記事ID141694のサムネイル画像

【2020年最新版】融資を受けるのにおすすめの方法は?事業資金にお困りの方必見!

事業資金の融資を受けたいけど、どこで借りればいいのかとお悩みの方はいませんか。今回はそんな方向けに融資を受ける方法からおすすめの融資先まで、わかりやすく徹底的に解説していきます。この記事を読むだけで、どなたでも安心して融資を受けられるはずです。

知っておきたい融資の基礎知識

「どこが一番安全にお金が借りれるの?」

「事業資金調達におすすめの融資は?」

「起業時にも融資は受けられる?」

「金利を一番やすく済ますには?」

「いますぐお金が必要なんだけど、、」

 

など思われたことのある方も多いのではないでしょうか。お金を借りる前は誰しもが慎重になりますよね。

 

銀行や消費者金融など、融資には様々な借入先やローン商品があり、それぞれ金利、審査の仕方や審査スピード、プラン、返済方法などがそれぞれ異なります。よって融資を受ける際は、それぞれの特徴や違いを比較したうえで、あなたにマッチするベストな借入方法を見つけることが非常に重要になってきます。

 

この記事では、あなたに合った安全でベストな融資を受ける方法が見つかることを願って、全力で、即日借入・金利・目的からおすすめの借入先まで徹底解説していきます!どこで融資を受けるか迷っている方必見です!

 

後々返済が過大な負担になってしまっては元も子もないので、あなたの返済能力の範囲内で無理のない借り入れを心がけ、ローンを有効に活用しましょう!

そもそも融資とは?

融資とは、「金融機関や貸金業者がお金を貸すこと」つまり「借入」のことを言います。消費者金融などでは「ローン」と呼ばれることが多く、クレジットカードなどの少額融資の場合「キャッシング」と呼ばれるのが一般的です。もっと簡単に言うと、「借金」ともいえます。

 

しかし、融資には、大半の方が思い描くような悪いイメージの借金ではなく、事業のために使う資金を一時的に借り入れる「お金を作ることや価値を新しく生むことを目的でお金を借り入れる借金」も存在します。

 

とは言え、借りていることに変わりはなく、返済義務は生じるので、無理のない範囲で借入することが重要です。

融資の種類

融資の種類は、融資をしてもらう金融機関によって大きく「公的融資」と「民間融資」の2つに分かれます。

公的融資

公的融資とは、国や地方自治団体による融資です。公的融資と呼ばれる融資には、政府の金融機関である「日本政策金融公庫」と地方自治団体が窓口となる「制度融資」があります。

 

日本政策金融公庫(国金):政府が100%出資する国が運営する金融機関

制度融資:地方自治体が窓口となって、地域の経済の活性化のために融資を行う

 

日本政策金融公庫の特徴として、下記の4つが挙げられます。

 

  • 原則、無担保無保証人で融資を受けられる
  • 低金利
  • 返済期間が長い
  • 中小企業・個人事業主を支えることを目的としており、創業時でも融資を受けやすい

 

また、制度融資の特徴として、下記の5つが挙げられます。

 

  • 窓口が地方自治体で行なっているのであって、融資としてお金を貸してくれるのは民間の金融機関
  • 連帯保証人不要
  • 低金利
  • 金利負担制度などを利用できる
  • 日本政策金融公庫と併用できる

民間融資

民間融資は、都市銀行や地方銀行、信用金庫や消費者金融など民間の金融機関や貸金業者からお金を借りることです。公的融資よりは審査が厳しくなる傾向があり、創業時や起業時の民間融資は難しいと言えます。

 

また、融資の受け方として、「プロパー融資」と「信用保証付融資」があります。

 

プロパー融資:金融機関から直接融資を受ける方法

信用保証付融資:金融機関から融資を受ける際に、信用保証協会という公的機関が保証人になる方法

 

プロパー融資の特徴として、下記が挙げられます。

 

  • プロパー融資を受けれるということで社会的信用が高まる
  • 信用保証付融資よりも融資速度が速い
  • 信用保証付融資よりも返済期間が長い
  • 一般的に決算が3期以上終了していないと利用できない
  • 融資限度額が決まっていない
  • 審査が厳しい

 

また、信用保証付融資の特徴として、下記が挙げられます。

 

  • 金融機関のリスクが低くなるため、融資が受けやすい
  • 金利補助がきく場合がある
  • 信用保証協会に保証料を支払う必要がある
  • 保証協会と面談する必要がある

融資の形態

さらに、融資を受けると一言でいっても、その形態は大きく下記の2つに分類することができます。まずは、それぞれの形態の特徴を理解しておきましょう。

当座貸越 (カードローン)

当座貸越とは、設定されている限度額の範囲内であれば自由にお金を借入・返済できる融資方法です。

 

通常、金融機関などから融資を受ける際は、その都度融資に対する審査が行われますが、当座貸越の場合、限度額まで自由に借りることができるため、急に資金が必要になった際などにすぐにコンビニATMなどで資金調達ができるというメリットがあります。

証書貸付

証書貸付とは、金銭消費貸借契約書という借入契約を交わして融資を受ける方法です。金銭消費貸借契約書には、契約日・借入金額・利率・遅延の損害金・返済方法・返済期間などの融資の基本情報が記載され、融資を受ける者と連帯保証人の署名・捺印をして金融機関に提出するのが一般的です。

融資を受ける際のローンの選び方

ローンも種類が多くあって、どの金融機関や貸金業者のものを使うべきか迷ってしまいますよね。そこで、ここでは、一般的にローンを選ぶ際にどんなことに気をつけてチェックするべきかのポイントを解説します。

 

融資を検討している際に気をつけたいポイントとして以下の4つが挙げられます。

 

  1. 金利
  2. 利用限度額
  3. 審査時間・融資速度
  4. 銀行口座の開設の有無

金利

お金の借入先を検討する際に誰もが最初に思い浮かぶのが金利ではないでしょうか?基本的に、ローンの金利は「年○〜○○%」というように表記されています。これは、借入額などによって、上限金利と下限金利の範囲内から設定されるからです。カードローンを取り扱う金融機関は、上限金利と下限金利をあらかじめ告知することが義務付けられています。

 

借入先やローンの種類によって、数パーセント金利が変わってくる場合もあり、数パーセントが返済額の数十万円の差になることもあるので、しっかり金利をチェックしておきましょう。

 

また、初めて借入れる際は、上限金利になることが多いので、金利は上限金利でなるべく判断するようにしましょう。

利用限度額

利用限度額は、「いくらまで借入できるか」を表した金額です。ローンの利用限度額は、基本的に審査によってきまるので利用者ごとに金額が異なります。

 

