記事ID142335のサムネイル画像

スーパーで買える!亜麻仁油のおすすめ人気ランキング15選【国産も】

健康に良いとされる亜麻仁油ですが、ダイエットにも適しているという事もあり、多くの人から注目を集めているおすすめ商品です。国産の物も増えてきており、スーパーでも手軽に購入できるようになってきました。今回は亜麻仁油のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。お気に入りのレシピに使ってみてくださいね。

亜麻仁油の魅力とは?

オリーブオイルや亜麻仁油・えごま油など、今では一般的なサラダ油だけでなく様々な植物から摂れる油がスーパーなどで手軽に購入できるようになってきました。亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸は、美容効果やダイエットにも効果が期待できるとも言われています。

 

また、オメガ3脂肪酸系は別名「α-リノレン酸」とも言われ、人間の体の機能が正常に機能するのに欠かせない脂肪酸であり、人間の体内では作れない事から食事から摂取する事しかできない貴重な物質でもあります。

 

味噌汁やコーヒーに混ぜる事でα‐リノレン酸を手軽に摂取できる以外にもメリットが多い亜麻仁油ですが、どれを選んだら良いか迷いますよね。今回は、亜麻仁油の選び方やおすすめ商品、レシピなどをランキング形式で紹介していきます。購入を迷われている方はぜひ参考にして下さい。

亜麻仁油を選ぶ軸!

1.搾取方法:亜麻仁油は乾燥させた亜麻の種子から搾取されるものですが、圧を掛け過ぎたり、温度が高すぎた場合には亜麻仁油はせっかくの豊富な栄養素を破壊してしまう懸念があります。また、搾取方法によっては、不要なトランス脂肪酸が生成されてしまう可能性もあるので、搾取方法に注目して選ぶ事も大切です。

 

2.瓶のタイプ:亜麻仁油は非常に酸化しやすい油でもあります。その為、酸化を防いでくれるような瓶に詰めてある商品を選ぶという事も大切なポイントです。

 

3.内容量:亜麻仁油は、劣化するスピードが速い事でも知られています。保存料などの添加物はできるだけ避けたいという方も多いと思いますので、なるべく使い切れる量のものを選びましょう。

亜麻仁油の選び方

今ではスーパーでも手軽に購入できる亜麻仁油ですが、取り扱っている亜麻仁油の種類や産地様々で商品が増えてきているというのも事実です。ここでは、亜麻仁油を選ぶポイントについて詳しく紹介していきます。

「低温圧搾法」で搾取されたものを選ぶ

亜麻仁油を選ぶ際には、丁寧に圧搾された「低温圧搾法」により搾油されたものを選ぶというのも大切なポイントです。多くの油は高温で加熱して高い圧力を掛けたり、化学溶剤を使用して大量に搾油された物も多いものです。

 

しかし、この方法ではせっかくの亜麻仁油の魅力でもある「α-リノレン酸」が破壊されてしまったり、有害なトランス脂肪酸が発生したりしてしまう懸念もあるので注意が必要です。その為、亜麻仁油を選ぶ際には低温圧搾法で搾油された物を選びましょう。

遮光瓶の容器に入ったものを選ぶ

亜麻仁油は、他のオイルに比べても非常に酸化しやすいオイルでもあります。その為、なるべく光を通さない遮光容器に入ったものを選ぶようにしましょう。酸化してしまった亜麻仁油は、味や匂い・品質が悪くなってしまいます。

 

また、体内で活性酸素と結びついて老化に繋がってしまうという懸念もあるので、注意が必要です。太陽光だけでなく蛍光灯の光でも酸化してしまうので、保管する際には必ず冷蔵庫で保管するようにしましょう。

産地で選ぶ

亜麻仁油の原料でもある亜麻仁種子の産地は、国産のものをはじめ、ブルガリアやイタリア産など、産地も様々です。産地によって、味わいや香りも違うので、好みの産地のものを探すという楽しみもあります。

 

また、お子様が食べるものに関しては特に、産地に気を遣いたいという方もいると思いますので、産地だけでなく有機栽培で作られたものなどを意識して選ぶというのも大切なポイントです。

