ペグハンマー人気おすすめランキング11選【初心者にも優しくてコスパ抜群!】

記事ID142799のサムネイル画像

キャンプなどアウトドアでテントを張るときにおすすめなのが、ペグハンマーです。失敗せずに探すには、コスパやブランド(スノーピーク・ユニフレーム)などで選ぶとよいでしょう。今回は、ペグハンマーの選び方や人気おすすめランキング、ペグやケースについて紹介します。

ペグハンマーを使ってテント設営を楽にしよう!

今人気のあるソロキャンプなど、テントを張るのに便利なペグハンマーですが、ホームセンターなどで安いのを購入すると、すぐに壊れたり重くて使いづらいなど不具合が出てしまうこともありますよね。

 

数多くあるペグハンマーから適したものを選ぶことで、耐久性が高く、長く愛用できるのがメリットです。ペグを打ちつけるアイテムとして注目されていますが、じつはペグを「抜く」機能もついています。

 

ペグハンマーを1本もっているだけで、キャンプテントが簡単に打ち抜き可能です。今回は、ペグハンマーの選び方や人気おすすめランキング11選について「素材」・「ペグ抜きの形」・「重量」・「ブランド」・「ペグ抜きの有無や形状」をもとにランキングを作成しました。

ペグハンマーの選び方

ペグハンマーは種類が豊富に揃っており、素材や形などピグや用途に合わせて選ぶ必要があります。そこで、素材・形・使いやすさ・ブランドなど、失敗しないペグハンマーの選び方を紹介しましょう。

まずはヘッドの素材で選ぶ

ペグハンマーには、ヘッド部分の材質が異なり、素材によって耐久度などから用途が違ってくるでしょう。おもに金属製のものとそうではないものの2種類に分かれるため、それぞれの特徴について挙げてみます。

コスパ重視ならプラスチック・ゴム製の商品

プラスチックやゴム製のペグハンマーは、おもに購入したテントの付属品となっていることが多いでしょう。とにかく価格が安くて、コスパを重視して購入したいのであればプラスチックやゴム製のペグハンマーを探してみてください。

 

しかし、軽くて持ち運びがしやすい反面、重みがないことで打ちつけが甘くて何度も打たなければいけません。また、耐久性にも欠けて、数回使っただけでヘッドが壊れたりボロボロになってしまうこともあるでしょう。

 

長く使う目的には適していませんが、とりあえず使いたい・できるだけコスパを重視したい人にぴったりです。たとえば険しい山登りで、できるだけ持ち物を軽くしたい場合に適したペグハンマーといえるでしょう。

耐久性重視なら金属製の商品

金属製のペグハンマーは重みがあり、数回打ちつけるだけでしっかりとテントを張ることができます。あまり力をかけずに打ちこむことができるうえ、耐久性においても万全で長く愛用できるでしょう。

 

スチールや銅などの素材を使いますが、スチール製のペグハンマーは、ペグを打ちこむ衝撃が手に伝わってくるため、手が痛くなる場合もあって注意が必要です。一方、銅製のペグハンマーは、衝撃を緩和して手を傷めることがありません。

 

銅製のペグハンマーはヘッドが劣化すると交換が必要ですが、年に数回のキャンプであればほとんど問題はないでしょう。また、真鍮製のペグハンマーも、衝撃なども和らげてくれるため、手が痛くなりにくいのが特徴です。

汎用性を考えてペグ抜きの形を選ぶ

ペグハンマーは、おもに「ホール型」「くちばしフック型」に分かれ、それぞれ特徴が異なります。ホール型のペグハンマーは、色んなタイプのペグに対応しており、とてもメジャーなタイプでとくに初心者に愛用されている形状でしょう。

 

今もっているテントのペグの形がどんなタイプか分からないときは、凡庸性が高い「ホール型」で選んでください。一方「くちばしフック型」は、ペグの穴にフックを通して引き抜く形状のハンマーです。

 

しっかりと力を加えることができるため、風などで飛ばされないようにがっちり固定されたペグも簡単に抜くことができるでしょう。ホールのついたペグとの相性がよく、選ぶときはホールつきで探してみてください。

