記事ID142804のサムネイル画像

池井戸潤の人気おすすめランキング20選【半沢直樹などドラマ化作品多数】

池井戸潤さん作品といえば、半沢直樹シリーズは外せません。下町ロケットや花咲舞が黙ってないなど代表作は多く、映画やテレビ化されています。今回は、池井戸潤おすすめ作品の選び方や人気おすすめ作品20選、さらに原作の映像作品がヒットする理由について紹介しましょう。

作家・池井戸潤の魅力

半沢直樹などヒット作が多い池井戸潤さんの作品は、一度は原作本を読んでみたいと思うでしょう。ほかにも映画やテレビドラマなどでヒット作が多い池井戸潤さんの作品は、老若男女問わずに人気があります。

 

そんな人気作家の池井戸潤さんですが、じつは銀行員からエンターテインメント作家になったという経歴です。今回は、池井戸潤さんおすすめ作品の選び方や人気おすすめランキング、さらに映像作品がヒットする理由について紹介します。

 

映画やテレビで人気の池井戸潤作品を、ぜひ原作本でも読んで池井戸ワールドを体感してみましょう。

池井戸潤おすすめ作品の選び方

作家・池井戸潤さんは、数多くの作品を世の中に送り出していますが、超売れっ子作家であるがゆえにベストセラーものも多く、どれから選んだらいいのか分からないことも多いでしょう。その中から失敗しない池井戸潤作品の選び方を紹介します。

ページ数で選ぶ

池井戸潤さんの作品は、300ページから400ページのものが多いですが、中には100ページ未満の短編集や700ページ以上の長編まで幅広くあります。空いた時間に応じてページ数で選んでみましょう。

サクッと読みやすい短編

通勤・通学の電車やバスの中での短時間でサクッと読みたいのであれば、短編小説で選んでみましょう。「犬にきいてみろ 花咲舞シリーズ」や「神保町奇譚 花咲舞シリーズ」は、kindle版で100ページ未満の短編小説のため、スキマ時間を活用できます

 

短編だからといって簡素な話ではなく、いい意味で期待を裏切らない痛快エンターテインメントを楽しむことができるでしょう。話題の女優さんが演じたということもあって、テレビドラマの魅力とともに原作本もしっかり堪能してみてください。

 

サクッと読めることで、活字が苦手な人でもグイグイ花咲舞の魅力に惹きつけられていくでしょう。

池井戸ワールドにどっぷりはまりたいなら「長編」

池井戸ワールドにどっぷりとはまりたい人は、長編小説がおすすめです。中でも長編大作の中で人気が高いのが「アキラとあきら」は、池井戸作品では珍しい青春をテーマにした感動巨編に仕上がっています。

 

池井戸潤らしいテンポがある文章で、長編小説ながらしっかりと堪能できるのが魅力的でしょう。作者の世界観にどっぷりと浸かりたいのであれば「アキラとあきら」のような長編作品を読んでみてください。

 

はじめて池井戸作品に出会った人でも、グッと惹きつけられて時間を忘れて読みふけってしまうでしょう。

 

時系列で選ぶ

池井戸潤さんは、作家デビューをしてから20年以上のキャリアをもっています。そのため、数多くの作品があり、あえて時系列で選ぶことで池井戸潤さん自身の歴史を知ることができるでしょう。

定番の銀行ミステリー「デビュー作」

池井戸潤さんのデビュー作品は「果つる底なき」で、池井戸潤作品の中では定番である銀行を舞台にしながらストーリー展開していくミステリー小説です。彼自身が元・銀行員だったという経歴からリアルに仕上がっています。

 

はじめて手掛けた作品ですが、リアルな銀行の世界を忠実に再現している点からもグッと惹きこまれること間違いがありません。金融不祥事を描く池井戸潤のデビュー作品は、これから池井戸作品を読む人にとってまさに登竜門でしょう。

 

主人公の銀行員が、同僚の突然死から始まる事件の謎を解いていくミステリー内容は、読み進めていくたびに世界観に浸れます。

実写化された作品で選ぶ

池井戸潤さんの作品は、映画・テレビなど実写化された作品が多いのが特徴です。それゆえに絞り込むのが難しいため、基本はシリーズ化されたものかシリーズ化されていない単体かで選ぶとよいでしょう。

