記事ID141968のサムネイル画像

自発光で色鮮やか!有機ELテレビのおすすめランキング25選【焼き付き対策も紹介】

自発光する液晶パネルで高コントラストの映像を表示可能な有機ELテレビ。ソニーやパナソニック、LGなど様々なメーカーから販売されているので「おすすめの有機ELテレビが分からない」という方も多いと思います。そこで今回は、有機ELテレビの選び方やおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

黒の表現力が圧倒的!有機ELテレビとは

色鮮やかな映像で人気の有機ELテレビ。液晶パネルが自発光する仕組みなのでコントラストの幅が広く、液晶パネルをバックライトで照らす仕組みの液晶テレビと比べると特に黒の表現力は圧倒的です。

 

最近では、フラッグシップモデルのほとんどが有機ELテレビなるほど、ソニーやパナソニック、LGなどの家電メーカーも力を入れています。しかし一方で、「有機ELテレビをどのような基準で選んだら良いか分からない」という方も多いと思います。

 

そこで今回は、有機ELテレビの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

有機ELテレビの選び方

4K対応やネットワーク対応、画面サイズなど、有機ELテレビを選ぶためのポイントは非常に多くあります。ソニーやパナソニック、LGなど様々なメーカーからたくさんの製品がラインナップされているので、迷ってしまう方も多いかもしれません。

 

そこでここでは、有機ELテレビの選び方について解説します。

画質を重視するなら解像度で選ぶ

高画質な映像を楽しみたい方は4K対応の有機ELテレビがおすすめ。画像エンジンによって同じ映像でも色鮮やかに表現されていたり、フラットな色合いになっていたりと違いがあるので好みに合わせて選びましょう。

高精細な映像を楽しみたいなら4K対応がおすすめ

映画などのコンテンツを高画質で楽しみたいなら、4K対応の有機ELテレビを選びましょう。 4K対応の有機ELテレビは、一般的なフルハイビジョン(1920×1080)のテレビと比べて4倍の解像度(3840×2160)があります。

価格を抑えたいならフルハイビジョンがおすすめ

現在の地上波は解像度が(1440×1080)なので、フルハイビジョンのテレビであれば元々の画質で表示可能です。しかし、最近利用する方が増えているYouTubeやNetflix、Huluなどの動画配信サービスでは、すでに一部の動画で4Kに対応しています。

臨場感のある音響を楽しみたいなら音質で選ぶ

有機ELテレビのサウンドにこだわるなら音質が重要。なぜなら、4K対応の有機ELテレビを選んでも音質が良くないとコンテンツへの没入感が減ってしまいます。有機ELテレビの音質に関わるのは、主にスピーカーの出力(W数)です。

 

出力とはどれだけ大きな音を出せるかということで、W数が高くなるほど臨場感のある音を楽しめます。現在の主流は40〜50Wほどのモデルですが、なかには80W出力の製品もラインナップされています。

 

一方で、有機ELテレビは年々薄型化が進んでおり、大きなスピーカーを搭載することが難しくなっています。サウンドバーを取り付けることで内蔵スピーカー以上の音質を出すことが可能です。低価格の製品も販売されているので、気になる方はチェックしてみてください。

視聴距離や設置場所に合わせて画面サイズ・重量を決める

現在の有機ELテレビは、48インチから88インチまで幅広いラインナップがあります。設置場所に合わせて画面サイズや重量を選びましょう。「どうせなら大きなテレビがほしい」と考える方も多いと思います。

 

しかし、テレビには最適な視聴距離があり、設置場所に対して大きなテレビを買ってしまうと、距離が近すぎて画面が見えないという可能性があります。最適な視聴距離は、4Kテレビであれば画面の高さ×1.5倍、フルハイビジョンテレビでは画面の高さ×3倍が目安です。

 

例えば、画面サイズで主流の55インチであれば、4K対応の場合約1.2mが最適な視聴距離です。また、大型の有機ELテレビの中には重量が100kgを超える製品もあるので、設置場所に問題がないかも確認しておきましょう。壁掛けで設置する場合も同様に確認が必要です。

4K放送を録画するには4Kチューナーが必要になる

テレビ番組を録画して視聴することが多い場合は、4K対応チューナーの有無やチューナー数などの録画性能で選びましょう。BS・CSなどで放送されている4K画質の番組を録画するためには、4K対応のチューナーを搭載している必要があります。

 

