記事ID141700のサムネイル画像

鉄フライパンのおすすめランキング25選【料理がもっと美味しくできる】

鉄フライパンは家庭でもアウトドアでも活躍する働き者です。上手に使えば一生つきあえますが、手入れが大変なイメージもあります。いったいどんな鉄フライパンが一番便利でしょうか?そこで今回は鉄フライパンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

鉄フライパンの使い勝手

鉄フライパンを使うと、おいしい料理を作ることができます。ハンバーグはジューシーに、ギョーザの皮はパリッと焼けます。炒めものはシャッキリと仕上がります。

 

おまけに鉄フライパンは、手入れさえ行き届いていれば一生モノになるかもしれない調理器具です。フッ素樹脂加工のフライパンのように、数年ごとに買い替える必要はありません。その一方で、油がなじむまでは焦げ付きやすく、手入れが大変な道具だともいわれています。

 

鉄フライパンの購入を決心したとしても、どのような製品を選べば使いやすいのか、迷ってしまいます。そこで今回は、鉄フライパンの選び方やおすすめ商品を、ランキング形式で紹介します。

鉄フライパンを選ぶポイント

サイズと重さのバランスを考える

フライパンの一般的なおすすめサイズは、直径24から26センチメートルくらいです。もちろん、家族の人数や好みの問題で、もう少し大きいサイズや小さいサイズのものを選んでも支障はありません。

 

しかし、鉄フライパン(特に後述する鋳鉄製のフライパン)は重いです。重さと大きさは比例しますから、力の弱い人はもう少し小ぶりな、たとえば直径22から24センチメートル(場合によってはそれ以下)の製品を選んだ方が良いでしょう。

鉄製か鋳鉄製かを選ぶ

同じ鉄フライパンでも、普通の鉄(鋼鉄)製のフライパンと南部鉄器に代表される鋳鉄製のフライパンでは、性質に違いがあります。

 

鉄製のフライパンは、鉄板をフライパンの形に成形しながら製作するのに対して、鋳鉄製のフライパンは溶かした金属を型に流し込んで作ります。鋳鉄製のフライパンは鉄製のフライパンよりも炭素の量が多く、表面の無数の穴によってより油のなじみが良くなります。

 

内部に無数の穴がある鋳鉄製のフライパンの長所は、単に油なじみが良いだけではありません。一度熱くなったらなかなか冷めない(蓄熱性が高い)性質があるため、食材をじっくりと穏やかかつ均一に熱することができるのです。

 

鋳鉄製は重いけれど料理の味は最高!

前記の性質のため、鋳鉄製のフライパン(スキレットともいいます)で調理した食材は鋼鉄製(普通の鉄製)のフライパンで調理した食材よりも、さらにおいしく仕上がるといわれています。

 

小型鋳鉄フライパンは一人暮らしに最適

鋳鉄製フライパンであっても直径14から16センチメートルくらいの小型・軽量サイズなら誰でも問題なく使えるでしょう。

 

一人暮らしの人が目玉焼きを焼いたりちょっとしたおかずを作ったり、家族の人数の分だけそろえて、温めることのできる食器として利用するのもよいでしょう。フライパンごとオーブンやオーブントースターに入れることも可能です。

柄(持ち手)の材質を確認する

フライパンを選ぶ際は、柄(持ち手)の材質もチェックするようにします。

 

柄が木製やフェノール樹脂製の製品は、そのまま持っても火傷の心配がないので安心です。ただしこのタイプの持ち手は痛みやすいです。フライパンの寿命が来る前に、柄の方が劣化するので気をつけましょう。製品によっては交換用の柄を販売している場合もあります。

 

柄が製品と同じ鉄製や鉄以外の金属製の場合は、耐久性もフライパン本体と同じくらい長寿命です。ただし金属の柄の場合、フライパンの熱が柄に伝わって火傷をする可能性があるので注意しましょう。必ず鍋つかみを使う習慣を身につけると、火傷の問題は起こりません。

使い始めの手順を確認する(シーズニングが必要か否か?)

鉄フライパンの多くは、サビ止め塗料が塗られた状態で販売されています。そのようなフライパンを使える状態にするには、シーズニングという作業が必要です。シーズニングは新しい鉄フライパンを使いやすくするための、大切な儀式だと思ってください。

 

 

実はシーズニング不要な鉄フライパンも多い

しかし、中にはあらかじめシーズニング済みの状態で販売したり、表面に加工がしてあってシーズニングそのものが不要な、鉄フライパンもあります

 

シーズニングを行うには、コンロの火力が十分に強い必要があります。お宅のコンロの火力が十分に強くない場合や、IHコンロを使っている場合には、シーズニングが不要なタイプの製品を選んでください。

それでもシーズニングが必要なフライパンが売られているのはなぜ?

シーズニングが要らない便利な鉄フライパンが広く出回っているのに、なぜ、面倒くさいシーズニングが必要なフライパンが、今でも売られているのでしょうか?

