記事ID142806のサムネイル画像

【2021年最新版】壁掛けテレビの人気おすすめランキング15選

壁掛けテレビは壁に金具で固定することで、スペースを有効に活用しながら、インテリアとしても機能します。最近では大型の有機ELテレビや4K放送などを、エントランスなどで見ることも多くなりましたが、色々ありすぎてどれを選べばいいのか迷いますよね。ここでは人気でおすすめの壁掛けテレビの選び方や商品を、ランキングで紹介します。

壁掛けテレビのメリットとデメリット

あらかじめ壁掛けテレビの「メリット」「デメリット」を知っておけば、購入後に後悔することもありません。ここからその両方について詳しく説明していきます。

メリット

壁掛けの薄型テレビは、テレビラックが不要なので、お部屋のスペースを広く使えるのが最大のメリットです。床置きしていないので、掃除の手間が少なくなります。テレビラックの後ろに溜まったホコリや塵を掃除するのは、1週間に1回ペースでするとなると、何かと面倒ですよね。

 

そして圧迫感や生活感もなく、近未来的なおしゃれでスッキリとした印象を与えます。待ち合い室の天井などに、大きめで綺麗な映像の壁掛けテレビがあると、スタイリッシュなインテリアとしても機能しているのがわかりますよね。

 

意外にも壁掛けテレビは、地震に強いというメリットもあります。耐荷重は高いもので75kgもあり、ガッチリと壁に固定できます。むしろ薄型テレビの方が大型化しているので、揺れやすく地震に弱いと言えます。また、誤って子供やペットがぶつかる心配もありません。

デメリット

1度取り付け工事をしたら、その場所から動かせなくなるのがデメリットです。お部屋のスペースに合うか、インテリアとしてはどうかなど、あらかじめ設置場所をよく想定しておいてから、壁掛けテレビを設置しましょう。

 

次にレコーダーやDVDなど使う方は、テレビラックがないので、仕舞う場所を別に考える必要があります。待合室などの壁に掛けて視聴をしたり、おしゃれな空間を演出する目的のみなら、特に問題はありません。

 

また、取り付け金具を用意する場合は、取り付け工事費などの別途料金が発生する場合もあります。自分で取り付ける分には心配は入りませんが、その際は壁に取り付けるために、電動ドライバーを使用するなど、技術が入ります。

壁掛けテレビの選び方

ここからは初めて薄型テレビを購入する方や、買い替えを検討している方に向けて、「値段の相場」「有機ELか液晶か」「インチ数選び」「パネルの駆動方式」「パネルの種類」「機能」、の項目に分けてわかりやすく紹介していきます。

値段の相場は?

薄型テレビの相場は、普通モデルの中型の場合、もっとも購入しやすいフルハイビジョン型は3万円前後で購入できます。4Kチューナー内蔵薄型テレビなら8万円前後、有機ELテレビなら14万円前後が相場です。

 

4K放送は衛星放送・ネット動画・ゲーム機器などでは多くなってきましたが、地上波放送ではまだ本格化していないので、地上波を中心に見る方は、まだ無理して4K放送内蔵チューナーを購入する必要はないでしょう。

「有機EL」か「液晶」か

衰退したプラズマテレビを除いて、現在市販されている薄型テレビには、2種類が存在しています。「有機EL」と「液晶」です。初めて購入を検討する方は、その違いはわからないでしょうから、ここから両者の違いを詳しく見ていきましょう。

本体の薄さを重視するなら「有機ELテレビ」

価格は同タイプ・モデルの液晶テレビよりも高く、最大で2倍ほどになる場合もあります。有機ELは薄型テレビの中では、液晶テレビに主流の座を取られてはいますが、まだまだニーズがあり、人気もあります。

 

バックライトがないので、液晶テレビより薄くて軽いのですが、寿命が短かったり消費電力が高いのがデメリットです。視野角が広くてどんな角度でも見やすいのも特徴です。速い動きにも対応するのでスポーツ観戦にも向いています。

 

画面が焼き付くなどの問題がありますが、コントラストや黒の再現性が高く、映像美にこだわるなら断然「有機ELテレビ」がおすすめです。10万円以上の予算があれば、大型の「有機ELテレビ」は購入できます。

予算を抑えるなら「液晶テレビ」

画面に液晶ディスプレイを表示したものが液晶テレビです。バックライトを点灯して色の光りを調整しているので明るいですが、黒の表現力が弱いのがデメリット。ブラウン管テレビよりも薄くて軽く、電気代が少ないのも特徴です。

