記事ID142497のサムネイル画像

高音質!ヘッドホンアンプのおすすめ人気ランキング25選【ギターにも】

ヘッドホンアンプは、イヤホンやヘッドホンで聴く音の質を上げてくれるアイテムですが、据え置き型やPC向け、ゲーム用、ギター用など種類が豊富で、選ぶのに悩む方も多いですよね。そこで今回、ヘッドホンアンプのおすすめの選び方や人気商品をランキング形式でご紹介します。

ヘッドホンアンプとは?音質に嬉しい効果

ヘッドホンアンプは、イヤホンやヘッドホンなどの機器を接続して、迫力のある高音質の音楽を聴くことができる商品です。使用したことのない方は「音質はそこまで変わらないのではないか」、「接続方法も複雑なのではないか」といった疑問を持つ方もいますよね。

 

実は、ヘッドホンアンプを自作する人もいるほど音質にこだわっている方が多く、そのニーズに合わせて、多くのヘッドホンアンプが登場しているのです。まずは一度試してみて、実際に音の良さを実感してほしい商品です。

 

しかし、種類が多いため、どれを選んで良いかわからないという方もいますよね。そこで今回、ヘッドホンアンプの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ヘッドホンアンプの選ぶ軸!

1.種類:ヘッドホンアンプにはいくつかの種類があります。自分の使用する場所や目的に合わせて、適したものを選ぶようにしましょう。

 

2.音質:とにかく音質の良いヘッドホンアンプを選びたいという方は、ハイレゾ音源対応の商品やDSD方式を採用した商品に注目してみましょう。

 

3.電源タイプ:ヘッドホンアンプは、商品によって電源タイプが異なります。使用場所や自分が使いやすいと思う電源タイプの商品を選ぶようにしましょう。

 

4.接続方式:商品によって、入力方式や出力方式などが異なります。自分が使用する機器に対応しているものを選ぶようにしましょう。

 

5.メーカー:ヘッドホンアンプは様々なメーカーから販売されており、特色も異なります。主要メーカーの特色を押さえ、選ぶ際の目安にしてみましょう。

 

6.予算:ヘッドホンアンプの価格帯は幅広いため、初心者であれば1万円以下、日頃から使用している方は予算を決めて、適した商品を選べるようにしましょう。

ヘッドホンアンプの選び方

数あるヘッドホンアンプの中から自分に合った商品を見つけるために、選ぶ際のポイントをいくつか押さえておきましょう。

種類で選ぶ

ヘッドホンアンプには、サイズや重量などが異なるいくつかの種類があります。それぞれの特徴を確認してみましょう。

据え置きのPCやスピーカーとの接続なら「据え置き型」

据え置き型のヘッドホンアンプは、決まった場所に設置して使用するタイプです。ヘッドホンアンプを使用する場所が限られており、自宅などで音質にこだわり、音楽を楽しみたいという方におすすめです。

 

据え置き型のヘッドホンアンプには、価格の安い入門用モデルから、マニア向けの高級モデルまで数多くのモデルが揃っています。また、入力端子や出力端子の種類や数も多い傾向があるため、様々な機器の接続に便利です。

持ち運びをする方は「ポータブル型」

ポータブル型のヘッドホンアンプは、コンパクトサイズで、持ち運びに便利なタイプです。好きな時にいつでもどこでも使用することができるため、携帯用のオーディオプレーヤーやスマートフォンに入っている音楽を高音質で楽しみたい方におすすめです。

 

据え置き型に比べると、入力端子や出力端子の種類や数が少ないため、接続できる機器が限られますが、そのぶん価格が安いことも特徴の一つです。

柔らかい音質を求めるなら中華製などの「真空管」ヘッドホンアンプ

真空管ヘッドホンアンプは、小さな電気信号を真空管によって大きな音に増幅してくれるヘッドホンアンプです。温かみのある奥深い音色を楽しむことができるのが最大の特徴ですが、その分価格も高い傾向があります。

 

しかし現在では、中国製(中華)などの海外製の商品が安く販売されていることもありますので、気になる方は試してみると良いでしょう。

用途に応じて「ギター」や「ベース」用、「ゲーム」用などを選ぶ

ヘッドホンアンプには、ギターやベースなどの楽器に接続できるものもあります。楽器を練習したくても、大きな音を出せない場合がありますよね。そんな時、ギターやベース用のヘッドホンアンプを使用すれば、場所を気にせず練習することができます。

 

ケーブルを使用せずに直接プラグインできる商品や、端子の種類が多く、他の機器で音楽を再生しながら演奏ができる商品もありますので、自分が使いやすいと思うものをチェックしてみましょう。

 

また、ゲームをする際にヘッドホンアンプを使用する場合には、ゲーム用のヘッドホンアンプ(ゲーミングアンプ)が適しています。自分の使用目的に合わせて、適した商品を選ぶようにしましょう。

音質で選ぶ

ヘッドホンアンプは、商品によって音質が異なります。自分が望む音質を持ち合わせている商品を選ぶために、どのような点に注目すればよいか確認してみましょう。

きめ細やかな音質を求めるなら「ハイレゾ」音源対応

「ハイレゾ」とは、ハイレゾリューション(高解像度)のことを指します。スタジオで録音したマスター音源に限りなく近い高解像度の音源(データ)のことを、ハイレゾ音源と言います。

 

このハイレゾ音源は、CDよりも情報量が多く、きめ細かな空気感と臨場感のある音を表現してくれますが、ヘッドホンアンプもハイレゾ音源に対応したものでなければ意味がありません。

 

そのため、ハイレゾ音源を再生したいと思っている方は、購入するヘッドホンアンプがハイレゾ音源に対応しているかどうかを必ずチェックするようにしましょう。

なめらかで透明感のある音質を求めるなら「DSD」方式

DSDとは、Direct Stream Digital(ダイレクトストリームデジタル)の略で、音声をデジタル化する方式の一つです。DSDは、ソニーとフィリップスが開発し、スーパーオーディオCD(SACD)で採用されました。

 

