記事ID142646のサムネイル画像

初心者向けも!カルヴァドスの人気ランキング25選【ブランデー】

カルヴァドスはアップルブランデーの一種で、日本ではブラー社の銘柄などがよく流通しています。今回は初心者向けの安いものからXOなどの高級品まで、おすすめのカルヴァドスを25品紹介します。ソーダ割りやカクテルなどの飲み方も解説するので、参考にしてください。

りんごとお酒が好きならカルヴァドス

「カルヴァドス」という名前は聞いたことあるけど、実際に飲んだことはないという方もいるでしょう。カルヴァドスはコニャック・アルマニャックと並ぶ3大ブランデーの一種です。りんごを使った蒸留酒なので、りんご好きにはぴったりと言えるでしょう。

 

しかし、いざカルヴァドスを購入するとなると、どれを選んで良いか分からないという方も多いはずです。そこで今回はカルヴァドスの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

この記事の最後にはカルヴァドスの飲み方も合わせて紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

カルヴァドスを選ぶ軸!

1.AOC(産地):カルヴァドスのAOC(原産地統制呼称)は3つあります。産地によってリンゴや梨の味わいや風味が異なるので注目すべきです。

 

2.熟成期間:カルヴァドスはシードルを蒸留した後、最低2年以上樽で熟成しなければいけません。この熟成期間の長さによって、味わいに変化があります。

 

3.目的:カルヴァドスは飲用だけでなく、料理や製菓にも使えます。またプレゼント用なら見た目にもこだわるべきです。

カルヴァドスの選び方

そもそもカルヴァドスとは、アップルブランデーの一種です。コニャックやアルマニャックなどの一般的なブランデーは原料にぶどうを使いますが、カルヴァドスにはりんごとセイヨウナシが用いられます。カルヴァドスを選ぶ際は以下のポイントに注目しましょう。

AOC(産地)で選ぶ

カルヴァドスは「Appellation d'Origine Contrôlée(AOC)」の対象です。AOC、日本語でいう「原産地統制呼称」とは、特定の産地で生産された製品に対する品質保証の制度を指します。

 

いわゆるシャンパンがフランスのシャンパーニュ地方で製造されたものだけを指すように、カルヴァドスもノルマンディー地方で製造されたものしか、その呼称を使うことはできません。

 

カルヴァドスのAOCは以下の3種類です。それぞれで産地などAOCの条件が違うため、品質や味などが異なります。ちなみにカルヴァドスに用いられるシードルアップルは48種類(+洋梨数種類)で、それぞれ甘味・苦味・甘苦味・酸味に違う特徴を持ちます。

一級品である「カルヴァドス ペイ・ドージュ」

カルヴァドス ペイ・ドージュ(Calvados Pays d'Auge)は、カルヴァドス ペイ・ドージュ地方で製造されるカルヴァドスです。カルヴァドス ペイ・ドージュ地方はノルマンディーの中央北東に位置し、カルヴァドス県・オルヌ県・ウール県を含みます。

 

AOCの条件は、シードルアップル以外の洋梨(ポアレ)の比率を30%以下に抑えることやアルコール度数を40%以上にすること、オーク樽での熟成期間を2年以上設けることなどです。また蒸留回数も2回(単式蒸留)と決められています。これはコニャックと同様です。

 

リンゴ栽培に適したカルヴァドス ペイ・ドージュ地方の高級リンゴをふんだんに使って製造するため、高値で取引されるような一級品が目立ちます。「カルヴァドスの王様」と呼ばれることもあるようです。

希少価値の高い「カルヴァドス ドンフロンテ」

カルヴァドス ドンフロンテ(Calvados Domfrontais)は、洋梨の比率が30%以上のカルヴァドスです。ノルマンディー地方の中央南にあるカルヴァドス ドンフロンテは洋ナシの生産が盛んな地域で、リンゴと洋梨の奥深いマリアージュを味わうことができます。

 

他のAOCの条件は、アルマニャックと同様に半連続式蒸留で製造することや3年以上オーク樽で熟成させること、アルコール度数を40度以上することなどです。

 

