記事ID142297のサムネイル画像

ロジクールマウスのおすすめ20選【PC操作を快適にしてくれる】

ロジクールは、PC周辺機器を多数扱っている世界有数の企業です。ゲームに特化した機能を持っているマウスが、とても使いやすくおすすめなんです。製品がとても良いので、何を選べば分からない方へ、おすすめのロジクール製マウスをご紹介します。是非購入を検討してください。

ロジクール製マウスを選ぶメリット

ロジクールは、スイスに本社を置くロジテックの日本法人です。日本で「ロジテック製品を【ロジクール】ブランドとして販売」しています。コンピュータ周辺機器を皮切りに、ゲーミング、ミュージック、ビデオなどの多岐にわたる分野でデジタルデバイスを提供する企業なんです。

 

そのロジクールが出しているマウスは、「1000円以下で買えるエントリーモデルから、1万円を超えるハイエンドモデルなど、多種多様な機種がラインナップ」されています。ビジネスパーソン、デザイナーやゲーマーなど、シーンを選ばないのが特徴です。

 

ロジクールの独自の機能や、マウスをカスタマイズできる専用のソフトがあるので、かゆいところに手が届く細やかさも追求もされています。「人間工学に基づいて、持ちやすさを研究されている機種もあり、どんなユーザーにもおすすめ」です。ご自分にあった1個を見つけてみてください。

ロジクール製マウスの選び方の軸

1.コードのありなし:有線タイプと無線タイプとあって、無線タイプは4種類あり、電池を使うモデルがほとんどです。

 

2.グリップスタイル:手のひらグリップ、指グリップやつめグリップがあって、快適性を追求した形状になっています。

 

3.センサー方式:光学式、レーザー式があるので、実際に使ってみて、動かしやすいものを選んでください。

 

4.用途:仕事用、創作活動用、ゲーム用など様々ありますので、どういう目的で使うのかで、選ぶマウスは変わってきます。

 

5.機能:クリックのカチカチ音があまり気にならなかったり、充電できるタイプやどちらの手でも操作できるタイプがあり、かゆいところに手が届く仕様になっているものがあります。

ロジクール製マウスの選び方

ロジクール製マウスを選ぶ軸を基準に、どんなマウスを選んだら良いか見ていきましょう。特に、これから初めてロジクール製マウスを選んでみようと考えている方は、参考にしてガンガン使っていきましょう。

有線か無線で選ぶ

有線と無線で、それぞれメリットとデメリットがあります。有線はケーブルのわずらわしさがありますが、通信と動作が安定します。一方、無線は電池切れ、通信と動作が不安定になることがありますが、「ケーブルのわずらわしさから解放」されます。

有線接続マウスは軽く、通信が安定している

「有線接続マウスはケーブルで接続するタイプ」です。USBケーブルをPC本体のUSBスロットに差し込むだけで、設定は必要なくて楽です。無線と違って、周囲の電波状況によっての影響は受けにくく、接続は安定しています。それにより、ゲーミングマウスは有線接続タイプがおすすめです。

 

「無線接続タイプでは、充電が必要だったり、電池交換が必要」なんです。ですが、有線接続の場合はケーブルから給電されます。それによって、本体重量が軽くなり、快適な操作性が得られます

一般的に普及されている無線接続

USBレシーバーマウスは、2.4GHz方式を採用しています。PCのUSBスロットにレシーバーを差し込むことで、マウスと無線通信ができます。「ロジクールのレシーバーは小型」なので、挿しっぱなしにしても、あまり気になりません。

 

従来型より高性能で信頼性の高い「アドバンス2.4GHzテクノロジー」を採用しているため、通信遅延やデータ欠落という無線接続の弱点を克服しています。10mも離れたところからでも操作できるので、ビジネスシーンで活躍することができます。

ロジクール独自の技術である無線接続

Unifyingは、ロジクールの独自無線通信規格です。Unifyingに対応している機器であれば、最大6台まで、1個のレシーバーでペアリングが可能なんです。2.4GHzの場合は、レシーバーと1対1で接続します。これがあれば「USBスロット1個で、複数の周辺機器がつなげられる」ので便利です。

 

「レシーバーは非常に小型」なため、パソコンに挿しっぱなしにしてもかさばりません。この方式は通信遅延が起こりにくく、快適なマウス操作が可能なんです。ロジクールで無線なら、このタイプをおすすめします。

ノートPCと相性の良いBluetoothマウス

USBポートがないタブレットやスマホでも、Bluetoothで接続できれば使えます。USBポートってすぐに足りなくなるので、おすすめします。ペアリングができれば、「レシーバーを用意するしなくても、マウスと直接通信」することができます。

