記事ID141920のサムネイル画像

失敗しない骨伝導イヤホンのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】

耳を塞がず骨を振動させることで音を聴かせる骨伝導イヤホン。AfterShokzやソニーなどのメーカーから価格の安いものや、マイク付きなど様々な製品が販売されています。今回は骨伝導イヤホンの選び方と人気のおすすめ商品20選を紹介します。

周囲の状況を把握しつつ音楽が楽しめる骨伝導イヤホン

屋外でイヤホンを装着して音楽を聴くとき、外部からの音をシャットアウトするため、周囲の状況が把握しにくいですよね。近づいてきた車や自転車に気付くことができず、怖い思いをしたことがある方も多いと思います。そんな方には骨伝導イヤホンがおすすめです。

 

耳を塞がずに、耳周辺の骨を振動させることで、聴覚神経に音を伝えるので、周囲の状況を把握しつつ音楽などが楽しめます。中には、通話に便利なマイク内臓タイプなどの意外な機能を搭載したものも。

 

そこで今回は骨伝導イヤホンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。記事の最後には自転車に乗りながら骨伝導イヤホンは使用できるのかついても紹介しています。

骨伝導イヤホンを使うメリット・デメリット

骨伝導イヤホンを使うメリット

1.ながら視聴:イヤホンから流れてくる音と、周囲の音を同時に聞ける「ながら聴き」ができるのが最大のメリット。ジョギングや家事など、何かをしながら安全に聴くのに最適です。

 

2.衛生的:耳に入れる通常のイヤホンは、長時間使っていると外耳道にカビ・雑菌が繁殖し、外耳道真菌症を引き起こしたり、難聴の原因となる可能性があります。しかし、骨伝導イヤホンであれば、耳を塞がないので、衛生的に使用できます。

骨伝導イヤホンを使うデメリット

1.音質:骨伝導イヤホンの音質はまだ発展途上であり、本格的な音楽鑑賞には向いていません。

 

2.音漏れ:骨に音を伝える構造とはいえ、空間に音が放射されるので、通常のイヤホンより音漏れは大きめです。電車などの人との距離感が近い状況での使用には向いていません。

骨伝導イヤホンの選び方

骨伝導イヤホンと一口に言っても様々な種類があり、どれを選んだらいいか困ってしまいますよね。ここでは幾つかのポイントに絞って骨伝導イヤホンの選び方をご紹介します。

骨伝導イヤホンの接続方式で選ぶ

骨伝導イヤホンのデバイスとの接続方式は、「ワイヤレス」と「有線」の大きく2種類あります。用途や使用環境に合わせて選びましょう。

アクティブに使用するなら「ワイヤレス」

骨伝導イヤホンの接続方式の中でも最も主流で、製品ラインナップも圧倒的に豊富なのが「ワイヤレス」タイプです。Bluetoothを利用した無線接続により、ケーブルが邪魔にならずスッキリ使うことができます。

 

そのため、ジョギングなどのスポーツや、家事をしながら音楽を聴くなどのアクティブな使い方に最適。しかしその反面、Bluetoothの規格によっては、音質が劣化したり、遅延が生じてしまうのがデメリットです。

 

ワイヤレスの場合、接続の安定に影響するBluetoothバージョンは「4.1以上」、接続できる範囲のClassは「2~3」であれば、日常使いには十分な通信の安定性と範囲と言えます。

 

 

 

安定した接続の「有線」

デバイスやオーディオプレーヤーとケーブルを使って接続する「有線」タイプは、音声の変換や圧縮がないため、接続や音質が安定しているのがメリット。

 

また、bluetooth非対応のプレーヤーでも使用でき、ケーブルを端末に接続するだけでいいので、面倒な設定が不要です。しかし、スポーツや何かをしながら使用する場合は、ケーブルが邪魔になってしまうのがデメリット。

