施されていて、中に入っている綿が移動しづらいです。掛け布団全体に綿が行き渡っている状態をキープできるため、熱を逃しにくいというメリットがあります。

 

さらに防ダニ・抗菌・防臭加工済みのため、アレルギー体質の方でも安心して使いやすいと言えます。また、洗濯機での丸洗いに対応しているのも特徴的です。わざわざクリーニング会社に持ち込んで依頼する手間が省けるので便利です。

サイズセミダブル素材ポリエステル

口コミを紹介

使用感はとてもよく、またとても軽いので、たたんだり運ぶのが全く苦になりません!
現在10月で朝晩がだいぶ肌寒くなってきましたが、今のところこの布団1枚でも寒くないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Vanking

掛け布団 ブラウン (VK Living)

価格:4,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄くて軽い掛け布団

この掛け布団は、シンサレートを採用しています。シンサレートは高機能中綿素材とも呼ばれているもので、薄さと暖かさを両立させられるのが特徴です。実際に、同じ厚みの羽毛布団と比較すると、約2倍もの断熱性を誇ります。

 

また、薄い分軽いのも魅力的です。総重量は約2kgしかありません。そのため、寝苦しさを感じにくいです。寝返りが打ちやすく軽やかな寝心地を体感できます。かさばりにくい製品を探している方や、押し入れへスムーズに出し入れしたい場合に検討してみてください。

サイズシングル素材ポリエステル

口コミを紹介

この布団に替えたら暖かさが全く違う!
先日、気温が2度近くまで下がった日も、この掛け布団一枚で十分暖かかったです。
隙間も出来にくいしとても気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

システムK

掛け布団 ブラウン シングル

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静電気に悩まされている方へ

濃いブラウンが印象的な掛け布団です。暖かそうな見た目で冬にぴったり。アジアンテイストの部屋との相性も良いです。この製品には静電気軽減機能があります。これにより不意に痛みを感じる可能性が低減するほか、ホコリも付きにくくなります。

 

また、隅にループが取り付けられているのも嬉しいポイント。これを活用すれば、布団カバーの装着が楽にできる上、ズレを防ぐことも可能です。ちなみに表面の素材はマイクロファイバーで、こたつに入っているような心地よさを体感できます。

サイズシングル素材ポリエステル

口コミを紹介

真冬日には上に毛布を重ねて使えば朝までぐっすり寝られる。また肌触りがいいので、カバーをしないで使っている。色が茶色なので汚れが気にならず良い。シーズンの終わりには洗濯すればいいし。つまりカバー代も節約できるということ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

掛け布団 KD-B-K-S-NV

価格:3,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国際規格に準拠した工場が作る掛け布団

表面にピーチスキン加工が施されている掛け布団です。ピーチスキンという名称は、生地の表面の毛羽が短く整っており、きめ細かい様子を指して付けられました。触り心地の良さと強度の高さを両立している素材として知られています。

 

性能面でも特筆すべきポイントは多いです。まず、クオリティと顧客満足度が優れている工場である証として、ISO9001認定を受けています。さらに検査機関による試験でホルムアルデヒドの基準値も満たしています。コストパフォーマンスを重視する方向けです。

サイズシングル素材ポリエステル

口コミを紹介

ふんわりとても軽いので扱いやすいです。
一番気に入った所は、生地がなめらかな所です!
とても気持ち良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

西川(Nishikawa)

掛け布団 AB07660580W

価格:5,077円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯してもゴワつきにくい1枚

お手入れの利便性に重点を置いている方におすすめなのが、この掛け布団です。こちらはウォッシャブルタイプで手洗いすることが可能です。さらに10回以上洗濯したあとでもヨレにくいのも魅力的。ふんわりとした肌触りを持続させられるのです。

 

また、ボディフィットキルトにより、身体と掛け布団の間に隙間ができにくい構造になっているのも人気の理由と言えます。どのような体勢で寝ていても、全身をしっかり包み込んでくれる感覚を味わえます。風が入り込んできて身体が冷える心配も不要です。