 

ロジクール製マウスはUnifyingを兼用しているモデルが多いので、場合や用途によって使い分けると便利です。そのためUSBポートがあっても、無くても使えるので、選ぶ際は候補に入れてください。

グリップスタイルで選ぶ

パソコンを購入すると、デスクトップ型の場合はマウスが付属されていることが多いです。そのため、実際に使っていてフィーリングが合わないことがあります。そのため「マウスを自分に合ったものに変えただけで、劇的に作業環境が変わる」ことがあります。ご自分にあった持ち方を探して、ぴったりの1台と出会ってください。

手のひらグリップは疲れにくい持ち方

「手のひらをマウスに乗せる」このタイプは、手のひら全体を使ってマウスを動かします。このグリップはマウスを速く動かせますが、繊細な動きはやや苦手です。ゲームには不向きですが、ビジネスシーンでおすすめです。

 

ビジネスシーンで使うことが多くなるので、反復性疲労障害に悩む方は、このグリップができるマウスを選択すると良いです。是非検討してください。

指グリップは小型のマウスで多い持ち方

手のひらグリップとは対極にある、このグリップはマウスを指先だけで動かします。細かい動きは一番しやすいグリップですが、手に一番負担がかかってしまいます。「使い慣れるまで、少々時間が掛かります」が、使い易いグリップです。

 

小型で平たいマウスはこのグリップになる事が多く、反復性疲労障害に悩む方は、このグリップは検討から外してください。外出先で使うことが多い方には、おすすめできるグリップです。

つめグリップはゲームに向いてる持ち方

「人差し指と中指の爪を立てるように、マウスの上にかぶせるグリップ」です。マウスは親指、薬指と小指でマウスを動かすため、細かい動きがしやすいですが、力みやすいです。

 

ゲーミングマウスを使用する方は、このグリップをするように設計されているグリップを選ぶ方が多いです。繊細な動きを要求されることが多いゲームですが、通常のPC作業用としてもおすすめです。

センサー方式で選ぶ

ひと昔前は、ボールタイプが一般的でしたが、現在は「光学式(オプティカル)とレーザー式が主流」となっています。ロジクール製マウスは「光学式とレーザー式のどちらかを採用」していますので、ご自分にあったセンサー方式で選んでください。

光学式(オプティカル)にはマウスパッドが必要

「マウスパッドを使ってマウスを操作する方は、オプティカルがおすすめ」です。赤色LEDの反射する光をセンサーが読み取って、マウスの移動量を検知する仕組みです。比較的安価なマウスに採用されていて、初めて使う方には向いています。

 

ロジクールの「アドバンス オプティカル」では、マウスパッドが無くても操作できるように改良されました。それによって、レーザー式と変わりないトラッキングが可能になりました。

レーザー式はどんな接地面でも操作可能

効率の良いセンサー配置や強い光源を装備したことで、「レーザー式はマウスとの接地面の表面変化を読み取れる」ことができます。これは、光沢があったり、プラスチック面の上でも使えるようになったということです。

 

ロジクールは、透明ガラスの上でも操作できる「Darkfieldテクノロジー」を採用し、マウスの読み取り精度が格段に上がりました。価格は高くなりますが、それに見合った性能をがありますので、可能であれば検討してください。

用途で選ぶ

ビジネスシーンでは、PCは必須アイテムです。「仕事がより快適に進むようなマウス」が作られてきました。他には、「eスポーツに使われるゲーミングマウス」が注目されており、FPS(First Person Shooter)やスポーツゲームで選ばれています。

オフィスで働く方に向いている

ビジネスシーンでは、「快適で疲れにくいマウス」があると、とても便利です。エルゴノミクスタイプを使えば、手の疲労軽減になって、長い時間の作業に向いています。高速スクロール機能というものがあって、この機能を使えば仕事のスピードが格段に上がります。

 

職場だと、意外とクリックする時の「カチカチ」という音が気になるんです。それを軽減した静音タイプというものがあって、それを選ぶのもおすすめです。そうすれば「オフィスにカチカチと響かなくて、とても良い」です。

ゲームをする方に向いている

ビジネスシーンでは、「快適で疲れにくいマウス」があると、とても便利です。エルゴノミクスタイプを使えば、手の疲労軽減になって、長い時間の作業に向いています。高速スクロール機能というものがあって、この機能を使えば仕事のスピードが格段に上がります。

 

職場だと、意外とクリックする時の「カチカチ」という音が気になるんです。それを軽減した静音タイプというものがあって、それを選ぶのもおすすめです。そうすればオフィスにカチカチと響かなくて、とても良いです。

