記事ID141642のサムネイル画像

ワークライトのおすすめ人気ランキング20選【暗闇を明るく】

夜間作業で必要になるのは、屋外照明。そこでワークライトの出番です。懐中電灯やランタン、トーチに投光器などワークライトと呼ばれるものも様々。工事や漁船、タイヤ灯などの用途によっても変わってきます。そこで今回はワークライトの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

ワークライトとは?

ワークライトとは、作業灯のことです。夜間の作業あるいは悪天候下の作業に対応するために、いろいろな現場で使用されています。

 

ワークライトが使われる場所は多岐にわたります。工事現場で重機に取り付けて使用したり、漁船に取り付けて使用したり、車をバックする際の補助灯として使われたりもします。

 

ワークライトに要求される機能は、十分な明るさと耐久性を除けばさまざまです。どんな製品を選べばよいか、迷う人も多いでしょう。そこで今回はワークライトの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ワークライトを選ぶ軸!

1.用途:どのような目的でワークライトを使うのか、使う目的をはっきりさせることが大切です。

 

2.携帯性:特に充電式のワークライトの場合、持ち運びがしやすいかどうかも重要なチェックポイントです。

 

3.形状:ワークライトの形状は「懐中電灯」「トーチ」「ランタン」「投光器」「ヘッドライト」の5種類に大別できます。用途さえはっきりすれば、どのような形状のワークライトを入手すればよいか、おのずから決まります。

ワークライトの選び方

ワークライトにはさまざまな種類があり、適した使い方も製品ごとに異なります。ここでは、ワークライトを選ぶときに注意するべきポイントを紹介します。

用途から選ぼう!

ワークライトは使う場所や使い方によって、ふさわしい製品が異なります

「車の荷台」

ワークライトを軽トラックの荷台に設置するという活用法があります。夜間や早朝の暗い時間帯でも、昼間のように明るい環境のもとで作業をすることができるようになるからです。

 

ワークライトを設置する際は、むやみに明るい製品を1個設置するより、ほどほどの明るさのワークライトを2個設置するほうが、光の照射範囲が広くなって、作業がしやすいです。

 

 

「重機」

クレーン車やトラクターといった重機の場合、夜間や天候の悪い日に作業をするのなら、ワークライトは不可欠な道具です。うっかり他の危機と接触してしまうと、大きな故障が発生したり場合によっては事故をおこしたりして、大変危険だからです。

 

重機にワークライトを取り付ける場合には、軽トラックの荷台などと異なり、照明範囲が広くて十分に明るい照明を取り付ける必要があります。重機は大きな機械で、運転する際に死角になる場所も多くなるからです。

「バックライト」

車をバックする際の補助照明として、ワークライトを設置する人もいます。バックライトとしてワークライトを設置する際には、車の大きさと明るさのバランスを考えながら、適切な照明を選びましょう。

 

車が小さいのにあまりに明るいバックライトを設置すると、車をバックさせるときにまぶしすぎてよく見えない、ということが起こりがちです。周辺の他の車にとっても、迷惑です。

 

逆に、重機など超大型車両の場合、十分に明るくて照射範囲も広いものでないと、運転手の目に届かない可能性もあります。

「タイヤ灯」や「路肩灯」

トラックやトレーラーやダンプのような大型の車両のタイヤまわりは死角になりやすいので、バックをする際確認をしやすいように、タイヤ灯あるいは路肩灯が装備されています。このタイヤ灯・路肩灯もワークライトの一種です。

 

タイヤ灯・路肩灯を設置する場合、それほど明るいライトである必要はありません。明るすぎるとかえって見通しが悪くなるし、他の車にとっても返って邪魔になるからです。

 

タイヤ灯・路肩灯の明るさは300カンデラ以下であるように、車検に適合するための保安基準で定まっています。(ちなみに、ヘッドライトの明るさは1灯12,000カンデラから15,000カンデラです。)

「漁船」

ワークライトは、漁船で集魚灯として使用することもできます。

 

