記事ID141628のサムネイル画像

キャンプ用ストーブのおすすめ人気ランキング25選【寒い冬でも安心】

冬キャンプで愛用されているキャンプ用ストーブですが、薪ストーブや石油ストーブなど種類も豊富で、調理に使用できる商品も。どれを選べばよいかわからない方のために、今回、キャンプ用ストーブのおすすめの選び方や人気商品25選をランキング形式でご紹介していきます。

キャンプ用ストーブで冬も楽しむ!

キャンプといえば気温が暖かい季節に行うことをイメージしますが、冬にもキャンプをしている方は意外にも多いのです。冬のキャンプは、寒さがとても厳しく、体調管理が非常に大切です。せっかくキャンプへ行っても、風邪をひいてしまっては楽しめませんよね。

 

そこで、冬のキャンプの必需品とされているのが、キャンプ用ストーブなどの暖房器具です。これを使えば寒い時期でも、テントやキャンプサイトの中で身体を温めながら過ごすことができます。

 

しかし、キャンプ用ストーブには様々な種類があるため、選ぶのに困ってしまう方もいます。そこで今回、キャンプ用ストーブのおすすめの選び方や、人気商品25選をランキング形式でご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

キャンプ用ストーブを選ぶ軸!

1.燃料:ストーブの燃料には、ガス、石油、薪、電気があります。どの燃料を使用するかによって特徴が異なりますので、確認をしておきましょう。

 

2.用途:ソロキャンプや大人数でのキャンプなど、用途によっても適したストーブが異なります。どのような条件のストーブが良いか、チェックしてくださいね。

 

3.コスト:ストーブ本体だけでなく燃料にもコストがかかります。使用頻度に合わせて、コスパの良い商品を選ぶようにしましょう。

 

4.安全性:ストーブの使用には危険が伴いますので、安全機能がついた商品がおすすめです。商品の購入前には必ず確認をして、安全にストーブが使用できるように備えましょう。

 

5.コンパクト&軽量:ソロキャンプや徒歩・自転車などでキャンプへ行く場合は、荷物を少なくするため、ストーブのサイズにも要注意です。本体と燃料がどの程度の荷物になるのか把握して選びましょう。

キャンプ用ストーブの選び方

キャンプ用ストーブには、様々な種類があります。どのようなポイントを押さえて選んでいけばよいか、確認していきましょう。

必要な燃料からまずは選んでみよう!

キャンプ用ストーブを使用する際には、燃料となるものが4種類あります。それぞれに異なる特徴があるため、詳しく見ていきましょう。

「ガスストーブ」

「ガスストーブ」は、ガスを燃料として火を起こすストーブです。ガス缶をストーブにセットするだけなので、使い方がとても簡単で、キャンプ用ストーブの使用が初めての方にもおすすめです。

 

しかし、使い方が簡単である分、他の燃料と比較すると、火力が弱い傾向があります。大人数での使用には向いていませんので、使うシーンを考えたうえで選ぶと良いでしょう。

 

ガスストーブは、小型で軽量なタイプが多いため、できる限り荷物を減らしたい方や、女性の方にもおすすめです。

「石油ストーブ」

「石油ストーブ」は、灯油を燃料としたストーブです。家庭で使用しているストーブと同じ使い方ですので、ストーブの扱いに慣れている方にはおすすめです。また、火力が強いため、大人数での使用にも向いています。

 

その他、普段から灯油を購入して自宅で石油ストーブをしている方は、わざわざ灯油を購入する必要がありません。自宅から灯油を持っていくことで、コストをおさえることができます。

 

しかし、石油ストーブの場合、どうしてもサイズや重量が大きくなる傾向があります。車を使用してキャンプへ行く場合のみ、石油ストーブを選択しても良いでしょう。

「薪ストーブ」

「薪ストーブ」は、薪を燃料として火を起こすストーブです。いかにもキャンプに来たという雰囲気を最も味わえるのが、薪ストーブです。ストーブの中でも最も火力が強いため、広い場所や大人数でのキャンプでも、しっかりと身体を温めることができます。

 

しかし薪ストーブの場合、薪を集めたりどこかから運んで来るなど、燃料を用意する手間がかかってしまいます。そのため、すぐに温まりたいという方にはもどかしく感じるでしょう。

 

薪ストーブを選択する場合には、キャンプに慣れている方や、体力に自身のある男性など、燃料の準備からスムーズに取り組むことができる方におすすめです。

「電気ストーブ」

「電気ストーブ」はその名の通り、電気を燃料としたストーブです。電源が設置されている場所であれば、どこでも簡単に使用することができます。

 

電気ストーブはストーブの中でも比較的安全に使用することができるタイプで、サイズのバリエーションも豊富なため、自分が求めるサイズの商品を見つけやすいでしょう。

 

しかし、他のストーブに比べると温める効果が弱いため、寒く感じる場合があるかもしれません。そのため、一人でのキャンプやテント内の特定の場所を温めたい場合、また、安全性を最優先する場合などにおすすめです。

用途から選んでみよう!