 

それは、シーズニングが必要な状態で売られているフライパンは、一般に安価だからです。(海外のブランド物や特別に手間をかけた製品など、例外的に高価なフライパンもあります。)

 

けれど安いからといって質が悪いわけではありません。シーズニングをきちんと行って、時間をかけて慣らしていけば、一生モノの料理の相棒になってくれるのは、シーズニングが不要の製品の場合と、全く同じです。

IH調理器で使えるかどうかを確認する

キッチンでIH調理器を使っている方は、選ぼうとしているフライパンがIHに対応しているかどうかを確認してください。

 

多くの鉄フライパンはIHでも大丈夫ですが、底面に微妙な凸凹があるなどの理由で、ihでは十分に機能しない製品もあるからです。

 

また、IHでは新しいフライパンの空焼きができません。IHを使っている場合は、シーズニング(空焼き)が不要の製品を選ぶのが原則です。カセットコンロなど、IH以外の手段で空焼きを行う方法も考えられますが。

鋳鉄フライパン(スキレット)のおすすめランキング5選

第5位

株式会社 三条特殊鋳工所

フライングソーサー オリジナル 鋳物フライパン φ26cm

価格:11,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鋳物なのに薄い

分厚くてどっしりしているのが当然の鋳鉄フライパンとしては、びっくりするほど薄いです。底面の厚さは2ミリメートル、それ以外の部分の厚さは1.5ミリメートルしかありません。日本の金属加工のメッカである新潟県燕三条地域の技術力の賜物です。

 

この薄さのおかげで、重さも従来品の約半分に抑えられています。しかも、油のなじみが良く熱伝導が均一で食材にムラがなく火が通るという、従来の鋳鉄フライパンの長所もそのままです。

タイプ鋳鉄(耐熱シリコーン塗装)シーズニング
IH対応鋳鉄
直径26cm重さ1100g

口コミを紹介

少々重いけど、熱伝導がよく全体的に火が通るのがよくわかります。鶏を皮を下にして焼くと絶品の焼き上がりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

錦見鋳造

魔法のフライパン 24cm

価格:28,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鋳物なのにすごく薄い

1.5ミリメートルの厚さしかない、驚異的な鋳鉄フライパンです。鋳鉄の良さを保持しつつ熱電動率もアップして、効率的な調理が可能になります。

 

また、驚異的な薄さのおかげでとても軽いです。直径24センチメートルの製品なら約850グラム、直径26センチメートルの製品でも約980グラムしかありません。力の弱い人でもなんとか扱える重さになっています。

 

 

 

 

タイプ鋳鉄シーズニング
IH対応鋳鉄
直径24cm重さ850g

口コミを紹介

鉄のフライパンは扱いが難しく諦めてティファールにしてました。しかし目玉焼きはやっぱり鉄じゃないと美味しくない。高級なフライパンだと違うかなとダメ元で買いました。
扱いやすいです。厚さなのか表面加工なのか、オイルポットを使って油をたっぷり敷いて使ってますが、使用後水洗いしてペーパータオルで拭くだけで新品同様。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

及源(Oigen)

南部鉄器 フライパン 24cm CA-9

価格:5,598円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

岩手の伝統工芸品

岩手の伝統工芸品である、南部鉄器で作られた鋳鉄フライパンです。鋳鉄の製品は、重さがあるものの、耐久性と蓄熱性に優れていて、食材をおいしい料理に仕上げてくれます。

 

メーカーの及源は、嘉永年間の創業で、160年以上の歴史を誇る老舗です。

 

職人がひとつずつ作る南部鉄器のフライパンは、伝統的な重厚な雰囲気の中に現代的な感覚を取り入れたモダンなデザインが特徴です。この注ぎ口のついた深めのフライパンは、煮込みを作るのにも役に立ちます。

 

 

タイプ鋳鉄シーズニング
IH対応鋳鉄
直径24cm重さ2500g

口コミを紹介

野菜がシャキシャキに仕上がるので、野菜炒めが一味変わりますね。
無骨で、男前な感じのフライパンです。かなりの厚みがあるため、とても重く、フライパンを前後に振るだけでも一苦労なので、振らずにフライ返しで返して行くのが良さそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

岩鋳(Iwachu)

オムレット 24 南部鉄器 24601

価格:6,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モダンな伝統品

南部鉄器の鋳鉄製のフライパンです。風変わりな柄のデザインがチャームポイントで、見た目以上に握りやすいです。

 

その名の通り、オムレツを焼くのに適したフライパンです。蓄熱性が高いため卵に均一に熱が通り、ふっくらとおいしいオムレツに仕上げることができます。

 

もちろん、オムレツだけでなく肉や野菜を焼いたりするのに使うのにも、特に支障はありません。

 

 

 

 

タイプ鋳鉄シーズニング
IH対応鋳鉄
直径24cm重さ1500g

口コミを紹介

12cmくらいの南部鉄フライパンを持っていたのですが、もっと大きなものが欲しくなり購入。
24cmは、目玉焼きやホットケーキ、ちょっとしたステーキを焼くには、十分な大きさでした。
取っ手一体型だったので、取っ手が持てないほど熱くならないか心配でしたけれど、大丈夫でした。重さも想像より軽いし、焦げ付きにくいので、妻も大変気に入ったようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ロッジ(Lodge)

ロジック10 1/4インチスキレット フライパン L8SK3

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重たい!でも料理が美味しい

ロッジ(Lodge)社は、アメリカで120年以上鋳鉄の調理器具を作り続けているメーカーです。キャンプなどのお伴になる頑丈な調理器具として、アウトドア活動をする人の間では、よく知られています。

 

ロッジの分厚い鋳鉄のスキレットは、その半端でない重ささえ我慢できれば、おいしい料理を作る強い味方になってくれます。ちなみに直径10 1/4インチ(約26センチメートル)のスキレットに重量は、約2.5Kgもあります。