そもそもの生産量が少なく、日本ではあまり流通しない種類ではありますが、ブランデーが好きな方はぜひ一度お試しください。

 

 

 

初心者におすすめの「カルヴァドスAC」

カルヴァドス県をはじめとするノルマンディー地方全域に、マイエンヌやウール、サルトなどの県を加えた広範囲で製造されるカルヴァドスです。いくつかの産地で醸造されたシードルやポアレをブレンドして蒸留されることもあります。

 

AOCの条件はオーク樽で2年以上熟成させること、アルコール度数40度以上にすることです。蒸留方式に決まりがなく、比較的リーズナブルな価格で入手できるため、とにかくカルヴァドスを一度飲んでみたいという方はカルヴァドスACを試すと良いでしょう。

 

ちなみに蒸留方法に規制はありませんが、半連続式の1回蒸留が定番です。

熟成期間で選ぶ

カルヴァドスは、リンゴを原料にした蒸留酒である「オー・ド・ヴィー・ド・シードル(Eau de Vie de Cidre)を樽で2年以上熟成したものを指します。この樽熟成の長さによって味わいや香りが変化するため、選ぶ際は注目すべきです。

 

熟成年数が長くなればオル・ダージュ(hors d'age)」と呼ばれるようになり、高級品として取引されます。

スイーツ作りやソーダ割りには熟成が浅いものがおすすめ

スイーツ作りや料理には、若くて安いカルヴァドスがおすすめです。実際、ノルマンディー地方の郷土料理でも、カルヴァドスはよく用いられます。チキンの酒蒸しや焼き菓子、タルトなどの味に深みを出すことができます。特にリンゴを使ったお菓子には相性抜群です。

 

また熟成期間が短いカルヴァドス(5年以内)はアルコール感が強く、ストレートだとかなりパンチが効いていますが、ソーダ割りやカクテルなら問題ありません。炭酸水やジンジャーエール、トニックウォーターと混ぜれば、リンゴのフレッシュな香りが楽しめます。

 

スッキリと若々しい香りが楽しめるため、料理と一緒に飲めば食欲も増進するでしょう。

まずは熟成期間6〜15年のものから始めるべき

6年以上オーク樽で熟成させたカルヴァドスは、香りやアルコール感のバランスが良くなり、深みのあるまろやかな味わい・舌触りを楽しめるようになります。そのため、初心者には6年〜15年程度熟成させたものが良いでしょう。

 

飲み方としては、まずはストレートや水割りなどで楽しむのがおすすめです。リンゴや梨の酸味や甘味を味わいましょう。

目的で選ぶ

カルヴァドスを買いたいという方は、晩酌や料理・スイーツ作り、友人へのプレゼントなど、様々な目的をお持ちでしょう。

ストレートで飲むなら少し高級なものがおすすめ

ストレートで飲みたいという方は、少し高級なものがおすすめです。リーズナブルなカルヴァドスは、熟成期間が短く、アルコール感が強いものが多いので、そのまま飲むのには向きません。そのため、熟成期間が長く、まろやかで深みのあるものを選びましょう。

 

一方でソーダ割りなどにしてたくさん飲みたいという場合は、リーズナブルなカルヴァドスの方がパンチが効いているのでおすすめです。

料理・製菓にはクッキングカルヴァドス

アップルパイなどのスイーツ作りやパン作りには「クッキングカルヴァドス」がおすすめです。料理・製菓用のミニチュアサイズなので、リーズナブルな価格で入手できます。

 

ガレットやシチューなどの料理に少し加えると、味に深みが出るので隠し味としても良いでしょう。

プレゼント用にはりんごが丸ごと入ったものを

リンゴが丸ごと一個瓶に入ったものや瓶がリンゴの形をしたものなどは、味だけでなく見た目も楽しめるため、プレゼント向きと言えるでしょう。

味わいで選ぶ

カルヴァドスを選ぶ上で一番重要になるのは味わいです。以下の内容を参考に、ご自身にぴったりの味わいを探してください。

初心者には熟成期間が長いものがおすすめ

先述した通り、カルヴァドスは熟成期間が長い方が味わい深くなります。逆に熟成が短いと味や香りのフレッシュさやパンチはあるものの、飲むにはアルコール感がキツ過ぎる場合も多いです。そのため、初心者なら6年以上熟成のものが良いでしょう。