骨伝導イヤホンの音質で選ぶ

骨伝導イヤホンの音質を判断するポイントは、ワイヤレスや有線かで異なります。お使いのデバイスやオーディオプレーヤーに合わせてチェックしましょう。

ワイヤレスタイプなら「コーデック」をチェック

「コーデック」とは、ワイヤレス接続時のBluetoothでの音声の圧縮方式の規格のことで、SBCやAAC、aptXなどのいくつかの種類があります。SBCは、やや遅延が発生しますが、ほとんどワイヤレス製品に搭載された標準的なコーデックです。

 

Androidで主に使用されているaptXは高音質なコーデックで、さらに高音質なaptX HDはハイレゾ相当の高音質再生が可能など、コーデック規格によって音質や遅延に差が生じます。

 

骨伝導イヤホンと、お使いのデバイスやオーディオプレーヤーが、どのコーデックに対応しているか確認しておきましょう。

有線タイプなら「専用アンプ」をチェック

有線タイプの骨伝導イヤホンには、音を増幅し、音質も向上させる専用アンプが付いたものがあります。アンプ非搭載のモデルは、音が小さく再生レンジも狭くなるので、少しでも音質にこだわりたい方はアンプを搭載したモデルがおすすめです。

骨伝導イヤホンの装着感で選ぶ

特殊な装着方法の骨伝導イヤホンは、装着時に違和感がなく、ズリ落ちないものを選びましょう。大抵の骨伝導イヤホンは30~50g前後の軽量なものが多いですが、装着感を重視するなら、できるだけ軽量なモデルを選ぶのがおすすめです。

 

また、形状も頭の小さい方や子供に合わせたものがあるので、使用する方に合った設計のものを選ぶと良いです。

 

また、骨伝導イヤホンをメガネと一緒に使いたい方は、メガネの上から装着した時のつけ心地を確認しましょう。中にはメガネ型の骨伝導イヤホンもあります。

骨伝導イヤホンの機能性で選ぶ

骨伝導イヤホンには、ニーズに合わせた様々なオプション機能があります。自分の必要とする機能性で選びましょう。

バッテリーの持続時間で選ぶ

骨伝導イヤホンを、屋外で長時間連続して使用したい方は、「連続再生時間」の長いものがおすすめです。骨伝導イヤホンの連続再生時間の平均は6時間程度なので、それを基準にして選びましょう。

 

 

屋外で使用する方は「防水性能」をチェック

屋外で骨伝導イヤホンの使用を検討されている方は、急な雨にも対応できるよう「防水性能」をチェックしておきましょう。防水性能のレベルは、「IPX5」のように表されており、この数字が多いほど防水性能に優れています。

 

スポーツ時に使用する場合は、雨だけでなく、汗による水分にも耐える必要があるので、ランニングであればIPX5以上、水泳ならIPX7以上のモデルを選びましょう。

 

 

周囲の音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」

骨伝導イヤホンの中には、通常イヤホンではお馴染みの「ノイズキャンセリング機能」を搭載したものがあります。

 

周囲の雑音を低減することができるので、騒がしい場所での使用に最適です。音楽に集中したり、通話中であれば、ノイズを除去して声をよりクリアな音質にすることができます。

用途や音の聞こえ方で選ぶ

骨伝導イヤホンの用途に合わせて、特化した性能で選びましょう。また、使用状況によっては、周囲への音漏れ対策が取られているかもチェック。

スポーツ用には「激しい動きに耐えられるモデル」

ランニングやトレーニング、水泳などのスポーツシーンで骨伝導イヤホンを使用す場合は、激しい動きに対応したワイヤレスタイプを選びましょう。

 

また、汗や水に濡れても使える高い防水性を備えたモデルもおすすめです。

公共機関で使用するなら「音漏れが少ないモデル」

基本的に骨伝導イヤホンは、通常のイヤホンより音漏れが大きいです。しかし、中には音漏れを低減する設計が施された、音漏れ防止・音漏れなしを謳った製品もあります。

 

公共の場所で使用したい方はそういった音漏れ対策が取られたモデルがおすすめです。

 

 

動画視聴には「遅延が少ないモデル」

ワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンで、YouTubeなどの動画サイトで動画を視聴するなら、遅延が少ないものを選びましょう。

 