 

一昔前に比べると各社の家電製品メーカーの技術はアップしているので、「液晶」テレビの映像は格段に映像が良くなっています。「有機EL」と比べても、そんなに違いはわからないくらいに、液晶テレビの画像は鮮明です。

 

どっちにするか購入に迷われたら、とりあえずお試し的な意味も含めて、映像も綺麗で価格も安い、「液晶」テレビを購入することをおすすめします。現在は小型のサイズなら5万円前後で購入できますよ。

壁に掛ける高さからインチ数を選ぶ

薄型テレビは工事をして取り付けるので、1度設置したら場所を動かすことはできません。そのため、適正な設置する場所の「視聴距離」がありますから、事前に測っておいて、目に負担をかけない距離を測っておきましょう。

 

しかし、お部屋に設置する適正な距離については、聞いた事がない方がほとんどでしょうから、わからないですよね。「視聴距離」は、一般的に「テレビの高さ×3倍」を目安に選ぶと良いと言われています。

 

24インチから75インチが多い、家庭用の薄型テレビの場合は、100cmから180cmの距離が適正ですから、現在のお部屋でその距離を保てるか確認してください。ただ目の疲れやすい時は離して、映画を大迫力で堪能したい時は近づいて見るなど、臨機応変に視聴をするのがいいでしょう。

4.5畳~6畳程度の部屋なら32インチ

32インチではフルハイビジョンが最高画質のため、4.5畳~6畳程度なら無理せず4K視聴をせず、フルハイビジョンを視聴をしましょう。1人から2人程度でこじんまりと視聴をするなら、迫力のある映像を楽しめますよ。薄型テレビ全体の中で32インチは、もっとも人気のあるサイズです。

 

32型の薄型テレビの高さは約45cmですから、その高さに3倍を掛けた、145cmが目に負担の掛からない適正な距離です。壁掛けをしたテレビから、ソファーまでの距離を考えると、このくらいの距離がゆったりと視聴ができます。お部屋に壁掛けをしたなら、中央から離れた位がベストです。

6畳程度の部屋なら40〜42インチ

全体で見ると薄型テレビの約4分の1の人が、このインチ数を所有しているので、薄型テレビの中では人気のある型だと言えます。42インチの薄型テレビの高さは約55cmですから、その高さに3倍を掛けた、165cmくらいあれば、目に負担がかからない適正でしょう。

 

42型の薄型テレビは、1人暮らしにはやや大きいかもしれませんが、数人で見るならピッタリです。ただ映画館並みの迫力を期待する人には、乏しく感じる方もいるようです。42インチでも十分に迫力がありますが、大迫力を期待して購入するなら、もっと上のサイズにするといいでしょう。

8畳程度の部屋なら45インチ

45インチの薄型テレビの所有率は全体の約3%ほどと少数ですが、迫力のある映像を求める人からのニーズがあります。このくらいの大きさになると、だいぶ迫力があり、壁掛けにはピッタリで、リビングはもちろん、待ち合い室などでも活躍してくれます。

 

45インチの薄型テレビの高さは約60cmですから、その高さに3倍を掛けた180センチが適正な距離です。テレビとソファーの間に大きめのテーブルを挟んで視聴をするには丁度いい距離です。これくらいなら3人から4人で視聴をしても問題はないですよ。

解像度で選ぶ

薄型テレビの解像度には「フルハイビジョン」「4L」「8K」があります。地上波放送か衛生波放送か、それともネット動画なのかなど、どれを中心に見たいのか、そして予算なども考慮しながら、ここから見ていきましょう。

コスパ重視なら定番の「フルHD」

フルHDとはハイビジョンの最高解像度で、横1920ピクセル×縦1080ピクセル表現されます。今は薄型テレビやビデオカメラは4Kが増えてきましたが、パソコンやタブレットなどは、上位モデルでもフルHDが多いです。

 

従来のフルHDは薄型テレビの分野では、大部分を占めていましたが、現在では価格の安くなってきた。高画質の4Kテレビに押されています。しかし価格が安く、30型前後なら一万円台で購入できるのが大きな魅力です。

 

フルHDに見慣れてしまった現在では、この画質以下だと粗くて、ボヤけた映りに感じる方も多いでしょう。とにかくリーズナブルに購入したい方なら、フルHDで十分に情報は伝わりますので満足できますよ。

