記事ID141957のサムネイル画像

よく消える!消しゴムのおすすめランキング25選【2020年最新版】

文房具で欠かせない消しゴムですが、人気のリサーレやかわいいもの、ダイソー、受験生におすすめ、タワレコ、絵を描く時に使うものなどさまざまあります。また、高級なものからコスパの良いもの、おしゃれなものも。今回は、気になる消しゴムの選び方やおすすめをご紹介します。

学習やオフィスでも欠かせない消しゴムの魅力

勉強やデスクワークに欠かせない文房具のひとつに「消しゴム」があります。シャープペンシルや鉛筆で書いた文字を間違えた時に消せるアイテムで、学生時代に一度は使った経験があるのではないでしょうか。

 

また、消しゴムのメーカーや種類も豊富で、トンボ鉛筆のMONOシリーズやKOKUYOのリサーレなど有名メーカーから見た目がかわいいもの、ダイソー、受験生におすすめのもの、話題のタワレコ消しゴムなどさまざまです。

 

しかし、いつも使っている消しゴム以外を選ぶ際、どれが良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで今回は消しゴムの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。この記事の最後に消しゴムの使い方も紹介しています。

消しゴムを選ぶ軸!

  1. 種類…消しゴムにはシャープペンシルや鉛筆で書いた文字をきれいに消せるプラスチック消しゴムやボールペンで書いた字や印字も消せる砂消しゴム、デッサンやスケッチに最適な練り消しゴムがあります。それぞれの用途に合わせて、消しゴムの種類を変えるのも良いでしょう。
  2. 消しカスがまとまりやすい…たくさんの文字を一度に消すと、消しカスが大量に出てしまいます。そんな時に便利なのが、消しカスがバラバラにならずにひと塊になって消しカスがまとまりやすい消しゴムがあります。多くの文字を消す機会が多い方は、消しカスがまとまりやすいタイプを選ぶと良いでしょう。
  3. 形状…消しゴムには細かい部分を消すのに最適な形や、筆箱の中でも邪魔にならないペン型タイプなどがあります。ですから、細かな部分を消すことが多い方はスティック状、持ち運びが便利なものをお探しの方にはペン型タイプがおすすめです。
  4. 軽い力でも消せる…軽い力で消せる消しゴムは、小学低学年など握力の弱いお子様などに特におすすめです。特に、低学年では文字や漢字の練習の書き損じで消しゴムを使う機会が多いのではないでしょうか。そういう時は、モチベーションを保つためにも、軽い力で濃い文字も消せる消しゴムを選ぶと良いでしょう。
  5. スリープのタイプ…スリープには消しゴムが折れにくい四隅やサイドにカットが入ったものや、消しゴムが小さくなるにつれてスリーブをミシン目に沿ってきれいに切り取れるタイプなどがあります。ついつい力を入れて消して消しゴムを折ってしまうことがある方にはカット入りスリーブ、気軽にスリーブを切り取りたい方はミシン目付きがおすすめです。

種類で選ぶ

消しゴムには種類や消しカスの少なさ、まとまりやすさ、力を入れなくても消えるもの、けしゴムや紙が汚れにくいもの、収納しやすいノック式、スリーブのタイプ、デザインなどに注目して探すことができます。

シャープペンシルや鉛筆の文字には「プラスチック消しゴム」

「プラスチック消しゴム」にはトンボ鉛筆のmonoシリーズやサクラクレパス、コクヨのリサーレなどをはじめ、長年愛されている人気メーカーがあります。現在、市販されている消しゴムの種類は、ほとんどがプラスチック消しゴムです。

 

また、原料にポリ塩化ビニールと言うプラスチックを主な原料としているため、硬く崩れにくくできています。そして、字を消す性能が高いため、学習用にも最適な種類です。それから、さまざまなメーカーから特殊な形状や軽い消し心地、消しカスのまとまりやすさなどの特徴あるアイテムが出ています。

 

しかし、プラスチック消しゴムは保管方法に気を付ける必要があります。プラスチック消しゴムに含まれる可塑剤は、ペンケースなどに入っているプラスチック製のものを溶かす性質があります。ですから、収納時にはスリーブなどに入れて保管しましょう。

ボールペン字や印字も消せる「砂消しゴム」

ボールペンで書いた字や印字など、プラスチック消しゴムで消えないものは「砂消しゴム」で消すことができます。砂消しゴムには硅砂などの研磨剤が含まれているのが特徴で、インクを紙ごと削ることで文字が消えます。

 

また、修正液などの消した形跡が残らないため、人に見せる資料など修正を見せたくない時に活躍します。そして、多く市販されているスリーブタイプや細かな文字を消しやすいペン型(ノック式)などあり、ひとつ持っていると便利なアイテムです。

 