有線タイプや音楽を聴くだけなら気にする必要はありませんが、動画の場合は遅延によって音声と映像ずれることがあります。

 

 

通話に使用するなら「通話機能」をチェック

骨伝導イヤホンは、外部の状況を把握しつつイヤホンから音が聞けるので、通話での使用に最適ですが、その中でもさらに通話を快適にする機能があります。

 

中でも「マイク内臓タイプ」であれば、スマホを口元に近づけて通話する必要がなく、ハンズフリーで気軽に通話ができるので便利です。また、「マルチファンクションボタン」搭載のものは、簡単に着信の応答やリダイアルができます。

 

「ノイズキャンセリング機能」搭載モデルは、周囲のノイズを低減し、相手の声を鮮明にするので、快適な通話が可能です。

主要メーカーをチェックしよう!

骨伝導イヤホンは数多くのメーカーから販売されています。ここではその中から人気のある代表的なメーカーを2社紹介します。

骨伝導イヤホンメーカーの筆頭格「AfterShokz(アフターショックス)」

2011年以降毎年、骨伝導イヤホン新製品を発表し続けるアメリカのメーカー「AfterShokz(アフターショックス)」。

 

骨伝導イヤホンの代表的なメーカーで、非常に幅広い製品ラインナップが魅力です。シンプルなデザインながらしっかりとした作りの信頼性の高いメーカーなので、骨伝導イヤホン入門機としてもおすすめのメーカー。

大手ならではの高い信頼性「SONY(ソニー)」

ゲームなどのハードウェア分野をはじめ、映画、音楽分野など幅広く手掛ける大手メーカー「SONY(ソニー)」。

 

骨伝導イヤホンの中でも、特殊な装着スタイルのものが多く、耳の中に入れつつも塞がない機構など、独自の導管設計を採用しています。また、大手ならではの高い技術力と信頼性も魅力です。

 

厳密にはソニーの製品は、骨の振動を利用するタイプではなく、鼓膜に直接音を届けるものです。しかし、「周囲の環境音を感じることができる」・「耳を塞がない」など、骨伝導イヤホンとほぼ同じメリットを持っているので、今回おすすめ商品として紹介しています。

ワイヤレス|骨伝導イヤホンおすすめ人気ランキング9選

第9位

bonein

BN-702

価格:15,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

激しい動きに対応したズレにくいデザイン

雨や汗にも強いIP55の防滴仕様の骨伝導イヤホンです。イヤホンに搭載されたワンボタンで操作が楽々行えます。

 

人間工学に基づいた抜群のフィット感と、激しい動きにも対応したズレにくいデザインも魅力。また、コンパクトに折りたたむことができるので、持ち運びにも最適です。

接続方式ワイヤレス連続再生時間12時間
重量45g防水性能IP55

口コミをご紹介

計量で耳も塞がないため周辺の音も聞こえ非常に使いやすい。
聞こえる音もクリアであり満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

BoCo

FIT BT-1

価格:16,690円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IPX7相当の高い防水性能

独自特許技術による高性能振動デバイスと、最新のイコライジング技術によって、十分な音域とリアルで臨場感のある音を追求した骨伝導イヤホン。

 

デザイン性の高い曲線デザインによって優れた装着感を提供します。また、防水レベルIPX7と高めで、ウォータースポーツ・トレーニングにも最適です。

接続方式ワイヤレス連続再生時間約6時間
重量約34g防水性能 IPX7

口コミをご紹介

テレビで芸人さんが紹介していたのを観て購入したした。とても良いです。心配していたイヤホンがズレるのでは?も全然大丈夫でフィットします。女性だと髪でイヤホンがかくれるので全く見えません。とても気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

thevapeart

Z8骨伝導後掛け式ワイヤレススポーツイヤホン

価格:4,299円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BluetoothV5.0テクノロジーによる抜群の安定感

最新のBluetooth V5.0テクノロジーにより、速いペアリングと安定した接続、および33フィートの信号伝送を可能にする骨伝導イヤホンです。

 