映画・テレビで人気の「シリーズもの」

池井戸潤さんの代表的なシリーズ作品といえば「半沢直樹シリーズ」「下町ロケットシリーズ」などが挙げられます。両作品ともテレビドラマ化されており、高視聴率を誇っているのが特徴でしょう。

 

ほかにも「花咲舞シリーズ」もあり、「花咲舞が黙ってない」タイトルでテレビドラマ化されています。池井戸潤さん作品の定番でもある、銀行を舞台にした作品であり、痛快エンターテインメント作品としてもおすすめです。

シリーズ以外の単体作品

池井戸潤さんの単体作品の中には、実写化された作品も多く登場しています。たとえば「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」といった感動エンターテインメント系から「民王」のようなSFコメディ作品まで幅広いです。

 

「民王」は、総理大臣の父と大学生の息子の中身が入れ替わるといった内容で、池井戸潤作品としては異例のコメディタッチが魅力的でしょう。熱いビジネスマンが主役となる「半沢直樹」シリーズよりも気軽に楽しめます。

ジャンルで選ぶ

エンターテインメント系作家として知名度が高い池井戸潤さんですが、意外とサスペンスやホラー系もあります。自分の好きなジャンルで選んでみるとよいでしょう。

半沢直樹シリーズなど「エンターテイメント系」

エンターテインメント系作品は、ハラハラドキドキ・笑いや涙ありのストーリー展開が見ものです。また、最後にはスカッとする爽快感を味わうことができ、エンターテインメント系が好きな人なら、池井戸潤作品は外せません。

 

シリーズものであれば「半沢シリーズ」「下町ロケットシリーズ」は鉄板であり、単体でも「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」などスポーツとビジネスの融合作品はおすすめです。とにかく本で泣きたい人にぴったりでしょう。

 

映画やテレビから原作本を読むスタイルもありですが、本から映画やテレビにはまる人も多いです。

シャイロックの子供たちなど「サスペンス・ホラー系」

エンターテインメント系の作品が多い池井戸潤さんですが、サスペンスやホラー系の作品も多く世の中に誕生させています。意外とサスペンス系を多く書いてもらいたいと思っているファンも多いようです。

 

「シャイロックの子供たち」は、金融界を舞台にした作品で、まさに池井戸ワールド炸裂でしょう。また「株価暴落」は、経済界を舞台にした作品でテレビ・ドラマ化されており、池井戸潤作品にふれるならぜひ読んでもらいたい1冊です。

 

ホラー系であれば「ようこそ我が家へ」で、ささいなことからストーカー被害に巻きこまれ、相手と対決する内容に仕上がっています。身近に潜む恐怖を描いており、ホラーふぁーんにもおすすめです。

受賞作品で選ぶ

池井戸潤さんが受賞した作品は、候補作品まで選ぶと6作品です。数多く誕生した池井戸潤さんの作品の中で、できるだけ選択肢が少ないほうがよい場合はこの選び方で探してみましょう。

江戸川乱歩賞を受賞した「果つる底なし」

池井戸潤さんのデビュー作である「果つる底なし」は、デビューでいきなり江戸川乱歩賞を受賞しています。2019年現在受賞作品は3作品あり、批評家からも高い評価を得ていることでも読んでみる価値があるでしょう。

 

「果つる底なし」は、ドラマ化された池井戸潤作品で、取引会社を罠にかけて倒産に追いこみ不正利益をむさぼる銀行マンの悪らつな犯罪にひとりの行員が果敢に戦いを挑んでゆく異色作です。

 

ドラマでは大物俳優を起用しており、93分の放送の中で悪徳銀行マンとの対決に魅了されていくでしょう。銀行内部の情報を、元銀行員であった池井戸潤さんらしい解釈で表現している点が高い評価を得ているわけです。

吉川英治文学新人賞「鉄の骨」・直木賞「下町ロケット」

「鉄の骨」では吉川英治文学新人賞を受賞した池井戸潤さんの作品です。ゼネコンの談合をテーマにした作品で、ドラマ化では若手実力派俳優が主演を演じており、高い評価を得ています。

 

