記事ID141638のサムネイル画像

金利の安いローンを徹底解説!低金利の銀行カードローン/消費者金融はどこ?

ローンを検討している場合、金利は最も検討するべきポイントです。金利は安ければ安いほど返済しなくてはいけない金額も低くなるため、ローンを組むときは金利を必ず確認しましょう。今回の記事では金利の安いローンの選び方やおすすめの会社などを徹底的に解説しています。

金利をできるだけ安く抑えてお金を借り入るには?

「金利を一番安く済ますには?」

「できるだけお得にお金を借入したい!」

「安くお金を借入れるコツや方法はあるのかなぁ、、」

 

などの疑問を持たれたことのある方も多いのではないでしょうか。

お金を借りる前は誰しもが利息に対して慎重になりますよね。

ローンを組む際は、なるべく金利を安く抑えて、無駄な出費を押さえたいものです。

 

こちらの記事では、何としてもできるだけ金利を押さえて、安くお得にお金を借入することに焦点を当てて解説しています。

 

ローンを組む際、できるだけ損をしたくない方必見です!

金利を安くお得にローンを組むための基本事項

まず、お金をできるだけお得に借りるためには、借入金の使用目的を明確にすることが重要です。

 

ローンと一言でいっても、自動車ローンや教育ローン、フリーローンなど様々な種類のローンがあり、それぞれ異なった融資条件や用途の制限が設けられています。

借入金の利用用途が明確でないままでは、どこで借り入れるべきかなどのリサーチすらできません。

 

そのあとに、その借入目的に合わせてローンを提供している業者やそれらの融資条件、特徴などの情報を知り、あなたのニーズに一番適している借入先を検討する必要があります。

 

例えば、車の購入資金に当てるお金を借入したい場合、クレジットカードでキャッシングしてしまうと大損してしまいます。

 

なぜなら、自動車購入資金としての利用目的で借入のできる自動社ローンというものがあり、自動車ローンはカードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシングなどよりも圧倒的に金利が安く設定されているからです。

 

よって、最初から自動車ローンに絞って、自動車ローンを扱っている業者の種類や情報を知り、銀行や消費者金融など、お金の借入先によって金利、審査の仕方やスピード、プラン、返済方法がそれぞれ違うので、それぞれの特徴や違いを比較したうえで、あなたにマッチするベストな借入先を見つけることが非常に重要になってきます。

 

金利をできるだけ安くお金を借入る基本手順


  1. お金を借りる目的を明確にする

(借入金を自由に使いたい場合はカードローン/フリーローン)

  1. 借入目的に合わせてリサーチ・借入先を検討

そもそもローンとは?

そもそもローン(loan)とは何なのでしょう?

ローンとは、「何かを貸す」「貸付する」という意味です。

ただし、これは貸す側からの視点であり、利用者側から見ると「借入れる」という意味になります。

 

例えば、住宅や自動車、バイクなどの高額なものを購入するにあたって、一度に大金を用意することが難しい場合、ローンを利用することで必要なものを必要な時に購入すことができます。

 

よって、ローンとは、「銀行や貸金業者、公的機関などからお金を借り入れて、後から月々返済していく約束事」といえます。

 

また、お金を借りると一言で言っても、

知人・家族からお金を借りるのか、銀行、消費者金融、クレジットカード、信用金庫、ゆうちょ銀行、信用保証協会、市役所、国からお金を借りる、など様々な方法があります。

 

ここでできるだけ金利を安くお金を借入れる際に知っておきたい基本事項を下記で説明していきます。

基本中の基本! 消費者金融・金融機関・信販会社の違い

お金を借りるトピックで検索すると、消費者金融・金融機関・信販会社の3つはよく目にするのではないでしょうか。

 

消費者金融:一般の個人に対して無担保での融資事業を中心とする貸金業を行っている会社

金融機関:基本的に預貯金取扱金融機関を指す。銀行。

信販会社:販売信用(消費者の商品代金の支払いを建て替えるサービス)を営んでいる会社。クレジットカード会社など。

 

このような分類の際、金融機関とは基本的に銀行(バンク)のことを指し、一方で消費者金融・信販会社の2つはノンバンクと呼ばれることが多々あります。

意外と知らない カードローン・キャッシング・フリーローンの違い

お金を借りる方法を知る前に!

あなたはカードローン・キャッシング・フリーローンの違いをしっかり理解できてますか?

意外と知らない人も多いので、ここで上記3つを解説していきます!

