記事ID142244のサムネイル画像

動画処理に必要なグラフィックボードおすすめ人気ランキング25選【3Dゲーム】

グラフィックボードを選ぶ際に、どのようなことに注目して選べば良いのか分からない人は多いはず。グラフィックボードには、安くてコスパの良いものから値段は張りますが機能性抜群のものなどあります。今回は、おすすめのグラフィックボードを紹介します。

グラフィックボードとは?

グラフィックボードは、ディスプレイに映像を映し出すために絶対に欠かせないパーツです。動画や画像を処理するために必要なものです。それだけでなく、パソコンでゲームがしたい場合も必要です。

 

グラフィックボードには、GPU製造メーカーが異なっており、「NVIDIA」や「AMD」などがあります。それだけでなく、クラスも様々で、有名なものであればハイクラスの「RTX2070」などもあり、動画編集などを快適にしてくれます。

 

また、商品によっては対応してくれるコンテンツ、端子、必要になる電源容量が違います。そのため、自分に合ったグラフィックボードの選び方は難しいのでしっかり知識を持っておくと良いでしょう。

グラフィックボードの選び方

初めてグラフィックボードをご購入される場合は、どのようなことに注目して選ぶべきか分からないことも多いと思います。ここでは、自分がどのようなスペックのものが欲しいかをイメージして、グラフィックボードの選び方を紹介しますので参考にしてください。

GPUメーカーで選ぶ

グラフィックボードを選ぶ際に気をつけたいのはGPUメーカーで選ぶのが重要です。GPUはCPUの代わりに画像の処理を行うグラフィックチップのことを指します。

 

様々なメーカーがそのチップを使用して、グラフィックボードを製造したり、販売しています。 GPUのシェアは、主に「NVIDIA」、「AMD」というように2つに占められています。

 

そのため、2つのシェアをそれぞれ特徴を把握しておきましょう。特徴を把握することによって自分に合ったGPUを選ぶことができるでしょう。

パソコンでゲームしたい人は「NVIDIA」

グラフィックボードを購入する際に、パソコンでゲームをしたいと考えている人は、NVIDIA製のGPUを搭載したもの選ぶと良いでしょう。

 

NVIDIA製のグラフィックボードは、3Dゲームの処理能力が高いのが魅力で、ハイエンドゲーミングパソコンにも多く搭載されているのが特徴です。

 

それから、特に、GeForceシリーズは、ゲーム開発者に向けてのサポートも実施しています。また、テストの環境もGeForceを利用していることが多く、多くのゲームの3D表示機能が最適化されているのがメリットです。

 

動画の処理をしたい人は「AMD」

グラフィックボードを購入する際に、動画や写真の処理をしたいと考えている人は、AMD製のGPUを選ぶと良いでしょう。ハイエンド向きの商品としては、NVIDIAの製品の方が少々上ですが、コスト面に関してはAMD製の方が優れています。

 

それから、AMD製のGPUは主にローエンド向けのパソコンに搭載されていることが多いです。PS4にも搭載されています。

 

また、動画の再生能力は、NVIDIA製のものより優れています。そのため、グラフィック系の仕事をしてる人におすすめで、グラフィックボードに、こだわりがある人向けのグラフィックボードです。

GPUメモリで選ぶ

GPUメモリは、グラフィックに特化したメモリです。メモリ容量が大きければたくさんの映像情報を保存でき、同時に情報処理も行ってくれます。 ゲームをしたいと考えている場合、2GBがゲーミングPCに必要な最低ラインです。

 

しかし、最近では性能などを考えると2GBも厳しくなってきています。例えば、GTX 750 Tiなどであれば、1GBでもゲームをプレイできたのですが、2020年時点では1GBは通用しなくなってきています。

 

そのため、快適にプレイしたいと考えている方は、メモリ容量が大きいグラフィックボードを選ぶと良いでしょう。

ケースサイズで選ぶ

グラフィックボードの購入を考えている人は、ケースサイズも考えて選ぶようにしましょう。マザーボードを取り付ける際に、周りのパーツなどに緩衝しないものを選ぶのが大切です。