組織を殉じるか、正義を信じるか、理想とは、使命とは、そして守るべき信念とは、現代を生きるすべての人へ贈る社会派エンターテインメント大作です。また「下町ロケット」は、実写化された人気シリーズ「下町ロケットシリーズ」の第1作目として人気があります。

 

直木賞を受賞しており、テレビドラマだけにとどまらず、ラジオドラマとしても多くの人を魅了している作品です。宇宙科学開発機構の研究員だった主人公が、亡くなった父の経営していた佃製作所の社長になって社員とともに奮闘する姿を描いています。

池井戸潤の名作小説の人気おすすめランキング20選

第1位

ダイヤモンド社

ロスジェネの逆襲

価格:693円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

半沢直樹の原作シリーズ第3弾の池井戸潤作品

ロスジェネの逆襲は、人気ドラマ「半沢直樹」の原作シリーズ第3弾の池井戸潤原作の小説です。最終回で42.2%と平成30年間の民法連続ドラマ視聴率1位を獲得しており、ファンも多いのが特徴でしょう。

 

東京中央銀行から系列子会社東京セントラル証券に出向になった主人公(半沢直樹)が、IT社長からの手数料でビッグチャンスを手にしたところ、親会社からの理不尽で責任を問われ、ピンチに陥ります。

 

受けた圧力や嫌がらせは倍返しで返すのが半沢直樹のスタイルで、団塊・バブル・ロスジェネと世代を超えた男たちの戦いを味わえるでしょう。

メディアミックス有(ドラマ「半沢直樹」)シリーズ半沢直樹シリーズ第3弾
初出2012年

口コミを紹介

読み終えて、これほど胸に情熱が残った記憶はありません。
ただ証券業界の事象と用語に慣れていない場合、中盤まで若干時間がかかるかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

講談社

空飛ぶタイヤ(下)

価格:448円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

事故の原因究明に奮闘する池井戸潤のおすすめ作品

空飛ぶタイヤは、トレーラーの脱輪事故で事故原因の事実を知り、原因とされた主人公を描いた、おすすめ池井戸潤作品です。中堅運送会社社長の主人公が、大手自動車メーカー「ホープ自動車」の組織ぐるみのリコール隠しの疑いを抱きます。

 

決定的な証拠がない中での疑惑の挑戦は、かなりスリリングで、上下巻、最初から最後までハラハラドキドキでしょう。社員と家族を守るために大企業相手に奮闘する男の姿を描いた、感動巨編です。

メディアミックス映画化(2018年)シリーズ-
初出2009/9/15

口コミを紹介

容疑者とされた運送会社の社長が、家族・仲間とともに事故の真相に迫る。
ある休日に、手に汗を感じながら時間を忘れて一気に読み切ってしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

講談社

空飛ぶタイヤ(上)

価格:130円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

事故の真相を暴く男を描いた池井戸潤のおすすめ作品

空飛ぶタイヤ(上)は、走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行中の母子を直撃する事故が引き起こした真実を追求する一人の男を主人公とする池井戸潤作品です。真相を暴こうとする中堅運送会社社長の主人公が大企業と戦うという池井戸さんの得意分野でしょう。

 

企業のモラルというシリアスなテーマを扱っており、胸を締めつけられるような展開がハラハラします。実際の事件をモデルにしていて、心揺さぶる文章で2018年に映画化されているおすすめ小説です。

メディアミックスドラマ(半沢直樹)シリーズ
初出2009/9/15

口コミを紹介

池井戸潤は好きですが、GW期間中の合間に上下巻読破。今年1番の面白さでした。
言わずと知れた三菱自工が題材ですが、作者得意の中小企業経営者の奮闘と大企業内での暗闘を盛り込んだ秀作。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

講談社

半沢直樹 アルルカンと道化師

価格:1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

半沢直樹シリーズ第5弾の池井戸潤おすすめ作品

「半沢直樹」シリーズ第5弾として、注目されている池井戸潤さんの有名小説です。東京中央銀行大阪西支店の融資課長時代・浅野支店長に屈辱の土下座をさせた日の前夜まで物語はさかのぼります。

 

融資課長として資金繰りに苦しむ老舗美術出版社の救済策を思案していたところに持ちあがったITベンチャーによる不可解な買収案件に反対したものの、浅野支店長たちは強引に取引を進めようとするのです。

