記事ID142725のサムネイル画像

手軽に勉強!宅建士用参考書のおすすめ人気ランキング15選【比較】

難関資格の1つである「宅建試験」を受験するうえで、対策方法に悩む初心者の勉強をサポートするのが「参考書」です。今回はTACやLECをはじめ、様々な出版社から登場している宅建士用参考書・過去問の中から、2chなどで評判の良いおすすめの本をランキングで紹介します。

参考書で宅建士の試験を徹底攻略!

不動産取引を進める際に重宝される「宅建士」の資格は、将来有望な資格の1つとされていることから、試験には毎年多くの受験者が集まります。しかし合格には膨大な知識が必要となり、一般的に宅建士試験の合格には300時間もの勉強時間が必要といわれています。

 

合格が難しい宅建士の勉強を「効率良く進めたい」という方におすすめなのが、宅建士用の「参考書」です。詳しい解説はもちろん、習熟度別に学習できる初心者向けの本もあるため、学習内容のイメージがしやすいだけでなく、予備校よりも学習計画が立てやすいのが魅力といえます。

 

今回は、おすすめの宅建士用参考書をランキング形式で紹介していきます。試験の概要や合格後の手続きについてもまとめていますので、ぜひご覧ください。

宅建士用参考書の選び方の軸

1.形態:似たように見える参考書であっても、過去問や予想問題などに特化しているものや、効率良く学習できるように構成されているものなどが販売されています。自分の学習スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

 

2.試験科目:実際の宅建士試験では、実にさまざまな科目から問題が出題されます。参考書のなかには、特定の科目に特化している本も存在していますので、実力を伸ばしたい科目や苦手な科目に合わせて選ぶのもおすすめです。

 

3.出版社:難関資格とされる宅建士の参考書は、有名な通信講座や出版社から展開されています。出版社によって得意とする参考書の種類が違ってくるため、これから勉強を始める方はぜひチェックしておきましょう。

宅建士用参考書の選び方

宅建士用参考書には様々な種類が展開されているため、初心者の方のなかには「どの参考書にすれば良いかわからない」という方も多いことでしょう。ここでは、初心者にぜひ知っておいて欲しい宅建士用参考書の選び方についてご紹介していきます。

形態で選ぶ

「宅建士用参考書」と一言で表しても、学習スタイル・内容に合わせて様々な本が販売されています。そのため、各形態の本の特徴を比較しながら選ぶことで初心者でも学習しやすい参考書が見つけやすくなります。

初心者は「マンガ系テキスト」がおすすめ

初めて宅建士の試験を受けようと考えている方や、用語集などの細かい文章を読むのが苦手という方におすすめしたいのが「マンガ系テキスト」です。

 

様々な法律や書類を扱う宅建士ですから、試験で出題される問題についても、複雑な専門用語や文章がたくさん登場します。「マンガ系テキスト」では、初心者が理解しにくい用語・相関図が漫画やカラーイラストで解説されているのが特徴です。

 

複雑な情報が簡潔に集約されているうえ、初心者でもイメージしやすい点が魅力的です。他の参考書に比べて1冊の文章量も比較的少なく、短い時間でサクサク読み進められるため「これから宅建士の試験の勉強をする」という方におすすめできます。

仕事や学校の合間に学習するなら「頻出度別テキスト」

学校や仕事と両立しながら宅建士の試験勉強をしようと考えている方におすすめなのが「頻出度別テキスト」です。宅建士の試験を突破するには、非常にたくさんの分野・テーマの問題に触れる必要があります。

 

「頻出度別テキスト」では、毎年行われる宅建士の試験に携わった講師や実際に宅建士として活躍していたなどといった、豊かな知識を持つ講師陣が厳選した問題・頻出テーマがまとめられている点が特徴です。

 

膨大な数の問題やテーマから、統計的に「頻出」とされている良問が揃っているため、短い時間で効率よく勉強ができるようになっています。初心者はもちろん「もっと正答率を上げたい」という学習経験者にもおすすめです。

学習内容のおさらいをするなら「過去問」

宅建士の試験に必要なテーマや用語を、ある程度勉強した方におすすめなのが「過去問」です。「過去問」では過去の試験で出題された実際の問題・文章をまとめた参考書となっています。

