記事ID142698のサムネイル画像

簡単に楽しめる!燻製食材おすすめランキング20選【野菜も変わり種も】

手間がかかりそうなイメージの燻製ですが、意外と簡単にできるんです。下ごしらえなしの食材を選べば、初心者でも気軽に楽しむことができます。そこで今回は、野菜やチーズ、変わり種などの燻製食材をランキング形式で紹介します。次のキャンプで挑戦してみてはいかがでしょうか。

意外と簡単に作れる燻製食材を味わおう

燻製とは、サクラやブナといった木材を燃やして出した煙を、食材に当てて香りづけをする食品加工の方法です。もともとは食品を長期保存するための調理法でしたが、現在ではその独特の風味や食感を楽しむ意味合いが強くなっています

 

煙で調理と聞くと本格的に感じられますが、方法によってはフライパンでできるものもあるので、初心者の方も挑戦してみてください。また、燻製でより美味しくなる食材は多くあるので、楽しみ方が幅広いというのも嬉しいポイントです。

 

今回は、おすすめの燻製食材についてランキング形式で紹介します。野菜やチーズといった定番食材から、変わり種もラインナップ。下ごしらえなしの食材も取り上げていますので、手軽に楽しみたいという方も参考にしてみてください。

燻製食材の選び方の軸

1.作り方:燻製には「冷燻」「温燻」「熱燻」の3種類があります。それぞれに合う食材がちがうので、仕上がりの特徴を知っておくと選びやすいです。

 

2.食材の種類:燻製方法が決まっていなければ、自分の「この食材を燻製したい」という感覚に従うことも大切です。肉、野菜、変わり種など、さまざまな燻製食材があるので、その中から自分の好みのものを選びましょう。

 

3.価格や容量:はじめから高級な食材を使ってしまうと、失敗したときに取り返しがつかなくなってしまいます。値段、容量ともに、自分に合ったものを選ぶことが重要です。燻製に慣れるまでは、手軽で安いものがおすすめです。

 

4.下ごしらえの有無:初心者にとって、面倒な手順は省きたいもの。燻製食材には、下処理が必要なものとそうでないものがあるため、シーンや熟練度に合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

5.チップとの相性:チップには、オーソドックスなものからクセが強いものまで、さまざまな種類のものがあります。チップの香りにも合わせて食材を考えてみてください。

 

燻製食材の選び方

燻製食材を選ぶときのポイントについて紹介していきます。初心者の方から「次はちがうものに挑戦してみたい」という方まで、ぜひ参考にしてみてください。

作り方で選ぶ

燻製には、大きく分けて3つの種類があります。燻す温度や時間によって分類されていて、食感や保存性が変わってきます。どの種類を選ぶかによって合う燻製食材も異なるので、あらかじめそれぞれの特徴を押さえておきましょう。

じっくり時間をかけて作るなら「冷燻」

冷燻は、30℃以下という比較的低い温度で燻す方法です。じっくりと時間をかけることで水分が抜け、長期間保存できる仕上がりになります。噛めば噛むほど味が出る、硬めで奥深い味わいが特徴です。

 

下ごしらえをしっかりした上で、温度の調整にも気を遣う必要があるので、中級・上級者向けだといえるでしょう。初心者の方は、慣れてからチャレンジしてみましょう。この方法におすすめの燻製食材は、サーモンや生ハム、ビーフジャーキーなどです

比較的短時間で作りたければ「温燻」

もっとも一般的な方法である温燻は、30~80℃で燻していく方法です。ある程度水分が抜けるものの、やわらかい食感が楽しめます。長期間の保存には向きませんが、もっとも親しみやすい味が特徴です。

 

冷燻と比べ、外気温との兼ね合いをそれほど気にする必要がなく、短時間でできる簡単な方法です。おすすめの燻製食材も幅広く、例としてはソーセージ、ベーコン、チーズ、ナッツ、ししゃもなどが挙げられます。

できたてを楽しみたい方は「熱燻」

熱燻は、80度以上の高温で短時間燻す方法です。10分から1時間程度ででき、温度の管理も簡単なので、初心者の方に特におすすめします。保存性は高くありませんが、できたての風味を味わうのにぴったりです。