 

アルルカンと道化師という1枚の絵の中に隠された謎を解き、理不尽な行為に対して倍返しをしていくストーリー仕立てとして注目されています。

メディアミックスシリーズ半沢直樹シリーズ第5弾
初出2020年

口コミを紹介

今回も一気読みでした。中盤あたりで自分が予想していた方向と違う結末で、池井戸さんの相変わらずの巧みなストーリーに満足感がありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

小学館

下町ロケット

価格:792円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

下町ロケットシリーズ第1作目の池井戸潤おすすめ作品

下町ロケットは、大ヒットドラマ「下町ロケット」原作であり、シリーズ第1作目の池井戸潤おすすめ作品です。宇宙科学開発機構の研究者の道を諦めた主人公の佃浩平が、実家の街工場をつぐところからストーリー展開します。

 

中大手メーカーから理不尽な特許侵害を受けたり、取引先を失ったりする中で日夜成長していく姿に感動を覚えるでしょう。佃製作所が有する特許技術に興味をもち、佃製作所に揺さぶりをかけてきます。

 

登場する主人公の果てしない夢へ向けて、男たちのロマンを主人公とともに追い求めていきましょう。

メディアミックスドラマ(下町ロケット)シリーズ下町ロケット第一シリーズ
初出2013/12/21

口コミを紹介

こんなに読むのに夢中になった本は、いつぶりだろう。
今の日本には、こうやって技を磨いて夢を実現していくという、ストーリーが必要だ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

文藝春秋

オレたちバブル入行組

価格:1円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

半沢直樹の原作小説第1弾の池井戸潤おすすめ作品

オレたちバブル入行組は、ドラマ「半沢直樹」の原作小説第1弾として注目されている池井戸潤おすすめ作品です。融資課長の半沢は、支店長の命令で無理に融資をしたにもかかわらず、会社が倒産した案件の責任を押しつけられます。

 

債権回収をするしかない四面楚歌の大ピンチの中で半沢は持ち前の知恵と意地で辛い状況を乗り切るといったストーリー仕掛けです。辛い立場の中にいる中間管理職世代に大きなエールを送ってくれる作品でしょう。

メディアミックス有(ドラマ「半沢直樹」)シリーズ半沢直樹シリーズ第1弾
初出2004年

口コミを紹介

やられたら、倍返し!のフレーズでお馴染みの半沢直樹シリーズ第1作。スカッとする痛快な読後感でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

文藝春秋

銀翼のイカロス

価格:836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

半沢直樹シリーズ第4段の池井戸潤おすすめ作品

銀翼のイカロスは、半沢直樹シリーズの第4弾で人気の池井戸潤おすすめ作品です。出向先から復帰した半沢は、破綻寸前の航空会社の再建を担当することになりますが、政権が交替したことで国土交通大臣が500億円もの債権放棄を要求してきます。

 

銀行上層部は半沢の敵になり、なかなか難しい相手だけにとても手ごわくどのように切り抜けるのかが見ものでしょう。

メディアミックス有(ドラマ「半沢直樹」)シリーズ半沢直樹シリーズ第4弾
初出2014年

口コミを紹介

非常に重いテーマだと感じました。虚脱感を得るほどの衝撃を受けました。
同時に、あらゆる責任を誤って捉えてはならない、その戒めを訴えているように思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

文藝春秋

オレたち花のバブル組

価格:88円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

半沢直樹シリーズ第2弾の池井戸潤おすすめ作品

オレたち花のバブル組は、ドラマで人気の半沢直樹シリーズ第2弾の池井戸潤おすすめ作品です。巨額損失をした老舗ホテルの再建を押しつけられた半沢は、どうにか解決の糸口を思案するも、銀行内部の敵に執拗ないじめに遭ってしまいます。

 

一発逆転してバブル入社組世代の苦悩を晴らすことができるのかが、この小説の見どころといえるでしょう。

メディアミックス有(ドラマ「半沢直樹」)シリーズ半沢直樹シリーズ第2弾
初出2008年

口コミを紹介

何度も読める事
面白い映画の定義にも言えるんだけど、何度でも観れるのは面白いから

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

集英社

陸王

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗足袋業者が開発に挑む池井戸潤おすすめ作品

陸王は、老舗足袋業者がランニングシューズの開発に挑む池井戸潤おすすめ作品です。埼玉県の老舗足袋業車の社長が主人公であり、中会社の存続のために伝統の技術を駆使したランニングシューズの開発に取りかかります。

