記事ID141695のサムネイル画像

トレーニング向上!フラットベンチのおすすめ人気ランキング17選【筋トレに最適】

フラットベンチを使用することでドラゴンフラッグが行えたり、背筋・腹筋などの筋トレにも活かせることができます。また楽天・ウルトラスポーツなど様々なメーカーやお店からも販売されているので、チェックしてみましょう。そこで今回はおすすめのフラットベンチをご紹介します。

フラットベンチを使うメリット

トレーニングベンチには様々な種類があり、その中でも水平になっているものをフラットベンチと呼びます。フラットベンチはベンチ部分の角度を調整することができないシンプルなタイプで、腹筋・背筋など様々なトレーニングが行える優れものです。

 

より負荷をかけることができるので、高いトレーニング効果が期待できます。また耐荷重量が200kg以上ある商品が多く、お値段も比較的リーズナブルなので初心者にもおすすめです。これ1台あるだけで全身を鍛えることが可能なので、持っておくと重宝しますよ。

 

楽天・Amazon・ドンキホーテなど様々な場所で手に入るので、一度使ってみましょう。そこで今回はフラットベンチの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

フラットベンチを選ぶ軸!

1.タイプ:フラットベンチには元々水平になっているタイプから、自由に角度が調節できるタイプの2種類が販売されています。それぞれ価格やサイズが変わってくるので、トレーニングの内容や予算に合わせて選びましょう。

 

2.スペック:どれでも良いからと選んでしまうと、自分に合わず結局使わなくなってしまうことがあります。またトレーニング最中に怪我をしてしまうこともあるので、必ず自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

3.収納性:ものによってはスペースを大幅に取ってしまい、お部屋を狭くさせてしまうことがあります。また出しっぱなしにしていると引っかかりして怪我を負ってしまうことがあるので、収納性の良さもチェックしておきましょう。

フラットベンチの選び方

こちらではフラットベンチの、選び方をご紹介していきます。自分にピッタリの商品を見つけるためにも、チェックしてみましょう。

タイプで選ぶ

フラットベンチには元々水平に固定されているタイプから、自由に角度が調節できるアジャスタブルタイプの2種類があります。どのようなトレーニングを中心にしていきたいのかで、適切なタイプを選びましょう。

耐荷重が高く初心者にもピッタリな「フラットタイプ」

初めから水平になっていて角度調節ができないものが、フラットタイプです。耐荷重が200kg以上ある商品が多く、負荷をかけながらトレーニングが行えます。安定感も抜群でお値段も比較的リーズナブルなので、手に入れやすいメリットがあります。

 

また腹筋・背筋を鍛えられるだけでなく、ダンベル・バーベルを使用したトレーニングも行えて様々な用途で活用することができます。数多くの種類があるトレーニングベンチの中でも一番シンプルなタイプなので、初心者の方にもピッタリです。

フラット・インクラインとしても使える「アジャスタブルタイプ」

アジャスタブルタイプは、フラット・インクラインの両方の機能を1つにした便利なトレーニングベンチとなっています。背もたれの角度を調節することが可能で、フラット状態にすればフラットタイプのように扱えます。

 

腹筋などの基本的な筋トレ以外にも、幅広いトレーニングを行いたい方はこのアジャスタブルタイプがおすすめです。ただしフラットタイプに比べてお値段が高く、設置スペースも必要です。なので充分なスペースが取れるのか・予算はオーバーしないかなどを考えながら、選ぶことが大切です。

スペックで選ぶ

一般的なスペックを把握しておくことで、より使いやすいフラットベンチが見つかります。トレーニング効果を高めるためにも、きちんと把握しておきましょう。

「シート幅」は24~26cmがベスト

ただ体を支えるだけのトレーニングの場合は、それほど幅のサイズは重要視しなくても構いません。しかし背中を預けるトレーニングを行う際は、幅が狭いとバランスが取りづらくトレーニングが上手く行えません。なのでしっかりと幅のサイズも、把握しておきましょう。