 

グラフィックボードは様々な大きさのものがありますので、ケースとのバランスをしっかり考えて購入すると良いです。

小型で便利な「小型ケース」

形が細いスリムなケースやキューブ型ケースの場合は、ロープロファイル対応であれば、通常搭載できないスリムなタイプのケースに収められるようにコンパクトサイズになっています。そのため、ロープロファイル対応のグラフィックボードを選択するようにしましょう。

 

それから、冷却ファンなどのパーツが省かれており、 ハイエンド向けのグラフィックボードに比べると性能に差があるので、負荷がかかりやすい最新の3Dゲームには適していません。

 

また、スリムタイプのものにグラフィックボードを搭載したい人、動画や写真などの処理性能を高くしたい人におすすめです。

拡張性が確保できる「フルタワーケース」

拡張性を確保できるケースの場合は、他のパーツと緩衝しないサイズを選ぶようにしましょう。ミドルタワーなどの拡張性があるケースのために製作されているものなので、サイズも豊富に選べます。

 

ケースには余裕がありますが、大きなハイエンド向けのグラフィックボードを購入しないようにしましょう。マザーボードを取り付ける際に、メモリーなど他のパーツに緩衝する可能性があります。

 

今後PCの自作を考えている人であれば、グラフィックボードを中心にサイズを決めれば問題ありません。しかし、グラフィックボードだけを購入したいと考えている場合は、特に注意が必要です。

スペックで選ぶ

グラフィックボードは利用用途に合ったスペックを選ぶようにしましょう。それから、パソコンで利用するツールなどには、必ず推奨スペックが記載されています。そのため、推奨スペックをしっかり把握しておく必要があります。

 

長く利用したいと考えている人は、使用中のツールなどの推奨してるグラフィックボードのスペックを選ぶよりも、少々上のスペックのものを選ぶようにしましょう。

 

1つ上のスペックのグラフィックボードを選ぶことによって、必要なスペックが上がった場合も対応できます。

 

グラフィックボード製造メーカーで選ぶ

グラフィックボードを製造してるメーカーは、ベンダーと呼ばれています。または、AIBパートナーとも呼ばれています。

 

メーカーが製造しているオリジナルのグラフィックボードの基板には、NVIDIAやAMDのGPUが搭載されており、GPUクーラーを装着することによって完成します。グラフィックボードのベンダーは、主に、「エイスース」、「ギガバイト」、「MSI」などがあります。

 

最近では、世界中の他のメーカーも増えてきており、日本であれば「玄人志向」なども人気があります。各メーカーによって特徴や得意分野があります。

エイスース(ASUS)

パソコンやパソコンパーツの世界的メーカーのエイスース。エイスースのグラフィックボードは、描画性能と冷却性能のバランスがとても良いのが魅力です。

 

それから、オーバークロックに強いので、世界中のゲーマーから支持されています。少々値段は高いですが、性能が良いものを求めている人におすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE)

パソコンや周辺機器のメーカーであるギガバイト。デスクトップだけでなく、法人向けのサーバー製品も多数揃えているのが特徴です。

 

それから、ゲーミングブランドの「AORUS」シリーズは、「WINDFORCE」という冷却システムが搭載されており、VRAMやMOSFETに注意して冷却してくれるので、効率的なクーリングが魅力です。

エムエスアイ(MSI)

マザーボード、グラフィックボードを製造しているメーカーのMSI。他にも、ゲーミングノートパソコンやモニターなども人気です。MSIのグラフィックボードは、空気力学に基づいた設計によって冷却性能が非常に高いのが魅力です。

 

冷却ファンの音も静かです。また、専用のソフトウェアを使用することによって、LEDライティングをコントロールすることができます。静かな環境で集中したい方におすすめです。