これまでは「PCM方式」が主流でしたが、PCM方式よりも高いサンプリング周波数をもっていて、なめらかで透明感があるため、注目を集めています。DSD音源を保有していて、より音源に忠実な再生を楽しみたいという方は、DSD方式に対応した商品を選んでみましょう。

電源のタイプで選ぶ

ヘッドホンアンプの電源は、商品によってタイプが異なります。どのようなタイプがあるのか、チェックしてみましょう。

コンセントやUSBで給電するなら「AC電源」・「USBバス電源」

AC電源は、家庭用のコンセントで駆動するタイプです。安定した電源供給が可能なため、主に据え置きタイプのヘッドホンアンプに採用されています。また、AC電源の他、USBバス電源に対応している商品もあります。

 

USB電源は、USBによる接続で駆動するタイプであるため、近くにコンセントが無い場所でも使用することができます。自分がヘッドホンアンプを使用する場所が決まっているという方は、それに応じて選びましょう。

 

また、はっきりと使用場所が決まっていないという方は、AC電源とUSBバス電源の両方に対応している商品を選んでおくと間違いないでしょう。

簡単に使用したいなら「乾電池式」

乾電池式は、主にポータブル型のヘッドホンアンプに採用されています。電池が切れてしまった場合にも、替えの電池さえ持ち合わせていれば、いつでもどこでも使用することができます。

 

また、乾電池式のヘッドホンアンプは、構造がシンプルな分、本体がコンパクトになっている商品も多くあります。こまめに充電をすることができない方や手軽に持ち運びをしたい方には、乾電池式のヘッドホンアンプがおすすめです。

手軽に持ち運びをしたいなら「バッテリー式」

バッテリー式も、乾電池式同様、主いポータブル型のヘッドホンアンプに採用されています。あらかじめ充電をしておけば、替えの電池なども持ち歩く必要がないため、手軽に持ち運びをすることができます。
 
しかし、商品によってバッテリーの最大駆動時間が異なりますので、自分がヘッドホンアンプを使用する時間に合わせて、十分な駆動時間が確保されている商品を選ぶようにしましょう。
 
また、USBバスによる充電ができる商品もありますので、必要な方は合わせてチェックしてみることをおすすめします。

接続方式で選ぶ

ヘッドホンアンプは様々な機器を接続して使用しますが、商品によって入力端子や出力端子が異なるため、自分が使用する機器に対応したものを選ぶ必要があります。どのような接続方式があるのか、あらかじめ確認をしていきましょう。

「入力端子」は主流のデジタルで選ぶ

ヘッドホンアンプへの音声入力方式には、デジタルとアナログの2種類があります。たとえば、「USB」や「光(オプティカル)」、「同軸(コアキシャル)」などはデジタル接続です。

 

デジタルは、ヘッドホンアンプに内蔵された「DAC(Digital to Analog Converter)」により、デジタルからアナログへ信号を変換します。

 

一方、オーディオ機器側で信号変換が行われた後、「RCA」や「フォーン」を使用して入力されるのがアナログ接続です。現在はデジタル信号を利用した入力が主流となっていて、特に、PCやスマホとの接続に便利な「USB」入力が好まれています。

「出力端子」は接続する機器に対応したものを選ぶ

ヘッドホンアンプの出力端子は、スマホなどに搭載されている「3.5mmステレオミニ」と、音楽機材などに使用されている「6.3mmステレオ標準」の二つが主流となっています。

 

ほとんどのヘッドホンには変換がついているため、どちらでも使用することが可能ですが、中には変換がない商品もあります。そのため、しっかりと確認をして、自分のイヤホンやヘッドホンに対応したヘッドホンアンプを選ぶようにしましょう。

高音質で楽しみたいなら「バランス接続」がおすすめ

音楽を高音質で聴きたいという方には、バランス接続がおすすめです。バランス接続とは、左右の音を完全に分離した接続方式です。右と左の音のバランスを取って音楽を再生してくれるため、クリアで細かく、綺麗な音楽を楽しむことができます。

 

しかし、バランス接続に対応したヘッドホンアンプは、価格が高い傾向があります。また、端子も一般的なものではない「4.4mm」や「2.5mm」を採用している商品もありますので、選ぶ際には注意が必要です。

メーカーで選ぶ

ヘッドホンアンプは、数あるメーカーから販売されています。そのメーカーによっても特色が異なりますので、どのような違いがあるのか押さえておきましょう。

様々なフォーマットに対応する商品なら「KORG(コルグ)」

「KORG(コルグ)」は、主に電子楽器などの製造販売を行っているメーカーです。特に人気の商品である「DS-DAC-10R」は、電子楽器で培った技術やノウハウを集結し、USBケーブルでPCと接続するだけで、より高品位な音楽を楽しむことができます。

 

MP3などの圧縮データから高音質のハイレゾ音源まで、さまざまなフォーマットにも対応していますので、複数の種類の音源を持っている方や高音質な音楽を楽しみたい方は、「KORG(コルグ)」の商品をチェックしてみましょう。

幅広いラインアップから選ぶなら「SONY(ソニー)」

「SONY(ソニー)」は、初心者向けからプロ向けまで、幅広いラインアップを揃えているメーカーです。SONY製品の中で特に人気があるのは、ポータブルヘッドホンアンプの「PHA-2A」です。

 

ハイレゾや、ヘッドホンバランス端子「4.4mmバランス接続」を採用し、バランス出力にも対応しています。ウォークマンやiPhoneなど、さまざまな機種に対応していることも人気があるポイントです。

老舗メーカーで選ぶなら「ONKYO(オンキョー)」

「ONKYO(オンキョー)」は、老舗音響メーカーの一つです。ONKYO製品の中で特に人気があるのは、ONKYO初のポータブルヘッドホンアンプ「DAC-HA200」です。

 

D/Aコンバーターにデジタルオーディオ信号を高性能に変換する「PCM5102」を内蔵しており、ハイエンドオーディオで培った技術を投入することで、高品位な音楽を再生することができます。

