記事ID142098のサムネイル画像

観劇の必需品!オペラグラスのおすすめ人気ランキング25選【2020年最新版】

オペラグラスは舞台や・コンサートなどを楽しむのに便利な道具です。持ち運びしやすいように軽量なものが多くなっています。倍率や視野なども違いがあるので、選ぶのに迷ってしましがちです。そこで今回はオペラグラスの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

オペラグラスとは?どういうときに使うの?

オペラグラスは、劇場やコンサートホールに通う人にはとても身近な存在です。しかし、観劇やオペラ・ミュージカルの鑑賞に興味のない人には、縁のない存在かもしれません。

 

でもそんな人だって、2.5次元の舞台のような取っ付きやすい演目が現れて、突然舞台を「見に行きたいな」と思うことがあるかもしれません。そんなとき、安い後方の席でも楽しくむための大切な武器になるのが、オペラグラスです。

 

ここでは、小型で倍率が10倍くらいまでの観劇に適した双眼鏡をすべてオペラグラスと定義します。そして観劇用双眼鏡としてのオペラグラスの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。

 

オペラグラス(観劇用双眼鏡)を選ぶときのチェックポイント

オペラグラスを選ぶときに気になるのは「どれぐらいの倍率のものが良いだろうか」ということでしょう。しかし、倍率の他にもいくつか気になるチェックポイントがあるので、あらかじめご紹介しておきます。

 

オペラグラスをヨドバシやドンキやビックカメラの売り場で探そうが、100均の売り場で探そうが、通販を利用することにしようが、気をつける内容は同じです。

視野が広い方が見やすい

オペラグラス(双眼鏡)をのぞくと、見える範囲が狭くなることに気が付きます。倍率が高くなればなるほどその傾向が強まります。お目当ての俳優や歌手の動きだけを追っているのなら気にならないかもしれませんが、舞台全体を見渡そうとすると不便を感じます。

 

一度に広い範囲を見渡したい場合は、実視界の値ができるだけ高い製品を選ぶべきでしょう。実視界が7°以上あることが、ひとつの目安です。

 

また、オペラグラスを通して視野がどれほど広く見えるかも、もうひとつの目安です。この場合、問題になるのは見かけ視界の値です。同じ倍率で実視界の値にほどんど差がなくても、見かけ視界の値が大きな製品ならより広い範囲を眺めることが可能です。

明るい方が見やすい

舞台が生き生きとはっきり見えるためにも、明るく見えるオペラグラスを選びましょう。対物レンズの有効径が大きくて、倍率が低いほど、集光率と解像度が増して、オペラグラスをのぞいたときに明るく感じます。

 

同じ倍率のいくつかの製品の間でどれを買おうか迷ったら、対物レンズの有効径が大きいものを選ぶようにしましょう。舞台が鮮やかに見えて、きっと満足するでしょう。

小さくて軽い方がベター

オペラグラスは、小さくて持ち歩くのが便利であることも大切な条件のひとつです。ポケットの中に入れたり小さなハンドバッグの中に入れても大丈夫なサイズのものを選べば、劇場やコンサートの会場で、スマートに振る舞えます。

 

また、舞台劇であってもミュージカルやオペラであっても、2時間以上ある長い演目でオペラグラスを使用するのなら、少しでも軽いものを選ばないと腕が疲れます。長時間連続で使うことが予想されるのなら、できるだけ軽い製品を選びましょう

 

 

 

メガネをかけていても使うことができるか

メガネをかけている人は、アイレリーフの値をチェックするようにしましょう。アイレリーフとは、オペラグラスを通して全部を見渡すことのできる目の位置と、接眼レンズとの間の距離のことです。

 

アイレリーフの値が15mm以上なら、メガネをかけたままでも問題なくオペラグラスを使うことができます

オペラグラスの倍率について

オペラグラスと倍率の関係は、倍率が高くなればなるほど大きく見やすくなる、というだけの単純なものではありません。倍率が高くなるほど視野が狭くなり、見える範囲が小さくなり、手ぶれの影響が大きくなるからです。

 

オペラグラスの倍率が10倍くらいまでに限られているのは、このためです。劇場やホールなどの大きさによって、あるいは同じ劇場でも座る位置によって、おすすめ倍率が異なってきます。

4倍まで:小劇場や大劇場の前列の場合

倍率が3〜4倍までのオペラグラスは、数十人しか入らない小劇場や、大劇場でも比較的舞台に近い場所に座るときに使いましょう。舞台が広く見えるし手ぶれにも強いからです。それにこのような場所では、高倍率のオペラグラスは必要がありません。

 

 