高画質な映像を楽しみたいなら「4K」

薄型テレビの醍醐味はなんと言っても高画質な映像を楽しめる4Kですよね。衛星放送による自然の景色などを見ると、フルハイビジョンのおよそ4倍の画素で構成されるために、その映像美に圧倒されますよね

 

BSでは試験放送で4Kによる放送が始まっていますが、地上波による4K放送は、2020年以降に本格的に広がります。そこで注意してほしいのが、「4K対応テレビ」は、チューナーを別途購入する必要があります。

 

そのため、テレビ自体を購入しても4K放送は見ることができませんので、ご注意ください。後で4K用のチューナーを取り付けるのが面倒なら、最初からチューナーが内蔵されたものを選ぶのが無難ですよ。

次世代の「8K」にも注目

8Kと言ってもまだ放送は本格的ではないので、早いのでは?と思いますよね。実は8K対応のPS5やその他のゲーム機、ネットではYouTubeで既に8Kを楽しむことができます。衛星放送ではBS・CSでも対応していますが、まだ試験的に自然の風景のみの放送が多いです。いずれも圧倒的な迫力があります。

 

「8Kチューナー内蔵」の薄型テレビなら、アンテナを取り付けるだけで、8K放送を視聴できますが、注意してほしいのは、「8K対応薄型テレビ」ではチューナーがないので、別途チューナーを購入する必要があります。まだ8K放送が少ないために、現時点では8K放送を見ない人用です。

10畳以上の部屋なら55インチ以上

薄型テレビの55インチ以上は、全体の約5%ほどと、テレビが薄型になり、数年前よりもだいぶ増えてきました。4Kの迫力のある画質で、ゲーミングやネット動画を視聴をする目的で購入する人が多いです。ただ、近くで見るには目を悪くしますので、気を付けてください。

 

適正な視聴距離は高さ63cm×3で約190cmです。テーブルを挟んで壁からだいぶ離れるような感覚です。近くで見ると迫力のある大きさなので、10畳あると言っても、お部屋に置けるか不安にかもしれませんが、壁掛けにすれば多少狭くても、スペースを有効活用できるので心配ありませんよ。

パネルの駆動方式

パネルとはディスプレイの画像表示部分のことで、目の疲れやすさや集中力に影響します。「グレア」「ノングレア」に分かれるので、それぞれの違いを見ていきましょう。

正面から見ることが多いなら「VA方式パネル」

テレビ産業界では、技術的に薄型ネットにピッタリあっている「VA式」のパネルが主流です。価格も他のパネルより安価で、黒色の均一性が優秀で、暗い映像で比べると白っぽくならないので、ハッキリと濃淡がわかります。

 

「VA方式」パネルは視野角が狭く、斜めからは白っぽくなりボヤけて、見えづらい性質があります。1~2人で占有して見る分には、特に問題は生じませんが、大人数で見る場合は斜めにいる人は見にくくなるデメリットがあります。

 

正面から主に見るなら「VA方式」で間違いありません。黒を再現できるので、映画鑑賞にも合っています。速い反応の液晶なので、スピードが求められるサッカーなどのスポーツ観戦や、アクションゲームにも適しています。

斜めからもみたいなら「IPS方式パネル」

IPSパネルは、VA方式の視野角の狭さを改善しており、視野角が広くて、斜めから視聴をしても見やすいのがメリット。応答速度は遅いので、ゲーミングには向いていません。色再現度が高いのですが、白黒のコントラストが弱いのがデメリットです。

 

50インチ以上の大型の薄型テレビに多く採用されており、大きいお部屋のリビングや待ち合い室など、大勢の人がいる空間で壁掛けをする場合は、視野角の広い「IPSパネル」が合っています。

 

ただ、他のパネルと比べても高価なために、リーズナブルに購入したい方には向いていません。他には「有機ELパネル」も視野角が広いので、大型の薄型テレビを購入を検討している方はチェックしてみてください。

パネルの種類で選ぶ

ここからは薄型テレビの表面について、キラキラと艶があり美しい「グレアパネル」と、艶を抑えて落ち着いて視聴ができる「ノングレアパネル」について、メリットとデメリットなどを見ていきましょう。

鮮やかな色やコントラストが抜群な「グレアパネル」

テレビの表面に艶のある加工がされた製品が「グレア」です。明るさ・暗さ・鮮やかさがクッキリと映ります。光が映り込んで見にくくなるので、窓側から離れているなら問題ありません。主流は光沢があり見た目も美しい「グレア」で、はっきりと視聴したいならこちらがおすすめです。

 