 

作ってすぐ楽しめるという点で、キャンプで燻製を楽しみたい方に最適な方法です。ジューシーな食感と豊かな香りが魅力です。チキンをはじめとした肉類、ホタテや牡蠣といった魚介類などの燻製食材をおすすめします。

食材の種類から考える

燻製の作り方に特にこだわりがないというのであれば、まずは好きな食材から選ぶというのも1つの方法です。こちらでは、肉類や野菜、変わり種まで、さまざまな燻製食材について紹介していきます。

王道派の方には「肉類」

ベーコンにソーセージ、スモークチキンなど、「燻製」といわれて肉類が思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか。もともと燻製は肉の保存法として生まれたことからもわかる通り、肉類との相性は抜群です。

 

軽く燻製したステーキ、がっつり保存がきくジャーキー、オーソドックスなベーコンやソーセージなど、肉類だけでも幅広い調理法があります。肉の部位によって燻製方法を変えてみるのもいいかもしれません。ぜひお気に入りの食べ方を見つけてみてください。

うまみをたっぷり楽しみたいなら「魚介類」

魚介類の燻製というとスモークサーモンが有名ですが、それ以外にも燻製食材としておすすめのものは多くあります。ほたて、たこ、ししゃもなどが代表的で、スモークすることによって魚介類特有のうまみがより引き立てられます。

 

シンプルにスモークするのも良いですが、燻製した後にマリネなどに使ってもまたちがった美味しさを楽しむことができます。また、干物を使えばかなり手軽に作れるので、下処理・下ごしらえが面倒なときにもおすすめです。

「野菜」はチップにするのがおすすめ

野菜は基本的に水分量が多いので、燻製にはあまり向きません。スモークできるとはいえ美味しく仕上げるのが難しく、初心者にはあまり向かない燻製食材だといえるでしょう。しかし、種類を慎重に選び調理法を工夫すれば、美味しい野菜の燻製も作ることができます。

 

たとえば、ごぼうやれんこんなどを燻製した後、軽く素揚げすれば、燻製風味の野菜チップスを作ることができます。また、水分量の多いトマトも、うまく下処理してから燻製すると甘みが引き立ちます。燻製に慣れてきた方は、ぜひ野菜のスモークにも挑戦してみてください

いろいろ楽しみたい方は「変わり種」

「普通の食材だけだと味気ない」と思う方には、変わり種がおすすめです。例としては、豆腐や厚揚げ、餃子といったおかず系のほか、ポテトチップスや柿の種などのスナック系も挙げられます。燻製の香りが加わることで普段とはちがった味を楽しめます。

 

意外なものが燻製食材に合うこともあるので、気になるものがあればどんどん試してみてはいかがでしょうか。大人数のキャンプで盛り上がること、間違いなしです。ただ、慣れないうちは失敗も多いため、ある程度経験を積んでから変わり種に手を伸ばしましょう。

「価格」や「容量」も考慮に入れる

燻製にチャレンジしても、最初から失敗してしまってはモチベーションが下がりますよね。特に、せっかく高級な食材を買ったのにうまく作れなかったり、燻製に合わない食材を買いすぎてしまったりといった失敗は避けたいものです。

 

そうしたリスクを避けるためには、慣れないうちは安く手軽に購入できる食材を選ぶことをおすすめします。燻製は安い食材でも十分美味しく仕上げることができるので、最初から高級食材を使うのはおすすめできません。自分に合った価格や容量を選んでみてください。

「下ごしらえ」が必要かどうかで選ぶ

燻製には、下処理や塩漬け、乾燥など、面倒な工程がつきものです。しかし具材によっては、下ごしらえをせずに燻すことができるものもあります。初心者の方は、下ごしらえがいらないものを選ぶのがおすすめです。

手軽さを求める方は「下ごしらえなし」の食材

塩漬け、塩抜き、風乾など、燻製をするまでにかかる手順は多いです。もちろんそれが醍醐味の1つでもあるのですが、手軽に作りたいときには少し面倒に感じることもあるかもしれません。そんなときには、下ごしらえなしで作れる燻製食材を選びましょう。