また、同時録画するためには複数のチューナーが搭載されていることが条件です。同時に録画することがなければチューナーは1つで十分ですが、2番組ならチューナーも2つ、3番組なら3つというふうに、同時録画する数に合わせてチューナーも必要になります。

 

録画機能を重視するなら別途レコーダーを購入する方法もありますが、機器を増やしたくないという方は東芝の「タイムシフトマシン」がおすすめ。地上波を最大6チャンネル、約80時間分まで自動録画してくれます。気になる方はチェックしてみてください。

動画配信サービスを楽しむならネット対応がおすすめ

YouTubeやNetflix、Huluなどの動画配信サービスをテレビで楽しむなら、ネットワーク対応の製品を選びましょう。ネットワーク対応の有機ELテレビは、自宅のWi-Fiに接続することが出来るのでインターネット上のコンテンツも楽しむことができます。

 

さらに、「Wi-Fi Direct」に対応している製品は、自宅のWi-Fiを経由せず直接スマホやパソコン、レコーダーなどと接続することが可能。スマホやパソコンの写真や映像、音楽をテレビに出力することができます。

 

「Wi-Fi Direct」は、接続する機器同士が対応している必要はあるものの、別途ルーターなどが必要にならないためWi-Fi環境がなくても問題ありません。

機器を接続するなら接続端子は要チェック

レコーダーやゲーム、ストリーミング端末(Apple TVやFire TV Stick、Chromecast)をテレビに接続する場合は、対応する端子が搭載されているか確認しておきましょう中でもHDMI端子を使用して接続する端末が多いので、HDMI端子は多いほうが何かと便利です。

 

また、テレビに外付けのHDDを接続して録画をする場合は、ほとんどの場合USB端子でつなぐことになるのでこちらも確認しておくのがおすすめ。また、スピーカーやアンプを接続するなら、場合によっては音声出力端子の確認が必要です。

 

テレビの買い換えを検討している方は、少々面倒ではありますが、今使っているテレビにどのような機器が接続されているかチェックしてから製品選びを行うと迷うこと無くスムーズに選ぶことができますよ。

動きの速い映像を楽しむなら倍速駆動対応がおすめ

スポーツなどの動きの速い映像を楽しむことが多い方には、倍速駆動対応の有機ELテレビがおすすめです。

 

地上波で放送されている映像は一般的にフレームレートが60fpsなので、1秒間に60枚の画像を使って映像を表現します。しかし、スポーツなどの動きの速い映像の場合、フレームレートが60fpsだと残像が残りぼやけたように感じることがあります。

 

倍速駆動対応の有機ELテレビは、1コマの間に新たな画像を自動で作り出すことで60fpsの倍にあたる120fpsのフレームレートに対応。1秒間に120枚の画像を使って映像を表現するため、映像がなめらかに表示され残像も低減することが可能です。

4K対応有機ELテレビのおすすめ人気ランキング5選

第5位

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス 55E8000

価格:147,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「レグザエンジンNEO plus」搭載!

レグザと共同で開発した高性能画像エンジン「レグザエンジンNEO plus」を搭載することで、放送された映像のノイズ処理、高画質処理を行い高精細な映像を実現。HDR10やHLGなどのHDR規格に対応しているため、高コントラストでリアリティのある映像を表示します。

 

外付けHDDに録画した番組を他の機器で接続して再生できる「SeeQVault」にも対応。「低遅延ゲームモード」を搭載しているため、FPSなどの動きの速いゲームにも対応。さらには、ビデオオンデマンドやスマートスピーカーにも対応しています。

 

 

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×1重量22. 7kg

口コミを紹介

リモコン操作や番組表はREGZAと同じなので違和感なく使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

LG

LG OLED55C9PJA

価格:174,770円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界シェアNo.1の4K対応有機ELテレビ!

世界シェアNo.1のLGが販売する4K対応の有機ELテレビ。地上波・ネットを問わず、見ているコンテンツをAIが自動認識し、最適な画像処理を施すことで鮮明な映像を出力が可能。

 

音質に関してもAIによる自動認識が活かされていて、ジャンルに合わせてサウンドを最適化することができます。これによって、臨場感のあるバーチャル5.1chサウンドを実現。AIによる自動認識で部屋のどの位置にいても最適な音を楽しめます。

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×1重量23kg

口コミを紹介

LGのディスプレイをOEMで使っている日本のテレビがLGより10万以上高いことを考えると、お買い得であることは確かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ソニー(SONY)

ソニー ブラビア KJ-55A9G

価格:258,731円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載!

