記事ID141640のサムネイル画像

ビジネスローンのおすすめ人気ランキング|金利を抑えて最短即日で調達!

事業資金が必要になった時にはビジネスローンを検討しましょう!今回の記事ではビジネスローンの選び方や目的別のビジネスローンでおすすめの会社などを金利や保証人・担保、最短即日などの融資速度など様々な観点から徹底的に解説していきます!

迷ったらこれ!おすすめの厳選ビジネスローン3選

「資金繰りに困っているから、可能性のあるおすすめビジネスローンを早く知りたい」

「どんなビジネスローンがあって、それぞれどう違うの?」

 

などと思われたことのある方も多いのではないでしょうか?

個人事業主または法人の方で、事業の継続資金繰りに困っている方も多いと思います。

そんな時に役に立つのがビジネスローンです。

 

この記事では、ビジネスローンを検討している方に、ビジネスローンの基本情報から選ぶ際のポイント・注意点、おすすめ・比較までビジネスローンについて徹底解説します。

 

その前に、忙しい・時間がないので、サクッとおすすめのビジネスローンを知りたいという方のために、「迷ったらこれ!おすすめのビジネスローン厳選3選」を最初にご紹介いたします。

 

「ビジネスローン利用で失敗したくない!」

「基本知識からビジネスローンについてもっと詳しく知りたい!」

といった方は次章から順を追って、ビジネスローンについて丸々徹底してあるので、そちらから参考にされることをおすすめします。

 

では、迷ったらこれ!おすすめのビジネスローン厳選3選を早速見ていきましょう。

 

  1. ビジネスローン・ビジネクスト
  2. オリックスVIPローンカード・BUSINESS
  3. 三菱UFJ銀行 税理士会提携ビジネスローン 「融活力」

 

第3位

三菱UFJ銀行・税理士会提携ビジネスローン「融活力」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大手銀行が提供するビジネスローン!

三菱UFJ銀行・税理士会提携ビジネスローン「融活力」は、株式会社三菱UFJ銀行が提供する法人経営者向けの銀行ビジネスローンです。

 

三菱UFJ銀行・税理士会提携ビジネスローン「融活力」の特徴として、メガバンクの銀行ビジネスローンであるので、信頼性が大きいという点以外に、何と言っても低金利(年2.35%~9.0%)な点が挙げられます。

 

さらに、最高5000万円までの借入が可能、事務手数料無料などが挙げられます。

 

一方で、大手銀行のビジネスローンであるだけに審査が厳しく、融資までに時間がかかる傾向にあります。

 

よって、審査に自信がある、時間に余裕がある、1000万円以上の借入を希望している、低金利で事業資金を調達したい、などの方におすすめのビジネスローンです。

借り入れ限度額5,000万円実質金利2.35%-9.0%
第2位

オリックスVIPローンカード・BUSINESS

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリックスVIPローンカード・BUSINESS (旧名:オリックスクラブカード)は、オリックスクレジット株式会社が提供する、経営者・個人事業主向けのビジネスローンです。


オリックスVIPローンカード・BUSINESS の特徴として、即日融資が可能なことが挙げられます。


また、コンビニでキャッシングができるので、便利です。

借り入れ限度額500万円実質金利6.0%-14.9%
第1位

ビジネスローン・ビジネクスト

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

融資速度が非常にはやいビジネスローン!

ビジネクストは、ビジネクスト株式会社が運営する法人・個人事業主向けのローン会社です。

 

ビジネクストは、最短で申し込んだその日に審査が行われ、融資まで実行されることもあるくらい融資スピードに優れています。

 

銀行で融資を受けようと思うと、事前の審査で時間と労力を取られてしまうので、急いで資金調達したい方におすすめです。

借り入れ限度額50万円-1,000万円実質金利3.1%-18.0%

迷ったらこれのビジネスローンおすすめ人気ランキング一覧比較早見表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5320703の画像

  • 2
    アイテムID:5320696の画像

  • 3
    アイテムID:5320687の画像

  • 商品名
  • ビジネスローン・ビジネクスト
  • オリックスVIPローンカード・BUSINESS
  • 三菱UFJ銀行・税理士会提携ビジネスローン「融活力」
  • 特徴
  • 融資速度が非常にはやいビジネスローン!
  • 大手銀行が提供するビジネスローン!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 借り入れ限度額
  • 50万円-1,000万円
  • 500万円
  • 5,000万円
  • 実質金利
  • 3.1%-18.0%
  • 6.0%-14.9%
  • 2.35%-9.0%