機能で選ぶ

マウスを使うと、こんな機能があったら良いと感じる事があります。そんな痒い所に手が届くような機能を、「ロジクール製マウスでは採用」してくれています。図書館や喫茶店等の静かな場所ではクリック音が気になったりと、音を大きく立てる必要の無い場所で使う事を想定してくれています。

クリック音が静かで、カチカチ音が気にならない

場所によっては、マウスのクリック音がとても気になる事があります。気になってしまう方のために、「静音マウスという便利なもの」が使われています。クリック音が結構静かなので、物音が気になる喫茶店や図書館などでの使用をおすすめします。

 

そして、意外ときになるのが、オフィスでのクリック音です。仕事に夢中になって、結構気になる音を出していることがあるので、周りへの配慮をするならオフィスでの利用もおすすめします。

充電式はマウスの軽量化を助ける

有線のマウスは気になる事はありませんが、「無線のマウスは乾電池が必要」なものが多く、取り換えが大変な物が多いです。それが「USBポートから手軽に充電」できたら、とても使い易いです。

 

充電式は乾電池が必要のない物があるので、マウスが重くならなくなります。それによって、扱いやすさも向上して、持ち運ぶときにとっても便利です。ケーブルの端子を確認して、選ぶことをおすすめします。

コストパフォーマンスで選ぶ

ロジクール製マウスは、性能が高く、「ゲームに特化したマウス」を出しています。ゲーム用だと1万円を超えるハイスペックモデルが人気です。

 

そこまで高性能でなくて良いから、快適なマウス操作を手に入れたいと思っている方は多いです。「コストパフォーマンスの高いマウス」もご紹介します。

有線マウスおすすめ人気ランキング5選

第5位

Logicool(ロジクール)

マウス M100r

価格:1,496円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプル イズ ベスト

USBポートに接続するだけで、「簡単に使える標準的なマウス」です。右利きの方、左利きの方どちらも使えるような、シンプルでシンメトリーなデザインでおすすめです。

 

センサー方式はオプティカルを採用していて、スムーズで精確なポインタを動かすことができるので、「オフィスでの使用をおすすめ」します。無償保証期間が3年とあるので、思いっきり使ってください。

重量168gセンサーオプティカル
ケーブルあり(180㎝)

口コミをご紹介

今回は職場での使用のため4個購入しました。いうまでもなくLogicoolのマウスは信頼性と正確さという意味では最も信頼のおけるマウスのメーカーです。過去、もっと価格の高いモデルでその製品特有の問題もありましたが、メーカーのサポートもかなり丁寧で適切なので、どのモデルも安心して購入できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Logicool(ロジクール)

ゲーミングマウス G403h

価格:4,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーミングに最適

エルゴノミクスデザインを採用した、ゲーム利用に特化したマウスです。重量が87gでとても軽量、オプションとして付いている10gウェイトで、重さを好きに調整することができます。

 

センサー形式はオプティカルを採用していて、トラッキング精度は結構高いんです。プログラムできるボタンが6個あり、それをカスタマイズすることで難しいタスクを素早く実行できるようになるので、おすすめです。

重量86.2gセンサーオプティカル
ケーブルあり(180cm)

口コミをご紹介

手は小さめの男だけど思ってたより大きかった。デスアダーが大きいからチョイ小さめの欲しかったから買ったけど、あんま変わらんかった。ちょうど手のひらの部分がボコっとしてるからワンちゃんデスアダーより大きく感じる。でも横の滑り止めとかめっちゃいい。
もっと小さかったとして逆に悪いことがあるかもしれないから結局100点かな。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Logicool G(ロジクール G)

ゲーミングマウス G300S

価格:2,618円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プログラミングボタン9個の凄さ

プログラムできる9個のボタンが搭載されています。最高3つのゲームプロファイルをマウスに保存することができるので、パソコン同士でプロファイルを移動させることができます。

 

カスタマイズするには、専用ソフトウェアをダウンロードすることで簡単にできます。シンメトリーにデザインされているので、両手で扱うことができます。ゲーミンググレードのオプティカルセンサーを搭載していて、ゲーム用としておすすめします。

重量81.6gセンサーオプティカル
ケーブルあり(210cm)

口コミをご紹介

タイトル通り「早く買っときゃよかった」です。今まで 色んなタイプのマウスを試しては換え 試しては換え。。多キー タイプのものもいくつか候補に上がりましたがその割当の使いわけをいろいろ思案して いまいち踏み切れずにいましたが今回試しに買ってみたこのマウス・・・いい (^^)♪