 

下処理をせずに使えるのは、もともとしっかりと味がついているもの。ウインナーやベーコンのほか、チーズや明太子、塩サバなどが挙げられます。干物もおすすめです。下ごしらえなしの燻製食材は、キャンプなどで手軽に多くの料理を用意したいときに使いやすいです。

慣れてきた方は「下ごしらえ」が必要なものも

手軽な燻製食材も美味しいですが、やはり下処理からじっくりと時間をかけて作ったものの味わいは格別です。時間があるときや、こだわりの燻製料理を作りたいときには、ぜひ下ごしらえから丁寧にやってみてください。お休みの日に取り組むのがおすすめです。

 

豚バラを買ってきて自家製ベーコン作りにチャレンジしてみたり、ジューシーなスモークチキンを作ってみたりと、楽しみ方はさまざまです。燻製に慣れてきた方は、新しい食材を取り入れてみると、ますます料理の幅が広がるでしょう。

こだわりたいなら「チップ」との相性も

燻製に使用するチップには、メジャーで初心者にもおすすめのサクラから、香りが強いピートなど、さまざまな種類があります。どれを使うかによって風味がまったく変わってくるので、食材を選ぶときにはチップとの相性も気にしてみましょう。

 

基本的には、鶏肉などの淡白な味の食材にはまろやかな香りのチップが、羊肉をはじめとしたクセがある食材には強い香りのチップがおすすめです。初心者の方は、まずはサクラなどのオーソドックスで何にでも合うチップを選んでみてください。

肉類│燻製食材のおすすめランキング5選

第5位

Whole Meat

豚バラ ブロック

価格:2,390円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自家製ベーコンにおすすめの燻製食材

豚バラ肉のかたまりは、赤身と脂肪が層になっているので、食べごたえがあります。自家製ベーコンにするのが特におすすめです。塩漬けや味付けなどの下処理をする必要がありますが、自分の好きな味を作ることができます。

 

塩漬けをせずに焼くだけでも、スモーキーな香りのするグリルができあがるので、手軽さを求める方にはそちらもおすすめします。

内容量1kg冷燻
温燻熱燻
第4位

The Meat Guy

グラスフェッドビーフ サーロインブロック

価格:3,540円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香り高いステーキを食べたいときに

サーロインステーキはそのままでももちろん美味しいですが、燻製をするとさらにうまみが引き立てられます。ちょっとしたひと手間で本格的な味が楽しめるので、休日のおうちごはんにいかがでしょうか。

 

フライパンやアルミホイルを使って燻製ができる手軽な方法もあるため、初心者の方でも作りやすいです。ワンランク上のステーキを食べたくなったときにぜひどうぞ。

内容量1kg冷燻-
温燻熱燻
第3位

プールドゥール

あべどり 十文字鶏

価格:2,590円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どの調理法にも合う燻製食材

鶏肉は、冷燻、温燻、熱燻のどれでも美味しく燻製できる食材です。保存食を作って楽しみたければ冷燻、やわらかい食感と豊かな香りを堪能したければ温燻、ジューシーさを味わいたければ熱燻と、自身の好みに合わせて使い分けてみてください。

 

量がたっぷり入っているので、さまざまな調理法を試してみましょう。中でも熱燻は、短時間でジューシーなスモークチキンができあがるので、キャンプやバーベキューのメニューにぴったりです。骨付きにかぶりつくと美味しさも増します。

内容量2kg×2個冷燻
温燻熱燻
第2位

シーフードマックス

ポークソーセージ

価格:1,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パリッとジューシーな味わい

パリッとした食感のウインナーは、燻製の香りが加わることでより美味しくなります。下ごしらえなしで燻製できるので、初心者の方にもおすすめです。キャンプなどで作るときにも使いやすい燻製食材です。

 

1kgと大容量なのが特徴で、大人数で楽しみたいときにもぴったりです。燻製ウインナーのストックを作っておいて、晩酌のお供にするのもいいかもしれません。ビールをはじめとしたお酒とよく合います。