 

科目やテーマ別にまとめられているものだけでなく、なかには次の試験の予想問題講師陣が厳選した良問・難問も掲載されている本もあります。学習内容のおさらいはもちろん、模擬試験用のテキストとして使うのにもおすすめです。

試験科目で選ぶ

宅建士の試験では実に様々な試験科目が用意されており、各テーマを網羅するのが難しいのが特徴です。自分が苦手とするものや、出題数が多いものをはじめとした「試験科目」に注目することで、より効率よく学習できる参考書が見つけやすくなります。

試験の肝となる科目「宅建業法」

「宅建業法」は宅建士の試験科目のなかでも、毎年20問程度出題される頻出科目の1つであり、宅建士としての業務を行ううえで基本となる科目です。

 

買主や借主が契約前に知っておくべき内容や罰則・契約書に記載すべき内容などに関する内容を扱っています。比較的得点しやすいことから、初心者が最初に学ぶべき科目です。

 

実際の試験では、問題文からルールの間違いや正しいものを選ぶ形式になっているため、ルールや罰則の内容が簡潔にまとめられている本を選ぶことで、素早く正誤を見抜けるようになります。

日常生活との関わりも深い科目「民法」

宅建士の試験において、特に覚えることが多い科目とされているのが「民法」です。相続や賃貸借に関する権利はもちろん、不動産の登記に関する内容などのさまざまな法律を扱う内容となっています。

 

日常生活に密接に関わっている「民法」は、暗記に頼る受験者も多いですが、法律の全体像や活用方法を理解していないと、実際の試験では問題文で惑わされる場合があります。そのため、法律を要約しただけのものよりも相互関係がまとめられている本がおすすめです。

 

民法の内容は不定期で改正されることもあるため、民法を勉強する際には「書かれている法律が古い内容ではないか」をしっかりチェックしたうえで、最新の参考書を選ぶようにしましょう。

長期戦になりやすい科目「法令上の制限」

民法と同様、法律やルールを扱う内容である「法令上の制限」は、土地を使用するにあたって必要となる家の階数や広さなどに関する制限を扱う科目です。主に暗記が重要となるため、初心者にとっては習得するまでに時間がかかりやすい内容といえます。

 

毎年8問程度出題される科目ですが、各法律が浅く広く出題されるうえ、それぞれの制限内容に関する数字を暗記することで対策できるため、実際の試験では得点しやすい内容といえます。細かい制限内容が簡潔にまとめられている参考書がおすすめです。

人気の出版社から選ぶ

学習内容が膨大であることから、独学が難しいイメージを持たれがちな宅建士の試験ですが、中には宅建士試験専用の通信講座も行っている出版社の参考書も存在しています。プロの講師陣による解説などもまとめられているため、初心者にもおすすめの選び方です。

厳選した問題をとことん学習するなら「TAC」

「資格の学校」として知られている『TAC』は、「TAC宅建士講座」という専用の通信講座も開催していることで評判の資格取得専門予備校です。

 

なかでも「みんなが欲しかった」シリーズは、Amazonをはじめとした通販でも毎年高い評判を得ています。問題集を中心に展開しており、約30年間で蓄積したノウハウとプロの講師陣による戦略を活かした詳しい解説・厳選問題が用意されている点が魅力的です。

 

学習のスケジューリング無料のアプリを使ったスマホ学習がしやすい構成になっているため、初心者にもおすすめできます。

初心者・学習経験者のどちらにも対応した「LEC」

東京に本社を構える『LEC』は、法律や金融・不動産系などといった専門分野に特化した資格の総合スクールとなっています。基本テキストから過去問題集まで、習熟度に合わせた様々な参考書が展開されている点が特徴的です。

 

また、片手で扱えるほどのコンパクトサイズの参考書が多いうえ、専用の無料アプリを活用しながらの学習ができる本も販売されています。ボリュームがある法律関連のテーマも簡潔にまとめられているため「学校・仕事の合間に勉強をしたい」という方におすすめです。

様々なスタイルで学習するなら「ユーキャン」

通信教育・出版業者のなかでも、昨今高い注目度を集めているのが『ユーキャン』です。専門資格から趣味に関する資格まで、様々な資格取得を見据えていることもあり、初心者に優しい解説内容・構成が特徴といえます。