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Logicool(ロジクール)

TM-150r トラックマン

価格:3,780円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トラックボールの使い易さに驚く

「先端にあるトラックボールがあるのが、特徴的な有線マウス」です。マウスの形状が両手用に設計されているので、左右を選びません。一度も使ったことがない方でも、数日使用することで、慣れてしまい、これ以外はもう使えないと感じます。

 

コンパクト設計なので、場所を選びません。トラックボールについては、指先で操作してください。一般的なマウスと違い、この「マウスは、本体を動かさなくて良くなっていて、ビジネスシーンでおすすめ」です。

重量259gセンサーオプティカル
ケーブルあり(173cm)

口コミをご紹介

初代からず~っと使い続けてて、仕事する上ではコレがないと何も始められないぐらいのお付き合いです。使い込みすぎて塗装が禿げたり(一番最初に禿げるのはロゴのところ)、ボタンの隙間にゴミが溜まったりします。あと、スクロールが苦手とのコメントもありますが、使い続けると人間の方が最適化されるので特に気になったことはないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Logicool(ロジクール)

ゲーミングマウス G502RGBh

価格:8,691円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PCゲームでの使い易さ抜群

オプティカルセンサーを搭載した、ゲーミングに特化したマウスです。オプティカルセンサーの中でも、次世代といわれる「HERO 16Kオプティカルセンサー」なので、従来品の約4倍の性能になっています。

 

調整できるウェイトが6個付属されていて、ご自分に合ったバランスを作り上げられます。加えて、最大5つのプロファイルを保存できるようになっているので、複数ゲームを同時に進めている方におすすめです。

重量122gセンサーオプティカル
ケーブルあり(210cm)

口コミをご紹介

ゲームだけに留まらす、DTMや動画編集をするクリエイターの方は買って間違いないです。こればっかりは断言できます。「デスクトップやブラウザを表示してる時はデスクトップモード」「DAWや動画編集ソフトを開いたら編集モード」など、ゲーム以外でも自由自在に割り振りが作れるので、個人的に煩わしかったキーボードのショートカットキーを押す為の左腕を使わなくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線マウス比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5389308の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 2
    アイテムID:5389279の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:5389259の画像

    Logicool G(ロジクール G)

  • 4
    アイテムID:5389246の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 5
    アイテムID:5389227の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 商品名
  • ゲーミングマウス G502RGBh
  • TM-150r トラックマン
  • ゲーミングマウス G300S
  • ゲーミングマウス G403h
  • マウス M100r
  • 特徴
  • PCゲームでの使い易さ抜群
  • トラックボールの使い易さに驚く
  • プログラミングボタン9個の凄さ
  • ゲーミングに最適
  • シンプル イズ ベスト
  • 価格
  • 8691円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 2618円(税込)
  • 4900円(税込)
  • 1496円(税込)
  • 重量
  • 122g
  • 259g
  • 81.6g
  • 86.2g
  • 168g
  • センサー
  • オプティカル
  • オプティカル
  • オプティカル
  • オプティカル
  • オプティカル
  • ケーブル
  • あり(210cm)
  • あり(173cm)
  • あり(210cm)
  • あり(180cm)
  • あり(180㎝)

無線マウスおすすめ人気ランキング5選

第5位

Logicool(ロジクール)

トラックボール MXTB1s

価格:11,273円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トラックボールの素敵さを体感

通常のマウスと比べて、傾斜角を20度取っていることによって、筋緊張を20%軽減されました。それによって長時間の作業でも、快適さを失わないことを実現しました。それはトラックボールを採用しているので、より快適さを底上げしています。

 

充電式を採用しているので、1回フル充電で最長4か月、1分の充電で約1日使用可能という高速充電を可能にしました。このマウスは大きく見えますが、トラックボールを採用しているので、マウスをスライドする必要がないので、色々なシーンでおすすめです。

重量145gセンサーオプティカル
ケーブルなし(Unifying、Bluetooth)

口コミをご紹介

Mac High Sierra 10.13.6環境で利用しています。主にillsutratorやPhotoshopで作業するのに利用しています。いままでつかったことない親指タイプ。M570をちょっとさわらせてもらったときは使いづらい印象があったのですが、Amazonやブログなどであまりにもこの商品の評判がよかったので、何となくではありますが良い気がして購入するにいたりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウス M325t

価格:2,090円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

webブラウジングに最適

Webブラウジングのしやすさを追求し、デザインされたワイヤレスマウスです。真ん中に付いているホイールは、回転させるだけでなく、横に傾けることでWebページの進むと戻るができます。

 