船上でワークライトを使用する場合、塩気を含んだ海風に常にさらされているわけですから、さびに強い金属(ステンレスの中でも、特にSUS316と呼ばれる種類)が使用されているか、確認することが必要です。

 

また漁船で使用するワークライトの場合、電磁ノイズの対策がほどこされているものでなければなりません。漁船にとって、不可欠な装置である船舶無線や魚群探知機にワークライトのノイズが入ってしまったら、困るからです。

「家庭用」

ワークライトは100ボルトの家庭用電源でも使用できます。自宅のガレージなどでワークライトが使えれば、なにかと便利です。

 

ワークライトの中には、直接家庭用コンセントに接続して使える製品もあります。しかし、多くの製品は変換アダプタ(電圧を変える装置)をコンセントとの間に接続する必要があります。

携帯性で選ぼう!

充電式のワークライトの場合、持ち運びがしやすいという特性を十分に生かしてやらなくてはなりません。

「ポータブルタイプ」|持ち運びしやすい!

ポータブルのワークライトは、携帯性に優れたタイプの製品です。どこへも持っていくことができるので、夜間作業の際、特に便利です。

 

ポータブルのワークライトは固定式のものに比べて機能が劣るのでは、と考える人がいるかもしれません。でも近頃のポータブル・ワークライトはさまざまな工夫で固定式と遜色ない機能を発揮するものが多くあります。

 

今日のポータブルタイプ・ワークライトは、モバイルバッテリーが搭載されている、充電式のものが大半です。

 

 

「マグネットタイプ」|金属部分にどこでも取り付け可能!

ポータブルタイプのワークライトの中には、ライトの台座や先端の部分に、マグネットが取り付けてある製品もあります。

 

このマグネップタイプのワークライトは、金属部分ならどこでも付けることができるため、高い位置にライトを固定して足元を照らしたり、作業場の金属製の足場に固定して即席の照明にしたりすることができます。

 

マグネットタイプのワークライトを上手に使うと、好きな場所から照明を照らし、両手が完全に自由な状態で作業を進めることができるので、とても便利です。

「ハンディタイプ」|手で持ちながら操作!

ハンディタイプのワークライトとは、手で持ちながら操作するタイプです。懐中電灯とあまり変わりません。

 

ハンディタイプのワークライトは、さまざまな現業の作業現場だけでなく、キャンプなどレジャーの現場や、家庭用の非常灯として手軽に用いることができます。

 

ハンディタイプのワークライトには、先端にフックがついていてランタンのようにつり下げることのできるタイプも多くふくまれています。

形状から選ぼう!

ワークライトの形状は、次の5種類に大別できます。どのような形状のワークライトを選択すれば良いかは、使用目的によっておのずから決まります。

「懐中電灯」

懐中電灯は、ワークライトの一種です。前述のハンディタイプのワークライトと、ほとんど変わりはありません。

 

充電式あるいは乾電池式で、キャンプなどアウトドア活動の際に使ったり、家庭の非常灯として準備しておくなど、幅広い用途に手軽に活用できます。

「トーチ」

トーチは、懐中電灯と同じように手で持って使うタイプのワークライトです。

 

トーチの明かりは、懐中電灯のように正面だけを照らすのではなくて、上に掲げるように持っことで周囲を広く照らします。オリンピックの聖火リレーに使うトーチを連想してもらうと、わかりやすいです。

「ランタン」

ランタンは、アウトドアで使う手さげランプのことです。手に下げて移動したり、机の上に置いたり、高いところに吊るしたりして使うワークライトのことともいえます。

 

ランタンは、工夫次第でいろいろな使い方ができる照明器具です。その現在の主流は、省エネの面でも安全性の面でも優れた、LEDランタンです。

「投光器」

投光器は、光の束を作ってひとつの方向を照らす装置で、これもワークライトの一種です。

 