また、一般的に銀行の提供するローンの利用限度額は、消費者金融の利用限度額よりも比較的高く設定されており、高額融資を希望する方に向いていると言えます。

 

しかし、実際には、初回契約者に利用限度額の上限が適用されることはなく、50万円以下の利用限度額が設定されるケースが多いです。

 

よって、初めてのローンの利用を検討する際に、利用限度額からどこの業者のものを使うかを決めるのはあまり好ましくありません。

審査時間・融資速度

ローンを選ぶ際に、金利の次にチェックしておきたいのが審査時間・融資速度です。融資を受けるためには、ローン審査に通過する必要があります。一般的に、銀行の提供するローンの場合、金利が低い分、審査担当者が確認しなければならない項目は多く、審査は時間がかかる傾向にあります。

 

よって、融資までの速度も消費者金融などの貸金業者に比べて遅くなってしまいます。アコムやプロミスなどの大手消費者金融が審査スピードを売りにしていることから、「審査時間最短30分」や「最短即日融資」という情報を公開していますが、銀行は具体的な審査時間を明記していないことが多いです。

 

急ぎで融資を希望している方は、即日融資可能である消費者金融のカードローンを検討しましょう。

銀行口座の開設の有無

銀行が提供するローンの場合、即日融資は不可能ですが、口座開設不要のローン商品を選択することで融資速度を早めることができます

 

銀行の提供するローンの中には、「すでに当行の普通預金をお持ちの方」という条件を設けている場合があり、口座開設にかかる時間を省くことができます。すでにお使いの銀行のローンをチェックしてみても良いでしょう。

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」や三井住友銀行カードローン楽天銀行カードローンは新たな口座開設不要です。また、楽天銀行カードローンに関しては、楽天銀行の口座がなかったとしても、他行の銀行口座に振込融資してもらえます。

目的別・自分にあった融資の種類を確認!

融資は、目的別に様々な種類があります。例えば、車を買うためにお金を借りるのであれば「自動車ローン」、子供の教育資金に充てるお金を借入たい場合は「教育ローン」、ビジネス目的で借入する場合は「ビジネスローン」、旅行や趣味に使うお金を借入たい場合は「カードローン」や「フリーローン」といったようになります。

 

この際、自分の借入目的に合わせて正確なローンを選ぶことが重要です。なぜなら、それぞれ目的に合わせた適切な金利が設定されており、例えば、もし車を買う際に、借入用途自由のカードローンを利用すると、金利の差により大損してしまいます。

 

下記で各ローンについて説明していきますので、あなたにあったローンの種類をしっかり見極めておきましょう。

 

  1. カードローン 
  2. フリーローン
  3. ビジネスローン
  4. 自動車ローン
  5. 教育ローン
  6. 不動産ローン
  7. 公的融資

カードローン

カードローンとは、銀行・消費者金融・クレジットカード会社などが取り扱う、専用のカードを用いて利用できる個人向けのローンです。当座貸越(一定のお金の利用可能額の範囲内で自由にお金を借りたり返したりすることができる融資形態)を採用しています。

 

例:審査で100万円のカードローンご利用額が決まった場合、その枠内で1万円だけ借り入れることが可能。もしくは、100万円借りることも可能。

 

カードローン の提供元として、主に「銀行などの金融機関」と「消費者金融」の2つがあり、それぞれ違った特徴を持っています。

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンとは、消費者金融(プロミス・アイフル・アコムなど一般の個人に対して小口融資を行う業者)から、カードローン形態でお金を借りることです。

 

上で言う「小口融資」とは50万円以下、多くても100万円程度の額を借りる事を指します。それ以上の借入も可能ですが、その場合別のローン商品を検討した方が良いでしょう。消費者金融カードローンの特徴として、下記の5つが挙げられます。

 

  1. 融資のスピードがとっても早い!
  2. 口座開設が不要
  3. 金利は比較的高め
  4. 無利息期間がある
  5. 総量規制の対象

1.融資のスピードがとっても早い!

 

消費者金融カードローンでは、手軽な借入が可能で、身分証明書さえあれば最短1時間でキャッシングできます。クレジットカードは申し込みから利用まで1週間程かかりますから、消費者金融カードローンはとても早いことがわかります。

 

また、他のキャッシングサービスと比べても審査時間はかなり短いです。

2.口座開設が不要

 

消費者金融カードローンの場合、銀行口座なしで利用するため、特別な手続きは必要ありません。申し込み時に銀行口座を登録しない限り、そのまま銀行口座なしでカードローン利用が可能です。

 

その代わり、借入・返済にはローンカードを使う必要があります。また、取引は基本的にATMで行われます。

 

3.金利は比較的高め

 

消費者金融は、銀行のカードローンに比べると金利は少し高い傾向にあります。消費者金融の金利は、3~18%が相場です。

 

  金利(年率) 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1~800万円
アコム 3.0%~18.0% 1~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1~800万円
レイクルALSA 4.5%~18.0% 1~500万円 

 

初回の契約では、適用金利は上限の約18パーセントのなる場合が多いです。消費者金融の金利は、契約額(借入枠)によって決まり、初回の場合借入枠が最大でも50万円までになるケースが多く、金利も上限金利が適用されます。

4.無利息期間がある

 

消費者金融では無利息サービスが充実しています。無利息サービスとは、初回契約に限り、30~60日間利息ゼロでお金が借りられるサービスです。

 

消費者金融 サービス内容 適用条件
プロミス 初回の出金の翌日から30日間

メールアドレスを登録し、Web明細サービスを利用

初回契約に限る

アコム 契約日の翌日から30日間

初回契約に限る

レイクALSA 契約日の翌日から60日間

契約額1万円~200万円

Webからの申し込み

初回契約に限る

契約日の翌日から180日間

❇︎借入額のうち5万円まで対象

契約額1万円~200万円

初回契約に限る

アイフル 契約日の翌日から30日間 初回契約に限る 

5.総量規制の対象

 

また、金融機関(銀行)以外のカードローンやキャッシングは貸金業法が適用され、貸金業者からの借入できる残高は年収の3分の1を上限とする、総量規制の対象になります。

 

    総量規制の適用
カードローン 金融機関 対象外(銀行法が適用)
消費者金融 対象
信販会社 クレジットカード 対象
キャッシング 対象

銀行カードローン

銀行カードローンとは、その名の通り銀行からお金を借り入れることです。銀行カードローンの特徴として、下記の5つが挙げられます。

 

  1. 金利が比較的低め
  2. 比較的審査が厳しい
  3. 無利息期間サービスは基本的にない
  4. 手数料無料で使えるATMが多い
  5. 総量規制対象外

1.金利が比較的低い

 