信頼の厚いメーカーで選ぶなら「TEAC(ティアック)」

「TEAC(ティアック)」は、古くからハイエンドのオーディオ用機器を販売し、オーディオファンの信頼も厚いメーカーです。TEAC製品の中でも特に人気があるのは「UD-505」です。

 

「UD-505」は、最先端の技術と伝統に熟成されたオーディオ回路や設計思想が融合した、高品位な据え置き型ヘッドホンアンプです。アナログ、光デジタル、USBなど豊富な入出力端子を搭載するほか、DSDにも対応しています。

予算で選ぶ

ヘッドホンアンプの価格帯は幅広く、値段が高ければ高いほど性能が良い傾向があります。これまでヘッドホンアンプを使用したことが無いという方は、入門用として、まずは1万円未満のものから試してみると良いでしょう。

 

これまでにヘッドホンアンプを使用していて買い替えを検討しているという方は、自分の予算の範囲内で、どの程度の性能があれば十分であるかを見極めて選んでいきましょう。

据え置き型|ヘッドホンアンプの人気おすすめランキング7選

第7位

Topping

A50 ヘッドホンアンプ

価格:18,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる種類のヘッドフォンを簡単に駆動

A50は、20〜200KHZの超広周波数応答を提供し、CD(20-20kHz)および日本Hi-RESオーディオ規格(20-40kHz)を超えているヘッドホンアンプです。ボリュームノブの位置をデジタル化し、データをJRC1195に送信して正確なボリュームコントロールを行います。

 

出力電力は2200mwで、OdB/ 9dBオプションゲインを使用すると、強力な出力であらゆる種類のヘッドフォンを簡単に駆動できます。内蔵のフルバランスアンプは、シングルエンドおよびバランスヘッドフォンと互換性があります。

電源タイプ-音質-
入力端子-出力端子3.5mm/6.35mmヘッドフォンジャック
バランス接続

口コミを紹介

一聴から出音が素晴らしく、レンジが広く特に中音から高音にかけての突き抜け感は爽快です。DACなし単機能アンプなので純粋にヘッドホンアンプ機能に注力した設計がいい意味で出音に表れてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

S.M.S.L

M500

価格:42,999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しくて簡潔なデザイン

ESS社の最新世代フラッグシップDACチップ「ES9038PRO」計1基、LDO電源IC「ES9311」計1基、ダブル・オペアンプIC 「OPA1612」計3基を搭載。対応ファイルフォーマットが新たにMQAが加わり、多彩に音楽を楽しむことができます。

 

アルマイト加工とR取り加工によるアルミニウムCNC精密ケースで、高級感があり、耐久性にも優れています。アルミニウムパネルにより、不要振動を抑制し、より純粋なサウンドが実現できます。

電源タイプAC電源音質-
入力端子USB、光ファイバx2、同軸出力端子ライン(RCA)/ バランス ライン(XLR)/ 6.35mm ヘッドホン端子
バランス接続-

口コミを紹介

S.M.S.L の製品ははじめて購入しましたが、恐ろしい完成度です。MQAにも対応しており、あと5年は立派に活躍してくれそうです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

marantz(マランツ)

HD-DAC1 ヘッドホンアンプ

価格:50,685円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マランツ初のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ

横幅25cm×奥行き27cmのコンパクトボディに、定評あるUSB-DAC機能と新開発の無帰還型出力バッファーを搭載したヘッドホンアンプ。デスクサイドにコンパクトなPCオーディオシステムを構築し、ヘッドホンやパワードスピーカーで高品位なサウンドを楽しめます

 

Hi-Fiオーディオシステムに組み込んでも十分なパフォーマンスを発揮できるよう、入念な設計、サウンドチューニングを行っています。データオーディオ高音質化技術「デジタル・アイソレーション・システム」や「デュアル・クリスタル・クロック」を搭載。

電源タイプAC電源音質ハイレゾ対応、DSD
入力端子USB-B × 1 / 同軸デジタル × 1 / 光デジタル × 2 / アナログ ( 3.5mmステレオミニ )× 1 / USB-A ( フロント ) × 1 / マランツリモートバス ( RC-5 ) × 1出力端子マランツリモートバス ( RC-5 ) × 1
バランス接続-

口コミを紹介

初めてのUSB DACですが使い安く音も良いのでお薦めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Dilvpoetry

DAC-X6pro ヘッドホンアンプ

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歪みやノイズを低減

ACチップCS4398、CS8416、CM6642を搭載し、USB・光ファイバ・同軸三つの入力で、どちらも最大24bit/192KHzをサポートできます。TPA6120 + OPA2134 + UPC1237 + NE5532Pの優れたチップ設計。

 

USB・光ファイバ・同軸三つの入力モード切替ボタンがあり、プラグアンドプレイで、操作もしやすい仕様になっています。購入日から30日間の返金及び12ヶ月の製品保証(修理対応)がついているのも嬉しいポイントです。

電源タイプAC電源音質ハイレゾ対応
入力端子USB出力端子6.35mmヘッドホン
バランス接続-

口コミを紹介

PCからの出力を光出力としてDACで光入力にして使用していますが特に問題なく再生できています。梱包内にUSB入力用のケーブルもあったのですが其方は使っておりません。DACからの出力にはKZ ZS7使用していますが特に問題なく使えております。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

FX-AUDIO-

PH-A2J

価格:7,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電流帰還型ハイエンドヘッドホンアンプ

FX-AUDIO-ブランドより、アナログ2系統入力に対応した高音質ヘッドホンアンプが新登場。電流帰還型ハエインドヘッドホンアンプIC TPA6120を搭載し、ハイインピーダンスヘッドホンも余裕で駆動するパワーと高音質を実現

 

DAC-X6Jで好評を博したTPA6120ヘッドホンアンプICの高スルーレートによる繊細な表現力と、パワフルなドライブ感をアナログ入力で楽しむことができます。

電源タイプAC電源音質-
入力端子ステレオRCA端子 / 3.5mmステレオミニジャック出力端子標準ヘッドフォンジャック(Φ6.3mm TRSフォーンジャック)
バランス接続-