ビジネスローンとは?|基本をおさらい

中小企業の経営者や個人事業主にとって、資金繰りは頭を悩ませる問題です。

そんな時に事業資金を調達する方法として思い浮かぶのがビジネスローンですよね。

ビジネスローンは「商工ローン」や「事業ローン」と言われることもあります。

 

一般的なカードローンは、個人を対象とし、利用目的は基本的に自由ですが、例外として投資・ギャンブル・事業目的の3つが挙げられ、借入金を事業目的に利用することは原則禁止されています。

 

一方で、ビジネスローンは、事業者だけを対象とした、借入金利用の目的が事業資金に限られたローン商品なので、資金繰りに悩む事業経営者の強い味方となっています。

 

一般的にノンバンクの事業経営者向け事業資金のローン商品だけをビジネスローンと呼ぶ場合が多いです。

 

この記事では、わかりやすく、銀行などの金融機関が提供する事業者のためのローン商品を銀行融資(銀行系ビジネスローン)、銀行を除くノンバンクが提供する、法人経営者や個人事業主を対象とした無担保ローン一般をビジネスローン(ノンバンク系ビジネスローン)と定義します。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンの特徴として、下記の3つが挙げられます。

 

  • 総量規制対象外
  • 資金用途自由
  • 担保や保証人を必要としない場合が多い

 

総量規制対象外

総量規制とは、2006年に改正され2010年に完全施行された貸金業法によって定められた、個人の借入総額を年収の3分の1に制限する制度です。

 

「個人事業主も個人である以上、ビジネスローン(事業者ローン)を利用する際に総量規制が適応されるのではないか」と心配する方もいるかもしれません。

 

しかし、総量規制では、事業資金としての借入れであれば対象外となっています。

 

ただし、個人事業主がすでにカードローンなどで融資を受けているケースでは、ビジネスローン(事業者ローン)を申込んだときの審査結果にも影響が及ぶ可能性があります。

 

金融機関は、個人信用情報機関を通して個人の借入状況を参照することができるため、過去の返済状況に問題があったときは、ビジネスローン(事業者ローン)の融資額にも影響する可能性があります。

資金用途自由

ビジネスローンの資金用途は事業用に限定されていますが、事業用であれば基本的に用途は問いません。

 

よって、運転資金や事業拡大の資金設備投資の費用など幅広く資金を使用することができます。

担保や保証人を必要としない場合がある

一般的に融資を受けるには担保の提供や保証人契約が必要ですが、ビジネスローンでは、担保か保証人が不要、もしくはどちらも不要で融資を受けられる場合が多いです。

 

会社によって申し込み条件は異なるのであなたに合った会社を選びましょう。

事業者向けの事業者資金調達方法(ビジネスローンの種類・特徴)

ビジネスローンで検索されている人の大半が、事業資金の調達を考えている方だと思います。

そもそも、事業資金を調達するにはどのような方法があるのでしょうか?

実は、事業資金を調達するにはビジネスローン以外にもいくつかあります。

事業資金を調達する方法として、下記の4つが挙げられます。

 

  • 銀行融資
  • ビジネスローン
  • 公的機関融資
  • ファクタリング 

 

稀に、不動産担保ローンや一般のカードローンが事業資金として使える場合もありますが、基本的には借入金の用途が事業資金意外と設定されている場合が多く、事業資金調達に使える可能性が低いのでこの記事では触れません。

 

また、ファクタリング は、自社が保有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡・売却する事によって、売掛債権から諸手数料を引いて現金化する資金調達方法です。

ファクタリングはビジネスモデルの全く違う新しいサービスであるので、ファクタリング について気になる方はこちらの記事を参考ください。

では、さっそく代表的な事業資金調達方法である下記の3つを徹底解説していきます!