サイズシングル素材ポリエステル

口コミを紹介

前に使っていた羽毛布団を家で洗ってみたところ、洗濯槽が羽毛で満たされてしまい、こちらの商品なら大丈夫そうだな、と購入使用していますが、予想よりかなーり暖かいので心が満たされています。

出典:https://www.amazon.co.jp

冬向け本掛け布団の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5451671の画像

    西川(Nishikawa)

  • 2
    アイテムID:5451614の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 3
    アイテムID:5451596の画像

    システムK

  • 4
    アイテムID:5451586の画像

    Vanking

  • 5
    アイテムID:5451583の画像

    クモリ(Kumori)

  • 商品名
  • 掛け布団 AB07660580W
  • 掛け布団 KD-B-K-S-NV
  • 掛け布団 ブラウン シングル
  • 掛け布団 ブラウン (VK Living)
  • 合繊掛け布団 セミダブル
  • 特徴
  • 洗濯してもゴワつきにくい1枚
  • 国際規格に準拠した工場が作る掛け布団
  • 静電気に悩まされている方へ
  • 薄くて軽い掛け布団
  • 暖かい状態をキープ
  • 価格
  • 5077円(税込)
  • 3050円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 4080円(税込)
  • 4280円(税込)
  • サイズ
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • セミダブル
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル

春・秋向け合掛け布団のおすすめ人気ランキング5選

第5位

SARAFA(さらふぁ)

羽毛のような羽根布団

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縫製のクオリティが高くて長く使える

軽量でふんわりとしている羽根布団です。一般的に掛け布団に使われているフェザーは大きめで、羽根の軸がゴワつくデメリットがあります。しかしこの掛け布団にはスモールフェザーが採用されており、羽毛布団に近い肌触りを実現しています。

 

縫製がしっかりしているのも魅力的です。実際、特殊なミシンにより掛け布団のサイドは二重縫製になっています。また、繊維の間隔が狭いダウンループ加工も施されています。このような工夫が見られるため、中身が飛び出す心配はいらないでしょう。

サイズシングル素材綿

口コミを紹介

届いてすぐに使用できました。普段、匂いに敏感なタイプですが、匂いも気にならなく、
しかもあたたかいので気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

羽毛布団のSNOWMAN

羽毛合い掛け布団 カーキ色

価格:7,555円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな羽毛布団

ホワイトダックダウンと呼ばれる羽毛が使用されている掛け布団です。一般的に、このホワイトダックダウン(あひるの毛)は、グースダウン(ガチョウの毛)よりも安価で入手できます。したがって、羽毛布団の中では求めやすい価格の製品と言えます。

 

この掛け布団はふんわりとした見た目が印象的です。その秘密は構成にあります。暖かい空気をしっかりホールドする立体キルトと、羽毛の魅力を発揮させるパワーアップ加工。その両方が採用されています。寒い夜もこれがあれば乗り切れそうです。

サイズシングル素材羽毛・綿・ポリエステル

口コミを紹介

布団の厚みがオールマイティに使えそうです。軽くて価格以上の品質に思えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

東京西川

羽毛 合掛け布団

価格:21,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保温性・品質面でおすすめ

西川が販売している合掛け布団です。西川は50年以上もの歴史を誇る国産ブランドで、主にマットレスやブランケット、枕といった寝具を取り扱っています。安定した品質に定評のあるメーカーなので、長期に渡り愛用したいと考えている方には特におすすめです。

 

掛け布団の中身はダウン90%、フェザー10%で構成されています。保温性に優れた羽毛をふんだんに使用しているため、肌寒さを感じることはないでしょう。したがって、心地良い睡眠タイムを追求したい場合にもぴったり。表面の緻密なペイズリー柄もおしゃれです。