 

窓側に設置してあるなら、光が反射して見えにくくなる可能性が高いです。ただし、窓際に薄型テレビを置かざるを得ない場合は、反射して見えづらいので、角度調整しやすい壁掛け金具を選んでください。また、あらかじめ店頭でチェックしておいて、問題ないか確認するのがいいでしょう。

目が疲れにくいが画質が劣る「ノングレアパネル」

表面がサラッとしていて艶の抑えられた製品が「ノングレア」です。反射を防止するために非光沢に仕上がっています。見えやすく目が疲れにくいのが特徴で、画面の表面がコーティング処理されているために、「グレア」に慣れた人は薄くボヤけて感じたり、かすかに滲んで見えたりします。

 

「グレア」の製品は艶があって綺麗な反面、電源が入っていないと、自分の姿が写ってしまうほどなのに対して、「ノングレア」は光の映り込みを減らしてくれます。また、反射が気になる方は、「ノングレアフィルム」という、テレビに直接貼る商品もあるので、試してみてください。

機能で選ぶ

薄型テレビの便利な機能には「インターネット接続機能」「外部出力端子」「角度調整」などあり、好みの視聴方法やお部屋のタイプなどによって選ぶ必要があるので、ここからそれぞれ見ていきましょう。

VODやYoutubeを楽しむなら「インターネット接続機能」をチェック

最新機種のミドルクラスモデル以上の薄型テレビなら、ほとんどがインターネット接続できます。続きから視聴ができるレジューム機能など、ネット動画をそのまま大画面で楽しむことができます。

 

更に動画配信の定額サービスVOD(ビデオ・オンデマンド)に、スマホなどで加入しており、なおかつ「WiFi接続」機能が有ると、無線で繋げて「YouTube」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」など楽しめます。

 

特に壁掛けで薄型テレビを視聴をする場合は、配線など面倒になるので、「WiFi設置」機能はあった方が何かと便利です。また、USB接続の無線LAN接続端子なら、無線子機とテレビにあるUSB端子で繋げられます。

「外部出力端子」の数にも注目

薄型テレビの外部出力端子では、HDMI端子とUSB端子をよく使い、レコーダーやゲーム機、外付けHDDなどと繋ぎます。ですから何の機器を使うのか、何台分が常時必要なのかを事前にチェックしておきましょう。

 

HDMIは最も普及しているケーブルです。画質も音質もクリアで、劣化しません。1本のケーブルでテレビとレコーダーなどを繋ぐことができます。音声や映像など別々のケーブルではないのですっきりとまとまります。

 

もう一方のUSB端子は外付けHDD(ハードディスク)と、薄型テレビを繋ぐために必要で、薄型テレビの録画や、パソコンのデータ保存ができる機器です。レコーダーがなくても外付けHDDは1万円前後で購入できるので便利ですよ。

高い場所に設置する場合「角度調整」ができるかも重視

高い場所に薄型テレビを壁掛けをしたら、後は動かせない、というのでは視聴に困りますよね。また、日差しの影響で、角度によっては見えにくくなる場合も多々ありますから、角度調整はできた方がいいですよ。

 

設置金具をネジやホチキスで固定するタイプは、上下左右に壁掛け金具を約±15度で動かせられます。ワンルームの小さいお部屋なら、これくらいの範囲を動かせれば大丈夫ですよ。

 

お部屋が大きくて、もう少し自由に動かしたいなら、壁掛け金具とテレビを、長いアームで繋ぐタイプにしましょう。±45度まで角度調整できるものもあります。前にも出せるので近くでじっくり見たい時など便利です。

壁掛けテレビの人気おすすめランキング15選

第15位

LG

有機ELテレビ 65B9PJA

価格:249,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネット動画やアレクサも楽しめる

CS・BS・地デジの4Kチューナーを内蔵した有機ELテレビは、自然光パネルを採用し、壁掛けをしても見やすく、スリムデザインで違和感もなく飾れます。裏録やアレクサ搭載など多彩な使いやすさ。そして「Netflix」「Hulu」などの、ネット動画アプリも搭載していますよ。

インチ数65型サイズ144.9x86.9x24.6(スタンド含む)
解像度4K重量26.2kg

口コミを紹介

画像はさすがに奇麗でよかった。4Kはまだこれからですが、楽しみです。リモコンもすごく使いやすくて便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