投光器にはさまざまな大きさや形のものがありますが、乾電池式や充電池式で、持ち運びしやすい重さ・大きさのものが使いやすいです。光源はLEDを使用したものが、省エネの立場からも望ましいでしょう。

「ヘッドライト」

ヘッドライトとは、頭に付けるライトのことで、これもワークライトのひとつのタイプです。

 

ヘッドライトを付けると、片手に懐中電灯やランタンなどの照明器具を持つ必要がありません。夜間や暗い場所で、目の前を明るく照らしながら両手を自由に作業に使う場合に、ヘッドライトが用いられます。

ワークライト(懐中電灯)おすすめ人気ランキング4選

第4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

LED ワークライト LWS-200SB

価格:2,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

扱いやすいスティック型

スティック型のワークライトです。懐中電灯と同じ感覚で使えます。自然光に近い昼白色の光を採用しているので、物体の色の確認にも適しています。防水もしっかりしてあり、広範囲を照らすことが可能なので、厳しい環境下でも使用可能です。

 

背面には磁石、上下には回転式のフックが付いているので、金属面にくっつけたり、ランタンのようにぶら下げたりすることもできます。ずっと持ち続ける必要は、必ずしもありません。

 

市販のUSB充電器、モバイルバッテリー、カーチャージャーを利用して充電することが可能です。専用の充電器は付属していません。必要な場合は、別途購入してください。

 

形状懐中電灯型、ランタン型明るさ200lm
電源内蔵充電池光源LED

口コミを紹介

夜間に物置で作業することがあるので購入。
一番安いグレードを購入しましたが、想像していた以上に明るく、全然事足りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

JINGYI

COB作業灯

価格:689円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ式懐中電灯

COBタイプのLSD(高輝度という特徴があります)を用いたワークライトです。ライト部分を折りたたみ、コンパクトにすることができます

 

懐中電灯のような使い方ができるワークライトです。本体下部に磁石とフックが付いているので、金属にくっつけたりランタンのように吊り下げることで、両手を自由にすることができます。

 

点灯モードが5種類もあり、中には緊急時に役に立ちそうなものもあります。

形状懐中電灯型、ランタン型明るさ
電源内蔵充電池光源LED

口コミを紹介

思っていたより小さいのですが、使い勝手、光量は満足のいくレベルの商品です。
とくに赤点滅モードは、緊急時には何かと役に立ちそうです。視認性もなかなかいいです。常に車載しておくといいかもしれません。
夜間のタイヤ交換に使用しましたが、必要十分な明るさがあり、大変役立ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

TJMデザイン(TJM Design)

LEDワークライト LE-G401

価格:9,582円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

工夫がいっぱい

スポットライトモードと作業エリアを広く照らすことができるモードが備わった、使いやすいワークライトです。

 

暗い場所においても、触ればスイッチの場所がわかるようになっていたり、usbやブルートゥースが備わっていたりといった、便利で細かい工夫がいろいろとなされています。

形状懐中電灯型明るさ400lm
電源内蔵充電池光源LED

口コミを追加

ライトは思ったよりも明るくスピーカーも十分良いと思います。
ライトは何段階も明るさを調整出来るしマグネットも使い勝手が良い。
普通に床に置いても使えるし何よりコンパクトで使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

マキタ(Makita)

LEDワークライト ML103 本体のみ

価格:2,330円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトだけど働きは一人前

手のひらにおさまるほどコンパクトでありながら、パワフルで広範囲を照らすことができる、懐中電灯タイプのワークライトです。

 

小さなスペースにしまっておくことができるので、道具箱の中や非常袋の中にひそませておくことができます。

 

販売は本体だけで、バッテリーと充電器は別売になっています。

形状懐中電灯型明るさ100lm
電源充電池(別売)光源LED

口コミを紹介

価格もお手頃でコンパクト、だけどワークライトの名前に恥じない明るさ
自分は機械設備のメンテナンスをしています。
仕事で使う、電動ドライバーのケースに忍ばせていて、天井裏など出向いた仕事先での思わぬ暗がりで役立ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワークライト(懐中電灯)比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5320396の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:5320415の画像