冷却性能で選ぶ

グラフィックボードの性能は、基本的に、AMDとNVIDIAが供給しているGPUの性能に依存しています。また、それぞれのベンダーが工夫をしているのが冷却性能です。 冷却性能は、冷却ファンの大きさはもちろんですが、冷却ファンの数も関係してきます。

 

それだけでなく、ヒートシンクにも注目する必要があります。ヒートシンクの大きさや形状、素材などによっても冷却性能は大きく変わってきます。 冷却性能が高いグラフィックボードを選ぶことによって、より安定した処理速度を維持できるというメリットがあります

 

そのため、高フレームレートの描画がスムーズです。それから、GPUのオーバークロックがしやすいという魅力もあり、ファンの回転数を低く抑えてくれますので、ファンの音が気になりやすい人などはしっかり把握しておきましょう。

消費電力で選ぶ

グラフィックボードは、他のパソコンのパーツと比べて消費電力が高いです。GPUの消費電力はWという単位で、グラフィックボードの性能とワットは一般的に比例します。そのため、性能が高いGPUであれば、消費電力は高くなります。

 

電源ユニットに関しても電源容量が多いものが必要になってきます。 例えば、現在使用しているパソコンにグラフィックボードを増設したいと考えているのであれば、電源ユニットの電源容量は余裕があるのかを確認し、なければ電源ユニットを交換しましょう。

 

スペックが高いグラフィックボードは、電力不足になるケースもありますので注意しましょう。もし、電力不足になった場合は、電源ユニットから補助電源ケーブルにより電力が確保できるので、補助電源の電力も供給できるような電源ユニットを準備しておきましょう。

3Dゲームに最適なグラフィックボードのおすすめ人気ランキング5選

第5位

玄人志向

グラフィックボード

価格:59,973円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高評価が多い

このグラフィックボードは、NVIDIAのGeForce RTX 2070 SUPERが搭載されているものです。スピードが速いのが特徴で、温度もとても安定しています。それから、音も静かなのが魅力です。

メモリ8GBGPUGeForce RTX 2070

口コミをご紹介

性能はほぼカタログスペック通り、ダブルファンの排熱はFF14、FF15ベンチマーク中60℃台で推移していたので問題無しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

玄人志向

グラフィックボード

価格:47,222円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レンダリングエンジン

このグラフィックボードは、AMDテクノロジーを基に構築されている高性能のレンダリングエンジンのものです。そのため、高速で正確な画像を作ることができます。リアリティにこだわりたいという人に向いています。

メモリ8GBGPURadeon RX 5700 XT

口コミをご紹介

平均温度は72度ぐらいで安定しています。尚、新しいNAVIシリーズのため、ドライバはしばらくはこまめに最新版にすることをオススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

SAPPHIRE

グラフィックスボード

価格:23,747円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファンコントロール機能

負荷が低いときにはファンが回らず、静かな状態で楽しめるファンコントロール機能を搭載。ゲームを始めたときには再起動するので、GPUが過熱せずに済みます。

 

それから、ゲームの動きに合わせ、フレームレートを調節できるのも特徴です。滑らかにゲームをプレイしたい人に向いています。

メモリ8GBGPURadeon RX 580

口コミをご紹介

GTX960から乗り換え。RADEON買うならSAPPHIERにしたかったので値段も性能も満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

SAPPHIRE

グラフィックスボード

価格:46,084円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアフロー設計

このグラフィックボードは、パフォーマンスの向上を実現してくれるものです。3つのファンとエアフローが設計されていることにより、効率良く熱を拡散してくれます。

 

それから、冷却性能、ノイズ性能も優れているのが魅力です。また、もし、ファンに問題が起きてしまった時は、交換用のファンが取り寄せられるのが嬉しい点で、簡単に交換できます。

メモリ8GBGPURadeon RX 5700

口コミをご紹介

ベンチは2から3割程上昇しましたが体感は其ほど感じませんが動作音がも凄く静かになり非常に満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Asustek