 

参考書の種類は少なめですが、マンガ系テキスト・一問一答スタイルの本などもあるため、仕事や授業の合間を利用した勉強におすすめできます。「これから宅建士の試験勉強をする」という方にもとっつきやすいテキストが多い点も魅力的です。

宅建のロングセラー「宅建学院」

『宅建学院』は、宅建士の試験に特化した通信講座・DVD講座を展開している業者であり、多くの初心者を合格に導いていることでも知られています。網羅しにくい各科目・テーマの最重要部分が簡潔にまとめられていることから、初心者・学習経験者問わずおすすめです。

 

テーマ別の基本テキストはもちろん過去問・予想問題なども用意されているため、学習者の習熟度や勉強したい科目・テーマに合わせて参考書を選べる点が魅力といえます。

【TAC】宅建士用参考書のおすすめ人気ランキング4選!

第4位

TAC出版

みんなが欲しかった!宅建士の直前予想問題集 2020年度

価格:1,760円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

合格基準点突破を目指した予想問題集

宅建士の試験合格点とされる正答率80%突破に必須の「Aランク知識」に重点を置いた構成が特徴的な予想問題集です。実際の本試験を徹底的に分析した予想問題が3回分収録されており、試験本番を想定した演習・模擬試験が可能となっています。

 

また、予想問題はそれぞれ科目別・難易度別に「得点計画表」が用意されており、自己採点による分析ができるだけでなく、今後の学習方針を決める時にも役立ちます。別冊の「おさらいブック」は取り外しできるため、スキマ時間での学習にもおすすめです。

出版年月日2020年6月24日ページ数332ページ

口コミを紹介

しっかりと分析された良問でやりごたえもあると思います。カラーなのも見やすいです。難易度もランク付けされてるので便利ですし、今の自分の実力がはっきりと出る感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

TAC出版

わかって合格(うか)る宅建士 分野別過去問題集 2020年度

価格:2,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

試験合格に必要な良問・定番問題を徹底的にカバー

「ベストオブ過去問」と呼ばれる人気のテキストであり、宅建士試験合格に必要な良問・定番問題のなかから、特に出題されやすいものを厳選した305問が一気にチェックできる過去問題集です。

 

演習問題にはそれぞれ解き方のコツ・選択肢ごとの解説も掲載されているうえ、見開き1つに対して1問の構成となっているため、初心者でもテンポ良く学習できるようになっています。民法改正に伴う改題もされていることから、法律の学習にもぴったりです。

出版年月日2019年12月26日ページ数654ページ

口コミを紹介

問題を解きながら答え合わせもできます。分野別なので、自分が苦手な分野を徹底的に過去問を解いて理解を深めることが出来るので便利な作りです。解説も分かりやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

TAC出版

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2020年度

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルカラーイラスト・写真で初心者にもわかりやすく解説

ルールや相互関係のイメージがつきにくい、宅建士試験問題の攻略に悩む初心者・学習経験者のために構成された「目で見て分かるテキスト」の1つです。スマホでの学習にも対応している点も魅力といえます。

 

1つひとつのルールに関する事例・関係性が「フルカラー板書」で分かりやすく図解されているため、本文と併せて読むことで、効率良く学習を進められます。各テーマには例題や写真付き解説も付いているため、学習内容のおさらいもできる点も魅力的です。

出版年月日2019年10月26日ページ数646ページ

口コミを紹介

今年から宅建の勉強をすることになったので購入しました。写真やイラストが豊富で、素人でもイメージしやすい仕掛けが数多くあるので楽しく勉強できています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

TAC出版

わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2020年度

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

宅建士講座のノウハウを詰め込んだロングセラーテキスト

学習の導入にぴったりな32の基本テーマに加え、過去12年間に出題された頻出問題のポイントや事例・図表も組み込まれているため、試験合格のために必要な情報を丁寧に学習できるようになっています。

 

また本書は取り外し可能な「4分冊形式」になっており、分野別に対応しているため、通勤・通学中のスキマ時間を利用した学習にもおすすめです。「キーワードや重要数字などを暗記を徹底したい」という方にも使いやすい参考書といえます。