 

事業資金を調達する方法(事業者向け融資の種類)

銀行融資

ビジネスローン

公的機関融資

銀行融資(銀行ビジネスローン)

銀行(金融機関)の事業者向けローン・融資は、その名の通り、銀行が提供する事業者のためのローン商品です。

借入金の使い方は事業資金としての用途に限られます。

 

銀行融資のメリット・デメリットとして以下が挙げられます。

 

銀行融資(銀行ビジネスローン)

メリット

デメリット

・低金利

・借入限度額が比較的高い

・すでに開業している場合は融資を受けやすい

・審査が厳しい

・融資までに時間がかかる

・保証人や担保が必要な場合もある(ビジネスローンの場合基本的に不要)

 

銀行融資の金利は、ノンバンクと比較すれば低金利に抑えられていますが、その反面、審査はノンバンク ビジネスローンよりも厳しく、時間がかかる傾向にあります。

 

また、銀行ビジネスローンの提供元として一般的に下記の3つに分類することができ、それぞれ金利や融資条件、審査の厳しさに差があります。



  • メガバンク (大手銀行)
  • ネット銀行
  • 地方銀行



銀行の中では、メガバンク(大手銀行)が1番審査が厳しく、地方銀行が1番審査が柔軟です。

 

金利は銀行によって異なり、また振り幅が大きく、融資額や審査によって適応金利が変わってきますが、地方銀行が3つの中でも相談に乗ってくれやすく、低金利である傾向にあります。

 

メガバンク・ネット銀行・地方銀行のそれぞれメリット・デメリットを下記にまとめましたので参考にしてください。

 

 

メガバンク(大手銀行)

ネット銀行

地方銀行

メリット

・大手銀行の信頼性

・低金利

・銀行の信頼性

・やや低金利

・銀行の信頼性

・低金利

・事情を聞いてくれる

デメリット

・地方銀行やネット銀行のビジネスローンと比較しても審査が厳しい

・メガバンクはビジネスローンの提供に消極的

・地方銀行のビジネスローンと比べても審査が厳しい傾向

・機械的な審査なので融通が利かない

・決算書ベースの審査

・ノンバンクのビジネスローンと比較すると審査が厳しい

・保証協会の保証付融資なので審査が厳しい

ビジネスローン(ノンバンク ビジネスローン)

ノンバンク ビジネスローンは、消費者金融などの銀行など金融機関を除く民間企業が提供する、法人経営者や個人事業主を対象とした無担保ローンです。

 

ノンバンク ビジネスローンには下記のような特徴があります。



ビジネスローン(ノンバンク ビジネスローン)

メリット

デメリット

・金利が高い

・借入限度額が低い

・確定申告書などの収入証明書が必要

・事業計画書・決算書の提出が必要な場合もある

・融資までの時間がスピーディー

・審査通過率が銀行に比べて高い

・総量規制の対象外で、年収の3分の1を超える借入も可能

・担保・保証人不要

 

ノンバンクのビジネスローンは、民間の企業から融資を受ける事になるため、銀行融資や公的融資よりも金利が高い事に注意が必要です。

ノンバンクのビジネスローンの場合、最高金利(実質年率)が15~18%と非常に高く設定されています。

一方で、公的機関や銀行と違い審査基準が軽易な傾向にあることや、手続きが簡略化されているため、速やかに事業資金を調達できることがノンバンクの特徴です。

 

銀行や公的機関融資の場合、融資までに2週間〜1ヶ月以上かかってしまうことも珍しくない中で、ノンバンクのビジネスローンは即日融資に対応している場合もあるので、急な資金調達が必要な場合はビジネスローンが一番最適と言えます。

公的機関融資

公的機関融資には主に、日本政策金融公庫の融資、もしくは制度融資の2種類があります。

それぞれの特徴を解説していきます。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、財務大臣が約100%の株式を保有する政府系金融機関です。

財務省所管の特殊会社ですから、政府および財務省の意向に即した融資を行っています。

 

簡単に言えば、民間の金融機関が貸し倒れのリスクを恐れて融資できない、創業資金や中小企業・零細企業・小規模企業の長期資金を融資することで、事業資金の調達や運転資金をサポートし、経済活動を活性化させることを目的の1つとしています。

 

普通貸付でも、

 

  • 融資限度額:4800万円
  • 返済期間:最長10年
  • 利率:1.0~2.0%台

 

と十分な低金利で借入することができます。

 

また、日本政策金融公庫融資の特徴として、下記にメリット・デメリットをまとめたので参考ください。

 

公的機関融資(日本政策金融公庫)

メリット

デメリット

・低金利

・独立開業を支援する傾向がある

・個人の融資相談も可能

・開業に伴う自己資金が必要

・審査に時間がかかる

・事業計画書が必要

・保証人や担保が必要(不要な場合もあり)

 

日本政策金融公庫の融資は、ノンバンクや銀行と比べて圧倒的に低金利です。

高くても3%以下の金利で融資を受けることができるため、かかる利息の差がとても大きいです。

一方で銀行と同じく審査が厳しく時間がかかるため、融資までの時間も長くなってしまいます。

制度融資

制度融資とは、地本公共団体が金融機関や信用保証協会と連携して融資をする仕組みのことです。

 