未精製のものを選ぶ

亜麻仁油には、亜麻から搾ったそのものを未精製のまま容器に詰めたものと食べやすさを重視して精製した亜麻仁油の2種類があります。精製されたものは、亜麻仁そのものの栄養素をそのまま取り入れる事が難しい為、なるべく未精製の物を選びましょう。

 

精製された亜麻仁油は、無色無臭に近いので食べやすいというメリットはありますが、栄養も一緒に失われてしまう懸念もあるので、それを補う為に添加物を入れた物も多くあるので、注意が必要です。

1ヶ月で使い切れる量のものや小分けされたものを選ぶ

亜麻仁油は、劣化スピードが速いというのが最大のデメリットでもあります。特に、保存料などが含まれていない、未精製のものはより早く劣化してしまうので、なるべく1ヶ月以内に使い切れるだけの量のものを選ぶようにしましょう。

 

また、どのような場合に亜麻仁油を使うのかという事も選ぶ際には、大切なポイントです。料理に使うのかサラダなどに掛けても使うのか、使用頻度によって量を適切に選ぶ事により、1ヶ月で使い切れる量を選びやすくなります。

BIOやUSDAなどの表記があるオーガニックのものを選ぶ

健康の為に亜麻仁油を摂り入れようと思っている方も多いと思います。そんな方は、一つの選ぶ基準として、有機JAS認証・海外のオーガニックの認証を受けているかどうかを基準に選ぶというのもおすすめです。

 

認証を受けている商品であれば、パッケージなどに表示されているので、パッケージを確認してから選ぶようにしましょう。また、海外の亜麻仁種子を使ったものは「USDA(米農務省)認証オーガニック」やBIOの表示があるものを意識して選ぶのもおすすめです。

未精製タイプ|亜麻仁油おすすめ人気ランキング5選

第5位

株式会社レインフォレストハーブジャパン

エキストラ バージン フラックスシードオイル

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JAS認証ながら低価格の人気商品

厳格な基準をパスした亜麻の種だけを使用して作られており、低温圧搾法により丁寧に搾られたものを化学溶剤を使用せずに作っているおすすめの亜麻仁油です。ニュージーランドのオーガニック農園で作られた亜麻の種を使っているので、安心感もあります。

 

必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を55~65%含んでいるという事もあり、高い品質も魅力です。また、酸化の可能性を最小限に抑える為に、1回だけしか絞っていないというのもポイントです。有機の亜麻仁油ですが、リーズナブルな価格設定も魅力です。

内容量170g抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

他のも数種ためしましたが、品質と安心感を優先して、こちらを常食しています。少しの苦みがあるけど素材とケンカすることもなく、おいしく頂いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

キャナ

亜麻仁油

価格:1,426円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

亜麻仁の濃厚な苦味を感じられる

精製された亜麻仁油は、苦味を抑えて食べる事が出来るという事もあり、食べやすいというメリットがあります。しかし、それ故、精製される事により亜麻仁本来の栄養素を損なう懸念があるというのも事実です。

 

「キャナ」の亜麻仁油は、未精製で脱臭・脱色という工程を一切行わない亜麻仁油でもあるので、亜麻仁独特の苦い濃厚な味わいを堪能できるというのが魅力です。苦味はあってもなるべく安全なものを摂取したいという方にもおすすめです。

内容量270g抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

どちらかというと私はクセのあるアマニオイルが好きなので、この商品割と好きです。ただ他社の商品と比較すると苦みが強いように感じます。クセのあるアマニオイルが苦手なひとはおそらく口に合わないのではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

紅花食品

亜麻仁一番搾り

価格:945円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カルディでも人気の亜麻仁油

輸入食品を多く取り扱っている「カルディ」でも取り扱いがある「紅花食品」の亜麻仁一番搾りは、オメガ3脂肪酸を52%以上含む高い含有量を誇るおすすめの亜麻仁油です。海苔のよな香りが特徴のオイルなので、味噌汁との相性抜群です。

 

味噌汁に入れて飲むと最初は亜麻仁独特の苦味を感じますが、馴染みも良いので、味噌汁以外にも様々な料理に入れて楽しむ事もできます。

内容量170g抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

味はちょっと原料の風味が残ってる感じで苦味は後から少しだけ来ますノーマルタイプも飲んでましたが、油を口に含んだ時にくるむわっとした感じと後味が若干ノーマルより強いかな?というかんじ