没入感を邪魔する原因になりやすいベゼルを極限まで狭めることで、まるで映像だけが浮かんで見えるようなスタイリッシュなディスプレイ。有機ELディスプレイの魅力を極限まで引き出すために「X1 Ultimate」という次世代の高画質プロセッサーを搭載。圧倒的な高画質を実現しています。

 

さらに、「アコースティック サーフェス オーディオプラス」というソニー独自の技術で、画面から直接音が出るような映像体験が可能。最大出力は60Wにもなるので映画館のような臨場感を楽しむことができます。

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量22. 3kg

口コミを紹介

画質や音質は非常に良いと思う。画面から音が出るから聴きやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

東芝

東芝 REGZA 55X830

価格:191,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高画質を実現する「レグザエンジン Professional」搭載!

新映像処理エンジンの「レグザエンジン Professional」を搭載した東芝の高画質な4K対応有機ELテレビ。AIによる超解像度技術で、より自然で高画質な画像処理を実現しました。

 

2019年使用の新世代有機パネルを採用し専用のチューニングをすることで、コントラストの高い映像を表示することが可能。また、4K対応チューナーは2つ搭載しており、BS4K・110度CS4Kの放送を2番組同時録画することができます。

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量23. 5kg

口コミを紹介

4Kでない地デジやBS放送も、とても、きれい。東芝の画像エンジンがよいせいでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック VIERA TH-55GZ2000

価格:283,994円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界初のテレビ一体型イネーブルドスピーカー搭載!

パナソニックが自社で設計・組立した「Dynamicハイコントラスト有機ディスプレイ」によって、高コントラストを実現した4K対応有機ELテレビ。世界初のテレビ一体型イネーブルドスピーカー搭載なので、前後左右のみならず上からのサウンドを楽しめます。

 

さらに4K対応チューナーを2つ搭載しているため、BS4K・110度CS4Kの放送を2番組同時録画することができます。もちろん従来放送のチューナーも3つ搭載しているので、3番組までの同時録画に対応。

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量33kg

口コミを紹介

画質はすごい綺麗で有機ELの中で一番の画質だと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

4K対応有機ELテレビの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5369172の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5369745の画像

    東芝

  • 3
    アイテムID:5369922の画像

    ソニー(SONY)

  • 4
    アイテムID:5370101の画像

    LG

  • 5
    アイテムID:5370131の画像

    Hisense(ハイセンス)

  • 商品名
  • パナソニック VIERA TH-55GZ2000
  • 東芝 REGZA 55X830
  • ソニー ブラビア KJ-55A9G
  • LG OLED55C9PJA
  • ハイセンス 55E8000
  • 特徴
  • 世界初のテレビ一体型イネーブルドスピーカー搭載!
  • 高画質を実現する「レグザエンジン Professional」搭載!
  • 高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載!
  • 世界シェアNo.1の4K対応有機ELテレビ!
  • 「レグザエンジンNEO plus」搭載!
  • 価格
  • 283994円(税込)
  • 191000円(税込)
  • 258731円(税込)
  • 174770円(税込)
  • 147800円(税込)
  • 画面サイズ
  • 55型
  • 55型
  • 55型
  • 55型
  • 55型
  • 解像度
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 機能
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×1
  • 4K対応、4Kチューナー×1
  • 重量
  • 33kg
  • 23. 5kg
  • 22. 3kg
  • 23kg
  • 22. 7kg

【パナソニック】有機ELテレビのおすすめ人気ランキング5選

第5位

パナソニック(Panasonic)

パナソニックビエラ TH-65FZ950

価格:288,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光の反射を抑える「ブラックフィルター」搭載!

上位モデルのFZ1000シリーズにも採用している「ブラックフィルター」を当モデルも採用。光の反射を抑えることでコントラストの高い映像を出力でき、有機ELテレビの特徴である黒のリアリティを向上。

 

40W出力の「ダイナミックサウンドシステム」を搭載で、高音から低音まで幅広い音域でバランスの良い音響に仕上がっています。

画面サイズ65型解像度3680×2160
機能4K対応、4Kチューナー×3重量33. 5kg

口コミを紹介

まずは薄さにびっくり。次に大きさに驚き、最後に画質で感激です。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

第4位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック VIERA TH-65GZ1800

価格:358,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大80WのDolby Atmos対応サウンド!