しかし、紙を削って文字を消すため、紙に穴が開かないよう気を付けて使ってください。

丈夫で減りにくい「ラバー消しゴム」

天然生ゴムや合成ゴムで作られた「ラバー消しゴム」は、力を入れても角が折れたり削れたりしにくいのが特徴。消しカスが出にくい上に、減りにくいためコストパフォーマンスにも優れています。

 

しかし、直射日光などに当たると原料であるゴムが紫外線によって硬くなるデメリットがあるため、使用後は机の上などに放置せず、ペンケースなどに収納しましょう。

デッサンやスケッチに最適な「練り消しゴム」

「練り消しゴム」は粘度のように柔らかく、好きな形に変えられるのが特徴です。プラスチック消しゴムのように擦って消すのではなく、消したい部分の押し当てて黒鉛を吸着して消します。

 

また、少しの力で消せる上に、鉛筆デッサンでは濃淡や曲線を表現する際に微妙なニュアンスを出せておすすめです。プラスチック消しゴムなどと比較すると、消しカスが出ないのも特徴です。

 

そして、使い方のポイントは表面が汚れたら内側に織り込んで、きれいな面を出して使います。それから、練り消しゴムを手で長時間握っていると汗や脂を含んでしまうため、紙にシミができる原因になるので注意しましょう。

少ない消しカスの量やまとまりやすいものから選ぶ

消しゴムで字を消した後、大量の消しカスが細かくバラバラに出てしまうと片付けも面倒です。ですから、特にシャープペンシルや鉛筆を使う機会が多い方は、「MONO ダストキャッチ」や「レーダー」など消しカスがまとまりやすいアイテムを使うのがおすすめ。

 

また、掃除の手間を省きたい方にも、消しカスがまとまりやすいタイプが最適です。そして、消しカスがまとまりやすいと、さっと指で摘まんでゴミ箱にサッと捨てられます。それから、卓上クリーナーやホウキを使う手間がないため、低学年のお子様にもピッタリです。

軽い力でもよく消えるものから選ぶ

鉛筆やシャープペンシルで書いた文字を消しゴムで消す際、強く擦りすぎて紙が破れた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。スムーズに消せないと、無駄な時間や労力を使って疲れてしまいます。

 

また、特に幼児や低学年のお子様は消しゴムを使う力が弱いため、力を入れなくても使える消しゴムは集中力を妨げず、イライラせずに使えておすすめです。

収納しやすい「ノック式」から選ぶ

ペンケースに入れて持ち運ぶことが多い消しゴムですが、収納性に優れたものを選ぶとより効率よく使えるでしょう。ノック式(ペン型)の消しゴムだと、ペンケースにもジャケットなどの胸ポケットにもスッと入って持ち運びしやすいのが特徴です。

 

また、シャープペンシルに付いている小さな消しゴムでは一度に多くの文字を消せないため、一緒にペンのように持ち歩いていると便利です。そして、ペン立てや縦型のペンケースを使う方にも最適。

 

それから、ノック式消しゴムは一般の消しゴムを比較すると細いので、マークシートや手帳、製図、デザインなど細かな部分を訂正するのにピッタリです。その上、詰め替えができるタイプを選ぶと、何度でも繰り返して使えるのでおすすめ。

細かな部分を消せる形状から選ぶ

消しゴムには、特殊な形状のものがいくつか市販されています。中でも代表的なものが「カドケシ」で、10個のキューブが集まったユニークな形状が特徴。角が丸くなり消しにくくなる一般的な消しゴムと比べると使っていくにつれて次々と新しい角が現れてくるため、いつでも細かな部分を快適に消せておすすめです。

 

また、「ミリケシ」のように5つの消し幅を選べて、消したいところだけをピンポンとで消せる形状もあります。細かい部分をピンポイントで消したい方は、消しゴムの形状にも注目してみてください。

スリーブで選ぶ

スリーブは消しゴムに巻かれた紙のことを言い、消しゴムがほかのプラスチック製品と接するのを防ぐ役目をしてくれます。スリーブの機能はそれだけではなく、ほかにも使う人の立場に立ってさまざまな工夫が施されています。

 

四隅にカットが入っていると「折れにくい」

消しゴムで字を消していると、不意に折れてしまってストレスを感じた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういう方には、スリーブが消しゴムに食い込むのを防ぐため、四隅に小さなカットやカーブが入ったものがおすすめです。

 

スリーブには各メーカー独自のカットが施され、消しゴムにかかる負担を軽減することで折れにくくなったアイテムもあるので、一度チェックしてみてください。

「ミシン目付き」は手軽にカットできる

消しゴムが小さくなってきた際、スリーブをハサミで切るのが面倒と感じた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。市販の消しゴムの中にはミシン目入りのスリーブがあり、ハサミを使わずに簡単に手でカットできるものもあります。

 