カードローンとキャッシング

まず、カードローンとキャッシングの違いは何なのでしょう。

ズバリ、最近では単に、金融機関・消費者金融・信託会社で借りる場合を「カードローン」、クレジットカードで借りる場合は「キャッシング」と呼ぶことが多いようで、双方に大きな違いはありません。

 

平成22年の「貸金業法」改正施行以前は、キャッシング は翌月一括返済、カードローンは毎月分割して返済という違いがありました。

主にキャッシングは消費者金融、カードローンは金融機関のものという分け方もできました。

しかし現在は、消費者金融の借入もカードローンと呼ぶようになり、返済方法も一括かリボルビング返済かを選べるようになったため双方の違いがなくなってきました。

また、クレジットカードに付帯するキャッシングも、一括かリボルビング返済かを選ぶことができるので、銀行のカードローン・消費者金融カードローン・クレジットカードキャッシングのサービス内容はほとんど同じと言えます。

 

カードローンに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

また、キャッシングについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

カードローン/キャッシング とフリーローン

 

カードローン・キャッシング 

フリーローン

扱っているところ

銀行・消費者金融・クレジットカード会社など

銀行

融資先

個人

個人

融資の種類

当座貸越

証書貸付

借入回数

無制限(借入限度額内で)

1回の利用につき1回

金利

比較的高め

比較的低め

融資スピード

非常に早い

2回目以降も審査が必要なので比較的遅め




カードローンとは、銀行・消費者金融・クレジットカード会社などが取り扱う、専用のカードを用いて利用できる個人向けのローンです。

当座貸越(一定のお金の利用可能額の範囲内で自由にお金を借りたり返したりすることができる融資形態)を採用しています。

 

例:審査で100万円のカードローンご利用額が決まった場合、その枠内で1万円だけ借り入れる。もしくは、100万円借りることも可能。

 

フリーローンとは、銀行が取り扱っている個人向けローンで、事業用や投資用として使う以外の目的であれば自由に使うことができるローン。

証書貸付(金銭消費貸借契約書に署名、押印して、銀行から必要な分のお金をそのまま借りる融資形態)を採用しています。

よって、2度目以降の融資を受けたい際は、再び審査する必要があります。

 

フリーローン に関しては以下の記事でどこよりも詳しく解説しています。

ローンの種類

ローンには様々な種類があると言いましたが、一体どのようなローンがあるのでしょう?

一般的なローンの種類として下記の6つが挙げられます。

 

  • カードローン 
  • フリーローン
  • 自動車・バイク・マイカーローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • 事業・ビジネスローン

 

自動車や住宅、教育資金、事業資金が借入目的である方は、目的別ローンでそれぞれ網羅された記事があり、そちらの記事のリンクを下記に貼っているので参考にしてください。

詳しく・かつ分かりやすく徹底的に解説しているので、なるべく金利を安くあなたに合った各目的別ローンを組む方法がわかります。

カードローン

カードローンとは、先ほども少し触れたように、銀行・消費者金融・クレジットカード会社などが取り扱う、専用のカードを用いて利用できる個人向けのローンです。

 

当座貸越を採用しているため、一定のお金の利用可能額の範囲内であれば、自由にお金を借りたり返したりすることができます。

 

カードローンは、住宅ローンやマイカーローンとは違い、使い道の制限がありません。

生活費や旅行費など、利用可能額の範囲内でしたらどのような使い道にも利用可能です。

 

ただし、借金返済・ギャンブル・事業資金としての利用を禁止しているケースがあります。

カードローン については次の章から詳しく解説していきます。

フリーローン

先ほども少し説明したように、フリーローンとは、銀行が取り扱っている個人向けローンで、事業用や投資用として使う以外の目的であれば自由に使うことができるローンです。

 

金銭消費貸借契約書に署名、押印して、銀行などから必要な分のお金をそのまま借りる証書貸付であるため、2度目以降の融資を受けたい際は、再び審査する必要があります。

 

フリーローンも名前の通り、借入金の使い道が基本的に自由です。

 

最近では、用途自由の借入形態としては、フローローンよりもカードローンが主流になってきています。

自動車・バイク・マイカーローン

自動車購入、バイク購入の際に役に立つのが自動車ローンです。

 

自動車ローンは、車・バイクの購入用途に限定されたローンで、手元に十分な資金がなくても車やバイクを購入することができます。

 

マイカーローンと呼ぶこともあります。

 