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

SHAPE FOODS

一番搾り アマニ油

価格:897円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然で豊かな味わいが特徴

カナダ産の亜麻仁種子を豊富に使って作られているという事もあり、亜麻仁独特の香りや味を楽しむにも最適な亜麻仁油です。また、無臭・無調整・無味調整されていないという事もあり、味に苦手意識を持つ方もいるかもしれません。

 

しかし、亜麻仁本来の栄養素を摂取したいという方には最適なオイルなので、安心・安全なオイルを選びたいという方にもおすすめです。

内容量460g抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

過剰に精製されていない感があり(黃色が濃い)良いです。癖のある匂いはしません。他のアマニ油を食した事が無いので比較できませんが、説明にあるとおりポリフェノールタップリの味で(渋味が強い)、とても美味しいです

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

オメガニュートリション

有機亜麻仁油

価格:4,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽やかな味わいが魅力

「有機亜麻仁油」は、青のりの磯の香りと亜麻仁独特な苦味を感じる事ができるおすすめの亜麻仁油です。光・熱・酵素を完全に遮ってくれる遮光瓶を採用する事により、いつまでも開封前のような豊かな風味を楽しめるというのも魅力です。

 

また、そのまま口に含むと亜麻仁独特の苦みを感じますが、味噌汁などの料理に入れて使用する事でさらに風味を増した味わいが楽しめるというのもおすすめのポイントです。

内容量237ml抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

なによりもとても美味しいです。
香ばしい香です。普段ドレッシング使わないのですが、このオイルはかけると美味しいのでとても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

未精製の亜麻仁油おすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5391323の画像

    オメガニュートリション

  • 2
    アイテムID:5391307の画像

    SHAPE FOODS

  • 3
    アイテムID:5391290の画像

    紅花食品

  • 4
    アイテムID:5391258の画像

    キャナ

  • 5
    アイテムID:5391241の画像

    株式会社レインフォレストハーブジャパン

  • 商品名
  • 有機亜麻仁油
  • 一番搾り アマニ油
  • 亜麻仁一番搾り
  • 亜麻仁油
  • エキストラ バージン フラックスシードオイル
  • 特徴
  • 軽やかな味わいが魅力
  • 自然で豊かな味わいが特徴
  • カルディでも人気の亜麻仁油
  • 亜麻仁の濃厚な苦味を感じられる
  • JAS認証ながら低価格の人気商品
  • 価格
  • 4800円(税込)
  • 897円(税込)
  • 945円(税込)
  • 1426円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 内容量
  • 237ml
  • 460g
  • 170g
  • 270g
  • 170g
  • 抽出方法
  • 低温圧搾法
  • 低温圧搾法
  • 低温圧搾法
  • 低温圧搾法
  • 低温圧搾法

使い切りタイプ|亜麻仁油おすすめ人気ランキング5選

第5位

日本製粉

アマニオイル ミニパック

価格:1,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い切りに小分けされた便利な商品

5.5gずつに小分けしてパックされているので、無駄なく使いきれる丁度いいサイズ感が人気となっている商品です。小分けにされているので、スープやサラダなどの料理にも使いやすいと口コミでも評価が高いのもポイントです。

 

また、5.5gずつに小分けされているという事もあり、計量する手間がないのも忙しい方には嬉しいポイントですよね。使い勝手の良さでも定評がある商品なので、初めて亜麻仁オイルを使うという場合にも使いやすいです。

内容量5.5g×30袋抽出方法コールドプレス製法

口コミを紹介

毎朝トマトジュースにティースプーン2杯くらいを入れて飲んでいます。
旅行先でも、飲みたかったので購入。
携帯するのにとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

日本製粉

アマニ油

価格:718円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

酸化を抑えるボトルを採用

日本製粉の「アマニ油」は、酸化を抑えるボトルを採用する事により、いつまでも新鮮なアマニ油を食す事ができるように工夫が施されているおすすめ商品です。油が空気に触れにくい二重構造ボトルになっているので、いつまでも風味を保つ事もできます。

 