シンメトリーモデルなので、利き手を選びません。小型タイプなのですが、手になじんで、マウスの両脇をラバーグリップで加工されているので、握りやすさを追求しています。それにより長時間も使っていても疲れにくくなっています。

重量99.8gセンサーレーザー
ケーブルなし(Unifying)

口コミをご紹介

右手首が腱鞘炎気味なので左手で使える左右対称で軽量なマウスが欲しいと思い、M325tを購入してみました。M705tがかぶせ持ちに適した形状なのに対してM325tはつまみ持ちに向いた大きさと形状です。M705tに比べてサイドボタンが3つ減るかたちになりましたが、もともとあまり使っていなかったし、ブラウジングではマウスジェスチャーを利用する事で補えるのでそれほどデメリットではありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウス M705m

価格:3,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高速スクロール搭載

最長3年という電池寿命を実現したモデルです。長い文章やWebページを楽々スクロールできる、高速スクロール機能を搭載していて、Webブラウジングに最適です。

 

右手にフィットするデザインとなっており、7つのカスタマイズできるボタンがあることで、このマウスは世界中で愛されるモデルとなりました。Unifyingレシーバーがあれば、他のロジクール製品をペアリングができるので、愛好者は特におすすめです。

 

 

重量136gセンサーオプティカル
ケーブルなし(Unifying)

口コミをご紹介

マウスは、手の大きさや、自分に合っているかの感覚が非常に重要だと思うので、私の感想が他の方に役立つかは未知数ですが。。。少なくとも安物のマウスにはない高級感は、使う人みんなが感じることができるのではないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウス MX2100s

価格:8,340円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大3台のパソコンで、共有できるコピーペースト

最大3台のパソコンの間で、テキストや画像等をコピーペーストが、マウス1台あればできてしまいます。ロジクール製品の中で最高級のマウスであり、マウスパッドが無くてもあらゆる表面上でトラッキングできます。

 

充電ケーブルが付属されており、1回のフル充電で70日以上使用できるようになっています。3分の充電だったとしても、約1日は使える長寿命設計を実現しています。

重量322gセンサーレーザー
ケーブルなし(Unifying、Bluetooth)

口コミをご紹介

キーボードもマウスもロジクールを愛用しています。色んなメーカーを使ってみて、ロジクールが一番しっくり来るなと思っています。このマウスに関して言えば、操作性が良いのと、ボタンの配置の場所が丁度良い。ただ、値段が・・・んーと思っちゃいますが、やはり操作性が良いのでリピートしてしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレストラックボール SW-M570

価格:4,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一度触れたら、これ以外は使えない

トラックボールのマウスは、本体自体をスライドする必要がないため、どこに置いても使えます。それに加えて、スライドしないことで、腕や手首に負担がかかりません。1日仕事される方や、場所が限られるオフィスで働く方におすすめです。

 

長寿命設計なので、付属単三電池を使うことで、最長18か月も使用できます。しかも電池のステータスインジケータがあるので、電池の残量が一目で分かるのはうれしい機能です。

重量249gセンサーレーザー
ケーブルなし(Unifying)

口コミをご紹介

トラックボールは通常のマウスから乗り換えると、かなり違和感を覚えると思います。
僕も思いっきり違和感を覚えました。思ったところにポインタが行かず、何度解体してやろうかと思ったことか…。んが、数日辛抱するとだんだんと馴染んできて、一週間が過ぎるころには何不自由なく使えるようになっていました。当方、机の上がカオス状態でマウスを利用する余裕もなく、やむなくトラックボールに目を付けたのですが、これは実に素晴らしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

無線マウス比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5389598の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 2
    アイテムID:5389547の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:5389474の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 4
    アイテムID:5389429の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 5
    アイテムID:5389397の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 商品名
  • ワイヤレストラックボール SW-M570
  • ワイヤレスマウス MX2100s
  • ワイヤレスマウス M705m
  • ワイヤレスマウス M325t
  • トラックボール MXTB1s
  • 特徴
  • 一度触れたら、これ以外は使えない
  • 最大3台のパソコンで、共有できるコピーペースト
  • 高速スクロール搭載
  • webブラウジングに最適
  • トラックボールの素敵さを体感
  • 価格
  • 4980円(税込)
  • 8340円(税込)
  • 3800円(税込)
  • 2090円(税込)
  • 11273円(税込)
  • 重量
  • 249g
  • 322g
  • 136g
  • 99.8g
  • 145g
  • センサー
  • レーザー
  • レーザー
  • オプティカル
  • レーザー
  • オプティカル
  • ケーブル
  • なし(Unifying)
  • なし(Unifying、Bluetooth)
  • なし(Unifying)
  • なし(Unifying)
  • なし(Unifying、Bluetooth)