本体に搭載されたボタンによって、電源のオン・オフから、再生・停止、音量の上げ・下げ、通話などを快適に行うことができます。

接続方式ワイヤレス連続再生時間約6時間
重量36g防水性能IP55

口コミをご紹介

想像してたよりもかなり軽くて、スポーツや運動をする時にズレにくいです。
長時間音楽を聴いても、耳が痛くなりません。耳が痛くなったり負担がかかりにくいです。
音質も良く綺麗に聴こえますので、スポーツや運動のお供に合います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

KSCAT

NICE5

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通話時のノイズキャンセリング機能付き

Bluetooth 4.1に対応し、IPX6の防止性能を搭載した骨伝導イヤホンです。

 

通話中のみ、声をクリアにするノイズキャンセリング機能を搭載しています。また、技適マーク取得済みなので、高い信頼性も魅力です。

接続方式ワイヤレス連続再生時間約6~8時間
重量48g防水性能IPX6

口コミをご紹介

ここ最近気候も暖かくなってきたこともあり、ラジコとかYoutubeを聴きながらの自転車通勤がとても快適!
たまたま見つけた骨伝導ヘッドホンですが、かなり気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

日本コンピュータ・ダイナミクス

DEN-HEDH

価格:14,245円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耳が遠い方にもおすすめな集音器付きモデル

IT関連事業をはじめ、国内最大級の自転車パーキング事業を展開する「日本コンピュータ・ダイナミクス」の骨伝導イヤホンです。

 

集音器付きモデルであり、耳が遠い方には集音器で音を拾い、直接内耳に音を届けます。もちろん、スマホなどとリンクさせてランニングなどのスポーツシーンで使用するのもおすすめです。

接続方式ワイヤレス連続再生時間8時間
重量本体=約40g、集音器=約20g防水性能-

口コミをご紹介

耳が遠くなった父へのちょっと早い父の日プレゼント。
音量の微調整ができたらテレビも音量下げても聞けるようになりました。

出典:https://product.rakuten.co.jp

第4位

Bearoam

Bluetooth イヤホン 骨伝導

価格:4,699円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅やワークアウトに最適

32.4gの超軽量設計で、イヤーパッドに柔らかい素材を採用し、耳への負担を軽減した、長時間付けても痛くなりにくい設計の骨伝導イヤホンです。

 

メガネをつけていても、干渉しないデザイン設計も魅力。ノイズキャンセリング機能や、IP56の防水性能も装備した、自宅用やワークアウトに最適なイヤホンです。

接続方式ワイヤレス連続再生時間約6時間
重量32.4g防水性能 IP56

口コミをご紹介

耳が痛くならない、疲れないが売りの商品だが、そのとおりである。つけてもずれにくく、違和感もないので、トレーニング中にも使いやすいと思う。防水性や耐久性については、これから確認だが、この機能でこの価格なら、お手頃で非常によいと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ambie株式会社

ワイヤレスイヤカフ

価格:13,200円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネックバンドを採用した抜群の装着感

ヘッドバンドではなく、ネックバンドを採用することで、安定したつけ心地を実現する骨伝導イヤホンです。

 

27gと非常に軽量であることも快適性をサポートし、耳の軟骨をつまむ装着方法であるため、耳のサイズや形状に左右されずに、快適な装着を提供します。

接続方式ワイヤレス連続再生時間6時間
重量27g防水性能-

口コミをご紹介

約1カ月毎日使用しています。ジョギングや常に音楽を聴きたくて、購入しました。
購入前は金額で少し悩みましたが、購入後はとても満足しています!1日最低でも10時間は付けているので付けていることをたまに忘れますwほとんど体の一部になりかけています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

BOSE(ボーズ)

FRAMES ALTO ワイヤレスオーディオサングラス

価格:23,265円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サングラス感覚で装着できるスタイリッシュデザイン

アメリカのスピーカーを主とした音響機器メーカー「BOSE」のサングラス型ワイヤレスイヤホンです。

 

世界的な大手音響機器メーカーが製造しているだけあり、特徴的な外観に反して、高音質に仕上がっています。なお、レンズは紫外線を最大99%カットするので、サングラスとして機能するのも魅力です。