低倍率のオペラグラスは比較的広い範囲が見えるので、ちょっとしたスポーツの観戦にも便利です。また軽く小型で持ち運びが楽なので、ギャラリーなどで美術品の鑑賞に、さりげなく使うのにもよいでしょう。

5倍から10倍:2階席や3階席やドーム劇場の場合

大劇場の2階席や3階席以降あるいはドーム劇場の後部座席といった、舞台から遠く離れた場所に座る場合は、5倍から10倍くらいまでのオペラグラスを持っていきましょう

 

例えば10倍の倍率のオペラグラスだと、100メートル先の舞台を10メートル先から見ているような感覚になるので、遠い不便な席に座っても、観劇を十分に楽しむことができます。

 

ただし8〜10倍くらいの倍率だと見える範囲が限られてきます。しかしお気に入りの出演者の表情を追いかけるような使い方をする場合には、全く気にならないはずです。

 

 

倍率4倍以下のオペラグラスおすすめランキング7選

第7位

ミザールテック

オペラグラス ハンドル付き BOH-350

価格:4,479円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人目を引くクラシックなデザインのオペラグラスです。劇場で使うのにぴったりです。倍率は3倍。伸縮する持ち手がついているので、片手だけで無理なく使用できます。折りたためばポーチに収めることができるので、携帯性も満点です。

 

メーカーのミザールテックは、第2次世界大戦後間もなく創業した日本の光学機器の老舗で、双眼鏡の他に顕微鏡や天体望遠鏡を作っています。

倍率3倍対物レンズ有効径25mm
サイズ52×112×48mm重量185g
実視界見かけ視界
アイレリーフ

口コミを紹介

「コンサートで使いたいから探して」と母に頼まれ買ってみました。ちゃんと見えてバッチリ!と喜んでました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

ビクセン(Vixen)

双眼鏡 折りたたみ式オペラグラス 1208-40

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみが可能なオペラグラスです。折りたたんでしまうと厚さが2センチメートルになってしまうので、胸ポケットや、小さいハンドバッグの中にも、じゃまにならずに収まってくれます。

 

おまけに重さが60グラムなので、長時間上演するお芝居やコンサートでも、腕が疲れる心配がありません。

 

倍率3倍対物レンズ有効径28mm
サイズ65×116×20mm重量60g
実視界見かけ視界
アイレリーフ

口コミを紹介

友達と海老蔵さんを観に行くのに購入。友達は、高いの買ってきて望遠キツすぎて目が回り気持ち悪くなってましたー
私は、安いのだったけど安定でバッチリ
よーーーく海老蔵さん見えましたー!

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

ケンコー(Kenko)

双眼鏡 Pliant オペラグラス 417508

価格:540円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に買って、気軽に試すことのできるお手軽価格のオペラグラスです。折りたたむとコンパクトなサイズになるので、持ち運びにも便利です。

 

倍率は3倍ですが、舞台からあまり離れていない席では十分に実用的でしょう。「オペラグラスってどんなものかな?」といった観劇初心者が、試してみるのにもおすすめです。

倍率3倍対物レンズ有効径25mm
サイズ120×70× 25mm重量72.6g
実視界見かけ視界
アイレリーフ

口コミを紹介

非常に軽くて、持ち運びにも苦になりません。たかがオペラグラス…と思っていましたが、少し目が悪い私にとっては、非常に見やすいと思いました。買って良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

サファリ

オペラグラス SA-59CF-HD O047

価格:5,132円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クラシックで優雅なデザインのオペラグラスです。観劇や美術館で使うと、古い映画に出てくる紳士淑女になった気分になるかもしれません。

 

片手で持つことができる折りたたみ式の取っ手が付属しているので、一方の手がふさがっているときに便利です。倍率が3倍、対物レンズ有効径は25ミリメートルなので、明るくクリアな視界を得ることができます。

倍率3倍対物レンズ有効径25mm
サイズ55×30×120mm重量196g
実視界見かけ視界
アイレリーフ

口コミを紹介

劇団四季:海劇場の2階S席から使用しました。
表情や躍動感をちゃんと感じられました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Nikon

双眼鏡 遊 4X10DCF

価格:11,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニコンのオペラグラスの中で、最も薄く軽い製品です。厚さは19ミリメートル、重さは65グラムしかありません。どんな場所にも持っていけます

 

その一方で、倍率は4倍あります。レンズやプリズムへのコーティングによって、明るい視界も確保しています。メガネをしている人も使用可能である点もありがたいです。

 

このオペラグラスは、歌舞伎や能など、日本の伝統芸能をイメージしてつくられました。伝統芸能だけでなく、オペラやバレエやミュージカル、そして美術館での作品鑑賞にもちょうど良いオペラグラスです。