 

一般的に24~26cm程度のものが、ベストとされています。反対に広すぎてしまうと負荷がかかりにくくなってしまうので、注意しましょう。ただし体の大きさによって適切なサイズ感が変わってくるので、心配な場合は定員さんなどに相談することをおすすめします。

「耐荷重」は200kg以上のものが最適

耐荷重とはどれだけの重さに耐えることができるのかを示した値で、一般的に200kg以上耐えられる商品が多く販売されています。ただ選ぶ際に自分の体重だけでなくダンベルなどの、器具の重さも一緒に考えながら選ぶ必要があるので注意しましょう。

 

なのでどれぐらいの重さの器具を使っているのかを、事前にチェックしておきましょう。また特にトレーニングを継続して行う方の場合は、使用していくたびに器具の重さも変わっていきます。長く使い続けることを踏まえて、余裕を持って耐荷重の高いものを選ぶことが重要です。

「折りたたみ式」だと収納性がアップ

フラットベンチは自宅で使用される方が多いですが、設置したままだとお部屋のスペースを占領してしまいます。また小さいお子さんやペットがいるご家庭では怪我をしたりと、思わぬ事故を起こしてしまうことがあります。

 

なので安全に手軽に使用するためにも、折りたためるものを選びましょう。コンパクトにできる商品であれば、トレーニング後にサッと折りたためて保管も手軽に行えます。さらに専用のケースが付いているものであれば、紛失しにくく傷などからも守ってくれるので便利ですよ。

初心者には1万円程度の「リーズナブル」なものから始める

フラットベンチは低価格で購入できる商品が多く、初心者の方でも手軽に手に入れられます。ただ有名メーカーの商品など中にはお値段が張るものもあるので、初めて使用する場合は1万円程度のものから使ってみましょう。

 

ただ1万円以内の商品の中には、満足のいく機能性を得られないことがあります。当たり外れもあるので、ロコミなどもチェックしながら選ぶことが大切です。もしそれでも不安な場合は店舗に行って実際に試したり、定員さんに相談しながら選ぶと購入の失敗が防げますよ。

迷った際は「メーカー・ブランド」に絞って選ぶこともポイント

選び方に迷った際は、有名なメーカー・ブランドに絞って選ぶこともポイントです。フラットベンチは様々なメーカー・ブランドから販売されていますが、中でもウルトラスポーツの商品は機能性も高く優秀だと多くの方が愛用されています。

 

ウルトラスポーツとはAmazon限定のブランドであり、様々なスポーツ用品を展開しています。今回は取り扱いがなくご紹介できませんでしたがアフターサービスも充実しているので、破損や傷などがあった際は瞬時に対応してもらえるので購入後も安心できておすすめです。

フラットタイプ│フラットベンチのおすすめ人気ランキング7選

第7位

フィットネスメイト

BULL フラットベンチ

価格:71,500円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリップがきいていて、安定感が抜群

しっかりと脚の部分にグリップを持たせているので、滑りにくく安心してトレーニングに取り組めます。安全・堅牢・機能的にこだわり、高い品質でおすすめの日本製の商品です。シンプルな作りですが、使い勝手に優れていて快適です。

 

さらに移動に便利なキャスター付きで、お手入れも楽に行える魅力があります。

サイズ560×1230×440mmシート幅-
耐荷重-折りたたみ-

ロコミをご紹介

いままでのものと比較して、背中の受けが段違いでイイ!
滑らない!
ずーーっと愛用していきます。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第6位

フィットネスショップ

マッスルビルダーDX TLF1SP

価格:29,700円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の日本製で、使うたびに馴染んで愛着がわく

安心の日本製で、技術の高さを実感できる商品となっています。非常に強度が高く、どんなトレーニングにも耐えます。使い勝手も良いのでストレスなく使えて、自宅でのトレーニング時間がより有意義なものへと変わります。

 