 

もちろんロッジの調理器具を一般家庭のキッチンで使うことには何の問題もありません。シーズニングが終了した状態で発売されているので、箱から出して簡単に洗うだけで、すぐに調理に使えます。

タイプ鋳鉄シーズニング不要
IH対応鋳鉄
直径26cm重さ2500kg

口コミを紹介

サイズ感で悩みましたが、ステーキを焼くなら10 1/4が丁度良い大きさです。肉汁でガーリックライスを作るのも、ご飯4膳分をこぼさず余裕があります。これ以上になると洗ったり取り回しが大変だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

鋳鉄フライパン(スキレット)比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5327220の画像

    ロッジ(Lodge)

  • 2
    アイテムID:5327269の画像

    岩鋳(Iwachu)

  • 3
    アイテムID:5327548の画像

    及源(Oigen)

  • 4
    アイテムID:5329744の画像

    錦見鋳造

  • 5
    アイテムID:5327349の画像

    株式会社 三条特殊鋳工所

  • 商品名
  • ロジック10 1/4インチスキレット フライパン L8SK3
  • オムレット 24 南部鉄器 24601
  • 南部鉄器 フライパン 24cm CA-9
  • 魔法のフライパン 24cm
  • フライングソーサー オリジナル 鋳物フライパン φ26cm
  • 特徴
  • 重たい!でも料理が美味しい
  • モダンな伝統品
  • 岩手の伝統工芸品
  • 鋳物なのにすごく薄い
  • 鋳物なのに薄い
  • 価格
  • 3299円(税込)
  • 6400円(税込)
  • 5598円(税込)
  • 28000円(税込)
  • 11900円(税込)
  • タイプ
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄(耐熱シリコーン塗装)
  • シーズニング
  • 不要
  • IH対応
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 直径
  • 26cm
  • 24cm
  • 24cm
  • 24cm
  • 26cm
  • 重さ
  • 2500kg
  • 1500g
  • 2500g
  • 850g
  • 1100g

小型鋳鉄フライパン(スキレット)のおすすめランキング3選

第3位

イシガキ産業

スキレット フライパン 15cm

価格:629円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型の鉄スキ

直径15センチメートルと小さいですが、手軽に購入できて一人前の働きをしてくれる鋳鉄フライパンです。鉄スキという愛称もあります。

 

一人前の卵料理を作るのにちょうど良いサイズですが、それ以外にもアヒージョの容器にしたり、ケーキの型にするなど、アイデア次第でいくらでも用途が見つかります。

 

もちろん、鋳鉄フライパンの特徴である優れた蓄熱性と耐久性はそのままです。本格的な鋳鉄フライパンを購入する前に、この小さくて安いフライパンでいろいろと試してみるのも良いでしょう。

タイプ鋳鉄シーズニング
IH対応鋳鉄
直径15cm重さ880g

口コミを紹介

ずっしりとした重みがあります。15cmを購入しましたが、内側の高さは3.5cmあり食材も案外沢山入ります。その分オリーブオイルも多く要る訳で、一人でお酒のお供用なら12cmでもいいかもしれません。私はソロキャンプの夜の食事用に持参したいと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

及源(OIGEN)

南部鉄器 小笠原陸兆 蓋付ミニパン14cm

価格:5,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれでかわいい

及源のしゃれたデザインのミニフライパンです。クラフトデザインの世界の草分けである小笠原陸兆氏がデザインしました。とてもかわいいので、料理が好きな友人へのプレゼントにするのもすてきです。

 

直径14センチでフタ付きのデザインなので、一人分の目玉焼きを焼いてみたり、ココットの代用として、オーブントースターに入れてちょっとしたおかずを作ったりといった、楽しい使い方がいろいろと考えられます。

タイプ鋳鉄シーズニング
IH対応鋳鉄
直径14cm重さ1010g

口コミを紹介

ほぼ、毎日使ってます。目玉焼きを、作るのにいいです。
蓋をしたまま、180度に温めてから、油をひいて、卵を入れて塩コショウします。
蓋をして、余熱だけで十分です。柔らかくて、美味しい、半熟の目玉焼きになります、

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ロッジ(Lodge)

ロジッスキレット6 1/2インチ L3SK3

価格:1,695円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有名スキレットの小型版

ロッジで最も小さい(6 1/2インチ=約16センチメートル)スキレットです。このサイズだと重さが約900グラムなので、非力な女性でも十分使いこなすことができます。

 

1〜2人分のちょっとした料理に、とても役立つサイズです。深さがあるので、卵焼きのような料理だけでなく、煮物や蒸し物にも役立ちます。専用のフタも販売されていますが、同じ6 1/2インチのスキレットをもう1つ購入してフタの代わりにしてもOKです。

 

この小型スキレットも、他のロッジの製品と同様にシーズニングが完了した状態で店頭に並ぶので、余計な手間は不要です。

タイプ鋳鉄シーズニング不要
IH対応鋳鉄
直径15.5cm重さ898g

口コミを紹介

ソロキャンプで使いました、ちょうどいい大きさです。ロッジのスキレットはシーズニングがしてあるので届いてすぐ使えるのは◎です、シーズニングまで楽しみたい人は他のメーカーを。同じロッジで蓋も揃えられるのも点数高いです。
もちろん使った後は水洗いし空焚き、オイルを塗って保管してくださいね。一回使用でいい色に黒くなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型鋳鉄フライパン(スキレット)比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5327209の画像