 

素材探しから始まり、未知の分野での開発不足など、また、世界的スポーツブランドとの競争などいろんな難関が立ちはだかる中で開発にロマンをかける作品です。

メディアミックスドラマ(陸王)シリーズ-
初出2019/6/21

口コミを紹介

下町ロケットと同じように、本当に小さな会社が大手と戦う。
そして、池井戸潤を読んだ方はわかるように必ず、読後、清々しい気持ちにしてくれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

日経BP

七つの会議

価格:792円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

隠された企業の闇を暴く池井戸潤おすすめ作品

七つの会議は、トップセールスマンのエリート課長を、万年係長の年上部下がパワハラで訴えるところから物語が始まる池井戸潤おすすめ作品です。単なるパワハラ問題かと思いきや、裏に隠された根深い企業の闇が注目されています。

 

読み進めていくうちに、日本の今をあぶり出すようなショッキングな事実が明らかになってくるでしょう。

メディアミックス有(ドラマ・映画「七つの会議」)シリーズ
初出2012年

口コミを紹介

サラリーマン胸熱。流石池井戸さん、やっぱり面白い。
本作は、コンプラ問題の究明が話のスジ。会社のために、と、サラリーマンが陥りがちな罠、なのかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

徳間書店

アキラとあきら

価格:1円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラマ化をきっかけに文庫化された池井戸潤の作品

アキラとあきらは、10年以上前に書かれて眠っていた作品で、ドラマ化をきっかけに文庫化された池井戸潤おすすめ小説です。零細工場の息子と大手海運会社の御曹司の二人のアキラが主人公となるストーリーに仕上がっています。

 

生まれも育ちもまったく違う二人が、互いに出会ったことをきっかけに過酷な試練が待ち受けており、青春ストーリーは見ものでしょう。

メディアミックス有(ドラマ「アキラとあきら」)シリーズ-
初出2017年

口コミを紹介

何で池井戸潤さんが描く「働く人たち」は、こんなに格好良いのだろう。特に、瑛と彬の人生が交差し始めてからは、あまりにワクワクしてページをめくる手が止まらなかった。働くことの喜びと悲しみ、苦悩。丁寧な描写でグイグイ引き込まれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第12位

講談社

ルーズヴェルト・ゲーム

価格:1円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

野球部の存続に挑む池井戸潤おすすめ作品

ルーズヴェルト・ゲームは、ライバル企業の攻勢で業績不振に陥った青島製作所、リストラやコストの問題で歴史ある名門野球部が存続危機に陥るという池井戸潤おすすめ作品です。追い込まれても7点取られたら8点取ればいいの精神で一発逆転を狙います。

 

不景気な世の中でも、この一冊を読むことで元気を取り戻すことができたらといった作者の願いが込められている作品です。

メディアミックス有(ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」)シリーズ
初出2012年

口コミを紹介

勧善懲悪ストーリーにスッキリできるのはいつも通りですが、いつもの池井戸ワールドと違ってタイトルに惹かれるものがありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第13位

講談社

新装版 不祥事

価格:111円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラマ「花咲舞が黙ってない」の池井戸潤おすすめ作品

新装版 不祥事は、ドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作本として人気がある池井戸潤おすすめ作品です。若手銀行員である花咲舞が悪しき慣習と戦い、いいたくてもなかなか面といえない相手にきっぱりといってくれます。

 

普段の生活の中で、仕事や学業でモヤモヤしていることをすっきりさせたい場合は、ぜひ一度読んでみてください。

メディアミックス有(ドラマ「花咲舞が黙ってない」シリーズ
初出2004年

口コミを紹介

細かな部分を見ると結構無茶な設定もありますが、気持ちの面では納得のいく結果的に良いストーリー仕立てになっていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第14位

ダイヤモンド社

ノーサイド・ゲーム

価格:1,426円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大泉洋さんが主演したドラマの池井戸潤おすすめ作品