使い込むほどに愛着が出て、手放せないといった声も挙がっていました。長く使えてコスパも良く、お値段以上のクオリティーを誇ります。

サイズ50×110×42cmシート幅27cm
耐荷重200kg折りたたみ×

ロコミをご紹介

フレームはガタもなく、溶接も綺麗でしっかりした造りです。
さすがに日本製とされているだけあると思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第5位

ヒマラヤ

フラットベンチ VQ580107I25

価格:7,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

樹脂製のクッション付きで、傷を防止

脚部分を起こすだけで簡単にセットできるので、初心者の方や女性にも最適です。また床と接触する部分には樹脂製のクッションを設けることで、傷を防止してくれます。別売りのジョイントマットを使用すれば、さらに高い効果を発揮します。

 

折りたたむことでコンパクトになって、邪魔にならず場所を問わず使える良さがあります。またダンベルなど他の商品も展開しているので、ライン使いもおすすめです。

サイズ1124×370×422mmシート幅-
耐荷重-折りたたみ

ロコミをご紹介

使いたい時に手軽に組み立てられる。
コンパクトに収納できる。
十分な強度がある。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第4位

プランB

フラットベンチ

価格:5,940円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品が充実していて、おしゃれな2色展開

上級者向けの筋トレであるドラゴンフラッグにも対応した、おすすめのフラットベンチです。シンプルながらおしゃれで、2色から好きなものをチョイスできます。ロゴがワンポイントとなって、お部屋に明るさを与えてくれます。

 

本体と一緒に工具もセットとなっているので、届いたその日に組み立てて使えますよ。使用後はコンパクトに折りたためて、場所を取りません。しなりやすい先端部分には補強を施すことで、さらに耐久性がアップしています。

サイズ43×109×38.5cmシート幅25cm
耐荷重260kg折りたたみ

ロコミをご紹介

組み立てが簡単。
安価なので、耐久性はないと思い込んでいたが、丈夫。家族3人で使用してますが満足してます。
もし友人が購入検討していれば勧めますね。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第3位

ハイガー産業

フラットベンチ FB101

価格:9,980円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強度・耐久性・快適性を改良した、リニューアル商品

さらに強度・耐久性・快適性を向上させたて、リニューアルしました。ダンベルトレーニングに特化した作りで、使い心地も抜群です。さらに脚を三点支持にすることによって、踏ん張りやすいようになっています。

 

また安定性も高いので、安心してトレーニングが行えますよ。シート部分は縫い目が一切ないので、汗などが侵入しにくくいつでも綺麗な状態が保てます。常に清潔なシートでトレーニングが行えて、べたつきなどもありません。

サイズ1050×615×410mmシート幅27cm
耐荷重400kg折りたたみ×

ロコミをご紹介

こちらの商品は座面裏側が2本フレームを採用している為かなりの強度があります。
座面裏側の縫製処理もしっかりしておりドラゴンフラッグ時に座面を掴んでも全く問題ありません。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第2位

eSPORTSオリジナル

フラットベンチ LE-B70

価格:5,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷重が300kgもあり、耐久性に優れている

累計販売台数50000台も売り上げた、人気でおすすめのフラットベンチです。腹筋・背筋など様々な筋トレが行えて、ドラゴンフラッグにも最適です。耐荷重が300kgもあるので、高負荷・高重量のトレーニングに耐えられます。

 

さらにクッションの厚みをしっかりと持たせることで、弾力性があり背中が痛くありません。フレーム部分は頑丈で太く、運動時のブレをカバーしてくれます。様々なトレーニングが行えて、1台あると重宝します。

サイズ110×59×42cm シート幅25cm
耐荷重300kg折りたたみ×

ロコミをご紹介

自宅でのダンベルトレ用に購入しました。
クッション性に優れ、厚みや幅など、使用感も良いです。
強度にも不安はなく、目的のトレーニングをするにとても良いベンチです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

