記事ID141834のサムネイル画像

温度を保つ!クーラーボックスのおすすめ人気ランキング25選【便利グッズ】

釣りやキャンプなどに便利に使えるクーラーボックスですが、クーラーボックスには色々な種類があります。この記事ではクーラーボックスの選び方やイグルーやダイワなどおすすめの商品を紹介しているので、サイズの違いにも注目して好みのクーラーボックスを選んでみましょう。

アウトドアやスポーツに便利なクーラーボックス

クーラーボックスは釣りやキャンプ、夏場のスポーツなどでは冷えた飲み物を持っていく時に便利に使えます。暑い時期にはすぐに食材が温まり、菌が増えて食中毒の可能性も高まりますが、食中毒を予防するためにもクーラーボックスに食材を入れて温度が上がらないようにしておくことが大切です。

 

温度を保つ役割のあるクーラーボックスですが、温かいものを入れて保温することは推奨されていません。それはクーラーボックスの素材が熱に弱く、溶けたり劣化したりしてしまう恐れがあるためです。クーラーボックスは冷たいもの専用で使うようにしましょう。

 

そこで今回は【クーラーボックス】の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。記事の最後には、保冷効果を長持ちさせる方法もご紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

クーラーボックスを選ぶ軸!

1.種類:クーラーボックスには電動で温度管理のできるものや簡易的なものなど種類も様々ですが、大きく分けるとハードタイプとソフトタイプの2種類があります。それぞれメリットとデメリットがあるので用途に応じて選ぶようにしましょう。

 

2.素材:クーラーボックスには真空断熱パネルや発泡スチロールなど、色々な断熱素材が使われています。素材によって保冷効果も違ってきますので、選ぶときには断熱素材にも注目すると良いですね。

 

3.サイズ:大型のものや小型のものなど、サイズにも色々な種類があります。クーラーボックスに何を入れるのか、どのような使い道をするのかを考えて、丁度良いサイズのものを選びましょう。

クーラーボックスの選び方

ここからはクーラーボックスの選び方について種類や素材、サイズやコスパ、見た目の項目に分けてそれぞれを紹介していきます。

種類で選ぶ

ハードタイプとソフトタイプの2つの種類について解説していきます。

ハード|アウトドアにおすすめ

ハードタイプのクーラーボックスは保冷力が高く、1~数日保冷力が続くクーラーボックスもあります。簡易的な冷蔵庫の代わりにもなりますが重さがあり、持ち運びのしにくさが欠点と言えます。

 

ハードタイプのクーラーボックスには容量の大きいものもあるので、釣りやキャンプなどたくさんの荷物を冷やす時におすすめです。

ソフト|日常使いにおすすめ

ソフトタイプのクーラーボックスは軽く、価格も安く購入できるのが特徴です。スーパーに買い物に行く時にも便利に使えて、使わない時には小さくたたんで収納することもできます。ただし保冷力は高くないので、長時間冷やしておく場合にはおすすめできません。

 

学校や会社にお弁当を持っていく時や、日帰りで使う場合に向いているクーラーボックスです。

素材で選ぶ

クーラーボックスの断熱素材には主に真空断熱パネル、発泡ウレタン、発泡スチロール、ポリエチレンが使われています。それぞれの特徴を紹介していきましょう。

真空断熱パネル|最強の保冷力

真空断熱パネルは保冷力がとても高いのが特徴です。真空断熱パネルを使ったクーラーボックスのメーカーではダイワが有名で、輸血用血液の運搬など医療の分野でもダイワのクーラーボックスが使われています。

 

真空断熱パネルは寿命が心配されますが、落としたり壊したりしなければ10年以上は使えるでしょう。ただし、性能が高い分価格も高くなっています。

発泡ウレタン|保冷力に優れていてコスパも良い

発泡ウレタンとは家を作る際の壁や屋根などの断熱材としても使われる素材で、保冷力に優れています。市販で売られているハードタイプのクーラーボックスの素材には、発泡ウレタンが使われていることが多く、手ごろな価格で購入できるのが特徴です。

発泡スチロール|保冷剤と一緒に使うのがおすすめ

本体が発泡スチロールでできたクーラーボックスはホームセンターなどで簡単に購入することができ、保冷剤を一緒に使うことで保冷力を高めることができます。価格も安く軽いので、日常使いのできるクーラーボックスと言えるでしょう。

 

断熱素材に発泡スチロールを使用しているクーラーボックスもありますが、性能も高く、比較的安く購入することができます。

ポリエチレン|軽くて安い

ポリエチレンは主にソフトタイプのクーラーボックスに使われている素材です。軽くて安く、100円ショップでも簡単に手に入ります。しかし、保冷効果はそれほど高くはないため、数時間~日帰りで使用すると良いでしょう。

サイズで選ぶ

サイズを選ぶ時にはどのくらいの人数で使うのか、何をどのくらい入れるのかを目安にすると選びやすいでしょう。

 