キャンプ用ストーブは、用途によっても選び方が異なります。3つのパターンに分けて、選び方のポイントを見ていきましょう。

ソロキャンプに!

ソロキャンプの場合、自分の身体を温めることができれば良いため、小型のガスストーブや電気ストーブがおすすめです。1人であれば荷物を運ぶことも大変ですので、比較的コンパクトで軽量な、この2つのストーブの中から選ぶと良いでしょう。

 

しかし、中には極端に寒がりの方もいるかもしれません。その場合には、自分がどれだけ温かさを求めるかを考慮して、選ぶようにしてくださいね。

大人数のキャンプに!

大人数のキャンプでは、広範囲を温めることが求められます。そのため、火力の強い石油ストーブや、薪ストーブが適しています。

 

石油ストーブや薪ストーブには、調理にも使用できるというメリットがあるため、ストーブを使用して、全員で調理を楽しむこともできます。

 

また、石油ストーブに限っては、「輻射式」と「対流式」の2種類があり、どちらを選ぶかによってメリットが異なります。たとえば、ストーブの前方を暖めたい場合は「輻射式」、空間を暖めたい場合には、「対流式」がおすすめです。

アウトドアに!

いかにもアウトドアらしく、本格的に冬のキャンプを楽しみたいという方には、断然、薪ストーブがおすすめです。燃料から自分で調達することや、薪ストーブを活用して調理をするなど、キャンプの醍醐味を味わうことができます。

 

しかし、本格的なストーブである分、安全性を保つためにも、ある程度の知識を身に付けておきましょう。また、薪ストーブは手間やコストもかかりますので、デメリットもしっかりと理解して、楽しもうという気持ちを忘れないようにしてくださいね。

コストをしっかりチェックしよう!

冬に何度もキャンプをするという方もいれば、1~2回しかしない方もいます。せっかく高いストーブを購入しても、ストーブを使用する回数が少ないほど、もったいないと感じてしまいますよね。

 

そのため、使用頻度が少ないであろうと事前に分かっている方は、ストーブ本体の価格やランニングコストのバランスを考えて、できるだけコスパの良い商品を選んでおきましょう。

 

また、自宅でも使用できるタイプのストーブを選んでおけば、キャンプへ行く回数が少なくても安心です。

安全性は大丈夫?

ストーブは火を扱う暖房器具ですので、どうしても危険が伴います。正しい知識を身に付けておくことはもちろんのこと、できる限り安全な機能が備わったストーブを選ぶことが重要です。

 

ストーブの種類や燃料によっても異なりますが、安全機能として、転倒時や地震の揺れを感知した際に自動で消火してくれる機能が備わった商品があります。特に狭いテント内でストーブを使用する場合には、最低限この安全機能が備わったものを選ぶようにしましょう。

 

その他にもガス漏れを感知する機能や、不完全燃焼を防止する機能などがあります。ストーブを購入する際には、安全機能についてしっかり確認することをおすすめします。

コンパクトだと持ち運びに便利!

車で手軽にキャンプへ行く場合はそこまで考慮する必要はありませんが、ソロキャンプや徒歩・自転車などでキャンプへ向かう場合には、荷物を最小限に抑えたいですよね。この場合は、コンパクトで軽量な商品に注目しましょう。

 

また、意外と忘れがちですが燃料も持ち運ぶ必要がありますので、本体と燃料を合わせてどのくらいの荷物になるのかを把握しておきましょう。

 

ただし、コンパクトで軽量なタイプは基本的に火力が弱いですので、持ち運びに便利だからと言って、暖かさが足りず体調を崩してしまっては本末転倒です。火力とサイズのバランスを考えて選ぶことも大切です。