口コミを紹介

アンプの音質ですが全体にフラットぎみの優等生的な音のなり方で、1台はもっておいて損はない音質だと思います。こういう素直な音のアンプだといろんなヘッドホンの特徴が聞き分けやすくて良いのではないかと思います。組み合わせも頭の中で想像しやすいですからね

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

FOSTEX

ヘッドホンアンプ HP-A3

価格:21,155円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾに対応した32bit DAC内蔵のヘッドホンアンプ

USBバスパワーによる電源駆動。PLL専用電源を搭載し、電源を再生成することでより高い安定化を実現した商品です。スタジオで使用される高インピーダンスヘッドホンも十分にドライブ可能なヘッドホン・アンプを搭載。

 

オーディオ用高品位コンデンサーや高級オーディオ用OPアンプなど、厳選したアナログ部品を採用。USB/デジタル(OPTICAL)のインプット・セレクター、ヘッドホン /RCA(アナログ)のアウトプット・セレクターも搭載しています。

電源タイプUSB音質ハイレゾ対応
入力端子ステレオ標準ジャック出力端子ANALOG OUTPUT(L, R) 端子 / DIGITAL OUTPUT 端子
バランス接続-

口コミを紹介

PCで音楽を気楽に良い音で聴きたく、DACをいろいろ物色してましたが、最終的にこのHP-A3に決めました。少し古い機種となりますが、必要十分で丁度良いDACでした。この製品と「Music Bee」Wasapi排他モードで聴くと、高音伸びや解像度ともに満足いくレベル。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

デノン(Denon)

DA-310USB

価格:40,284円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縦置き可能

ネットワークオーディオプレーヤー「DNP-2500NE」と同様に新世代のデジタルアンプソリューション「DDFA」を採用したフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプを搭載しています。

 

高速かつ極めて精度の高いデジタル・フィードバック・ループを用いることにより、音源に含まれる情報を損なうことなくヘッドホンをドライブします。すべてをデジタルドメインで処理することにより、極めて鮮度が高く原音に忠実な音楽再生を実現しました。

電源タイプAC電源音質ハイレゾ対応、DSD
入力端子USB-B入力×1、光デジタル入力×2、同軸デジタル入力×1出力端子ヘッドホン出力(ステレオ標準ジャック)×1、アンバランス出力×1
バランス接続-

口コミを紹介

PCには多数の音楽が入っているため普段聞く分は携帯からOTGケーブルでUSB Bに繋げています。写真の通りPCM352.8kHz 楽曲によってFOSTEX 900,nighthhawk,で聞き分けています。音の密度感が違いますね。買って良かったです。スマホなら全く場所を取りませんよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

据え置き型|ヘッドホンアンプの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5412896の画像

    デノン(Denon)

  • 2
    アイテムID:5412901の画像

    FOSTEX

  • 3
    アイテムID:5412905の画像

    FX-AUDIO-

  • 4
    アイテムID:5412908の画像

    Dilvpoetry

  • 5
    アイテムID:5412911の画像

    marantz(マランツ)

  • 6
    アイテムID:5412915の画像

    S.M.S.L

  • 7
    アイテムID:5412918の画像

    Topping

  • 商品名
  • DA-310USB
  • ヘッドホンアンプ HP-A3
  • PH-A2J
  • DAC-X6pro ヘッドホンアンプ
  • HD-DAC1 ヘッドホンアンプ
  • M500
  • A50 ヘッドホンアンプ
  • 特徴
  • 縦置き可能
  • ハイレゾに対応した32bit DAC内蔵のヘッドホンアンプ
  • 電流帰還型ハイエンドヘッドホンアンプ
  • 歪みやノイズを低減
  • マランツ初のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ
  • 美しくて簡潔なデザイン
  • あらゆる種類のヘッドフォンを簡単に駆動
  • 価格
  • 40284円(税込)
  • 21155円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 50685円(税込)
  • 42999円(税込)
  • 18600円(税込)
  • 電源タイプ
  • AC電源
  • USB
  • AC電源
  • AC電源
  • AC電源
  • AC電源
  • -
  • 音質
  • ハイレゾ対応、DSD
  • ハイレゾ対応
  • -
  • ハイレゾ対応
  • ハイレゾ対応、DSD
  • -
  • -
  • 入力端子
  • USB-B入力×1、光デジタル入力×2、同軸デジタル入力×1
  • ステレオ標準ジャック
  • ステレオRCA端子 / 3.5mmステレオミニジャック
  • USB
  • USB-B × 1 / 同軸デジタル × 1 / 光デジタル × 2 / アナログ ( 3.5mmステレオミニ )× 1 / USB-A ( フロント ) × 1 / マランツリモートバス ( RC-5 ) × 1
  • USB、光ファイバx2、同軸
  • -
  • 出力端子
  • ヘッドホン出力(ステレオ標準ジャック)×1、アンバランス出力×1
  • ANALOG OUTPUT(L, R) 端子 / DIGITAL OUTPUT 端子
  • 標準ヘッドフォンジャック(Φ6.3mm TRSフォーンジャック)
  • 6.35mmヘッドホン
  • マランツリモートバス ( RC-5 ) × 1
  • ライン(RCA)/ バランス ライン(XLR)/ 6.35mm ヘッドホン端子
  • 3.5mm/6.35mmヘッドフォンジャック
  • バランス接続
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

ポータブル型|ヘッドホンアンプの人気おすすめランキング7選

第7位

ソニー(SONY)

ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1A

価格:12,749円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デジタル接続で高音質を実現

あ原音に忠実な高音質を手軽に再生するポータブルヘッドホンアンプです。非同期伝送方式(Asynchronous)を採用し、最大192kHz/24bitに対応。本機独自のクロックを生成し、送信側のクロックジッターの影響を排除することで高音質を実現しました。

 

また、192kHz/24bitのハイレゾオーディオに対応することにより、高音質コンテンツの実力をあますことなく再現。シールド効果のあるアルミケースを採用することで、音質劣化の原因となる外部ノイズも徹底的に低減します。