銀行カードローンは消費者金融カードローンの金利と比べると全体的に低めに設定されています。

2.比較的審査が厳しい

 

銀行カードローンの審査は、大手消費者金融よりも金利が低い分、また、法律による借入額の縛りがないため、銀行独自の審査基準を設けており、消費者金融カードローンよりも審査が厳しく、時間がかかる傾向にあります。

 

多重債務者や、信用情報に問題がある方は、銀行カードローンの審査に通過するのは困難でしょう。とは言っても、ほとんどの銀行カードローンは働いていて安定した収入がある方であれば申し込み可能で、お金持ちでないといけないということでは決してありません。

3.無利息期間サービスは基本的にない

 

多くの大手消費者金融カードローンが無利息サービスを提供している一方、銀行カードローンで無利息サービスを提供している銀行はほとんどありません

4.手数料無料で使えるATMが多い

 

ATMは、カードローンの借入や返済の際に利用されます。しかし、ATMの手数料はカードローン会社によって本当に様々で、完全無料のところから、毎回手数料がかかるものもあります。

 

返済時に毎月1回ATMを利用するとしても、年に12回、返済完了まで3年などと考えると、手数料も捨てたもんじゃありません。銀行のカードローンは手数料無料で使えるATMが比較的多いので、無駄なコストを抑えられます。

5.総量規制対象外

 

また、金融機関(銀行)以外のカードローンやキャッシングは貸金業法が適用され、貸金業者からの借入できる残高は年収の3分の1を上限とする総量規制の対象になります。

 

一方で銀行の場合、銀行法が代わって適用されるため、年収の3分の1を超えても審査が通る限り借入することが可能です。

 

 

「最短即日融資」「利便性」「無利息期間で短期間の借入」を重視するのであれば、消費者金融。

「低金利」「借入限度額」を重視してお金を借りるなら銀行カードローンと覚えておきましょう!

フリーローン

フリーローンとは、銀行が取り扱っている個人向けローンで、事業用や投資用として使う以外の目的であれば自由に使うことができます。

 

証書貸付(金銭消費貸借契約書に署名、押印して、銀行から必要な分のお金をそのまま借りる融資形態)を採用しているため、2度目以降の融資を受けたい際は、再び審査する必要があります。

 

借入金用途が自由であることから、「カードローンと何が違うの?」と思われる方も多いかもしれません。カードローンとフリーローンの大きな違いは借入回数が1回のみに制限されている点です。

 

また、フリーローンは銀行や労金などの金融機関のみが扱うローンであるため、貸金業法で定められた総量規制(個人年収の1/3を超える貸付を禁止する法律)の対象外です。フリーローンは比較的低金利で借入できることがメリットですが、審査に時間がと労力がかかってしまうため、なるべく早く借入したい方はカードローンがおすすめです。

 

  カードローン フリーローン
使途 基本的に自由 基本的に自由だが、原則として申告時の使途のみ利用可
借り入れ回数 限度額内なら何度でも可能 1回のみ。追加で借り入れたい時は、完済後に再度審査が必要
金利 比較的高い 比較的低い
総量規制 消費者金融系のみ対象 対象外
融資の速さ 即日融資も可能 数日~1ヵ月程度

ビジネスローン

この記事を読まれている方の中には、事業繰りの資金調達や企業・創業時の資金調達の借入を考えている方も多いのではないでしょうか。

 

ビジネスローンは、中小企業の経営者や個人事業主といった事業者だけを対象とした、借入金利用の目的が事業資金に限られたローン商品です。「商工ローン」や「事業ローン」と言われることもあります。

 

一般的なカードローンやフリーローンは、個人を対象とし、利用目的は基本的に自由ですが、例外として投資・ギャンブル・事業目的の3つが挙げられ、借入金を事業目的に利用することは原則禁止されています。なので、ビジネスローンが資金繰りに悩む事業経営者の強い味方となっています。

 

ビジネスローンの特徴として、下記の3つが挙げられます。

 

  • 総量規制対象外
  • 資金用途自由
  • 担保や保証人を必要としない場合が多い

総量規制対象外

総量規制とは、2006年に改正され2010年に完全施行された貸金業法によって定められた、個人の借入総額を年収の3分の1に制限する制度です。「個人事業主も個人である以上、ビジネスローン(事業者ローン)を利用する際に総量規制が適応されるのではないか」と心配する方もいるかもしれません。

 

しかし、事業資金としての借入れであれば総量規制の対象外となっています。ただし、個人事業主がすでにカードローンなどで融資を受けているケースでは、ビジネスローン(事業者ローン)を申込んだときの審査結果にも影響が及ぶ可能性があります。

 

金融機関は、個人信用情報機関を通して個人の借入状況を参照することができるため、過去の返済状況に問題があったときは、ビジネスローン(事業者ローン)の融資額にも影響する可能性があります。

資金用途自由

ビジネスローンの資金用途は事業用に限定されていますが、事業用であれば基本的に用途は問いません。よって、運転資金や事業拡大の資金設備投資の費用など幅広く資金を使用することができます

基本的に担保や保証人を必要としない

一般的に融資を受けるには担保の提供や保証人契約が必要ですが、ビジネスローンでは、担保か保証人が不要、もしくはどちらも不要で融資を受けられる場合が多いです。会社によって申し込み条件は異なるのであなたに合った会社を選びましょう。

 

この記事では、法人・個人事業者の事業繰り資金調達におすすめのローンや企業・創業時に使えるローンも紹介していますので、気になる方はそちらに飛んでみてください!

 

また、ビジネスローンの基本から審査ポイント、注意点などについてはこちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ重ねて参考にしてみてください。

自動車ローン

自動車ローン(マイカーローン)とは、自動車購入代金を貸し付けてもらい、数年かけて借り入れた料金を利子とともに返済していくディーラーや金融機関が提供するサービスです。自動車ローンの提供先として、大きく下記の3つがあります。

 

  • ディーラー (ディーラーローン)
  • 自動車販売店 (自社ローン)
  • 銀行など金融機関 (金融機関マイカーローン)

 

それぞれ特徴や金利、融資条件が異なるため、正しい情報を入手した上で自分にあった自動車ローンを見つけることがお得にローンを組むことに繋がります。

 

自動車ローンについてはこちらで、おすすめマイカーローンから審査基準、利用手順まで詳しく解説しているのでこちらの記事を参考ください。

教育ローン

教育ローンとは、主に、教育を受ける者の保護者(扶養者)が学費の支払いなどのために、教育関係費に充てるお金を借入できるローンです。

 

お金を借入すると言っても、全体的に教育ローンは他のローンに比べて低金利に設定されているので、月々の返済に苦しむことなく借入しやすくなっています。

 