    ロッジ(Lodge)

  • 2
    アイテムID:5327282の画像

    及源(OIGEN)

  • 3
    アイテムID:5327530の画像

    イシガキ産業

  • 商品名
  • ロジッスキレット6 1/2インチ L3SK3
  • 南部鉄器 小笠原陸兆 蓋付ミニパン14cm
  • スキレット フライパン 15cm
  • 特徴
  • 有名スキレットの小型版
  • おしゃれでかわいい
  • 小型の鉄スキ
  • 価格
  • 1695円(税込)
  • 5750円(税込)
  • 629円(税込)
  • タイプ
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • シーズニング
  • 不要
  • IH対応
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄
  • 直径
  • 15.5cm
  • 14cm
  • 15cm
  • 重さ
  • 898g
  • 1010g
  • 880g

シーズニング不要の鉄フライパンのおすすめランキング10選

第10位

プリンス工業(Prince Industry)

フライパン FDスタイル 26cm 786-00403

価格:8,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートでお手頃価格

デザイナーの萩野光宣氏が出身地の新潟で、地元のフライパンのメーカーと組んで生み出したおしゃれな鉄フライパンです。FDは萩野氏のデザイナーブランドです。

 

ガスでもIHでも使用できる鉄板を素材にして、さびが出にくいように表面を酸化・窒化させました。オキシナイト加工です。おかげでシーズニングが不要で油が表面になじみやすく、食材がフライパンにくっ付きにくくなっています。柄は木製なので、安心です。

タイプ鉄(オキシナイト加工)シーズニング不要
IH対応
直径26cm重さ975g

口コミを紹介

鉄鍋なのに、重さが気になりません。初めてさんにもオススメです。4人分の炒め物を作るのに、26センチでちょうど良かったです。深さはあまりないので、そこは気をつけた方が良いと思います。きちんと焼いたり手入れしたりすれば、長く使えると思います。これから育てるのが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

和平フレイズ(Wahei freiz)

フライパン 24cm 燕三 EM-002

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材がくっつきにくい

さびにくくするために表面に窒化処理をほどこした鉄フライパンです。さらに、フライパンの内側に、食材がくっつきにくくするために、細かい凹凸を浮き出させたファイバーライン加工を加えています。

 

使用前の空焼きの必要はありません。しかし余裕があれば油ならしだけ行うと、さらに使いやすくなります。

タイプ鉄(窒化処理、ファイバーライン加工)シーズニング不要
IH対応
直径24cm重さ980g

口コミを紹介

フライパンを持つ時は多少重たいですが、揺すって調理しない限り手首が痛くなることはありません。使用2ヶ月未満ですが、表面のザラつき具合が大変良く焦げ付きにくいです。お手入れも熱いうちに水とブラシで洗えば簡単に汚れが落ちるので、慣れると楽です。お手入れ方法も説明書が入ってて親切です。柄も丈夫です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

遠藤商事

黒皮厚板フライパン 26cm AHL20026

価格:1,811円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

黒皮厚板

サビに強くて油なじみの良いコーティングのされた、黒皮鋼板という種類の鉄が使われているフライパンです。底が厚くて側面が薄くなっていて、食材への火の通りが良いです。

 

本来は業務用なので、重いと感じる人もいるはずですが、そのときはワンサイズ小さなフライパンを選んでください。直径16から45センチメートルまで幅広いサイズ展開がなされているので、あなたにぴったりと合う製品が見つかるはずです。

タイプ鉄(黒皮厚板)シーズニング不要
IH対応
直径26cm重さ1355g

口コミを紹介

重さが……。ってことは覚悟して下さい。それさえ受け入れちゃえば家庭用で大丈夫。
最初にシーズニングが必要か?ですが、必要ありません。全く問題なし。徐々にコーティングが剥げますし、どこかのタイミングで焦げ付くので、タワシでガシガシ焦げを落として下さい。その後はしっかり油を馴染ませれば普通に使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

ラバーゼ(La Base)

フライパン 26cm LB-094

価格:4,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有川葉子さんプロデュース

料理研究家の有元葉子さんがプロデュースするキッチン用品のブランド、ラバーゼ(la base)の鉄フライパンです。

 

フライパンには、こげ付きにくくするために、表面に焼き入れをあらかじめ入れてあるブルーテンパー材を使用しています。しかも柄を短めにしているため、収納のじゃまになりません。ガス台で直火調理して、そのままオーブンに入れることも可能です。

 

ラバーゼの商品は、すべて日本国内産で、このフライパンも新潟県燕市で生産されています。料理研究家のアイデアが細かいところまで行き届いている、興味深い製品です。

 

タイプ鉄(ブルーテンパー材)シーズニング不要
IH対応
直径26cm重さ975g

口コミを紹介

形もスタイリッシュで気に入ってます。
そのままテーブルに並べても素敵です。
お手入れが少し手がかかりますが、一生使う事を考えるとフライパンを育てる、と考えて大事にします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

ここ

フライパン 26cm COCOpan C101-006

価格:5,544円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柄がない!