地方公共団体にとって、地元の企業の業績を伸ばして税収を増やすことも重要な政策の1つです。

 

しかし、地方公共団体に融資をする機能はないので、地元の金融機関と連携し、金融機関のリスクは信用保証協会が吸収する形で融資を行なっています。



公的機関融資(制度融資)

メリット

デメリット

・低金利

・審査が甘い

・高額な借入が可能

・通常は借入ができない創業資金なども借入可能

・自治体によって制度が異なる

・利用できる枠が決まっている

・申し込みから融資までに1ヶ月以上かかる

銀行融資・ノンバンク系ビジネスローン・公的機関融資 の比較

ビジネスローン(事業経営者が事業資金を調達するためのローン)として、銀行融資・ノンバンク系ビジネスローン・公的機関融資の3種類があること、それぞれが何かなどは一通り理解できたかと思います。

どの方法で資金調達するかによって、個人・法人の可否、金利、融資条件などが大きく変わってくるので、あなたの事業状況やニーズにあった借入先を選ぶことが非常に重要です。

 

ここでは、あなたにぴったりの資金調達方法が一目でわかるように先ほど説明した3つの比較をしていきます。

 

ではさっそく、下記の比較表を見ながら比較していきましょう。

 

銀行融資・ノンバンクビジネスローン・公的機関融資の違い

取り扱い業者

銀行(金融機関)

ノンバンク

公的機関

金利

年2~14%

年6~18%

年~3%

融資限度額

高い(約500~5000万円)

低い(約300~500万円)

高い(約2000万円〜7億円)

融資までの速さ

約2週間〜

即日〜

約2週間〜

最長借入期間

長い

短い

長い

返済方式

元利均等返済

リボルビング方式

元利均等返済

元金均等返済

利用の気軽さ

✖️

✖️

登記事項証明書の提出

ありの場合が多い

なしの場合が多い

あり

 

金利に関しては、公的機関融資が圧倒的に低く、金利幅はありますが、全体的に銀行など金融機関のビジネスローンの方がノンバンクのものよりも低金利になっています。

 

一方で、銀行など金融機関の融資、もしくは公的機関融資の審査は、ノンバンク(貸金業者)の審査よりも厳しくなるので、提出書類などで労力が取られてしまうでなく、融資までにかかる時間も長くなります。

 

また、銀行やノンバンクのビジネスローンの場合、利用条件として、業歴1~2年以上(または「決算を二期終了している」など)の方を対象にしている場合が多いです。

一方で、公的機関融資は業歴が2年以下、または、新たに事業を始める方に対しても審査次第で融資を行なっています。

 

よって、

 

  • 業歴がある程度あり、「低金利で借入したい」「高額借入したい」「借入までに時間の余裕がある」ような方は銀行
  • 業歴が1~2年以上あり、「緊急で事業費が必要」「一時的に事業費が足りない」「面倒な作業は避けたい」「銀行の審査に落ちた」などの場合はノンバンクのビジネスローン
  • 「低金利で融資を受けたい」「銀行やノンバンクのビジネスローンの審査に通らなかった」「事業歴がまだ短い」などの場合は公的機関融資

 

がおすすめです。

 

ビジネスローンを選ぶ際のポイント

ここまででビジネスローンに基本知識については理解できたのではないでしょうか。

 

ビジネスローンと一概に行っても様々なローンがあり、それぞれ融資条件や特徴が異なることがわかったかと思います。

 

実際にビジネスローンを利用するなら、自分が求める条件と合致した会社の融資を受けたいですよね。

 

では、実際に、多くあるビジネスローンの中からあなたに合ったものを見つけるにはどのようにしたら良いのでしょうか?