携帯性と使いやすさを考えて重量で選ぶ

キャンプなどアウトドアで使うことが多いペグハンマーは、できるだけ軽くて持ち運びしやすいなど、携帯性や使いやすさが重視されます。そのため、重量においても十分に考慮してから選びましょう。

軽量なら初心者も扱いやすい

ペグハンマーは、ペグを打ちこむアイテムとして、できるだけ重さがあるタイプがベストです。重さによって打ちこむ回数が減って負担を軽減できますが、女性や高齢者にとっては重さが負担になってしまうでしょう。

 

基本は500gから600gが理想ですが、初心者や女性・高齢者の場合は、300g以下の軽い製品であれば持ち運びがしやすいです。しかし、その分、設置に力が必要になるということを頭に入れておいてください。

 

また、重量においては感じ方が人それぞれ異なるため、購入する前にホームセンターなどの店舗で確認しておきましょう。実際に手にとって重さを確認して、これならば長く使っても手が疲れないことをチェックしてから、改めて選ぶようにすることがポイントです。

安全面を考えてストラップつきがおすすめ

何度もペグハンマーを使っていると、力の反動で手からハンマーが抜けてしまうこともあるでしょう。飛んでいったペグハンマーが人に当たってしまうなど、とても危険なため、手から離れないようにしなければいけません。

 

また、移動中のときに手から滑ってペグハンマーが落ちてしまわないように、固定させる必要があります。そこでおすすめなのが、ペグハンマー用のストラップであり、手にしっかりと固定させることですり抜けることもないでしょう。

 

それに、移動中に手にもってハンマーを運ぶよりもストラップでもったほうが運びやすいです。キャンプなどアウトドアでの生活は意外とハードなため、とくに移動中のことなどを考慮して持ち運びのよさから選ぶようにしてください。

ブランドで選ぶ

ペグハンマーは、色んなメーカーやブランド(スノーピーク・ユニフレーム・ロゴス・コールマン・エムエスアール)から販売されています。機能性やデザイン性など異なり、用途や自分の好みで選ぶとよいでしょう。

デザインと信頼性の高い「スノーピーク」

国産ブランドとして注目されているスノーピークは、ハイスペックな製品の開発・販売をおこなっています。創業者自身が登山家でもあり、自分の経験などから何度も研究開発されたおすすめの登山用品です。

 

デザイン性と信頼性の高さにおいて高い評価を受けており、現在では新潟燕三条の職人技を活かして色んなアウトドア用品を手掛けています。高い信頼をもっているからこそ、ペグハンマーもこだわりをもって作られているわけです。

 

熱心なファンが多いことからも、ランキングや口コミでも高い評価を受けているのが特徴といえるでしょう。国産ブランドにこだわっている人は、上質な製品として人気の高いスノーピークをチェックしてみてください。

機能性に特化した「ユニフレーム」

ちょっとごつい形状でインパクトがあって特徴的なのが、ユニフレーム・ブランドです。中でもペグハンマーは多機能で高品質なのが特徴的であり、ペグ打ちだけでなくペグ抜き性能などにも定評があります

 

1つの道具ですべての作業を終えたい人や、風が強くてペグを地面に強く固定したい人にぴったりのペグハンマーが揃っているのが特徴です。ちょっとごつくてスタイリッシュなデザインが好きな人にぴったりでしょう。

 

シンプルなモノクロカラーは、どんなアウトドアシーンにもマッチし、違和感をもつことがありません。ユニフレームのペグハンマーは、グリップも握りやすい波型形状をしているタイプが多く、しっかりと固定・ピグ抜きをしたい人にぴったりです。

 

コスパ力が高い「ロゴス」

熱いファンが多く、コスパ力の高さからAmazonなどでも人気があるアウトドア製品ブランドです。「水辺5メートルから標高800メートルまで」がブランドポリシーであり、BBQ関連用品・テント・タープなど幅広いラインナップを誇っています。

 

また、使い勝手のよさなど機能性も十分に考慮しているのに、デザインがとてもキュートという点からも魅力的といえるでしょう。つねにアイデアあふれる製品は初心者だけでなく、プロキャンパーからも注目されています。

 