1人で冷たい飲み物を冷やすだけなら10リットル以下の容量で十分ですが、大勢でキャンプをするなら35リット以上の容量が必要になります。使う人数や中に入れるものを考えて選んでみてくださいね。

コスパで選ぶ

クーラーボックスを選ぶときにはコスパで選ぶのも大切です。高価なクーラーボックスを購入しても、滅多に使わないのであればもったいないですね。無理をして高いクーラーボックスを購入しなくても、性能もよく手頃な価格で購入できるものは多くあります。

 

クーラーボックスにあまりお金をかけたくない場合は、コスパで選ぶのもおすすめです。

見た目で選ぶ

クーラーボックスを見た目で選ぶのも良いですね。傍から見てクーラーボックスと分かるデザインはあまり好きではない、という人もいるでしょう。そのような方には、おしゃれなデザインのクーラーボックスがおすすめです。

 

まるで普通のバッグのような見た目をしたクーラーボックスや、おしゃれな色合いのクーラーボックスなど色々あります。見た目もよく性能も高いクーラーボックスを選んでみてくださいね。

ハードタイプ|クーラーボックスのおすすめ人気ランキング4選

第4位

FIELDOOR

ノーザンクーラーボックス

価格:18,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能で保冷効果も高く壊れにくい

重厚感のあるこちらのクーラーボックスは密閉性に優れており、冷気を外に逃がさず保冷効果が高いのが特徴です。また、耐久性もあり壊れにくくなっているので、安心していろいろなレジャーに持って行くことができるでしょう。

 

容量は42.5リットルと大きく、大勢でのキャンプやバーべキューで便利に使えます。両サイドにハンドルが付いているので持ちやすく、スケールや栓抜きなど機能も充実しています。耐久性もある高機能なクーラーボックスを求める方におすすめです。

タイプハードサイズ53cm×28cm×29cm (内寸)
重さ12kg容量約42.5リットル
断熱素材リニアポリエチレン・ポリウレタン・ポリプロピレン

口コミをご紹介

気密性がありしっかりと保冷できます。
見た目も良く、商品の状態も
非常に良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

イグルー(Igloo)

ステンレスクーラー

価格:23,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレスがスタイリッシュでおしゃれ

イグルーのステンレスクーラーは見た目のデザインがおしゃれで人気があり、機能的にも優れています。断熱素材としてウレタンフォームが使われており、保冷力が高いです。また、51リットルと容量も大きいので大人数のキャンプでも活躍してくれるでしょう。

 

ほかにも水抜き栓や栓抜きがついており、アウトドアを楽しむ機能がついていて便利です。クーラーボックスの見た目にもこだわりたい方に、おすすめできるクーラーボックスです。

タイプハードサイズ62×40×42cm
重さ7.25kg容量51リットル
断熱素材ウレタンフォーム

口コミをご紹介

一泊二日なら真夏日のキャンプでもバッチリ保冷出来てました。真夏日でも刺身をキャンプ場に持って行って食べれそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

オルカ(ORCA)

クーラーボックス Orca Coolers 20

価格:36,873円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャチの尾びれデザインが可愛い

シャチの尾びれがデザインされたおしゃれで可愛いクーラーボックスです。色は全部で20種類あり、見た目の可愛らしさと機能性が特徴です。また、オルカのクーラーボックスは密閉力が高く、中の冷気を逃がさないという特徴もあります。

 

最大で10日間も氷の状態を保つことができたほどの保冷力で、しっかりとクーラーボックスの役目を果たしてくれるでしょう。耐久性もあり壊れにくいので、長期に渡って使い続けることができますね。

タイプハードサイズ24×35×23cm
重さ約8kg容量約19リットル
断熱素材

口コミをご紹介

デカイ、重い、カッコイイ!存在感がすごいね

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

第1位

イエティクーラーズ( YETI COOLERS )

イエティタンドラ

価格:33,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性と保冷力は最強クラス!

イエティのクーラーボックスは衝撃に強く、保冷力のほかに耐久性に優れたクーラーボックスとして人気です。イエティのクーラーボックスは、激流を乗りこなしても壊れないほどの耐久性を持つ、ホワイトウォーターカヤックと同じ作りをしています。

 

そのため、落としても何かにぶつかっても壊れにくく、丈夫にできているので長く使うことができるでしょう。また、本体は分厚く壁の断熱材の厚さは5cmあります。

 

一般的なハードタイプのクーラーボックスよりも保冷力が2倍あり、耐久性と保冷力を持ち合わせた最強のクーラーボックスと言えるでしょう。

 

 

タイプハードサイズ37.1×26.7×28.6cm(内寸)
重さ7.7kg容量28.3リットル
断熱素材

口コミをご紹介

保冷力は申し分ないです!
夏場、2泊3日のキャンプで使用した際、最終日でも500のペットボトルに氷が残ってました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハードタイプのクーラーボックスおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5337948の画像