倍率4倍対物レンズ有効径10mm
サイズ19×93×52mm重量181g
実視界10°見かけ視界38.6°
アイレリーフ13.7mm

口コミを紹介

購入してから5年以上、旅行、観劇、美術品鑑賞にと数十回は使いました。まずは軽くて小さいので旅先で1日中持って歩いても苦になりません。携帯性を考えるとこの倍率、明るさはすごいと思います。少々お値段はしましたが、元はとれたと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ビクセン(Vixen)

双眼鏡 at4 M4x18 14641-3

価格:7,700円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レンズとプリズムの両方へ、念入りなコーティングをほどこしているオペラグラスです。そのため薄暗い場所で使っても、ある程度まで明るく見ることができます。倍率は4倍。

 

ターゲットが55センチ先という近い場所にあってもピントを合わせられるので、観劇の他、芸術作品の鑑賞や動植物の観察に使うことも可能です。

倍率4倍対物レンズ有効径18mm
サイズ40×112×85mm重量150g
実視界9.2°見かけ視界35.7°
アイレリーフ18mm

口コミを紹介

博物館鑑賞用に購入しましたが明るさ、携帯性、倍率などバランス良いです。

とても気に入りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

エッシェンバッハ

オペラグラス カルメン 4452

価格:17,113円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

真ちゅう製の本体に金メッキをした、美しく高級感のあるドイツ製のオペラグラスです。ドレスアップしてオペラやバレエの鑑賞といった場合に持ち歩いても、周囲の雰囲気に負けることはありません。

 

メーカーのエッシェンバッハは、100年以上の歴史を誇る光学機器メーカーで、ヨーロッパのいくつもの歌劇場やコンサートホールにオペラグラスを納めています。

 

倍率は3倍。舞台の前列の席や小ホールでの、コンサートや観劇に向いています。

倍率3倍対物レンズ有効径25mm
サイズ30×98×53mm重量154g
実視界見かけ視界
アイレリーフ

口コミを紹介

おしゃれで、よく見えコンサートなどに持っていくのが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

倍率4倍以下のオペラグラス比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5360898の画像

    エッシェンバッハ

  • 2
    アイテムID:5363170の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 3
    アイテムID:5360892の画像

    Nikon

  • 4
    アイテムID:5362177の画像

    サファリ

  • 5
    アイテムID:5361849の画像

    ケンコー(Kenko)

  • 6
    アイテムID:5360927の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 7
    アイテムID:5361697の画像

    ミザールテック

  • 商品名
  • オペラグラス カルメン 4452
  • 双眼鏡 at4 M4x18 14641-3
  • 双眼鏡 遊 4X10DCF
  • オペラグラス SA-59CF-HD O047
  • 双眼鏡 Pliant オペラグラス 417508
  • 双眼鏡 折りたたみ式オペラグラス 1208-40
  • オペラグラス ハンドル付き BOH-350
  • 特徴
  • 価格
  • 17113円(税込)
  • 7700円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 5132円(税込)
  • 540円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 4479円(税込)
  • 倍率
  • 3倍
  • 4倍
  • 4倍
  • 3倍
  • 3倍
  • 3倍
  • 3倍
  • 対物レンズ有効径
  • 25mm
  • 18mm
  • 10mm
  • 25mm
  • 25mm
  • 28mm
  • 25mm
  • サイズ
  • 30×98×53mm
  • 40×112×85mm
  • 19×93×52mm
  • 55×30×120mm
  • 120×70× 25mm
  • 65×116×20mm
  • 52×112×48mm
  • 重量
  • 154g
  • 150g
  • 181g
  • 196g
  • 72.6g
  • 60g
  • 185g
  • 実視界
  • 9.2°
  • 10°
  • 見かけ視界
  • 35.7°
  • 38.6°
  • アイレリーフ
  • 18mm
  • 13.7mm

倍率5〜7倍のオペラグラスおすすめランキング7選

第7位

ビクセン(Vixen)

双眼鏡 ジョイフルH6×18 12746-7

価格:2,274円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見かけ視界が48.0°もあって、見やすいオペラグラスです。倍率は6倍で、観劇やコンサートに使うのには見え方と視界のバランスがちょうど良いでしょう

 

ボディにはアルミダイキャストを使用しているので、丈夫です。サイズも小ぶりで持ち運びしやすくて便利で使いやすいです。

 

ただし外観がピンクがかった赤色なので、どちらかというと女性向きの製品といえるかもしれません。

倍率6倍対物レンズ有効径18mm
サイズ82×60×45mm重量180g
実視界見かけ視界48°
アイレリーフ10mm

口コミを紹介

主にクラシックのコンサートや舞台を見るのに使っています。
よほど大ホールの後方席でない限り、演奏者の表情までしっかり見れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

ケンコー(Kenko)

