記事ID142732のサムネイル画像

口内を清浄化!口腔洗浄器の人気おすすめランキング15選【口臭対策】

水流と空気の力で、口臭の原因となる臭い玉や歯周病を予防できる道具として、2chやブログで「口腔洗浄器」が注目されています。パナソニックのドルツやアイリスオーヤマなど、さまざまな種類が展開されているなかでも、今回はおすすめの口腔洗浄器をランキングで紹介します。

口腔洗浄器で隠れた汚れもすっきり!

「口内」は毎日こまめなケアが必要な場所であることから、毎日歯ブラシなどで口腔ケアを行っているという方も多いのではないでしょうか。

 

実は、歯の隙間や矯正器具の内側などといった場所には、歯ブラシやデンタルフロスでは落としきれない汚れが残っている場合があるのです。汚れが残っていると、口臭歯周病などといった口内トラブルの原因になることから「口腔洗浄器」でのケアが大切になります。

 

空気や水圧を利用して、歯ブラシでは届きにくい場所の汚れを手軽に除去できる「口腔洗浄器」について、今回は選び方とおすすめのモデルについて紹介します。口腔洗浄器のお手入れ方法についてもまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

口腔洗浄器の選び方

見た目では違いが分かりにくい「口腔洗浄器」ですが、実はモデルによって、使いやすい使用スタイル・コスパが異なっているのです。ここでは、初めて口腔洗浄器を購入する方に知っておいてほしい、口腔洗浄器の選び方を紹介していきます。

種類で選ぶ

口腔洗浄器には、大きく分けて「据え置きタイプ」と「ハンディタイプ」の2種類が展開されています。種類によって実際の使用感や効果・コスパが異なってくるため、種類ごとの特徴や注意点を押さえておくことで、より自分に合う口腔洗浄器を見つけやすくなります。

長く使いたいなら「据え置きタイプ」

口腔洗浄器のなかでも歴史が古く、豊富なモデルバリエーションが用意されているのが「据え置きタイプ」と呼ばれる種類です。

 

大型タンクを搭載しているのが特徴であり、一度に大量の水を使えるため、長時間での使用・パワフルな水圧でのケアができる点が特徴といえます。また、構造がシンプルな傾向にあるため、故障しにくく「好きなモデルを長く使い続けたい」という方におすすめです。

 

その反面、パワフルな使用感を実現するために、モーターなどの騒音が使用中に目立ってしまう・設置スペースが必要となるなどといった点がデメリットです。旅行先・外出中での使用には不向きであるといえます。

手軽さを重視するなら「ハンディタイプ」

据え置きタイプに次いで登場したのが「ハンディタイプ」と呼ばれる種類の口腔洗浄器です。本体や搭載されているタンクなどがコンパクトサイズである点が特徴といえます。

 

場所を選ばずに使えるうえ、ポーチなどにもすっぽり入る構造であることから、旅行先や外出先でも手軽にケアができる点が魅力といえます。デザイン性についても、外でも使えるようなスタイリッシュなデザインが多いため、プレゼントとしても人気です。

 

その反面、使用時には定期的に充電や電池の入れ替えが必要となるうえ、据え置きタイプに比べてパワーが弱い傾向にある点がデメリットといえます。「歯茎に優しい口腔洗浄器を使いたい」という方におすすめの種類です。

水流方式で選ぶ

口腔洗浄器には、モデルによってさまざまな水流方式が採用されています。水流方式によって、実際の使用感や強さ、得意とする洗浄場所が少しずつ異なっているため、自分の口内環境や好みの使用感に合わせて選ぶようにしましょう。

高圧洗浄をするなら「ジェット水流」

数多くのモデルに搭載されている水流方式であり、口腔洗浄器の定番スタイルといえるのが「ジェット水流」です。ノズルからパワフルな水流を放出し、水圧で歯の隙間や歯茎の汚れ・口内に付着した臭い玉などを洗浄するスタイルとなっています。

 

モデルによっては、ジェット水流を活用した「叩きもみ洗浄」を取り入れたものも多く、歯にこびりついた汚れも、効果的に洗浄できる点も魅力です。バブル水流よりも洗浄力が高い傾向があり、歯周ポケットのケアにも使いやすい点も注目すべきポイントといえます。

 