    TJMデザイン(TJM Design)

  • 3
    アイテムID:5319603の画像

    JINGYI

  • 4
    アイテムID:5319638の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • LEDワークライト ML103 本体のみ
  • LEDワークライト LE-G401
  • COB作業灯
  • LED ワークライト LWS-200SB
  • 特徴
  • コンパクトだけど働きは一人前
  • 工夫がいっぱい
  • 折りたたみ式懐中電灯
  • 扱いやすいスティック型
  • 価格
  • 2330円(税込)
  • 9582円(税込)
  • 689円(税込)
  • 2400円(税込)
  • 形状
  • 懐中電灯型
  • 懐中電灯型
  • 懐中電灯型、ランタン型
  • 懐中電灯型、ランタン型
  • 明るさ
  • 100lm
  • 400lm
  • 200lm
  • 電源
  • 充電池(別売)
  • 内蔵充電池
  • 内蔵充電池
  • 内蔵充電池
  • 光源
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED

ワークライト(トーチ)おすすめ人気ランキング2選

HiKOKI(ハイコーキ)

コードレストーチライト 充電式 本体のみ UB18DEL

価格:3,220円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニークな形に注目

照射角度を自由に調節できるトーチライトです。ユニークなデザインに見えるますが、実は厳密な計算の上で、成り立っています。電池残量表示ボタンや、ツールを楽に運搬できる1.2mのストラップなど、細かいところまで行き届いた配慮がなされています。

 

本体のみの販売です。蓄電池と充電器は別売りです。

形状トーチ型明るさ2450lx/1m
電源充電池(別売)光源LED

口コミを紹介

この商品はボタンも押し易いし明るさも十分です。田舎で夜間屋外で照らしましたが、余裕で50m先くらいまで照射出来ます。使い勝手もよく明るさもDGLに比べて遜色も無く値段も安価なので、迷われている方はコレで良いのでは? 

出典:https://www.amazon.co.jp

HiKOKI(ハイコーキ)

コードレスワークライト 充電式 本体のみ UB18DJL

価格:4,928円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トーチライト兼用ワークライト

必要に応じて、通常のワークライトとトーチライトの使い分けができる、便利なライトです。ワークライトは、必要に応じて照射角度と明るさの変更が可能です。

 

一方のトーチライトは、6000ルーメンの明るさで暗やみを切り裂きます。扱いやすいように、ストラップフックとストラップが付属しています。

 

本体のみの販売。充電池と充電器は別売です。

 

形状トーチ型明るさ最大6000lx(トーチライト)
電源充電池(別売)光源LED

口コミを紹介

スポット・広角、角度も変えられ、明るさも十分。又、収納式のフックや、ハンガー付きの紐等、便利機能も充実。

BSL1830C (薄型)バッテリー装着で、軽くて長持ち。作業から、散歩まで幅広く使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワークライト(ランタン)おすすめ人気ランキング4選

第4位

Linkax

Ledワークライト(大)

価格:2,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電池交換でパワーアップ

フックとマグネットが付いた、ワークライトです。金属部分にくっつけたり、ランタンのようにつるすことが可能です。

 

懐中電灯のように使えるヘッドライトと、側面から手元を開くサイドライトの2種のCOB LEDライトが使えます。サイドライトは、コンパクトに折りたたんでしまうことができます。ヘッドライトは270°回転するので、工夫次第で便利に使えます。

 

内蔵充電池は規格さえ合えば他の製品に交換可能なので、より性能の良い電池を入れてパワーアップを図り、本格的なモバイルツールとして利用することも可能です。

 

 

 

 

形状ランタン型、懐中電灯型明るさ380〜400lm(サイドライト)、240lm(スポットライト)
電源内蔵充電池(交換可能)光源COB-LED

口コミを紹介

春のお花見、夏のキャンプ用に使っていきたいと思い、購入しました
びっくりするくらい明るいです。小型なのに明るいので、非常に使い勝手が良いと感じました。USB充電の仕組みのため、電池の不安もないです。
何度も落としましたが、壊れてもないので、耐久面の心配もなさそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Coquimbo-JP