双眼鏡 ウルトラビューH 6×21DH FMC

価格:5,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実視界が8.5°もあって、比較的広い範囲を見ることができます。クリアで見やすい光景が目の前に展開します。なぜなら、レンズにもプリズムにも不快なゴーストを防ぐコーティングがほどこしてあるからです。

 

オペラ・観劇はもちろん、スポーツ観戦にも向いていえます。倍率は6倍で、2階席や3階席から舞台をながめるのに適しています。

 

片手でしっかりと保持できるように設計されているので、手ぶれは少ないです。メガネをかけた状態でも使用可能です。

倍率6倍対物レンズ有効径21mm
サイズ110×37×91mm重量200g
実視界8.5°見かけ視界
アイレリーフ13.2mm

口コミを紹介

仮に歌舞伎座の幕見席から見るとして、最低限の倍率です。
同じ形態で倍率が歌舞伎上がれば、その分視野は狭まり暗くなるのでベストマッチだと思いますが外や大きな会場だと物足りない可能性は高いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Nikon

双眼鏡 ミクロン 6×15

価格:20,690円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニコン創世記に生産された名品の復刻版です。ミクロンが最初に生まれたのは1921(大正10)年、現在販売されている復刻版は1997(平成9)年に生産が始まりました。

 

レトロにも近未来的にもみえるミクロンのデザインは、グッドデザイン賞を受賞したことがあります。

 

ミクロンはオペラグラスとしての性能も、現代のものにひけを取りません。倍率が6倍、対物レンズ有効径が15ミリメートル、実視界が8°で見かけ視界45.5°と、とても優秀です。しかも重さはわずか130グラム、手のひらサイズで携帯性も十分です。

倍率6倍対物レンズ有効径15mm
サイズ122 ×74×52mm重量130g
実視界見かけ視界45.5°
アイレリーフ10.1mm

口コミを紹介

ミクロンは昔から人気のあるポケット双眼鏡で私も若い時に持っていました。暫く生産中止となっていましたが甥っ子が就職先が決まり、プレゼントとして何が良いか探していたところ再生産されていると知りました。プレゼントしましたが非常に喜んでいました。最初の生産から何十年経つでしょうか。良いものは何年たってもその魅力を失いません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ヒノデ

双眼鏡 6x21−S1

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レンズの品質が高くて光透過率が高く、オペラグラスを通して見た光景がとても明るいです。軽量で視界も広く、同じ倍率6倍のオペラグラスとスペックを比較しても、すべての面で標準以上といえるでしょう。

 

観劇だけでなく、スポーツ観戦やバードウォッチングなどの趣味の世界で使う範囲では、満足を感じる見やすいオペラグラスです。ただし防水仕様になってはいないので、アウトドアで使うときは気をつけましょう。

倍率6倍対物レンズ有効径21mm
サイズ108×87×48mm重量192g
実視界見かけ視界
アイレリーフ14mm

口コミを紹介

京セラドームのコンサート用に買いましたが、視野が広くてとても良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ビクセン(Vixen)

双眼鏡 Saqras(サクラス)H6×16 16481-3

価格:26,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歌舞伎など伝統芸能の観賞用にデザインされた、オペラグラスです。「和」を意識した優美な山桜色のボディは、「和」と同じように女性ユーザーを意識しています。

 

倍率が6倍で実視界は8.3°、見かけ視界は47.1°です。手ぶれを気にせずに、広々とした舞台を見ることができます。しかも重さは145グラムしかないので、持ち歩きにも不便を感じません。メガネをかけたまま使用することも可能です。

倍率6倍対物レンズ有効径16mm
サイズ102×102×102mm重量145g
実視界8.3°見かけ視界47.1°
アイレリーフ14mm

口コミを紹介

歌舞伎座に行く時に使ってます。3階からのお席でも歌舞伎役者の表情も見ることが出来て満足です。お陰で長く持って見てしまうのですが、手が疲れてしまい、それだけが難点です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

スコープテック

双眼鏡 ヒノデ 5×21−A5

価格:14,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで見やすいオペラグラスです。女性の手のひらにも問題なくおさまります。重さは215グラムで、カバンやハンドバッグはもちろん、ジーンズのポケットにも入れることができます。持ち歩きの際に不便を感じることはありません。

 

倍率は5倍に過ぎませんが、とても明るく見えることがそれを補ってくれています。実視界が11°もあるので、見える範囲も十分に広いです。

倍率5倍対物レンズ有効径21mm
サイズ107×81×50mm重量215g
実視界11°見かけ視界
アイレリーフ16mm

口コミを紹介

ネットで噂になっていて、ついに手にしました。とにかく明るい!双眼鏡って倍率じゃなくて明るさなのか!!と。
双眼鏡越しの視野に頭から足まですっぽり入るし、数人一度に見られるし、最高に楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ESCHENBACH(エッシェンバッハ)