第14位

Sharp

4T-C40CL1

価格:69,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクオス ワンルーに丁度いいサイズ

4Kの高画質な薄型テレビをコスパよく購入して、自分のお部屋に置きたい方におすすめです。リモコンのボタンにAmazon Prime Videoがあり、いつも使うユーザーの方にはピッタリ。新しく開発した4K画像処理エンジン「Medalist S1」は高コントラストで、映像を鮮やかに楽しめます。

インチ数40型サイズ90.1×25.3×60.3(cm)
解像度4K重量約17.5kg

口コミを紹介

全体的にはとても良いと思いましたが、期待していた音質は普通でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第13位

ソニー(SONY)

ブラビア KJ-75X9500H

価格:319,770円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

斜めから見ても高画質で壁掛けにも最適

待ち合い室など大きめのフロアの壁にも、オブジェのように飾れる75V型「BRAVIA」です。斜めから見ても高画質な「XWide-Angle」や、スポーツシーンもなめらかな「倍速駆動パネル」、豊かな音質を楽しめる「アコースティックマルチオーディオ」など、高い技術で楽しめます。

インチ数75型サイズ41.5 x 167.5 x 104.8 cm
解像度4K重量47 Kg

口コミを紹介

10年以上前の42型液晶テレビからの買い替えですが、大画面なのに薄く念願の壁掛けテレビに出来ました。外部機器との連動も良く、今まであまり出番がなかったサウンドバーをよく使うようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第12位

ソニー(SONY)

ブラビア KJ-65A8H

価格:341,012円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機ELの本格的な4Kを楽しめる

65V型の大画面で、4K放送とネット動画などの多彩なコンテンツを本格的に楽しめる、ソニーの有機EL「BRAVIA」です。「YouTube」や「Prime Video」など、高速起動でネット動画アプリを楽しめます。もちろん壁掛け対応しているので、お気に入りの場所で視聴が可能ですよ。

インチ数65型サイズ32.6 x 144.8 x 85.7 cm
解像度4K重量32 Kg

口コミを紹介

AmazonPrimeビデオ、Netflix、You TubeをとPS5用にと思い買いました。
高いですが大正解の買い物でした。
AmazonAlexa GoogleHomeも勿論対応ですので言うことありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

東芝(TOSHIBA)

レグザ 43M540X

価格:69,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

W録画対応

クラウド連携で映像処理をする「レグザエンジンCloud」搭載で4Kの高画質を堪能できます。4Kチューナー2基、デジタル放送チューナーを3基内蔵しており、W録画対応です。「Praime Video」など、多数の動画配信サービスにも対応しており、多くのコンテンツを楽しみたい方にピッタリ。

インチ数43型サイズ59.7×95.9×16.8cm
解像度4K重量10kg

口コミを紹介

若干電源ONが遅い気もしますが、それ以外は画質、音質も含め満足してます

裏番組予約もでき快適です

運が良かっただけなのか、キズは画面割れもなかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

パナソニック(Panasonic)

有機ELテレビ TH-55GZ1000

価格:181,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kダブルチューナー内蔵のビエラ

本格的な4Kの有機ELテレビが欲しい方におすすめなのが、パナソニックの55V型有機ELテレビです。自発光方式なので、暗い微妙な表現もしっかり描く「ヘキサクロマドライブ プラス」や、新4K衛星放送で裏番組も録画できるなど、多チャンネルをマルチに楽しめます。

インチ数55型サイズ30 x 122.8 x 77.4 cm
解像度4K重量27.5 Kg

口コミを紹介

4Kの良さは分からないけど、有機ELは良い。55インチになってキッチンに立っていてもちょうど良い大きさで見える。インターネットTVを見るようになった。ライフスタイルが変わった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

山善(YAMAZEN)

ハイビジョン液晶テレビ QRC-24W2K

価格:17,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さいので壁掛け工事も簡単

狭いお部屋にお手軽に壁掛けをするのに丁度いい、山善24型液晶テレビは、口コミ数も多い人気のあるモデルです。地デジ・BS・CSの3波Wチューナー搭載で、裏番組も録画できて、見たい番組を見逃しません。「LED直下型バックライト方式」の美しいモデルです。

インチ数 24型サイズ55.3×8.6×34.5cm
解像度フルハイビジョン重量約2.8kg

口コミを紹介

テレビとPCモニターを兼用で購入しました。PCからはHDMIで接続です。
リモコンの入力切替で画面表示が切替できます。
解像度も良く、きれいに見れます。いい感じで利用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

Hisense(ハイセンス)