 

あなたにぴったりのビジネスローンを見つけるために、それぞれのサービスの違いを把握するためのポイントを理解しておきましょう。

 

ここでは、実際にビジネスローンを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

 

  1. 金利
  2. 審査スピード
  3. 法人・個人利用の可否
  4. 借入限度額
  5. 来店の要否
  6. 当座貸越(カードローン)と証書貸付

 

金利

お金を借り入れる際に誰もが最初に気になるのが金利ではないでしょうか。

お金を借入れる際は、誰しもがなるべく低金利で借り入れたいですよね。

 

数パーセントの金利の違いが、何十万、何百万もの返済額の差になる場合もあるので、ビジネスローンを選ぶ際は、金利を慎重にチェックしましょう。

審査スピード

融資が開始されるまでのスピードは業者によって異なります。

 

事業を続けている中で、もしものことが起きた場合に早く事業資金を融資してくれる会社を選びたいですよね。

 

申込みから2~3週間程度かかる会社もあれば、「最短即日融資」が可能な会社もあります。なお、「最短即日融資」が売りの会社については、事前にスコアを登録しておくことが条件とされている場合があるので覚えておきましょう。

法人・個人利用の可否

個人事業主にサービスを限定している会社などもあるので、法人・個人利用の可否は事前にチェックしておきたいところです。

 

法人と個人事業主の両方がローンを利用できる会社が一般的ですが、中には法人のみを対象としているところや個人事業主のみを対象にしているところも存在します。

借入限度額

借入したい金額に合わせて事前に借入限度額を確認しておきましょう。

来店の要否

オンライン上で申込みを済ませられるビジネスローンも増えていますが、融資申込みの際に実際に店舗まで行かなくてはいけない場合もあります。

 

来店型の融資サービスだと「書類を準備の上でお越しください」とアナウンスされることが多く、審査が完了するまでに時間がかかる恐れがあるため、早く融資を受けたい時にはあまりおすすめできません。

当座貸越・証書貸付

ビジネスローンに限らずお金を借入する際、ローンタイプとして、当座貸越(カードローン)と証書貸付の2種類にがあります。

 

  • 当座貸越(カードローン)
  • 証書貸付

 

カードローンは、専用のカードを用いて利用できるローンのことで、「当座貸越」という貸付形態になっています。

「当座貸越」は、利用者の一定のお金の利用可能額の範囲内であれば、好きなだけ、好きなタイミングでお金を借入・返却することができます。

 

一方で「証書貸付」とは、カードローンのように、利用額が設定されることはなく、必要な分のお金をそのまま借りるということが特徴になっています。

よって、再びお金を借入したい場合はもう一度審査する必要があります。

 

証書貸付が比較的多い印象がありますが、ビジネスローンにも、カードローンタイプを扱っている貸金業者や金融機関もあるので、あなたのニーズに合わせてチェックしておきましょう。

 

ノンバンク・ビジネスローンのおすすめ人気ランキング3選

金利・融資スピード・融資限度額・口コミなどから総合的に評価した、評判の良いノンバンクのビジネスローンおすすめトップ3を紹介します。

 

  1. オリックスVIPローンカード BUSINESS
  2. ビジネクスト「事業者ローン」
  3. エスワイシー「ビジネスローン」

 

第3位

エスワイシー「ビジネスローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年間問い合わせ実績豊富なビジネスローン!

エスワイシーの「ビジネスローン」は、株式会社エスワイシーが提供する年商5000万円以上の法人むけの売掛債権担保型ビジネスローンです。

 

株式会社エスワイシーは、売掛債権担保ローンの他に、診察・調剤報酬担保ローン、介護報酬担保ローン、不動産担保ローンなどを扱っており、「事業者向けの有担保ローン」を中心に提供しています。

 

エスワイシー「ビジネスローン」の特徴として、下記が挙げられます。

 

  • 売掛債権担保型のビジネスローン
  • 年間9500件を超える問い合わせ実績
  • 最高1億円までの融資が可能
  • 最長36ヶ月までの借入が可能



エスワイシー「ビジネスローン」は、事業の運転資金、設備投資、納税資金など、事業性資金であれば自由に利用することができますが、売掛金を担保にする必要があるので注意が必要です。

一般的にビジネスローンは「無担保ローン」ですが、エスワイシーの場合、売掛金が担保になるので返済できない場合は売掛金で弁済することになります。

 

また、最高1億円といった高額融資が可能な一方で、売掛債権を担保にする必要があるので、売掛債権がないと審査に通りません。

 

少し特殊なビジネスローンですが、年間9500件以上の問い合わせ実績があり、最高1億円まで最短2営業日以内に借入できるので、「急ぎで高額な資金調達が必要、、」「でもファクタリングは手数料が高すぎる」といった方におすすめのビジネスローンです。

 

金利7.5%-15.0%融資速度最短2営業日
借り入れ限度額10,000万円
第2位

ビジネクスト「事業者ローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

資金面から事業をサポーツするスペシャリスト!