サイズシングル素材ポリエステル・綿・羽毛

口コミを紹介

ただ安いだけの綿の掛け布団買うくらいならちょっとお金出してコレを買うべき。少しの差額で極上の寝心地が手に入ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

安眠工場

上質羽毛布団 2枚合せ(デュエット) シングル

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い心地を追求した1枚

こちらは日本羽毛製品共同組合に認められている掛け布団です。日本羽毛製品協同組合は品質基準を決めている団体のことで、信頼の置ける管理を実施しています。本製品では清浄度や酸素計数などが基準値に達しているため、エクセルゴールドラベルを受けています。

 

また、本体に数々の加工が施されているのも特徴です。具体的には、国内3ステップ加工・オゾン加工・ソフトタッチ加工・ダウンプルーフ加工などが挙げられます。これらの効果により、へたりにくく、弾力があり、洗浄度の高い状態を実現しています。

サイズシングル素材ポリエステル・綿・羽毛

口コミを紹介

まだ1シーズンなので耐久性はわかりませんが、今のところ、非常に満足です。
羽毛の匂いも無く、ふんわり軽くて暖かいです。
10万円以上の高級羽毛布団に比べても、遜色無いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

日本寝具通信販売株式会社

ハンガリー産ホワイトマザーダックダウン95% 羽毛布団

価格:36,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中素材も側素材も機能的な掛け布団

中素材のうち、羽毛の比率が95%を占める掛け布団です。すべてハンガリーで育った水鳥の羽毛が使用されているのが特徴。ハンガリーの冬の寒さは厳しく、その環境下を耐え抜いたダウンなので、思わずダイブしたくなるような保温性と弾力性を誇ります。

 

そして、側素材には超長綿60サテンが採用されています。これは吸水性や通気性に優れているとされる綿のことです。もちろん機能面だけでなく触り心地も追求されているため、繭の中にいる気分を味わえるでしょう。

サイズシングル素材羽毛・綿

口コミを紹介

なんや!これ!めちゃ暖かい!
自分の体温が全く逃げないのが解ります。
まるで水鳥になったよう!そりゃ、こんなん着てたら、真冬に水に入れるわ!

出典:https://www.amazon.co.jp

春・秋向け合掛け布団の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5451778の画像

    日本寝具通信販売株式会社

  • 2
    アイテムID:5451756の画像

    安眠工場

  • 3
    アイテムID:5451740の画像

    東京西川

  • 4
    アイテムID:5451725の画像

    羽毛布団のSNOWMAN

  • 5
    アイテムID:5451712の画像

    SARAFA(さらふぁ)

  • 商品名
  • ハンガリー産ホワイトマザーダックダウン95% 羽毛布団
  • 上質羽毛布団 2枚合せ(デュエット) シングル
  • 羽毛 合掛け布団
  • 羽毛合い掛け布団 カーキ色
  • 羽毛のような羽根布団
  • 特徴
  • 中素材も側素材も機能的な掛け布団
  • 使い心地を追求した1枚
  • 保温性・品質面でおすすめ
  • リーズナブルな羽毛布団
  • 縫製のクオリティが高くて長く使える
  • 価格
  • 36800円(税込)
  • 22800円(税込)
  • 21780円(税込)
  • 7555円(税込)
  • 5980円(税込)
  • サイズ
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • 素材
  • 羽毛・綿
  • ポリエステル・綿・羽毛
  • ポリエステル・綿・羽毛
  • 羽毛・綿・ポリエステル
  • 綿

夏向け肌掛け布団のおすすめ人気ランキング5選

第5位

Dorcy

肌掛け布団 キルトケット

価格:1,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衛生面に配慮した機能が豊富

水色と白色のストライプが爽やかで、夏にぴったりの掛け布団です。側生地は綿100%で、ふんわりと柔らかい肌触りです。1kgに未満と軽量のため、身体にずっしりとのしかかってくるような感覚はありません。寝返りも容易に打てます。