デュアルファンモデル

価格:42,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザイン

このグラフィックボードは、パフォーマンスに優れているものです。2.7スロットデザインを採用していることにより、冷却表面積を拡大してくれます。

 

それから、事前に信頼性試験を実施しています。そのため、ピークな時もカードが正常に動きます。グラフィックボードに信頼性を求めている人に向いています。

メモリ8GBGPURadeon RX 5700

口コミをご紹介

MHWを60 fpsでプレイすると,平均消費電力が120 W程度です。最新のゲームをこの消費電力でプレイできるのは非常に魅力的です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3Dゲームに最適なグラフィックボードの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5387149の画像

    Asustek

  • 2
    アイテムID:5387187の画像

    SAPPHIRE

  • 3
    アイテムID:5387328の画像

    SAPPHIRE

  • 4
    アイテムID:5387378の画像

    玄人志向

  • 5
    アイテムID:5387427の画像

    玄人志向

  • 商品名
  • デュアルファンモデル
  • グラフィックスボード
  • グラフィックスボード
  • グラフィックボード
  • グラフィックボード
  • 特徴
  • シンプルなデザイン
  • エアフロー設計
  • ファンコントロール機能
  • レンダリングエンジン
  • 高評価が多い
  • 価格
  • 42600円(税込)
  • 46084円(税込)
  • 23747円(税込)
  • 47222円(税込)
  • 59973円(税込)
  • メモリ
  • 8GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 8GB
  • GPU
  • Radeon RX 5700
  • Radeon RX 5700
  • Radeon RX 580
  • Radeon RX 5700 XT
  • GeForce RTX 2070

コスパ抜群なグラフィックボードのおすすめ人気ランキング5選

第5位

玄人志向

グラフィックボード

価格:4,082円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2スロット占有

このグラフィックボードは、NVIDIAのGeForce GT710を搭載したものです。GeForce Experienceを使用することによって、ビデオやスクリーンショットなどをキャプチャして友達と共有できます。

 

それから、GeForceドライバを最新の状態に保つことができるので、ゲームの設定を最適化できるのも魅力です。

メモリ1GBGPUGeForce GT710

口コミをご紹介

重くて動かなかったゲームが動くようなり快適プレイできます。ファンレスなので静音でとても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

玄人志向

ショート基盤モデル

価格:7,082円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

VR体験を楽しめる

このグラフィックボードは、Radeon RX 550が搭載されているものです。それから、AMD XConnectテクノロジー対応になっていますので、ノートパソコンとも簡単に接続できるという魅力があります。

 

また、VRコンテンツに向いているテクノロジーを採用しています。そのため、臨場感のあるVR体験を楽しみたいという人におすすめです。

メモリ8GBGPURadeon RX 5700 XT

口コミをご紹介

バックプレートが付いているのか、わからず購入。付いていて、結構、嬉しいものです。やっぱり、いいよね、バックプレート!!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

SAPPHIRE

グラフィックスボード

価格:21,318円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた冷却性能

アルミ製のバックプレートのグラフィックボードです。そのため、ボードが曲がったり、ホコリが侵入するのを防いでくれます。

 

また、冷却性能に優れているファンコントロールを採用しているので、ゲームのプレイ中には、パフォーマンスのバランスをしっかり取ってくれるという魅力があります。

メモリ4GBGPUAMD RADEON RX 5500

口コミをご紹介

2画面表示のため購入しました。PCの起動時、スリープからの復帰時には、ファンか高速回転しますが、その後は静かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ASROCK

グラフィックボード

価格:18,873円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こだわり設計

このグラフィックボードは、Radeon RX 580が内蔵されているハードディスクを超えた高い性能のゲーム体験を楽しむことができます。それから、設計にもこだわっているのが魅力です。また、マルチディスプレイ環境を作りたい人に向いています。