香川県にある「株式会社ここ」が、フライパンで有名なリバーライトと共同開発した、柄のない鉄フライパンです。柄(やっとこのようなもの)は別売です。

 

取手がないため、収納するときに余分なスペースの必要がありません。オーブンやグリルにも、そのまま入れることができます。調理後は食器のひとつとして、料理を熱々のままでサービスすることも可能です。

 

窒化処理した鉄を使ったフライパンなので、さびにくく焦げません。面白い使い方のアイデアが、いろいろと生まれてきそうな製品です。

タイプ鉄(特殊熱処理(窒化鉄))シーズニング不要
IH対応(別売)
直径26cm重さ725g

口コミを紹介

取っ手がないの嵩張らず、また調理したものをそのままサーブできるところがとても気に入ってます。
家でももちろん使いますが、キャンプなどで使用すると無骨でカッコよく雰囲気も美味しさもレベルアップします。長く使うほど味が出てくる調理器具かと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

藤田金属(Fujita-kinzoku)

フライパン 26cm こだわり職人 065908

価格:1,955円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シーズニングが事前に完了

本体には鉄、柄には持ちやすいフェノール樹脂が使われたフライパンです。

 

この製品はシーズニング作業をしないで済むように、ハードテンパー加工がされています。フライパンをあらかじめ高温で熱してオイルに浸しておくものです。あらかじめ空焼きと油ならしが済ませてあるのと同じです。

 

この鉄フライパンを使うとハードテンパー加工のおかげで、使い始めからトラブルを起こさずに料理ができます。

タイプ鉄(ハードテンパー加工)シーズニング不要
IH対応フェノール樹脂
直径26cm重さ1070g

口コミを紹介

すでに焼いてあるので、だいぶ楽。目玉焼き、こびりつかなくなってストレスから解放。
やっぱりちょっと重たいが、前よりも油はねが増えてしまったが、油の消費も確かに増えたが、これこれこの味。野菜炒めのシャキシャキの美味しさ、肉を焼いた時の香ばしさ、卵焼きのふわふわ感、昔使ってた、食べてた料理。それは鉄のフライパンの味だった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

タクミジャパン(TakumiJAPAN)

匠 フライパン 26cm MGFR26

価格:3,168円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素朴で使いやすいデザイン

鉄板の表面に微小な凹凸を与えるマグマプレート加工を施すことで、油がなじみやすく食材が焦げ付いたりこびり付いたりしにくくなっている、鉄フライパンです。

 

マグマプレート加工をほどこした鉄板は、通常の鉄より表面積が広くなるので、短時間で高温になり予熱時間もそれほどかかりません。しかも食材から余分な油が落ちるのを受け止めてくれるので、料理の仕上がりがヘルシーになります。

 

鉄板の厚さは1.6ミリメートルで、鍋に均一に熱を伝えてくれます。フライパンに深さがあるので、煮物をすることも可能です。柄は木製なので熱が伝わることもなく、フライパンのアクセントにもなっています。

タイプ鉄(マグマプレート加工)シーズニング不要
IH対応
直径26.4cm重さ1170g

口コミを紹介

以前から欲しかった鉄のフライパン。お手頃なお値段で大きさも丁度良く大変気に入っています。持ち手が木なのも使い勝手がいいです。
買って満足の一品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

柳宗理(Yanagi Sori)

マグマプレート鉄フライパン 25cm ふた付き

価格:4,465円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柳宋理の傑作のひとつ

インダストリアルデザイナーの柳宋理(1915-2011)の作品のひとつです。左右に大きな注ぎ口があるユニークな形は、炒めものや煮汁を皿に移すときなどに便利です

 

サビ止め塗装は透明のシリコンなので、あらかじめ空焼きを行う必要はありません。また、鉄の表面には微妙な凹凸を浮き上がらせたマグマプレート加工がされているため、油なじみが良くて食材が焦げ付いたりこびり付いたりするのを防いでくれます。

 

頑丈で金たわしや金属のお玉を使っても、表面が傷つくことはありません。鉄フライパンの初心者にもおすすめです。

タイプ鉄(マグマプレート)シーズニング不要
IH対応フェノール樹脂
直径25cm重さ1400g

口コミを紹介

軽くはないですが、こんなもんだと思います。使いはじめの油ならしをします。以降、使い終わったら亀の子たわしで洗って、コンロで(私はIHです)しっかり乾かします。それからうっすら油を塗っています。使えば使うほど黒光りしてきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Vita Craft(ビタクラフト)

フライパン 26cm

価格:7,523円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカ生まれのメイド・イン・ジャパン

アメリカの老舗ビタクラフトの鉄フライパンです。ただし成形から仕上げまで一貫して日本で生産されているのでメイド・イン・ジャパンの製品です。

 

ビタクラフトの鉄フライパンには、船のサビ止めにも使われる窒化4層加工がほどこされています。しかも表面に微妙な凹凸ができているので、油がなじみやすく、食材がこびりつく心配が少ないです。

 

このフライパンは使い始めのシーズニングはもちろん、使用後は洗うだけでOKで、油をひかなくても大丈夫です。丈夫で扱いが簡単で料理の味もアップする、良いことずくめの鉄フライパンです。

タイプ鉄(窒化4層加工)シーズニング不要
IH対応ステンレス
直径26cm重さ960g

口コミを紹介

初期の空焼きが要らないということで購入しました。育てず気負わず道具として使っています。
最初にきちんと熱して油を引けばこびりつくこともなく、ステーキなどはとても美味しくできますし、目玉焼きが特に絶品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

リバーライト(Riverlight)