ほかの人と差をつけたい人や個性を大事にしたい人は、ぜひ、キャンプ用品をはじめ、ペグハンマーにこだわってみましょう。オレンジカラーなど鮮やかな色を使ったデザインは、目立ちやすく、探しやすいのも特徴です。

アメリカのアウトドアブランド「コールマン」

コールマンは、アウトドア界において欠かせない存在である、アメリカで人気の高いアウトドアブランドです。「あそび」をテーマにしたブランドとして注目されており、豊富なキャンプ用品が揃っているのが特徴でしょう。

 

また、海外だけでなく日本人ユーザーに最適な製品開発にも重視していて、日本のアウトドアレジャーにも多くの影響を与えています。上級のキャンパーだけでなく、キャンプ初心者にもぴったりのアウトドア製品が揃っていておすすめです。

 

デザイン性もシンプルながらとてもおしゃれで、キャンプなどアウトドアでも注目されること間違いがありません。親子キャンプでも、子供と一緒にテント張りを楽しむことができるでしょう。

安全性・信頼性にこだわっている「エムエスアール」

エムエスアールは、安全性と信頼性の研究のために設立された、アメリカの登山用品メーカーです。アウトドアの定番であるテント・タープから大型シェルター・ガソリンストーブ・スノーシュー・浄水器まで幅広く展開しています。

 

MSRとは、マウンテンセーフティリサーチの略で、まさに機能性・安全性にこだわっている点が魅力的でしょう。アメリカだけでなく世界中の冒険家や登山家に愛されるエムエスアールは、機能性の高さとともにデザイン性にもこだわっています。

 

ちょっとスタイリッシュなデザインを探している人は、ぜひ、一度エムエスアールのアウトドア用品を試してみてください。一見するとペグハンマーには見えないデザイン性に、ウットリすること間違いがありません。

ペグ抜きの有無・形状で選ぶ

アウトドアのキャンプなどで使うペグを抜くためのペグハンマーですが、中にはペグを打ちつけるだけに特化したタイプもあります。そのため、ペグ抜きができるかできないかも選ぶときの重要なポイントといえるでしょう。

 

ペグハンマーを購入するときはペグ抜きの有無についてもしっかりとチェックしてから選ぶと、失敗がありません。ペグ抜きがついていないタイプは、その分、価格が安くて購入しやすいですが、初心者には不向きです。

 

片付けがスムーズに済むように、価格などもチェックしたうえで、ペグ抜きがあるタイプで探してみましょう。購入したあとでペグ抜きがついていないことがないように、ペグハンマーを買うときは事前にチェックが必要です。

ペグハンマーの人気おすすめランキング11選

1位

エムエスアール(MSR)

ステイクハンマー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ステンレス製のスタイリッシュなペグハンマー

ステンレス製のスタイリッシュなデザインが人気の、MSRのペグハンマーです。ヘッド部分が平らな状態になっているため、使わないときは地面に立てて置くことができ、草むらに置いても見失うことがありません。

 

また、後部がくぎ抜きのような形状をしていて、固定されたペグを引き抜くときに役立ちます。おしゃれな形状だけでなく、軽くて使いやすい点からも考慮している人にぴったりの商品です。

素材 ステンレス 重量 0.7ポンド
ペグ抜き サイズ 28.5cm

口コミを紹介

レビューでは見栄えの良さが多く取り上げられていますが、MSRのジュラペグが普段使いの私には、実用性からみて、こちらのほうが何枚も上手です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Jekeno

ペグハンマー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

多機能タイプのおすすめペグハンマー

多機能タイプで、色んな用途に使えるため、利便性が広がるおすすめペグハンマーです。ヘッドの片側がスコップのような形状になっており、土壌を掘りだすことができるのが最大の特徴といえるでしょう。

 

また、穴の部分はペグを抜くことができ、テントを張ったあとの片付けにも非常に便利なアイテムです。ガンコで滑りやすいペグも、ハンドルフックによって簡単に外すことができて、まさに画期的な工具といえます。

素材 高炭素鋼 重量 約380g
ペグ抜き サイズ 30.5×11cm

口コミを紹介

配色もよく、ケースもついてきて、思ったよりいい買い物ができました。早速バグうちに使いましたが、十分な代物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