ノーサイド・ゲームは、ワールドカップ開催に合わせて、大泉洋さんを主演にしたドラマで注目された池井戸潤おすすめ作品です。経営戦略室から左遷された男が、成績不振にあえぐラグビー部を立て直す内容に仕上がっています。

 

強豪といわれたチームをいまいちど再生することができるのかどうかが、この物語にキーポイントでしょう。

メディアミックス有(ドラマ「ノーサイド・ゲーム」)シリーズ
初出2019年

口コミを紹介

池井戸さんのファンですが、今回も期待を裏切らない話です。
ただいつもの勧善懲悪の話とは少々違い、登場人物はそれぞれの組織・立場で
苦しんでおり、主人公の君島に影響を受けて「変化」していく点が興味深いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第15位

小学館

下町ロケット ヤタガラス

価格:1,485円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

下町ロケット ゴーストの続編として人気の池井戸潤おすすめ作品

「下町ロケット ヤタガラス」は、下町ロケット ゴーストの続編としても知名度が高い池井戸潤おすすめ作品です。佃製作所のピンチを、準天頂衛星ヤタガラスが壮大なクライマックスへと導きます。

 

登場人物たちの熱い思いをひしひしと実感できる、ぐっと引きこまれるおすすめの作品としても人気です。

メディアミックス有(ドラマ「下町ロケット」)シリーズ下町ロケットシリーズ第4弾
初出2018年

口コミを紹介

「ゴースト」の続編で一気読みしてしまうほどの舞台設定が秀逸。一人ひとりのキャラが立っていて、いまの日本の農業の現状がとてもリアルに想像ができた。

出典:https://www.amazon.co.jp

第16位

文藝春秋

かばん屋の相続

価格:188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短編が6作品収録された池井戸潤おすすめ小説

かばん屋の相続は、オリジナルの傑作短編を6作品収録した池井戸潤おすすめ小説です。銀行に勤める男たちの身におきる困難や悲哀をしっかりと描いており、短編でサクッと読めるのが魅力的でしょう。

 

池井戸潤さんファンはもちろんのこと、はじめて池井戸作品を読む人にもぴったりの短編小説といえます。

メディアミックスシリーズ
初出2011年

口コミを紹介

最近ではすっかり長編小説ばかりでどの作品も素晴らしいものばかりだ。しかしながら、この短編集は、それぞれ銀行員達が主役だが、舞台は銀行でなく家庭の問題だったりと非常に色鮮やかな作品である。

出典:https://www.amazon.co.jp

第17位

文藝春秋

シャイロックの子供たち

価格:388円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

銀行を舞台にした真相解明の池井戸潤おすすめ作品

シャイロックの子供たちは、東京第一銀行永原支店で現金紛失事件が起こることから物語がスタートする池井戸潤おすすめ作品です。女子行員のバッグから札束の帯封が発見されますが、女子行員は否定します。

 

そのあと、男子行員が失踪をし、多くの伏線をいくえにも張りめぐらせながら複雑に展開していくストーリーは圧巻です。

メディアミックス -シリーズ-
初出2008/11/10

口コミを紹介

今更ですが池井戸潤の真骨頂を読み解き 
その構成力リアリティそして勧善懲悪に感心感激しました
読後感は爽やかというより自分に置き換えて考えされられるものでした

出典:https://www.amazon.co.jp

第18位

講談社

鉄の骨

価格:666円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吉川英治新人賞を受賞した池井戸潤さんの作品

鉄の骨は、吉川英治新人賞を受賞した白熱の人間ドラマがおすすめの池井戸潤さんの作品です。中堅ゼネコンの若手社員である主人公が移動した先で談合がおこなわれていて、彼が立ち向かいます。

 

談合を推し進める会社と、もがきながら苦悩・葛藤するサラリーマンの描きかたは、非常にリアルで秀悦な作品に仕上がっているでしょう。

メディアミックス-シリーズ-
初出2011/11/15

口コミを紹介

知人に勧められて読みました。
関連業界で働いているので感情移入する場面もあり引きずりこまれて
一気に読んでしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第19位

講談社

仇敵

価格:649円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東都南銀行を舞台にした池井戸潤さんの作品

仇敵は、東都南銀行を舞台にした人生・正義の戦いが見ものの池井戸潤さんの作品です。弱小銀行の東都南銀行で庶民行員として働く主人公は、エリートでしたが不祥事の責任から退職しています。