フライパン 極 ジャパン 26cm

価格:6,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さすが専門メーカー

長年鉄のフライパンにこだわり続けた、リバーライト社の製品です。

 

窒素を使った特殊な熱処理で、さびにくく耐久性が通常の5倍になっています。調理中に金属のヘラを使ったり、使用後に金だわしを使って洗っても大丈夫です。

 

しかも鉄フライパンとしては比較的軽量で、直径26センチメートルの製品で重さが約950グラムに過ぎません。柄は木製で握りやすく、ゆるんだときには交換することも可能です。

 

 

タイプ鉄(特殊熱処理(窒素含浸))シーズニング不要
IH対応
直径26cm重さ1700g

口コミを紹介

良いフライパンを買ったなと大満足です。ハンバーグ、ステーキ、ぎょうざなど美味しく焼けます。一番感動したのは目玉焼きです!!!目玉焼きはあまりおいしいと思ったことがないですが、これで焼くととても美味しくて毎朝食べています!
初の鉄フライパンは少し心配もありましたが、調理後の洗い物がとにかく楽で驚きました!

出典:https://www.amazon.co.jp

シーズニング不要の鉄フライパン比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5327155の画像

    リバーライト(Riverlight)

  • 2
    アイテムID:5327278の画像

    Vita Craft(ビタクラフト)

  • 3
    アイテムID:5327253の画像

    柳宗理(Yanagi Sori)

  • 4
    アイテムID:5327416の画像

    タクミジャパン(TakumiJAPAN)

  • 5
    アイテムID:5327411の画像

    藤田金属(Fujita-kinzoku)

  • 6
    アイテムID:5327172の画像

    ここ

  • 7
    アイテムID:5327236の画像

    ラバーゼ(La Base)

  • 8
    アイテムID:5327412の画像

    遠藤商事

  • 9
    アイテムID:5327497の画像

    和平フレイズ(Wahei freiz)

  • 10
    アイテムID:5327525の画像

    プリンス工業(Prince Industry)

  • 商品名
  • フライパン 極 ジャパン 26cm
  • フライパン 26cm
  • マグマプレート鉄フライパン 25cm ふた付き
  • 匠 フライパン 26cm MGFR26
  • フライパン 26cm こだわり職人 065908
  • フライパン 26cm COCOpan C101-006
  • フライパン 26cm LB-094
  • 黒皮厚板フライパン 26cm AHL20026
  • フライパン 24cm 燕三 EM-002
  • フライパン FDスタイル 26cm 786-00403
  • 特徴
  • さすが専門メーカー
  • アメリカ生まれのメイド・イン・ジャパン
  • 柳宋理の傑作のひとつ
  • 素朴で使いやすいデザイン
  • シーズニングが事前に完了
  • 柄がない!
  • 有川葉子さんプロデュース
  • 黒皮厚板
  • 食材がくっつきにくい
  • スマートでお手頃価格
  • 価格
  • 6500円(税込)
  • 7523円(税込)
  • 4465円(税込)
  • 3168円(税込)
  • 1955円(税込)
  • 5544円(税込)
  • 4400円(税込)
  • 1811円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 8250円(税込)
  • タイプ
  • 鉄(特殊熱処理(窒素含浸))
  • 鉄(窒化4層加工)
  • 鉄(マグマプレート)
  • 鉄(マグマプレート加工)
  • 鉄(ハードテンパー加工)
  • 鉄(特殊熱処理(窒化鉄))
  • 鉄(ブルーテンパー材)
  • 鉄(黒皮厚板)
  • 鉄(窒化処理、ファイバーライン加工)
  • 鉄(オキシナイト加工)
  • シーズニング
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • IH対応
  • ステンレス
  • フェノール樹脂
  • フェノール樹脂
  • (別売)
  • 直径
  • 26cm
  • 26cm
  • 25cm
  • 26.4cm
  • 26cm
  • 26cm
  • 26cm
  • 26cm
  • 24cm
  • 26cm
  • 重さ
  • 1700g
  • 960g
  • 1400g
  • 1170g
  • 1070g
  • 725g
  • 975g
  • 1355g
  • 980g
  • 975g

シーズニングが必要な鉄フライパンのおすすめランキング7選

第7位

和平フレイズ(Wahei freiz)

フライパン 24cm 燕三 EM-8128

価格:2,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな美しさ

金属加工の町として知られる新潟県の燕三地域(燕市と三条市)で作られた、鉄フライパンです。

 

平均的なフライパンより深さがあるので、炒めものがこぼれずにシャッキリとできあがります。肉を焼いたら表面がパリッと仕上がります。

 

柄が木製なので、握るときに安心です。料理初心者だけれど鉄フライパンに挑戦したい人に、おすすめです。ただし、使い始めのシーズニングだけは忘れないようにしましょう。

タイプシーズニング必要
IH対応
直径24cm重さ990g

口コミを紹介

使えば使うほど油が馴染んで、どんどん使いやすくなってきた。
メンテナンスもがさつに済ませているが別に問題なく使えている。
もう一つ大きいサイズの鉄のフライパンも買いたくなった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

島本製作所

フライパン 22㎝ 鉄 味一鉄

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

底が厚くて側面が薄い

フライパンに熱が均一に伝わるように、底の部分の厚さが2.3ミリメートルもあります。十分な厚みがあるので、熱で変形する心配がありません。

 