ソロキャンプに!|キャンプ用ストーブおすすめ人気ランキング9選

第9位

TOMSHOO

チタン ウッドストーブ

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの薄さ&軽さ

TOMSHOOストーブは、腐食耐性がよく、超軽量であるチタン構造で作られています。数秒で、すべてのパネルを接続することができます。キャンプをする時に見つけやすい、木、小枝、枝、葉、紙のような自然の燃料で使用することが可能です。

 

折りたたむと、スマートフォンと同じくらいの驚きの薄さで、携帯にも非常に便利です。専用収納バッグ付きのため、持ち運びもらくらくです。

燃料木、小枝、枝、葉、紙など安全機能-
サイズ幅125mm × 奥行125mm × 高さ160mm重量7.2g

口コミをご紹介

海辺でソロキャンプをすることが多いので、軽量性堅牢性もさることながら耐腐食性の高さが非常に心強い。海水で洗ってバッグに放り込んでおいても大丈夫なのだ。その辺に落ちている枯れ枝だけで湯沸かしも料理も暖を取ることも出来るのがアウトドアでの開放感に繋がる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

Linkax

キャンプストーブ

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納パック付き

ステンレス製の二重壁構造で頑丈なストーブです。二次燃焼プロセスにより、乾燥薪や木材チップで20分間続けて燃焼できます。また、固体燃料あるいは固体アルコールを固体燃料プレートに入れ、火をつけることで簡単に固体燃料ストーブとして使用することができます。

 

小さくてコンパクトな携帯用ストーブのため、重い燃料を持ち運ぶ必要はありません。燃料は、自然にある枝や枯葉などでOK。固形燃料を使用すればクリーンな燃焼が可能で、環境にも優しいアイテムです。

燃料枝、枯葉、固形燃料安全機能-
サイズ幅101mm×奥行101mm×高さ115mm(収納時)重量210g

口コミをご紹介

ウッドストーブはいくつか所持してますが、こちらの品物は火力がありますね。二次燃焼と煙突効果で良く燃えます。煙もほとんど出ませんでした。使用する薪の状態で変わりますが
、構造も単純で組み立てや片付けも手が掛からないのが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

エスビット(Esbit)

ポケットストーブミリタリー

価格:1,377円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軍隊で使用されている優れもの

ドイツ軍の使用している固形燃料と折りたたみ式コンロがセットになったストーブです。固形燃料を、折りたたんだ五徳中に収納しているので簡単にポケットにしまうことができます。14gタブレット1個で、約600ccのお湯が沸かせます。

 

ドイツ軍、オーストリア軍、フランス軍の標準装備とし採用されており、キャンプ、登山、災害時のサイバイバル用品として最適です。1tabで約15分燃焼するため、着火材としても便利です。

燃料固形燃料安全機能-
サイズ幅100mm×奥行77mm×高さ23mm(収納時)重量85g

口コミをご紹介

ファミリーキャンプで使用しています。白米の炊き方は、色々試していますが、
他の方法でも旨い米は炊けるものの、メスティンと固形燃料での、ほったらかしの自動炊飯をしておけば、他の調理に専念できますのが良いのです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

ノーブランド

薪ストーブ

価格:2,550円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量&コンパクト

アウトドアクッキングに最適なコンパクトウッドストーブです。アウトドア好きな方には有名なウッドストーブで、キャンプをはじめ、登山、釣り、非常時にも使える便利な商品です。

 

ガスストーブでは物足りない方、これからキャンプを始めようと思っている方にもおすすめ。たき火・炭火・アルコールストーブなど、さまざまな使い方ができるため、一つ持っているだけで重宝します。

 

薪を燃やす際も、特殊構造で燃焼効率もよく、機能的にも優れた逸品です。

燃料薪、炭、アルコール安全機能-
サイズ幅125mm × 奥行125mm × 高185mm(使用時)さ重量約520g

口コミをご紹介

中に排水口の網いれて使い終わったら逆さにして底を手でポンポンっと叩いて灰をだしたら手もそこまで汚れず終わりです。ソロで湯沸かすのとフライパンで焼くぐらいなので十分です。薪をあらかじめ細かくしたものを持って行けばストレスなくサッと使えてサッと片付けてって感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

SEIKOH

カセットガスストーブ 小型

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

点火してすぐ温まるようになりました

これ1台あれば、足元もポカポカあったか暖房の、カセットボンベ式のガスストーブです。キャンプ・レジャーなどはもちろん、災害時などの暖房グッズとしても大活躍します。持ち運びに大変便利な取っ手付き+温度・角度調整付きです。