YOGOTO

ペグハンマー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

木製タイプのおすすめペグハンマー

長時間ハンマーを握ることで感じる疲労を、持ち手にこだわって作ったことで軽減できるおすすめペグハンマーです。木製の持ち手は、衝撃のときに緩和をして腕の疲労を和らげることができます

 

また、一括収納ケースが付属されていることで、キャンプグッズなどを一緒にまとめて持ち運べて便利です。キャンプを計画中だけど、荷物が多いのは困る人におすすめのペグハンマーとして人気があります。

素材 スチール 重量
ペグ抜き サイズ 30x11.5x3.5cm

口コミを紹介

ハンマー部分のがっしりした作りに木の質感がとても良いなと感じました。ずっしりくる重量感があります。そのためペグは打ち込みやすいです。引き抜きも楽々できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

スノーピーク(snow peak)

ペグハンマー PRO.S N-002

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

スノーピークのおすすめペグハンマー

アウトドアブランドとして人気の高いスノーピークが、自信をもって紹介しているおすすめペグハンマーです。ストラップがついているため、手首にかけてしっかりと柄をにぎることができます。

 

そのため、強い力が加わって硬い地面でもペグを打つことができるでしょう。ペグの穴に差しこんで引き抜けるくちばしフックで、多種多様なペグに対応しているところも魅力的なポイントです。

素材 スチール 重量 650g
ペグ抜き サイズ 3.5×12×29cm

口コミを紹介

この品でも十分な性能です。
適度な重さと強度。ソリステを扱うなら必須ですね。
何気に安全用のストラップがカッコ良かったり。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

コールマン(Coleman)

ペグハンマー 170TA0088

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コスパにこだわったおすすめペグハンマー

できるだけコスパにこだわってペグハンマーを探している人にぴったりの、おすすめペグハンマーです。リーズナブルな価格ながら、ヘッドの耐久性が高いスチールを採用しているのがポイントといえるでしょう。

 

また、重さが約560gあることで、芝生や砂地以外にも硬い地面に打ちこみやすいのが特徴的です。ホール型ペグ抜きで、色んな形状のピグに対応していることから、幅広く使えて便利なアイテムとして人気があります。

素材 スチール 重量 約560g
ペグ抜き サイズ 約8×30(h)cm

口コミを紹介

どんな素材のペグを打つのもとても簡単です。
テントに付属のプラスティックのハンマーとは比べものになりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ロゴス(LOGOS)

パワーペグハンマー 71996513

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

パワフルなおすすめペグハンマー

パワフルにペグを打ちつけることができるため、しっかりと地面に固定させたい人にぴったりのペグハンマーです。どんな風がきても頑丈で、グリップ部分は握りやすいように波状になっているのが特徴といえるでしょう。

 

また、樹脂製の素材はとても軽くて、女性や高齢者でも使いやすいのが特徴です。使いやすくてペグを打ちこみやすいタイプを探している人は、ロゴスのペグハンマーを探してみましょう。

素材 重量 約680g
ペグ抜き サイズ 11.5×30.5cm

口コミを紹介

女の私でもしっかりとペグを打ち込むことができます。
ただ持っただけの時にはズッシリと重さだけが響きますが、いざペグを打ち込み始めるとその重量感が良い仕事をしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

kalili

ペグハンマー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安全ロープつきのおすすめペグハンマー

スチール製のペグハンマーは、とても軽くて持ち運びしやすく、スタイリッシュなデザインが人気です。また、ハンドル部分に安全ロープがついており、力をいれてもハンマーが飛び跳ねる心配もありません

 

耐久性においては、ヘッド部分に塗装がされていることでサビにも強くて頑丈なところが魅力的でしょう。安全面と使いやすさが女性受けしている、ランキングや口コミでも注目度が高いペグハンマーです。

素材 スチール 重量
ペグ抜き サイズ 32.5×11cm

口コミを紹介

作りはしっかりして、軽くて使い安いです、きつく刺さったペグを抜くために、柄のほうがフックに成ってるのも、良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

蛍の光コンビニ

ZMAYA STAR テント用ハンマー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

重さが600gあるずっしりしたペグハンマー

重さが約600gあるため、ずっしりと力をかけずにラクにペグ打ちができる金属ヘッドのペグハンマーです。硬い地面にペグを打ちつけるときに大活躍をするアイテムとして、ランキングや口コミでも注目されています。