内容量2kg冷燻
温燻熱燻
第1位

シーフードマックス

ベーコン 切り落し 選別品

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

各種料理にも使える

市販のベーコンはもともと燻製がされていますが、そこへさらに煙を当てていくことで自分好みの味に仕上げることができます。スモークしてからさっとグリルするのはもちろん、カルボナーラやサラダなどの料理に使っても美味しいです。

 

形や脂身のバランスが不揃いということで訳あり商品になっていますが、味も使い勝手も良いです。たくさんの量を安い値段で購入できるので、普段からよくベーコンを使うという方にもおすすめです。

内容量1kg冷燻
温燻熱燻

肉類│燻製食材のおすすめランキングの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5439165の画像

    シーフードマックス

  • 2
    アイテムID:5439161の画像

    シーフードマックス

  • 3
    アイテムID:5439164の画像

    プールドゥール

  • 4
    アイテムID:5439166の画像

    The Meat Guy

  • 5
    アイテムID:5439167の画像

    Whole Meat

  • 商品名
  • ベーコン 切り落し 選別品
  • ポークソーセージ
  • あべどり 十文字鶏
  • グラスフェッドビーフ サーロインブロック
  • 豚バラ ブロック
  • 特徴
  • 各種料理にも使える
  • パリッとジューシーな味わい
  • どの調理法にも合う燻製食材
  • 香り高いステーキを食べたいときに
  • 自家製ベーコンにおすすめの燻製食材
  • 価格
  • 1999円(税込)
  • 1990円(税込)
  • 2590円(税込)
  • 3540円(税込)
  • 2390円(税込)
  • 内容量
  • 1kg
  • 2kg
  • 2kg×2個
  • 1kg
  • 1kg
  • 冷燻
  • -
  • 温燻
  • 熱燻

魚介類│燻製食材のおすすめランキング5選

第5位

川口水産

紀州和歌山の釜上げしらす

価格:2,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ごはんにかけたい燻製食材

しらすも、簡単に美味しくできる燻製食材の1つです。下処理はキッチンペーパーで水気を切るだけなので、初心者でも手軽に作ることができます。しっとり感を残したければ温燻、パリッと仕上げたければ熱燻と、好みに合わせて方法を選びましょう。

 

ほかほかのごはんにかけるのにぴったりで、いくらでも箸が進みそうです。そのほか、お酒のおつまみやおやつとしても美味しくいただけます。

内容量200g×3パック冷燻-
温燻熱燻
第4位

遠別漁業協同組合

北海道産 水ダコ ボイルカット

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自家製たこくんにぴったり

燻製したタコは、お酒のお供にぴったりです。漬け込みや塩抜き、乾燥といった下ごしらえが必要ですが、市販のたこくんとはまた違った味わいを楽しめます。時間があるときにはぜひ試してみてください。

 

こちらの商品はすでにカットされているタコなので、その点では時短調理が可能です。量もたっぷり入っているため、作り置きで使いたいときにもおすすめします。

内容量1kg冷燻
温燻熱燻
第3位

北海道特産品 吉粋

北海道鵡川産ししゃも

価格:5,810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お酒に合うししゃもも燻製に

お酒のおつまみとして定番のししゃも。シンプルに塩焼きでも良いですが、燻製をすることでより美味しくなります。必要な下ごしらえは常温での乾燥くらいなので、かかる時間も手間も少ないです。

 

外はカリッと、中はしっとりと仕上がり、お酒との相性もぴったりです。また、子持ちししゃもを使うと、燻製の香りと卵の食感が組み合わさって、なんともいえない美味しさになります。

内容量20尾(オス10尾・メス10尾)冷燻
温燻熱燻
第2位

黒帯

お刺身 生ほたて 北海道 天然

価格:5,850円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燻製で引き立つほたてのうまみ

ほたては、定番の燻製食材の1つといえるでしょう。スモーキーな香りがほのかに香り、うまみが凝縮されたほたての燻製は、ぜひお酒と一緒に楽しんでいただきたいです。また、燻製した後、バターで炒めるとまろやかな味になります。

 