オペラグラス「VIVA FESTIVAL」

価格:9,289円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツの老舗が製作した倍率6倍のオペラグラスです。上品なピアノラッカー仕上げです。紛失を心配している人はストラップをつけておくこともできます。

 

舞台がはっきり見えて、ピンと合わせもスムーズに行うことが可能です。観劇をはじめ、コンサートや子どもさんの発表会、バードウォッチングからスポーツ観戦まで、さまざまに楽しむことができます。

倍率6倍対物レンズ有効径
サイズ重量136.08g
実視界見かけ視界
アイレリーフ

口コミを紹介

Compact, beautifully designed binoculars. Great at the opera

(コンパクトで美しいデザインの双眼鏡。オペラ鑑賞にぴったり。)

出典:https://www.amazon.co.jp

倍率5〜7倍のオペラグラス比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5362168の画像

    ESCHENBACH(エッシェンバッハ)

  • 2
    アイテムID:5363169の画像

    スコープテック

  • 3
    アイテムID:5361765の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 4
    アイテムID:5362433の画像

    ヒノデ

  • 5
    アイテムID:5362687の画像

    Nikon

  • 6
    アイテムID:5362110の画像

    ケンコー(Kenko)

  • 7
    アイテムID:5362162の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 商品名
  • オペラグラス「VIVA FESTIVAL」
  • 双眼鏡 ヒノデ 5×21−A5
  • 双眼鏡 Saqras(サクラス)H6×16 16481-3
  • 双眼鏡 6x21−S1
  • 双眼鏡 ミクロン 6×15
  • 双眼鏡 ウルトラビューH 6×21DH FMC
  • 双眼鏡 ジョイフルH6×18 12746-7
  • 特徴
  • 価格
  • 9289円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 26800円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 20690円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 2274円(税込)
  • 倍率
  • 6倍
  • 5倍
  • 6倍
  • 6倍
  • 6倍
  • 6倍
  • 6倍
  • 対物レンズ有効径
  • 21mm
  • 16mm
  • 21mm
  • 15mm
  • 21mm
  • 18mm
  • サイズ
  • 107×81×50mm
  • 102×102×102mm
  • 108×87×48mm
  • 122 ×74×52mm
  • 110×37×91mm
  • 82×60×45mm
  • 重量
  • 136.08g
  • 215g
  • 145g
  • 192g
  • 130g
  • 200g
  • 180g
  • 実視界
  • 11°
  • 8.3°
  • 8.5°
  • 見かけ視界
  • 47.1°
  • 45.5°
  • 48°
  • アイレリーフ
  • 16mm
  • 14mm
  • 14mm
  • 10.1mm
  • 13.2mm
  • 10mm

倍率8倍以上のオペラグラスおすすめランキング11選

第11位

ビクセン(Vixen)

双眼鏡 アリーナM8×25 1347-00

価格:4,870円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ころっとした形のかわいいオペラグラスでが、少々重い(重さ300グラム)です。しかし、その重さにもかかわらず、観劇用のオペラグラスとして、多くの人の支持を集めています。

 

倍率は8倍、実視界は6.3°なのですが、見かけ視界が広くて50.4°もあります。そのため、ドームや大劇場の4階席や5階席といった遠い場所からでも、舞台を十分に堪能できます。また、舞台がとても明るく見えるという特徴もあります。

倍率8倍対物レンズ有効径25mm
サイズ101×110×48mm重量300g
実視界6.3°見かけ視界50.4°
アイレリーフ18mm

口コミを紹介

3つ待ってます。ドームでのライブ鑑賞目的なので、とにかくレンズ系が大きく視野の明るさ重視です。
重さは確かにありますが、斜め掛けしてしまえば気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

Nikon

双眼鏡 スポーツスターズーム SPZ8-24X25BL

価格:14,850円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本来は倍率8倍の双眼鏡(オペラグラス)です。しかし、24倍までの3倍ズームが可能です。したがって、観劇はもちろん、アリーナからのスポーツ観戦に威力を発揮します。扱いが簡単で明るく見える、という特徴もあります。

 

倍率の切り替えは、双眼鏡をのぞきながら行うことができるので便利です。8倍の倍率で目指す場所の見当をつけて、お目当ての俳優や選手を見つけたら、ズームアップする、という使い方もできます。

倍率3〜24倍対物レンズ有効径25mm
サイズ123×109×51mm重量304g
実視界見かけ視界
アイレリーフ

口コミを追加

8倍から24倍まで一気にズームアップでき焦点合わせがスムーズにできる

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

オリンパス

双眼鏡 8X21 DPC I

価格:3,950円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファッショナブルで軽く、持ち運びしやすいオペラグラスです。倍率が8倍もあるので大劇場の後部座席からでも十分に楽しむことができます。