メモリ8GBGPURadeon RX 580

口コミをご紹介

消費電力を低減する為にやや動作スペックを下げている様ですが以前のグラボが大分古い品だった事もあって、性能面には不満無し。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

MSI COMPUTER

グラフィックスボード

価格:16,720円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モノトーンデザイン

モノトーンデザインのグラフィックボードです。外観は高級感がありますので、こだわりが強い方や個性的なパソコンを作ってみたいと考えている人に向いています。

 

それから、最新のゲームやVRゲームをプレイするのにも適しており、映像が滑らかなのも魅力です。また、ウルトラハイビジョン対応になっていますので、細かな部分もシャープに再現してくれます。

メモリ8GBGPURadeon RX 570

口コミをご紹介

性能のバランスが良く選んで正解だった。ゲームは最近ほぼしないため2D描画と動画再生での評価ではこれで十分。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ抜群なグラフィックボードの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5387138の画像

    MSI COMPUTER

  • 2
    アイテムID:5387269の画像

    ASROCK

  • 3
    アイテムID:5387301の画像

    SAPPHIRE

  • 4
    アイテムID:5387402の画像

    玄人志向

  • 5
    アイテムID:5387445の画像

    玄人志向

  • 商品名
  • グラフィックスボード
  • グラフィックボード
  • グラフィックスボード
  • ショート基盤モデル
  • グラフィックボード
  • 特徴
  • モノトーンデザイン
  • こだわり設計
  • 優れた冷却性能
  • VR体験を楽しめる
  • 2スロット占有
  • 価格
  • 16720円(税込)
  • 18873円(税込)
  • 21318円(税込)
  • 7082円(税込)
  • 4082円(税込)
  • メモリ
  • 8GB
  • 8GB
  • 4GB
  • 8GB
  • 1GB
  • GPU
  • Radeon RX 570
  • Radeon RX 580
  • AMD RADEON RX 5500
  • Radeon RX 5700 XT
  • GeForce GT710

GeForceシリーズ|グラフィックボードのおすすめ人気ランキング5選

第5位

Asustek

トリプルファンモデル

価格:130,786円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームを快適にプレイ

このグラフィックボードは、ASUSの「GeForce RTX 2080 Ti」が搭載されたものです。前世代のものから約6倍ほど性能が上がった高性能のGPUが採用されています。

 

それから、新設計の冷却ファンである「Axial-tech FAN」が搭載されており、静音性を維持することも可能ですし、高い冷却性能を持っています。防塵性能も備えているため、内部にほこりが入るのを防いでくれます。

 

また、専用ソフトの「Aura Sync」を使うことによって、互換性のあるものとの連携なども楽しむことができます。高画質な映像を楽しみたい人やVRゲームなどを快適にプレイしたい人におすすめです。

メモリ11GBGPUGeForce RTX2080チタン

口コミをご紹介

リアルタイムレイトレーシングかなり凄いです!バトルフィールドVは分かりにくいですが、Anthemだとかなり雰囲気が違ってリアルに近い表現されるのでとても良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Gigabyte

スーパーゲーミング

価格:99,683円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが良い

このグラフィックボードは、ハイスペックなGPU「GeForce RTX 2060 SUPER」が搭載されたものです。そのため、コスパに優れているのが特徴です。新しいオンラインゲームなどをゲーミングモニター描画するパワーも備えています。

 

それから、ファンが3つあり、オルタネートスピニングファンが含まれている「WINDFORCE 3Xクーリングシステム」が搭載されています。

 

また、冷却性能が優れているのも魅力です。FPSやTPSなどの一瞬の動きが大事なゲームをゲーミングモニターでプレイしたい人に向いています。

 

メモリ8GBGPUGeForce RTX 2060 Super

口コミをご紹介

このカードは素晴らしいパフォーマンスと堅実な信頼性を持っていますが、誰も言及していないようには大きな注意点がありますが、このカードには沈黙しない問題があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