料理と一緒に飲むならフレッシュなカルヴァドスを

フレッシュで香り高いカルヴァドスは、食事の際に食欲を刺激してくれます。そのため、料理のお供として楽しみたいという場合は、熟成期間が短いものを選ぶのもおすすめです。飲み方はストレートやロックでも結構ですが、ソーダ割りも良いでしょう。

カルヴァドス ペイ・ドージュのおすすめ人気ランキング6選

第6位

ADRIEN CAMUT

カルヴァドス 18年

価格:16,080円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

16世紀から続く名家が作る一級品

アドリアンカミュは16世紀から自家蒸留を行う名家で、現在も家族が手作業で製造している希少価値の高いカルヴァドスです。蒸留にはコニャックと同じシャトラント式が使われています。18年もの歳月を樽の中で過ごしたカルヴァドスの芳醇さや奥深さをお楽しみ下さい。

熟成期間18年特徴家族が手作業で製造
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格23.0円

18年の歳月を思い返しながら、芳醇な香り、豊かな味わいに感動しました。大切な方と飲んでいただきたいです。 

出典:https://item.rakuten.co.jp

第5位

ブラー

グランソラージュ

価格:2,248円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本におけるカルヴァドスの定番

おそらく日本で最も流通量の多いカルヴァドスはこれでしょう。何でも良いから一度カルヴァドスを飲んでみたいという方におすすめです。カルテルベースやコーヒー・紅茶に混ぜて飲むのも良いでしょう。

 

ちなみにブラー社はペイ・ドージュでのカルヴァドス作りにこだわっているため、これも立派なカルヴァドス ペイ・ドージュです。りんごの若々しいフルーティな香りが楽しめます。

熟成期間2〜5年特徴フレッシュでフルーティな香り
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格3.21円

りんごの風味が効いてて、とても美味しかったです。
おすすめはストレートですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

クール・ド・リヨン

クリスチャン ドルーアン

価格:8,558円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リンゴが丸々1個入った面白い品

リンゴの果実が丸々1個入ったユニークなカルヴァドスです。見た目だけでなく味も確かで、上品で奥深い甘味が味わえます。ちなみに銘柄名の「クール・ド・リオン」は「獅子の心」を意味するそうです。

熟成期間5年特徴リンゴの果実が丸ごと入っている
度数40度容量1000ml
1mlあたりの価格8.56円

友達の誕生日プレゼントに購入しました。
上品な香りと甘みがとても良く、ついつい飲みすぎてしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

デュポン

フィーヌ

価格:4,540円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中の高級レストランで評判のカルヴァドス

デュポン社は家族経営で最高級のカルヴァドスを蒸留する会社です。バーボンのように内側を焦したオーク樽で熟成されるため、香りが強いという特徴があります。

 

世界中の高級レストランやホテル、バーに出荷されているカルヴァドスなので、クオリティは確かです。

熟成期間2年以上特徴焦したオーク樽で熟成されるため、パンチが強い
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格6.49円

他のカルヴァドスとは違うパンチの効いた強烈な香りが最高です!!
樽の内側を焦がした故らしいですが更に熟成年数を進めた物が見つからないのが悔やまれます

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

BOULARD

ブラー X.O.