接続方式ワイヤレス連続再生時間約3.5時間
重量45g防水性能IPX2

口コミをご紹介

イヤホンにもヘッドホンにもない音の開放感!!耳をふさがず耳の周りで音のなっている感覚。左右前後の音の定位の設定が素晴らしい。音の輪郭がハッキリしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

SHENZHEN VOXTECH CO.,LTD

Aeropex

価格:19,998円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トータルバランスに優れた高品質イヤホン

骨伝導イヤホンのメーカーの筆頭格とも言える「アフターショックス」製の高品質イヤホンです。

 

通常のイヤホンに匹敵する音質と、人を選ばない軽くて安定した装着感を実現します。骨伝導イヤホンの入門機としてもおすすめなトータルバランスの高い逸品です。

接続方式ワイヤレス連続再生時間約8時間
重量26g防水性能IP67

口コミをご紹介

今回の製品は完璧だと思います。とにかく装着時に邪魔にならない自然な装着感が、これより良い製品は無いはずです。音質ですが、今作AEROPEXでは音漏れはかなり低減しています。それから、今作AEROPEXでは複雑な小さい音も聞き取れるよう表現が改善されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワイヤレス骨伝導イヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5348351の画像

    SHENZHEN VOXTECH CO.,LTD

  • 2
    アイテムID:5348335の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 3
    アイテムID:5348286の画像

    ambie株式会社

  • 4
    アイテムID:5348251の画像

    Bearoam

  • 5
    アイテムID:5348443の画像

    日本コンピュータ・ダイナミクス

  • 6
    アイテムID:5348242の画像

    KSCAT

  • 7
    アイテムID:5348232の画像

    thevapeart

  • 8
    アイテムID:5348214の画像

    BoCo

  • 9
    アイテムID:5348189の画像

    bonein

  • 商品名
  • Aeropex
  • FRAMES ALTO ワイヤレスオーディオサングラス
  • ワイヤレスイヤカフ
  • Bluetooth イヤホン 骨伝導
  • DEN-HEDH
  • NICE5
  • Z8骨伝導後掛け式ワイヤレススポーツイヤホン
  • FIT BT-1
  • BN-702
  • 特徴
  • トータルバランスに優れた高品質イヤホン
  • サングラス感覚で装着できるスタイリッシュデザイン
  • ネックバンドを採用した抜群の装着感
  • 自宅やワークアウトに最適
  • 耳が遠い方にもおすすめな集音器付きモデル
  • 通話時のノイズキャンセリング機能付き
  • BluetoothV5.0テクノロジーによる抜群の安定感
  • IPX7相当の高い防水性能
  • 激しい動きに対応したズレにくいデザイン
  • 価格
  • 19998円(税込)
  • 23265円(税込)
  • 13200円(税込)
  • 4699円(税込)
  • 14245円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 4299円(税込)
  • 16690円(税込)
  • 15980円(税込)
  • 接続方式
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • 連続再生時間
  • 約8時間
  • 約3.5時間
  • 6時間
  • 約6時間
  • 8時間
  • 約6~8時間
  • 約6時間
  • 約6時間
  • 12時間
  • 重量
  • 26g
  • 45g
  • 27g
  • 32.4g
  • 本体=約40g、集音器=約20g
  • 48g
  • 36g
  • 約34g
  • 45g
  • 防水性能
  • IP67
  • IPX2
  • -
  • IP56
  • -
  • IPX6
  • IP55
  • IPX7
  • IP55

有線|骨伝導イヤホンおすすめ人気ランキング5選

第5位

sumeber

骨伝導イヤホン

価格:2,399円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸縮性があるゴムバンドでサイズ調節が可能

伸縮性があるゴムバンドによってサイズを調節できるので、あらゆる形状・サイズの頭にフィットする有線タイプの骨伝導イヤホン。

 

音質や音量、音漏れなどの品質にやや難がありますが、その分2000円台という非常に安い価格で手に入るのが魅力です。

接続方式有線ケーブルの長さ-
重量68g防水性能-

口コミをご紹介

装着してるの忘れるくらい軽いし、耳の穴に入れないから痛くならない。
それに、耳の穴に入れなくても、ちゃんと聞こえました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