ビジネス向けマウスおすすめ人気ランキング5選

第5位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウス M557

価格:2,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄型で手が小さい方におすすめ

このマウスの特徴は、3.4cmというその薄さにあります。手が小さめの方にも持ちやすい形状なんです。しかもシンメトリーのため、利き手を選びません。無料ソフトウェアが必要ですが、ボタンのカスタマイズをすることで作業効率があがります。

 

マウスの機能として、ホイールを左右に傾けることで、Webページの進むと戻るができます。Bluetooth接続ができるので、対応しているPCだと、USBポートを使わなくて済みます。Bluetoothを対応PCをお持ちならおすすめです。

重量150gセンサーレーザー
ケーブルなし(Bluetooth)

口コミをご紹介

iPad ProをiPadOSにアップデートし、このマウスをつないでみました。ご安心ください。なんの問題なく使えます。コンパクトなので持ち運ぶのにも苦じゃないですし、iPad使いで手頃なBluetoothマウスを探してる方、これおすすめですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウス M187r

価格:1,208円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超小型設計で、持ち運び便利

ノートパソコンを利用される方におすすめな小型マウスです。それにデザインが、カラフルなので使っていると結構目立つでしょう。ボタンは3つだけと、シンプルなフォルムもかなり人気の要因です。

 

アルカリ単四乾電池1本で、最長6か月使用できるので、コスパが高いです。もしノートパソコンを同時購入を考えているようでしたら、このマウスをおすすめします。

重量109gセンサーオプティカル
ケーブルなし(USB)

口コミをご紹介

家用に使っています。色、デザイン、操作性、コンパクトさ、安定性、電池の持ち等、全般において、この価格においては大満足です。電池は、常時ON・毎日3時間以上使用にて、前回いつ替えたか忘れるくらい持ちます(おそらく数か月)。とはいえ家用にはこのM187rを今後もリピートしていきたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウス M331

価格:1,797円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カチカチ音を削減

このマウスは右利き用で、従来モデルよりクリック音を90%以上抑えています。クリック感覚は従来モデルと同様なので、買い替えなどをお考えでしたら、検討してください。

 

シンプルでコンパクトなマウスで、再度はソフトラバーなので、手にフィットする感覚はとても気持ちが良いです。単三乾電池1本で24か月使えるので、電池寿命を気にする必要がないのがおすすめです。

重量118gセンサーオプティカル
ケーブルなし(USB)

口コミをご紹介

クリック音は嘘偽りなく静かです。今まで使っていた多くのマウスと比べて何が違うかといえば、多くのマウスはクリック打音がカチッカチッと甲高い音がするのに対して、この製品は小さくコツコツと不快感のない音が聴こえる程度なのでストレスが溜まらず快適です。ちなみにホイール部のスクロール音は他の製品と変わりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウス Pebble M350

価格:2,527円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリム、静音、モダンの三拍子揃マウス

デザインに特化したクリック音が静かなポータブルマウスです。簡単に持ち運べる薄さで、クリック音が静か、どこで使っても高精度のトラッキングができるので、外出先で使うことがおすすめです。

 

単三形乾電池1本で最大18か月使えるので、電池切れを心配する必要がありません。接続方法はBluetoothとUSBレシーバーの両方を選べるので、パソコンは何でも接続できる優れもの。

重量99.8gセンサーオプティカル
ケーブルなし(Unifying)

口コミをご紹介

BlueToothは特に問題なく接続完了。絵がいくつか並んだだけの、すごく簡単な説明書しかありませんでしたが、特に困ることはありませんでした。非常にスムーズに動き、切れることはありません。PC再起動後も、マウス本体の電源入れ直し後も、そのまま使えています。スクロールもいい具合です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウス M235r

価格:1,580円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリップが快適なコンパクトなマウス

曲線型かつシンメトリーデザインを採用しており、どちらの手でも使えます。しかも再度グリップの感触がソフトなので、長時間利用でも疲れにくくなっています。

 

電池寿命が長くなっているのは、スマートスリープモードを採用することにより、最大1年間は電池交換が不要という事なんです。電池交換時期を事前にお知らせしてくれるので、ユーザーが認識しやすいです。

重量136gセンサーレーザー
ケーブルなし(Unifying)