自動車・バイク購入関連資金にしか使えない反面、カードローンやフリーローンよりも圧倒的低金利で借入することができます。

 

自動車・バイクローンについてはそれぞれ詳しく解説している記事があるので、金利の安いマイカーローン・中古車ローン・バイクローン についてはこちらの記事で詳しく説明しているので参考ください。

住宅ローン

住宅ローンとは、居住するための住居、や土地を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関などから受ける融資です。

 

住居購入関連の用途にしか借入金を使えない反面、金利がカードローンやフリーローンより安くなっています。

 

住宅ローンについてはこちらの記事で詳しく説明しているので参考ください。

教育ローン

お子様の大学の授業料や塾、習い事など、教育に関する費用を借入できるのが教育ローンです。

 

なるべく低金利で教育費を借入する方法・教育ローンおすすめについてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考ください。

事業・ビジネスローン

法人経営者・個人事業者が事業運営や事業拡大など事業資金調達のためにお金を借入れる事のできるローンが事業ローンです。

 

ビジネスローンと呼ぶこともあります。

 

カードローン やフリーローンの借入金を事業費に充てることは基本的に禁止されており、事業費を調達する場合、ビジネスローンの利用が一般的です。

 

事業ローンについてはこちらで詳しく解説しているのでこちらの記事を参考ください。

金利を安く済ますには?カードローンを徹底解説!

カードローンは、融資上限額範囲内であれば、好きな時に好きなだけ借入・返済できるのでとても使い勝手の良い借入方法です。

また、借入目的が基本自由なので、あなたの趣味や旅行などに使うこともでき魅力的ですよね。

 

しかし、カードローンは目的別ローンと比べると金利が高区設定されているため、検討の際はカードローン についてよく知った上であなたに合ったカードローンを見つけることが非常に重要です。

 

メジャーなカードローンの提供先として、消費者金融と銀行などの金融機関の2種類が存在し、お互い特徴や仕組みが少し違ってきます。

 

では早速それぞれの違いを見ていきましょう。

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンとは、消費者金融(プロミス・アイフル・アコムなど一般の個人に対して小口融資を行う業者)から、お金を借りることです。

 

上で言う「小口融資」とは50万円以下、多くても100万円程度の額を借りる事を指します。

それ以上の借入も可能ですが、その場合別のローン商品を検討した方が良いでしょう。

 

消費者金融カードローンの特徴として、下記の5つが挙げられます。



  1. 融資のスピードがとっても早い!
  2. 口座開設が不要
  3. 金利は比較的高め
  4. 無利息期間がある
  5. 総量規制の対象

融資のスピードがとっても早い!

消費者金融カードローンでは、手軽な借入が可能で、身分証明書さえあれば最短1時間でキャッシングできます。

クレジットカードは申し込みから利用まで1週間程かかりますから、消費者金融カードローンはとても早いことがわかります。

また、他のキャッシングサービスと比べても審査時間はかなり短いです。

口座開設が不要

消費者金融カードローンの場合、銀行口座なしで利用するため、特別な手続きは必要ありません。

 

申し込み時に銀行口座を登録しない限り、そのまま銀行口座なしでカードローン利用が可能です。

 

その代わり、借入・返済にはローンカードを使う必要があります。

また、取引は基本的にATMで行われます。

金利は比較的高め

消費者金融は、銀行のカードローンに比べると金利は少し高い傾向にあります。

 

消費者金融の金利は、3~18%が相場です。

※初回の契約では、適用金利は上限の約18パーセントのなる場合が多いです。

消費者金融の金利は、契約額(借入枠)によって決まり、初回の場合借入枠が最大でも50万円までになるケースが多く、金利も上限金利が適用されます。

無利息期間がある

消費者金融では無利息サービスが充実しています。

 

無利息サービスとは、初回契約に限り、30~60日間利息ゼロでお金が借りられるサービスです。

総量規制の対象

また、金融機関(銀行)以外のカードローンやキャッシングは貸金業法が適用され、貸金業者からの借入できる残高は年収の3分の1を上限とする、総量規制の対象になります。

消費者金融はイメージが悪い?サラ金?