ビジネクスト「事業者ローン」は、ビジネクスト株式会社が提供するビジネスローンです。

 

ビジネクストは、アイフル株式会社のグループ会社の消費者金融で、事業者ローン以外にも、不動産担保ローンや売掛債権ファクタリング、法人クレジットカードなどの商品も取り扱っており、法人・個人事業主向けに資金面から事業をサポートするエキスパートです。

 

また、貸付形態としてカードローンも扱っており、限度額範囲内であれば何度でも利用できるので、事業拡大や決算時などのまとまった事業資金としてだけでなく、一時的なつなぎ資金としても広く使われています。

 

ビジネクストの事業者ローンの特徴として、下記が挙げられます。

 

  • 累計10万口座超えの利用者実績
  • 最高1000万円までの高額融資が可能
  • 来店不要で利用可能
  • コンビニで借入・返済できる
  • 大手消費者金融という安心感
  • 最短即日融資が可能

 

ビジネクスト「事業者ローン」は、法人むけ融資実績が豊富であり、利用者が10万口座を超えるほどの法人が利用しているビジネスローンです。

オリックスVIPローンカード BUSINESS の最高融資限度額が500万円であるのに比べ、ビジネクストでは最高1000万円まで借入できるのも大きいメリットと言えます。

 

安心できる大手消費者金融の子会社で、法人向けの融資実績が豊富、融資サービスが充実しているため、信頼性を重視する方や高額借入したい方におすすめのビジネスローンになっています。

 

金利3.1%-18.0%融資速度最短即日
借り入れ限度額1,000万円
第1位

オリックスVIPローンカード BUSINESS

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最短即日で融資可能なスピード感のあるビジネスローん!

オリックスVIPローンカード BUSINESS は、オリックス株式会社のグループ会社である、オリックスクレジット会社が提供する、経営者・個人事業主向けビジネスローンです。

 

オリックスVIPローンカード BUSINESSの特徴として下記の4つが挙げられます。

 

  • 審査は最短60分、最短即日で借入可能
  • コンビニ含め日本全国のCD・ATMで利用可能
  • Web完結
  • オリックス会員優待が受けられる

 

VIPローンカード BUSINESSは、申し込みから最短60分で審査回答、平日の14:30までに手続き完了で当日振込による即日借入が可能です。

 

「公庫や銀行から借りる時間はない、、」という場合でも、ビジネスチャンスを逃すことのない圧倒的なスピードで借入することができます。

 

また、お近くのコンビニなど、日本全国のCD・ATMで利用可能で、主要銀行をはじめ、ゆうちょ銀行・地方銀行・信用金庫など、ほとんどの金融機関・コンビニで利用できるので、忙しいあなたにも使いやすい短で便利なビジネスローンになっています。

 

申し込みや必要書類の提出、契約内容の確認などは全てWebから行うため、来店不要で契約を全て完了することができます。

不動産などの担保や保証人も不要です。

 

返済方法としては、「新残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額リボルビング返済」の2つのプランから選ぶことができます。

 

さらに、オリックスグループが展開するレンタカーサービスやホテルなどがご優待価格で利用できるといった特典も付いてきます。

 

今なら2020年6月30日制約分までキャッシュバックキャンペーンを行なっており、入会日から最大3ヶ月実質利息0円になります。

金利6.0%-17.8%融資速度最短即日
借り入れ限度額500万円

ノンバンク・ビジネスローンのおすすめ人気ランキング一覧比較早見表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5320863の画像

  • 2
    アイテムID:5320856の画像

  • 3
    アイテムID:5320845の画像

  • 商品名
  • オリックスVIPローンカード BUSINESS
  • ビジネクスト「事業者ローン」
  • エスワイシー「ビジネスローン」
  • 特徴
  • 最短即日で融資可能なスピード感のあるビジネスローん!
  • 資金面から事業をサポーツするスペシャリスト!
  • 年間問い合わせ実績豊富なビジネスローン!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 金利
  • 6.0%-17.8%
  • 3.1%-18.0%
  • 7.5%-15.0%
  • 融資速度
  • 最短即日
  • 最短即日
  • 最短2営業日
  • 借り入れ限度額
  • 500万円
  • 1,000万円
  • 10,000万円

銀行融資(銀行ビジネスローン)おすすめ人気ランキング3選

続いて、金利・融資スピード・融資限度額・口コミなどから総合的に評価した、評判の良い銀行ビジネスローンのおすすめトップ3をご紹介します。



  1. 東京スター銀行「スタービジネスカードローン 」
  2. ジャパンネット銀行「ビジネスローン」
  3. 三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」
第3位

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三井住友が提供するビジネスローン!