そのため、ミシン目付きスリーブはハサミを取り出す手間もなく、いつもきれいな見た目で消しゴムが使えておすすめです。

モチベーションの上がるデザインから選ぶ

消しゴムには、シンプルな直方体の形状からブラックやカラフルボディのものまでさまざまあります。また、消しやすさを考えたちょっと変わったシェイプやキャラクターなどかわいい形をしたものもあります。

 

小学生から大人も使う消しゴムですが、勉強や仕事のモチベーションを上げるのにお気に入りのデザインから選ぶのもおすすめです。そして、消しゴムを選ぶ際は機能性も重要ですが、求める機能のある消しゴムでかわいいデザインがあればそれを選んで楽しむのも良いでしょう。

プラスチック消しゴムのおすすめランキング5選

第5位

シード(Seed)

消しゴム 50周年記念 50色レーダー ブラック

価格:5,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レーダーファン必見!ギフトにもピッタリ

シードの消しゴム 50周年記念 50色レーダー ブラックは、レーダー発売50周年を記念して発売されたアイテム。ブラックのボディにカラフルなスリーブをまとった消しゴムが50個入ったセットは、記念として購入したい方にもおすすめです。

 

また、1個当たり110円のマイルドなタッチで良く消せる消しゴムはスリーブの四隅のスリットで折れにくく、消字性にも消し心地にも優れたアイテム。

種類プラスチック形状直方体
スリーブ四隅にカット入り

口コミをご紹介

あまり力を入れなくてもよく消えるので、固めですが折れません。消しゴムは黒くはなりますが、紙は汚れません(紙の汚れが一番の悩みだったので本当に嬉しいです)。消しカスも紙に残ることなくきれいに落とせて満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

PLUS(プラス)

消しゴム エアイン ホワイト 100サイズ

価格:1,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多孔質セラミック配合でいつも角で消す感触を実現

プラスの消しゴム エアイン ホワイト 100サイズは多孔質セラミックを配合しているため、いつもカドで消している感触のあるアイテムです。消しゴム粒子が鉛筆の黒鉛粒子を包むので、筆跡もきれいに消せておすすめ。

 

また、1個当たり110円の消しゴムにはスリーブサイトにカーブが入っていて折れにくく、消字性に優れていて1989年の発売以来のロングセラーアイテムです。

種類プラスチック、多孔質のセラミックパウダー入り形状直方体
スリーブ四隅にカット入り

口コミをご紹介

文字を消すこと目的にももちろんいいとおもいますが、ゴム製品のカバンや靴の汚れのために購入。よく落ちます。柔らかすぎないのもとてもいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

PLUS(プラス)

ダブルエアイン消しゴム グリーン

価格:660円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアーを増量してさらに軽い消し心地

プラスのダブルエアイン消しゴムはスティックタイプのフォルムは、持ち運びしやすいので携帯に便利です。手に収まるサイズ感の消しゴムは多孔質セラミックパウダーによって、角を作り出す働きで細かな部分もきれいに消せておすすめ。

 

また、1当たり66円の消しゴムは本体に空気を増量することで、軽さと消字力を実現しています。そして、AIR-INシリーズの中でも軽い消し心地は、薄い紙の表面も傷めずに使えて安心です。

種類プラスチック形状スティック
スリーブノーマル

口コミをご紹介

子どもは強い力で擦ってしまうのか、気に入っているのによく折れてしまうようで、この消しゴムとリサーレの両方を使い分けて愛用しています。消しカスはまとまる系と比べると出ますが、量は少ないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

サクラクレパス

サクラクレパス 消しゴム ピュアスリム

価格:561円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムなフォルムで軽いタッチで消せる

サクラクレパスの消しゴム ピュアスリムは細長いスリムな形状で、細かなところも消せるアイテム。フォーム生地を採用した消しゴムは消字性もアップした上に、軽いタッチで消せておすすめです。

 

また、1個当たり約140円の消しゴムは消しカスもまとまりやすく、スリーブにミシン目も付いているので見た目もきれいに保てます。そして、ペンケースにもスッキリ収まるフォルムは、学校やオフィスにも持ち運びしやすくて便利です。

種類プラスチック+特殊発泡体形状スリム
スリーブミシン目付き

口コミをご紹介

とにかく消し心地が軽く柔らかく、コイツなら作画用紙がグシャッといかない!という信頼があります。そしてとても良く消える!ほかの消しゴムだと線がうっすら残ってスキャンに出てしまいそうなのが、こちらは炭素が根こそぎ取れてなくなるイメージです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

トンボ(Tombow)

トンボ鉛筆 消しゴム MONO モノPE01

価格:940円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消字力に優れ消しカスも少ない

トンボ鉛筆 消しゴム MONO モノPE01は消しゴムの定番と言っても過言ではなく、今までに一度は使った経験がある方も多いのではないでしょうか。オフィスや学校でも大活躍するMONOは、事務や勉強、製図などを消すのにも便利です。