4Kチューナー内蔵液晶テレビ 58S6E

価格:78,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁掛け対応大型モデル

多チャンネル時代に対応した、大画面の58V型液晶テレビです。「NEOエンジン」搭載の4Kで高画質。BS/CSの4Kチューナー内蔵や、12のネット動画を大画面で楽しめるなど、見たい番組を全てカバーしたい方におすすめです。高性能ノイズ処理やスムースモーションレートなど機能も満載。

インチ数58型サイズ23.4 x 128.9 x 80 cm
解像度4K重量21.1 Kg

口コミを紹介

最新モデルで4kチューナー内臓、さらにamazonプライムボタンもあって文句なしです。65型で画質を心配しましたが、 4kでなくても、問題なく普通に綺麗です。3年保証も助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

Sharp

有機ELテレビ 4T-C55CQ1

価格:200,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AI学習で使いやすい

高コントラストで高精細な「有機ELパネル」採用し、どこから見ても360度美しい色鮮やかな「アクオス」の有機ELテレビです。「Amazon Prime Video」や「AbemaTV」など各種ネット対応でリモコンの操作もできるなど、インターネット接続機能も充実しています。

インチ数55型サイズ122.8×29.0×77.1cm
解像度4K重量約28.0kg

口コミを紹介

店頭で流れていた映像に感動し、当初予定だったヘルシオより予定変更し購入。10年前のAQUOSとは雲泥の差で家族全員が大満足。新製品で他社よりまだ割高だが、これは買いだと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

TCL

液晶テレビ 40S515

価格:33,964円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動画サービス対応モデル

Androidに対応しており、「Netflix」や「Hulu」など興味のあるコンテンツを自由に楽しめます。ネットワーク動画も楽しみたい方におすすめです。しかも高画質な「マイクロディミング技術」により、エリアを分析し明るさと暗さがくっきりと分かれ、奥行きを感じられる美しさです。

インチ数40型サイズ18.6 x 73.1 x 49.1 cm
解像度フルハイビジョン重量4.4 Kg

口コミを紹介

画面が薄く軽いのです。
以前のTVは購入9年目と比べるとはるかに色が綺麗です。
おまけにお値段が安い、びっくりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

4K対応 液晶テレビ 43UB10P

価格:37,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

裏番組録画機能

「IPSパネル」搭載で、鮮やかなグラデーションと、4Kならではの圧倒的な美しさを再現しています。「Wチューナー搭載」でスポーツやドラマが重なっても大丈夫、便利なHDD録画対応です。もちろん壁掛け対応なのでスタンドを外して、壁掛け用金具で取り付けが可能です。

インチ数43型サイズ61.4×97.0×21.5cm
解像度4K重量7.5㎏

口コミを紹介

納品された商品にトラブルがありましたがお客様相談センターの吉田様が親切丁寧に対応していただきました。不安を抱えて電話をしましたが、その不安が一気になくなり、敏速な対応に感謝しております。今後もアイリスオオヤの製品を使わせて頂きます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

山善(YAMAZEN)

4K対応液晶テレビ QRT-43W4KS

価格:41,665円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オンキヨースピーカー搭載

別売りの壁掛け金具を装着が可能な、山善の4K液晶テレビです。高視野角178度の「IPSパネル」で、横から見ても綺麗に映り、「HDR」対応でボヤけないクッキリとした映像です。オンキヨー製のフロントスピーカーを搭載し、幅広い音域で音も映像もハイクオリティですよ。

インチ数43型サイズ61.4×97.0×21.5cm
解像度4K重量7.5㎏

口コミを紹介

とても見やすい画面です。
リモコンの受信部が端にあるので若干使用しづらいところがある。中心に持ってきてほしかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

maxzen

4K対応液晶テレビ JU43SK03

価格:32,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外付けHDD録画機能対応

液晶テレビの弱点である黒の表現をカバーできる、優れたVAパネルを搭載しており、美しくて奥行きのあるコントラスト比を表現します。「LED直下型バックライト」は従来の両端型に比べて色にムラが少ないのが特徴。「ゲームモード」はタイムラグが少ないので、ゲーマーにもおすすめ。

インチ数43型サイズ96.9 × 61.2 × 19.6cm
解像度4K重量7.9kg

口コミを紹介

ジェネリック家電と呼ばれる中でもコスパ最強!!
AmazonPrimeの4K映像を観てもとてもキレイ。
スポーツ観ても遅れること無くいい感じ。
Wi-Fiが付いてれば文句ないが、この値段で十分かと。買って良かった!!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