 

また、抗菌加工・防臭加工・防ダニ加工など、清潔な状態を保ちやすい機能が多いのも魅力的です。汚れたり汗をかいたりしたときは、洗濯機で丸洗いすることも可能です。素材にアレルギー誘発物質が使われておらず、身体に優しいのも大きなメリットと言えます。

サイズシングル素材綿

口コミを紹介

疑いながら1枚目を購入。意外や意外。
ソファーで寝てしもた時にこれを掛けると爆睡!ほんまに爆睡します。
なんなら1枚追加で購入して、息子にプレゼントしました。これは良い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

TEKAMON

掛け布団  シングル グレー

価格:3,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速乾性に優れた素材

ブラックに近いグレーが引き締まった印象を与える掛け布団です。シックな家具が好きな方、モダンテイストの部屋に合う製品を探している方におすすめ。掛け布団の表面が、ピーチスキン加工により優れた保形性を有しているのも特徴的です。

 

この掛け布団は、簡単にお手入れできるという魅力があります。洗濯機での丸洗いが可能ですし、軽量なので持ち運びもスムーズにこなせます。さらに、速乾性が高いため、干したときに長時間待つ必要がありません。家事の時短に一役買ってくれるでしょう。

サイズシングル素材ポリエステル

口コミを紹介

厚さ、軽さ、丁度良い感じ!
洗濯機で、洗濯しても大丈夫です!
カバー無しで、肌触りが良いのも、気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Bedsure

掛け布団 セミダブル グレー

価格:3,187円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

梅雨の時期にあると助かる1枚

この掛け布団は、ポリエステルのメリットを最大限に活用しているのが特徴的です。羽毛と比較すると軽量でありながら、高い保温力を期待できます。湿度が高くてもへたりにくい上、防菌・防臭・部屋干し対策機能まで備わっています。

 

そのため、特に梅雨から初夏までの時期に活躍してくれるでしょう。ループが四隅と側面の中央の計8カ所に配置されているのもメリットと言えます。これを利用すれば、布団カバーをしっかり取り付けられます。ズレを手直しする労力を省けて便利です。

サイズセミダブル素材ポリエステル

口コミを紹介

小学生の子供に布団を購入した。紹介されたように実物を持ってみたらとても軽く、手触りも良い。秋ごろに使うのはちょうど良い厚さなので、子供のお気に入り。使い終わったら洗濯もできるようで、真空パックに楽々収納できる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

AYO

肌掛け布団 シングル

価格:3,038円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイロンがけ不要でお手入れ楽々

中素材のポリエステルの材質にこだわりが見られる掛け布団です。3種類の素材を混合し、たくさんの空気を内包することにより、ちょうど良い柔らかさと高い保温力を実現しています。その暖かさは、羽毛布団と比較しても遜色ないほどです。

 

また、ポリエステルには、ほかの素材よりもシワができにくいという特徴があります。したがって、アイロンがけの手間が省けるのも大きなメリットと言えるでしょう。表面が立体キルトで、詰めものの片寄りを防いでくれるのも注目すべきポイントです。

サイズシングル素材ポリエステル

口コミを紹介

子供用の布団として購入!!軽めの薄い布団は朝晩冷える今の時期にぴったり。よだれを垂らしたり、おねしょしたりするので、洗えて値段が高くないを条件に選びましたが、洗っても片寄ったりせず使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ナイスデイ

掛け布団 キルトケット グレー 31200145

価格:3,089円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

うっとりする肌触りで人気のある製品

ニット生地とマイクロファイバーの綿を組み合わせた掛け布団です。薄手かつ軽量でありながら、身体全体をふんわりと包み込んでくれるような肌触りが魅力的。実際に購入した人の中からも、感触に満足している声が多数上がっていました。

 