 

また、1個当たり94円の消字力もあり消しカスも少ない高性能の消しゴムは、小学低学年でも指で摘まんで簡単に後片付けができておすすめ。

種類プラスチック形状立方体
スリーブ四隅にカット入り

口コミをご紹介

力を入れないとなかなか消えないので低年齢の子供には向きません。高学年や大人向けですね。子供は力が弱いので、力を入れずともすぐ消せる消しゴムや、大きめの消しゴムが良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

プラスチック消しゴムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5356685の画像

    トンボ(Tombow)

  • 2
    アイテムID:5356737の画像

    サクラクレパス

  • 3
    アイテムID:5356746の画像

    PLUS(プラス)

  • 4
    アイテムID:5359530の画像

    PLUS(プラス)

  • 5
    アイテムID:5359549の画像

    シード(Seed)

  • 商品名
  • トンボ鉛筆 消しゴム MONO モノPE01
  • サクラクレパス 消しゴム ピュアスリム
  • ダブルエアイン消しゴム グリーン
  • 消しゴム エアイン ホワイト 100サイズ
  • 消しゴム 50周年記念 50色レーダー ブラック
  • 特徴
  • 消字力に優れ消しカスも少ない
  • スリムなフォルムで軽いタッチで消せる
  • エアーを増量してさらに軽い消し心地
  • 多孔質セラミック配合でいつも角で消す感触を実現
  • レーダーファン必見!ギフトにもピッタリ
  • 価格
  • 940円(税込)
  • 561円(税込)
  • 660円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 5500円(税込)
  • 種類
  • プラスチック
  • プラスチック+特殊発泡体
  • プラスチック
  • プラスチック、多孔質のセラミックパウダー入り
  • プラスチック
  • 形状
  • 立方体
  • スリム
  • スティック
  • 直方体
  • 直方体
  • スリーブ
  • 四隅にカット入り
  • ミシン目付き
  • ノーマル
  • 四隅にカット入り
  • 四隅にカット入り

砂消しゴムのおすすめ2選

第2位

シード

砂消しゴム

価格:92円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペン字も消せて絵を描く時にも便利

シードは大阪市に本社を置く会社で、消しゴムをはじめ修正テープを開発、販売しています。シードの砂消しゴムは厚みが9mmあるため、イラストや絵を描く際にも便利に使えておすすめです。

 

特に、全体をぼかしたり、ふんわりとした雰囲気を出したりしたい時に役立ちます。

種類砂消しゴム形状斜めカット
スリーブ
第1位

トンボ鉛筆

トンボ鉛筆 砂ケシゴム

価格:298円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最近では珍しい砂消し

トンボ鉛筆 砂ケシゴムは、ボールペン字や印字を消せる消しゴムです。紙を擦ることで字を消す消しゴムで文字を消せるのはもちろん、スエード靴の汚れを落とすのにも使っているとの口コミもあります。

種類砂消し形状細長い、斜めカット
スリーブ左右に消しゴムが出るサイズ

口コミをご紹介

あまり見かけなくなった全砂消しゴム、用途は靴のスエードの汚れとり、ソールの汚れも落とせます。最初に砂消しであらかた落として、普通消しゴムで仕上げいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ラバー消しゴムのおすすめ2選

第2位

PaperMate

ピンクパール プレミアムラバー ミディアム

価格:650円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピンク色がキュートなラテックスフリー

Paper Mateのピンクパール プレミアムラバー ミディアムは、ピンクの色をしたラバー消しゴムです。アメリカの定番文具メーカーのPaper Mateのラバー消しゴムは最もポピュラーな消しゴムで、ラテックスフリーなのが特徴。

 

Paper Mateのラバー消しゴムは、日本の文具メーカー以外の消しゴムを試してみたい方におすすめです。

種類ラバー形状斜めカット
スリーブ
第1位

シード(Seed)

高品質消しゴム スーパーゴールド

価格:4,178円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ご褒美やちょっとしたプレゼントにもピッタリ

シードの高品質消しゴム スーパーゴールドは高品質消しゴムで、天然ゴムの懐かしい香りが特徴です。消しゴムの原点でもある天然ゴムを配合した生地を採用し、今では珍しい「角落とし」などあえて多くの手間をかけて丁寧に作られています。

 

また、1当たり約418円の強度がある折れにくいラバー消しゴムは、ちょっとしたご褒美やプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

種類ラバー形状角なし
スリーブ金属

口コミをご紹介

スリーブのすき間は意図的にあるらしく、持ちやすく消しやすいです。軽い力で簡単に消せます。

出典:https://www.amazon.co.jp

練り消しゴムのおすすめランキング2選

第2位

ターレンスジャパン(Talens Japan)