 

行内の事件を解決に導く平穏な毎日の中で、退職のきっかけとなった仇敵が現れたときに人生と正義の闘いが始まるでしょう。

メディアミックス-シリーズ-
初出2006/1/15

口コミを紹介

面白いストーリー展開だったと思います。
恋窪さん、かっこいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第20位

KADOKAWA

民王

価格:704円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

首相と息子が入れ替わってしまう池井戸潤の作品

民王は、あることがきっかけで総理大臣である武藤泰山とその息子の人格が入れ替わってしまうといったストーリー展開になっています。首相と就活生という異なる立場ながら、お互いに悪戦苦闘する姿が感動を覚えるでしょう。

 

ちょっとファンタジー要素の強い作品ですが、政治家とマスコミ関係・政治家と癒着した企業など風刺したシーンが登場します。

メディアミックス-シリーズ-
初出 2019/10/24

口コミを紹介

奇想天外な話だけど、中身は現実的でそのギャップが面白いし,勉強にもなる。
政治屋と政治家,というワードがすごく印象に残っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

池井戸潤の名作小説のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5452135の画像

    ダイヤモンド社

  • 2
    アイテムID:5450629の画像

    講談社

  • 3
    アイテムID:5450635の画像

    講談社

  • 4
    アイテムID:5450632の画像

    講談社

  • 5
    アイテムID:5450669の画像

    小学館

  • 6
    アイテムID:5450672の画像

    文藝春秋

  • 7
    アイテムID:5450675の画像

    文藝春秋

  • 8
    アイテムID:5450678の画像

    文藝春秋

  • 9
    アイテムID:5450681の画像

    集英社

  • 10
    アイテムID:5450688の画像

    日経BP

  • 11
    アイテムID:5450691の画像

    徳間書店

  • 12
    アイテムID:5450694の画像

    講談社

  • 13
    アイテムID:5450697の画像

    講談社

  • 14
    アイテムID:5450700の画像

    ダイヤモンド社

  • 15
    アイテムID:5450704の画像

    小学館

  • 16
    アイテムID:5450707の画像

    文藝春秋

  • 17
    アイテムID:5450716の画像

    文藝春秋

  • 18
    アイテムID:5450719の画像

    講談社

  • 19
    アイテムID:5450722の画像

    講談社

  • 20
    アイテムID:5450725の画像

    KADOKAWA

  • 商品名
  • ロスジェネの逆襲
  • 空飛ぶタイヤ(下)
  • 空飛ぶタイヤ(上)
  • 半沢直樹 アルルカンと道化師
  • 下町ロケット
  • オレたちバブル入行組
  • 銀翼のイカロス
  • オレたち花のバブル組
  • 陸王
  • 七つの会議
  • アキラとあきら
  • ルーズヴェルト・ゲーム
  • 新装版 不祥事
  • ノーサイド・ゲーム
  • 下町ロケット ヤタガラス
  • かばん屋の相続
  • シャイロックの子供たち
  • 鉄の骨
  • 仇敵
  • 民王
  • 特徴
  • 半沢直樹の原作シリーズ第3弾の池井戸潤作品
  • 事故の原因究明に奮闘する池井戸潤のおすすめ作品
  • 事故の真相を暴く男を描いた池井戸潤のおすすめ作品
  • 半沢直樹シリーズ第5弾の池井戸潤おすすめ作品
  • 下町ロケットシリーズ第1作目の池井戸潤おすすめ作品
  • 半沢直樹の原作小説第1弾の池井戸潤おすすめ作品
  • 半沢直樹シリーズ第4段の池井戸潤おすすめ作品
  • 半沢直樹シリーズ第2弾の池井戸潤おすすめ作品
  • 老舗足袋業者が開発に挑む池井戸潤おすすめ作品
  • 隠された企業の闇を暴く池井戸潤おすすめ作品
  • ドラマ化をきっかけに文庫化された池井戸潤の作品
  • 野球部の存続に挑む池井戸潤おすすめ作品
  • ドラマ「花咲舞が黙ってない」の池井戸潤おすすめ作品
  • 大泉洋さんが主演したドラマの池井戸潤おすすめ作品