消費者金融と聞くとあまり良くないイメージを持たれる方も少なくないですよね。

 

実は、消費者金融がまだ「サラ金」と呼ばれていた時代に、今ほど法律が整備されていなかったため、強引な取り立てが横行し悪いイメージが定着していました。

サラ金とはサラリーマン金融の略称で、元々サラリーマンを対象として小口融資を行う企業が多かったことから呼ばれ初めた呼称です。

(闇金とは全く違います。)

 

一方で今や、強引な取り立てをしたら、一発で営業停止処分を喰らいますので、闇金のような高利貸付や悪質な取り立ては一切ありません。

 

アコムやプロミスなどの消費者金融は金融庁に認可された法律に則った正規の貸金業者です。また、アコムやプロミスなど大手消費者金融は借入から30日間利息のつかないサービスなども行なっており、その効果もあってか、JICCによると2020時点での消費者金融等の利用者は1000万人以上と、単純計算で日本の成人の約9人に1人が利用している事になります。

銀行カードローン

銀行カードローンとは、その名の通り銀行からお金を借り入れることです。

銀行カードローンの特徴として、下記の5つが挙げられます。

 

  1. 金利が比較的低め
  2. 比較的審査が厳しい
  3. 無利息期間サービスは基本的にない
  4. 手数料無料で使えるATMが多い
  5. 総量規制対象外

 

金利が比較的低い

銀行カードローンは消費者金融カードローンの金利と比べると低めに設定されています。

比較的審査が厳しい

銀行カードローンの審査は、大手消費者金融よりも金利が低い分、また、法律による借入額の縛りがないため、銀行独自の審査基準を設けており、消費者金融カードローンよりも審査が厳しく、時間がかかる傾向にあります。

 

多重債務者や、信用情報に問題がある方は、銀行カードローンの審査に通過するのは困難でしょう。

 

とは言っても、ほとんどの銀行カードローンは働いていて安定した収入がある方であれば申し込み可能で、お金持ちでないといけないということでは決してありません。

無利息サービスがない

多くの大手消費者金融カードローンが無利息サービスを提供している一方、銀行カードローンで無利息サービスを提供している銀行はほとんどありません。

手数料無料で使えるATMが多い

ATMは、カードローンの借入や返済の際に利用されます。

 

しかし、ATMの手数料はカードローン会社によって本当に様々で、完全無料のところから、毎回手数料がかかるものもあります。

 

返済時に毎月1回ATMを利用するとしても、年に12回、返済完了まで3年などと考えると、手数料も捨てたもんじゃありません。

 

銀行のカードローンは手数料無料で使えるATMが比較的多いので、無駄なコストを抑えられます。

総量規制対象外

また、金融機関(銀行)以外のカードローンやキャッシングは貸金業法が適用され、貸金業者からの借入できる残高は年収の3分の1を上限とする総量規制の対象になるります。

 

一方で銀行の場合、銀行法が代わって適用

即日でお金を借りるなら消費者金融!金利の安いおすすめの消費者金融ローン

今すぐお金が欲しい!というスピード重視の方には、融資までのスピードが圧倒的に早い消費者金融がオススメです。

銀行のカードローンは消費者金融に比べ、比較的金利は低いのですが、即日融資には対応しておらず、最短でも翌営業日の融資になってしまいます。

一方で、ほとんどの大手消費者金融は、融資までの時間が最短1時間ととてもスピーディーで、一瞬のうちに借入完了することが可能です。

 

カードローン会社

即日融資

融資までの時間目安

アイフル

1時間

プロミス

1時間

アコム

1時間

SMBCモビット

1時間

レイクALSA

1時間

みずほ銀行カードローン

✖️

翌営業日

楽天銀行スーパーローン

✖️

翌営業日

三菱UFJ銀行カードローン

✖️

翌営業日

金利の安い人気の大手消費者金融ローンおすすめランキング3選

消費者金融と一概に言っても、どの消費者金融を選べば良いかわからないという人も多いですよね。

 

大手消費者金融の中にもそれぞれ違った特徴や強みがあるので、全て比較した上で自分にあったものを選びましょう。

 

ここでは、即日でお金を借りたい人にオススメの大手消費者金融3選をご紹介します。

第3位

プロミス

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SMBCグループの大手消費者金融!