ヌーベル イレーザー 練り消しゴム

価格:660円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃淡調整やハイライト表現ができる

ヌーベル イレーザー 練り消しゴムは木炭やコンテ、パステル画などのデッサンに最適なアイテムです。この練り消しゴムを使うと、鉛筆の濃淡調整やハイライトを表現するのにも役立ちます。

 

また、1個辺り110円の練り消しゴムは価格も手頃で、必要な分だけちぎってよく練ると粉っぽさがない使用感になるとの口コミもあります。

種類練り消し形状粘土状
スリーブ

口コミをご紹介

私は初めて練り消しゴムを使いましたが、初心者でも大変使いやすいです。6個入っているので、練り消しゴムが黒くなってもすぐに交換できる。この練り消しゴムがあれば、デッサンでいろいろな技が使えて嬉しい限りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

文房堂

ネリゴム ARTIST CLEANER

価格:270円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

べたつかずデッサンにも使える

文房堂のネリゴム ARTIST CLEANERは通常の練り消しゴムより大きいので、たっぷり使えておすすめです。べとつかず、サラサラとした使い心地と強いネリが評判のあるアイテム。また、消しゴムとしてはもちろん、ゲーム機やリモコンなどの細かな部分を掃除するのにも使えて便利です。

 

そして、絵を描く際に使うと、鉛筆で書いた下書きにぼかしを入れたり、薄く書いた文字なども消せたりと幅広く使えます。

種類練り消し形状粘土状
スリーブ

口コミをご紹介

絵を描くときに使用してます。鉛筆で描いた下書きやぼかし、字消しにも使ってます。2Bくらいの柔らかい芯だと結構消えてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノック式消しゴムのおすすめランキング3選

第3位

ぺんてる

ホルダー消しゴム クリックイレーザー

価格:1,210円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利でペンとの相性も抜群

ぺんてるのホルダー消しゴム クリックイレーザーは油性ボールペン字が消せるアイテムで、エラストマータイプの消しゴムです。スライドクリック式の消しゴムは、手にすっぽりとフィットする使い心地でおすすめ。

 

また、スリムなフォルムはペン立てやペンケースに入れても嵩張らず、紙へのダメージも最小限に抑えて修正できる消しゴムです。

種類エラストマー形状フラット
スリーブカッターと同じ仕組み

口コミをご紹介

ふつうの砂消しよりは、細いので、ピンポイントで狙える。やたら広範囲にガリガリやらなくて済む。腕があれば、回転式より、さらに細かく、線の上、点の所だけでも消せる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

トンボ(Tombow)

消しゴム MONO モノゼロメタル 角型

価格:415円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かな修正もピンポイントでできる

トンボ鉛筆の消しゴム MONO モノゼロメタル 角型は、細かなスペースも効率的に修正できる2.5mm×5mmの角型消しゴム。微調整ができるペン先は折れにくく、視界を妨げずにピンポイントで消したいところを修正できておすすめです。

 

また、手帳に付けても、ポケットやペンケースに入れてもスッキリと持ち歩け、ビジネスシーンでもオフィスでも大活躍します。そして、アルミボディのケースなので、芯を変えるだけで長く使い続けられて経済的です。

種類ホルダー型形状ノック式
スリーブアルミボディ

口コミをご紹介

この消しゴムの断面の長方形のがいい。細かく文章中のひとつの単語だけを消したり、マークシートで1カ所だけを消すのに使ってます。シャーペンの芯はBを使ってますが、きれいに消えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

トンボ(Tombow)

トンボ鉛筆 消しゴム MONO モノゼロ

価格:550円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

芯のタイプを変えて使い分けられる

トンボ鉛筆の消しゴム MONO モノゼロはノック式の消しゴムで、直径2.3mmの細さの〇型は製図やイラストなどの細かな部分を修正できます。消し先のタイプは丸型と角型の2種類があり、角型は手帳の細かな部分の訂正に便利です。

 

また、軽い力でもスイスイ消せる消しゴムは、紙面を傷つけにくいライトタッチの合成ゴム製。そして、消しゴム芯を差し替えると何度も使えるので、使いたいシーンに合わせて芯を使い分けても良いでしょう。

種類プラスチック形状ペン型
スリーブ

口コミをご紹介

「普通の消しゴム」では上下左右の文字も消すことになってしまいますが、この商品ならその心配はありません。確実に1文字だけ消すことができます。 消字力にも不満はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノック式消しゴムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5356772の画像