出版年月日2019年12月26日ページ数744ページ

口コミを紹介

法令の内容を正しく理解出来るように丁寧な解説です。曖昧さを残さぬように、図解も適切に使われています。参考書として良書です。

出典:https://www.amazon.co.jp

【TAC】宅建士用参考書のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5441546の画像

    TAC出版

  • 2
    アイテムID:5441545の画像

    TAC出版

  • 3
    アイテムID:5441544の画像

    TAC出版

  • 4
    アイテムID:5441543の画像

    TAC出版

  • 商品名
  • わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2020年度
  • みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2020年度
  • わかって合格(うか)る宅建士 分野別過去問題集 2020年度
  • みんなが欲しかった!宅建士の直前予想問題集 2020年度
  • 特徴
  • 宅建士講座のノウハウを詰め込んだロングセラーテキスト
  • フルカラーイラスト・写真で初心者にもわかりやすく解説
  • 試験合格に必要な良問・定番問題を徹底的にカバー
  • 合格基準点突破を目指した予想問題集
  • 価格
  • 3300円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 1760円(税込)
  • 出版年月日
  • 2019年12月26日
  • 2019年10月26日
  • 2019年12月26日
  • 2020年6月24日
  • ページ数
  • 744ページ
  • 646ページ
  • 654ページ
  • 332ページ

【LEC】宅建士用参考書のおすすめ人気ランキング4選!

第4位

東京リーガルマインド

2020年版 どこでも宅建士 とらの巻

価格:2,420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短期間での合格を目指す図解型テキスト

宅建士試験の最短合格を見据え、厳選した知識・解答テクニックが凝縮された「短期決戦型テキスト」です。民法改正による変更点のチェックはもちろん、無駄な学習内容を徹底的に除いた「深入り禁止マーク」も付いているため、スピーディーに学習できます。

 

各ポイントが表になっており、テーマごとにまとめて覚えられる点も魅力といえます。つまずきやすい難解な専門用語やルールの仕組みが豊富な図表と相関図で解説されているため、初心者・学習経験者問わずおすすめのテキストです。

出版年月日2020年5月25日ページ数560ページ

口コミを紹介

基本的に口語体というか、講義で講師がしゃべっている内容をそのまま文章にしたような感じで、読んでいてとても頭に入りやすい。まるで読み物を読んでいる感覚で勉強できる

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

東京リーガルマインド

2020年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

知識ゼロの初心者の学習サポートを考えた参考書

難しいルールや専門用語に頭を抱える初心者をターゲットとして構成された、取り扱い説明書風フルカラーテキストとなっています。

 

宅建士試験合格に必要な知識・法律内容が図解付きで分かりやすく解説されているため、法律やテーマごとの意味が初心者でもイメージしやすくなっている点が魅力です。各テーマには振り返り用の関連過去問も用意されているため、初心者におすすめできます。

出版年月日2019年10月20日ページ数503ページ

口コミを紹介

独学者向けの配慮は多く、各章冒頭には「重要度判定」が添えられ、各課題には「脚注」的なアドバイスも細かく付帯し、索引も各分冊毎に備えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

東京リーガルマインド

2020年版 出る順宅建士 一問一答○×1000肢問題集

価格:2,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

知識の定着をコンセプトとしたオリジナル問題集

記憶が定着しやすいレイアウト・モバイル性にこだわって作られた○×形式問題集であり、各問題には解答のポイントと必須知識が集約されているため、スピーディーかつ正確に学習できる点が魅力的です。

 

左右見開きで問題・解答と解説がセットになっているうえ、片手で持てて360度広げられる構造になっているため、スキマ時間でも気軽に学習できる点も注目すべきポイントです。「なかなか勉強する時間が取れない」という方におすすめの参考書といえます。

出版年月日2020年1月20日ページ数433ページ

口コミを紹介

通学通勤時などでも車内で読める程度の大きさだと思います。本自体も軽いので片手で持ちつづけることも問題ないと思います。すぐ隣のページに正解があるので探す手間も省け、また何回も見ることになるので知識のインプットもしやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