ウーハー40W、ミッドレンジスピーカー20W、ツイーター20Wで合計80W出力の4K対応有機ELテレビ。スピーカーシステムを本体の前方に搭載し、ツイーターは左右端に距離をとって配置することで立体的な音響を楽しむことが可能です。

 

パナソニック独自の音響測定方法により最適化され、映像とサウンドが一体化して表現されているのが最大の特徴。スマートスピーカーに対応しているので、電源を入れたり音量の調整、チャンネルの切替などを声で操作できます。

画面サイズ65型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量36kg

口コミを紹介

電源ONからの起動も速く、リモコンの反応も普通に良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック VIERA TH-65GZ1000

価格:345,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自発光の有機ELパネルでレベルゼロの漆黒を再現!

プラズマテレビと同じ自発光する有機ELパネルを使用することで、白く濁らない本来の漆黒を再現。液晶テレビを超えるコントラストと色鮮やかさを実現しました。

 

地上波の映像やインターネット上の動画などを細部まで解析して、自動で高画質化することが可能。映像がオリジナルなのかアップコンバートされたものか判断し最適な画像処理を実行します。

画面サイズ65型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量33. 5kg

口コミを紹介

画像は素晴らしく黒の締まりも申し分ありません。
動きに対しても隔世の感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック VIERA TH-65GZ2000

価格:465,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kダブルチューナー内臓の4K対応有機ELテレビ!

2018年末から開始された「BS4K・110度CS4K」対応の4Kチューナーを2つ搭載しているため、新4K衛星放送の高解像度な映像を楽しむことが可能です。

 

AIの機械学習によって、地上波などで放送されているSDR映像をコントラスト比の高いHDR映像で自動的に高画質化する機能を実現。

画面サイズ65型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量40.0kg

口コミを紹介

画質は秀逸、音の方もTechnicsのスピーカーはいい音を出します。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック VIERA TH-55GZ1000

価格:210,691円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Dolby Atmos対応の4K対応有機ELテレビ!

「Dot Contrastパネルコントローラー」で画面上の明るい部分の色表現と忠実なコントラストを実現した、パナソニックの4Kダブルチューナー搭載の4K対応有機ELテレビ。さらに、「ヘキサクロマドライブ プラス」でリアリティのある豊かな色合いを再現。

 

前後左右のみならず、上下からのサウンド表現する規格「Dolby Atmos」に対応しているので、立体的で迫力のある音響を楽しむことが可能です。

 

 

 

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量27.5kg

口コミを紹介

液晶モデルと並べて見ると明らかに発色が違います。また、液晶に比べると角度がついていても見やすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【パナソニック】有機ELテレビの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5370314の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5370331の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:5370343の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 4
    アイテムID:5370433の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 5
    アイテムID:5370471の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 商品名
  • パナソニック VIERA TH-55GZ1000
  • パナソニック VIERA TH-65GZ2000
  • パナソニック VIERA TH-65GZ1000
  • パナソニック VIERA TH-65GZ1800
  • パナソニックビエラ TH-65FZ950
  • 特徴
  • Dolby Atmos対応の4K対応有機ELテレビ!
  • 4Kダブルチューナー内臓の4K対応有機ELテレビ!
  • 自発光の有機ELパネルでレベルゼロの漆黒を再現!
  • 最大80WのDolby Atmos対応サウンド!
  • 光の反射を抑える「ブラックフィルター」搭載!
  • 価格
  • 210691円(税込)
  • 465000円(税込)
  • 345600円(税込)
  • 358000円(税込)
  • 288000円(税込)
  • 画面サイズ
  • 55型
  • 65型
  • 65型
  • 65型
  • 65型
  • 解像度
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3680×2160
  • 機能
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×3
  • 重量
  • 27.5kg
  • 40.0kg
  • 33. 5kg
  • 36kg
  • 33. 5kg

【ソニー】有機ELテレビのおすすめ人気ランキング5選

第5位

ソニー(SONY)

ソニー ブラビア KJ-65A8F

価格:337,722円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「アコースティックサーフェス」搭載で高音質を実現!

「アコースティックサーフェス」という機能を搭載しているため、画面を振動させることで高音質なサウンドを表現。映画やネットのコンテンツ検索や録画予約に便利な「音声検索機能」も利用可能です。

画面サイズ65型解像度3860×2160
機能4K対応重量28.0kg

口コミを紹介

本当に画面そのものから音が出るね。画質も非常に美しく、ブルーレイ映画の音質も映画館に匹敵できる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ソニー(SONY)

ソニー ブラビア KJ-55A9F 4K

価格:237,338円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

829万画素の高画質4K対応有機ELテレビ!