    トンボ鉛筆

  • 2
    アイテムID:5357660の画像

    シード

  • 3
    アイテムID:5356759の画像

    ぺんてる

  • 商品名
  • トンボ鉛筆 砂ケシゴム
  • 砂消しゴム
  • ホルダー消しゴム クリックイレーザー
  • 特徴
  • 最近では珍しい砂消し
  • ペン字も消せて絵を描く時にも便利
  • 持ち運びに便利でペンとの相性も抜群
  • 価格
  • 298円(税込)
  • 92円(税込)
  • 1210円(税込)
  • 種類
  • 砂消し
  • 砂消しゴム
  • エラストマー
  • 形状
  • 細長い、斜めカット
  • 斜めカット
  • フラット
  • スリーブ
  • 左右に消しゴムが出るサイズ
  • カッターと同じ仕組み

折れにくい消しゴムのおすすめ3選

第3位

ステッドラー(STAEDTLER)

消しゴム マルスプラスチック

価格:2,775円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

劣化や品質の低下が少ない消しゴム

ステッドラー消しゴム マルスプラスチックはアートや製図、デザインなどプロフェッショナルユーザーからの厚い信頼のあるアイテムです。長時間使用しても硬化や品質の低下が少なく、優れた消字性が長く続いておすすめ。

 

また、1個当たり約93円の細かな文字もきれいに消せるステッドラーの消しゴムには、エンボスでボディに刻まれたロゴも特徴的です。

種類プラスチック形状直方体
スリーブノーマル

口コミをご紹介

安定の使用感、途中で他の消しゴムも新しいものが出るたびに購入して試しましたがこれに勝るものはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

サクラクレパス

消しゴム アーチ100 カラー

価格:406円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アーチ形スリーブで折れにくさ3倍

サクラクレパスの消しゴム アーチ100 カラーはアーチ形のスリーブによって、折れにくさを3倍に強化しています。プラスチック生地に特殊発泡体を加えることで、消字性能もアップしていておすすめです。

 

また、スリーブにはすべり止めグリップが付いて持ちやすく、消しゴムが小さくなってきたらミシン目に沿ってきれいにカットできます。そして、1個当たり91円のカラフルな消しゴムは、学校やオフィス、自宅用と使い分けもできて便利です。

種類プラスチック形状直方体
スリーブアーチ型、ミシン目付き

口コミをご紹介

またこの商品の宣伝文句どうり、消しゴムを力いっぱいこすっても先からちぎれることはなく、安心して消すことができるので、よくちぎれるM○NOやAi○などよりもだいぶ使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

トンボ(Tombow)

消しゴム MONO モノタフ

価格:1,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折れや割れ、カケに強いタフな消しゴム

トンボ鉛筆の消しゴム MONO モノタフは固く、しなりにくい配合が施されているので、折れや割れに強いアイテムです。MONO独自の斜め形状スリーブで、消しゴムにかかる負担を分担してくれます。

 

また、1個当たり99円の消しゴムは折れたりかけたりしにくい上に、消字性にも優れています。そして、消しゴムのスリーブにはミシン目も付いているので、小さくなった消しゴムに合わせて切り取れておすすめです。

種類プラスチック形状細長い
スリーブ四隅にカット入り

口コミをご紹介

私も小さい頃からこの消しゴムをずっと使ってきました。ちなみに私の母親も使っていました。なぜか良く消える気がします。一番ではないのかもしれませんが、このデザインがなんとも言えません。

出典:https://www.amazon.co.jp

折れにくい消しゴムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5359234の画像

    トンボ(Tombow)

  • 2
    アイテムID:5356700の画像

    サクラクレパス

  • 3
    アイテムID:5359659の画像

    ステッドラー(STAEDTLER)

  • 商品名
  • 消しゴム MONO モノタフ
  • 消しゴム アーチ100 カラー
  • 消しゴム マルスプラスチック
  • 特徴
  • 折れや割れ、カケに強いタフな消しゴム
  • アーチ形スリーブで折れにくさ3倍
  • 劣化や品質の低下が少ない消しゴム
  • 価格
  • 1980円(税込)
  • 406円(税込)
  • 2775円(税込)
  • 種類
  • プラスチック
  • プラスチック
  • プラスチック
  • 形状
  • 細長い
  • 直方体
  • 直方体
  • スリーブ
  • 四隅にカット入り
  • アーチ型、ミシン目付き
  • ノーマル

消しカスがまとまりやすい消しゴムのおすすめランキング3選

第3位

ヒノデワシ

消しゴム キラキラまとまるくん

価格:2,095円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消しカスがまとまる消しゴム

ヒノデワシの消しゴム キラキラまとまるくんは消しカスが散らばらずにまとまり、ヒノデワシのベストセラーのアイテムです。1個当たり約105円の消しゴムはキラキラとしたホログラムのスリーブに入り、友達へのちょっとしたプレゼントにもピッタリです。

種類プラスチック形状直方体
スリーブノーマル

口コミをご紹介

思った通りの使い心地で、子供達も大喜びです。まとまるくんは、消しカスがまとまる!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