    イエティクーラーズ( YETI COOLERS )

  • 2
    アイテムID:5338915の画像

    オルカ(ORCA)

  • 3
    アイテムID:5338880の画像

    イグルー(Igloo)

  • 4
    アイテムID:5342460の画像

    FIELDOOR

  • 商品名
  • イエティタンドラ
  • クーラーボックス Orca Coolers 20
  • ステンレスクーラー
  • ノーザンクーラーボックス
  • 特徴
  • 耐久性と保冷力は最強クラス!
  • シャチの尾びれデザインが可愛い
  • ステンレスがスタイリッシュでおしゃれ
  • 高機能で保冷効果も高く壊れにくい
  • 価格
  • 33980円(税込)
  • 36873円(税込)
  • 23100円(税込)
  • 18500円(税込)
  • タイプ
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • サイズ
  • 37.1×26.7×28.6cm(内寸)
  • 24×35×23cm
  • 62×40×42cm
  • 53cm×28cm×29cm (内寸)
  • 重さ
  • 7.7kg
  • 約8kg
  • 7.25kg
  • 12kg
  • 容量
  • 28.3リットル
  • 約19リットル
  • 51リットル
  • 約42.5リットル
  • 断熱素材
  • ウレタンフォーム
  • リニアポリエチレン・ポリウレタン・ポリプロピレン

ソフトタイプ|クーラーボックスのおすすめ人気ランキング4選

第4位

スノーピーク(snow peak)

ソフトクーラー18

価格:10,260円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱や衝撃に強いソフトタイプ

断熱材にアルミコーティングシェル内層材を使用した、スノーピークのクーラーボックスです。熱を弾いて冷たいままの温度を保つ設計で、保冷力が高いのが特徴です。また、熱や衝撃に強い作りをしており、使わない時にはコンパクトにたたむことができます。

 

ショルダーベルトがついているので、持ち運びの際も楽ですし、お弁当を入れたり食材を入れたり、いろいろなシーンで活躍するでしょう。性別や年齢を問わず使えるシンプルでおしゃれなデザインも魅力です。

タイプソフトサイズ34.3×24.1×22.9cm(外寸)
重さ0.82kg容量18リットル
断熱素材アルミコーティングエアシェル内層材

口コミをご紹介

ソフトクーラーの中ではトップクラスと言って良いだろう。
キャンプ場にチェックインして翌日朝飯を作るまでの冷却能力は全く問題ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

エーオークーラーズ

12パック キャンバスソフトクーラー

価格:9,504円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷力の高いソフトクーラーボックス

エーオークーラーズはアメリカで食品用のクーラーを製造販売していた会社です。食品用クーラーを専門にしている会社だけあり、エーオークーラーズのクーラーボックスは保冷力が高く使いやすいと人気があります。

 

庭で使うプールなどと同じ素材の高品質ビニールライナーを使用しており、耐久性もあります。ソフトタイプは保冷力が弱いといわれていますが、エーオークーラーズのクーラーボックスは保冷効果が長時間続き、持ち運びも楽にできておすすめです。

タイプソフトサイズ35×17×30cm
重さ約1.3kg容量22.7リットル
断熱素材プロエチレン

口コミをご紹介

断熱材が分厚いので外観から想像するより容量が少ない。
でもその分保冷力はソフトクーラーボックスにしては圧倒的だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

コールマン(Coleman)

デイリークーラー ミント

価格:2,582円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛いデザインがポイント!

デザインが可愛く、運動会やピクニックに使う方が多い人気のコールマンのクーラーボックスです。30リットルと容量も十分あり、2リットルのペットボトルが8本入ります。

 

保冷力は高いとは言えませんが、保冷剤を入れて使うことで長い時間、保冷力を保つことができますよ。たたんで収納することもできるので持ち運びも簡単ですし、収納場所にも困りません。デザインも可愛く、日常使いもできるのでおすすめです。

 

タイプソフトサイズ34×24×33cm
重さ約0.73kg容量30リットル
断熱素材

口コミをご紹介

底の板と言うのか中敷き?もあって、ショルダーもあって柄も可愛くて沢山入るし言う事なしです。 毎日の買い物が楽しくなりそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ロゴス(LOGOS)

クーラーバッグ ハイパー氷点下クーラー

価格:9,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量も大きくしっかり冷やす

ロゴスのハイパー氷点下クーラーは、内側に保冷剤入れて使うことでアイスクリームを7時間以上溶けずに保存することもできます。本体は太陽の光を反射するメタルシルバーカラーで、スタイリッシュなデザインがおしゃれです。

 

容量は40リットルと大きく、2リットルのペットボトルが9本も収納できます。使わない時には折りたたむことができるので、収納場所にも困りませんね。バーベキューやキャンプに使える便利でおしゃれなクーラーボックスです。