電源タイプバッテリー式音質ハイレゾ対応
入力端子USB出力端子ステレオミニ音声端子
バランス接続-

口コミを紹介

興味本位で購入してしまうほどの素人ですが、明らかに差がありました。ステレオ感があり今まで聞き取りづらく埋もれているような楽器の音がよく聞こえるような気がします。なんというか・・・・聖徳太子みたな感じでw

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Audiolab

ポータブルヘッドホンアンプ

価格:6,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリー不要のヘッドホンアンプ

高級DACチップとアンプが内蔵され最大24bit/192kHzのデジタルハイレゾオーディオ対応が可能なヘッドホンアンプです。クリアでオーディオの細かい所を再現させ、最高なオーディオ体験を提供します。

 

17gの重さと57x17x8mmのボディーで、持ち運びにとても便利。いつでもどこでも高音質の音楽を楽しむことができます。また、ヘッドホンアンプが接続されたスマートフォンから給電されるため、充電は一切不要です。

電源タイプ-音質ハイレゾ対応
入力端子USB-Cコネクタ出力端子3.5mmステレオミニジャック
バランス接続-

口コミを紹介

コンパクトなのに音質をかなりあげてくれます。素晴らしい商品だ思います。32Bitにすると従来の音とは全く違い、一つ一つの音の迫力が増し、音楽の細部もクリアになりました。接続安定性も全く問題無し、充電時間も短く、ワイヤレス充電対応も便利、大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

EarStudio

ES100 MK2

価格:20,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

24bitポータブル高解像度Bluetoothヘッドホンアンプ

スタジオ品質のサウンドを提供するように設計された24ビットBluetoothヘッドホンアンプ(レシーバー)です。既存の有線ヘッドフォン、イヤフォン、またはスピーカーと接続してください。

 

ES100は、デジタル信号をアナログ信号に変換するAKM社のAK4375a DACを左/右チャンネルにそれぞれ分離して構成することで、シングルDACを搭載したモデルより解像度/臨場感が高くなり、さらに豊かなサウンドを楽しむことができます。

電源タイプバッテリー式音質ハイレゾ対応
入力端子Bluetooth出力端子2.5mm 4極Balanced output
バランス接続

口コミを紹介

音はとてもいいですスマホとイヤホンを有線接続するよりも良くなります。スマホとアンプ有線接続するとさらに良いです。豊富なコーデックで高性能なマイク。頻繁にアップデートしていてBluetooth5.0にも対応しました。嬉しい誤算です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA50BT BK

価格:4,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

再生も通話もワイヤレスでこなす

優れた駆動力で力強いサウンドを放つ、50mW+50mWの高出力ヘッドホンアンプです。オーディオ信号ラインと電源部にフィルムコンデンサを配置、高域特性を改善し高解像度再生します。

 

楽曲や好みに合わせて音質を切り換えられる、4種類のエフェクトモード(AM3D)を搭載。日本語楽曲タイトル、着信電話番号、電池残量などの情報を表示できる有機ELディスプレイも付いています。

電源タイプバッテリー式音質-
入力端子Bluetooth 3.0出力端子3.5mmステレオミニジャック
バランス接続-

口コミを紹介

まず、非常に軽くてコンパクト。形容するにマッチ箱が一番近いですから携帯性は抜群です!ホルダーが付いてますから、軽いんでホールド能力も極めて高いでしょう。まあそのかわし音量ノブがちゃっちく映りますが、自分は携帯性のメリットのが遥かに大きいと捉えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

FiiO

Q1 MarkⅡ

価格:12,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネイティブDSD再生に対応

Q1 Mark IIは、スマートフォンや他社製音楽プレーヤーと接続することで、自然で写実的なリスニング体験を提供することを目的とし、最先端の技術を投入し使いやすさと音質を兼ね備えた、DSDネイティブ再生に対応するUSB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプです。

 

インターフェース回路にはXMOSを搭載し、Q1 Mark IIは優れたパフォーマンスでより多くのフォーマットの再生に対応しています。最大384 kHz / 32 bitのPCMデータおよび11.2MHz(DSD256)のDSDデータの再生に対応します。

電源タイプバッテリー式音質ハイレゾ対応、DSD
入力端子ライン入力出力端子3.5 mmステレオジャック
バランス接続

口コミを紹介

バランス接続とBASSに満足しています。ケーブル=yinyoo16芯、イヤフォン=rose br5mk2、よく聴く音楽=メタル、ヘッドフォンのような鳴り方をします。特にBASSは強調し過ぎず自然に迫力を増してくれます。sonyのポタアンからの買い替えですが、大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

オンキヨー(Onkyo)

ポータブルヘッドホンアンプ DAC-HA200(B)

価格:10,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾがぐっと身近になる入門機器

お気に入りの音楽もハイレゾ音源も高品位に再生する、ONKYO初のポータブルヘッドホンアンプです。持ち運びしやすいコンパクトな本体サイズを実現しながら、その内部には音の再生技術が凝縮されています。

 

内蔵のD/Aコンバーターはデジタルオーディオ信号を高性能に変換可能なPCM5102を搭載。また、アンプ部にはプッシュ・プル構成のディスクリート回路を採用し、高品位な音楽再生を実現しました。

電源タイプバッテリー式音質ハイレゾ対応
入力端子ステレオミニ音声端子×1、USB端子(タイプA)×1、 Micro USB端子(タイプB)×1、光ミニ×1出力端子ステレオミニ音声端子×1
バランス接続-

口コミを紹介

ハイレゾ音源は申し分ない上に、CD音源も音圧十分で楽しめる。ポータブルサイズといえども、アンプが独立していることはそれだけで強力なのだと実感する。これだけのものが1万数千円で手に入る。なにより、冷たく金属質のズシリと重いアナログな質感が、アナログサウンド時代からのオーディオファンには懐かしくも嬉しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Neoteck

ポータブルヘッドホンアンプ

価格:2,899円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めての方にもおすすめ

本製品は、ポータブル型のヘッドホンアンプです。USBチャージ、内蔵式リチウム電池1500mAH、低電力消費などの特徴があり、初めてのヘッドホンアンプ購入ならこの商品をおすすめします。