 

グリップはゴム製で滑りにくく、使っているときにスッポリ抜けることがないように安全ストラップもついていて便利です。価格も千円以下というリーズナブルで、はじめて使う人にとっても重宝します。

素材 金属 重量 約600g
ペグ抜き サイズ 約11×30.5×3.5cm

口コミを紹介

巻き割りに使えますよ。
たたき割るってより、薪にオノを突き立ててから、そのまま『トントン』と薪ごとコツコツやると割れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

エリッゼ(ELLISSE)

ペグハンマー St.Martelo

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

村の鍛冶屋が手掛けたペグハンマー

新潟県三条市の「村の鍛冶屋」が手掛けたペグハンマーです。ヘッドの打撃部にはステンレスと真鍮の2種類をラインナップしており、それぞれ適度な強度があるため、長く愛用することができるでしょう。

 

また、ステンレス製は錆びにくく、真鍮製は時間の経過とともに黒ずんでいく変化を楽しむことができます。銅Cuと亜鉛Znの合金であり、適度な強度でこちらも長く使う目的で選べて便利です。

素材 SK55C(焼入れ) 重量 約550g
ペグ抜き サイズ 約303×102×35mm

口コミを紹介

操作及び必要とする機能性は満足しています。
サイズや色は記載の通りであり、同梱の
説明書も日本語表記で解りやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ユニフレーム(UNIFLAME)

REVOハンマー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

機能性に富んだペグハンマー

REVOハンマーは、ペグを打つ・抜く以外にも機能性に富んでいるおすすめペグハンマーです。グリップには滑りにくいEPDMゴムを採用しており、打ち込みやすい太さ・形状・バランスにこだわって作られています。

 

グリップエンドをカギ型にしたことで、振りあげのときにスッポリ抜けることがありません。ストラップを手首にかける煩わしさから解消され、ごっついデザインはスタイリッシュでアウトドアにぴったりです。

素材 ヘッド:炭素鋼(鍛造ヘッド)/柄:ステンレス鋼/ハンドル:EPDMゴム 重量 約700g
ペグ抜き サイズ 約295×130×30mm

口コミを紹介

価格が少し張ってしまうコト以外は◯。
某フェスにて使用。

今まで安ハンマーを使ってましたが、
打ちやすさと抜きやすさは格別です。。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ogawa(オガワ)

アイアンハンマー 3116

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

アウトドアに馴染みやすいシンプルなペグハンマー

アイアンハンマー 3116は、ペグを打つ・抜くの基本的機能を搭載したシンプルなペグハンマーです。アウトドアの雰囲気に馴染みやすい露骨なデザインがおすすめポイントであり、重さも十分にあってしっかりと打つことができるでしょう。

 

固定ベルトはついていませんが、グリップにゴムを採用しているため、滑りにくく安全性は良好です。黒一色で土などがついても汚れが目立ちにクック、価格も比較的安いとあって口コミでも人気があります。

素材 ヘッド部:スチール/グリップ:ゴム 重量 約550g
ペグ抜き サイズ 長さ27cm/ヘッド部:径3.5x10cm

口コミを紹介

値段もお手頃で、オールブラックな見た目もクールで良し!
次があればまたこちらを購入すると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペグハンマーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 重量 ペグ抜き サイズ
1
アイテムID:5449109の画像
ステイクハンマー 4,620円