MSI COMPUTER

グラフィックスボード

価格:57,837円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高画質モード

このグラフィックボードには、NVIDIAのハイスペックGPUである「GeForce RTX 2070 SUPER」が搭載されています。

 

それから、高画質モードでも、余裕がある描画ができることができます。 また、「トルクスファン3.0」を3基搭載されており、冷却性能にも優れています。ゲーミングモニターを使って、高画質ゲームを楽しみたい方に向いています。

メモリ8GBGPUGeForce RTX 2070 SUPER

口コミをご紹介

まず、長いです。ケースに入るか心配でしたが、フロントファンも取ることもなくギリギリで入りました。使ってみてスゴイと感じたのが静音性です。ファンの音が気にならない!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

玄人志向

グラフィックボード

価格:9,064円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズ

コンパクトなサイズのグラフィックボードです。このグラフィックボードは、エントリークラスのGPU「GeForce GT 1030」を搭載しています。

 

それから、ロープロファイルにも対応しています。 ロースペックではありますが、動画を再生したり、ライトゲームのプレイを考えている人に向いています。

 

また、ビジネスなどで使用しているパソコンに、グラフィックボードを増設したい人にもおすすめです。

メモリ2GBGPUGeForce GT 1030

口コミをご紹介

ゲームのベンチマークなどを行ってみましたが何の問題も起きずに完走したので、実際にゲームを起動して高負荷でプレイをしましたが問題ありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ZOTAC

グラフィックスボード

価格:34,323円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

60fp以上で描画

このグラフィックボードには、NVIDIAのミドルスペックGPU「GeForce GTX 1660 Ti」が搭載されています。

 

このグラフィックボードの特徴は、大体のオンラインゲームを60fp以上で描画することができる点です。それから、スペックが高く、デュアルファン仕様のコンパクトなサイズになっています。

 

また、アルミニウム製のワイドファンブレード、ヒートシンクを搭載していますので、冷却性能に優れているのも魅力です。

メモリ6GBGPUGeForce GTX1660Ti

口コミをご紹介

ゲーム中常に全開でファンが回ることないです。たまに、高回転になるときもありますが うるさいってほどでもないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

GeForceシリーズ|グラフィックボードの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5386785の画像

    ZOTAC

  • 2
    アイテムID:5386714の画像

    玄人志向

  • 3
    アイテムID:5386677の画像

    MSI COMPUTER

  • 4
    アイテムID:5385759の画像

    Gigabyte

  • 5
    アイテムID:5384088の画像

    Asustek

  • 商品名
  • グラフィックスボード
  • グラフィックボード
  • グラフィックスボード
  • スーパーゲーミング
  • トリプルファンモデル
  • 特徴
  • 60fp以上で描画
  • コンパクトサイズ
  • 高画質モード
  • コスパが良い
  • ゲームを快適にプレイ
  • 価格
  • 34323円(税込)
  • 9064円(税込)
  • 57837円(税込)
  • 99683円(税込)
  • 130786円(税込)
  • メモリ
  • 6GB
  • 2GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 11GB
  • GPU
  • GeForce GTX1660Ti
  • GeForce GT 1030
  • GeForce RTX 2070 SUPER
  • GeForce RTX 2060 Super
  • GeForce RTX2080チタン

Radeon/RXシリーズ|グラフィックボードのおすすめ人気ランキング5選

第5位

Asustek

トリプルファンモデル

価格:53,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷却性能が高い

このグラフィックボードは、AMDのミドルハイスペックGPUである「Radeon RX 5700 XT」が搭載されています。それから、処理能力が高いのも特徴です。

 

また、強力なヒートシンク、MaxContactテクノロジーによって、高い冷却性能が期待できます。サイズは大きく、パソコンのケース自体に余裕がある排熱設計が必要なので気をつけましょう。

メモリ8GBGPURADEON™ RX5700 XT

口コミをご紹介

MHWを60 fpsでプレイすると,平均消費電力が120 W程度です。最新のゲームをこの消費電力でプレイできるのは非常に魅力的です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Gigabyte