クツワ

HiLiNE 消しゴム 磁ケシ

価格:4,981円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

磁石の力で消しカスを集める

クツワのHiLiNE 消しゴム 磁ケシは鉄粉入りの消しゴムで、スリーブの底に付いた磁石を使って消しカスをくっつけて片づけるタイプのアイテム。消しカスをまとめると言うよりは、手を汚さずに集めて捨てられる消しゴムで、消字性にも優れていておすすめです。

 

また、1個当たり249円の消しゴムのスリーブにはミシン目が付いているため、消しゴムが減ってきたら大きさに合わせてきれいにカットできます。

種類鉄粉入り形状細長い
スリーブミシン目付き、ネオジオ磁石付き

口コミをご紹介

大人も使っていますが、よく消えまた硬さがあり消しやすく、子供が分解して学校から帰ってくることもなくなり、大満足です。甥っ子にも入学、進学のミニプレゼントとして1つずつあげたら喜んでくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

トンボ(Tombow)

消しゴム MONO モノダストキャッチ

価格:73円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消しカスをきれいにまとめて捨てられる

トンボ鉛筆の消しゴム MONO モノダストキャッチは鉛筆やシャープペンシルの筆記線をきれいに消せる上に、消しカスもまとまりやすくておすすめです。たくさんの字を書いて消す作業が多い方には最適な消しゴムで、机の上などを汚したくない方に向いています。

 

また、MONOシリーズの中にも「もっとあつまる」や「ノンダスト」の消しカスをまとめやすい消しゴムもありますが、この消しゴムには圧倒的なまとまりやすさがあります。

種類タックポリマー配合のプラスチック形状直方体
スリーブ四隅にカット入り

口コミをご紹介

消しやすいし、色鉛筆で書いた所まで消えると、学校で人気になり、お友達に貸して欲しいと言われるほどだそうです。私としては消しカスがまとまるので毎日の掃除が楽です

出典:https://www.amazon.co.jp

消しカスがまとまりやすい消しゴムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5359466の画像

    トンボ(Tombow)

  • 2
    アイテムID:5356740の画像

    クツワ

  • 3
    アイテムID:5359495の画像

    ヒノデワシ

  • 商品名
  • 消しゴム MONO モノダストキャッチ
  • HiLiNE 消しゴム 磁ケシ
  • 消しゴム キラキラまとまるくん
  • 特徴
  • 消しカスをきれいにまとめて捨てられる
  • 磁石の力で消しカスを集める
  • 消しカスがまとまる消しゴム
  • 価格
  • 73円(税込)
  • 4981円(税込)
  • 2095円(税込)
  • 種類
  • タックポリマー配合のプラスチック
  • 鉄粉入り
  • プラスチック
  • 形状
  • 直方体
  • 細長い
  • 直方体
  • スリーブ
  • 四隅にカット入り
  • ミシン目付き、ネオジオ磁石付き
  • ノーマル

少しの力で消せる消しゴムのおすすめランキング5選

第5位

コクヨ

リサーレ プレミアムタイプ 5点セット (青、緑、ピンク、オレンジ、紫)

価格:651円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消字性にも優れたカラフルな消しゴム

コクの消しゴム リサーレ プレミアムタイプ 5点セットはピンクやブルー、グリーンなど5色がセットになったアイテムです。リサーレはカラフルでかわいいだけでなく、消字性や消しやすさ、消しカスのまとまりやすさのバランスが取れた消しゴムでおすすめ。

 

また、お子様の軽い力でもすっと消せる消しゴムは、低学年の字の書き損じが多い時期にも最適です。

種類プラスチック、特殊発泡体製法形状直方体
スリーブノーマル

口コミをご紹介

消しかすがまとまるので、卓上の掃除もしやすく、とてもよい。
消字性にも優れていて、消字性・消す時の軽さ・消しかすのまとまりの3つのバランスが取れた商品だ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

サクラクレパス

消しゴム 小学生文具 Gケシゴム

価格:1,926円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供と親、先生の目線から考えられた消しゴム

サクラクレパスの消しゴム 小学生文具 Gケシゴムは、学校指定の2Bや4Bなどの濃い文字もよく消えるアイテムです。スリーブにはミシン目とすべり止めが付いているため、握力の弱い低学年のお子様でも安心して使えます。

 

また、スリーブには名前を書く欄もあり、小学生を対象に設計された消しゴムです。

種類プラスチック形状直方体
スリーブミシン目付き、凹凸入り

口コミをご紹介

他の消しゴムでは、跡が残り、何度も学校の先生にきれいに消すよう注意を受けていた息子。低学年の子どもは、消しゴムに慣れていないので、消しやすさは重要だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

PLUS(プラス)

消しゴム エアイン キッズ 100サイズ

価格:1,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小学低学年でも握りやすいサイズ

プラスの消しゴム エアイン キッズ 100サイズは、握力の弱い小学生でも濃い文字を軽く消せるアイテムです。低学年のお子様でも持ちやすいサイズで、スリーブにはしっかり握れる滑り止めの筋押しとハサミなどを使わなくても切れるミシン目が付いています。