また、コールドプレス製法により搾ったオイルをさらに精製する事により、亜麻仁油にありがちな苦味を抑えて食べやすくしています。その為、ドレッシングやお味噌汁、サラダにそのまま掛けても食べやすいというのも特徴です。

内容量150g抽出方法コールドプレス製法

口コミを紹介

取り敢えず試しに朝食のヨーグルトに小さじ一杯を入れて毎日食べていました。
薬治療を覚悟して6月の終わりに病院で再検査をしましたら、血圧が138まで下がって薬治療はパス出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

朝日

アマニ油

価格:3,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低温圧搾の小分けタイプ

朝日のアマニ油は、低温圧搾で搾られた亜麻仁オイルを使いやすい小分けタイプにしたおすすめの商品です。1回使い切りタイプのポーションになっているので、いつでも新鮮なオイルを摂取できるというのも魅力です。

 

その為、外出先で使いたいという時にもバッグに入れておけば、いつでもどこでも使えるという便利な商品です。低温圧搾で搾られた亜麻仁油は、栄養素を損なう事なく摂取できるという事もあり、健康に気を遣いたいという方にも最適です。

内容量30包抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

オメガ3脂肪酸を摂取したくて試しに買ってみました。熱に弱いとの事なのでヨーグルト、サラダ、飲み物 などに混ぜて食事に取り入れています。これまでアマニオイルに馴染みがなかったので匂いに癖があったら続けてられるか心配でしたが、これは全く気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

日清オイリオ

アマニ油

価格:829円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さじ1杯で1日に必要なオメガ3が摂取できる

「日清オイリオのアマニ油」は、小さじ1杯で1日に必要なオメガ3脂肪酸が摂取できるという便利なアイテムです。また、鮮度を長期間保つ事ができる「フレッシュキープボトル」により、いつでも新鮮なアマニ油が摂取できるというのも魅力です。

 

欲しい分だけ出しやすく、液だれもしにくくなっている為、使い勝手の良さを評価する口コミも目立ちます。食卓にも出しやすいという事もあり、お子様も一緒に使いたいというご家庭でも重宝するでしょう。

内容量145g抽出方法酸化ブロック製法

口コミを紹介

オメガ3脂肪酸を摂取したくて試しに買ってみました。熱に弱いとの事なのでヨーグルト、サラダ、飲み物 などに混ぜて食事に取り入れています。これまでアマニオイルに馴染みがなかったので匂いに癖があったら続けてられるか心配でしたが、これは全く気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

FDC

アマニ習慣

価格:1,395円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

α‐リノレン酸が豊富に含まれる品種を使ったアマニオイル

「アマニ習慣」に使われているアマニ種子は、希少なゴールデン種の中でもα‐リノレン酸が豊富に含まれている品種を厳選し使われている為、亜麻仁の栄養素を豊富に含んでいる商品というのが魅力です。

 

使いやすい小分けパックになっているという事もあり、計量の必要がなく、外出先でも手軽に使用できるというのもメリットです。

内容量3.7g×30袋抽出方法

口コミを紹介

まず良いのは個包装だと酸化しないということです。
そして持ち歩いていつでも飲めるのも良いですね。
こちらの商品は、1袋の量も丁度良いと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

使い切りタイプの亜麻仁油おすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5391481の画像

    FDC

  • 2
    アイテムID:5391421の画像

    日清オイリオ

  • 3
    アイテムID:5391385の画像

    朝日

  • 4
    アイテムID:5391364の画像

    日本製粉

  • 5
    アイテムID:5391352の画像

    日本製粉

  • 商品名
  • アマニ習慣
  • アマニ油
  • アマニ油
  • アマニ油
  • アマニオイル ミニパック
  • 特徴
  • α‐リノレン酸が豊富に含まれる品種を使ったアマニオイル
  • 小さじ1杯で1日に必要なオメガ3が摂取できる
  • 低温圧搾の小分けタイプ
  • 酸化を抑えるボトルを採用
  • 使い切りに小分けされた便利な商品
  • 価格
  • 1395円(税込)
  • 829円(税込)
  • 3700円(税込)
  • 718円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 内容量
  • 3.7g×30袋
  • 145g
  • 30包
  • 150g
  • 5.5g×30袋
  • 抽出方法
  • 酸化ブロック製法
  • 低温圧搾法
  • コールドプレス製法
  • コールドプレス製法