グラフィック

価格:78,982円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高フレームレート

このグラフィックボードには、AMDのハイスペックGPU「Radeon RX 5700」が搭載されています。それから、どのようなタイプのゲームでも、高フレームレートでプレイすることが可能です。

 

また、ヒートパイプダイレクトタッチなどのシステムがあるため、効率の高い冷却能力を発揮してくれます。そのため、モニターでいろんなゲームを楽しみたい方に向いています。

メモリ8GBGPURadeon RX 5700

口コミをご紹介

私は最初のPCをセットアップしました。このグラフィックスカードは十分以上です。超おすすめ。簡単に設置でき、手間がかかりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

MSI COMPUTER

グラフィックスカード

価格:156,689円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高リフレッシュレート

このグラフィックボードは、AMDのGPU「Radeon VII」が搭載されているハイスペックなものです。そのため、格闘ゲームやFPSゲームなども高リフレッシュレートで楽しむことができるのが魅力です。

 

それから、VRゲーミング、4Kにも対応しているのも嬉しい点です。ゲームの大会で上位を目指したと考えるゲーマーにおすすめです。

メモリ16GBGPURadeon VII

口コミをご紹介

私は私のブランドの新しいコンピュータにそれを置くこと. それはすべてピクセル化され、それは絶えずシャットダウンします!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Asustek

デュアルファンモデル

価格:24,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アップグレード

このグラフィックボードには、AMDベーシックGPU「Radeon RX 5500 XT」が搭載されているものです。リーズナブルなのが特徴で、ゲームをフルハードディスクで楽しむことが可能です。

 

それから、高フレームレートのため、ゲームプレイをしっかりサポートしてくれるのも魅力の一つです。冷却性能も優れており、自作PCを組み立てたいと考えている人、パソコンをゲーミングPCにアップグレードしたいと考えている人に向いています。

メモリ4GBGPURadeon RX 5500 XT

口コミをご紹介

GPUコア温度が60℃を下回るとファンが静止し、軽いゲームを比較的静かに楽しむことができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

玄人志向

グラフィックボード

価格:33,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームプレイ最適

ミドルレンジGPUの「Radeon RX 5600 XT」が搭載されているコスパに優れたグラフィックボードです。そのため、ゲームプレイに最適なのが魅力です。

 

それから、専用のソフトウェア「Adrenalin 2020」を使用することによって、ゲームに合わてカスタマイズすることもできます。また、「AMD FreeSyncテクノロジー」により、ちらつきなどを防いでくれます。

メモリ6GBGPURadeon RX5600XT

口コミをご紹介

Windows10, Linux(Ubuntu 19.10)で使っていますが問題ありません。使っているモニターが1440pなのでRX5700XTだとピッタリです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Radeon/RXシリーズ|グラフィックボードの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5387062の画像

    玄人志向

  • 2
    アイテムID:5387047の画像

    Asustek

  • 3
    アイテムID:5387038の画像

    MSI COMPUTER

  • 4
    アイテムID:5387028の画像

    Gigabyte

  • 5
    アイテムID:5387002の画像

    Asustek

  • 商品名
  • グラフィックボード
  • デュアルファンモデル
  • グラフィックスカード
  • グラフィック
  • トリプルファンモデル
  • 特徴
  • ゲームプレイ最適
  • アップグレード
  • 高リフレッシュレート
  • 高フレームレート
  • 冷却性能が高い
  • 価格
  • 33060円(税込)
  • 24799円(税込)
  • 156689円(税込)
  • 78982円(税込)
  • 53500円(税込)
  • メモリ
  • 6GB
  • 4GB
  • 16GB
  • 8GB
  • 8GB
  • GPU
  • Radeon RX5600XT
  • Radeon RX 5500 XT
  • Radeon VII
  • Radeon RX 5700
  • RADEON™ RX5700 XT