肉厚で食べごたえがあり、生で食べても十分に美味しいほたてです。1kgという大容量なので、さまざまな調理法を試しながら味わってみてください。

内容量1kg冷燻
温燻熱燻
第1位

シーフードマックス

炙りサーモン ハラス 切り落し 業務用

価格:1,750円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道燻製食材のサーモン

燻製といわれて思い浮かぶ食材の中で、サーモンはもっともメジャーなものではないでしょうか。冷燻で仕上げるスモークサーモンが一般的ですが、熱燻で作るホットスモークサーモンも美味しいです。キャンプの際に作るのにおすすめです。

 

こちらは解凍した後そのまま食べられる商品ですが、燻製をすることで豊かな香りをプラスすることができます。おつまみとしてもごはんのお供としても最適です。

内容量500g冷燻
温燻熱燻

魚介類│燻製食材のおすすめランキングの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5439353の画像

    シーフードマックス

  • 2
    アイテムID:5439350の画像

    黒帯

  • 3
    アイテムID:5439355の画像

    北海道特産品 吉粋

  • 4
    アイテムID:5439357の画像

    遠別漁業協同組合

  • 5
    アイテムID:5439360の画像

    川口水産

  • 商品名
  • 炙りサーモン ハラス 切り落し 業務用
  • お刺身 生ほたて 北海道 天然
  • 北海道鵡川産ししゃも
  • 北海道産 水ダコ ボイルカット
  • 紀州和歌山の釜上げしらす
  • 特徴
  • 王道燻製食材のサーモン
  • 燻製で引き立つほたてのうまみ
  • お酒に合うししゃもも燻製に
  • 自家製たこくんにぴったり
  • ごはんにかけたい燻製食材
  • 価格
  • 1750円(税込)
  • 5850円(税込)
  • 5810円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 2400円(税込)
  • 内容量
  • 500g
  • 1kg
  • 20尾(オス10尾・メス10尾)
  • 1kg
  • 200g×3パック
  • 冷燻
  • -
  • 温燻
  • 熱燻

野菜類│燻製食材のおすすめランキング5選

第5位

808青果店

とってもあま~い トマト

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燻製オイル漬けにおすすめ

あまり燻製食材としてのイメージがないトマトですが、作り方を工夫すれば美味しくできます。例えば、燻製をした後にオイル漬けすれば、スモーキーな香りがトマトの甘さを引き立ててくれます。そのまま食べるもよし、パスタなどに入れるもよしです。

 

下処理はスライスしてから乾燥させるというものですが、丁寧にやらないと食感がいまいちになってしまうので、注意しましょう。初心者というよりは、ある程度燻製の経験がある方におすすめの食材です。

内容量4kg冷燻-
温燻熱燻-
第4位

幸田商店

べにはるか ほしいも

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燻製の香りで甘みが引き立つ

強い甘みが特徴の、べにはるかのほしいもです。燻製をすると、スモーキーな香りがアクセントとして加わり、少し大人っぽい味わいに変わります。おやつやお酒のおつまみとしてぴったりです。

 

700gとある程度量が入っているため、燻製したものとしていないものを食べ比べてみても良いかもしれません。冷燻と温燻に適した食材なので、自分の好みに合わせて作ってみてください。

内容量700g冷燻
温燻熱燻-
第3位

吉良食品

九州産 乾燥ごぼう

価格:1,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おつまみにもトッピングにも

ごぼうも燻製に合う食材です。こちらは手軽に使える乾燥タイプなので、皮をむいたり洗ったりといった下処理の手間を省くことができます。普段の料理に使う際も楽ちんなおすすめ商品です。

 

ごぼうの燻製はそのままおつまみとして食べるのも良いですが、うどんやカレーなどのトッピングに使うのにもおすすめします。普段の料理に、ちょっとしたアクセントを加えることができます。

内容量40g×3パック冷燻-
温燻熱燻
第2位

キユーピー

サラダクラブ 北海道コーン ホール

価格:1,238円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スナック感覚で食べられる

とうもろこしは、手軽にできるおつまみとしてぴったりな燻製食材です。ざるに入れて乾燥させ、燻製した後で、しょうゆやバター、一味など、お好みの味付けをして楽しむことができます。スナックのような味でお酒も進みます。