タイプソフトサイズ41×31.5×31cm(内寸)
重さ約1.95kg容量40リットル
断熱素材

口コミをご紹介

専用の保冷剤と一緒に使うことで、このバッグの中は、冷蔵以上冷凍庫以下の、信じられない空間が出来上がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソフトタイプのクーラーボックスおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5339379の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 2
    アイテムID:5340650の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:5339353の画像

    エーオークーラーズ

  • 4
    アイテムID:5340512の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 商品名
  • クーラーバッグ ハイパー氷点下クーラー
  • デイリークーラー ミント
  • 12パック キャンバスソフトクーラー
  • ソフトクーラー18
  • 特徴
  • 容量も大きくしっかり冷やす
  • 可愛いデザインがポイント!
  • 保冷力の高いソフトクーラーボックス
  • 熱や衝撃に強いソフトタイプ
  • 価格
  • 9900円(税込)
  • 2582円(税込)
  • 9504円(税込)
  • 10260円(税込)
  • タイプ
  • ソフト
  • ソフト
  • ソフト
  • ソフト
  • サイズ
  • 41×31.5×31cm(内寸)
  • 34×24×33cm
  • 35×17×30cm
  • 34.3×24.1×22.9cm(外寸)
  • 重さ
  • 約1.95kg
  • 約0.73kg
  • 約1.3kg
  • 0.82kg
  • 容量
  • 40リットル
  • 30リットル
  • 22.7リットル
  • 18リットル
  • 断熱素材
  • プロエチレン
  • アルミコーティングエアシェル内層材

真空断熱パネル|クーラーボックスのおすすめ人気ランキング4選

第4位

シマノ(SHIMANO)

スペーザ ホエール リミテッド キャスター付

価格:40,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアにも使える大型クーラーボックス

真空断熱パネルを使った釣り用のクーラーボックスです。容量が45リットルと大きく500mlのペットボトルが約40本入る大きさなので、大人数でバーベキューをするときにも使えます。3面に真空断熱パネルを使っており地面からの熱も伝わりにくく、保冷効果も高いです。

 

また、クーラーボックスは8.1kgと重さがありますが、キャスターが付いているので移動も楽にできます。さらにとても丈夫な作りをしているので、大人が腰掛けて椅子の代わりに使うことも可能です。

 

価格は高いですが、保冷効果が抜群のクーラーボックスを使いたい方におすすめです。

 

 

タイプハードサイズ28×70×23cm(内寸)
重さ8.1kg容量45リットル
断熱素材PP樹脂・真空パネル3面(底+両長手側面)・発泡ポリスチレン

口コミをご紹介

関東の鮃釣りで使用しています。時期によって青物も釣れるのでちょうど良いサイズです。
タイヤも大きいので、小石などにひっかかりバランスを崩すことも少ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス プロバイザーHD SU 2700

価格:21,953円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性と保冷力の高いクーラーボックス

大きさは27リットルで、500mlのペットボトルが約24本入る大きさです。少人数のキャンプならちょうど良いサイズで使いやすいでしょう。真空断熱パネルを使っているので保冷効果も高く、釣りやアウトドアなど色々なシーンで便利に使えます。

 

また、蓋は両側から開けることができ、滑り止め用のゴムや取り外しができるショルダーベルト、ワンタッチ水栓など機能も多く充実しています。釣った魚の鮮度も落ちずに持ち帰れると、人気のクーラーボックスです。

タイプハードサイズ25×43×25cm(内寸)
重さ5.5kg容量27リットル
断熱素材真空パネル

口コミをご紹介

サイズもちょうどよく、ふたも取り外しが可能なので便利です。
また置いた場所からひっぱっても滑らないのがいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

シマノ(SHIMANO)

クーラーボックス 30L フィクセル プレミアム

価格:32,743円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地面からの熱も通しにくい

6面真空断熱パネルと発泡ウレタンを素材に使った、高い保冷力が特徴のクーラーボックスです。6面に真空断熱パネルを使っているので地面からの熱にも強く、直接地面に置いても安心です。

 

釣り用のクーラーボックスではありますが、保冷力の高さと丁度良いサイズから、キャンプやアウトドアに使う方も多く人気があります。また、耐荷重設計なので大人が座っても壊れにくく、椅子の代わりに使うことも可能です。

タイプハードサイズ25.9×44..9×26.cm(内寸)
重さ6.5kg容量30リットル
断熱素材発泡ウレタン・6面真空パネル

口コミをご紹介

3日目でも凍らせたペットボトルはまだ半分しか融けていませんでした。性能は期待通りでデザインもシンプルで素敵です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス クールラインαII SU1000X

価格:13,573円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷力の高いコンパクトサイズ

ダイワの10リットル容量のクーラーボックスは、コンパクトですが500mlのペットボトルが8本入ります。ソロキャンプや釣りに使う時におすすめの大きさです。保冷力はとても高く機能性にも優れており、冷気を逃さずに釣った魚を投入できる投入口がついています。