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は、株式会社三井住友銀行が提供している法人経営者向けの銀行ビジネスローンです。

三井住友銀行は誰もが知っている大手銀行ですので、メガバンクの銀行ビジネスローンということになります。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の特徴として、下記が挙げられます。

 

  • メガバンクの銀行ビジネスローンという信頼性
  • 最高1億円まで借入可能
  • 事務手数料が発生する
  • 下限金利は低金利の設定
  • 資金用途が限定されている

 

ビジネスローンといっても、メガバンクの銀行ビジネスローンなので下限金利が低金利設定になっているものの、「業績2年以上」「債務超過でないこと」「税金未納がないこと」等が前提であり、審査が厳しいことが伺えます。

また、借入金使用用途は、運転資金・設備投資・決算賞与資金に限定されています。

ビジネスローンでは手数料が発生しないのが一般的ですが、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」では7万円(税別)の事務手数料が発生します。

 

よって、審査に自信のある方、1000万円を超える高額借り入れを希望している方におすすめの銀行ビジネスローンとなっています。

金利2.13%-融資速度2週間-6週間
借り入れ限度額10000万円
第2位

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤフーと住友主体のネット銀行が提供するビジネスローン!

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」は、株式会社ジャパンネット銀行が提供する法人経営者・個人事業者向けの銀行ビジネスローンです。

ジャパンネット銀行は、ヤフー株式会社と三井住友銀行が主要株主のネット銀行なので、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けの低金利ビジネスローンを中心に提供しています。

ジャパンネット銀行が提供するビジネスローン商品は下記の5つです。

 

  • 法人向けビジネスローン
  • 個人事業者向けビジネスローン
  • freee会員専用ビジネスローン
  • ヤフー出店者専用ビジネスローン
  • USS会員専用ビジネスローン

 

法人・個人事業者向け

 

ジャパンネット銀行 一般法人向け・個人事業者向けのビジネスローンはともに、金利が4.8~13.8%、利用限度額500万円となっており、特徴として下記が挙げられます。

 

  • 利用限度額の範囲内であれば何度でも借入可能
  • Visaデビット残高不足時に不足額を自動借入可能
  • 個人事業者は業歴が短くても借入可能

 

借入金の使い道は運転資金、事業拡大、設備投資など事業用であれば自由で、申し込みから借入までWeb完結、来店不要です。

また、利用限度学内であれば何度でも利用可能、ビジネスローン自動融資サービスなどもあり、使い勝手が良いビジネスローンになっています。

さらに、個人事業者向けのビジネスローンであれば、業歴が利用条件に組み込まれておらず、起業したてでも借入可能です。

公的融資以外で起業したてでも借入できる業者はほとんどないので、「業歴がまだ短いけど事業資金が必要!」という方におすすめです!

 

freee会員・ヤフー出店者・USS会員 専用ビジネスローン

freee会員・ヤフー出店者・USS会員専用のビジネスローンは、法人・個人事業主ビジネスローンに比べても圧倒的低金利なので、上記会員の方にはおすすめのビジネスローンです。

Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのビジネスローンは、Yahoo!ショッピングまたはヤフオク! で販売する物品の仕入れ資金にしか利用できない代わりに、金利1.45~8.2%と上限金利が10%を切る低金利になっています。

 

また、クラウド型会計ソフトfreee会員専用のビジネスローンは、運転資金にも利用できる代わりに金利1.45~13.75%、上限金利が13.75%と少し高めに設定されています。

こちらも最長12ヶ月の借入期間となっており、短期の借入に適したビジネスローンです。

 

金利1.45%-13.75%融資速度1週間-2週間
借り入れ限度額3000万円
第1位

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東京スター銀行が提供するビジネスローン!