 

フレッシュなとうもろこしを使っても良いですが、楽さを求めるならパックや缶詰タイプのものがおすすめです。北海道産の甘いとうもろこしを、手間をかけずに味わえます。フレッシュタイプより長持ちするのも嬉しいポイントです。

内容量50g×10個冷燻-
温燻熱燻
第1位

淡路アグリファーム

淡路島 玉ねぎ

価格:1,780円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸ごと燻製で甘みを引き立てる

玉ねぎは、丸ごとスモークして食べるのがおすすめの燻製食材です。そうすることで、面倒な下処理が必要なくなるというだけでなく、甘みと旨味が凝縮された玉ねぎローストが出来上がります。

 

完成した玉ねぎの燻製ローストは、熱々の状態で食べるのがおすすめです。塩とオリーブオイルでシンプルに味付けすると、玉ねぎ本来の美味しさを堪能できます。見た目のインパクトも強いので、豪勢な食卓に並べるのにも最適です。

内容量5kg冷燻-
温燻熱燻

野菜類│燻製食材のおすすめランキングの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5439364の画像

    淡路アグリファーム

  • 2
    アイテムID:5439368の画像

    キユーピー

  • 3
    アイテムID:5439361の画像

    吉良食品

  • 4
    アイテムID:5439369の画像

    幸田商店

  • 5
    アイテムID:5439362の画像

    808青果店

  • 商品名
  • 淡路島 玉ねぎ
  • サラダクラブ 北海道コーン ホール
  • 九州産 乾燥ごぼう
  • べにはるか ほしいも
  • とってもあま~い トマト
  • 特徴
  • 丸ごと燻製で甘みを引き立てる
  • スナック感覚で食べられる
  • おつまみにもトッピングにも
  • 燻製の香りで甘みが引き立つ
  • 燻製オイル漬けにおすすめ
  • 価格
  • 1780円(税込)
  • 1238円(税込)
  • 1078円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 2700円(税込)
  • 内容量
  • 5kg
  • 50g×10個
  • 40g×3パック
  • 700g
  • 4kg
  • 冷燻
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 温燻
  • 熱燻
  • -
  • -

その他、変わり種│燻製食材のおすすめランキング5選

第5位

森永乳業

森永絹ごしとうふ

価格:1,693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるでチーズのようななめらか食感

豆腐を燻製させると、チーズのようななめらかな食感に仕上がります。新感覚のおつまみとして楽しめるので、お酒が好きな方はぜひ試してみてください。

 

ただし、しっかり水を切って乾燥させないと、べちゃべちゃとした仕上がりになってしまうので、丁寧に下ごしらえをしましょう。絹ごし豆腐と木綿豆腐では食感も味もちがうので、両方とも作って食べ比べてみてはいかがでしょうか。

内容量290g×12個冷燻
温燻熱燻
第4位

亀田製菓

亀田の柿の種

価格:214円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番のスナックも燻製で美味しく

おつまみになるスナックとして定番の柿の種。燻製をすることで、またちがった美味しさを楽しむことができます。スモーキーな香りがアクセントになり、つい手が止まらなくなってしまいます。

 

一緒に入っているピーナッツも燻製に適しているので、一緒に燻してみてはいかがでしょうか。やりすぎると焦げ臭く感じてしまうため、加減がわからないうちは短めの時間で仕上げてみてください。

内容量200g冷燻-
温燻熱燻
第3位

ウイングエース

ロッキーマウンテンメガマシュマロ

価格:534円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香ばしくトロトロな仕上がり

マシュマロの燻製ときくと意外に思われるかもしれませんが、甘さと香ばしさの組み合わせがクセになります。外はカリカリ、中はトロトロに仕上がった燻製マシュマロは、デザートとしてもおつまみとしてもぴったりです。

 

下ごしらえは特に必要なく、そのままスモークするだけでいいので、初心者でも比較的簡単に扱える燻製食材です。火加減を間違えると焦げたり溶けたりしてしまうので、その点には十分注意しましょう