 

また、スリーブのサイドにカーブを入れることで、消しゴムが折れにくい設計になっています。

種類多孔質セラミックスパウダーとエア入り形状直方体
スリーブノーマル

口コミをご紹介

レビュー通り、2Bの濃さでもそこまで力を入れずに消え、何より子供の第一声が「ママ、この消しゴム消しやすい」でした。消しゴムのカスもまとまります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

サクラクレパス

消しゴム 小学生学習60

価格:2,180円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃い鉛筆字も軽く消せる

サクラクレパスの消しゴム 小学生学習60は、鉛筆で書いた字も軽いタッチで消せて消しカスもまとまりやすいアイテム。小学生学習60と言うネーミングもあり、小学生の弱い力でも消しやすい消しゴムで、スリーブに名前を書けるのも魅力です。

 

また、小学生以外の大人でも使える消しゴムは汚れにくい材質を使っているため、白い消しゴムをいつまでもきれいに使えるでしょう。

種類プラスチック形状ノーマル
スリーブ名前記入欄付き

口コミをご紹介

いろいろ使った中で、もっとも消しやすく、また千切れにくい消しゴムです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

サクラクレパス

消しゴム フォームイレーザーダブル マークシート用

価格:1,931円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽いタッチで消せて消しカスもまとまる

サクラクレパスの消しゴム フォームイレーザーダブル マークシート用は軽いタッチで消せて、消しカスもまとまりやすいアイテム。細長い形状の消しゴムは、細かいマークシートなども消しやすくておすすめです。

 

また、1個当たり97円の消しゴムは価格も手頃で、2Bなど濃い鉛筆の字も消しやすいのも魅力です。そして、消した後の消しゴムの表面も汚れにくく、黒ずみで紙を汚しにくいコンパクトサイズ。

種類プラスチック形状直方体
スリーブノーマル

口コミをご紹介

適度な硬さがあり軽い力で字が消せる気がするけど力を入れると減りが早い。

出典:https://www.amazon.co.jp

少しの力で消せる消しゴムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5359225の画像

    サクラクレパス

  • 2
    アイテムID:5356689の画像

    サクラクレパス

  • 3
    アイテムID:5359349の画像

    PLUS(プラス)

  • 4
    アイテムID:5356692の画像

    サクラクレパス

  • 5
    アイテムID:5359408の画像

    コクヨ

  • 商品名
  • 消しゴム フォームイレーザーダブル マークシート用
  • 消しゴム 小学生学習60
  • 消しゴム エアイン キッズ 100サイズ
  • 消しゴム 小学生文具 Gケシゴム
  • リサーレ プレミアムタイプ 5点セット (青、緑、ピンク、オレンジ、紫)
  • 特徴
  • 軽いタッチで消せて消しカスもまとまる
  • 濃い鉛筆字も軽く消せる
  • 小学低学年でも握りやすいサイズ
  • 子供と親、先生の目線から考えられた消しゴム
  • 消字性にも優れたカラフルな消しゴム
  • 価格
  • 1931円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 1926円(税込)
  • 651円(税込)
  • 種類
  • プラスチック
  • プラスチック
  • 多孔質セラミックスパウダーとエア入り
  • プラスチック
  • プラスチック、特殊発泡体製法
  • 形状
  • 直方体
  • ノーマル
  • 直方体
  • 直方体
  • 直方体
  • スリーブ
  • ノーマル
  • 名前記入欄付き
  • ノーマル
  • ミシン目付き、凹凸入り
  • ノーマル

消しゴムを使ってきれに消す方法

一般的な消しゴムを使う際は、消したいものの大きさに合わせて消しゴムの角や丸みを使って消します。消し始めから強く擦ると、シャープペンシルや鉛筆の黒鉛が紙面の奥に入り込んだり、黒鉛をほかの部分に広げてしまったりします。

 

ですから、初めは軽く擦って、徐々に力を入れるときれいに消せます。また、一部分だけを修正したい場合は、字消し板を使うときれいに消せます。しかし、ノック式の細めの消しゴムもありますので、製図やイラスト、手帳などを修正したい時は使うと良いでしょう。

 

そして、ノック式にも丸型や角型の消しゴム芯がありますので、修正したい箇所に合わせて芯を入れ替えて使ってみてください。

 

シーンに合ったお気に入りの消しゴムを使おう!

消しゴムにはプラスチックや砂消し、ラバー、練り消しなどの種類やノック式や消しカスがまとまりやすい、小学生など握力が少なくても軽く消せるものなどさまざまありました。今回ご紹介した情報を参考に、ぜひ、シーンや使い方に合わせてお気に入りのメーカーや種類の消しゴムを見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