自発光する有機ELパネルは829万画素にも及ぶ高画質で、「X1 Ultimate」という高画質プロセッサーによって最大限まで能力を向上。「ピクセル コントラスト ブースター」は、パネルを制御するソニーの独自技術です。

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量30.0kg

口コミを紹介

現段階での最高画質と言っても過言ではない、ソニーの最新型有機ELテレビを徳とご覧あれ!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ソニー(SONY)

ソニー ブラビア KJ-55A9G

価格:258,731円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「X1 Extreme」搭載で高いコントラストを実現!

「X1 Extreme」という4K高画質に対応したプロセッサーを搭載し、漆黒から点光源まで高いコントラスト表現が可能になりました。スタンドを反転させることで2つのスタイルを楽しめる「2-wayスタンド」で、設置状況に合わせて使い分けることが可能。

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量19.8kg

口コミを紹介

アンドロイドテレビで音声検索もできユーチューブなども好みの動画配信を高画質で見ることができました。このテレビにして本当に良かったと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ソニー(SONY)

ソニー ブラビア KJ-77A9G

価格:600,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

77型大画面の4K対応有機ELテレビ!

ソニーフラッグシップの有機ELテレビで一番画面サイズの大きい77型モデル。Android TV搭載のため、YouTubeやプライムビデオ、TVerなどの動画配信サービスを利用することが可能です。

 

Amazon Echoに対応しているので、テレビの電源やチャンネル操作などを声で指示することができます。

画面サイズ77型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量39.7kg

口コミを紹介

何世代も前の液晶と比較するのは少々酷ですが、有機EL液晶の画質は素晴らしいの一言です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ソニー(SONY)

ソニー ブラビア KJ-65A9G

価格:429,827円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーのフラッグシップ4K対応有機ELテレビ!

当モデル「A9G」は、ソニーのテレビシリーズの最高峰である「MASTER Series」のフラッグシップ機です。

 

クリエーターが求める映像表現を完全に再現したいという目的から生まれた「MASTER Series」の画面から伝わる臨場感は、映像と音が一つになることで実現されています。

画面サイズ65型解像度3860×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量24. 8kg

口コミを紹介

OLEDの特性を生かした絵作りがされており、黒が深みのある沈んだ黒になっている点がうれしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【ソニー】有機ELテレビの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5370591の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5370632の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:5370702の画像

    ソニー(SONY)

  • 4
    アイテムID:5370729の画像

    ソニー(SONY)

  • 5
    アイテムID:5370759の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • ソニー ブラビア KJ-65A9G
  • ソニー ブラビア KJ-77A9G
  • ソニー ブラビア KJ-55A9G
  • ソニー ブラビア KJ-55A9F 4K
  • ソニー ブラビア KJ-65A8F
  • 特徴
  • ソニーのフラッグシップ4K対応有機ELテレビ!
  • 77型大画面の4K対応有機ELテレビ!
  • 「X1 Extreme」搭載で高いコントラストを実現!
  • 829万画素の高画質4K対応有機ELテレビ!
  • 「アコースティックサーフェス」搭載で高音質を実現!
  • 価格
  • 429827円(税込)
  • 600000円(税込)
  • 258731円(税込)
  • 237338円(税込)
  • 337722円(税込)
  • 画面サイズ
  • 65型
  • 77型
  • 55型
  • 55型
  • 65型
  • 解像度
  • 3860×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3860×2160
  • 機能
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応
  • 重量
  • 24. 8kg
  • 39.7kg
  • 19.8kg
  • 30.0kg
  • 28.0kg

【東芝】有機ELテレビのおすすめ人気ランキング5選

第5位

東芝

東芝 REGZA 65X910

価格:448,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AIの機械学習によって地上波の映像をHDRに!

地上波で放送されている映像などをAIが規格学習で自動認識する「AI機械学習HDR復元」で、高コントラストなHDR画質にコンバートすることが可能。「ローカルコントラスト復元」は映像の白飛びや黒つぶれを抑え、自然な色合いに調整します。

画面サイズ65型解像度3680×2160
機能4K対応重量42. 5kg

口コミを紹介

画の精細感、色の鮮明さでは当機が一番よい

出典:https://review.kakaku.com

第4位

東芝

東芝 REGZA 65X920

価格:329,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質を実現するために音響部品を再設計!