YouTen

フラットベンチ

価格:5,488円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルなのに、高い機能性を誇る人気商品

しっかりと負荷をかけた、トレーニングが行えます。シンプルなタイプなので初心者でも扱いやすく、リーズナブルな価格で手に入れやすいこともこの商品の魅力です。

 

また従来のものよりもさらにコンパクトに折りたためるので、保管も手軽に行えます。脚部分は床にしっかりと定着する作りとなっているので、安定感が抜群で横揺れも防ぎます。

サイズ375×1180〜1212×385〜465mmシート幅26cm
耐荷重300kg 折りたたみ

ロコミをご紹介

完成品の状態で届くので組み立てる手間が省けるのが良いですね。
3週間程使った感想ですが、グラつきも無く強度も値段以上です。
トレーニング後も簡単に折り畳める為場所を取らないのも良い点ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

フラットタイプ│フラットベンチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5326838の画像

    YouTen

  • 2
    アイテムID:5326854の画像

    eSPORTSオリジナル

  • 3
    アイテムID:5327149の画像

    ハイガー産業

  • 4
    アイテムID:5327163の画像

    プランB

  • 5
    アイテムID:5327169の画像

    ヒマラヤ

  • 6
    アイテムID:5327176の画像

    フィットネスショップ

  • 7
    アイテムID:5327189の画像

    フィットネスメイト

  • 商品名
  • フラットベンチ
  • フラットベンチ LE-B70
  • フラットベンチ FB101
  • フラットベンチ
  • フラットベンチ VQ580107I25
  • マッスルビルダーDX TLF1SP
  • BULL フラットベンチ
  • 特徴
  • リーズナブルなのに、高い機能性を誇る人気商品
  • 耐荷重が300kgもあり、耐久性に優れている
  • 強度・耐久性・快適性を改良した、リニューアル商品
  • 付属品が充実していて、おしゃれな2色展開
  • 樹脂製のクッション付きで、傷を防止
  • 安心の日本製で、使うたびに馴染んで愛着がわく
  • グリップがきいていて、安定感が抜群
  • 価格
  • 5488円(税込)
  • 5990円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 5940円(税込)
  • 7900円(税込)
  • 29700円(税込)
  • 71500円(税込)
  • サイズ
  • 375×1180〜1212×385〜465mm
  • 110×59×42cm
  • 1050×615×410mm
  • 43×109×38.5cm
  • 1124×370×422mm
  • 50×110×42cm
  • 560×1230×440mm
  • シート幅
  • 26cm
  • 25cm
  • 27cm
  • 25cm
  • -
  • 27cm
  • -
  • 耐荷重
  • 300kg
  • 300kg
  • 400kg
  • 260kg
  • -
  • 200kg
  • -
  • 折りたたみ
  • ×
  • ×
  • ×
  • -

アジャスタブルタイプ│フラットベンチのおすすめ人気ランキング10選

第10位

ソヴラン

アジャストベンチ

価格:54,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利なハンドルとキャスター付きで、移動が楽に

合皮を使用した高品質で、ソヴランメーカーから販売されているアメリカでも人気の商品です。ハンドルとキャスター付きで、移動が楽に行える良さを持っています。ドラゴンフラッグも行えて、トレーニングの向上に役立たせられます。

 

気力を与えてくれるようなレッドカラーにすることで、モチベーションも高まります。ただお値段が張ることで、この順位となっています。しかし従来のものをさらにリニューアルした新モデルで、高い機能性を発揮してくれるので試す価値があるといえます。 

サイズ48×150×44cmシート幅25cm
耐荷重450kg 折りたたみ×

ロコミをご紹介

しっかりした作りです。
ガタガタしなくてトレーニングに集中できる。
座面の高さ・硬さもちょうどいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位
アイテムID:5327039の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5327039の画像1枚目

YouTen

バーウィング 4WAYトレーニングベンチ

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10段階で調節が可能で、フィット感も良く馴染む

背もたれが10段階に分けて調節が行えて、トレーニングに合った使い方が行える良さがあります。またシート部分は滑りにくくなっているのでフィット感も良く、トレーニングの幅も広がる1台です。