 

また、底には滑り止めがついているので、車で移動するときに滑りにくい工夫がされています。蓋は取り外しができるので、汚れたら洗うこともできて衛生的です。価格は高めですが、保冷力が高いクーラーボックスを求める方におすすめですよ。

タイプハードサイズ17×26×22cm(内寸)
重さ2.7kg容量10リットル
断熱素材真空パネル

口コミをご紹介

中に保冷剤を入れておけば、日向であっても十分に冷却効果が持続します。釣った魚の保冷も十分にできますし、ドリンクも冷えたままです。良い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

真空断熱パネルのクーラーボックスおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5337437の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:5337610の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:5337747の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:5337690の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • クーラーボックス クールラインαII SU1000X
  • クーラーボックス 30L フィクセル プレミアム
  • クーラーボックス プロバイザーHD SU 2700
  • スペーザ ホエール リミテッド キャスター付
  • 特徴
  • 保冷力の高いコンパクトサイズ
  • 地面からの熱も通しにくい
  • 機能性と保冷力の高いクーラーボックス
  • アウトドアにも使える大型クーラーボックス
  • 価格
  • 13573円(税込)
  • 32743円(税込)
  • 21953円(税込)
  • 40500円(税込)
  • タイプ
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • サイズ
  • 17×26×22cm(内寸)
  • 25.9×44..9×26.cm(内寸)
  • 25×43×25cm(内寸)
  • 28×70×23cm(内寸)
  • 重さ
  • 2.7kg
  • 6.5kg
  • 5.5kg
  • 8.1kg
  • 容量
  • 10リットル
  • 30リットル
  • 27リットル
  • 45リットル
  • 断熱素材
  • 真空パネル
  • 発泡ウレタン・6面真空パネル
  • 真空パネル
  • PP樹脂・真空パネル3面(底+両長手側面)・発泡ポリスチレン

発泡ウレタン|クーラーボックスのおすすめ人気ランキング4選

第4位

コールマン(Coleman)

エクストリームホイールクーラー

価格:8,655円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤとハンドル付きで便利

大きさは47リットルと大きく、家族4人のキャンプに使いやすいサイズです。タイヤとハンドルが付いているので、中身が重くても移動が楽にできます。また、断熱素材に発泡ウレタンを使用しているので保冷力も高いのが特徴です。

 

さらに、保冷剤と一緒に使うことで長時間保冷することが可能になり、買い物にも使いやすいと人気がありますよ。いろいろなシーンで使える、大きい容量のクーラーバッグを求める方におすすめです。

タイプハードサイズ58×46×45cm
重さ約7kg容量約47リットル
断熱素材発泡ウレタン

口コミをご紹介

保冷性もまずまずで、ロゴスの保冷剤大を2つ入れておけば、次の日の朝でも問題なく使用できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

イグルー(Igloo)

クーラーボックス マリーンウルトラ

価格:7,024円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすい大容量

イグルーのウレタンフォームを断熱材に使用したクーラーボックスです。外側にはUV加工がされているので外からの熱に強く、保冷効果が高いのが特徴です。大きさは51リットルと大容量で、大人数でのキャンプや保冷庫としても使用できます。

 

また両サイドにはクリップが付いているので持ちやすく、水を抜くための水栓もついています。51リットルの大容量ですがコスパも良く保冷効果も高いので、キャンプやアウトドアで楽しむ機会が多い方におすすめです。

タイプハードサイズ65x46x39cm
重さ4.5kg容量51リットル
断熱素材発泡ウレタン

口コミをご紹介

夫婦+幼稚園生2人で1~2泊のキャンプに使用しています。保冷力は十分だと思います。
見た目より軽いし、持ち手の部分もゴムになっていて持ちやすくて良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

コールマン(Coleman)

クーラーボックス テイク6

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲み物保冷用として便利

発泡ウレタンを断熱材に使用したコールマンのクーラーボックスは容量が4.7リットルと小さめですが、350ml缶を収納するのには丁度良い大きさです。スポーツ観戦や公園に飲み物を持って行く時に便利に使えます。

 

重さは約0.8kgと軽く、持ち運びしやすいでしょう。見た目もおしゃれで、赤と青の2色から選べます。保冷効果を高めるためにも、保冷剤を入れて使用することをおすすめします。

タイプハードサイズ約28.5×20×18cm
重さ約0.8kg容量約4.7リットル
断熱素材発泡ウレタン

口コミをご紹介

息子のサッカー用に購入しました。
ソフトバックタイプより保冷時間が長くて、この猛暑に大活躍しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

コールマン(Coleman)

スチールベルトクーラー

価格:20,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷力もありデザインもおしゃれ

クラシックでおしゃれなデザインが特徴の、コールマンのスチールベルトクーラーです。大きさは51リットルと大容量で、断熱素材に発泡ウレタンを使用しているので保冷力も高く、1泊2日のキャンプにも十分使えます。