しっかりと暖かいので、冬場は羽毛布団を別途用意すれば、オールシーズン役に立ちます。また、機能面では丸洗いが可能です。汚れた場合はサッと手洗いすれば良いので、もし布団カバーがなくてもすぐに使い始められます。利便性を重視する方におすすめです。

サイズシングル素材ポリエステル

口コミを紹介

触った瞬間何コレ!!となりました!感覚的には夏用のジェラピケのルームウェアみたいな感覚です。肌触りがとても良くて包まれて眠るのが気持ちい!適度な保温性もあるのでいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

夏向け肌掛け布団の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5451793の画像

    ナイスデイ

  • 2
    アイテムID:5451790の画像

    AYO

  • 3
    アイテムID:5451787の画像

    Bedsure

  • 4
    アイテムID:5451784の画像

    TEKAMON

  • 5
    アイテムID:5451781の画像

    Dorcy

  • 商品名
  • 掛け布団 キルトケット グレー 31200145
  • 肌掛け布団 シングル
  • 掛け布団 セミダブル グレー
  • 掛け布団  シングル グレー
  • 肌掛け布団 キルトケット
  • 特徴
  • うっとりする肌触りで人気のある製品
  • アイロンがけ不要でお手入れ楽々
  • 梅雨の時期にあると助かる1枚
  • 速乾性に優れた素材
  • 衛生面に配慮した機能が豊富
  • 価格
  • 3089円(税込)
  • 3038円(税込)
  • 3187円(税込)
  • 3290円(税込)
  • 1699円(税込)
  • サイズ
  • シングル
  • シングル
  • セミダブル
  • シングル
  • シングル
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 綿

掛け布団と合わせてチェックしたいアイテム

掛け布団と一緒に揃えると便利なアイテムとして、布団カバー、圧縮袋、電気アンカ、布団干しが挙げられます。それぞれどのような場面で役に立つのか、くわしく見ていきましょう。

汚れるのを防いでくれる「布団カバー」

洗えないタイプの掛け布団を使う場合、あわせて布団カバーを購入しておけば、手軽に汚れを防げます。たとえ表面にシミができてしまっても、掛け布団そのものをお手入れするより、はるかに手間を省けるでしょう。また、近年はおしゃれな布団カバーが多数登場しています。

 

ノルディック柄、ストライプ、ペイズリー柄、ディズニーキャラクター柄など、部屋の雰囲気に適した製品を探してみませんか。布団カバー人気ランキング10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

収納スペースに余裕を持たせる「圧縮袋」

本掛け布団や羽毛布団などボリュームのある製品を購入する場合、使用しないときに収納スペースを圧迫してしまう問題が発生します。そして、それを解決してくれるのが圧縮袋です。布団を入れて掃除機で吸い込むことで体積が減るため、掛け布団がかさばらずに済みます。

 

また使いたくなったときは、布団乾燥機を用いれば、簡単に元に戻すことができて便利なのも特徴的です。圧縮袋のおすすめ人気ランキング20選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

足元が冷えるときは「電気アンカ」

「どんなに暖かい掛け布団を使っていても、足元が寒くてなかなか寝付けない」と悩んでいませんか。防寒靴下を穿いて寝るのも良いですが、それより確実に暖を取れるのが電気アンカです。電気アンカはACアダプターをコンセントに差し込んで電源を入れるだけで使えます。

 

中には温度調節機能が付いている製品や、タイマー機能ありで切り忘れを防止してくれるモデルもあって便利です。電気アンカのおすすめ人気ランキング10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

お手入れするときに欠かせない「布団干し」

掛け布団を丸洗いしたあとは、しっかり乾燥させる必要があります。こんなときに不可欠なのが布団干しです。同時に4枚干せるタイプを活用すれば、掛け布団だけでなく敷きマットや敷き布団、ブランケットなども一気もお手入れできそうですね。

 

物干し竿よりも省スペースで、ベランダ・庭だけでなく、室内で使えるのも布団干しのメリットと言えます。布団干しのおすすめ人気ランキング7選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