CMでもよく見かける、知名度の高いSMBCグループの消費者金融がプロミスです。

 

プロミスは、アプリで借り入れのできるアプリローンや、カード発行なしで融資を受けられるカードレスキャッシングなど利用者にとって便利なサービスを多く提供しています。

 

アプリローンを活用し、アプリから申し込むと、セブン銀行ATMで最短1時間の即自治融資が受けられますし、カードレスキャッシングなどは自宅に郵送物一切なしでお金を借りることができます。

 

店舗も全国に展開しており、土日祝日でも審査、振込、借入可能、登録から申し込み方法までも非常に簡単なので、初めて利用するユーザーにとっても安心です。

 

また、プロミスも30日間利息無料なのですが、アイフルやアコムなど他の消費者金融が契約日翌日から30日無利息なのに対し、プロミスは借入日翌日から30日カウントするので、日数を無駄にしてしまうことがありません。

 

プロミスは他の大手消費者金融同様、審査時間は30分、最短で1時間で融資が可能です。

また、プロミスの瞬フリを使えば、原則24時間最短10秒で即日融資が受けられます。

融資速度最短1時間キャンペーン初回30日間無利息
第2位

アイフル

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

親切丁寧と評判の大手消費者金融!

大手消費者金融の中でも、圧倒的親切、丁寧な対応で定評があるのがアイフルです。

 

わからないこと・気になることがあれば、なんでも専門のスタッフが丁寧に教えてくれるので、初めてお金を借りる方にも安心して使っていただける、自信を持ってオススメできる大手消費者金融の1つです。

 

また、サポートが充実しているだけではなく、女性専用フリーダイアルが用意されていたりと、女性が借りやすいサービスでもあります。

 

初めてアイフルを利用する方は、30日間の無利息サービスを使うことができ、審査は最短30分、最短即日融資にももちろん対応しています。

 

加えてアイフルは豊富なローン商品を取り扱っており、SuLaLiという限度額10万円の女性向けカードローンや、最低融資額が100万円といった高所得者向けのファーストプレミアムカードローンといったカードローンなど豊富なカードローン商品を展開しており、あなたの用途に合わせて選択できるようになっています。

融資速度最短1時間キャンペーン初回30日間無利息
第1位

アコム

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CMがお馴染みの大手消費者金融!

「はじめての、アコム」でおなじみ、知名度が高く、新規申込者が多い大手消費者金融がアコムです。 データを公開している消費者金融大手3社の中でも3年連続トップで新規申込者数を獲得しています。

 

また、アコムは消費者金融の中でも融資スピードが早く、プロミス同様 webからの申し込みで審査時間が最短30分、最短60分でお金を借りられます。

さらに、融資金額はプロミスの「最大500万円」に対し、アコムは「最大800万円」と300万円多く設定されています。

融資速度最短1時間キャンペーン初回30日間無利息

消費者金融のおすすめ人気ランキング一覧比較早見表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5325635の画像

  • 2
    アイテムID:5325633の画像

  • 3
    アイテムID:5325631の画像

  • 商品名
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • 特徴
  • CMがお馴染みの大手消費者金融!
  • 親切丁寧と評判の大手消費者金融!
  • SMBCグループの大手消費者金融!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 融資速度
  • 最短1時間
  • 最短1時間
  • 最短1時間
  • キャンペーン
  • 初回30日間無利息
  • 初回30日間無利息
  • 初回30日間無利息

一番安くお金を借りるなら銀行カードローン!低金利銀行カードローンおすすめ

「何としてもできるだけ低金利でお金を借りたい!」

という方は、絶対に銀行のカードローンがオススメです。

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が低めに設定されているため、利息負担を軽減することができます。

人気の銀行カードローンおすすめ人気ランキング3選!

早速、低金利でお金を借りたい方に金利の安いおすすめ人気の銀行カードローンを3つご紹介します。

第3位

楽天スーパーカードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天銀行が提供するカードローン!

楽天スーパーカードローンは、楽天市場でおなじみの楽天株式会社の傘下にあるネット銀行「楽天銀行」が提供するカードローンです。

 

楽天スーパーカードローンは銀行ならではの圧倒的に低い金利とお得な入会キャンペーンで急激に利用者を増やしています。

 

また、楽天スーパーカードローンは口座開設不要で、契約手続きを進めることができます。

普通預金口座の口座開設は手間がかかってめんどくさいという方にオススメです。

借り入れ限度額800万円金利1.9%-14.5%
第2位

三井住友カードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三井住友銀行が提供するカードローン!