LED作業灯 小型

価格:1,699円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型だけどマルチな活躍

LEDライトの部分は270°回転させて、折りたたむことができます。先端のLEDライトライトと、COB LEDを採用したメインのライトの2種類が付いています

 

回転フックやマグネットを使っていろいろな場所に自由に固定することができます。両手が自由になるので、作業がいろいろとはかどります。

 

夜間用の作業灯としてだけでなく、キャンプや、災害時のそなえなどとして、幅広い使い方が可能です。

形状ランタン型、懐中電灯型明るさ140lm(先端LEDライト)、360lm(メインCOBライト)
電源内蔵充電池光源LED、COB-LED

口コミを紹介

明るいです!机の上に置いて、下を照らしたり、眩しくない様に照明として運用できます。また、マグネットで車にくっ付けて、駆動して好きな方向を照らせます。
例えばオートキャンプ場へ行って車にライトをくっ付けて照明として、テント開設もできます。USB充電でき、多用途な使用ができ、大満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

マキタ(Makita)

充電式LEDワークライト ML801 バッテリ別売

価格:4,654円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スーパーLEDライト

日本の電動工具メーカーの最大手のマキタが出している、ワークライトです。LED12灯が装着されていて、12灯点灯の場合と半分の6灯点灯の場合の間で、切り替えできます

 

ライトヘッドは縦方向に30°ずつ7段階に曲げて折りたたむだけでなく、横方向に45°ずつ7段階に回転させることができます。勉強机に設置するようなスタンドライトとして使ったり、フックでつるしたり、上向きライトとして地面に置くことができます。

 

グリップは滑りにくい素材でできているので、手からうっかり落とす心配は少ないです。フック付きストライプが付いているので、ランタンのような使い方も可能です。はお、充電池は別売です。

 

 

形状ランタン型明るさ240lm(12灯)、120lm(6灯)
電源充電池(別売)光源LED

口コミを紹介

キャンプのランタンになるかなぁ、と購入したのですが、いろいろな使い方ができるスーパーLEDライトでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

GENTOS(ジェントス)

LED ワークライト 折りたたみ GZ-203

価格:4,408円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道を行く商品

ジェントスは1978年創業の、日本のライト製造の専業メーカーです。ハンディタイプLEDライト懐中電灯は特に有名です。業務用に信頼性や耐久性のすぐれたライト類も提供しています。

 

ジェントスが作ったワークライトは、奇をてらわず王道を行く製品です。トップライトとメインライトの組み合わせで、すき間をスポットライトとして照らすことから広範囲を照らすことまで、幅広く使えます。

形状ランタン型、懐中電灯型明るさ500lm
電源充電池、USB光源COB-LED、LED

口コミを紹介

ガレージで作業する時昼間でも少し暗く手元を照らす明るい作業灯を探していました。
gentosは懐中電灯で結構お気に入りなので間違いないかなと思って購入しました。
とても明るくて折り畳みも出来て底面マグネットでボンネット裏とかにピタッとくっついて凄く使いやすいです。良い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワークライト(ランタン)比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5321566の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 2
    アイテムID:5319614の画像

    マキタ(Makita)

  • 3
    アイテムID:5319610の画像

    Coquimbo-JP

  • 4
    アイテムID:5319755の画像

    Linkax

  • 商品名
  • LED ワークライト 折りたたみ GZ-203
  • 充電式LEDワークライト ML801 バッテリ別売
  • LED作業灯 小型
  • Ledワークライト(大)
  • 特徴
  • 王道を行く商品
  • スーパーLEDライト
  • 小型だけどマルチな活躍
  • 電池交換でパワーアップ
  • 価格
  • 4408円(税込)
  • 4654円(税込)
  • 1699円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 形状
  • ランタン型、懐中電灯型
  • ランタン型
  • ランタン型、懐中電灯型
  • ランタン型、懐中電灯型
  • 明るさ
  • 500lm
  • 240lm(12灯)、120lm(6灯)
  • 140lm(先端LEDライト)、360lm(メインCOBライト)
  • 380〜400lm(サイドライト)、240lm(スポットライト)
  • 電源
  • 充電池、USB
  • 充電池(別売)
  • 内蔵充電池
  • 内蔵充電池(交換可能)
  • 光源
  • COB-LED、LED
  • LED
  • LED、COB-LED
  • COB-LED