価格:5,274円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

120種類のリンゴを使った最上級品

ブラーXOは、カルヴァドスの老舗メーカー「Boulard(ブラー)」が製造する高級品です。日本に流通しているブラーのカルヴァドスの中では最上級品と言えるでしょう。

 

ペイ・ドージュ産の最上級リンゴを120種類使用した複雑な味わいが魅力です。まろやかな甘味に特徴があります。ブランデーの中でも上級のXOを5,000円台で楽しめるため、コスパの良い商品と言えるでしょう。

熟成期間12年特徴なめらかな口当たり
度数40%容量700ml
1mlあたりの価格7.53円

普段ウイスキーを飲んでいて、ブランデーは飲んだ事がなかったので購入しました。
ブドウよりもリンゴが好きなのでりんごのブランデーにしました。口当たりがまろやかでほんのり甘く感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Chateau Breuil

シャトー ド ブルイユ V.S.O.P.

価格:5,768円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルーティでありながら力強い逸品

4年熟成のフレッシュなカルヴァドス ペイドージュです。フルーティでありながら力強さも味わえる良品で、少し熟したリンゴやアーモンドなどのフレーバーが楽しめます。比較的熟成が浅いカルヴァドスなので、カルテルベースとしてもおすすめです。

熟成期間4年特徴フレッシュなアーモンドのような味わい
度数40%容量700ml
1mlあたりの価格8.24円

友人へのプレゼント用に購入しました。大変喜んでくれたので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

カルヴァドス ペイ・ドージュのの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5425631の画像

    Chateau Breuil

  • 2
    アイテムID:5425681の画像

    BOULARD

  • 3
    アイテムID:5425703の画像

    デュポン

  • 4
    アイテムID:5425795の画像

    クール・ド・リヨン

  • 5
    アイテムID:5425831の画像

    ブラー

  • 6
    アイテムID:5425952の画像

    ADRIEN CAMUT

  • 商品名
  • シャトー ド ブルイユ V.S.O.P.
  • ブラー X.O.
  • フィーヌ
  • クリスチャン ドルーアン
  • グランソラージュ
  • カルヴァドス 18年
  • 特徴
  • フルーティでありながら力強い逸品
  • 120種類のリンゴを使った最上級品
  • 世界中の高級レストランで評判のカルヴァドス
  • リンゴが丸々1個入った面白い品
  • 日本におけるカルヴァドスの定番
  • 16世紀から続く名家が作る一級品
  • 価格
  • 5768円(税込)
  • 5274円(税込)
  • 4540円(税込)
  • 8558円(税込)
  • 2248円(税込)
  • 16080円(税込)
  • 熟成期間
  • 4年
  • 12年
  • 2年以上
  • 5年
  • 2〜5年
  • 18年
  • 特徴
  • フレッシュなアーモンドのような味わい
  • なめらかな口当たり
  • 焦したオーク樽で熟成されるため、パンチが強い
  • リンゴの果実が丸ごと入っている
  • フレッシュでフルーティな香り
  • 家族が手作業で製造
  • 度数
  • 40%
  • 40%
  • 40度
  • 40度
  • 40度
  • 40度
  • 容量
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 1000ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 1mlあたりの価格
  • 8.24円
  • 7.53円
  • 6.49円
  • 8.56円
  • 3.21円
  • 23.0円

カルヴァドス ドンフロンテのおすすめ人気ランキング2選

第2位

ルモルトン

レゼルヴ 10年

価格:8,570円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フランスの名門ホテルに納められる希少な品

ドンフロンテ地区にあるルモントン家が、自家で蒸留・熟成する希少価値の高いカルヴァドスです。フランスの名門ホテルにも納められる良品で、辛口のキリッとした味わいが楽しめます。

熟成期間10年特徴辛口・希少価値が高い
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格12.2ml

りんごだけでなく洋梨が多く含むのでもう少しマイルドで飲みやすいかと思ったら、辛口でした。

出典:https://item.rakuten.co.jp

第1位

パコリ

12年 ドンフロンテ

価格:8,050円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夫婦で作る洗練されたカルヴァドス

希少価値の高いカルヴァドス ドンフロンテですが、日本ではパコリの商品が比較的多く流通しています。パコリ家は18世紀からドンフロン地区でカルヴァドス作りを行う由緒正しきメーカーです。ちなみに現在はご夫婦でカルヴァドス作りをしておられます。

 