 

3.5mm標準のAUX入力と出力ジャック付き。SNR>100Db、THD+N 0.0003%で、あらゆるな音声信号を高品質に再生することができます。アルミ製HIFIジャック付きで、MP3やMP4、携帯電話、パソコンなどのデバイスをサポートします。

電源タイプバッテリー式音質-
入力端子3.5mmジャック出力端子3.5mmジャック
バランス接続-

口コミを紹介

イメージ通りの品でヘッドホン音量が調整でき大変満足しております。
操作はとてもシンプルで、お好みの音量に調整するだけで、低音域をしっかり出してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ポータブル型|ヘッドホンアンプの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5412866の画像

    Neoteck

  • 2
    アイテムID:5412869の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • 3
    アイテムID:5412876の画像

    FiiO

  • 4
    アイテムID:5412882の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 5
    アイテムID:5412885の画像

    EarStudio

  • 6
    アイテムID:5412888の画像

    Audiolab

  • 7
    アイテムID:5412893の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • ポータブルヘッドホンアンプ
  • ポータブルヘッドホンアンプ DAC-HA200(B)
  • Q1 MarkⅡ
  • ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA50BT BK
  • ES100 MK2
  • ポータブルヘッドホンアンプ
  • ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1A
  • 特徴
  • 初めての方にもおすすめ
  • ハイレゾがぐっと身近になる入門機器
  • ネイティブDSD再生に対応
  • 再生も通話もワイヤレスでこなす
  • 24bitポータブル高解像度Bluetoothヘッドホンアンプ
  • バッテリー不要のヘッドホンアンプ
  • デジタル接続で高音質を実現
  • 価格
  • 2899円(税込)
  • 10000円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 20800円(税込)
  • 6800円(税込)
  • 12749円(税込)
  • 電源タイプ
  • バッテリー式
  • バッテリー式
  • バッテリー式
  • バッテリー式
  • バッテリー式
  • -
  • バッテリー式
  • 音質
  • -
  • ハイレゾ対応
  • ハイレゾ対応、DSD
  • -
  • ハイレゾ対応
  • ハイレゾ対応
  • ハイレゾ対応
  • 入力端子
  • 3.5mmジャック
  • ステレオミニ音声端子×1、USB端子(タイプA)×1、 Micro USB端子(タイプB)×1、光ミニ×1
  • ライン入力
  • Bluetooth 3.0
  • Bluetooth
  • USB-Cコネクタ
  • USB
  • 出力端子
  • 3.5mmジャック
  • ステレオミニ音声端子×1
  • 3.5 mmステレオジャック
  • 3.5mmステレオミニジャック
  • 2.5mm 4極Balanced output
  • 3.5mmステレオミニジャック
  • ステレオミニ音声端子
  • バランス接続
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

真空管|ヘッドホンアンプのおすすめ2選

ELEGIANT

Bluetooth 真空管 ヘッドホンアンプ

価格:6,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質なステレオが楽しめる

新登場のアンプは、人間工学に基づいて設計されています。高音質な原料を採用したデバイスは安定感があり、100W大出力のステレオサウンドを実現できます。過負荷、短絡により、過熱保護。高音、低音、およびボリュームコントロールも付いています。

 

持ち運びにも便利で、様々なシーンで自由に音楽を楽しむことができます。購入日から30日間の返金および90日の安心保証が付いているため、万が一の時にも安心です。

電源タイプAC電源音質-
入力端子Bluetooth / AUX出力端子3.5mmポート
バランス接続-

口コミを紹介

こまでの性能を持つアンプを、この価格で実現していることに驚愕した。重量級のアナログアンプは何だったのかと思わざるを得なかった。ビデオのダブルウーハーのスピーカーを余裕で鳴らしてくれた。スクラッチノイズが入っているのはレコードのせいで真空管の持ち味がしっかり出ている。

出典:https://www.amazon.co.jp

TOYOSO

HiFi 6J5真空管プリアンプ

価格:10,996円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetooth 5.0 対応の真空管ヘッドホンアンプ

iPod、スマートフォン、MP3プレーヤー、テレビ、ブルーレイプレーヤー、エコードット、CDプレーヤーなどのステレオホームオーディオシステムデバイスのほとんどに対応している真空管ヘッドホンアンプです。

 

32-300 ohmのヘッドフォンを駆動できる2つのNE5532クラシック47ヘッドフォンアンプアーキテクチャを採用しています。トーンコントロールのオン・オフを切り替えるパススルースイッチを特別に設計

電源タイプAC電源音質-
入力端子Bluetooth / USB / RCA出力端子RCA / 3.5mmヘッドフォン
バランス接続-

口コミを紹介

BluetoothでiPhone8に繋いでハイレゾ音源を鳴らしたり、音質で評価の高いiPod classic第5世代をauxからRCA変換で鳴らしてみたり、結果「ちょー楽しい、いろいろできる。質感高い。イルミがキレイ、色の切り替えもできる。これでこの値段はすごいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ギター・ベース用|ヘッドホンアンプのおすすめ2選

ヤマハ(YAMAHA)

SESSIONCAKE SC-01

価格:6,300円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらサイズのつながるアンプ

「SessionCake」は、スピーカーを搭載しないヘッドホン専用のアンプです。アンプで大きな音を出すのが難しい環境でも、本製品を使えば、エレキギターなどの楽器の音をヘッドホンで聴きながら静かに演奏や練習をすることができます。

 

さらに「SessionCake」同士を最大8台まで接続することが可能で、一人での楽器練習だけでなく仲間とのセッションにも対応する柔軟なシステムとして高い利便性を発揮します。それぞれの演奏音が全員に共有されヘッドホンでモニターでき、セッションが楽しめます。

電源タイプ乾電池式入力端子-
出力端子-

口コミを紹介

ヘッドホンとセッションケーキを持っていくだけで、バンドメンバーと自宅で音合わせできます。スタジオに入る前段階でこれで合わせておくと、スタジオ代が浮きますよ。
また、ヘッドホンでのモニターは自分の音もバンドメンバーの音も、普段スタジオで聴くよりかなりクリアに聴こえます。