ワークライト(投光器)おすすめ人気ランキング8選

第8位

safego_JP

LED 作業灯 広角タイプ 16連

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜を明るく

暗闇を明るくしたい!そう感じたら、まずチェックする必要がある、明るくてコンパクトな汎用LEDワークライトです。

 

アルミ基板を採用しているため、耐熱性や放熱性が非常に優れています。きれいな白い光で、夜間でも物体の色をしっかりとキャッチすることができます。防水・防塵・耐衝撃性にも優れています。

 

一般的な作業なら、1個だけで広い範囲を十分に明るくしてくれます。屋内から屋外まで、暗い場所で作業をする必要があったら、まずこの投光器を試しませんか?

形状投光器型明るさ4800lm
電源外部光源LED

口コミを紹介

バイク(カブ90)の補助灯として取り付けました。2個セットですが、バッテリーの負担を考慮して一灯だけ取り付けましたが、かなり明るいですね。手前を照らしたかったので、下向きにしていて対向車にパッシングされることも無いです。かなりの爆光なので照射角度に注意が必要です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

Tripcraft

広角 LEDワークライト 2個セット

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

白熱灯の8倍

白熱灯の約8倍の明るさのワークライトです。しかも2個セット。照射範囲は広角60°となっているので、とても広い範囲を照らしてくれます。

 

多くの車両やボートと互換性があるので、乗り物に取り付けて利用することが可能です。ヒートシンクがアルミ合金性なので、放熱性が高く、その分寿命も長いです。30,000時間以上あります。

形状投光器型明るさ4320lm
電源外部光源LED

口コミを紹介

トラックの作業灯として五年間で10個購入してきました。
これは最新なのかとても薄くていいです!明るさは前と変わりないかと
防水が心配な方はコーキングでコード根元とレンズ縁を埋めるといいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

オートゴー(Autogo)

LEDワークライト 改善版【2個セット】

価格:2,990円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜間気持ちよく走行するために

オートバイや自動車に取り付けるのに向いたワークライトです。もちろんそれ以外の場所で活用しても構いません。2個セット。専用取付具が付いているので、取り付けも簡単です。

 

LEDには、アメリカのCREE(クリー)社のものを採用しており、50,000時間以上の長寿命を誇っています。アルミ基板を採用しているので、耐熱性や放熱性も優れています。防水性も優れています。

 

ビームパターンは狭角(スポット)です。

形状投光器型明るさ600lm
電源外部光源LED

口コミを紹介

カブの補助灯として2個取り付けました。素晴らしい明るさで、もうこれ無しでは夜間走りたくないです。1年ほど使っていますが今のところ全く問題ありません。雨の日も走りますが不点灯になったことはありません。ただ、上側にも配光されますので、対向車は眩しいと思います。ですので取り付け角度は考慮する必要があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Nilight

LED作業灯 2個セット

価格:2,699円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どんな天気でもOK

防塵、防水、防振タイプでどんな天候の中でも大丈夫、全密封ウォータープルーフ仕様のワークライトです

 

特にボートやヨットや船舶に取付けるのに向いています。 もちろん、船舶以外にもこのワークライトを設置することが可能な場所はいくらでもあります。農業、建築現場の作業、災害時の備え、夜釣りのランプなどです。