 

実視界は6.2°ですが、見かけ視界が51.2°もあって見やすいです。持ちやすく見やすいので、長時間、舞台に集中しながら使用することも可能です。博物館の展示品の見学などに使用することもできます。

倍率8倍対物レンズ有効径21mm
サイズ107×82×41mm重量170g
実視界6.4°見かけ視界51.2°
アイレリーフ11mm

口コミを紹介

非常に良い製品でした。まず視野が明るい 、アイポイントが高いためとても見やすい。色収差もなく解像度は十分。調整ノブが少し固めですがシットリとして抵抗も一定で精度が高い。文句無しでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

ライカ

双眼鏡 ウルトラビット 8×20BR

価格:92,475円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級カメラのメーカーとしてマニアの間で知られている、「ライカ」の製造したオペラグラスです。倍率8倍。

 

高価ですが、品質の高さも保証付きです。コンパクトで高性能、レザー張りのクラシカルなデザインは、小物にも凝ってみたい舞台劇やオペラなどのファンにとって、垂涎の的になりそうです。

 

重さは240グラムで持ち歩きするのにも便利です。オペラグラスをのぞいた感じは、中級以下の製品とは比べ物になりません。防水仕様。中に窒素が封入されていて、くもりにくくなっています。

 

倍率8倍対物レンズ有効径20mm
サイズ111×93×39mm重量240g
実視界見かけ視界
アイレリーフ15mm

口コミを紹介

このクラスの双眼鏡の光学性能を云々いうのは野暮ですが,クリアな画像,明るい視野と光学性能は言うことありません.
使い勝手の面で,さすが「ライカ」と思わせます.細かな使い勝手が良く「常に携帯したい」と思うコンパクト双眼鏡で,値段だけの価値は十分あります.

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

カールツァイス

双眼鏡 TERRA ED Pocket 8×25

価格:41,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カールツァイスといえば、高い品質で有名なドイツの有名な光学機器メーカーです。

 

このTERRA EDシリーズの8×25は、ツァイスの中でも最も手頃な価格で、最もコンパクトな製品のひとつです。ボディはグラスファイバー強化樹脂製で、とても丈夫です。グリップの部分にはラバーコーティングが施されていて、握りやすくなっています。

 

観劇だけでなく、アウトドアにも向いた仕様になっているので幅広い使い方ができます。ボディが防水であるだけでなく、−20℃から+63℃の間作動可能な仕様になっているので、寒冷地から砂漠地帯まで、世界中の冒険旅行に持っていけますね。

 

 

倍率8倍対物レンズ有効径25mm
サイズ111×115×(−)mm重量310g
実視界見かけ視界
アイレリーフ16mm

口コミを紹介

そこそこの価格ですが、Zeissの最低価格機種です。
付属ケースが、ハードケースなのが珍しいですね。
扱いやすく見えも良く、C/Pは高いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

オリンパス

双眼鏡 小型軽量 防水 8X25WP II GRN

価格:6,509円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

性能の良い8倍のオリンパス製のオペラグラスです。比較的軽いし、折りたたんでコンパクトに持ち運ぶことができます。しかも防水仕様なので、観劇だけに使うだけではもったいないです。

 

大雨でずぶぬれになったり、水たまりにうっかり落とした程度では、この製品の性能には何も影響がありません。そのためこの製品は、登山やスポーツのお伴、バードウォッチングや旅行など、アウトドアの活動でもどんどん使うことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

倍率8倍対物レンズ有効径25mm
サイズ107×104×44mm重量260g
実視界6.2°見かけ視界
アイレリーフ15mm

口コミを追加

アフリカにサファリに行くのに購入。大活躍しました。
倍率が高すぎても動く動物を追い辛いので8倍程度がいいという情報があり、重さ、防水を勘案して当商品を購入。24倍ズームのデジカメの液晶画面より大きく見え、動物のアップは勿論、皮膚の下の筋肉の動きまでよく見え臨場感たっぷりでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

ビクセン(Vixen)

双眼鏡 アリーナH8×21WP 13505-9

価格:5,615円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビクセンのアリーナHは、かわいらしい色が魅力です。ブルーの他に、グリーン、イエロー、パープル、ピンクがそろっています。ボディは丈夫なアルミダイキャスト製です。倍率が8倍なので、観客席が舞台から遠い場合でも安心して使えます。

 