掛け布団の洗い方

掛け布団の中には、洗濯機での丸洗いに対応していない製品も存在します。もし洗濯機を使えず、キルティング加工も施されていない場合、乾いたあとに綿が片寄る可能性があります。このような事態を回避するためには、洗濯表示のチェックが有効です。

 

この洗濯表示はタグに記載されています。洗濯機に対応している場合は、まず汚れている部分をつまみ洗いしましょう。次に洗濯ネットに入れます。最後は布団コースをチョイスし、中性洗剤を投入して洗濯機のスタートボタンを押してください。

 

洗濯機のサイズが合わないなら、コインランドリーがおすすめ。そもそも水洗いに対応していない場合はクリーニングに出します。洗濯ネットのおすすめ人気ランキング10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

掛け布団を手放すときの手順

掛け布団の寿命は約5年と言われています。それを過ぎたら買い換え時です。そこでここからは、掛け布団を手放す手順について、粗大ゴミに出す場合、燃えるゴミに出す場合、フリマアプリに出品する場合の3つに分類して解説します。

粗大ゴミに出す場合は手続きが必要

掛け布団は粗大ゴミのサイズ基準を満たしているため、基本的には粗大ゴミに出します。まず、粗大ゴミが収集される場所や日取りを確認してください。次に申し込みを終わらせて、掛け布団を小さく丸め、崩れないよう紐で固定しましょう。

 

そして、掛け布団を入れたビニール袋に粗大ゴミ用のシールを貼り付けます。このシールはコンビニで取り扱われているので、あらかじめ用意しておいてください。最後に、申し込んだ日時に粗大ゴミ置き場へ持ち込めば終わりです。

燃えるゴミなら節約できる

上記の方法だと、どうしても依頼の手間やコストなどがかかってしまいます。そこでおすすめなのが、燃えるゴミに出す方法です。粗大ゴミは1辺が30cm以上の大型家具が対象です。したがって、30cm未満になるようハサミで裁断していけば、燃えるゴミに出せます。

 

この場合は、細かな繊維が室内に舞ってくしゃみの原因になるため、まずマスクを身に付けます。そして、次に側生地にハサミを入れて、少しずつ細かく解体しましょう。それが終わったら中素材も同様に切り進めていって、最後に燃えるゴミ専用袋に入れます。

 

燃えるゴミに出す方法をとれば、粗大ゴミのようにお金はかかりません。したがって、できる限り節約したい方向けです。また、わざわざ手続きする必要もありません。その代わり、布団のボリュームが大きければ大きいほど、解体するのに労力と時間がかかります。

お金に換えたいならフリマアプリがおすすめ

粗大ゴミとして出す場合は回収とシールの購入にお金がかかります。そして、燃えるゴミに出す場合は手間がかかります。この両者の欠点を補えるのが、フリマアプリを利用するという方法です。基本的に、フリマアプリは300円から自分で好きな値段を付けて出品できます。

 

実際に検索をかけてみると、2,000円から5,000円程度で出品されている掛け布団が、たくさんヒットします。サービスによっては独自の発送方法が用意されているケースもあるのが特徴的です。それを選択すれば、売れたあとは荷造りして集荷を待つだけです。

 

わざわざ郵便局やコンビニに持ち込む手間が省けるのがメリットと言えます。さらに、設定した金額から手数料と配送料を引いた分は売り上げ金となり、自分の口座に振り込んでもらうことも可能です。掛け布団を処理できる上に利益も出る、まさに一石二鳥の方法です。

暖かい掛け布団で快適な睡眠タイムを

今回はおすすめの掛け布団を15製品紹介しました。自分の好みにぴったりな1枚は見つかったでしょうか。冬は特に、暖かい掛け布団がないと寒さを乗り切るのが厳しいです。肌触りが良く機能的な掛け布団を見つけて、上質な睡眠タイムを追求しましょう。

TOPへ