形状投光器型明るさ10800lm(1個)、21600lm(2個)
電源外部光源LED

口コミを紹介

消費電力に対して必要十分な明るさは得られます。
多灯の18650電池の懐中電灯のように満遍なく明るく周囲を照らしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

HIKARI

LED作業灯 10個TD02

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

偽物にご注意

車両への取り付けはもちろん、漁業、農業、建設、工場、運輸などの現場作業に、遠慮なく使うことができるワークライトです。

 

災害時の備えや交通整理など、その他にも使いみちのアイデアはどんどん広がります。

形状投光器型明るさ6000lm
電源外部光源LED

口コミを紹介

商品は1個ずつ箱に入っておりボルト類もしっかりと欠品など無く入っていました。建設機械に前後2個ずつ取付し点灯確認すると結構明るいです。取付後1個が点灯しなくなるトラブルもありましたが出品者に連絡するとすぐに対応してくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Autofeel

LED作業灯 2個セット

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とても明るくとても長持ち

LSD素子77個をひとつのライトに使った、とても明るいワークライトです。防塵・防水の面でも安心だし、製品の寿命も非常に長くて100,000時間もあります。

 

用途は汎用性があるので、タイヤ灯、漁船の集魚灯、農業機械の照明、 緊急救助用のLEDライトなど、アイデア次第でさまざまに活用することができます。大雨や、ほこりのひどい環境のもとでの作業も大丈夫です。

形状投光器型明るさ8000lm
電源外部光源LED

口コミを紹介

車外作業に使用しています。文句なしです 取付金具もしっかりしています

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

NAO

LED ワークライト狭角 2個

価格:2,157円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まぶしいくらい明るい

過酷な環境の下でも、しっかりと光り輝いてくれるワークライトです。防水性能もばっちりなのでさまざまな場所で元気に働いてくれます。

 

このワークライトをバイクなどに取り付けるときは、バイク(自動車、トラックなど)の知識と電気の知識がある人が、必ず施工するようにしましょう。また、このワークライトはまぶしいくらい明るいので、光源面を直視しないように、気をつけましょう。

形状投光器型明るさ7200lm(2個)
電源外部光源LED

口コミを紹介

トラックの後輪の巻き込み防止用に取り付けました。明るい!まぶしいです!!取り付け位置に注意が必要なくらいです。左右一つずつで十分です!路面と平行に取り付けるよりも上から路面を照らし下すように取り付けたほうが後続車に迷惑がかからないと思います。すごい明るさですよ!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Meikee Outdoor LED Lighting

2019版 led 作業灯

価格:1,300円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に使える

コンパクトで軽いワークライトです。従来品に比べると、機能はとても向上しています。駐車場、公園、ホール、玄関、庭、車庫、体育館など、さまざまな場所で手軽に使うことができます。

 

光源が白色光ではなくて、より自然光に近い昼白色です。より明るく、より長寿命(50,000時間以上)になり、従来の白熱球よりも3倍程度長持ちします。 防水性能は優れていて、雨のなかで使用しても問題はありません。ただし水の中に浸すような使い方は危険です。

 

また、プラグが3つ口であることにも気をつけましょう。

形状投光器型明るさ1000lm
電源外部光源LED

口コミを紹介

コンパクトで取り付け場所に困らず良かったです。
明るさも一般的な蛍光灯と比べると、かなり明るかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワークライト(投光器)比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5319599の画像

    Meikee Outdoor LED Lighting

  • 2
    アイテムID:5319747の画像

    NAO

  • 3
    アイテムID:5319602の画像

    Autofeel

  • 4
    アイテムID:5320527の画像

    HIKARI

  • 5
    アイテムID:5319811の画像

    Nilight

  • 6
    アイテムID:5320497の画像

    オートゴー(Autogo)