その反面、ジェット水流の強さによっては、歯茎を傷付けてしまう場合もあるため、長時間の使用には注意しましょう。歯・歯茎の細かい汚れが気になる方はもちろん「すっきりとした使用感のモデルが良い」という方におすすめの水流方式です。

優しい使用感が良いなら「バブル水流」

歯・歯茎へのダメージが気になる方におすすめなのが「バブル水流」です。水流に空気を取り込むことで、微細な泡を含んだ水流を放出している点が特徴といえます。

 

水圧はジェット水流に比べて弱めになっていますが、デリケートな歯・歯茎のケアはもちろん、歯ブラスやデンタルフロスなどでは磨き残しが起こりやすい歯周ポケットも効果的に優しくケアできる点は注目すべきポイントです。

 

心地良い使用感・歯茎への当たり感も特徴的であるため「口腔洗浄器の強い刺激が苦手」という方におすすめできます。

タンクの容量で選ぶ

口腔洗浄器は、使用可能時間・水流の強さに合わせてさまざまな容量のタンクが搭載されています。タンクの容量によってコスパも違ってくるため、自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

長時間の使用をするなら「600ml以上」

口腔洗浄器に搭載されているタンクのなかでも、最大級のものが「600ml以上」です。強い水圧を実現できるモデルに搭載されている傾向にあり、一度の給水で長時間使用・連続使用ができる点が魅力といえます。

 

その反面、タンクの容量が多ければ多いほど、価格が高くなる傾向にあるため、頻繁に口腔洗浄器を使わないという方には、コスパが悪く感じる場合もあります。「細かい汚れもとことん落としたい」という方や「すっきりとした使用感が好き」という方におすすめです。

一人暮らしには「200ml程度」がおすすめ

マイルドな使用感が好きな方・コスパを重視したい方におすすめなのが「200ml程度」のタンクを採用している口腔洗浄器です。

 

ハンディタイプをはじめとした、コンパクトモデルに多く採用されているタンクです。一回で使える水の量は少なめですが、水圧が優しいうえ、価格帯も全体的にリーズナブルであるため、手軽に口腔ケアをしたい方や一人暮らしの方におすすめできます。

使用感にこだわるなら「水圧調整機能」を要チェック!

モデルによって実現できる水圧には違いがありますが、なかには「水圧調整機能」を搭載しているものも多く展開しています。調整可能な水圧のレベルは機種によって幅があるため、購入前にはしっかりチェックしておきましょう。

 

使用者の好みの使用感・口内環境に合わせて、さまざまな水圧を使い分けられるため、幼い子供や高齢者が使う場合は弱めに、口内のベタつき・しつこい歯垢が気になる場合は強めに設定するのも良いでしょう。

 

家族で1つの口腔洗浄器をシェアする場合や「細かい汚れもしっかり落したい」という方におすすめの機能です。

付属しているノズルの種類・数もチェックしよう!

口腔洗浄器には様々なノズルパーツが搭載されているモデルが多いため、自分のスタイルに合わせて使えるノズルがセットになっているかどうかもチェックしましょう。

強めの水圧でケアしたいなら「ジェットウォッシャー」

強めの水圧で手早く口腔ケアをしたい時におすすめなのが「ジェットウォッシャー」と呼ばれる先端が細長いタイプのノズルパーツです。ジェット水流方式を採用している口腔洗浄器の多くに採用されているパーツでもあります。

 

口の中全体を万遍なくクリーニングする時に便利なパーツであり、モデルによっては歯周ポケットの掃除にも対応できるように、先が少し尖っている形のものも存在しています。初めて口腔洗浄器を使う方におすすめのパーツです。

口臭・臭い玉の予防なら「舌クリーナーノズル」

口腔ケアにおいて、忘れられがちな「舌」のクリーニングに特化しているノズルパーツが「舌クリーナーノズル」です。

 

舌には、溜まった食べカスや細菌などによって「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる汚れが付着するとされており、この舌苔が口臭の原因にもなってしまう場合があるのです。

 

口腔洗浄器に搭載されている舌クリーナーノズルでは、フック状になったプレートで舌の表面に付着した細菌を掻き出して洗浄してくれるため、口臭や臭い玉の発生を防げるとされています。