JTT Online

福耳骨伝

価格:3,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリップ付きの高性能マイクを搭載

ヘッドホンのような使用感のヘッドバンドを搭載した、骨伝導イヤホンです。

 

衣服に留めることができるクリップ付きの、通話に便利なマイク内臓リモンコンを搭載しています。固定力は高くなく、運動時にはズレやすいので、リスニングの学習などの家庭用としておすすめです。

接続方式有線ケーブルの長さ約440mm
重量約59g防水性能-

口コミをご紹介

私は聴覚入力に障害があるのですが、私の場合ですが聴覚入力の補助として、有効活用出来ています。今までと、聴こえ方が違いとても嬉しいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Docooler

骨伝導ヘッドセット

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リモコンを搭載したマイク内臓イヤホン

黒と緑のカラーリングが目を引く、通話に便利なマイクを内臓した骨伝導イヤホンです。

 

ケーブル部分にはマルチ機能付きのリモコンを搭載しているので、様々な調節を手軽に行うことができます。リモコンはポケットや上着に挟めるクリップが付いているのもポイントです。

接続方式有線ケーブルの長さ1.3m
重量48g防水性能IPX2

口コミをご紹介

骨伝導のテストのために購入しました。アンプが入っているのでスマホと接続して十分な音量が確保できていました。別に持っているアンプなしの骨伝導ヘッドホンでは十分な音量は確保できませんでした。付属の耳栓をすると爆音までの音量になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ゴールデンダンス

SOUND BONE GD-SB ds-2105781

価格:8,045円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質・装着感ともに良好

補聴器や集音器などを幅広く手掛ける骨伝導機器メーカー「ゴールデンダンス」の軽量な有線タイプの骨伝導イヤホンです。

 

骨伝導イヤホンの中では非常に音漏れが小さいので、様々なシーンでの活躍が期待できます。音質も、ながら聴きであれば十分なクオリティであり、装着感もランニング程度なら問題なく使用可能です。

接続方式有線ケーブルの長さ1.2m
重量15g防水性能-

口コミをご紹介

耳の遠くなった父親に送りました。柔道で耳が変形していたので、普通のイヤホンでは、使いにくかったそうです。この骨伝導イヤホンだと、長時間つけていても痛くないし、ノイズも無く、使いやすいそうです。抵抗感無く使ってくれているようで良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

earsopen

WR-3 CL-1001

価格:10,386円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最小レベルの安心の日本製

業界最小レベルのサイズと、耳たぶなどに優しく挟むクリップ式のため、快適な装着感を実現する骨伝導イヤホンです。

 

骨伝導イヤホンの世界最高の再生帯域、4Hz~40,000Hzのデバイスを搭載しているので、低音から高音までワイドなレンジで再現します。また、ハイクオリティで安心の日本製であることもポイントです。

接続方式ワイヤレスケーブルの長さ1m
重量約10g防水性能-

口コミをご紹介

骨伝導の聴こえ方に興味があり、購入してみました。主に、通勤中や普段の買い物で使用しています。これまではちょこちょこイヤホンを外していましたが、これなら外さず会話できるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線骨伝導イヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5348311の画像

    earsopen

  • 2
    アイテムID:5348536の画像

    ゴールデンダンス

  • 3
    アイテムID:5348513の画像

    Docooler

  • 4
    アイテムID:5348599の画像

    JTT Online

  • 5
    アイテムID:5348488の画像

    sumeber

  • 商品名
  • WR-3 CL-1001
  • SOUND BONE GD-SB ds-2105781
  • 骨伝導ヘッドセット
  • 福耳骨伝
  • 骨伝導イヤホン
  • 特徴
  • 世界最小レベルの安心の日本製
  • 音質・装着感ともに良好
  • リモコンを搭載したマイク内臓イヤホン
  • クリップ付きの高性能マイクを搭載
  • 伸縮性があるゴムバンドでサイズ調節が可能
  • 価格
  • 10386円(税込)
  • 8045円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 接続方式
  • ワイヤレス
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • ケーブルの長さ
  • 1m
  • 1.2m
  • 1.3m
  • 約440mm
  • -
  • 重量
  • 約10g
  • 15g
  • 48g
  • 約59g
  • 68g
  • 防水性能
  • -
  • -
  • IPX2
  • -
  • -