歴史の長さを感じさせる奥深くて、洗練された味わいが特徴です。

熟成期間12年特徴洗練された味わい
度数41度容量700ml
1mlあたりの価格11.5円

品質、サービスとも大変満足しておりリピートしています。 

出典:https://item.rakuten.co.jp

カルヴァドスACのおすすめ人気ランキング7選

第7位

ペール・マグロワール社

フィーヌ

価格:2,868円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フランスではメジャーなコスパの良い一品

ペール・マグロワール社は1821年から続く老舗メーカーで、フランスでは抜群の知名度を誇ります。フレッシュな香りが特徴のカルヴァドスで、カクテルベースとしてもおすすめです。もちろんストレートでも十分美味しく頂けます。

熟成期間2年以上特徴フレッシュな味わい
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格4.10

期待とおりの滑らかな味です。と言っても、ストレートは時々で、もっぱらカクテルで味わってますが。美味いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Spirit France

20年 ペールレーゼ コルドンブルー

価格:8,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20年熟成させた一級品

20年間熟成させた奥深いカルヴァドスです。バタースコッチやナツメグを感じさせるスパイシーな風味を楽しむことができます。バニラやシナモン、焼きリンゴなどの複雑な後味も特徴です。

 

長期間熟成させた本格的な一級品ながら、1万円以下の価格で購入できるため、コスパの良い商品だと言えます。

熟成期間20年特徴スパイシーな風味・バニラやシナモンなどを感じさせる後味
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格12.7円

コニャックとは全然別物でりんご由来と思われる香りが素晴らしい。酸味は他の蒸留酒では味わえないものがある。特にこのカルヴァドスは一級品なので、非常に美味しかった。と言うよりは、美味しい商品だから一級品である。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

第5位

コッケレル

カルヴァドス・ポム・ド・イブ

価格:6,347円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレゼントにおすすめしたい神秘的なカルヴァドス

ポム・ド・イブ(Pomme d'eve)とは「イブのリンゴ」という意味で、ボトルに丸ごと一個入ったリンゴが旧約聖書を連想させる神秘的なカルヴァドスです。フルーティな味わいが特徴で、ビジュアルからもプレゼントに最適な一品と言えるでしょう。

熟成期間2年以上特徴フルーティな味わい
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格9.07円

とても不思議で綺麗でした。
味も美味しゅうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

クール・ド・リヨン

クッキングカルヴァドス

価格:1,704円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スイーツ作りに最適なクッキングカルヴァドス

「クッキングカルヴァドス」という名前の通り、アップルパイやアップルタルト、キャラメルリンゴなどのスイーツ作りに最適の一品です。鶏肉のクリーム煮など料理にも良いでしょう。調理用のミニチュアサイズなので、飲まない人にはちょうど良いサイズです。

熟成期間2年以上特徴ミニチュアボトル・製菓や料理に最適
度数40度容量200ml
1mlあたりの価格8.52円

製菓用に購入。アップルパイなどに入れると大人向けにグレードアップするのに最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Spirit France

ヴィエイユレゼルヴ グべルヴィル卿

価格:6,700円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パリのコンクールで金賞を受賞した高級品

ヴィエイユレゼルヴ グべルヴィル卿は2019年パリ農業コンクールVSOP部門で金賞を受賞したカルヴァドスです。モンサンミッシェル近郊の果樹園で採れたりんごだけを用いて製造されます。

 

辛口でスパイシーな風味が特徴で、飲み方としてはストレートがおすすめです。焼きリンゴやシナモンなどのフレーバーが味わえるでしょう。りんごの形をした瓶も特徴的で、プレゼントにも最適です。

熟成期間4年特徴辛口でスパイシー・焼きリンゴやシナモンなどのフレーバー
度数40度容量500ml
1mlあたりの価格13.4円

薫り高い辛口のカルヴァドスでした。良い意味で期待を裏切られました。これでしたら、甘口のチョコレートとも相性が良いのではないでしょうか。 

出典:https://item.rakuten.co.jp

第2位

ドメーヌ・ド・コックレル

カルヴァドス・フィーヌ

価格:1,934円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良いマイルドなカルヴァドス

1000円台で購入できるのにも関わらず、香りが良いと評判のコスパの良いカルヴァドスです。お手頃価格でたくさん飲みたいという方におすすめです。りんごのお菓子作りや紅茶に混ぜて味わうのも良いでしょう。味は比較的マイルドなようです。