三井住友カードローンは、三井住友銀行が提供するカードローンです。

 

お申し込みは24時間365日スマホ・パソコンから可能で、全国の三井住友銀行・提携コンビニATMでいつでも、なんででも手数料無料で利用できます。

 

返済はお近くのATMで入金・インターネットバンキングへのお振込・または、毎月自動口座振替の3つがあり、ご返済日は毎月5日・10日・15日・25日・月末の4つからあなたのご都合にあわせて選ぶことができます。

 

また、三井住友銀行カードローンはローン契約きでカードの受け取りができ、店舗によって営業時間は異なりますが、基本的にローン契約機は平日、土日祝日も21時まで利用可能ですので、お仕事終わりにカードを受け取るなんてことも可能です。

 

先にネットで申し込みを行い審査結果が通知されてから、ローン契約機でカードを受け取りましょう。

借り入れ限度額800万円金利4.0%-14.5%
第1位

みずほ銀行カードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

みずほ銀行が提供するカードローン!

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が提供する銀行カードローンです。

メガバンクという安心感に加えて、銀行カードローンならではの低金利、年金利2~14%と銀行カードローンの中でも低金利な設定になっています。

 

とにかく利息を抑えて借入したい方はみずほ銀行カードローンがぴったりです。

また、取引に使うカードとして、カードローン専用カードだけではなく、キャッシュカード兼用型もあるので、お好みの方を選択して下さい。

借り入れ限度額800万円金利2.0%-12.0%

銀行カードローンのおすすめ人気ランキング一覧早見表!

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5325652の画像

  • 2
    アイテムID:5325648の画像

  • 3
    アイテムID:5325647の画像

  • 商品名
  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友カードローン
  • 楽天スーパーカードローン
  • 特徴
  • みずほ銀行が提供するカードローン!
  • 三井住友銀行が提供するカードローン!
  • 楽天銀行が提供するカードローン!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 借り入れ限度額
  • 800万円
  • 800万円
  • 800万円
  • 金利
  • 2.0%-12.0%
  • 4.0%-14.5%
  • 1.9%-14.5%

金利以外もチェックしておきたい!ローンを選ぶ際の判断ポイント

カードローンだけでも種類が多くあって、どの業者のものを使うべきか迷ってしまいますよね。

ローンを選ぶ際に気をつけてチェックするべきポイントは金利だけではありません。

ローンを選ぶ際に気をつけたいポイントとして以下の4つが挙げられます。

 

  1. 金利
  2. 利用限度額
  3. 審査時間・融資速度
  4. 銀行口座の開設の有無

金利

お金の借入先を検討する際に誰もが最初に思い浮かぶのが金利ではないでしょうか?

基本的に、カードローンの金利は「年○〜○○%」というように表記されています。

 

これは、借入額などによって、上限金利とか現金りの範囲内から設定されるからです。

また、カードローンを取り扱う金融機関は、上限金利と下限金利をあらかじめ告知することが義務付けられています。

業者によって、数パーセント金利が変わってくる場合もあり、数パーセントが返済額の数十万円の差になることもあるので、しっかり金利をチェックしておきましょう。

銀行カードローンの金利は、大体1.5~14.8%、消費者金融カードローンは~18% が平均的です。

 

初めて借入れる際は、上限金利になることが多いので、金利は上限金利でなるべく判断するようにしましょう。

利用限度額

利用限度額は、「いくらまで借入できるか」を表した金額です。

カードローンやフリーローンの利用限度額は、審査によってきまるので利用者ごとに金額が異なります。

 

銀行カードローン・フリーローンの利用限度額は、消費者金融の利用限度額よりも比較的高く設定されており、高額融資を希望する方に向いていると言えます。

 

しかし、実際には、初回契約者に利用限度額の上限が適用されることはなく、50万円以下の利用限度額が設定されるケースが多いです。

 

よって、初めての銀行カードローンの利用を検討する際に、利用限度額からどこの銀行のものを使うかを決めるのはあまり好ましくありません。

審査時間・融資速度

ローンを選ぶ際に、金利の次にチェックしておきたいのが審査時間・融資速度です。

融資を受けるためには、ローン審査に通過する必要があります。

 

特に銀行カードローンの審査ですが、金利が低い分、審査担当者が確認しなければならない項目は多く、銀行のカードローン審査は時間がかかる傾向にあります。

 

よって、融資までの速度も消費者金融などに比べて遅くなってしまいます。

 

アコムやプロミスなどの大手消費者金融が審査スピードを売りにしていることから、「審査時間最短30分」や「最短即日融資」という情報を公開していますが、銀行カードローンは具体的な審査時間を明記していないことが多いです。