高音質なサウンドを実現するためにスピーカーやツィーター、バスレフボックスをすべて再設計。合わせて46Wの「有機ELレグザオーディオシステム」で臨場感のある自然な音を楽しむことができます。

画面サイズ65型解像度3860×2160
機能4K対応、4Kチューナー×1重量46.5kg

口コミを紹介

各メーカーの〝4K放送画質〟を入念に確認しましたが、東芝の65X920が最上の画質でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

東芝

東芝 REGZA 65X830

価格:321,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映像クリエイターにも選ばれるリアルな色合いの再現!

5層の「ニューラルネットワーク」に深層学習をさせることで、ぎらつきが目立つ映像を自動判定。映像にあった超解像度処理を行うことができます。映像の分析や設定機能による利便性によって、当モデルを取り入れるプロの映像クリエイターも多くいます。

画面サイズ65型解像度3680×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量34. 5kg

口コミを紹介

4Kはもちろんだが、むしろ2Kのアップコンバート画像が他社TVに比較して秀逸と思い、65X830を選びました。

出典:https://review.kakaku.com

第2位

東芝映像ソリューション

東芝 REGZA 55X9400

価格:330,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レグザ専用有機ELパネルで高輝度・高コントラストを実現!

レグザのために新開発された有機ELパネル、放熱性の高いインナープレートを採用することで高輝度・高コントラストを実現。「瞬速ゲームモード」を搭載しているので、FPSなどのレスポンスが要求されるゲームを快適にプレイできます。

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量32. 5kg

口コミを紹介

日中の明るいリビングでも輝度が高く、クリアさと共にパワフルさを感じます。

出典:https://review.kakaku.com

第1位

東芝

東芝 REGZA 55X930

価格:216,998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「タイムシフトマシン」搭載で見逃した番組を視聴可能!

見逃した番組をいつでも見られる「タイムシフトマシン」機能搭載なので、録画予約する手間がなくなります。AIによるレコメンド機能の「見るコレ」によって、タイムシフトマシンで録画したたくさんの番組からお気に入りの番組を提案することも可能。

画面サイズ55型解像度3860×2160
機能4K対応、4Kチューナー×2重量37.5kg

口コミを紹介

画質はとにかく最高です。特にブルーレイの音楽物では黒は漆黒なのに階調があり、視聴位置からはノイズなど皆無。

出典:https://www.amazon.co.jp

【東芝】有機ELテレビの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5370779の画像

    東芝

  • 2
    アイテムID:5370799の画像

    東芝映像ソリューション

  • 3
    アイテムID:5370874の画像

    東芝

  • 4
    アイテムID:5370892の画像

    東芝

  • 5
    アイテムID:5371263の画像

    東芝

  • 商品名
  • 東芝 REGZA 55X930
  • 東芝 REGZA 55X9400
  • 東芝 REGZA 65X830
  • 東芝 REGZA 65X920
  • 東芝 REGZA 65X910
  • 特徴
  • 「タイムシフトマシン」搭載で見逃した番組を視聴可能!
  • レグザ専用有機ELパネルで高輝度・高コントラストを実現!
  • 映像クリエイターにも選ばれるリアルな色合いの再現!
  • 高音質を実現するために音響部品を再設計!
  • AIの機械学習によって地上波の映像をHDRに!
  • 価格
  • 216998円(税込)
  • 330000円(税込)
  • 321900円(税込)
  • 329800円(税込)
  • 448000円(税込)
  • 画面サイズ
  • 55型
  • 55型
  • 65型
  • 65型
  • 65型
  • 解像度
  • 3860×2160
  • 3840×2160
  • 3680×2160
  • 3860×2160
  • 3680×2160
  • 機能
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×2
  • 4K対応、4Kチューナー×1
  • 4K対応
  • 重量
  • 37.5kg
  • 32. 5kg
  • 34. 5kg
  • 46.5kg
  • 42. 5kg

【LG】有機ELテレビのおすすめ人気ランキング5選

第5位

LG

LG OLED65B8PJA

価格:259,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映画などで使われる最新のHDR規格に対応!