 

また、蓋にはラッチロックが付いているので冷気を逃しにくく、しっかりロックができるのも特徴です。スチールベルトクーラーはマットブラックやターコイズなど全部で5色から好きな色を選ぶことができるので、おしゃれな色を選んで見た目にこだわるのも良いでしょう。

タイプハードサイズ約約60×42×41cm
重さ約7.5kg容量51リットル
断熱素材発泡ウレタン

口コミをご紹介

2日経っても飲み物などぬるくならず
とても満足でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

発泡ウレタンのクーラーボックスおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5337881の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:5339509の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:5339599の画像

    イグルー(Igloo)

  • 4
    アイテムID:5339765の画像

    コールマン(Coleman)

  • 商品名
  • スチールベルトクーラー
  • クーラーボックス テイク6
  • クーラーボックス マリーンウルトラ
  • エクストリームホイールクーラー
  • 特徴
  • 保冷力もありデザインもおしゃれ
  • 飲み物保冷用として便利
  • 使いやすい大容量
  • タイヤとハンドル付きで便利
  • 価格
  • 20480円(税込)
  • 1380円(税込)
  • 7024円(税込)
  • 8655円(税込)
  • タイプ
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • サイズ
  • 約約60×42×41cm
  • 約28.5×20×18cm
  • 65x46x39cm
  • 58×46×45cm
  • 重さ
  • 約7.5kg
  • 約0.8kg
  • 4.5kg
  • 約7kg
  • 容量
  • 51リットル
  • 約4.7リットル
  • 51リットル
  • 約47リットル
  • 断熱素材
  • 発泡ウレタン
  • 発泡ウレタン
  • 発泡ウレタン
  • 発泡ウレタン

発泡スチロール|クーラーボックスのおすすめ人気ランキング4選

第4位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

リガード ホイールクーラー

価格:6,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷力も高く移動も楽にできる

こちらのクーラーボックスにはハンドルとタイヤが付いているので、重いものを入れても持ち運びが楽にできるのが特徴です。断熱素材には発泡スチロールを使用しており、4度以下の状態を8時間保つこともできます。

 

蓋の部分にはドリンクホルダーが2箇所付いているので、テーブル代わりとして便利に使えます。また、ハンドルは2段階の調整ができるので、短くして収納することが可能です。容量は60リットルと大容量で、運動会など子供の行事に使うのも良いですね。

タイプハードサイズ64×42×45cm
重さ約5.8kg容量60リットル
断熱素材発泡スチロール

口コミをご紹介

サッカー大会には必ず大活躍しています。パパが仕事で応援できないので、テントやら、他の荷物も上に乗せて引っ張れて凄く良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

発泡クーラーボックス

価格:720円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパも良く手軽に使える

本体が発泡スチロールでできたクーラーボックスです。発泡スチロールの箱に紐を通しただけの簡単な作りですが、とても軽量で価格も安く、保冷剤を入れることでしっかり冷やしてくれるので、キャンプや釣りに使用している方も多い商品です。

 

容量は約8リットルで、500ml缶を8本収納できます。バーベキューなどで飲み物用クーラーボックスとして使いやすくおすすめです。

タイプハードサイズ32×26×23cm
重さ約140g容量約8リットル
断熱素材発泡スチロール

口コミをご紹介

保冷剤がなくても少しの時間なら冷凍食品を解けることなく運べます。
真夏は、車のトランクに常備です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

アステージ(Astage)

クーラーボックス フォレスクルー

価格:2,398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日常使いからキャンプまで使える

断熱材に発泡スチロールを使用したこちらのクーラーボックスは、25リットルの容量で500mlペットボトルを15本収納することができます。保冷剤を入れて使うことで保冷力も高くなり、コスパも良いので人気です。

 

蓋はフラットで、上に物を積み重ねしやすい形状をしており、車に置いても邪魔になりません。また、蓋は取り外しができるので、クーラーボックスの中を掃除するときに便利です。日常使いからキャンプまで使える手軽なクーラーボックスと言えますね。

タイプハードサイズ39.1x19.9x31.3cm(内寸)
重さ約2kg容量25リットル
断熱素材発泡スチロール

口コミをご紹介

32度の夏、朝2㍑ボトル一本凍らせて、屋根のある屋外で夕方まで溶けきらずボックス内は冷やされてました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

クーラーボックス シエロ

価格:3,727円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで飽きずに使える

断熱素材に発泡スチロールが使われており、保冷効果も高く日常使いにぴったりで人気があります。容量は33リットルで500mlのペットボトルが約14本入る大きさです。重さは2.8kgと比較的軽く、持ち運びもしやすいでしょう。

 

そのままで使うよりも保冷剤を入れて使った方が保冷効果が高まりますので、保冷剤も一緒に使うことをおすすめします。家族3~4人で日帰りのアウトドアを楽しむのに丁度良く使えるクーラーボックスです。