定番グラフィックボードのおすすめ人気ランキング5選

第5位

ZOTAC

グラフィックスボード

価格:29,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた性能

このグラフィックボードは、GeForce GTX1660が搭載されているものです。性能に優れているのも魅力です。それから、別に、補助電源ケーブルを買わないと使用できないので、初心者の方は注意が必要です。

メモリ6GBGPUGeForce GTX1660

口コミをご紹介

私の用途では必要十分な性能です。GPUを使わない事務作業中はファンが期待以上に静かでうれしい誤算でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

SAPPHIRE

グラフィックスボード

価格:56,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高耐久

このグラフィックボードには、Radeon RX 5700 Graphicsが搭載されています。それから、音も静かでコスパが良いという特徴もあります。また、省電力というのも嬉しい点です。

メモリ8GBGPURadeon RX 5700 Graphics

口コミをご紹介

ASROCKのRX590から交換しました。ゲーム中でもとても静かです。温度を調べてみると最大で70度ほどでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Asus

グラフィックスカード

価格:65,507円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このグラフィックボードには、GeForce GTX 1660 SUPERが搭載されています。電源は650W GOLD+の環境で稼働しても、特に問題なしでゲームをプレイできます。コスパがとても良いのも魅力です。

メモリ6GBGPUGeForce GTX 1660 SUPER

口コミをご紹介

見た目はかっこいいですね。ASUS独自のGPUモニタリングは分かり易くていいですね!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

SAPPHIRE

グラフィックボード

価格:45,690円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保証付き

このグラフィックボードには、Radeon RX 5700 Graphicsが搭載されています。3D性能と静音性のバランスがとても良く、3D性能も高いのが魅力です。また、ASKによる国内2年間保証が付いてるのも安心です。

メモリ8GBGPURadeon RX 5700 Graphics
第1位

MSI COMPUTER

グラフィックスボード

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームも楽しめる

このグラフィックボードは、AMD RADEON RX 550が搭載されているものです。軽いゲームはもちろん可能ですし、簡単な動画編集などにも十分に活躍のできる魅力があります。

メモリ4GBGPUAMD RADEON RX 550

口コミをご紹介

性能のバランスが良く選んで正解だった。ゲームは最近ほぼしないため2D描画と動画再生での評価ではこれで十分

出典:https://www.amazon.co.jp

定番グラフィックボードの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5387996の画像

    MSI COMPUTER

  • 2
    アイテムID:5387991の画像

    SAPPHIRE

  • 3
    アイテムID:5387978の画像

    Asus

  • 4
    アイテムID:5387970の画像

    SAPPHIRE

  • 5
    アイテムID:5387960の画像

    ZOTAC

  • 商品名
  • グラフィックスボード
  • グラフィックボード
  • グラフィックスカード
  • グラフィックスボード
  • グラフィックスボード
  • 特徴
  • ゲームも楽しめる
  • 保証付き
  • 高耐久
  • 優れた性能
  • 価格
  • 8800円(税込)
  • 45690円(税込)
  • 65507円(税込)
  • 56199円(税込)
  • 29600円(税込)
  • メモリ
  • 4GB
  • 8GB
  • 6GB
  • 8GB
  • 6GB
  • GPU
  • AMD RADEON RX 550
  • Radeon RX 5700 Graphics
  • GeForce GTX 1660 SUPER
  • Radeon RX 5700 Graphics
  • GeForce GTX1660

利用環境に合わせよう

グラフィックボードは、どのようなモニターにも利用できるというわけではありませんので注意しましょう。グラフィックボードの中には、別に、ケーブルを購入しなければいけない場合もあります。そのため、利用環境に合わせて選ぶことも大事です。

自分に合ったグラフィックボードを見つけよう

今回は、グラフィックボードの選び方やおすすめランキングをまとめました。4K対応のものなど様々なスペックのものがあるので、特徴をしっかり知っておく必要があります。また、新品や中古などもあります。グラフィックボードを選ぶ際には、是非参考にしてください。

TOPへ