東京リーガルマインド

2020年版 出る順宅建士 過去30年良問厳選問題集

価格:2,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

膨大な過去問データから厳選した良問を集めた問題集

過去30年間もの過去問データの中から、合否を左右する頻出問題・良問300問のみを抽出した、本番同様の形式を採用した問題集です。問題は冊子ごとに取り外し可能なため、本試験さながらのスタイルで演習できるようになっています。

 

問題は基礎編・中級編・上級編という3つのレベルに別れており、学習者の習熟度に合わせて解けるため、ステップアップしながらの学習ができます。各問題の正解率・成績診断用チェックリストも用意されていることから、初心者にもおすすめのテキストです。

出版年月日2020年4月10日ページ数496ページ

口コミを紹介

難易度が3段階になっており、難しい問題はいわゆる捨て問なのか?といえば、全くそうでなく、頻出問題だけども宅建の論点が凝縮されていて、とにかく頭を使わせる良問が選ばれていて、さすがレックと感心しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

【LEC】宅建士用参考書のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5441632の画像

    東京リーガルマインド

  • 2
    アイテムID:5441622の画像

    東京リーガルマインド

  • 3
    アイテムID:5441621の画像

    東京リーガルマインド

  • 4
    アイテムID:5441620の画像

    東京リーガルマインド

  • 商品名
  • 2020年版 出る順宅建士 過去30年良問厳選問題集
  • 2020年版 出る順宅建士 一問一答○×1000肢問題集
  • 2020年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト
  • 2020年版 どこでも宅建士 とらの巻
  • 特徴
  • 膨大な過去問データから厳選した良問を集めた問題集
  • 知識の定着をコンセプトとしたオリジナル問題集
  • 知識ゼロの初心者の学習サポートを考えた参考書
  • 短期間での合格を目指す図解型テキスト
  • 価格
  • 2640円(税込)
  • 2090円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 2420円(税込)
  • 出版年月日
  • 2020年4月10日
  • 2020年1月20日
  • 2019年10月20日
  • 2020年5月25日
  • ページ数
  • 496ページ
  • 433ページ
  • 503ページ
  • 560ページ

【ユーキャン】宅建士用参考書のおすすめ人気ランキング4選!

第4位

U-CAN

2020年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門

価格:2,420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

学習の導入にぴったりなマンガテキスト

これから宅建士の試験勉強を行っていく初心者のサポートを考えて作られた参考書の1つであり、理解が難しい法律・ルールに関する事例もストーリー仕立ての漫画を読むことで、スピーディーに理解できるようになっています。

 

宅建士試験合格までの学習スケジュールや、試験の全体像なども掲載されているため、本格的な試験勉強の前の予習にもおすすめの参考書の1つです。

出版年月日2019年10月18日ページ数272ページ

口コミを紹介

宅建士試験に出題される範囲の中で「まんがで説明されていると、わかりやすい」という部分がマンガになっているのでその法律が初学の人も、理解していけます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

U-CAN

2020年版 ユーキャンの宅建士 テーマ別問題集

価格:2,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最小限の問題演習で効率良く定着させる問題集

合格レベル到達を見据えて構成された問題集であり、厳選した250問のオリジナル問題と、本試験で狙われやすいポイントが掲載されている点が魅力的です。各テーマのキーワード・ポイント整理も一冊でできるため、効率良く独学ができるようになっています。

 

毎年多くの受験が悩まされている「組み合わせ問題」「事例問題」などもピックアップされているため「もっと得点源を増やしたい」という学習経験者にもおすすめの参考書です。

出版年月日2019年12月13日ページ数612ページ

口コミを紹介

こちらの問題集は弱点を克服するのに最適な問題集です。過去問も含まれてはいますが、ほとんどがオリジナル問題で、過去問を解きすぎて過去問暗記症候群になっている人にとっては最高の刺激になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

U-CAN

2020年版 ユーキャンの宅建士 これだけ! 一問一答集

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

試験直前まで使えるコンパクトテキスト

普段の学習から試験前の最終確認まで、幅広いスタイルで使える一問一答式の問題集となっています。最頻出問題800問を掲載しており、見開きで問題ごとの解説が一目でチェックできる点が魅力的です。

 