ノズル交換が可能なモデルも便利

「口内の汚れ具合に合わせてケアをしたい」という方は、ノズル交換ができるモデルもおすすめです。口腔洗浄器のなかには、1つの本体に複数のノズルパーツがセットになっているものも少なくありません。

 

ジェットウォッシャーや舌クリーナーをはじめとした、さまざまなパーツが用意されているモデルが多く、自分がケアしたい場所に合わせて使い分けられるようになっています。

 

パーツの取り替えは、本体に搭載されているボタン1つで変更できるものがほとんどであるため、コスパを重視したい方はもちろん、初めて口腔洗浄器を使う方にもおすすめです。

メーカーやブランドから選ぶ

口腔洗浄器は、国内外のさまざまなメーカーから展開されています。メーカーごとに力を入れている点が異なっているため、初めて口腔洗浄器を使うという方は、人気のメーカー・ブランドの特徴を知ってから選ぶのも良いでしょう。

パナソニック

日本国内でも屈指の人気を誇っている家電メーカーの1つである「パナソニック」では、電動歯ブラシや口腔洗浄器などといったオーラルケア分野にもこだわっています。特に口腔洗浄器においては「ドルツ」シリーズをはじめとしたブランドが人気です。

 

口腔洗浄器に用いられる一般的な水流方式である「ジェット方式」と「バブル方式」に加え、歯の表面の汚れを剥して飛ばすという、ブランドの独自技術「超音波水流」を採用しているのも、パナソニックならではの魅力といえます。

 

据え置きタイプ・ハンディタイプの両方を万遍なく展開しているため、初めて口腔洗浄器を使うという方にもおすすめのメーカーです。

フィリップス

オランダ発の「フィリップス」は、ヘルスケア・医療関連機器を中心に展開している、世界でも人気のメーカーです。電動ハブラシや口腔洗浄器をはじめ、スピーディーで高い洗浄力にこだわられている点が魅力といえます。

 

代表的なブランドが「ソニッケアー エアーフロス」シリーズであり、歯間の汚れを徹底的に洗浄することをコンセプトに、ワイドなノズルパーツ歯のエナメル質や歯茎に優しい水流を実現しています。「忙しくてなかなか口腔ケアができない」という方におすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ

コスパの良い家電製品・生活用品を数多く展開していることでも人気の「アイリスオーヤマ」からも、実は口腔洗浄器が販売されています。

 

据え置きタイプの1種類のみと、他のメーカーに比べると種類がかなり少ないですが、価格の安さはもちろん、豊富な交換用ノズルパーツがセットになっている点が魅力的です。水流も強めに作られているため「手軽に口腔ケアをしたい」という方におすすめできます。

【据え置きタイプ】口腔洗浄器の人気おすすめランキング7選!

第7位

MEETS

NEW ハイドロフロス

価格:13,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歯科医師推奨の人気モデル

シリーズ累計15万台を突破するほどの高い人気を集めているモデルです。内蔵した永久磁石を活用した「デンタルウォータージェット水流」により、歯ブラシやデンタルフロスでは落とせなかった汚れ・食べカスもすっきり除去できる点が魅力といえます。

 

ボタン1つで簡単に操作できるうえ、予備のノズルパーツ3つがセットになっているため、家族でシェアしたい場合や、初めて口腔洗浄器を購入する方にもおすすめのモデルです。

本体サイズ24.59×15.09×13.59cm重量1.31kg

口コミを紹介

歯磨きやフロスなどで取れにくい歯の間の汚れがどんどん取れて気持ちがよい。予備のアタッチメントが3個ついているので、余分なアタッチメントを購入しなくてよい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Atmoko

ジェットウォッシャー 電動歯ブラシ 2in1セット

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジェットと歯ブラシを兼用したモデル

従来のジェットウォッシャーに電動歯ブラシを追加したことにより、さまざまなスタイルの口腔ケアを実現したモデルとなっています。使用感に合わせて使える5つのブラッシングモードを搭載しており、超高速の音波振動・低ノイズによる強力な洗浄力が魅力的です。

 

本体はIPX7防水仕様になっており、お風呂での使用はもちろん、使用後は水洗いでのお手入れもできる点も注目すべきポイントです。30秒ごとに一時停止する「オートタイマー機能」も搭載されているため「手軽に口腔ケアをしたい」という方におすすめできます。