防水加工がほどこしてあるので、アウトドアでも使えます。フェスやコンサートだけでなく、スポーツの観戦やバードウオッチングなどの自然観察に、どんどん使ってください。

倍率8倍対物レンズ有効径21mm
サイズ49×73×89mm重量210g
実視界6.3°見かけ視界47.5°
アイレリーフ11mm

口コミを紹介

宝塚歌劇やミュージカル観劇で週に一度は使用しています。
レンタル品が気に入って本品を購入しました。
特に不自由なく使えています。SS席からでもB席からでもストレスなく使用できています。
付属の袋がクタクタになってきたので、ちょうど良い大きさの化粧ポーチに入れています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ペンタックス

双眼鏡 8×21 UCF R 62209

価格:4,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペンタックスの「タンクロー」と呼ばれている人気機種です。倍率は8倍。コロンとした独特のフォルムは、ラバーコートの外装で片手でも握りやすくなっています。

 

ビクセンの「アリーナM」とよく比較されます。機能的にはどちらも甲乙がつけがたいですが、タンクローの方がアリーナMより軽い(アリーナM は300グラム、タンクローは210グラム)です。女性や子どもが使うのなら、タンクローの方が良いかもしれません。

 

 

倍率8倍対物レンズ有効径21mm
サイズ48×110×83mm重量210g
実視界6.2°見かけ視界
アイレリーフ13mm

口コミを紹介

ライブ会場で使いました。
TVに出ないアーティストの音楽を聴きに行ったのですができれば顔も見れたら良いかな、、という感じで。。。はっきり見えて良かったです。
これからもこれと一緒に色々と行って見たいと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

オリンパス

双眼鏡 8x21 RCII

価格:2,758円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「小型で軽量」にこだわったオペラグラスです。倍率8倍の本格的な仕様にもかかわらず、重量はわずか190グラムです。しかも折りたたみ式なので、持ち運びも簡単です。

 

色は上品でほどよい光沢が感じられるパールホワイト、マゼンダ、シャンパンゴールドの3色。観劇以外にも旅行やハードウォッチングなどで活躍します。

倍率8倍対物レンズ有効径21mm
サイズ106× 88×38mm重量190g
実視界6.3°見かけ視界
アイレリーフ11.5mm

口コミを紹介

主に観劇で使用しています。日生劇場一階一番後ろ、宝塚劇場3階後ろからでもよく見えました。
ジーとガン見する時でも持ちやすいし腕が疲れない形だと思います。以前使っていた双眼鏡も8×21ですが、こちらの方がクリアで大きく見えるような気がします。色も上品で気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Baufut

双眼鏡 オペラグラス

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

倍率10倍のオペラグラスです。オペラグラスとしては高倍率ですが、人間工学に基づいた設計がされているので、長時間使用してもあまり疲れません。このオペラグラスは、ドーム型やアリーナ形式の大劇場で威力を発揮します。

 

重量も199gと高倍率のオペラグラスの中では軽い方です。そのため力の弱い人でも楽に扱うことができます。メガネをかけた人の使用も可能です。

倍率10倍対物レンズ有効径22mm
サイズ95×83×(−)mm重量199g
実視界見かけ視界
アイレリーフ

口コミを紹介

最初は値段が安いので不安でしたが届いた商品を見てみたらしっかりしていて遠いものもはっきりと見えました。重量は200g程度ありますが重過ぎず軽過ぎず扱いやすい重さに感じました。まだライブでの使用はしていませんがこれでアーティストの姿をはっきりと見ることができそうですし楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ビクセン(Vixen)

双眼鏡 コールマン 14582-9

価格:6,450円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光学機器メーカーのビクセンと、アウトドア用品のメーカーであるコールマンのコラボ製品です。アウトドアメーカーが関係しているだけあって、ボディは丈夫なアルミダイキャスト製です。色は鮮やかなレッド、グリーン、ターコイズブルーの3色がそろっています。

 

倍率は8倍。耐久性があるので、観劇はもちろん、バードウォッチングや登山など、さまざまな活動に使用できます。メガネをかけたままで使うことも可能です。

 

 

倍率8倍対物レンズ有効径25mm
サイズ50×80×121mm重量300g
実視界6.3°見かけ視界
アイレリーフ15mm

口コミを紹介

ドームライブで使用しました。
以前持っていたものより視界が広く明るくて、とても鮮明で見やすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

倍率8倍以上のオペラグラス比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5360832の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 2
    アイテムID:5363179の画像

    Baufut

  • 3
    アイテムID:5361089の画像

    オリンパス

  • 4
    アイテムID:5361101の画像

    ペンタックス

  • 5
    アイテムID:5362082の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 6
    アイテムID:5362100の画像