熟成期間2年以上特徴マイルドな味わい
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格2.76

りんごのお菓子を作るために購入しました。価格が手頃なわりに香りもよく大変良かったです。

出典:https://item.rakuten.co.jp

第1位

モラン

カルバドス セレクション

価格:2,440円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴史あるリーズナブルな良品

モランのカルヴァドスは手頃な価格で美味しいものを飲みたいという方におすすめです。モラン社は1889年創業の老舗メーカーなので、カルヴァドスの王道と言えるでしょう。

 

熟成期間は短いものの芳醇で複雑な味わいがあり、ほんのりバニラのフレーバーも楽しめます。リンゴの甘味が特に感じられる商品のため、甘口の方には良いでしょう。

熟成期間2〜3年特徴甘口・ほのかにバニラ風味
度数40度容量700ml
1mlあたりの価格3.46円

とにかく、美味しいカルヴァドスです。甘口の好みの方はお試しになると良いと思います。このような商品を飲むと、値段など関係なく感じます。

出典:https://item.rakuten.co.jp

カルヴァドスACの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5425890の画像

    パコリ

  • 2
    アイテムID:5425904の画像

    ルモルトン

  • 3
    アイテムID:5425854の画像

    Spirit France

  • 4
    アイテムID:5425868の画像

    クール・ド・リヨン

  • 5
    アイテムID:5425929の画像

    コッケレル

  • 6
    アイテムID:5425939の画像

    Spirit France

  • 7
    アイテムID:5425960の画像

    ペール・マグロワール社

  • 商品名
  • 12年 ドンフロンテ
  • レゼルヴ 10年
  • ヴィエイユレゼルヴ グべルヴィル卿
  • クッキングカルヴァドス
  • カルヴァドス・ポム・ド・イブ
  • 20年 ペールレーゼ コルドンブルー
  • フィーヌ
  • 特徴
  • 夫婦で作る洗練されたカルヴァドス
  • フランスの名門ホテルに納められる希少な品
  • パリのコンクールで金賞を受賞した高級品
  • スイーツ作りに最適なクッキングカルヴァドス
  • プレゼントにおすすめしたい神秘的なカルヴァドス
  • 20年熟成させた一級品
  • フランスではメジャーなコスパの良い一品
  • 価格
  • 8050円(税込)
  • 8570円(税込)
  • 6700円(税込)
  • 1704円(税込)
  • 6347円(税込)
  • 8900円(税込)
  • 2868円(税込)
  • 熟成期間
  • 12年
  • 10年
  • 4年
  • 2年以上
  • 2年以上
  • 20年
  • 2年以上
  • 特徴
  • 洗練された味わい
  • 辛口・希少価値が高い
  • 辛口でスパイシー・焼きリンゴやシナモンなどのフレーバー
  • ミニチュアボトル・製菓や料理に最適
  • フルーティな味わい
  • スパイシーな風味・バニラやシナモンなどを感じさせる後味
  • フレッシュな味わい
  • 度数
  • 41度
  • 40度
  • 40度
  • 40度
  • 40度
  • 40度
  • 40度
  • 容量
  • 700ml
  • 700ml
  • 500ml
  • 200ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 1mlあたりの価格
  • 11.5円
  • 12.2ml
  • 13.4円
  • 8.52円
  • 9.07円
  • 12.7円
  • 4.10

カルヴァドスの飲み方

カルヴァドスにはストレートやオンザロック、ソーダ割り、カクテルなど様々な飲み方があります。そのままの味わいを楽しむのも良いですが、自分なりのアレンジを楽しむのもおすすめです。