内容量340g冷燻-
温燻熱燻
第2位

3G CARE

ミックスナッツ 3種類

価格:1,989円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつものミックスナッツに特別感を

お手軽なおつまみの代表格であるミックスナッツも、燻製でワンランク上の味に変わります。下処理をせずに作れて、時間もそれほどかからないので、初心者の方にもおすすめです。

 

燻製してそのまま食べるのはもちろん、はちみつと合わせると甘みと塩分のバランスがたまらないです。独特の香りがクセになります。ウイスキーやワイン、ビールなど、お好みのお酒と一緒に楽しんでみてください。

内容量1kg冷燻
温燻熱燻
第1位

雪印

北海道100 カマンベールチーズ

価格:498円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚な味わいのスモークチーズに

燻製食材として定番のチーズですが、中でもおすすめなのがカマンベールチーズです。カマンベールの濃厚な味わいが、スモーキーな香りによく合います。熱々の状態でも、少し冷ましてからでも美味しく食べることができます。

 

下ごしらえなしでできるという手軽さも嬉しいポイントです。パンに載せたり、チーズフォンデュ風にしてみたりと、楽しみ方が幅広いので、ぜひ一度作ってみてください。

内容量100g冷燻
温燻熱燻

その他、変わり種│燻製食材のおすすめランキングの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5439150の画像

    雪印

  • 2
    アイテムID:5439154の画像

    3G CARE

  • 3
    アイテムID:5439151の画像

    ウイングエース

  • 4
    アイテムID:5439158の画像

    亀田製菓

  • 5
    アイテムID:5439157の画像

    森永乳業

  • 商品名
  • 北海道100 カマンベールチーズ
  • ミックスナッツ 3種類
  • ロッキーマウンテンメガマシュマロ
  • 亀田の柿の種
  • 森永絹ごしとうふ
  • 特徴
  • 濃厚な味わいのスモークチーズに
  • いつものミックスナッツに特別感を
  • 香ばしくトロトロな仕上がり
  • 定番のスナックも燻製で美味しく
  • まるでチーズのようななめらか食感
  • 価格
  • 498円(税込)
  • 1989円(税込)
  • 534円(税込)
  • 214円(税込)
  • 1693円(税込)
  • 内容量
  • 100g
  • 1kg
  • 340g
  • 200g
  • 290g×12個
  • 冷燻
  • -
  • -
  • 温燻
  • 熱燻

燻製の際に用意したいグッズもチェック

燻製に慣れてきたら、専用の道具を揃えてみるのもおすすめです。燻製鍋やチップなど、自分の好みや使い勝手の良さにあわせて選んでみましょう。

本格派の方は「燻製鍋」を使ってみよう

フライパンで作ることもできる燻製ですが、やはり本格的にやりたいのであれば燻製鍋を使うのがおすすめです。各ブランドによって機能性もデザインもさまざまなので、しっかり検討したうえで購入しましょう

 

さまざまなメーカーの燻製鍋があるので、ぜひ自分にぴったり合うものを探してみてください。使いやすいものを選ぶことで、燻製がより楽しくなります。

味にこだわるなら燻製食材に合った「チップ」を選ぼう

燻製食材は、それぞれに合ったチップを選んでスモークすることでより美味しくなります。チップにはサクラ、ヒッコリー、ブナなど、さまざまな種類があり、どれも香りのタイプや強さが異なります。

 

どの食材にどのチップが合うのか試してみることで、燻製の腕がますます上がります。初心者のうちはオーソドックスなものだけでもいいですが、慣れてきたら別のものに手を出してみるのもいかがでしょうか。燻製がますます楽しくなるはずです。

いぶりがっこのおすすめ人気ランキング9選

燻製のおつまみ・いぶりがっこのおすすめ人気ランキング9選は下記の記事で紹介しています。選び方作りも合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

燻製食材で日々の食卓をより豊かにしよう

今回は、燻製食材のおすすめをランキング形式で紹介しました。燻製食材は、作り方や食材のジャンル、チップとの相性などから選ぶことが大切です。今回紹介したものを普段の食卓やキャンプやバーベキューでのメニューに取り入れて、燻製を楽しんでみてください。

TOPへ