また、国が提供する教育ローンと民間金融機関が提供する教育ローンの2種類が存在し、国のものだと金利は1.71%、民間金融機関のものだと大体1.7~4%になっています。

 

教育ローンについてこちらの記事で、金利比較から、民間教育ローンと国の教育ローンの違い、利用の流れまで詳しく説明しているので参考にしてみてください。

不動産ローン

住宅ローンとは、その名の通り、不動産・住宅を買ったり改築したりするために金融機関から借りるお金のことです。もちろん自分でポンとお金を出せればいいですが、数千万円もする住宅の費用をすべて手持ちのお金でまかなえる人はそうそう多くはいません。

 

そこで住宅を購入する場合には、ほとんどの人が住宅ローンを利用し、そして月々の返済をしていくことになります。

住宅ローンについてはこちらの記事で、詳しく説明しているので参考にしてみてください。

公的融資

公的融資とは、国や地方自治体が個人や法人に対して融資を行う制度です。補助金や助成金制度も公的融資と呼ばれる場合もあります。主に、中小企業法人や、個人事業主の開業の支援として使われることが多いです。

 

というのも、会社が設立されたり事業規模が拡大することで新たな雇用が生まれ、産業の発展や、地方の活性化、景気の上昇、税収の増加など国の利益へ発展するので国や地方自治体は積極的に創業資金融資や事業融資を行なっています。

急いでお金が必要な際におすすめの融資 | 個人向け即日融資カードローン

「欲しかった限定品があと1点に、、」

「支払い期限が迫っている」

「急に大切な食事会が決まった」

 

など、急にお金が必要な時もありますよね。そんな時に役に立つのがカードローン。使い方次第で、賢く、限られた時間を有効に使ってお金を工面、無理なくやり繰りすることができます。

 

では、個人向け・即日融資ができる有名カードローンおすすめを紹介します。

第3位

アコム

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3年連続トップで新規申込者数を獲得

「はじめての、アコム」でおなじみ、知名度が高く、新規申込者が多い大手消費者金融がアコムです。データを公開している消費者金融大手3社の中でも3年連続トップで新規申込者数を獲得しています。

 

また、アコムは消費者金融の中でも融資スピードが早く、webからの申し込みで審査時間が最短30分、最短60分でお金を借りられます。さらに、アコムの融資金額は「最大800万円」と高めに設定されています。

 

ただしアコムは在籍確認が必須です。在籍が確認できない場合、融資が行われませんが、緊急にお金が必要な場合には、融資額の一部が在籍確認前に利用することが可能です。

 

アコムまとめ

  • 新規申込者がもっとも多い
  • 来店不要・即日融資可能
  • 30日間の無利息期間
  • 土日・祝日でも契約が完了すると最短10秒で融資可能
第2位

プロミス

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最短1時間の即日融資可能

CMでもよく見かける、知名度の高いSMBCグループの消費者金融がプロミスです。プロミスは、アプリで借り入れのできるアプリローンや、カード発行なしで融資を受けられるカードレスキャッシングなど利用者にとって便利なサービスを多く提供しています。

 

アプリローンを活用し、アプリから申し込むと、セブン銀行ATMで最短1時間の即日融資が受けられますし、カードレスキャッシングなどは自宅に郵送物一切なしでお金を借りることができます。

 

店舗も全国に展開しており、土日祝日でも審査、振込、借入可能、登録から申し込み方法までも非常に簡単なので、初めて利用するユーザーにとっても安心です。

 

また、プロミスも30日間利息無料なのですが、アイフルやアコムなど他の消費者金融が契約日翌日から30日無利息なのに対し、プロミスは借入日翌日から30日カウントするので、日数を無駄にしてしまうことがありません。

 

プロミスは他の大手消費者金融同様、審査時間は30分、最短で1時間で融資が可能です。また、プロミスの瞬フリを使えば、原則24時間最短10秒で即日融資が受けられます。

 

プロミスまとめ

  • アプリローンやカードレスキャッシングなどとにかく便利なサービス提供
  • 来店不要・即日融資可能
  • 借入日翌日から30日間の無利息期間
  • 郵送物一切なしでお金を借りれる
  • 瞬フリ
第1位

アイフル

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めて利用する方でも安心

大手消費者金融の中でも、圧倒的親切、丁寧な対応で定評があるのがアイフルです。わからないこと・気になることがあれば、なんでも専門のスタッフが丁寧に教えてくれるので、初めてお金を借りる方にも安心して使っていただける、自信を持っておすすめできる大手消費者金融の1つです。

 

また、サポートが充実しているだけではなく、女性専用フリーダイアルが用意されていたりと、女性が借りやすいサービスでもあります。初めてアイフルを利用する方は、30日間の無利息サービスを使うことができ、審査は最短30分、最短即日融資にももちろん対応しています。

 

加えてアイフルは豊富なローン商品を取り扱っており、SuLaLiという限度額10万円の女性向けカードローンや、最低融資額が100万円といった高所得者向けのファーストプレミアムカードローンといったカードローンなど豊富なカードローン商品を展開しており、あなたの用途に合わせて選択できるようになっています。

 

ただしアイフルは他社のように24時間キャッシングには対応していません。

 

アイフルまとめ

  • 丁寧親切なサポートが充実で初めてのひとにオススメ
  • 来店不要・即日融資可能
  • 30日間の無利息期間
  • 女性専用・お急ぎ専用ダイアル
  • 豊富なローン商品の種類

個人向けおすすめ即日融資カードローン一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5326982の画像

  • 2
    アイテムID:5326979の画像

  • 3
    アイテムID:5326964の画像

  • 商品名
  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • 特徴
  • 初めて利用する方でも安心
  • 最短1時間の即日融資可能
  • 3年連続トップで新規申込者数を獲得
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)

事業資金調達におすすめの融資 | 法人・個人事業者向け即日融資カードローン

「ビジネスチャンスを逃したくないけど資金が足りない、、」

「明日までに支払わないと、、」

 

など、事業を経営する法人や個人事業者にとって、資金繰りは頭を悩ませるものですよね。実は、ビジネスローンにも数は多くないですが即日融資が可能な優れたカードローンがあります。

 

一枚あれば、融資限度額内で好きな時にコンビニATMなどで借入・返済できるので、急いで事業資金が必要な際などにとても便利です。では、即日融資が可能な、事業者向けのおすすめビジネスカードローンを紹介していきます。

第3位

プロミス自営者カードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界トップクラスの最短30分の審査

大手消費者金融のSMBCコンシューマーファインアンスのプロミスが提供する、自営業を営む方を対象にしたビジネスローンです。

 