出典:https://www.amazon.co.jp

KORG(コルグ)

VOX amPlug2 AC30

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直接プラグインできるアンプ

ギターに直接プラグ・インできるカジュアルさ、アナログ回路にこだわった本格サウンド、バリエーション豊富なラインナップと、2007年の登場以来、超ロングセラーを続けるamPlugシリーズが一新しました。

 

こだわりのアナログ回路を大幅に改良し、各モデルに3つのモードを用意。ギター・タイプにはエフェクト機能、ベース・タイプにはリズム機能をプラス。さらに180度回転する収納式プラグ機構、自動電源オフ機能と、ユーザビリティも格段にグレードアップしました。

電源タイプ乾電池式入力端子AUX
出力端子ヘッドホン

口コミを紹介

とても良い。そのままギターに差せばすぐに弾けます。音も良いです。
リバーブ、コーラス、ディレイもかかります。
エフェクターと連結すれば普通のアンプと変わりないですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲーム用|ヘッドホンアンプのおすすめ2選

ASTRO Gaming(アストロ ゲーミング)

MixAmp Pro TR MAPTR-002

価格:16,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PlayStation 4やパソコン用に

eスポーツ アスリート、コンテンツ制作者、ストリーマー、およびゲーム開発者を含めたプロゲーマー向けのプレミア ゲーミング オーディオ ソリューションです。

 

MixAmp Pro TRは、音声チャットとゲームオーディオの切り替え、ミキシングを簡単に調整可能に。ゲーム内チャットが重要になる様々なタイトルで、より楽しむことができます。ゲーミングだけでなく音楽鑑賞と幅広く使用することができます。

電源タイプUSB接続端子ヘッドセット コネクタ、3.5mm Aux入力、デジタル デイジーチェーン ポートx2

口コミを紹介

全FPSプレイヤーの皆さん、音の事で悩んでいる時は、ヘッドセットなどを買う前に、この商品を買いましょう。この商品、一言で表すならば、必需品です。私はこの商品を使い始めてから約2,3週間ほど経ちましたが、もうこれがないとFPSをプレイできません。そのぐらい世界が変わるのです。

出典:https://www.amazon.co.jp

EPOS | Sennheiser

GSX 1000

価格:34,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーミング&PC用オーディオアンプ 7.1ch

GSX1000は、ゲーミングのために作られた、USB接続タイプのバイノーラルオーディオアンプです。7.1チャンネルのバーチャルサラウンドシステムは、プロゲーマーの要望をもとに設計したもので、高品質のサラウンドを体感することができます。

 

直感的なタッチ操作が可能なLEDタッチパネルや、アルミ仕様のボリューム調整などを搭載、PC画面での操作は不要。PCとMACの両方に対応しています。

電源タイプUSB接続方式USB (PC側) / 3.5mm×3 (ヘッドセット、マイク、スピーカー)

口コミを紹介

ドライバーは不要でUSBを挿すだけすぐに使えます。音質はかなり良いと思います。自分の使ってるヘッドセットと良い感じにマッチします。定位置がかなりしっかりしててpubgなどの足音がかなり聞き取れます、さすがプロゲーマーがよく使われるデバイスだなと思いました!圧倒的に星5です

出典:https://www.amazon.co.jp

PC向け|ヘッドホンアンプのおすすめ2選

クリエイティブ・メディア

Creative Sound BlasterX G5

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USBでWindowsやMac、PS4に

Sound BlasterX G5は、PS4やパソコンのゲームの音を味方につけるデバイスです。それだけでなく、テレビの光音声出力に接続すると、テレビにつながるゲーム機や各種機器、映画の配信サービスも、高音質と効果的な音響技術で楽しむことができます。

 

Sound BlasterX G5には、3種類のプロファイル(音響効果)を保存可能。プロファイルはパソコン用BlasterX Acoustic Engine Proソフトウェアに様々なオーディオプロファイル(ゲーム・音楽・映画向け等)が準備されています。

電源タイプ-音質ハイレゾ対応
接続方式ヘッドセット(4極3.5mmミニ)/ ライン出力(3.5mmミニ)/光デジタル出力(丸型)/ ライン入力(3.5mmミニ)/光デジタル入力(丸型)/マイク入力(3.5mmミニ)/ マイクロUSB Type B(USB-PC)/ USB Type Aポート(USB-DEVICE)

口コミを紹介

音質は文句なしの良さで、fpsなどのゲームの際は音が聞こえやすくなり、またバーチャル7.1に対応しているので足音の方向がよく分かります。ps4に繋いだ際も、pcなどで設定せずともボタン一つで最適な設定にしてくれるので、その点はとても便利ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

AGPTEK

AGPTEK HA1

価格:3,650円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ対応&Bass Gain機能

AGPTEKのヘッドホンアンプは、音楽プレーヤー、スマホ、パソコンに接続し、音声信号を強化。音質を改善し、素晴らしい音楽のごちそうをもたらします。小型のデザインでポケットに入れても邪魔にならず、高品質のメタル殻で高級感があります。

 

また、高品質のオーディオ伝送を確保するために、ケーブル端子で金メッキ処理を採用。より高品質な音楽再生を実現しました。充電用のマイクロUSB端子が付いていて、1回の充電で10時間以上も駆動することができます。

電源タイプバッテリー式音質ハイレゾ対応
接続方式3.5mm AUX入出力

口コミを紹介

見た目は金属製のマットブラックで、価格を考えるとなかなかの高級感だと思います。劇的に向上した音質は望めなくてもしっかり音量アップしますし、低音強化機能は音割れすることなく重低音を増強してくれます。低音好きの方必聴です。

出典:https://www.amazon.co.jp

安い|ヘッドホンアンプの人気おすすめランキング3選

第3位

MACKIE

4WAYヘッドホンアンプ HM-4

価格:3,644円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用性に優れたヘッドホンアンプ

レコーディングスタジオだけでなく、ご自宅でもヘッドホンを複数台使いたいと思ったことありますよね。信頼と実績のあるブランドMackieが新たに開発した「HM-4」は、高品位サウンドで様々な用途で使えるヘッドホン分配アンプです。