    オリンパス

  • 7
    アイテムID:5360826の画像

    カールツァイス

  • 8
    アイテムID:5361809の画像

    ライカ

  • 9
    アイテムID:5361826の画像

    オリンパス

  • 10
    アイテムID:5362119の画像

    Nikon

  • 11
    アイテムID:5361793の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 商品名
  • 双眼鏡 コールマン 14582-9
  • 双眼鏡 オペラグラス
  • 双眼鏡 8x21 RCII
  • 双眼鏡 8×21 UCF R 62209
  • 双眼鏡 アリーナH8×21WP 13505-9
  • 双眼鏡 小型軽量 防水 8X25WP II GRN
  • 双眼鏡 TERRA ED Pocket 8×25
  • 双眼鏡 ウルトラビット 8×20BR
  • 双眼鏡 8X21 DPC I
  • 双眼鏡 スポーツスターズーム SPZ8-24X25BL
  • 双眼鏡 アリーナM8×25 1347-00
  • 特徴
  • 価格
  • 6450円(税込)
  • 2680円(税込)
  • 2758円(税込)
  • 4400円(税込)
  • 5615円(税込)
  • 6509円(税込)
  • 41580円(税込)
  • 92475円(税込)
  • 3950円(税込)
  • 14850円(税込)
  • 4870円(税込)
  • 倍率
  • 8倍
  • 10倍
  • 8倍
  • 8倍
  • 8倍
  • 8倍
  • 8倍
  • 8倍
  • 8倍
  • 3〜24倍
  • 8倍
  • 対物レンズ有効径
  • 25mm
  • 22mm
  • 21mm
  • 21mm
  • 21mm
  • 25mm
  • 25mm
  • 20mm
  • 21mm
  • 25mm
  • 25mm
  • サイズ
  • 50×80×121mm
  • 95×83×(−)mm
  • 106× 88×38mm
  • 48×110×83mm
  • 49×73×89mm
  • 107×104×44mm
  • 111×115×(−)mm
  • 111×93×39mm
  • 107×82×41mm
  • 123×109×51mm
  • 101×110×48mm
  • 重量
  • 300g
  • 199g
  • 190g
  • 210g
  • 210g
  • 260g
  • 310g
  • 240g
  • 170g
  • 304g
  • 300g
  • 実視界
  • 6.3°
  • 6.3°
  • 6.2°
  • 6.3°
  • 6.2°
  • 6.4°
  • 6.3°
  • 見かけ視界
  • 47.5°
  • 51.2°
  • 50.4°
  • アイレリーフ
  • 15mm
  • 11.5mm
  • 13mm
  • 11mm
  • 15mm
  • 16mm
  • 15mm
  • 11mm
  • 18mm

オペラグラスと双眼鏡って本当はどう違うの?

これまでこの記事では、オペラグラスを「観劇用の低倍率の双眼鏡」と定義して、オペラグラスと双眼鏡の違いには踏み込まないようにしてきました。

 

しかし実際のところ、ここで紹介してきた「オペラグラス」の大半は、むしろ「双眼鏡」と表現する方がふさわしい製品です。実は「オペラグラス」と「双眼鏡」の仕組みは、全く異なっています。

オペラグラスはガリレオ式

オペラグラスと双眼鏡は、構造が違います。

 

オペラグラスはガリレオの時代の望遠鏡のように凸レンズ(対物レンズ)と凹レンズ(接眼)を組み合わせたものを、ふたつ並べただけの構造をしています。倍率も3倍程度がせいぜいです。倍率の2乗に比例して視野が狭くなるためです。

 

オペラグラスは構造が簡単であるために、双眼鏡よりコンパクトにできます。折りたたむと胸ポケットにおさめてしまうことができるものもあります。また倍率が低いので、見える範囲が双眼鏡より広いです。

 

双眼鏡はレンズの他にプリズムが加わる

一方の双眼鏡は、オペラグラスよりもさらに複雑な構造をしています。対物レンズも接眼レンズも凸レンズで、ケプラーが用いた方式です。ケプラー式を採用すると、倍率が高くなってもある程度の視界が確保できるので、5倍から10倍、あるいはそれ以上の製品が作れます。

 

しかし、ふたつの凸レンズを通して見る画像は上下に逆さまに見えるのが問題です。そのため双眼鏡は、ふたつのレンズの間にプリズムを入れて、画像が逆さまに見えるのをさらに修正しています。

 

双眼鏡のタイプは、このプリズムの形によって、ダハ式とポロ式に大別されます。また双眼鏡は、プリズムが加わることによって、オペラグラスより重く大きくなるのが普通です。

オペラグラスを上手に使って楽しい時間を

オペラグラスは、劇場などで観劇に使う低倍率の双眼鏡のことです。さまざまな倍率のオペラグラスが売られていますが、自分が劇場の前方に座ることが多いか後方に座ることが多いかを考えて、適切なものを選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