本体サイズ22.59×16.39×13.79cm重量1.09kg

口コミを紹介

今までは電動で磨き残しがあるのをプラウトで磨いてましたがコチラはバッチリ一度で磨けました。ジェットウォッシャーも丁度いい水圧で良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

フィリップス

ソニッケアー エアーフロス ウルトラ HX8632/01

価格:9,576円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歯のエナメル質に優しいモデル

水と空気による3連続ジェット噴射を取り入れた、据え置きタイプの口腔洗浄器であり、強力な洗浄力をもちながら、歯茎や歯のエナメル質へのダメージを考えた優しい当たり感になっている点が特徴的です。

 

ノズルヘッド部分は、一般的な口腔洗浄器のノズルに比べてワイドになっているため、歯と歯の間に密着し、しつこい汚れや歯垢を効率良く除去してくれます。噴射回数は手元のボタンで3段階から調節できるため、汚れの付着具合に合わせて使える点も魅力です。

本体サイズ24.3×3.8×8.3cm重量165g

口コミを紹介

すごい。この連続噴射。今まで一か所一回だったのが連続で歯間を洗浄できる!歯並びが悪い人や、矯正中の人には特におすすめです。歯周病の予防に最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

フィリップス

ソニッケアー エアーフロス 口腔洗浄器 HX8526/02

価格:12,995円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチでスピーディーに口内洗浄

世界的ヘルスケアブランド『フィリップス』から登場した、スタイリッシュな据え置きモデルです。ワンタッチでミクロの水滴と空気を噴出し、歯や歯茎の隙間に入り込んだ汚れ・カスを洗浄してくれます。

 

ワンプッシュによるポイント洗浄だけでなく「自動噴射機能」も搭載されているため、約30秒で口内全体を洗浄できる点も魅力的です。ノズルやガイドチップには角度が付いているため、歯や歯茎にぴったりフィットします。初めて口腔洗浄器を使う方にもおすすめです。

本体サイズ24.5×3.8×7.7cm重量163g

口コミを紹介

強くも弱くも小手先次第。ウォータージェエットって凄いもんだと思うとともにこのコンパクトさ洗いやすさ、充電しやすさなどいい製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

リコーエレメックス

デントレックス口腔洗浄器 8T38-11

価格:14,421円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い洗浄力が人気のロングセラーモデル

1973年の発売以来、幅広い年代から愛されている口腔洗浄器メーカー『リコーエレメックス』から登場した据え置きタイプのモデルです。高速で断続的な水流が特徴的な、ブランドオリジナル水流方式「脈動ジェット水流」によって、強力な洗浄力を実現しています。

 

独自の「ブラシノズル」は使用時には毛先が微振動するため、歯ブラシでは届きにくい、矯正装置の隙間・歯と歯茎の境目もすっきり洗浄できます。850ccという大型タンクを搭載していますが、使用後は本体に被せられるため、コンパクトに収納できる点も魅力的です。

本体サイズ190×80×217mm重量1.57kg

口コミを紹介

もっともっと早く買えば良かったと必ず思える素晴らしい品です。今までの歯磨きはなんだったんだ~!!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

パナソニック

口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ72-W

価格:17,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブランド独自の超音波水流が魅力的

『パナソニック』から登場した、人気口腔ケアブランド「ドルツ」の定番モデルの1つです。ブランド独自技術で開発された超音波水流により、歯ブラシでは届きにくい部分の汚れ・食べカスもしっかり除去してくれます。

 

歯の隙間や歯周ポケットの汚れも洗浄できるほどのパワーを持っており、水圧は10段階から調節可能になっている点も魅力的です。家族でシェアしたい場合はもちろん、歯茎が弱くなっている時・矯正器具を装着している時の口腔ケアにもおすすめです。

本体サイズ28×12.5×14cm重量約970g

口コミを紹介

れで口内洗浄したあと就寝すると寝起き後の口臭がほとんど気にならなくなるレベル。
日頃から電動歯ブラシ+フロス+マウスウォッシュしていましたが、たぶんこれ使ってるだけのほうが効果高い。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

パナソニック

口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-W

価格:11,001円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水流方式を手軽に切り替えられる人気の据え置き器