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」は、株式会社東京スター銀行が提供する、法人経営者・個人事業者向けのビジネスローンです。

東京スター銀行は、東京に本社のある第二地方銀行なので、地方銀行の銀行ビジネスローンになります。

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」の特徴として以下が挙げられます。

 

  • 地方銀行の銀行ビジネスローン
  • ローンカード型の銀行ビジネスローン
  • 最高500万円まで借入可能
  • 事業歴が1年でも借入可能
  • 残高スライドリボルビング方式

 

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」の金利は、ノンバンクのビジネスローンと大差はありませんが、ビジネスローンは基本的に2年の事業歴が利用条件である中、事業歴が1年でも借入可能であることは大きなメリットと言えます。

また、事業の運転資金、設備投資、納税資金など、事業性資金であれば何でも自由に利用することができ、Webで完結、来店不要で利用することができます。

さらに、カードローン型のビジネスローンなので、コンビニATMなどで限度額範囲内であれば自由に何度でも借入・返済することができ使いやすさ抜群です。

 

銀行ビジネスローンの中では使い勝手の良いビジネスローンとして、事業歴が短い方や銀行ビジネスローンでも使い勝手を重視したい方におすすめです。

金利6.5%-14.5%融資速度1週間-2週間
借り入れ限度額500万円

銀行融資(銀行ビジネスローン)おすすめ人気ランキング一覧比較早見表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5320912の画像

  • 2
    アイテムID:5320899の画像

  • 3
    アイテムID:5320877の画像

  • 商品名
  • 東京スター銀行「スタービジネスカードローン」
  • ジャパンネット銀行「ビジネスローン」
  • 三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」
  • 特徴
  • 東京スター銀行が提供するビジネスローン!
  • ヤフーと住友主体のネット銀行が提供するビジネスローン!
  • 三井住友が提供するビジネスローン!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 金利
  • 6.5%-14.5%
  • 1.45%-13.75%
  • 2.13%-
  • 融資速度
  • 1週間-2週間
  • 1週間-2週間
  • 2週間-6週間
  • 借り入れ限度額
  • 500万円
  • 3000万円
  • 10000万円

ビジネスローンに関するよくある質問Q&A

ビジネスローンに関してよくある質問とそれらの回答をまとめましたので参考ください。

年収が低くても借りられる?

ビジネスローンは、総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1以上でも借入することができます。

 

ただし、一般的なローンと同じく審査がありますので、審査で出た利用可能限度額内での金額の借入となります。

 

「年収が低くて、即日で事業資金を借りたい」などの場合は、なるべく融資額を低めに設定するのが良いでしょう。

設立したばかりの会社で融資は受けられる?

創業間も無くの時期は、経営が不安定で手軽に資金調達したいという経営者の方も多いのではないでしょうか。

ビジネスローンの利用で少しでも短期資金の手当を楽にしたいものですよね。

 

しかし、ビジネスローンは2年以上の業歴、もしくは二期分の決算を終えていることが利用条件であることが一般的です。

また、基本的に、ビジネスローンは創業期の資金調達方法として不向きと言えます。

 

むしろ日本政策金融公庫や区市町村の融資など公的融資を考えた方が良いでしょう。

 

申し込みから融資まで1ヶ月ほどかかってしまいますが、比べ物にならない圧倒的な低金利でリスクを最低限にして借入することができます。

 

日本政策金融公庫 国民生活事業では、「新規開業資金(新企業育成貸付)」などの融資を通じて、新たに事業を始める方や事業開始後おおむね7年以内の方のお手伝いをしており、設立したばかりの会社、企業等をサポートするポジティブな姿勢をとっています。



ただ、急ぎなどの場合でどうしてもビジネスローンを利用したい場合は、創業したての個人事業者にも融資を行なっている、ジャパンネット銀行「ビジネスローン」を検討してみてください。

赤字決算でビジネスローンは利用可能?

赤字決算である場合、返済能力に不安が出てくるのでビジネスローンの審査に通りにくくなります。

 

中には、決算以外の側面で会社を評価して融資をしてくれるビジネスローンもありますが、難しいと思っておいた方が良いでしょう。

 

赤字決算の場合、ビジネスローンではなく、ファクタリングや不動産担保ローンの方が良いかもしれません。

ビジネスローンおすすめまとめ

以上、「ビジネスローン おすすめ まとめ」でした。

ビジネスローンの仕組みや特徴が掴めたのでなないでしょうか。

 

銀行、ノンバンク、両方とも民間企業ですので、彼ら自身もビジネスが成り立つようにローンサービスを提供しています。

よって、ビジネスローンに限らず、お金を借入れる際の認識として下記は共通事項なので覚えておきましょう。

 

金利が高い = 許容できる貸し倒れ率が高い = 審査が甘い

金利が低い = 許容できる貸し倒れ率が低い = 審査が厳しい

 

では、あなたにぴったりのビジネスローンが見つかり、事業の資金繰りがスムーズにいくこと、事業の成功を願っています。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