 

リハーサルスタジオ、プライベートレコーディングスタジオだけでなくホームオーディオとして使用可能。4名の方が同時に、高品位ステレオサウンドを自分の好きな音量とお気に入りのヘッドホンで楽しむことができます。

電源タイプAC電源音質-
入力端子ステレオ標準×1出力端子ステレオ標準×4(ヘッドホン)
バランス接続-

口コミを紹介

購入して一週間ほど経ちましたが問題なく使えています。音質の目立った劣化もなく満足しています。これまではいちいちヘッドホンを抜き差ししていましたがこちらを購入してからはヘッドホンの差し込み口が増えてとても楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

スターテック(STARTECH.COM)

DACヘッドホンアンプ ICUSBAUDIO2D

価格:4,693円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2年間保証&無期限無料技術サポート付き

S/PDIFデジタルオーディオ出力機能と、標準3.5mmアナログオーディオ/マイク接続機能をシステムに追加するUSB外付けサウンドカードです。コンピューターケースを開かずに、内蔵サウンドカードを簡単にバイパスしたり交換することができます。

 

このUSB DAC(デジタル-アナログ コンバータ)は、録音・再生の両方で96KHz/24ビットサンプリングレートに対応し、Dolby Digital 5.1サラウンドサウンド(AC3)およびDTSパススルー対応3.5mm S/PDIFポートを提供、ホームシアター品質のサウンドを実現します。

電源タイプUSB音質5.1サラウンドサウンド
入力端子3.5mm Mini-Toslink(SPDIF、光学式)/ 3.5mm ミニジャック ×2出力端子USB Type-A(4ピン)USB 2.0
バランス接続-

口コミを紹介

電源要らずのUSB給電、USBケーブルが本体と一体タイプ、光出力端子は光ミニジャックで端子カバーはありません。今まで買った光出力出来るUSB-DACの中で最小サイズで邪魔にならず重宝してます。信号44.1kHz/48kHz/96kHzと電源の表示LEDが付いてることも動作確認に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Behringer(ベリンガー)

HA400 MICROAMP

価格:3,245円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4chステレオ・ヘッドホンアンプ

省スペース、利便性ともに完璧な手のひらサイズ、スタジオおよびステージアプリケーション向けのコンパクトな4chステレオ・ヘッドホンアンプです。あらゆるタイプのヘッドフォンに対応するこの超コンパクトな商品で、より多くのアプリケーションが実現します。

 

さらに、4チャンネル同時操作が可能。例えば、スタジオに4人の友人を呼んで、レコーディングを行いながらそれぞれにメインミックスを聴かせることが可能。その際、出力レベルコントローラーを使って各自が好みの音量に調節することも可能です。

電源タイプAC電源音質-
入力端子6.3mm標準フォン(ステレオ)出力端子6.3mm標準フォン(ステレオ)
バランス接続-

口コミを紹介

ヘッドホンの抜き差しが面倒だったので購入しました。音はこの値段としてはよいと思います。3.5mmのステレオミニプラグではなく6.3mmの標準プラグなので、ヘッドホンによっては変換プラグが必要なので注意が必要です。

出典:https://www.amazon.co.jp

安い|ヘッドホンアンプおすすめの比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5412586の画像

    TOYOSO

  • 1
    アイテムID:5412844の画像

    Behringer(ベリンガー)

  • 2
    アイテムID:5412856の画像

    スターテック(STARTECH.COM)

  • 3
    アイテムID:5412859の画像

    MACKIE

  • 商品名
  • HiFi 6J5真空管プリアンプ
  • HA400 MICROAMP
  • DACヘッドホンアンプ ICUSBAUDIO2D
  • 4WAYヘッドホンアンプ HM-4
  • 特徴
  • Bluetooth 5.0 対応の真空管ヘッドホンアンプ
  • 4chステレオ・ヘッドホンアンプ
  • 2年間保証&無期限無料技術サポート付き
  • 汎用性に優れたヘッドホンアンプ
  • 価格
  • 10996円(税込)
  • 3245円(税込)
  • 4693円(税込)
  • 3644円(税込)
  • 電源タイプ
  • AC電源
  • USB
  • AC電源
  • 音質
  • -
  • 5.1サラウンドサウンド
  • -
  • 入力端子
  • 6.3mm標準フォン(ステレオ)
  • 3.5mm Mini-Toslink(SPDIF、光学式)/ 3.5mm ミニジャック ×2
  • ステレオ標準×1
  • 出力端子
  • 6.3mm標準フォン(ステレオ)
  • USB Type-A(4ピン)USB 2.0
  • ステレオ標準×4(ヘッドホン)
  • バランス接続
  • -
  • -
  • -

ヘッドホンアンプの正しい使い方も学んでおこう!

せっかくヘッドホンアンプを購入しても、使い方や接続方法がわからず、使用できなければ意味がありませんよね。そのため、あらかじめヘッドホンアンプの正しい使い方も学んでおくことをおすすめします。

 

下記の記事にて、ヘッドホンアンプの正しい使い方について説明していますので、特に初めての方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ヘッドホンやイヤホンも品質の良いものへ切り替えてみよう!

ヘッドホンアンプは、接続する機器によっても、良い音への効果が異なります。例えば、現在使用しているヘッドホンやイヤホンの性能が低い場合、いくら高級なヘッドホンアンプを使用しても、満足のいく音質を得ることができません。

 

現在使用している機器の音質に満足のいっていない方は、思い切って新しいヘッドホンやイヤホンの購入も検討してみましょう。下記の記事にて、【高音質を】おすすめのハイレゾ対応ヘッドホン人気ランキング10選をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分にぴったりのヘッドホンアンプを手に入れよう!

ここまで、ヘッドホンアンプのおすすめの選び方や人気商品25選をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。種類や音質などによって選び方が異なりますので、ポイントを押さえて、より自分に合ったヘッドホンアンプを手に入れましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