タイプハードサイズ59×29×37cm
重さ2.8kg容量33リットル
断熱素材発泡スチロール

口コミをご紹介

入れる量にもよりますが、夏でなければ2泊3日でも氷が残っていますので保冷もそこそこだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

発泡スチロールのクーラーボックスおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5337815の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 2
    アイテムID:5342176の画像

    アステージ(Astage)

  • 3
    アイテムID:5342240の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 4
    アイテムID:5342280の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • クーラーボックス シエロ
  • クーラーボックス フォレスクルー
  • 発泡クーラーボックス
  • リガード ホイールクーラー
  • 特徴
  • シンプルで飽きずに使える
  • 日常使いからキャンプまで使える
  • コスパも良く手軽に使える
  • 保冷力も高く移動も楽にできる
  • 価格
  • 3727円(税込)
  • 2398円(税込)
  • 720円(税込)
  • 6680円(税込)
  • タイプ
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • サイズ
  • 59×29×37cm
  • 39.1x19.9x31.3cm(内寸)
  • 32×26×23cm
  • 64×42×45cm
  • 重さ
  • 2.8kg
  • 約2kg
  • 約140g
  • 約5.8kg
  • 容量
  • 33リットル
  • 25リットル
  • 約8リットル
  • 60リットル
  • 断熱素材
  • 発泡スチロール
  • 発泡スチロール
  • 発泡スチロール
  • 発泡スチロール

ポリエチレン|クーラーボックスのおすすめ人気ランキング5選

第5位

TRUSCO(トラスコ)

ソフトクーラーBOX

価格:2,245円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫で長く使える

断熱材に発泡ポリエチレンを使用した、ソフトタイプのクーラーボックスです。保冷剤を一緒に使うことで、中に入れたものを長い時間冷やしておけると人気があります。重さが0.72kgと軽く、使わない時には折りたたむことができるので持ち運びも楽にできます。

 

また容量は30リットルで、500mlのペットボトルが24本収納が可能です。作りが丈夫なので、重い荷物も心配せずに入れることができますよ。

 

 

タイプソフトサイズ44×24×26cm(内寸)
重さ0.72kg容量30リットル
断熱素材発泡ポリエチレン

口コミをご紹介

値段良し!大きさも良し!普段使いとして、直射日光などを避けたい食品などを保存したりにも使えると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

HomeSpon

ソフトクーラーバッグ

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

内側が完全防水仕様

クーラーボックスの外側にはメッシュポケットやファスナー付きポケットがあり、小物を収納することができます。また、ショルダーベルトが付いているので重い荷物も楽に運べて、スーパーに買い物に行くときなど日常使いにおすすめです。

 

容量は16リットルで、内側は水を入れても漏れない完全防水仕様になっています。ほかにも、蓋部分には保冷剤を収納できるメッシュポケットがあり、機能性にも優れたクーラーボックスです。

タイプソフトサイズ30×20×27cm
重さ約0.6kg容量16リットル
断熱素材防水PEVA・発泡ポリエチレン

口コミをご紹介

仕事へ持って行くお弁当用に購入しました。
ポケットも多いので薬やボディシートなど分けて入れることも出来て、汚れも目立たないので気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

クーラーバッグ

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量で普段使いに最適

アウトドア用品を扱うキャプテンスタッグのクーラーボックスです。容量は15リットルで500mlのペットボトルが20本収納できます。重さは約0.4kgととても軽量で買い物に行くときなど日常使いにぴったりです。

 

断熱材にはポリエチレンフォームを使用し、短時間の保冷なら問題なく使えます。コスパも良くシンプルなデザインがおしゃれで、買い物用として使うのがおすすめです。

タイプソフトサイズ30×23.5×25cm
重さ約0.4kg容量15リットル
断熱素材ポリエチレンフォーム

口コミをご紹介

簡易用として、使用しています。この商品で何時間も持つと思ってはいけないです。その覚悟で購入したので気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

コールマン(Coleman)

エクストリームアイスクーラー

価格:2,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量も大きく保冷力も高い

断熱素材にポリエチレンフォームが使われており、保冷力も高いと人気があるクーラーボックスです。容量は25リットルで500mlのペットボトルが22本収納できる大きさがあり、ソロキャンプにも使いやすいでしょう。

 

蓋の内側には保冷剤ケースが付いており、内側のケースは外す取り外しができるので、中の掃除もしやすく中を清潔に保てます。使わない時は折りたためて収納もできるので、外出先で使うこともできて便利です。

タイプソフトサイズ41×27×28cm
重さ約1.1kg容量25リットル
断熱素材ポリエチレンフォーム

口コミをご紹介

保冷剤を入れていきましたが、会場まで二時間半、着いて開けてみたらキンキンに冷えてますし全然保冷剤溶けてませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

サーモス(THERMOS)