個人向けのカードローンでは業界トップクラスの最短30分の審査、融資までも最短1時間とスピード対応で有名なプロミスですが、そんなプロミスが事業者にも同じように最短即日融資ができるようにと提供しているサービスが「自営者カードローン」です。

 

個人向けのローンでは、借入した資金を事業目的に使用することはできないですが、この自営者向けカードローン であれば判断のしにくい自営業者の事業資金・プライベート資金の両方で利用することができます

 

最高限度額が300万円とやや低いですが、基本的には近くのコンビニATMなどで24時間借入可能、最短一時間の融資が可能な、利便性に優れたビジネスカードローンです。もちろん、担保・保証人は不要で契約することができます。

金利6.30~17.8%融資スピード最短即日
法人・個人利用可否個人自営者借入限度額300万円
来店の要否不要最長返済期間80ヶ月
第2位

ビジネクスト「事業者ローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10万口座を超えるほどの法人が利用

ビジネクスト「事業者ローン」は、ビジネクスト株式会社が提供するビジネスローンです。ビジネクストは、アイフル株式会社のグループ会社の消費者金融で、事業者ローン以外にも、不動産担保ローンや売掛債権ファクタリング、法人クレジットカードなどの商品も取り扱っており、法人・個人事業主向けに資金面から事業をサポートするエキスパートです。

 

また、貸付形態としてカードローンも扱っており、限度額範囲内であれば何度でも利用できるので、事業拡大や決算時などのまとまった事業資金としてだけでなく、一時的なつなぎ資金としても広く使われています。

 

ビジネクストの事業者ローンの特徴として、下記が挙げられます。

 

  • 累計10万口座超えの利用者実績
  • 最高1000万円までの高額融資が可能
  • 来店不要で利用可能
  • コンビニで借入・返済できる
  • 大手消費者金融という安心感
  • 最短即日融資が可能

 

ビジネクスト「事業者ローン」は、法人むけ融資実績が豊富であり、10万口座を超えるほどの法人が利用しているビジネスローンです。オリックスVIPローンカード BUSINESS の最高融資限度額が500万円であるのに比べ、ビジネクストでは最高1000万円まで借入できるのも大きいメリットと言えます。

 

安心できる大手消費者金融の子会社で、法人向けの融資実績が豊富、融資サービスが充実しているため、信頼性を重視する方や高額借入したい方におすすめのビジネスローンになっています。

金利3.1~18.0%融資スピード最短即日
法人・個人利用可否両方可借入限度額1000万円
来店の要否不要最長返済期間60ヶ月
第1位

オリックスVIPローンカード BUSINESS

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリックスVIPローンカード BUSINESS は、オリックス株式会社のグループ会社である、オリックスクレジット会社が提供する、経営者・個人事業主向けビジネスローンです。

 

オリックスVIPローンカード BUSINESSの特徴として下記の4つが挙げられます。

 

  • 審査は最短60分、最短即日で借入可能
  • コンビニ含め日本全国のCD・ATMで利用可能
  • Web完結
  • オリックス会員優待が受けられる

VIPローンカード BUSINESSは、申し込みから最短60分で審査回答、平日の14:30までに手続き完了で当日振込による即日借入が可能です。

「公庫や銀行から借りる時間はない、、」という場合でも、ビジネスチャンスを逃すことのない圧倒的なスピードで借入することができます。

 

また、お近くのコンビニなど、日本全国のCD・ATMで利用可能で、主要銀行をはじめ、ゆうちょ銀行・地方銀行・信用金庫など、ほとんどの金融機関・コンビニで利用できるので、忙しいあなたにも使いやすい便利なビジネスローンになっています。

 

申し込みや必要書類の提出、契約内容の確認などは全てWebから行うため、来店不要で契約を全て完了することができます。不動産などの担保や保証人も不要です。返済方法としては、「新残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額リボルビング返済」の2つのプランから選ぶことができます。

 

さらに、オリックスグループが展開するレンタカーサービスやホテルなどがご優待価格で利用できるといった特典も付いてきます。今なら2020年6月30日制約分までキャッシュバックキャンペーンを行なっており、入会日から最大3ヶ月実質利息0円になります。

金利6.0~17.8%融資スピード最短即日
法人・個人利用可否両方可借入限度額500万円
来店の要否不要最長返済期間12ヶ月

法人・個人事業者向けおすすめ即日融資カードローン比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5327048の画像

  • 2
    アイテムID:5327031の画像

  • 3
    アイテムID:5327017の画像

  • 商品名
  • オリックスVIPローンカード BUSINESS
  • ビジネクスト「事業者ローン」
  • プロミス自営者カードローン
  • 特徴
  • 10万口座を超えるほどの法人が利用
  • 業界トップクラスの最短30分の審査
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 金利
  • 6.0~17.8%
  • 3.1~18.0%
  • 6.30~17.8%
  • 融資スピード
  • 最短即日
  • 最短即日
  • 最短即日
  • 法人・個人利用可否
  • 両方可
  • 両方可
  • 個人自営者
  • 借入限度額
  • 500万円
  • 1000万円
  • 300万円
  • 来店の要否
  • 不要
  • 不要
  • 不要
  • 最長返済期間
  • 12ヶ月
  • 60ヶ月
  • 80ヶ月

事業資金調達におすすめの融資(法人・中小企業)

ビジネスローンは数多くあり、それぞれ融資条件や特徴が異なることから、あなたにあったビジネスローンを見つけることが重要です。ですが、実際にビジネスローンは数がありすぎて、一つずつ見ていくのはキリのない作業になってしまいます。

 

よってこちらでは、「法人・中小企業経営者向け!低金利・使い勝手の良い人気ビジネスローンおすすめランキング」のトップ3を紹介します。

第3位

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高額借り入れ希望の方におすすめ

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は、株式会社三井住友銀行が提供している法人経営者向けの銀行ビジネスローンです。三井住友銀行は誰もが知っている大手銀行ですので、メガバンクの銀行ビジネスローンということになります。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の特徴として、下記が挙げられます。

 

  • メガバンクの銀行ビジネスローンという信頼性
  • 最高1億円まで借入可能
  • 事務手数料が発生する
  • 下限金利は低金利の設定
  • 資金用途が限定されている

 

ビジネスローンといっても、メガバンクの銀行ビジネスローンなので下限金利が低金利設定になっているものの、「業績2年以上」「債務超過でないこと」「税金未納がないこと」等が前提であり、審査が厳しいことが伺えます。

 

また、借入金使用用途は、運転資金・設備投資・決算賞与資金に限定されています。ビジネスローンでは手数料が発生しないのが一般的ですが、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」では7万円(税別)の事務手数料が発生します。

 