口コミをご紹介

Uniflyingのレシーバーを紛失してしまったため、こちらの製品を購入しました。LogicoolのワイヤレスマウスにはUniflying非対応の製品もありますが、こちらの製品は対応しています。また、レシーバーもUniflying対応のものがついてくるため、レシーバーを紛失してしまった場合にもおすすめです。マウスの性能は安くてもさすがLogicoolといったところで、問題なく使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ビジネス向けマウス比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5389809の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 2
    アイテムID:5389761の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:5389729の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 4
    アイテムID:5389694の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 5
    アイテムID:5389636の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 商品名
  • ワイヤレスマウス M235r
  • ワイヤレスマウス Pebble M350
  • ワイヤレスマウス M331
  • ワイヤレスマウス M187r
  • ワイヤレスマウス M557
  • 特徴
  • グリップが快適なコンパクトなマウス
  • スリム、静音、モダンの三拍子揃マウス
  • カチカチ音を削減
  • 超小型設計で、持ち運び便利
  • 薄型で手が小さい方におすすめ
  • 価格
  • 1580円(税込)
  • 2527円(税込)
  • 1797円(税込)
  • 1208円(税込)
  • 2600円(税込)
  • 重量
  • 136g
  • 99.8g
  • 118g
  • 109g
  • 150g
  • センサー
  • レーザー
  • オプティカル
  • オプティカル
  • オプティカル
  • レーザー
  • ケーブル
  • なし(Unifying)
  • なし(Unifying)
  • なし(USB)
  • なし(USB)
  • なし(Bluetooth)

ゲーミングマウスおすすめ人金ランキング5選

第5位

Logicool(ロジクール)

ゲーミングマウス G703h

価格:11,990円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人の手の形に合わせたゲーミングマウス

ロジクールが誇る、最も高パフォーマンスを発揮する「HERO 16Kセンサー」を搭載しています。それによりワイヤレスの精確さが強化され、プロも利用しています。

 

前モデルと比較して、バッテリー効率が10倍にアップして、1回の充電で最高60時間プレイできます。別売りですが、「POWERPLAYワイヤレス充電システム」に対応しており、プレイしながらも充電でき、バッテリー切れを心配から解放されました。

重量95.3gセンサーオプティカル
ケーブルあり(180cm充電用)

口コミをご紹介

サイバーマンデーで5980円という安価で買えるしお試しにと言った気持ちで購入しました。私の手が女性の少し大きめ男性の小さい(手のひら10㎝中指7㎝程度)サイズの為、DeathAdderEliteは大き目、Rival310ぐらいがちょうどいい(かぶせ持ち)だったので、念の為店舗で確認して購入。サイズ感はRival310のような感じで、お尻の部分が高くなっている為Rival310より持ちやすいなあという感覚です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Logicool(ロジクール)

ゲーミングマウス G604

価格:9,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エルゴノミクスデザインのゲーミングマウス

あらゆるゲームジャンルやプレイスタイルに、柔軟に対応してくれるゲーミングマウスの登場です。15個ものカスタマイズできるボタンがあり、ゲームのコマンド入力のスピードを向上させてくれます。

 

バッテリー駆動時間が長く、単三形乾電池1本で最大で240時間もプレイできます。超高速LIGHTSPEEDワイヤレスとBluetoothを通信方法を、ワンクリックで切り替えられます。そのBluetoothモードでプレイすると、最大5.5か月もプレイできます。

重量136gセンサーオプティカル
ケーブルなし(Bluetooth)

口コミをご紹介

G700sからの乗り換えです。初代G700、初代G700sは共に2年ちょっとでチャタり、2代目G700sが4年経って相当ヘタってきたところにようやく過不足なく移行できそうなマウスが登場したので飛びつきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Logicool(ロジクール)

ゲーミングマウス G402

価格:4,255円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FPSゲーム用のゲーミングマウス

FPS(First Person Shooter)のために開発されたゲーミングマウスです。毎秒1000回という頻度でパソコンと高速通信をすることで、スピードが大事なゲームでおすすめです。

 

精度の高いクリックへの反応性があるので、ゲームのスキルを高めてくれて、激しい銃撃戦を優位に楽しむ事ができます。長時間プレイも快適性を失わないので、FPSでトップを目指すならおすすめします。

重量141gセンサーオプティカル
ケーブルあり(210cm)

口コミをご紹介

だいぶ前、G400とMX518、G500をまとめて購入し使用しましたが、ほとんど潰れてやはり常時接続してるので消耗が大きいみたい。MX518は旧型のせいか確か1980円で2個まとめて買った記憶があり、高品質の光学センサーとオムロンのメインスイッチなど要所は押さえてて、一般用には安心。4千円以内ならまず文句のつけようのないマウスです

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Logicool(ロジクール)