40V型液晶テレビ 40FB10P

価格:34,118円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手ごろな値段でダントツの人気

40型をお手頃な価格で楽しめる、アイリスオーヤマのフルHD液晶テレビは、他を圧倒する千件以上の口コミ数の人気を誇ります。最大2台も接続できる「外付けHDD対応」で、レコーダーはなくても録画OK。Wチューナー搭載で視聴と裏番組録画もできるなど、各機能も充実しています。

インチ数40型サイズ55.3×8.6×34.5cm
解像度フルハイビジョン重量約2.8kg

口コミを紹介

リビングで使用していたテレビが壊れた為、今回買い替えで購入しました。決め手は値段がお手頃だったことです。ただ安いだけでなく以前使っていたものよりも操作は簡単で、画質も良いと感じます。
本体も軽かったので1人で不自由なくセッティングできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

パナソニック(Panasonic)

ビエラ TH-32F300

価格:59,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IPSパネル搭載

「IPSパネル」と「バックライト」搭載で、上下や斜めから見たい角度からクッキリと見えます。在宅ワークにも便利な、2つ搭載されたHDMI端子により、パソコンのモニターとしても活躍します。壁掛けをするには別売りのアーム式タイプや、つっぱり棒タイプで取り付けできますよ。

インチ数32型サイズ73.3×47.8×18.4 cm
解像度フルハイビジョン重量6kg

口コミを紹介

リビングのサブで使うのに、購入しました→今までは 少し古い27インチでフレームが厚かってラックにギリギリ入ってましたが、この32インチはすっぽりと入ってしまいフレームが薄いので見た感じフル画面です、軽量で設置もしやすくて 良かったです→ありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

人気でおすすめの壁掛けテレビランキング15選の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5449589の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5449422の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5449571の画像

    maxzen

  • 4
    アイテムID:5449588の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 5
    アイテムID:5449586の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 6
    アイテムID:5449570の画像

    TCL

  • 7
    アイテムID:5449592の画像

    Sharp

  • 8
    アイテムID:5449427の画像

    Hisense(ハイセンス)

  • 9
    アイテムID:5449423の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 10
    アイテムID:5449426の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 11
    アイテムID:5449573の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 12
    アイテムID:5449591の画像

    ソニー(SONY)

  • 13
    アイテムID:5449428の画像

    ソニー(SONY)

  • 14
    アイテムID:5449568の画像

    Sharp

  • 15
    アイテムID:5449425の画像

    LG

  • 商品名
  • ビエラ TH-32F300
  • 40V型液晶テレビ 40FB10P
  • 4K対応液晶テレビ JU43SK03
  • 4K対応液晶テレビ QRT-43W4KS
  • 4K対応 液晶テレビ 43UB10P
  • 液晶テレビ 40S515
  • 有機ELテレビ 4T-C55CQ1
  • 4Kチューナー内蔵液晶テレビ 58S6E
  • ハイビジョン液晶テレビ QRC-24W2K
  • 有機ELテレビ TH-55GZ1000
  • レグザ 43M540X
  • ブラビア KJ-65A8H
  • ブラビア KJ-75X9500H
  • 4T-C40CL1
  • 有機ELテレビ 65B9PJA
  • 特徴
  • IPSパネル搭載
  • お手ごろな値段でダントツの人気
  • 外付けHDD録画機能対応
  • オンキヨースピーカー搭載
  • 裏番組録画機能
  • 動画サービス対応モデル
  • AI学習で使いやすい
  • 壁掛け対応大型モデル
  • 小さいので壁掛け工事も簡単
  • 4Kダブルチューナー内蔵のビエラ
  • W録画対応
  • 有機ELの本格的な4Kを楽しめる
  • 斜めから見ても高画質で壁掛けにも最適
  • アクオス ワンルーに丁度いいサイズ
  • ネット動画やアレクサも楽しめる
  • 価格
  • 59000円(税込)
  • 34118円(税込)
  • 32000円(税込)
  • 41665円(税込)
  • 37800円(税込)
  • 33964円(税込)
  • 200000円(税込)
  • 78780円(税込)
  • 17800円(税込)
  • 181800円(税込)
  • 69500円(税込)
  • 341012円(税込)
  • 319770円(税込)
  • 69100円(税込)
  • 249999円(税込)
  • インチ数
  • 32型
  • 40型
  • 43型
  • 43型
  • 43型
  • 40型
  • 55型
  • 58型
  • 24型
  • 55型
  • 43型
  • 65型
  • 75型
  • 40型
  • 65型
  • サイズ
  • 73.3×47.8×18.4 cm
  • 55.3×8.6×34.5cm
  • 96.9 × 61.2 × 19.6cm
  • 61.4×97.0×21.5cm
  • 61.4×97.0×21.5cm
  • 18.6 x 73.1 x 49.1 cm
  • 122.8×29.0×77.1cm
  • 23.4 x 128.9 x 80 cm
  • 55.3×8.6×34.5cm
  • 30 x 122.8 x 77.4 cm
  • 59.7×95.9×16.8cm
  • 32.6 x 144.8 x 85.7 cm
  • 41.5 x 167.5 x 104.8 cm
  • 90.1×25.3×60.3(cm)
  • 144.9x86.9x24.6(スタンド含む)
  • 解像度
  • フルハイビジョン
  • フルハイビジョン
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • フルハイビジョン
  • 4K
  • 4K
  • フルハイビジョン
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 重量
  • 6kg
  • 約2.8kg
  • 7.9kg
  • 7.5㎏
  • 7.5㎏
  • 4.4 Kg
  • 約28.0kg
  • 21.1 Kg
  • 約2.8kg
  • 27.5 Kg
  • 10kg
  • 32 Kg
  • 47 Kg
  • 約17.5kg
  • 26.2kg