ソフトクーラー 20L

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5層の断熱素材で保冷力アップ

魔法瓶を手がけるサーモスのクーラーボックスです。ソフトタイプでありながら5層の断熱素材を使用しているため保冷力が高いのが特徴です。また、外側の生地に不織布を使用しており、汚れがつきにくくなっています。

 

容量は20リットルで、500mlのペットボトルを約19本入れることができます。使わないときにはたたんでコンパクトに収納できます。デザインもおしゃれで、保冷力の高いソフトタイプのクーラーボックスを求める方におすすめです。

タイプソフトサイズ30×23×34cm
重さ約0.5kg容量20リットル
断熱素材ポリウレタン・発泡ポリエチレン・ポリプロピレン不織布

口コミをご紹介

気温34度のキャンプ1泊にて野外で使用しました。
2日目においても保冷剤は完全に溶けきっておらず、中の生物も全くもって無事でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ポリエチレンのクーラーボックスおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5342336の画像

    サーモス(THERMOS)

  • 2
    アイテムID:5338972の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:5339442の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 4
    アイテムID:5342372の画像

    HomeSpon

  • 5
    アイテムID:5342411の画像

    TRUSCO(トラスコ)

  • 商品名
  • ソフトクーラー 20L
  • エクストリームアイスクーラー
  • クーラーバッグ
  • ソフトクーラーバッグ
  • ソフトクーラーBOX
  • 特徴
  • 5層の断熱素材で保冷力アップ
  • 容量も大きく保冷力も高い
  • 超軽量で普段使いに最適
  • 内側が完全防水仕様
  • 丈夫で長く使える
  • 価格
  • 1799円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 2245円(税込)
  • タイプ
  • ソフト
  • ソフト
  • ソフト
  • ソフト
  • ソフト
  • サイズ
  • 30×23×34cm
  • 41×27×28cm
  • 30×23.5×25cm
  • 30×20×27cm
  • 44×24×26cm(内寸)
  • 重さ
  • 約0.5kg
  • 約1.1kg
  • 約0.4kg
  • 約0.6kg
  • 0.72kg
  • 容量
  • 20リットル
  • 25リットル
  • 15リットル
  • 16リットル
  • 30リットル
  • 断熱素材
  • ポリウレタン・発泡ポリエチレン・ポリプロピレン不織布
  • ポリエチレンフォーム
  • ポリエチレンフォーム
  • 防水PEVA・発泡ポリエチレン
  • 発泡ポリエチレン

保冷効果を長持ちさせる方法

クーラーボックスを使うなら、できるだけ保冷効果を長持ちさせたいですね。ここからは、クーラーボックスの保冷効果長持ちさせる方法を5つ紹介していきます。

直射日光が当たらない場所に保管

クーラーボックスを使う時には、直射日光が当たらない日陰に置いておくようにしましょう。直射日光が当たる場所に置いておくと強い太陽の光で温まり、クーラーボックスの保冷力が下がってしまいます。

 

保冷力を下げないように、できるだけ涼しい場所に置いておくのがおすすめです。

 

 

ハードとソフトを重ねて使う

ハードタイプとソフトタイプのクーラーボックスを重ねて使うのもおすすめです。ハードタイプのクーラーボックスの中に、アルミ素材のクーラーボックスやレジャーシートなど入れて使うことで保冷力が一層高まります。

 

手間はかかりますが、長時間冷やしておきたい場合におすすめの使い方です。

保冷剤を入れる

クーラーボックスの保冷力を長持ちさせたい場合は保冷剤を入れるようにしましょう。保冷剤の種類にも色々ありますが、小さいジェル状の保冷材より、大きい板状の保冷剤の方が保冷効果は高いです。

 

保冷剤のおすすめについては下記の記事で紹介しています。選び方使い方もあわせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

開け閉めは最低限におさえる

クーラーボックスの開け閉めは最低限におさるようにしましょう。必要以上に開け閉めをすると中の冷たい空気が逃げて、外の温かい空気が入り込んでしまいます。生ものと飲み物は別々のクーラーボックスに入れるなどし、温めたくないものは蓋の開け閉めを少なくして使いましょう。

直接地面に置かない

クーラーボックスの保冷効果を高めるなら直接地面に置かないことも重要です。直接地面に置いてしまうと、地面からの熱でクーラーボックスの保冷効果を弱めてしまう可能性があります。

 

クーラーボックス専用のクーラーボックススタンドも販売されているので、必要な場合は購入しておくと良いでしょう。下記の記事にもクーラーボックスの保冷効果を高める方法が載っていますので、参考にしてみてくださいね。

用途に合ったクーラーボックスを選んでイベントを楽しもう!

用途にあったクーラーボックスを選ぶことで使いやすく、釣りやキャンプ、スポーツなどを存分に楽しむことができます。サイズもいろいろなものがあり、おしゃれな見た目のクーラーボックスも発売されているので、自分に合ったクーラーボックスを見つけてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