本来の味わいを楽しむストレートやオンザロック

やはりまずはストレートでカルヴァドス本来の味わいを楽しむのがおすすめです。特に熟成期間の長いものや値段が高いものは、そのままでも十分美味しく頂けます。チョコやチーズをつまみにするのが良いでしょう。

 

ストレートではアルコール感がキツ過ぎるという場合はオンザロックでも構いません。また水割りもおすすめです。割合はカルヴァドスと水を1:1で混ぜると良いでしょう。これは「トワイスアップ」というウイスキーのテイスティングに用いられる飲み方です。

料理と一緒に飲むならソーダ割り

カルヴァドスはよく食前酒や食後酒として飲まれますが、料理と一緒に飲むのもおすすめです。食事の際に飲むなら、若くてパンチのあるカルヴァドスをソーダ割りにして飲むのが良いでしょう。食欲が刺激され、食事をより一層美味しく頂けます。

 

清涼感があるので、夏などの暑い日にはぴったりです。

色んなカクテルで楽しむ

カルヴァドスを使ったカクテルもいくつか存在します。また自分なりに組み合わせをアレンジして楽しむのも良いでしょう。

ノルマンディー地方では定番のブラー・トニック

作り方:カルヴァドス45ml+トニックウォーター適量

 

ノルマンディー地方の定番カクテルです。カルヴァドスにはブラー社のグランソラージュを使うのが一般的ですが、お手持ちのカルヴァドスで良いでしょう。カルヴァドスが持つ甘味やコクが引き立つ、夏におすすめのカクテルです。

 

タンブラーで作ればアルコール度数5%程度のほのかに甘いお酒になるので、アルコールが苦手な人にもおすすめできます。

アメリカ人が好むジャック・ローズ

作り方:カルバドス・レモンジュース・グレナデンシロップを3:1:1の割合でシェークする。レモンジュースはライムジュースでも可。

 

アメリカでよく飲まれるショートカクテルで、アメリカ人がカルヴァドスを「アップル・ジャック」と呼ぶことからその名が付けられました。酸味と甘味が楽しめるカルヴァドスがメインのカクテルです。

手軽に作れるブラー・バック

作り方:カルヴァドス45ml+ジンジャーエール適量

 

カルヴァドスにジンジャーエールを注ぐだけの簡単なカクテルです。カルヴァドスが持つリンゴの風味を存分に味わうことができます。リーズナブルなカルヴァドスを購入し、晩酌のレパートリーに加えるのも良いでしょう。

自分なりのアレンジを楽しもう

上記以外にもノアノアやアップル・カーなどのカクテルがありますが、自分なりのアレンジをすれば無限の楽しみ方ができます。例えば、冬にはお湯割でナイトキャップというのも良いでしょう。シナモンやハーブ、レモンなどを浮かべて、香りを変えることもできます。

 

他にも紅茶やコーヒーに加えても良いですし、別のリキュールと組み合わせるのも良いでしょう。

 

カルヴァドスの歴史

カルヴァドスは9世紀頃から存在していたと言われており、ノルマンディー地方では少なくとも16世紀には蒸留が行われていたという文書が残っています。ノルマンディー地方はりんご栽培に適した土壌や気候を持っており、自家製のシードルを作る家庭も多いようです。

カルヴァドスの蒸留所を見てみよう

りんご園や樽熟成など蒸留所の風景にロマンを感じる人も多いはずです。以下の記事ではカルヴァドス蒸留所の中を覗くことができます。ぜひ一度目を通してみてください。

ブランデーのおすすめ人気ランキング25選

ブランデーのおすすめ人気ランキング25選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。国産のアップルブランデーもあるので、カルヴァドスと合わせて試してみましょう。

自分に合ったカルヴァドスを見つけよう

カルヴァドスには「カルヴァドス ペイドージュ」「カルヴァドス ドンフロンテ」「カルヴァドスAC」という3種類のAOCがあります。また熟成期間も重要で、初心者には6〜15年熟成がおすすめです。さらに目的にも注目し、自分に最適のカルヴァドスを見つけましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