また、一般的な一問一答式テキストでは理解しづらい重要項目は「POINTマスター」という形式で図表を用いて、横断的に解説されています。ユーキャンのプロ講師陣によるテーマごとの出題傾向の分析・対策も掲載されている点も注目すべきポイントです。

出版年月日2020年2月7日ページ数432ページ

口コミを紹介

問題は1ページに3問から5問ぐらいの○×式で、どんどんといていけます。これだと電車の中や休憩時間など、ちょっとした時間でも開いて勉強することができるので、時間を有効に使えると思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

U-CAN

2020年版 ユーキャンの宅建士 速習レッスン

価格:3,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最重要・頻出に絞った60のレッスンを集約した参考書

宅建士の試験を独学で続けられるようにこだわられたスタイリッシュな参考書です。問題は特A~Cまでの4つの重要度3段階の頻出度でまとめられている点が、初心者・学習経験者問わず使いやすいテキストといえます。

 

ユーキャンの講師陣による、本試験でのアドバイス・ポイントも掲載されています。豊富な補足解説も充実しているため、独学でありながら、まるで通信講座の講義を受けているような詳しい解説に触れられる点が注目すべきポイントです。

出版年月日2019年10月26日ページ数728ページ

口コミを紹介

文章がとても平易でわかりやすい!法律初学者でも理解しやすい。各章ごとに重要ポイントの頭出し、重要度、頻出度の数値化がされていますので、これから勉強する章に向き合う心構えの準備ができます!

出典:https://www.amazon.co.jp

【ユーキャン】宅建士用参考書のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5441693の画像

    U-CAN

  • 2
    アイテムID:5441683の画像

    U-CAN

  • 3
    アイテムID:5441677の画像

    U-CAN

  • 4
    アイテムID:5441675の画像

    U-CAN

  • 商品名
  • 2020年版 ユーキャンの宅建士 速習レッスン
  • 2020年版 ユーキャンの宅建士 これだけ! 一問一答集
  • 2020年版 ユーキャンの宅建士 テーマ別問題集
  • 2020年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門
  • 特徴
  • 最重要・頻出に絞った60のレッスンを集約した参考書
  • 試験直前まで使えるコンパクトテキスト
  • 最小限の問題演習で効率良く定着させる問題集
  • 学習の導入にぴったりなマンガテキスト
  • 価格
  • 3080円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 2420円(税込)
  • 出版年月日
  • 2019年10月26日
  • 2020年2月7日
  • 2019年12月13日
  • 2019年10月18日
  • ページ数
  • 728ページ
  • 432ページ
  • 612ページ
  • 272ページ

【宅建学院】宅建士用参考書のおすすめ人気ランキング3選!

第3位

宅建学院

2020年版 マンガ宅建塾

価格:2,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

宅建士試験の第一歩におすすめのテキスト

これから宅建士試験の勉強を始める初心者にぴったりなマンガ系参考書です。一般的な参考書や問題文では理解が難しい、単元・項目ごとの重要ポイントが漫画のストーリーに沿って解説されているため、漫画を楽しみながら学べる点が魅力といえます。

 

宅建士試験勉強における様々な疑問点もページごとの解説コラムを読むことで解消できるようになっているため、毎日の予習・学習の導入におすすめの一冊です。

出版年月日2019年12月3日ページ数258ページ

口コミを紹介

分かりやすくマンガを読んでるみたいで良かったです。ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

宅建学院

2020年版 宅建士問題集 過去問宅建塾〔2〕 宅建業法

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

試験突破の肝となる宅建業法を網羅した問題集

実際の宅建士試験突破の基本となる「宅建業法」の徹底攻略を考えて作られた過去問題集です。分野別で3冊に別れているため、得意分野を伸ばすのはもちろん、苦手分野の克服にもおすすめできます。

 

問題と解説が見開きでチェックできるうえ、問題は類題式に収録されているため、何度も繰り返して復習できる点が魅力といえます。「過去問は質と量のどちらにもこだわりたい」という方におすすめの参考書です。

出版年月日2020年3月27日ページ数512ページ

口コミを紹介

らくらく宅建塾が分かりやすかったので、過去問を購入しました。一問一問の解答が分かりやすく、解答の根拠として、宅建塾本誌の頁数の記載かあるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