LG独自の演算処理を可能にする「Cinema HDR」を搭載することによって、映画などで利用されることの多い「ドルビービジョン」や「Advanced HDR by technicolr」、「HDR10」、「HLG」などの最新HDR規格に対応。

 

Dolby Atmosにも対応しているので、臨場感のある立体音響を楽し無事ができます。

画面サイズ65型解像度3840×2160
機能4K対応重量23. 2kg

口コミを紹介

大画面の迫力は当然として、有機ELの映像の美しさは予想をはるかに上回っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

LG

LG OLED55C8PJA

価格:151,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

正確な色合いに調整する「True Color Accuracy」が進化!

前年の製品で使用していた色座標サンプルデータを更に増やし、インプットに対して正確な色を出力できるようにブラッシュアップ。進化した「True Color Accuracy」によって様々な色の情報から、違和感のない最適なコントラストを判断し正確な映像を表現します。

 

 

画面サイズ55型解像度3840×2160
機能4K対応重量19.1kg

口コミを紹介

画質は最高です。文句のつけようがありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

LG

LG OLED65C8PJA

価格:240,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LG開発の「有機EL専用エンジン」搭載!

有機ELパネルの世界シェアNo.1であるLGが、有機ELパネルの性能を活かすために開発したのが「α9 Intelligent Processor」という有機EL専用の画像エンジン。有機EL専用のエンジンなので、画像処理によって、高精細な映像を映し出すことが可能です。

画面サイズ65型解像度3860×2160
機能4K対応重量26.1kg

口コミを紹介

有機パネルの特徴である発光しない締まりのある黒による格調高い大画面に感動して、日々楽しんでおります

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

LG

LG OLED65C9PJA

価格:280,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャンルをAIが判断して最適なサウンドに!

AIによってどのようなコンテンツを視聴しているか判断して、ジャンルに合わせて最適なサウンドに調整。バーチャル5.1chサウンドで臨場感のあるサウンドを楽しめます。

 

部屋のどの場所でテレビを視聴しているかをAIが自動判断する「オートサウンドチューニング」で、視聴場所に応じて最適なサウンドを提供。

画面サイズ65型解像度3840×2160
機能4K対応、4Kチューナー×1重量33. 9kg

口コミを紹介

LGは二台目です。以前の55型を買い替えしました。アレクサも使えて画質もよく、満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

LG

LG OLED55B9PJA

価格:130,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AIによる画像処理で鮮明な映像を実現!

地上波やYouTube、動画配信サービスなど、様々なコンテンツの映像データをAIが自動認識し、適切な画像処理を行うことで鮮明な映像を実現。日中明るい部屋でテレビを視聴する場合でも、暗く見えにくい部分をAIが最適化し適切な輝度に調整してくれます。

画面サイズ55型解像度3860×2160
機能4K対応、4Kチューナー×119.9kg

口コミを紹介

さすがに液晶と比較するとその映像美は別次元のレベルになりますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

【LG】有機ELテレビの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5371237の画像

    LG

  • 2
    アイテムID:5371514の画像

    LG

  • 3
    アイテムID:5371527の画像

    LG

  • 4
    アイテムID:5371540の画像

    LG

  • 5
    アイテムID:5371549の画像

    LG

  • 商品名
  • LG OLED55B9PJA
  • LG OLED65C9PJA
  • LG OLED65C8PJA
  • LG OLED55C8PJA
  • LG OLED65B8PJA
  • 特徴
  • AIによる画像処理で鮮明な映像を実現!
  • ジャンルをAIが判断して最適なサウンドに!
  • LG開発の「有機EL専用エンジン」搭載!
  • 正確な色合いに調整する「True Color Accuracy」が進化!
  • 映画などで使われる最新のHDR規格に対応!
  • 価格
  • 130000円(税込)
  • 280000円(税込)
  • 240000円(税込)
  • 151200円(税込)
  • 259000円(税込)
  • 画面サイズ
  • 55型
  • 65型
  • 65型
  • 55型
  • 65型
  • 解像度
  • 3860×2160
  • 3840×2160
  • 3860×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 機能
  • 4K対応、4Kチューナー×1
  • 4K対応、4Kチューナー×1
  • 4K対応
  • 4K対応
  • 4K対応
  • 19.9kg

映像を正しく表示できなくなる焼き付きを防ぐには?