しかし全体が重くなりすぎないように、側面の厚さは薄くしてあります。そのため、重すぎて使いにくいと感じるケースも少ないです。

タイプシーズニング必要
IH対応
直径22cm重さ800g

口コミを紹介

初めての鉄フライパンだったので最初は少し不安でしたが使い心地すごくいいです。10年くらい鉄鍋を買おうかと悩んでいましたが、もっと早く買っておけば良かったです。手入れをしている時間もまた楽しいです。自分の母も使っていたし、私の子どもたちも食事の思い出になってくれたらいいなと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

パール金属(PEARL METAL)

フライパン 26cm 鉄職人 HB-1521

価格:1,660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的だけど手頃な価格

新潟県燕三条地区で作られた国産品で、お手頃価格で手に入れることのできる、本格的な鉄フライパンです。

 

調理器具に関心を持った人が、はじめて試してみるのにちょうど良い製品です。初心者向けとはいっても、使い始めにきちんとシーズニングをして日頃の手入れを怠らなければ、使いやすく油がなじんで長持ちします。

 

 

タイプシーズニング必要
IH対応
直径26cm重さ950g

口コミを紹介

到着してすぐにトーチで焼き入れ。
ささっと油を回して、開封一時間後には鳥ムネ肉をソテーに。使用後はタワシもササラも使わずに金ダワシでショリショリ汚れ落とし。火にかけて水を飛ばし、煙が出るほどカンカンに熱くなったところに薄く油を塗ってそのまま壁に掛置き。ほぼ毎日使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

中尾アルミ製作所

キング フライパン 26cm

価格:2,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本当は業務用

レストランなどで使う業務用の鉄フライパンです。しかし、シーズニングや日々の手入れなどの正しい使用法を守りさえすれば、一般家庭でも、このフライパンを問題なく使用できます。

 

重いフライパンなので、炒めものの際フライパンをゆすって使うのには向いていません。コンロの上で、じっくりと火を通す作業に向いています。

タイプシーズニング必要
IH対応
直径26cm重さ1100g

口コミを紹介

から焼きして、油をしみこませれば、完成です
どんなテフロン加工のフライパンより、こびりつきません
これから、各サイズを集め、テフロン加工のフライパンと交換していきます
強火で、火を入れる調理でも、活躍です

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

山田工業所(Yamada Kougyoujyo)

フライパン 30cm TARO 146-06943

価格:14,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5000回以上たたいて作る

長年中華鍋や業務用フライパンを作り続けた会社が、はじめて家庭用に作った鉄フライパンです。1枚の鉄も数千回もたたいて形を作る、打ち出しという方式で製造しています。多くの工程を手作業で行うので、完成品の鉄フライパンは、ひとつずつ微妙な形の違いがあります。

 

一枚の鉄板を厚さ1.2ミリメートルになるまでたたいて作り上げた鉄フライパンです。直径30センチメートルなのに重さ850グラムで、とても軽いです。この大きさや軽さから考えると、純粋なフライパンとしてだけでなく、底の広い中華鍋としても使用可能でしょう。

 

打ち出し方式で作った鉄フライパンには、表面に小さい凹凸があるため、とても油がなじみやすくて便利です。ただし、底面も微妙に凹凸があって完全に平らな形をしていないので、IH調理器で使うのには、あまり適していません。

タイプ鍛鉄シーズニング必要
IH対応×チタン
直径30cm重さ850g

口コミを紹介

3人家族には30cmでピッタリでした!
ノーマル1.6mm厚の中華は底が丸いのですが、こちらは底が平らです。なのでフライパンとしても中華鍋としても鍋料理をやるにも使いやすいです。
蓋は28cmの少し小さめを使えば炊飯をしても溢れません。しばらく使って、一生物になると確信しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

deBUYER(デバイヤー)

フライパン 26cm ミネラルビー エレメント 5610.26

価格:6,203円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

環境にも優しい

フランスのメーカーが作った、環境にも配慮した鉄フライパンです。フライパンの表面に塗るサビ止めワックスとして、ミツバチが作る天然100%のロウを使っています。(ブランド名の「ミネラルビー」は、そこに由来します。)

 

シーズニングが必要なフライパンですが、空焼きに失敗して万が一ワックスの成分が表面に残ったとしても、心配はいりません。ていねいに使い込んで行くと、表面の銀色が少しずつ黒く変化して、どんどん使いやすくなります

タイプシーズニング必要
IH対応
直径26cm重さ1893g

口コミを紹介

ちゃんとした鉄のフライパンです。コーティングができるまで時間が掛かるし使い慣れるまでも経験が必要ですが、お肉や魚を焼く場合にこのパンは最高です。熱が高いので直ぐに綺麗な焼き皮ができる。味がいい。もちろん重たいし少しメンテが必要。また、酸っぱい料理に向かない。簡単に時々焼く人向けじゃなくて自分が何をしているか理解している人のためのパンです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

turk(ターク)

鉄製フライパン24cm(ベントハンドルタイプ)ロースト用深型タイプ

価格:8,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツのマイスターの傑作

19世紀の創業したドイツの会社のロングセラー商品です。鉄の塊を職人がたたいて作り上げく、ダイナミックで武骨な鉄フライパンです。重いので、力の弱い人は小ぶりなサイズを選ぶ方が良いかもしれません。

 

底面がとても厚いため、一度温めると温度がなかなか低下しません。そのため食材の水分を良く飛ばし、表面はパリッとして内部はジューシーでしっとりと、焼き上げてくれます。ステーキを焼くのに向いているし、丈夫なのでアウトドアでも活躍します。