急ぎで融資を希望している方は、銀行ローンではなく、消費者金融のローンを検討しましょう。

銀行口座の開設の有無

銀行カードローンは即日融資は不可能ですが、口座開設不要のカードローン商品を選択することで融資速度を早めることができます。

 

なぜなら、銀行カードローンの中には、「すでに当行の普通預金をお持ちの方」という条件を設けている場合があり、口座開設にかかる時間を省くことができます。

 

すでにお使いの銀行のカードローンをチェックしてみても良いでしょう。

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」や三井住友銀行カードローン、楽天銀行カードローンは新たな口座開設不要です。

 

また、楽天銀行カードローンに関しては、楽天銀行の口座がなかったとしても、他行の銀行口座に振込融資してもらえます。

ローン審査で見られるポイント

銀行のカードローンの審査では何が見られているのでしょうか?

そもそも審査に通る人と通らない人の違いは何なのでしょう?

 

審査基準についてきになる人も少なくないのではないでしょうか。

 

基本的に金融機関などの審査基準は公開されていませんが、ローンの種類や業者など関係なく、お金を借入する際に審査で共通して見られることは同じです。

「返済能力があるか」と「信用できるか」の2点です。

誰もお金が返ってこなさそうな人や信用できない人にお金を貸したくないですよね。

 

では、一体この2点をどのように判断しているのでしょうか?

あなたに「返済能力があるか」「信用できるか」を知るために貸金業者や金融機関が参考にする情報は下記の3つです。

 

  1. 過去の事故歴、照会件数
  2. 他社での借り入れ残高や利用可能限度額
  3. 属性

 

過去の事故歴、照会件数

過去の事故歴、照会件数に基づく審査は、個人信用情報機関の登録記録を元に実施されます。

特に過去に返済トラブルがないかや、ローンの申し込み回数が見られます。

過去に滞納したことがあったり、債務整理・自己破産などの記録がある場合は審査に通ることが難しくなります。

他社での借入残高や利用可能限度額

他社での借入残高や利用可能限度額に基づく審査も、個人信用情報機関の登録記録を元に実施されます。

 

返済能力を判断するために、自社・他社を含めた総借入残高を中心に見られます。

 

すでにローンを利用している場合や他社で借入している場合は審査に影響する可能性があります。

審査に通るためには、今借りているものを返してからが無難です。

 

属性

属性審査は、あなたが記入した申請書に書かれた情報を元に判断されます。

属性とは主に年齢・職業・勤続年数・年収・家族構成などです。

まず20歳以下の方への融資は基本的に行なっていないので、未成年は審査に通ることができません。

また、あなたの年収から、無理なく返済できるような融資額を決定します。

勤続年数が1年未満の場合、安定した収入と言えるかが怪しく、審査に落ちてしまう場合もあります。

記載した情報をもとに、勤務先に在籍や勤続年数の確認連絡が入ることがあります。



上記で問題がなさそうであれば、審査に落ちる可能性は少ないでしょう。

一方で、上記に1つでも問題があった方は、なるべく今ある問題を解決してから新たに借入するようにしましょう。

お金を借りるのにおすすめできない方法は?|詐欺に注意

闇金には十分気をつけよう

闇金とは、貸金業者でありながら、国に届け出を出していない違法業者のことです。

 

通常、店舗型・インターネット経由で融資を行うサイト型など営業形態関係なく、消費者金融などの貸金業を営む場合、特定の役所に開業申請や登録をし、国から許可を得る必要があります。

 

しかし、闇金は法外な金利で悪質な取り立てを行いより多くの利益を得たいがために、国や都道府県への登録を行わず、利用者を地獄へ陥れます。

闇金の特徴として下記の3つが挙げられます。

 

・契約方法と取り立てが悪質

・法定金利を超える条件で融資する

・ブラックリストの人に返済能力以上の額を融資する

契約方法と取り立てが悪質

多くの闇金は白紙委任状にサインを求めてきます。

 

ここにサイン・押印してしまうと、後から闇金の都合の良い内容を記入されその条件にあなたが同意したことになり、法的な効力が発生、どんなにめちゃくちゃな内容でも従うしか無くなってしまいます。

 

例:「借金の返済ができない場合、給料・財産を差し押さえても異議を唱えない」とあなたがサインした白紙委任状に後から書かれてしまうと、返済ができなくなった場合に無条件であなたの給料・財産が差し押さえられます。

 

また、住所や電話番号などの個人情報を教えてしまうと、後々悪質な取り立てに苦しむことになってしまいます。

 