 

さらにピンを抜き付属のローラーを使用することで、誰でも簡単に折りたためます。省スペースで保管ができるので、邪魔にならずに思わぬ事故を未然に防げます。

サイズ360×1500×1220mm シート幅29cm
耐荷重500kg折りたたみ

ロコミをご紹介

作りは頑丈で畳むとコンパクト、がたつき無し。
丈夫であり要領は直ぐに慣れる。
このスペックでこの価格は、個人的に満足している。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

ライシン

トレーニングベンチ

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作がしやすく、ストレスフリー

フラットベンチだけでなく、インクラインベンチやアジャスタブルベンチとしても使える便利なタイプです。角度調節がサッと行えるので、ストレスを与えません。もちろん折りたたみも楽に行えて、楽しくトレーニングに取り組めます。

 

また曲線型を採用することで、トレーニング時の動きを妨げないように工夫が施されています。クッションは厚みがあり、自然と体に馴染みます。ダンベルなどと一緒にトレーニングが行えて、高い効果が期待できますよ。

サイズ111×48×45cmシート幅-
耐荷重200kg 折りたたみ

ロコミをご紹介

背もたれが6段階の角度に調整でき、角度もちょうどよかった。
組み立ては、説明書が分かりやすい。
完成後、コンパクトに折りたためる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

シンテックス

2ウェイベンチ STM044

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

市販でも購入が可能で、無駄のないシンプルさがうり

無駄が一切ない作りで、初めて使用される方にもおすすめの商品です。Amazonだけでなく楽天やドン・キホーテなどでも手軽に手に入り、シットアップベンチとしても使うことが可能です。

 

角度が自由に調整できて、より高い負荷をかけることも可能です。リーズナブルな価格なので手に取りやすく、お部屋に置いても違和感を与えないことが人気の理由です。

サイズ112×34×49cm シート幅-
耐荷重-折りたたみ×

ロコミをご紹介

わかりやすい図面があるのですぐに組み立てる事が出来きました。
クッションが程よい柔らかさで腰やお尻の骨が痛くならず腹筋運動が楽しくなりました。
高さや幅もちょうど良くたまに腰をかけて椅子としても使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

MRG

インクラインベンチ

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

体の負担を抑えて、トレーニング効果をアップ

さらにリニューアルしたモデルで、ダンベル以外にも様々な使い方が行える万能なタイプです。ドラゴンフラッグに使えるバーが装着できて、上級者の方にもおすすめです。また取り外しが簡単に行えるなど、利便性にも優れています。

 

椅子シートは3段階に分けて調節が行えて、細かく設定することで様々なトレーニングに活かすことができます。 クッション性も高いので体にかかる負担を緩和させて、力を存分に発揮できます。

サイズ51×121×47~116cmシート幅24cm
耐荷重200kg折りたたみ

ロコミをご紹介

グラつきありません。
身長178cm体重93kgの自分がドラゴンフラッグしても大丈夫です。
説明書見れば簡単に誰でも組み立てられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

adidas

ユーティリティベンチ ADBE-10436

価格:16,989円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単な組み立てて使えて、軽く女性にもおすすめ

人気ブランドのアディダスから販売されている商品で、アップライト・インクライン・フラットの3役をこなします。安定感が高く、バランスの取れたトレーニングが行えますよ。デザインがシンプルなので、どんなテイストのお部屋にもマッチします。

 

また組み立てが必要ですが簡単なので、初心者の方でも手軽に扱えます。軽量なので移動もしやすく、力の弱い女性にも最適です。 

サイズ139x64x119cmシート幅-
耐荷重150kg折りたたみ-

ロコミをご紹介

組み立てはそこそこ面倒ですが難しくはなかったです。
重量がかなり軽くて心配でしたがわりと安定しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Pasyou