よって、審査に自信のある方、1000万円を超える高額借り入れを希望している方におすすめの銀行ビジネスローンとなっています。

金利2.13%~融資スピード2~6週間
法人・個人利用可否法人のみ借入限度額10,000万円
来店の要否-最長返済期間84ヶ月
第2位

エスワイシー「ビジネスローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年間9500件以上の問い合わせ実績

エスワイシーの「ビジネスローン」は、株式会社エスワイシーが提供する年商5000万円以上の法人むけの売掛債権担保型ビジネスローンです。

 

株式会社エスワイシーは、売掛債権担保ローンの他に、診察・調剤報酬担保ローン、介護報酬担保ローン、不動産担保ローンなどを扱っており、「事業者向けの有担保ローン」を中心に提供しています。

 

エスワイシー「ビジネスローン」の特徴として、下記が挙げられます。

 

  • 売掛債権担保型のビジネスローン
  • 年間9500件を超える問い合わせ実績
  • 最高1億円までの融資が可能
  • 最長36ヶ月までの借入が可能

 

エスワイシー「ビジネスローン」は、事業の運転資金、設備投資、納税資金など、事業性資金であれば自由に利用することができますが、売掛金を担保にする必要があるので注意が必要です。

 

一般的にビジネスローンは「無担保ローン」ですが、エスワイシーの場合、売掛金が担保になるので返済できない場合は売掛金で弁済することになります。また、最高1億円といった高額融資が可能な一方で、売掛債権を担保にする必要があるので、売掛債権がないと審査に通りません。

 

少し特殊なビジネスローンですが、年間9500件以上の問い合わせ実績があり、最高1億円まで最短2営業日以内に借入できるので、「急ぎで高額な資金調達が必要、、」「でもファクタリングは手数料が高すぎる」といった方におすすめのビジネスローンです。

金利7.5~15.0%融資スピード最短2営業日
法人・個人利用可否年商5000万円以上の法人のみ借入限度額10,000万円
来店の要否-最長返済期間36ヶ月
第1位

オリックスVIPローンカード BUSINESS

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリックスVIPローンカード BUSINESS は先ほども紹介しましたが、融資を急いでいない人にも絶対的におすすめのビジネスローンの1つです。オリックスVIPローンカード BUSINESSの特徴として下記の4つが挙げられます。

 

  • 審査は最短60分、最短即日で借入可能
  • コンビニ含め日本全国のCD・ATMで利用可能
  • Web完結
  • オリックス会員優待が受けられる

 

VIPローンカード BUSINESSは、申し込みから最短60分で審査回答、平日の14:30までに手続き完了で当日振込による即日借入が可能です。「公庫や銀行から借りる時間はない、、」という場合でも、ビジネスチャンスを逃すことのない圧倒的なスピードで借入することができます。

 

また、お近くのコンビニなど、日本全国のCD・ATMで利用可能で、主要銀行をはじめ、ゆうちょ銀行・地方銀行・信用金庫など、ほとんどの金融機関・コンビニで利用できるので、忙しいあなたにも使いやすい便利なビジネスローンになっています。

 

申し込みや必要書類の提出、契約内容の確認などは全てWebから行うため、来店不要で契約を全て完了することができます。不動産などの担保や保証人も不要です。返済方法としては、「新残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額リボルビング返済」の2つのプランから選ぶことができます。

 

さらに、オリックスグループが展開するレンタカーサービスやホテルなどがご優待価格で利用できるといった特典も付いてきます。今なら2020年6月30日制約分までキャッシュバックキャンペーンを行なっており、入会日から最大3ヶ月実質利息0円になります。

金利6.0~17.8%融資スピード最短即日
法人・個人利用可否両方可借入限度額500万円
来店の要否不要最長返済期間12ヶ月

法人・中小企業の事業資金調達におすすめの融資比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5327086の画像

  • 2
    アイテムID:5327074の画像

  • 3
    アイテムID:5327062の画像

  • 商品名
  • オリックスVIPローンカード BUSINESS
  • エスワイシー「ビジネスローン」
  • 三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」
  • 特徴
  • 年間9500件以上の問い合わせ実績
  • 高額借り入れ希望の方におすすめ
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 金利
  • 6.0~17.8%
  • 7.5~15.0%
  • 2.13%~
  • 融資スピード
  • 最短即日
  • 最短2営業日
  • 2~6週間
  • 法人・個人利用可否
  • 両方可
  • 年商5000万円以上の法人のみ
  • 法人のみ
  • 借入限度額
  • 500万円
  • 10,000万円
  • 10,000万円
  • 来店の要否
  • 不要
  • -
  • -
  • 最長返済期間
  • 12ヶ月
  • 36ヶ月
  • 84ヶ月

事業資金調達におすすめの融資(個人事業主)

こちらでは、「個人事業主向け!低金利・使い勝手の良い人気ビジネスローンおすすめランキング」のトップ3を紹介します。

第3位

ビジネクスト「事業者ローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

融資実績が豊富で信頼性抜群

即日の方でも紹介しましたが、個人事業主にも圧倒的に人気のビジネクスト「事業者ローン」。ビジネクスト「事業者ローン」は、ビジネクスト株式会社が提供するビジネスローンです。

 

ビジネクストは、アイフル株式会社のグループ会社の消費者金融で、事業者ローン以外にも、不動産担保ローンや売掛債権ファクタリング、法人クレジットカードなどの商品も取り扱っており、法人・個人事業主向けに資金面から事業をサポートするエキスパートです。

 

また、貸付形態としてカードローンも扱っており、限度額範囲内であれば何度でも利用できるので、事業拡大や決算時などのまとまった事業資金としてだけでなく、一時的なつなぎ資金としても広く使われています。

 

ビジネクストの事業者ローンの特徴として、下記が挙げられます。

 

  • 累計10万口座超えの利用者実績
  • 最高1000万円までの高額融資が可能
  • 来店不要で利用可能
  • コンビニで借入・返済できる
  • 大手消費者金融という安心感
  • 最短即日融資が可能

 

ビジネクスト「事業者ローン」は、法人むけ融資実績が豊富であり、10万口座を超えるほどの法人が利用しているビジネスローンです。オリックスVIPローンカード BUSINESS の最高融資限度額が500万円であるのに比べ、ビジネクストでは最高1000万円まで借入できるのも大きいメリットと言えます。

 

安心できる大手消費者金融の子会社で、法人向けの融資実績が豊富、融資サービスが充実しているため、信頼性を重視する方や高額借入したい方におすすめのビジネスローンになっています。

金利7.5~15.0%融資スピード最短2営業日
法人・個人利用可否年商5000万円以上の法人のみ借入限度額10,000万円
来店の要否-最長返済期間36ヶ月
第2位