自宅に怖い人が押しかける、脅迫されるなど、テレビの中のお話のように聞こえるかもしれませんが、実際のところいまだに多くの人が苦しんでいるのが現実です。

 

最終的には、あなただけでなくあなたの友人や同僚、家族にまで取り立てが及び、周りの人まで不幸に、あなたの生活や人間関係までをどん底まで陥れてしまいます。

法定金利を超える条件で融資する

カードローンなどの融資商品の金利は、法律で、最高でも20パーセントと決められています。

ですが闇金は、

・10日で3割(トサン)

・10日で5割(トゴ)

など

法定金利を大幅に超えた融資を行います。

 

また、闇金のやり口も巧妙で、「うちはトゴだけどお客さんならちゃんと返してくれそうだからトサンでいいよ」

などと上手いこと言って融資につなげて来ようとします。

ブラックリストの人に返済能力以上の額を融資する

闇金はブラックリストにのっているようなお金に困っている人を狙ってきます。

 

金利や利息はどうでもいいから今すぐお金が欲しいという心理につけ込み、膨大な利息を支払わせるため、ブラックの人や多重債務者に簡単に融資します。

 

そして利息を含めた借金は返せなくなってしまい、最終的には自己破産に追い込まれます。

もう一度言いますが、どんなに困っても、闇金だけには手を出さないようにしましょう。

ローンを組む際によくある質問|お金のQ&A

ここではお金を借りる際によくある質問に答えていきます。

では実際に見ていきましょう。

無職でもお金を借りることはできますか?

この記事で主に紹介した、消費者金融・銀行・信販会社・学生ローンなどでは、お金を借りることのできる人の条件として、「安定した収入があること」が挙げられ、収入のない無職の方がお金を借りることは難しいです。

しかし、ニートや失業中でもお金を借りられる方法は以下3つあります。

 

  1. 国の融資を受ける
  2. 生命保険の契約者貸付を利用
  3. 内定者ローン

国の融資を受ける

失業中であれば、総合支援資金という制度を利用できます。

 

市役所にある社会福祉協議会の窓口から、失業や減収などを理由に生活困難に陥っている人に救いの手を差し伸べてくれる制度です。

生命保険の契約者貸付を利用

終身保険・養老保険・個人年金保険・学資保険のいずれかに加入している場合、この契約者貸付を利用することで、ニートや失業中であっても、保険を解約した時に支払われるお金を元にしてお金を借りることができます。

 

融資審査を受ける必要もなく、簡単にお金を借りることができるので、生命保険に加入している人にとっては、お金を借りる良い手段となります。

内定者ローン

卒業後の就職が内定しているのであれば、今アルバイトをしておらず収入がないとしても、内定者専用ローンを利用することができます。

 

内定者ローンは銀行やろうきんが提供する学生向けローンです。

お金を借りる時に在籍確認なしでも借りれますか?

金融機関からお金を借りる際、会社への在籍確認の電話は大きな不安要素ではないでしょうか。

会社の上司や同僚にお金の借入をしていることがバレるのは嫌ですよね。

 

結論から言うと、在籍確認なしでお金を借りることのできる金融機関は存在しません。

在籍確認はあなたの信用性・返済力を計る重要な工程なのです。

 

しかし、在籍確認は必ずしも電話審査というわけではなく書類審査など、電話以外の方法で行なっている場合も多くあります。

電話連絡なしの金融機関で申し込めば、会社からキャッシングを疑われることなくお金を借りることができますので、以下2つの方法をお勧めします。

 

  • 電話連絡のないカードローン会社を利用
  • 電話連絡が行われる可能性の低いクレジットカードを発行

 

金利の安いローンおすすめまとめ

以上、「金利の安いローンまとめ」でした!

 

ローンの種類・ローンの基本情報・金利の安いローンまで徹底的に説明してきました。

ローンを選ぶ際には、金利以外にも見るべき点がいくつかあることがわかったかと思います。

結局、万人に共通した絶対的に良い貸金業者などなく、各社比較した上で、あなたのニーズにぴったりの借入先を見つけることが重要です。

 

比較検討するのには時間もかかり、めんどくさいのも事実ですが、あなたにマッチした借入先を見つけることで、結果的に、ミスマッチがへり、負荷やストレスも減り、とあなたに返ってくるので、かしこい情報収集を心がけ、借入の目的に合わせて消費者金融や銀行カードローンなどうまく活用していきましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