  • 7
    アイテムID:5319595の画像

    Tripcraft

  • 8
    アイテムID:5319597の画像

    safego_JP

  • 商品名
  • 2019版 led 作業灯
  • LED ワークライト狭角 2個
  • LED作業灯 2個セット
  • LED作業灯 10個TD02
  • LED作業灯 2個セット
  • LEDワークライト 改善版【2個セット】
  • 広角 LEDワークライト 2個セット
  • LED 作業灯 広角タイプ 16連
  • 特徴
  • 手軽に使える
  • まぶしいくらい明るい
  • とても明るくとても長持ち
  • 偽物にご注意
  • どんな天気でもOK
  • 夜間気持ちよく走行するために
  • 白熱灯の8倍
  • 夜を明るく
  • 価格
  • 1300円(税込)
  • 2157円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 2990円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 形状
  • 投光器型
  • 投光器型
  • 投光器型
  • 投光器型
  • 投光器型
  • 投光器型
  • 投光器型
  • 投光器型
  • 明るさ
  • 1000lm
  • 7200lm(2個)
  • 8000lm
  • 6000lm
  • 10800lm(1個)、21600lm(2個)
  • 600lm
  • 4320lm
  • 4800lm
  • 電源
  • 外部
  • 外部
  • 外部
  • 外部
  • 外部
  • 外部
  • 外部
  • 外部
  • 光源
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED

ワークライト(ヘッドライト)おすすめ人気ランキング2選

Litom

ヘッドライト

価格:1,830円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜間も自由

懐中電灯のように手で持たないでも良いため、充電式ヘッドライトを使うと両手が自由に使えて、いろいろな作業を簡単に行えます

 

キャンプや夜釣りや夜間のジョッギング、登山や洞窟探検など、使いみちは多岐にわたります。防水仕様になっているので、大雨や地震などの自然災害の際に避難袋に入れておくととても役立ちます。ただしダイビング用ではないので、水中で使うことはできません。

形状ヘッドライト型明るさ120lm
電源充電池光源LED

口コミを紹介

実は毎日つかっています。配達の仕事で夜間にはこちらの商品をピカっと付けて、転ばないでガンバっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

Ledlenser(レッドレンザー)

LEDヘッドライト

価格:7,520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るく軽く長持ち

ライトの明るさや光の質、そして頭への装着したときの感覚など、基本的な機能に徹底的にこだわったヘッドライトです。そして長持ちです。最も明るい600lmの状態で、約10時間の使用が可能です。光の状態は、ライトを頭に装着した状態で、簡単に調節が可能です。

 

ヘッドバンドはつけ心地が良くて頭を圧迫しない製品を採用しました。このバンドはヘッドライトから外して選択することが可能なだけでなく、必要に応じて交換することも可能です。

形状ヘッドライト型明るさ600lm(パワー)、250lm(ミドル)、10lm(ロー)
電源専用充電池光源LED

口コミを紹介

性能と使い勝手については文句なしです。びっくりするほど軽いです。点灯直後はとても明るく、少しして落ち着いてきますが、2−3時間は実用上十分な明るさをキープします。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワークライトを家庭で生かす

ワークライトは特殊な夜間業務用と考えがちですが、ここまで読んできた人には普通の家庭においても、いろいろとワークライトを使う場面があることが、はっきりするでしょう。

 

夜間にウォーキングやジョッギングをする人なら、ヘッドランプを頭につけて活動すると、暗い夜道でも安心です。アウトドアグッズとして、ランタンや懐中電灯を用意することも、常識の範囲でしょう。夜釣りの際も、ヘッドランプかランタンがあれば、安心です。

 

家庭においても、充電式のランタン型や懐中電灯型のワークライトをスタンバイさせておくと、停電が起こっても安心ですね。一般家庭では出番がなさそうだ、と考えそうな投光器も、庭やガレージでなら、出番があるかもしれません。

ワークライトは夜間作業の味方

夜間や天候の悪い環境のもとで、何かの活動をしようとすれば、ワークライトのお世話になる必要があります。

 

ワークライトには、重機などを扱う現場から、家庭の非常用ライトに至るまで、さまざまな場所で必要とされています。ニーズを確実に把握することで、どんなワークライトを選べばよいのか、はっきりとわかります。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