「口内をすみずみまでケアできる」をコンセプトに、『パナソニック』が開発した据え置きタイプの口腔洗浄器です。強力な水圧が魅力の「ジェット水流」と、歯周ポケットなどのデリケートな部分の洗浄に特化した「バブル水流」を切り替えられる点が魅力といえます。

 

600mlタンクが搭載されているうえ、水流・水圧の強さは本体のハンドルで無段階調整ができるようになっているため、使用者の口内環境に合わせて使い分けられる点も、注目すべきポイントです。初めて口腔洗浄器を購入する方にもおすすめできます。

本体サイズ21.99×21.99×11.99cm重量1.08kg

口コミを紹介

時間に余裕のあるときはこのセットで歯磨きを行なっている。水流洗浄のあとだと歯磨き粉の泡立ちもいいので、歯磨きが快適になる。

出典:https://www.amazon.co.jp

【据え置きタイプ】口腔洗浄器のおすすめ比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5442865の画像

    パナソニック

  • 2
    アイテムID:5442876の画像

    パナソニック

  • 3
    アイテムID:5442851の画像

    リコーエレメックス

  • 4
    アイテムID:5442842の画像

    フィリップス

  • 5
    アイテムID:5442844の画像

    フィリップス

  • 6
    アイテムID:5442804の画像

    Atmoko

  • 7
    アイテムID:5442795の画像

    MEETS

  • 商品名
  • 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-W
  • 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ72-W
  • デントレックス口腔洗浄器 8T38-11
  • ソニッケアー エアーフロス 口腔洗浄器 HX8526/02
  • ソニッケアー エアーフロス ウルトラ HX8632/01
  • ジェットウォッシャー 電動歯ブラシ 2in1セット
  • NEW ハイドロフロス
  • 特徴
  • 水流方式を手軽に切り替えられる人気の据え置き器
  • ブランド独自の超音波水流が魅力的
  • 高い洗浄力が人気のロングセラーモデル
  • ワンタッチでスピーディーに口内洗浄
  • 歯のエナメル質に優しいモデル
  • ジェットと歯ブラシを兼用したモデル
  • 歯科医師推奨の人気モデル
  • 価格
  • 11001円(税込)
  • 17380円(税込)
  • 14421円(税込)
  • 12995円(税込)
  • 9576円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 13980円(税込)
  • 本体サイズ
  • 21.99×21.99×11.99cm
  • 28×12.5×14cm
  • 190×80×217mm
  • 24.5×3.8×7.7cm
  • 24.3×3.8×8.3cm
  • 22.59×16.39×13.79cm
  • 24.59×15.09×13.59cm
  • 重量
  • 1.08kg
  • 約970g
  • 1.57kg
  • 163g
  • 165g
  • 1.09kg
  • 1.31kg

【ハンディタイプ】口腔洗浄器の人気おすすめランキング8選!

第8位

ROAMAN

充電式ウォーターフロス mini1

価格:7,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルバッテリーを搭載したポケットモデル

据え置きタイプ並みのパワフル性能を、独自技術でコンパクト化したモデルです。バッテリーには高性能のリチウムポリマー電池を採用しており、1回のフル充電で最大約1ヶ月の連続使用が可能となっています。

 

水流は、標準的な強さの「ノーマルモード」に加え、刺激が少ない「ソフトモード」と1分間に1600回もの水流パルスを発生させる「パルスモード」の3つが搭載されているため、さまざまなスタイルでの洗浄に対応できる点が魅力的です。

本体サイズ20.5×12.4×6.5cm重量1.10kg

口コミを紹介

大きさ、形状、使用感ともに問題なく、持ち歩きもできるので便利です。旅行にも持っていかれるのが嬉しい♪価格がもう少し抑えられればと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

ANZEO

口腔洗浄器 ジェットウォッシャー

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なノズルによる自由度の高さが魅力的

歯間ブラシやデンタルフロスなどが苦手な人におすすめしたい、ハンディタイプの口腔洗浄器です。ノズルは抗菌性の高い材質を採用しているため、長く使っても錆びにくい点が特徴です。

 

360度回転可能ノズルを搭載したことで、すみずみまで洗浄できます。口内環境に合わせて使い分けられる3つの洗浄モードが用意されている点も注目すべきポイントです。場所に合わせて使える4本のノズルパーツは、ボタン1つで取り替えられる点も魅力といえます。