オーガニック|亜麻仁油おすすめ人気ランキング5選

第5位

アズマ

有機亜麻仁オイル

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセが強めなオイル

JAS・欧州の認証を受けた亜麻仁油で、薬草のような独特な香りと苦みを感じるクセ強めの亜麻仁油です。苦味の後に独特な風味が残りますが、味噌汁に入れるとまろやかなコクとなってくれる優れものです。

 

また、α‐リノレン酸を46~72%含むという高含有量も魅力となっているので、不足しがちな栄養素を補う為にも最適です。

内容量250ml抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

こちらのは独特の風味があります。
飲んだ直後にバターのような味がします。
その後に苦味がジワーっときます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

東京セントラルトレーディング

有機アマニオイル オレンジフレーバー

価格:1,257円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

珍しいオレンジフレーバーが魅力

アマニ油には珍しいオレンジフレーバー付きの亜麻仁油で、オレンジの爽やかな香りを楽しみながら使用できる優れものです。厳選された有機亜麻仁種子を原材料として、コールドプレス製法により丁寧に搾油したものにオレンジ香料を0.3%加えています。

 

オレンジの風味を生かして使う事が出来るという事もあり、そのままでももちろんおすすめですが、ヨーグルトやスイーツとの相性も良く使えるというのもポイントです。

内容量229g抽出方法コールドプレス製法

口コミを紹介

「うーん、ヨーグルトにオイル...」と違和感を持ちながらも試してみると美味しい!ヨーグルトの味が深くなる、複雑に美味しくなる、そんな感じです。今では毎晩、無糖のヨーグルトにアマニオイルとハチミツをかけ、美味しく頂いています。翌朝のお通じにも効果あり!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

BG Health Group Inc.

亜麻仁油

価格:1,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本初の加熱調理ができる亜麻仁油

亜麻仁油は加熱に弱いという事もあり、多くが過熱せずにそのままサラダなどに掛けるという食べ方を推奨しています。しかし、「アリーガの亜麻仁油」は、加熱調理にも使えるという日本初の亜麻仁油という点でも注目されています。

 

その為、サラダ油の代わりに使用する事もでき、普段の料理すべての油を亜麻仁油に変えるという事もできます。製品の品質と安全を保障するGMP認証取得工場で生産されているという事もあり、品質に関しても安心感があります。

内容量250ml抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

加熱して使えるというのはありがたく、ササミのチキンソテー等に使えるので、筋トレで体を膨らませたい方にもお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

キャナ

有機亜麻仁油

価格:1,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

亜麻仁の独特な香りと旨みが特徴

キャナの「有機亜麻仁油」は、他のオイルに比べて匂いが強いので、好みが分かれる商品かもしれません。しかし、亜麻仁特有の旨みもあるので、亜麻仁そのものの味わいを楽しみたいという方には最適です。

 

また、味に亜麻仁特有の香りや味があるとはいっても、料理に使ったとしても味に変化が見られないので使い勝手は良い商品です。その為、亜麻仁オイル初心者の方にもおすすめです。

内容量180g抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

低温搾汁、未精製の条件と高級感もあるボトル入りの中ではコスパ良好、魅力ありと思います。味は比較していかないとなんとも言えないですがプレーンヨーグルトに入れたときは少し独特の臭みが感じられましたが、糖類を少し足すと治まりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ニュー・サイエンス

亜麻仁油

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キレのある味わいが特徴

植物の香りとキレのある味わいが魅力のニューサイエンスの亜麻仁油は、亜麻仁ならではの味わいや旨みを感じられるおすすめの亜麻仁油です。コールドプレス製法により丁寧に搾取されたオイルなので、適度に亜麻仁特有の苦みを感じる事ができます。

 

しかし、嫌味のない苦さに仕上がっているので、亜麻仁の苦味が苦手な方でも使いやすいというのも魅力でしょう。パスタ・サラダ・ヨーグルトなど、どんな料理とも相性良く使えるというのもおすすめのポイントです。

内容量370ml抽出方法低温圧搾法

口コミを紹介

試しに買ってみましたが、上記のように青々とした亜麻仁特有の味わいが濃く、またオリーブのような辛さが印象的でした。オメガ3の特徴である青魚の油味は勿論ありますが、嫌味がなくて食べやすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーガニックの亜麻仁油おすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5391605の画像

    ニュー・サイエンス

  • 2
    アイテムID:5391591の画像

    キャナ

  • 3
    アイテムID:5391572の画像

    BG Health Group Inc.