Aftershokz|骨伝導イヤホンおすすめ人気ランキング3選

第3位

Aftershokz

Sportz Titanium Headphones - One

価格:12,998円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

bluetooth非対応プレーヤーでも安心の有線タイプ

服にクリップで取り付けられるリモコンを搭載した「アフターショックス」の有線タイプ骨伝導イヤホンです。

 

軽くて安定した装着感なので、普段使いはもちろん、スポーツ用としても最適。また音質もよく、オーディオプレーヤーがbluetoothによるワイヤレス接続に対応していなくても安心の有線タイプです。

接続方式有線連続再生時間12時間
重量40g防水性能-

口コミをご紹介

アンプのついてない骨伝導ヘッドフォンは音が小さくてだめですが、本機種はアンプがついていて音質・音量とも個人的には満足してます。眼鏡の上からも下からも装着できました

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

SHENZHEN VOXTECH CO.,LTD

Xtrainerz

価格:26,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1200曲入る4GBのストレージを内臓

水中でも立体感のある音質と安定した音量を確保する「アフターショックス」のワイヤレスモデルです。約1200曲を入る4GBのストレージを内臓しているので、デバイスに接続せずともハンズフリーでスポーツを楽しむことが可能。

 

IP68の圧倒的な防水レベルを装備し、突然の雨や激しい運動中の汗、ウォータースポーツにも高い対応力を見せます。基本性能が非常に高い優れものです。

 

接続方式ワイヤレス連続再生時間8時間
重量約30g防水性能IP68

口コミをご紹介

骨伝導のイヤホンって新鮮で頭痛くならないのかな?と不安でしたが、全然そんなことはありませんでした!むしろ耳をふさがないので周りの音も聞こえ、安全に屋外で運動できます

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

SHENZHEN VOXTECH CO.,LTD

Titanium

価格:9,768円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質ながら1万円以下で手に入る高コスパモデル

1万円を切る低価格が魅力の「アフターショックス」のスタンダードモデルです。持ち運びに便利なポータブル収納ケースが付属されているのが嬉しいポイント。

 

ヘッドバンドには、軽量で柔軟性と耐久性のあるチタン素材を採用しているので、激しい運動時にもしっかり対応します。再生可能な周波数帯域も20Hz~20,000Hzと十分であり、ながら聴きをしながら、優れた音質を楽しむことが可能です。

接続方式ワイヤレス連続再生時間約6時間
重量約36g防水性能IP55

口コミをご紹介

友達に勧められて購入。最初は骨伝導についてあまり理解してなかったが、試して見て、予想外の高音質にびっくり!耳栓をした方がより高い音質を楽しめるので、私はジムで走る時は耳栓をつけ、外で走る時は耳栓なしで使い分けたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

Aftershokzの骨伝導イヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5348697の画像

    SHENZHEN VOXTECH CO.,LTD

  • 2
    アイテムID:5348661の画像

    SHENZHEN VOXTECH CO.,LTD

  • 3
    アイテムID:5348649の画像

    Aftershokz

  • 商品名
  • Titanium
  • Xtrainerz
  • Sportz Titanium Headphones - One
  • 特徴
  • 高品質ながら1万円以下で手に入る高コスパモデル
  • 1200曲入る4GBのストレージを内臓
  • bluetooth非対応プレーヤーでも安心の有線タイプ
  • 価格
  • 9768円(税込)
  • 26800円(税込)
  • 12998円(税込)
  • 接続方式
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • 有線
  • 連続再生時間
  • 約6時間
  • 8時間
  • 12時間
  • 重量
  • 約36g
  • 約30g
  • 40g
  • 防水性能
  • IP55
  • IP68
  • -