トレーニングベンチ

価格:9,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いトレーニングが行えて、お部屋にも馴染む

シットアップ・フラット・インクラインの3wayで使えて、まるでアジャスタブルベンチのように便利でおすすめの商品です。ダンベルなどを利用した筋トレなど、使い方次第で様々なトレーニングが行える優れものです。

 

耐久性が高く高品質となっているので、長く使い続けられて経済的です。使用後はコンパクトに折りたためるので、一人暮らしなどあまり収納スペースがない方にも最適なモデルです。

サイズ140×40×51cm シート幅-
耐荷重300kg 折りたたみ

ロコミをご紹介

組み立てというようなことは、殆ど必要ないです。
スポーツジムでも使えるレベルのものだと思います。
作りもしっかりしていて不安、不満はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

KAPEO

トレーニングベンチ

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い耐荷重に対応し、長く使えてコスパ◎

細かい調節が行えるモデルで、マルチに活躍します。また作りにもこだわり頑丈なスチールチューブを採用することで、高い耐荷重を誇ります。自分のレベルに合ったトレーニングが行えて、再度購入し直す必要がなくコスパも良好です。

 

さらに高密度フォームパッドにより、快適に扱えます。便利な折りたたみタイプなので収納も手軽に行えて、空いたスペースを有効活用できます。初心者から上級者まで使えて、ご家族で一緒にシェアしてお使いいただけます。 

サイズ131×33×43mmシート幅-
耐荷重400kg折りたたみ

ロコミをご紹介

とても使いやすいです。
元々組み立てられていていい商品でした。
足元のスポンジもありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

リーボック

ユーティリティベンチ TKS91RB003

価格:31,483円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなデザインで可愛く、汚れをサッとオフできる

3段階の角度調整と、6段階のリクライニング機能を持ったハイスペックモデルです。様々なトレーニングにも対応していて、他にはないおしゃれなデザインでトレーニングがより楽しく行えますよ。

 

背もたれ部分は徐々に狭くすることで、動きやすさにもこだわった作りとなっています。フィット感も良く程良い弾力性を持っているので、動きを妨げません。シートは拭き取るだけで簡単に綺麗にできて、衛生面も保てます。

サイズ144×72×127cmシート幅-
耐荷重150kg折りたたみ-

ロコミをご紹介

何よりも作りがとてもしっかりしています。
どのような動き方をしてもベンチがたわんだりしなったりすることはなく軋むような音がすることもありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Fitmate Sporting Equipment Co., Ltd

トレーニングベンチ

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な2wayタイプで、収納も楽々

アジャスタブルベンチのような高い機能性を誇り、太い支持パイプによって安定性が向上しています。インクラインベンチとしてもフラットベンチとしても使えて、様々なトレーニングに活用できます。

 

デザインがシンプルなので、お部屋の雰囲気を壊さないのもこの商品の良さの一つです。非常にクッション性が高く、体に余計な負担を与えません。折りたたみが可能なので、お部屋を占領してしまう心配もありません。

サイズ1390×420×430mmシート幅25cm
耐荷重400kg 折りたたみ

ロコミをご紹介

これがあれば、トレーニング種目がだいぶ増えるので助かります。
使った感じですが、座面の角度とかを変えるのも、ピンを抜いて差すだけなので、難しいことは何もありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

アジャスタブルタイプ│フラットベンチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5326892の画像