タイプ銑鉄シーズニング必要
IH対応銑鉄
直径24cm重さ1300g

口コミを紹介

ターク のフライパン は元々ローストの20cmを所有しており、使いやすかったためメインで使うサイズが欲しいと思い探していました。コンロがせまいのですが、24cmなら邪魔にならず、女性でもなんとか片手で持てる重さです。深型は炒め物もこぼれにくく、揚げ物も安心、ちょうどいいサイズで満足しています。これからたくさん使って育てていきたいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

シーズニングが必要な鉄フライパン比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5338400の画像

    turk(ターク)

  • 2
    アイテムID:5327386の画像

    deBUYER(デバイヤー)

  • 3
    アイテムID:5331996の画像

    山田工業所(Yamada Kougyoujyo)

  • 4
    アイテムID:5328445の画像

    中尾アルミ製作所

  • 5
    アイテムID:5327307の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 6
    アイテムID:5327509の画像

    島本製作所

  • 7
    アイテムID:5328024の画像

    和平フレイズ(Wahei freiz)

  • 商品名
  • 鉄製フライパン24cm(ベントハンドルタイプ)ロースト用深型タイプ
  • フライパン 26cm ミネラルビー エレメント 5610.26
  • フライパン 30cm TARO 146-06943
  • キング フライパン 26cm
  • フライパン 26cm 鉄職人 HB-1521
  • フライパン 22㎝ 鉄 味一鉄
  • フライパン 24cm 燕三 EM-8128
  • 特徴
  • ドイツのマイスターの傑作
  • 環境にも優しい
  • 5000回以上たたいて作る
  • 本当は業務用
  • 本格的だけど手頃な価格
  • 底が厚くて側面が薄い
  • シンプルな美しさ
  • 価格
  • 8300円(税込)
  • 6203円(税込)
  • 14300円(税込)
  • 2365円(税込)
  • 1660円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 2590円(税込)
  • タイプ
  • 銑鉄
  • 鍛鉄
  • シーズニング
  • 必要
  • 必要
  • 必要
  • 必要
  • 必要
  • 必要
  • 必要
  • IH対応
  • ×
  • 銑鉄
  • チタン
  • 直径
  • 24cm
  • 26cm
  • 30cm
  • 26cm
  • 26cm
  • 22cm
  • 24cm
  • 重さ
  • 1300g
  • 1893g
  • 850g
  • 1100g
  • 950g
  • 800g
  • 990g

鉄フライパンの手入れの方法

鉄フライパンを使ったら、まだ熱いうちに新聞などで簡単に汚れを拭って、お湯で汚れを洗い流すだけです。洗剤は絶対に使ってはいけません。このときヤケドをしないように注意しましょう。お湯で汚れを洗い流すときは、タワシで思いっきりこすってください。

 

フライパンがきれいになったら、再び火にかけてしっかりと乾燥させます。その後は、薄く油を塗って終わりです。フライパンが十分に冷えたらきちんと保管してください。油のべたべたが気になる人は、新聞紙などで包んでもOKです。

 

鉄フライパンを洗うのに使うのは亀の子タワシでも構いません。しかし「おすすめたわし」は安全面を考えると、縦に細長いカルカヤタワシと呼ばれるタイプや竹製のササラです。

シーズニングが必要な場合

一部の鉄フライパンにとって、使い始めの不可欠な儀式であるシーズニングのやり方を紹介します。

 

シーズニングは、サビ止め塗料を高温で焼き切ってしまう空焼きと、空焼きが終わったフライパンに油をなじませる油ならしのふたつのステップから成り立っています。

(ステップ1)空焼き

最初のステップの空焼きは、つぎのように進めます。

 

フライパンを洗剤で洗って水分をぬぐってから、ガスコンロにかけます。最初は中火以下で熱し、フライパンがフライパンが温まったら火力を強火にください。

 

フライパンのサビ止め塗料が焼け切れて色が変わるまで、そのまま空焼きを続けます。フライパンから煙が上がる場合もありますが、そのまま続けてください。ただし、換気を忘れないようにして、その煙は吸い込まないように気をつけましょう。

(ステップ2)油ならし

フライパンがまんべんなく灰色に変色したら、空焼きを止めて、十分に冷えるのを待ちます。フライパンが十分に冷えたら洗剤を使って十分にこすり洗いをしてよく乾かし、油ならしのステップに移ります。

 

キッチンペーパーに油を染み込ませて、フライパンを十分に拭き上げます。次にフライパンを火にかけて、油(古い油で十分です)をたっぷりと敷き、クズ野菜をじっくりと炒めます

 

フライパンに油がなじんで金臭さが取れたら、シーズニングは完了です。

もっと気軽に鉄フライパンを使ってみよう

鉄フライパンは、重くて使いづらくて手入れが大変なイメージがあります。しかし実は、手入れさえ忘れなければ長持ちするし、フッ素樹脂加工のものよりおいしい料理を提供してくれる、心強い料理の味方なのです。手入れも決して大変ではありません。

 

鉄フライパンを使うようになったら、料理のレパートリーをもっと広げてみたくなるかもしれません。そのときはいろいろな料理ブログをのぞいて、おすすめレシピを試しましょう。鉄フライパンでしか生み出せない、お気に入り料理に巡り合うかもしれません。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