液晶パネルを自発光させることで映像を表示する有機ELテレビは、その仕組み上「焼き付き」と呼ばれる現象が起こることがあります。焼き付きが起こってしまうと、映像を正しく表示できなくなってしまうなどの問題に繋がってしまいます。

 

ここでは、有機ELテレビの色鮮やかな映像を保つために必要な焼き付きの対策について解説します。

有機ELテレビの焼き付きは、一度起こると直すのが難しい

有機ELテレビは映像を表示する液晶パネルが自体が発光します。そのため、同じ映像を長時間表示すると焼き付きを起こしてしまう可能性があります。焼付きが起こると、その部分だけ色が残ってしまうので正しい映像を表示できず、見栄えもあまり良くありません。

 

特に焼き付きが起こりやすいのが、テレビの時刻表示やゲーム画面、番組表などの長時間同じ映像を映している部分です。反対に、液晶テレビは液晶パネルをバックライトで照らして映像を表示するため焼き付きに強い性質があります。

 

焼き付きは一度起こってしまうと基本的に直すことが難しいので、焼き付きを起こさないよう事前に予防しておくことが必要です。

3つの方法で焼き付きを予防しよう

焼き付きを予防する方法は主に以下3つです。

 

  • 同じ画面を表示し続けるのはNG
  • 画面を明るくし過ぎない方が液晶パネルには優しい
  • テレビのメンテナンス機能を利用して焼き付きを予防しよう

 

順に解説します。

同じ画面を表示し続けるのはNG

焼き付きは長時間同じ画面を映し続けることで起こってしまいます。そのため、普段から同じ画面を表示し続けないことを心がけましょう。同じ画面を表示し続けないことを少し意識するだけで、焼き付きの予防に大きな効果があります。

 

テレビの時刻表示やゲーム画面、番組表などが特に焼付きの原因になりやすいので、非表示にしたり同じ画面を長時間表示しないように注意しましょう。

 

有機ELテレビの中には、テレビの電源を切っている間に自動的に焼き付きや画面ムラを軽減してくれる機能を持っている製品もあります。その場合は、テレビを一定期間切っているだけで焼き付きの予防や対策に効果があるので、メンテナンスに手間がかかりません。

画面を明るくし過ぎない方が液晶パネルには優しい

有機ELテレビの焼き付きは、画面の明るさを極端に上げすぎないことでも予防することができます。液晶パネル自体が発光する仕組みの有機ELテレビは、画面の明るさを上げるとそれに伴って液晶パネルも強く発光します。

 

液晶パネルが強く発光することで劣化が早まってしまい、結果的に焼き付きが起こってしまいます。明るさを極端に上げすぎないことで液晶パネルが強く発光しないため、焼付きの予防に効果的です。

 

また、テレビ本体の機能として明るさを自動調整してくれる製品もあります。自動調整機能が付いていると、部屋の明るさに応じて画面の明るさを変えてくれるので便利ですよ。

テレビのメンテナンス機能を利用して焼き付きを予防しよう

現在販売されている有機ELテレビの多くは、本体にメンテナンス機能を搭載しているため、これらを利用するのも焼付き予防に有効です。操作は製品によって異なりますが、手動で選択して実行するタイプやテレビの電源が切れている間に自動実行されるタイプがあります。

 

例えばパナソニックの有機ELテレビの場合、「パネルメンテナンス」というメンテナンス機能が搭載されています。約10分の比較的短いコースと約80分メンテナンスしてくれるコースの2種類があり、状況に応じて使い分けることが可能です。

 

一方で、電源が切れている間に自動でメンテナンスしてくれるタイプは、特に意識することなく焼き付きを予防してくれるのでとても便利。検討している有機ELテレビに、これらのようなメンテナンス機能が搭載されているかを確認しておくと安心です。

人気のおすすめサウンドバー

有機ELテレビは液晶パネルが自発光するため、バックライトが不要で近年どんどん薄型化が進んでいます。本体が薄型化することで影響を受けるのが内蔵スピーカー。スペースの関係でどうしても大きな内蔵スピーカーを搭載することが難しくなっています。

 

有機ELテレビに外付けでサウンドバーを取り付けることで、薄型化の影響を受けずに高音質なサウンドを楽しむことができるのでおすすめですよ。

 

サウンドバーのおすすめ人気ランキング25選【2020最新版】は、下記の記事でも紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

有機ELテレビでもっと色鮮やかな映像体験に

有機ELテレビは液晶パネルが自発光する仕組みになっているため、液晶テレビと比較して色鮮やかな映像を楽しむことができます。有機ELテレビは、ソニーやパナソニック、東芝、LG、ハイセンスなどから販売されているのでお気に入りの1台を見つけてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