宅建学院

2020年版 らくらく宅建塾

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分かりやすさ・覚えやすさを両立させた究極のテキスト

初めて宅建士試験にチャレンジする初心者の独学をサポートすることにこだわられた、人気の基本テキストとなっています。初心者には理解が難しい固い法律用語が日常でも使われる言葉で噛み砕いて解説されているため、用語が頭に入りやすい点が魅力的です。

 

記憶に残りやすい図表や、アウトプットしやすいゴロ合わせなども掲載されているため、初心者はもちろん「法律や用語を暗記するのが苦手」という方にもおすすめの一冊です。

出版年月日2019年12月27日ページ数530ページ

口コミを紹介

民法は全くのシロウトレベルな当方だが、この本は、他社の本と見比べてみて!とあるように、わかりやすさが抜群だ 基本的なものから、少し掘り下げてくる事例を挙げながら、馴染みやすく、専門的な固い表現をほとんど感じない。

出典:https://www.amazon.co.jp

【宅建学院】宅建士用参考書のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5441738の画像

    宅建学院

  • 2
    アイテムID:5441732の画像

    宅建学院

  • 3
    アイテムID:5441731の画像

    宅建学院

  • 商品名
  • 2020年版 らくらく宅建塾
  • 2020年版 宅建士問題集 過去問宅建塾〔2〕 宅建業法
  • 2020年版 マンガ宅建塾
  • 特徴
  • 分かりやすさ・覚えやすさを両立させた究極のテキスト
  • 試験突破の肝となる宅建業法を網羅した問題集
  • 宅建士試験の第一歩におすすめのテキスト
  • 価格
  • 3300円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2640円(税込)
  • 出版年月日
  • 2019年12月27日
  • 2020年3月27日
  • 2019年12月3日
  • ページ数
  • 530ページ
  • 512ページ
  • 258ページ

宅建士試験の形式・合格後の手続きを解説!

難関試験の1つとされている宅建士試験ですが、試験の形式や資格取得までの流れをしっかり理解しておかないと、学習のスケジューリングが難しくなってしまう場合もあるのです。ここでは、宅建士試験の形式と合格後にやるべき手続きについて紹介します。

受験申込は郵送・インターネットから可能

難関資格の1つである宅建士試験ですが、定められた受験資格がないため、年齢や学歴・国籍などに関係なく全ての人が受験できます。受験の申し込み方法は、郵送インターネットの2つの方法が用意されているため、自分のスタイルに合わせて応募できる点が魅力的です。

 

インターネットの方が郵送よりも締切が早いうえ、スマートフォンからの応募ができないため、以下の「不動産適正取引推進機構」の試験概要ページの注意点をチェックしながら、早めに応募しましょう。

問題は4択マークシート形式

複雑な法律や事例が出題される宅建士試験ですが、本試験は4択マークシート形式での出題となっているため「手軽にクリアできそう」というイメージを持つ受験者も少なくありません。

 

正しい組み合わせを選ぶものや、正しい(または間違っている)選択肢を選ぶものなどといったシビアな内容になっているため、それぞれのテーマや事例のポイントをしっかり理解していないと、高い正答率を出せない場合もあります。

 

また出題数50問に対して試験時間が2時間となっているうえ、出題範囲が特に広いことから、じっくり問題を読んで考えていると時間が足らなくなってしまうこともあるため、本試験に挑む際には注意しましょう。

合格後は講習・資格登録が必要

宅建士試験は他の試験のように「試験に合格したらすぐに資格を取得できる」というものではありません。試験合格後、実際に宅建士として活躍したい場合は、実務講習・資格登録手続きを行う必要があります

 

全ての手続きを終えるには約1ヶ月の期間が必要となるうえ、講習や資格登録で約5万円ほどの費用が必要となるため、宅建士を目指す方は注意しましょう。

参考書で難関の宅建士資格取得を目指そう!

難関資格の1つである宅建士試験ですが、独学で試験に合格している方も少なくありません。今回ご紹介したおすすめの参考書やテキストの選び方を参考にしながら、ぜひ宅建士の資格取得を目指しましょう。

TOPへ