詳細を見る

ステンレス製のスタイリッシュなペグハンマー

ステンレス 0.7ポンド 28.5cm
2
アイテムID:5449115の画像
ペグハンマー 1,699円

詳細を見る

多機能タイプのおすすめペグハンマー

高炭素鋼 約380g 30.5×11cm
3
アイテムID:5449121の画像
ペグハンマー 1,980円

詳細を見る

木製タイプのおすすめペグハンマー

スチール 30x11.5x3.5cm
4
アイテムID:5449170の画像
ペグハンマー PRO.S N-002 4,290円

詳細を見る

スノーピークのおすすめペグハンマー

スチール 650g 3.5×12×29cm
5
アイテムID:5449112の画像
ペグハンマー 170TA0088 1,980円

詳細を見る

コスパにこだわったおすすめペグハンマー

スチール 約560g 約8×30(h)cm
6
アイテムID:5449118の画像
パワーペグハンマー 71996513 4,900円

詳細を見る

パワフルなおすすめペグハンマー

約680g 11.5×30.5cm
7
アイテムID:5449125の画像
ペグハンマー 1,570円

詳細を見る

安全ロープつきのおすすめペグハンマー

スチール 32.5×11cm
8
アイテムID:5449167の画像
ZMAYA STAR テント用ハンマー 1,630円

詳細を見る

重さが600gあるずっしりしたペグハンマー

金属 約600g 約11×30.5×3.5cm
9
アイテムID:5449303の画像
ペグハンマー St.Martelo 5,720円

詳細を見る

村の鍛冶屋が手掛けたペグハンマー

SK55C(焼入れ) 約550g 約303×102×35mm
10
アイテムID:5449608の画像
REVOハンマー 5,000円

詳細を見る

機能性に富んだペグハンマー

ヘッド:炭素鋼(鍛造ヘッド)/柄:ステンレス鋼/ハンドル:EPDMゴム 約700g 約295×130×30mm
11
アイテムID:5449605の画像
アイアンハンマー 3116 2,420円

詳細を見る

アウトドアに馴染みやすいシンプルなペグハンマー

ヘッド部:スチール/グリップ:ゴム 約550g 長さ27cm/ヘッド部:径3.5x10cm

ペグ選びも重要

いくら頑丈で使い勝手がよいペグハンマーを選んでも、ペグ自体の品質が悪ければ意味がありません。テントをしっかりと支えることができず、強風で倒れてしまう可能性も考えられるでしょう。

 

ペグハンマーを選ぶときは、ペグとの相性も十分に考えたうえで強度の高いペグ選びにも重点を置いてください。はじめてでどれがいいのか分からない場合は、ペグとペグハンマーがセットになっているタイプで探してみましょう。

ペグとハンマーをまとめられるケースも選ぼう

お気にいりのペグとペグハンマーが揃ったら、移動のときに便利なケースも揃えましょう。ペグとペグハンマーをセットで収納できれば、忘れものをしにくい点でも選んで損はないはずです。

 

ペグハンマーによっては専用ケースが別売されていることもあるため、チェックしてみてください。ただし、グリップの素材とケースの素材の相性などもあり、素材同士が反応を起こしてベタベタにならないように、購入前に確認しましょう。

アウトドアでペグハンマーを使いこなそう

今回は、ペグハンマーの選び方や人気おすすめランキング11選、さらにペグハンマーがなかったときのおすすめ代用品」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。キャンプなどアウトドアでテントを張るなら、使い勝手のよいペグハンマーを探してみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

スノーピークテントおすすめ人気ランキング25選【ソロや2ルームも】

スノーピークテントおすすめ人気ランキング25選【ソロや2ルームも】

スポーツ・アウトドア
安い!レディース傘のおすすめ人気ランキング25選【コスパが良くて丈夫】

安い!レディース傘のおすすめ人気ランキング25選【コスパが良くて丈夫】

生活雑貨・日用品
おしゃれ!スマホケースのおすすめ人気ランキング25選【ブランドも】

おしゃれ!スマホケースのおすすめ人気ランキング25選【ブランドも】

生活雑貨・日用品
便利!バターケースのおすすめ人気ランキング20選【人気のガラス製も】

便利!バターケースのおすすめ人気ランキング20選【人気のガラス製も】

キッチン用品
かわいい!レディース腕時計のおすすめ人気ランキング25選【海外ブランドも】

かわいい!レディース腕時計のおすすめ人気ランキング25選【海外ブランドも】

腕時計・アクセサリー
かわいい!メイクボックスのおすすめ人気ランキング20選【プチプラ】

かわいい!メイクボックスのおすすめ人気ランキング20選【プチプラ】

ビューティー・ヘルスケア

アクセスランキング

ペグハンマー人気おすすめランキング11選【初心者にも優しくてコスパ抜群!】のサムネイル画像

ペグハンマー人気おすすめランキング11選【初心者にも優しくてコスパ抜群!】

アウトドア