    Fitmate Sporting Equipment Co., Ltd

  • 2
    アイテムID:5326972の画像

    リーボック

  • 3
    アイテムID:5326980の画像

    KAPEO

  • 4
    アイテムID:5326915の画像

    Pasyou

  • 5
    アイテムID:5326954の画像

    adidas

  • 6
    アイテムID:5327003の画像

    MRG

  • 7
    アイテムID:5327059の画像

    シンテックス

  • 8
    アイテムID:5327023の画像

    ライシン

  • 9
    アイテムID:5327039の画像

    YouTen

  • 10
    アイテムID:5327053の画像

    ソヴラン

  • 商品名
  • トレーニングベンチ
  • ユーティリティベンチ TKS91RB003
  • トレーニングベンチ
  • トレーニングベンチ
  • ユーティリティベンチ ADBE-10436
  • インクラインベンチ
  • 2ウェイベンチ STM044
  • トレーニングベンチ
  • バーウィング 4WAYトレーニングベンチ
  • アジャストベンチ
  • 特徴
  • 便利な2wayタイプで、収納も楽々
  • おしゃれなデザインで可愛く、汚れをサッとオフできる
  • 高い耐荷重に対応し、長く使えてコスパ◎
  • 幅広いトレーニングが行えて、お部屋にも馴染む
  • 簡単な組み立てて使えて、軽く女性にもおすすめ
  • 体の負担を抑えて、トレーニング効果をアップ
  • 市販でも購入が可能で、無駄のないシンプルさがうり
  • 操作がしやすく、ストレスフリー
  • 10段階で調節が可能で、フィット感も良く馴染む
  • 便利なハンドルとキャスター付きで、移動が楽に
  • 価格
  • 8980円(税込)
  • 31483円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 9580円(税込)
  • 16989円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 8800円(税込)
  • 6999円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 54800円(税込)
  • サイズ
  • 1390×420×430mm
  • 144×72×127cm
  • 131×33×43mm
  • 140×40×51cm
  • 139x64x119cm
  • 51×121×47~116cm
  • 112×34×49cm
  • 111×48×45cm
  • 360×1500×1220mm
  • 48×150×44cm
  • シート幅
  • 25cm
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 24cm
  • -
  • -
  • 29cm
  • 25cm
  • 耐荷重
  • 400kg
  • 150kg
  • 400kg
  • 300kg
  • 150kg
  • 200kg
  • -
  • 200kg 
  • 500kg
  • 450kg
  • 折りたたみ
  • -
  • -
  • ×
  • ×

専用のマットがあれば床を傷つけにくい

フラットベンチの脚の部分には滑り止め用として、ゴムなどが取り付けられている商品が多いです。しかし床に触れることによって、傷などの原因に繋がってしまうことがあります。床を綺麗に保つためにも、専用のマットを使ってみましょう。

 

特にダンベルなどをトレーニング時に使用する場合は、マットを敷いていることによって衝撃や音を抑えることが可能です。程良いグリップ性もあるので、より安定した状態でトレーニングに取り組めます。

 

以下のページではおすすめのマットをご紹介しているので、フラットベンチのサイズに合わせて選びましょう。商品によってはヨガなどでも使用できるので、1枚持っておくと便利ですよ。ただしサイズが合わないとバランスが悪く危険なので、大きめを選んでおきましょう。

オリジナルのフラットベンチを自作することもおすすめ

フラットベンチは楽天・ドン・キホーテ・Amazonなどで手軽に購入できますが、実は自作して自分だけのものを作ることができます。作り方は様々ですが簡単にしっかりとした安全なものを作ることが可能なので、一度チェックしてみましょう。

 

まず必要な材料を集めて、組み立てていきます。体を支える板の部分ですが、幅が短く長さが長くなるようにしましょう。またしっかりとやすりでツルツルにして、安全に使用できるようにしておきましょう。次にダボなどでしっかりと固定して、最後にニスを塗って乾かして完成です。

 

以下のページではより詳しくご紹介しているので、自作したい方は参考にしてみてください。自作することによって自分にピッタリのフラットベンチを作ることができて、トレーニング効果を高めることができます。

フラットベンチで理想の体を手に入れましょう

今回はおすすめのフラットベンチをご紹介しましたが、お気に入りの商品は見つかりましたでしょうか。普段行っているトレーニングにフラットベンチをプラスするだけで、より負荷をかけて高い効果が期待できますよ。この機会に使ってみて、理想の体を手に入れましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