壁掛けテレビを設置する際の注意点

ここからは壁掛けテレビを設置する際の注意点を、「賃貸での壁掛け」「スタイリッシュに壁掛けをする」の、2項目について見ていきましょう。

賃貸でテレビを壁掛けするには

賃貸で簡単に壁掛けをするには、穴を開けられないところがほとんどですから、ホチキスやつっぱり棒で固定するのがベストです。どちらも簡単ですから、手軽なDIYだと思って取り組めますよ。

 

ホチキス止めは石膏ボードなどの壁に、ホチキス(180度開くタイプ)の針を刺して固定するだけです。なんと約80kgも耐荷重があるとは驚きですよね。テレビ側に金具を取り付けてから、壁側に薄い板状の金具を敷いて、沢山の穴をホチキスで止めていきます。穴は小さくて目立ちません。

 

もう一つの方法はつっぱり棒タイプです。床から天井につっぱり棒を伸ばして、固定するだけの簡単な設計で、1本または2本で固定します。色はメタリックなシルバーやブラックが多く、収納用つっぱり棒という感じがまったくしないので、かっこよく壁掛けができます。

スタイリッシュにするには配線が重要

せっかく壁掛けテレビを購入して、インテリアとして機能をさせようとしても、配線がむき出しなら、カッコ悪いですよね。そこで配線をスッキリと見せるために有効なのが、配線モールと壁裏に隠す方法です。

 

配線モールで線を束ねて壁に貼る方法は、最も一般的な方法で、ホームセンターで簡単に手に入ります。モールには太さがあるので、キチンと納まるか確認してください。モールの色を壁と同じにすれば、目立たなくなります。

 

もう一つのやり方は、テレビの後ろにアンテナの配線が収まるようにする方法で、テレビに隠れて全く目立たなくできます。また、丁度よくアンテナの配線が後ろにない場合は、壁に穴を開けて配線を壁裏に通して、テレビに繋ぎますが、この方法は持ち家でしかできません。

テレビの壁掛け金具の選び方とおすすめ商品

薄型テレビと言っても、サイズは大きいので、壁への設置方法はどのようにすればいいのか悩みますよね。まず壁の種類は石膏ボード・木材・コンクリートなどの、どれなのか確認し、サイズに合ったものを選んでください。

 

一般的には壁に金具をネジで固定するタイプが多く、アーム型なら角度調整がしやすいのが特徴です。石膏ボードの場合はホチキスで設置でき、壁にホチキス針で止めていきます。耐荷重は約80kgも耐えられるので驚きですよね。

 

下記のサイト「【部屋がスッキリ】壁掛けテレビ金具のおすすめ人気ランキング15選 」では、壁掛け金具の選び方と商品を詳しく紹介しているので、とてもわかりやすいですよ。是非とも参考にしてみてください。

まとめ

ここまで壁掛けできる薄型テレビについて選び方や商品を紹介してきました。大型テレビは大きすぎて、部屋に置けないという固定観念は、壁掛けすることによって解消されることが、おわかりいただけたと思います。これからは更に綺麗な画質で、デジタル放送を楽しんでいきましょう。

TOPへ