ゲーミングマウス G600t

価格:8,120円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20個のボタンがMMOに最適

MMO(多人数参加型オンラインRPG)のプレイを考慮した20個のキーに、ソフトウェアを使ってプログラミング、ボタンの割り当てとカスタマイズが出来ます。長い入力を、一つのボタン操作で完了できるので、MMOで使用される方にはおすすめです。

 

Gシフトボタンというボタンがあり、ホールドしている間は、別機能を割り当てられるようになっているため、用途が広がりました。ゲームとは離れますが、1600万色対応のRGBLEDによって、マウス内部のイルミネーションをカスタマイズできるようになっています。

重量259gセンサーレーザー
ケーブルあり(210cm)

口コミをご紹介

元々多ボタンのマウスにはMADCATZの商品を使用させていただいておりました。12ボタンのMMOゲーミングマウスの存在は存じておりましたが、そのボタンの多さゆえに慣れが必要だと敬遠しておりました。しかし実際に使ってみると中央のG13、G16のボタンにある突起が、キーボードのFキーやJキーのように手に馴染み、自然と使えるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Logicool(ロジクール)

ゲーミングマウス G203

価格:3,608円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者におすすめ高性能ゲーミングマウス

ゲーミングマウスで一番大切な、精確なカーソルトラッキングと反応がとても良くパフォーマンスを体感できます。カスタマイズできるボタンは6個あり、ゲーミングマウスを利用する方全てにおすすめします。

 

シンプルなデザインで、重さは86gという軽さを実現しました。個々の個性を発揮できるように、LIGHTSYNC RGBカラーウェーブという約1680万色のLEDを使ったプログラミングができ、色鮮やかなマウスに仕上げられます。

重量86.2gセンサーオプティカル
ケーブルあり(200cm)

口コミをご紹介

2年前に買ったGpro有線がチャタリングを起こしたため、購入しました。Gpro有線に比べて左クリックが少し固い感じがしますが、値段は安いので仕方なしかと。ホイールの回す感覚がかなり固くなってる印象です。値段的には大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲーミングマウス比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5390012の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 2
    アイテムID:5389955の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:5389922の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 4
    アイテムID:5389898の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 5
    アイテムID:5389844の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 商品名
  • ゲーミングマウス G203
  • ゲーミングマウス G600t
  • ゲーミングマウス G402
  • ゲーミングマウス G604
  • ゲーミングマウス G703h
  • 特徴
  • 初心者におすすめ高性能ゲーミングマウス
  • 20個のボタンがMMOに最適
  • FPSゲーム用のゲーミングマウス
  • エルゴノミクスデザインのゲーミングマウス
  • 人の手の形に合わせたゲーミングマウス
  • 価格
  • 3608円(税込)
  • 8120円(税込)
  • 4255円(税込)
  • 9900円(税込)
  • 11990円(税込)
  • 重量
  • 86.2g
  • 259g
  • 141g
  • 136g
  • 95.3g
  • センサー
  • オプティカル
  • レーザー
  • オプティカル
  • オプティカル
  • オプティカル
  • ケーブル
  • あり(200cm)
  • あり(210cm)
  • あり(210cm)
  • なし(Bluetooth)
  • あり(180cm充電用)

ロジテック製マウスを購入前に、実際に触って決めましょう

まずは、ご自分が「どんなシーンでマウスを使いたいのか確認」してください。そうすることで、多岐に渡る選択肢を減らすことができて、ご自分が求める一本が探し易くなります。

 

まずは手で触って、自分は通常サイズのマウスが良いのか、小型が良いのか判断しましょう。それが決まったら、有線なのか無線なのか、明確なビジョンを持って選んでください。

 

最後に、「どこで主に使うのかをイメージ」する必要があります。最近は静音タイプが多くなってきているので、選んでみても良いです。

Bluetooth接続できる他社製マウスは注目

ロジクール製マウスをたくさん紹介してきました。「ビジネスシーンやゲーム用としておすすめ」しています。この記事を読んでいたら、他社のマウスはどうなんだろうって気になってしまった方がいらっしゃると思います。

 

そこで、Bluetooth接続ができて、静音タイプのマウスをご紹介していますので、チェックしてみてください。

自分のやりたいことに合わせて、ロジテック製マウスを選ぼう

今回は、「ロジテック製マウスのおすすめ商品をランキング形式でご紹介」させていただきました。ロジテック製マウスは、利用目的、形状、有線・無線などから選ぶことが重要です。今回ご紹介したおすすめロジテック製マウスの中から、「ご自分に合ったマウスを選んで、快適なPC操作を楽しむ」ことが一番です。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