本体サイズ11×23×7cm重量0.23kg

口コミを紹介

初めて使用した時は水の勢いが強いと感じましたが慣れると心地よく食後に使用しています
ノズルもいろいろついています 歯に隙間が多くなってきているのできれいに取れます

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

パナソニック

口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-A

価格:17,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歯・歯茎のさまざまなケアにぴったりの人気モデル

「歯茎の健康を推進」をコンセプトとして開発されたコンパクトモデルです。ジェット水流・バブル水流の2種類の水流方式を切り替えられるようになっている点が魅力といえます。

 

本体はコードレスで防水仕様になっているため、お風呂や旅行先での口腔ケアもできます。歯間洗浄はもちろん、歯周ポケットや歯茎のケアもできるようになっているため「もっと手軽に口腔ケアをしたい」という方におすすめのモデルです。

本体サイズ26.89×15.49×11.09cm重量0.66kg

口コミを紹介

初めてこういった物を使ってみました。外から前の方の歯に当てる分にには気持ちよいですし、汚れも取れている気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

HBSDF

ハンディタイプ口腔洗浄機 ジェットウォッシャー

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルバッテリーを持つ抗菌ハンディモデル

インプラントや矯正器具を施した歯のケアにも対応した、ハンディタイプの口腔洗浄器です。4時間の充電で最大約15日間の連続使用が可能となっているバッテリーも魅力といえます。

 

水流は高・中・低の3種類から設定可能になっており、ハンドル部分は人間工学に基づいてデザインされているため、使用者の口内環境・歯の状態に合わせて使い分けられる点も魅力的です。

本体サイズ22.69×11.99×8.09cm重量約480g

口コミを紹介

水で汚れが落ちるというのは半信半疑でしたが、勧められるままに使ってみたらこりゃびっくり!なかなかお買い得だと思います。コストパフォーマンスがとても高い商品だと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Nilight

口腔洗浄器ジェットウォッシャー

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なノズルパーツと洗浄モードを搭載したモデル

1分間に約1400~1800回という微細な振動を実現したハンディタイプのモデルであり、歯周ポケットや矯正器具などのケアに特化した、7本のノズルパーツを替えるだけで、さまざまなスタイルでの口腔ケアができるようになっています。

 

1回のフル充電で最大2週間の連続使用ができるだけでなく、充電がACアダプターだけでなく、パソコンや車載電源・モバイルバッテリーなどでも可能になっているため、旅行時の口腔ケアにも大変便利です。防水仕様であるため、お風呂でも使用できます。

本体サイズ24.09×11.59×8.49cm重量430g

口コミを紹介

場所を取らず水流も三段階、ノズルの種類も多く舌クリーナーまで付属され大満足しております。これから、朝の舌磨きも歯間ブラシにも悩まされずに済みそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

BESTOPE

口腔洗浄器 ジェットウォッシャー

価格:3,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デリケートな歯・歯茎を優しく洗浄

一般的な使用感のノーマルモードに、歯茎や歯へのダメージを考えた「ソフトモード」「マッサージモード」を追加したハンディタイプの口腔洗浄器となっています。

 

本体には直近1回分の設定内容を記憶する「メモリー機能」も搭載されているため、使う度にモードを再設定する必要がありません。また、使用開始から2分間経過すると自動的に電源が切れる機能もあるため、バッテリーが長持ちしてくれる点も魅力的です。

本体サイズ24.19×11.59×7.79cm重量250g

口コミを紹介

歯茎へのマッサージにもなっているようです。
歯医者さんからは歯茎が随分良くなっていますよとお褒めの言葉をもらいました!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

パナソニック

口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ10-W

価格:5,094円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力なジェットで磨き残しもすっきり洗浄

歯ブラシでは磨き残しやすい奥歯の隙間・歯並びの悪い場所などをしっかりケアできるように作られた、ジェット水流方式の口腔洗浄器です。水がたっぷり入るタンクは収納式になっているため、コンパクトに収納・携帯できます。

 

ケアが難しい矯正器具やブリッジ周辺の洗浄もできるため「口内をベタつきをすっきり洗浄したい」という方におすすめのモデルです。

本体サイズ21.8×5.1×6.8cm重量約204g

口コミを紹介

我慢して一度使ってみると、えも言えぬ口の中のスッキリさ。今までの数十年の歯磨きはなんだったのか。数回使うと痛みもなくなり、歯茎をマッサージしている実感も得られます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