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく使いやすい

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」は、株式会社東京スター銀行が提供する、法人経営者・個人事業者向けのビジネスローンです。東京スター銀行は、東京に本社のある第二地方銀行なので、地方銀行の銀行ビジネスローンになります。

 

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」の特徴として以下が挙げられます。

 

  • 地方銀行の銀行ビジネスローン
  • ローンカード型の銀行ビジネスローン
  • 最高500万円まで借入可能
  • 事業歴が1年でも借入可能
  • 残高スライドリボルビング方式

 

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」の金利は、ノンバンクのビジネスローンと大差はありませんが、ビジネスローンは基本的に2年の事業歴が利用条件である中、事業歴が1年でも借入可能であることは大きなメリットと言えます。

 

また、事業の運転資金、設備投資、納税資金など、事業性資金であれば何でも自由に利用することができ、Webで完結、来店不要で利用することができますさらに、カードローン型のビジネスローンなので、コンビニATMなどで限度額範囲内であれば自由に何度でも借入・返済することができ使いやすさ抜群です。

 

銀行ビジネスローンの中では使い勝手の良いビジネスローンとして、事業歴が短い方や銀行ビジネスローンでも使い勝手を重視したい方におすすめです。

金利6.5~14.5%融資スピード1~2週間
法人・個人利用可否両方可借入限度額500万円
来店の要否不要最長返済期間12ヶ月
第1位

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業歴が短い方でも利用できる

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」は、株式会社ジャパンネット銀行が提供する法人経営者・個人事業者向けの銀行ビジネスローンです。ジャパンネット銀行は、ヤフー株式会社と三井住友銀行が主要株主のネット銀行なので、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けの低金利ビジネスローンを中心に提供しています。

 

ジャパンネット銀行が提供するビジネスローン商品は下記の5つです。

  • 法人向けビジネスローン
  • 個人事業者向けビジネスローン
  • freee会員専用ビジネスローン
  • ヤフー出店者専用ビジネスローン
  • USS会員専用ビジネスローン

 

ジャパンネット銀行 一般法人向け・個人事業者向けのビジネスローンはともに、金利が4.8~13.8%、利用限度額500万円となっており、特徴として下記が挙げられます。

 

  • 利用限度額の範囲内であれば何度でも借入可能
  • Visaデビット残高不足時に不足額を自動借入可能
  • 個人事業者は業歴が短くても借入可能

 

借入金の使い道は運転資金、事業拡大、設備投資など事業用であれば自由で、申し込みから借入までWeb完結、来店不要です。また、利用限度学内であれば何度でも利用可能、ビジネスローン自動融資サービスなどもあり、使い勝手が良いビジネスローンになっています。

 

さらに、個人事業者向けのビジネスローンであれば、業歴が利用条件に組み込まれておらず、起業したてでも借入可能です。公的融資以外で起業したてでも借入できる業者はほとんどないので、「業歴がまだ短いけど事業資金が必要!」という方におすすめです!

金利1.45~13.75%融資スピード1~2週間
法人・個人利用可否両方可借入限度額法人・個人事業者ビジネスローン:500万円 freee会員・Yahoo出店者・USS会員専用:3000万円
来店の要否不要最長返済期間12ヶ月

個人事業主の事業資金調達におすすめの融資比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5327098の画像

  • 2
    アイテムID:5327104の画像

  • 3
    アイテムID:5327106の画像

  • 商品名
  • ジャパンネット銀行「ビジネスローン」
  • 東京スター銀行「スタービジネスカードローン」
  • ビジネクスト「事業者ローン」
  • 特徴
  • 業歴が短い方でも利用できる
  • とにかく使いやすい
  • 融資実績が豊富で信頼性抜群
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 金利
  • 1.45~13.75%
  • 6.5~14.5%
  • 7.5~15.0%
  • 融資スピード
  • 1~2週間
  • 1~2週間
  • 最短2営業日
  • 法人・個人利用可否
  • 両方可
  • 両方可
  • 年商5000万円以上の法人のみ
  • 借入限度額
  • 法人・個人事業者ビジネスローン:500万円 freee会員・Yahoo出店者・USS会員専用:3000万円
  • 500万円
  • 10,000万円
  • 来店の要否
  • 不要
  • 不要
  • -
  • 最長返済期間
  • 12ヶ月
  • 12ヶ月
  • 36ヶ月

起業・創業時におすすめの融資

起業する際や創業したばかりの時期はなかなか資金繰りが難しいものですよね。実は、銀行や消費者金融などの民間企業が、起業資金や創業時の事業資金を融資してくれるケースはほとんどありませんなぜなら貸し倒れのリスクが高いからです。

 

しかし、一言で融資と言っても、公的融資や民間融資など様々な融資があります。これから事業をスタートされる、事業を始めて間もないという方の場合には、公的融資である日本政策金融公庫からの融資をおすすめします。日本政策金融公庫では新創業融資制度という融資制度があり、要件を満たしていれば無担保、保証人なしで融資を受けることが出来ます。

 

また、日本政策金融公庫から融資を受ける場合には、資金調達のサポートを行う認定支援機関などを経由することで、融資に必要な書類作成のサポートを受けることが出来ます。また、認定支援機関を経由することで利用できる融資制度などもあります。

新型コロナウイルス感染症特別融資

新型コロナウイルス感染拡大防止による外出自粛、また、行政の営業自粛要請などによって、飲食店、小売業をはじめとした日本中の事業者が大きな打撃を受けています。そんな時に少しでも助けになる可能性のあるのが新型コロナウイルス感染症特別融資です。

 

新型コロナウイルス感染症特別貸付制度には下記の2種類あります。

 

  • 日本政策金融公庫と商工中金などの公的機関が提供するもの
  • 銀行や信用金庫などの民間金融機関が信用保証協会の保証を受けて提供するもの

 

ここでは、上記2種類の新型コロナウイルス感染症特別貸付制度について解説していきます。

日本政策金融公庫のコロナ融資

日本政策金融公庫の提供する新型コロナウイルス感染症特別貸付制度の概要は以下の通りです。

融資限度額

6000万円(国民生活事業)

3億円(中小企業事業)

返済期間

設備資金 20年以内 (うち据置期間5年以内)

運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)

金利

基準金利:1.36~1.65%

(上記金利から3年間は0.9%金利優遇もしくは全額利子補給(無利子))

利用条件  新型コロナウイルスの影響を受け、一時的な業況悪化をしており、0.9%金利優遇もしくは実質無利子の条件を満たしている事業者

 

公的機関の新型コロナウイルス感染症特別貸付制度は、売り上げ減少の度合いなどの条件ごとに「0.9%金利優遇」と「実質無利息」の2種類に分かれ、融資限度額・返済期間は同じに設定されています。