  • 下町ロケット ゴーストの続編として人気の池井戸潤おすすめ作品
  • 短編が6作品収録された池井戸潤おすすめ小説
  • 銀行を舞台にした真相解明の池井戸潤おすすめ作品
  • 吉川英治新人賞を受賞した池井戸潤さんの作品
  • 東都南銀行を舞台にした池井戸潤さんの作品
  • 首相と息子が入れ替わってしまう池井戸潤の作品
  • 価格
  • 693円(税込)
  • 448円(税込)
  • 130円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 792円(税込)
  • 1円(税込)
  • 836円(税込)
  • 88円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 792円(税込)
  • 1円(税込)
  • 1円(税込)
  • 111円(税込)
  • 1426円(税込)
  • 1485円(税込)
  • 188円(税込)
  • 388円(税込)
  • 666円(税込)
  • 649円(税込)
  • 704円(税込)
  • メディアミックス
  • 有(ドラマ「半沢直樹」)
  • 映画化(2018年)
  • ドラマ(半沢直樹)
  • ドラマ(下町ロケット)
  • 有(ドラマ「半沢直樹」)
  • 有(ドラマ「半沢直樹」)
  • 有(ドラマ「半沢直樹」)
  • ドラマ(陸王)
  • 有(ドラマ・映画「七つの会議」)
  • 有(ドラマ「アキラとあきら」)
  • 有(ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」)
  • 有(ドラマ「花咲舞が黙ってない」
  • 有(ドラマ「ノーサイド・ゲーム」)
  • 有(ドラマ「下町ロケット」)
  • -
  • -
  • -
  • -
  • シリーズ
  • 半沢直樹シリーズ第3弾
  • -
  • 半沢直樹シリーズ第5弾
  • 下町ロケット第一シリーズ
  • 半沢直樹シリーズ第1弾
  • 半沢直樹シリーズ第4弾
  • 半沢直樹シリーズ第2弾
  • -
  • -
  • 下町ロケットシリーズ第4弾
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 初出
  • 2012年
  • 2009/9/15
  • 2009/9/15
  • 2020年
  • 2013/12/21
  • 2004年
  • 2014年
  • 2008年
  • 2019/6/21
  • 2012年
  • 2017年
  • 2012年
  • 2004年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2011年
  • 2008/11/10
  • 2011/11/15
  • 2006/1/15
  • 2019/10/24

池井戸原作の映像作品がヒットする理由

池井戸潤さんの作品は、映画やドラマ化されたものが多いのが特徴です。池井戸潤さんの映像作品はヒットすることが多く、その理由について挙げてみましょう。

社会で働く身近なテーマ性

「働く」ことは多くの人が経験することであり、どんな形であれ、働くことをテーマにしている点が大きな共感を得ています。何よりも身近な存在である点が、映画やドラマ化された作品において視聴率など高い数字をたたき出すのです。

 

ちょっと現実からかけ離れた作品は、ユーモアがあって面白いものの現実離れしている点からあまり注目されない部分も多いでしょう。現実に近い存在でありながら、端的ではなくてそこに池井戸潤さんの表現力が加わって面白さを醸し出しています。

 

働くという普段の生活の中で感じることやストレスなど、池井戸潤さんの作品によって解消されることが多いのでしょう。

エンタメ性が強い

池井戸潤さんの作品がヒットするもう一つの理由は、エンタメ性が高いことです。自分の仕事を貫く主人公の姿に、多くの読者や視聴者が感動して感情移入しやすい点が、多くの視聴率とファンを作る理由といえるでしょう。

 

大逆転劇のときには、現実ならばうまくいかないことも多いはずです。しかし、リアリティとファンタジーのバランスがとれている作品だからこそ、池井戸作品に魅了される人が多いといえます。

 

社会における普段のうっぷんを、登場人物が代わって晴らしてくれるように思え、カタルシスを得られるのでしょう。

池井戸潤おすすめ作品を読破しよう

今回は、池井戸潤おすすめ作品の選び方や人気おすすめランキング20選、さらに池井戸原作の映像作品がヒットする理由について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。映画やドラマとは違った原作本の魅力に迫ってみましょう。

TOPへ