SONY|耳を塞がないイヤホンおすすめ人気ランキング3選

第3位

ソニー(SONY)

Xperia Ear Duo XEA20JP B

価格:19,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

下掛けスタイルを採用したワイヤレスモデル

耳の形を問わずフィットしやすい下掛けスタイルを採用した「ソニー」のワイヤレスイヤホンです。

 

ソニー独自の音導管設計により、耳を塞がなくても音漏れを低減し、周囲の音を遮断せず音楽を楽しめます。最大3回フル充電できる専用ケース付いているのもポイントです。

接続方式ワイヤレス連続再生時間4時間
重量約10.6g防水性能-
第2位

ソニー(SONY)

STH40DJP

価格:4,500円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホの操作が可能なリモコンを搭載

ボリュームやマルチファンクションキーなどを搭載した、スマホを操作できるリモコン付きの有線タイプです。

 

ソニー独自の耳を塞がない構造ながら、音導管を通して鼓膜へダイレクトに音を届けます。外音も楽しみながら、様々なシーンで音楽を楽しむことが可能です。

接続方式有線連続再生時間-
重量18g防水性能-

口コミをご紹介

自分の環境的に周りの音が聞こえないと困る時があるので、このイヤホンのように環境音の聞こえるイヤホンは大変有難く、今後もなくならないで欲しいです。気になる音質ですが、慣れると普通のイヤホンとなんら変わりなく感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ソニー(SONY)

SBH82D

価格:5,420円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大7.5時間のロングライフバッテリーを内臓

「ソニー」の音導管設計により、周囲の音とイヤホンからの音がブレンドされるリスニングスタイルのワイヤレスイヤホン。

 

音漏れが小さく、最大7.5時間の連続音楽再生が可能なロングライフバッテリーを搭載しています。メガネと干渉しにくく様々な耳の形状にフィットする下掛けスタイルもポイントです。

接続方式ワイヤレス連続再生時間7.5時間
重量25.5g防水性能-

口コミをご紹介

耳を塞がず自然に周囲の音が聞こえるのが圧倒的メリットです。
例えば赤ちゃんが泣いているといった状況でも、問題なく声が聞こえます。
耳の閉塞感もありませんので、長時間着用していても疲れないのも良い点です。

出典:https://www.amazon.co.jp

SONYの耳を塞がないイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5348778の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5348755の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:5348737の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • SBH82D
  • STH40DJP
  • Xperia Ear Duo XEA20JP B
  • 特徴
  • 最大7.5時間のロングライフバッテリーを内臓
  • スマホの操作が可能なリモコンを搭載
  • 下掛けスタイルを採用したワイヤレスモデル
  • 価格
  • 5420円(税込)
  • 4500円(税込)
  • 19600円(税込)
  • 接続方式
  • ワイヤレス
  • 有線
  • ワイヤレス
  • 連続再生時間
  • 7.5時間
  • -
  • 4時間
  • 重量
  • 25.5g
  • 18g
  • 約10.6g
  • 防水性能
  • -
  • -
  • -

骨伝導イヤホンは自転車に乗りながら使用しても大丈夫?

通常、イヤホンやヘッドホンを装着しながらの自転車走行は危険なため、都道府県によって異なりますが、基本的に道路交通規則では使用禁止です。しかし、骨伝導イヤホンは耳を塞がず、車の音など周囲の音をしっかり聞き取ることが可能。

 

そのため、事故を招く危険性が低いと考えられているので、サイクリング中の骨伝導イヤホンの装着は法律で認められています。

 

そのほかの自転車走行時のイヤホンのルールに関する詳細は下記の記事で紹介しています。是非チェックしてみて下さい。

最適な骨伝導イヤホンでながら聴きを楽しもう

ここまで骨伝導イヤホンのおすすめランキング20選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんの骨伝導イヤホンがあります。スポーツや家事など何かをしながら安全で快適にリスニングできように自分にぴったりの骨伝導イヤホンに出会えるといいですね。

折り畳み自転車のおすすめ人気ランキングは下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