 

 

0.9%金利優遇 適用条件

  • 最近1ヶ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%減少している
  • 業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の場合等は、最近1ヶ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している
  1.  過去3ヶ月(最近1ヶ月を含む)の平均売上高
  2.  令和元年12月の売上高

 

実質無利息 適用条件

0.9%金利優遇の適用条件を満たしていることに加え、0.9%金利優遇制度借入後2ヶ月の売上高が前年どまたは前々年の同期と比較して以下のように減少している方

  • 小規模事業者の個人:要件なし
  • 小規模事業者の法人:売上高▲15%以上
  • 中小業者:売上高▲20%以上

民間金融機関のコロナ融資

民間金融機関のコロナ関連の融資は地方自治体の制度資金で貸付されます。制度資金とは、信用保証協会が保証をして、銀行が融資を行い、地方自治体が利子補給や保証料の補填を行うもので、融資内容などは地方自治体・銀行・信用保証協会の3者が決定します。

 

よって、金利などの融資条件が自治体によって異なるため、お住いの自治体のホームページを確認してみると良いでしょう。東京都の融資制度は以下の通りです。

 

融資限度額 2億8000万円
返済期間

設備資金 15年以内 (うち据置期間3年以内)

運転資金 10年以内(うち据置期間2年以内)

金利

【固定金利】

融資期間3年以内:1.7%以内

融資期間3年超 5年以内:1.8%以内

融資期間5年超 7年以内:2.0%以内

融資期間7年超 10年以内:2.2%以内

融資期間10年超:2.4%以内

利用条件

 1.新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受けており、かつ「最近3ヵ月間の売上実績」又は「今後3ヵ月間の売上見込みが令和元年」12月以前の直近同期と比較して5%以上減少している中小企業者。

2.保証付融資の利用があり、事業計画を実行し、経営改善等に取り組んでいる。

申し込みから融資まで 利用の流れ

ここまで読んでいただいて、融資についての疑問はある程度解決されたのではないでしょうか?ここでは、一般的な融資の申し込みから実際に融資を受けるまでの実際の利用の流れステップ5を説明していきます。

 

  1. ローン申し込み前の事前準備
  2. ローン申し込み
  3. 必要書類提出
  4. 申込者の審査とカード発行(カードローンの場合)
  5. カード受け取り(カードローンの場合)・利用開始

ローン申し込み前の事前準備

まず、ローンの申し込みにあたり、事前に準備すべきものをご紹介します。

 

ローン申し込みに必要なもの

  • 金融機関の通帳やキャッシュカード
  • 年収証明書類
  • 本人確認書類

金融機関の通帳やキャッシュカード

ローンに申し込みをする際、同時に借入金や返済に使用する銀行口座を設定します。利用する予定の金融機関の口座名義や口座番号が分かるものを用意しましょう。なお、インターネットで申し込む際、金融機関によっては、支払い口座をそのままウェブ上で設定できる場合があります。

 

これはローンを提供している場合に金融機関が対応している場合に可能ですので、対応していない場合は書面を記入して郵送による手続きを行います。ローンを提供している各社のウェブサイトで利用したい金融機関が対応しているかを確認しておきましょう。

年収証明書類

年収証明書類(収入証明書類)は、申込者の収入状況を把握するための書類です。下記のどちらかの条件に該当する場合に提出を求められます。

 

  • 借入希望枠が50万円を超える場合
  • 借入希望額と他の貸金業社を含めた借入残高の合算が100万円を超える場合

 

また、年収証明書類として認められるものは下記の通りです。

 

  • 源泉徴収票
  • 給与支払明細書
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 年金通知書
  • 所得証明書
  • 青色申告決算書

 

いずれもコピーまたは写真撮影したものを提出します。また、これらの書類は最新年度や直近の書類を使いますが、給与明細などは直近2ヶ月などと指定されることもあります。提出条件に当てはまる場合は、本人確認書類とともに準備しておきましょう。

本人確認書類

一般的に本人確認書類が求められるケースはあまり多くありません。しかし、オンライン上で口座設定ができなかった場合など、状況によって書類の提出が求められることがあります。本人確認に利用できる書類として、下記が挙げられます。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 公共料金の領収書

 

基本的には顔写真入りのものを求められます。顔写真入りの本人確認書類がない場合、ローンの申し込みによっては2種類以上のコピーが必要になる場合があります。また、発行日が6ヶ月以内のものを求められる場合が多いので、なるべく直近のものを用意するようにしましょう。

ローン申し込み

ローンを申し込む際は、スマートフォンやパソコンからのインターネット申し込みのほか、電話、ローン契約機、来店などの申し込み方法があります。

 

最近ではインターネット申し込みが主流になってきており、24時間受付しているところも多く、中には Web完結できるところも多いので、簡単なインターネット申し込みをおすすめします。

必要書類提出

ローンの申し込みを終えた後に、手続き完了通知が申込先から届きます。通知にある案内に従って、本人確認書類や年収証明書類をアップロードして提出、もしくはFAXや郵送など、各社指定の方法に合わせて提出します。

申込者の審査とカード発行

ローンを提供している会社は、申し込みを受けると審査を行い、提出された書類と申し込み内容、申込者の信用情報を照会して、「融資してもOKか」と「融資可能額」を審査・判断します信用情報とは、クレジットやローンなど孫楊取引に関する個人の情報のことです。

 

個人の信用情報を専門に扱う信用情報機関という組織が管理しています。審査完了後、審査結果が申込者本人のもとにメール、電話などで伝えられます。

カード受け取り・利用開始

カードローンの場合、審査に無事通れば、カード発行手続きが行われ、ローン契約機で受け取り、もしくは郵送であなたの元に届きます。カードレスタイプの場合、会員番号が印字された書類が届きます。

 

カードを受け取り次第、銀行やコンビニのATMですぐに利用することができますまたは、登録した金融機関の口座に直接借入金を振り込んでくれます。

 

以上が、ローン申し込みから融資までにの一般的な流れです。提供会社ごとに違うこともありますので、使用する金融機関、提供元のウェブサイトで再度確認しておきましょう。

融資 おすすめ まとめ

以上、「融資 おすすめ」でした!色々な融資を見てきましたが、融資の種類は様々であることがわかったかと思います。結局、万人に共通した絶対的に良い貸金業者・金融機関などなく、各社比較した上で、あなたのニーズにぴったりの借入先を見つけることが重要です。

 

比較検討するのには時間もかかり、めんどくさいのも事実ですが、かしこい情報収集を心がけ、借入の目的に合わせてうまく活用していきましょう!あなたにマッチする借入先が見つかり、あなたの生活や心が少しでも豊かになることを願っています!

 

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