  • 4
    アイテムID:5391546の画像

    東京セントラルトレーディング

  • 5
    アイテムID:5391517の画像

    アズマ

  • 商品名
  • 亜麻仁油
  • 有機亜麻仁油
  • 亜麻仁油
  • 有機アマニオイル オレンジフレーバー
  • 有機亜麻仁オイル
  • 特徴
  • キレのある味わいが特徴
  • 亜麻仁の独特な香りと旨みが特徴
  • 日本初の加熱調理ができる亜麻仁油
  • 珍しいオレンジフレーバーが魅力
  • クセが強めなオイル
  • 価格
  • 4104円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 1960円(税込)
  • 1257円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 内容量
  • 370ml
  • 180g
  • 250ml
  • 229g
  • 250ml
  • 抽出方法
  • 低温圧搾法
  • 低温圧搾法
  • 低温圧搾法
  • コールドプレス製法
  • 低温圧搾法

亜麻仁油のおすすめの使い方

料理の塩気や酸味を和らげて使用できる亜麻仁油を継続して使用していると、自然と減塩にも繋がります。また、コクをプラスしてくれるという事も期待できるので、料理に使う事でさらに美味しく食べる事ができます。

 

ここからは、亜麻仁油のおすすめの使い方や注意点についても紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

熱に弱い亜麻仁油は加熱せずにそのまま摂取する

熱に弱い亜麻仁油は、50℃以上に加熱してしまうと酸化が進み、早く劣化してしまいます。その為、亜麻仁油を使う際には、生食で摂取するという事は覚えておきましょう。コーヒーやお味噌汁に掛けたり、亜麻仁油を使ったドレッシングを自作するのも良いでしょう。

 

しかし、中には加熱調理できる物もあるので、普段から摂取したい場合には加熱調理できるものを選ぶというのもおすすめです。また、どうしても亜麻仁油特有の苦みが苦手という場合には、サプリを使用するのもおすすめです。

一日の目安量を意識して摂取する

いくら体に良いとされている亜麻仁油でも、適切な使用量を守らなければ逆効果となってしまいます。1日の摂取量の目安として、オメガ3の摂取基準は1日に2gとなっているので、小さじスプーン1杯分を目安として摂取しましょう。

 

摂取のし過ぎは、カロリー過多となってしまうので、ダイエット中の方は逆に太ってしまう懸念もあります。

開封後は冷蔵庫で保管する

亜麻仁油は空気に触れるだけで酸化が進んでしまうデリケートなオイルなので、保管する際には冷蔵庫で保管し、なるべく早めに使い切るという事が大切です。酸化が進むと、味や品質が変わってしまうのはもちろん、期待される効果を得られない可能性があります。

 

また、品質が変化する事により体に悪影響を及ぼす可能性もあるので、亜麻仁油を使用する際には適切な取り扱い方法で保管する事が大切です。そして、開封前なら太陽光が当たらない冷暗所で保管しましょう。大量に買いだめするというのも避けた方が良いでしょう。

 

アマニ油のおすすめの使い方については下記の記事で紹介しています。アマニ油の働きやおすすめの使い方、効果についても詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

亜麻仁油で健康な毎日を送ろう

今回は、ダイエット効果や美容にも良いとされている亜麻仁油のおすすめ商品をランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたか?また、適切な選び方やおすすめの取扱方法についても詳しく紹介してきました。

 

健康に良いとされる亜麻仁油は酸化しやすいという特徴を持っているので、取扱い方次第では酸化が進んでしまい、摂取されるべき栄養素が摂取できないという事にもなりかねません。また、逆に体に悪影響を及ぼす可能性もあるので、適切な保管方法が必要です。

 

その為、亜麻仁油を使う際にはなるべく1ヶ月以内に使い切り、開封後には冷蔵庫で保管するというのも大切なポイントです。ぜひこの機会に、日常生活に亜麻仁油を取り入れて、健康的な毎日を送りましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