パナソニック

口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ53-W

価格:13,176円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「40秒でできるオーラルケア」を実現した人気モデル

『パナソニック』が展開するお馴染みの「超音波水流」を取り入れたハンディタイプの口腔洗浄器です。気泡がはじける際の衝撃で汚れを剥す仕組みになっており、歯ブラシが届きにくい歯周ポケットの内側の見えない汚れもしっかり洗浄できる点が魅力といえます。

 

ブランド独自の「ポイント磨きノズル」を搭載したことにより、汚れやカスの詰まりが気になる場所の洗浄も、楽に行える点が魅力といえます。水流は5段階で調節可能なうえ、約1時間でフル充電が可能となっているため、手軽に使いたい時におすすめです。

本体サイズ24.2×20.5×9.4cm重量699g

口コミを紹介

歯周ポケットまで水流で流してくれるので歯磨きでは届かない部分の汚れが取れている。そのため歯石になる前に落とすことができる。

出典:https://www.amazon.co.jp

【ハンディタイプ】口腔洗浄器のおすすめ比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5443002の画像

    パナソニック

  • 2
    アイテムID:5442997の画像

    パナソニック

  • 3
    アイテムID:5442993の画像

    BESTOPE

  • 4
    アイテムID:5442987の画像

    Nilight

  • 5
    アイテムID:5442981の画像

    HBSDF

  • 6
    アイテムID:5442977の画像

    パナソニック

  • 7
    アイテムID:5442975の画像

    ANZEO

  • 8
    アイテムID:5442970の画像

    ROAMAN

  • 商品名
  • 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ53-W
  • 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ10-W
  • 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー
  • 口腔洗浄器ジェットウォッシャー
  • ハンディタイプ口腔洗浄機 ジェットウォッシャー
  • 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-A
  • 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー
  • 充電式ウォーターフロス mini1
  • 特徴
  • 「40秒でできるオーラルケア」を実現した人気モデル
  • 強力なジェットで磨き残しもすっきり洗浄
  • デリケートな歯・歯茎を優しく洗浄
  • 豊富なノズルパーツと洗浄モードを搭載したモデル
  • パワフルバッテリーを持つ抗菌ハンディモデル
  • 歯・歯茎のさまざまなケアにぴったりの人気モデル
  • 豊富なノズルによる自由度の高さが魅力的
  • パワフルバッテリーを搭載したポケットモデル
  • 価格
  • 13176円(税込)
  • 5094円(税込)
  • 3799円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 17699円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 7480円(税込)
  • 本体サイズ
  • 24.2×20.5×9.4cm
  • 21.8×5.1×6.8cm
  • 24.19×11.59×7.79cm
  • 24.09×11.59×8.49cm
  • 22.69×11.99×8.09cm
  • 26.89×15.49×11.09cm
  • 11×23×7cm
  • 20.5×12.4×6.5cm
  • 重量
  • 699g
  • 約204g
  • 250g
  • 430g
  • 約480g
  • 0.66kg
  • 0.23kg
  • 1.10kg

口腔洗浄器の正しい使い方は?

口腔洗浄器の基本的な使い方は、本体のタンクに水を入れて電源をオンにしたら、後は自分好みの強さを調節しながらノズルを口の中で動かすだけです。

 

注意すべき点は、前歯を先に掃除すると、奥歯に付いた汚れが前に流れ出てきてしまい、せっかくケアした前歯に汚れが付着してしまうことがあります。そのため、口腔洗浄器を使う際には、奥歯から手前に向かって少しずつケアするのがポイントです。

 

また、口腔洗浄器を使う時に気になる水の飛び散りを防ぐには、口の中にノズルを入れた後、軽く口を閉じてから電源をオンにすることで、飛び散りを軽減できます。歯ブラシやデンタルフロスなどを併用しながら、すみずみまで口内をケアしましょう。

口腔洗浄器で毎日の口腔ケアを充実させよう!

毎日の口腔ケアがさらに手軽になる「口腔洗浄器」は、他にもさまざまなメーカー・ブランドから登場しています。日頃から口内環境が気になっている方は、ぜひ今回ご紹介したおすすめのモデルをはじめとした、口腔洗浄器を使ってみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