 

使用状況により異なりますが、市販のガスボンベ1本に付き、約3時間の使用ができます。電池不要設計で、緊急時にも安心です。特大セラミックパネルを採用しており、暖房性能に優れています。足元まで温まり、簡易的な防寒対策が可能です。

 

キャンプや釣り、スポーツ観戦などのアウトドアに。地震、津波、竜巻、などの非常災害時の備えにもおすすめの商品です。

燃料ガス安全機能-
サイズ幅285mm×奥行240mm×高さ270mm重量2.2kg

口コミをご紹介

コンパクトで持ち運びに便利です。火力もあって温いです。屋外で使用するのにとても重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Iwatani(イワタニ)

カセットガスストーブ

価格:21,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブルタイプ

電池も電源コードも使わず、どこでも暖かさを持ち運ぶポータブルタイプのカセットガスストーブです。点火後の立ち上がりが早く、約1分で暖をとることができます。

 

エコモード運転で、ガス消費量約15%省エネ。連続燃焼時間は、標準モード運転時で約3時間20分です。

燃料ガス安全機能不完全燃焼防止装置、立消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置
サイズ幅311mm×奥行208mm×299mm重量約2.6kg

口コミをご紹介

自己責任でテント内で使用しています。これ一つで直径450cm×高さ300cmのワンポールテント(スカート付き)をかなり暖かくすることができます。カセットボンベは2~3時間で1本が空になる燃費ですが、テントの容積であれば連続して使用することもないですし暑いくらいなので、実用的な燃費範囲と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Moon Lence

D039

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプに最適

ソロキャンプならちょうど良いサイズで、ポケットに入れて持ち運び楽々の商品です。メインの用途はBBQコンロ、たき火台として造られていますが、ソロキャンプでのストーブとしても大活躍します。

 

価格が安いのに火が付きやすくて使い勝手も良く、持ち運びもラクラクなどいいこと尽くめのコスパ抜群の商品です。

燃料炭など安全機能-
サイズ幅230mm×奥行170mm×高さ55mm(収納時)重量0.85kg

口コミをご紹介

この価格でこのクオリティなら買って損はないかと思います。完全にソロキャンサイズなので、1人以上の場合はサブとして使いたい。ほったらかし炭起こし器としても使うので、ソロキャン、ファミリーキャンプ常に持って行ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

CANWAY

ウッドストーブ

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

二重壁構造

軽量で簡単に折りたため、持ち運びやすいデザインのウッドストーブです。ステンレス製の二重壁構造で頑丈なうえ、二次燃焼プロセスにより乾燥薪や木材チップで20分間続けて燃焼できます。

 

また、オーバーヘッド設計のため、鍋を持ち上げる必要はありません。鍋を置いたまま薪を入れられる使いやすい構造です。

燃料枝、葉、木材安全機能-
サイズ幅130mm x 奥行130mm x 180mm重量0.56kg

口コミをご紹介

初めてレビューを書きたいと思う製品に当たりました。
値段も安いので物は試しで買ってみました。複数存在する類似製品の中で迷いましたが
五徳がついているだけでなく、網が付属しているのでこの品を選びました。
作りはとてもよく、燃焼した後の色の変化も実に味があって良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Signstek

ウッドストーブ

価格:1,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

環境にやさしいコンパクトなストーブ

コンパクトな状態で持ち運びできるウッドストーブです。 キャンプなどでも邪魔にならずに持ち運びできます。燃料缶を使わず、燃焼効率高く煙があまり出ない仕様で、環境に優しい設計。自然の枯れた木々などを再生して利用し、木材の灰は肥料として大自然に返せます。

 

ソロキャンプ、トレッキング、登山、釣りのお供には勿論、バーベキューのサブコンロとしてなど、アウトドア全般におすすめです。非常時にも役立つこと間違いなしです。

燃料枯れた木々など安全機能-
サイズ幅140mm×奥行140mm×高さ80mm重量約465g

口コミをご紹介

なんてことはない煙突のような形状ですが見事にコンパクトになる。海外の著名なアウトドアマンの多くが使用しているコンロ。理由はコンパクトになる故の携帯性の良さと強い火力。朝起きてテント周りに沢山落ちている小枝を集めて放り込んで着火すればあっという間にお湯を作れる火力を発揮します。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプに!|キャンプ用ストーブの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5319211の画像

    Signstek

  • 2
    アイテムID:5319226の画像

    CANWAY

  • 3
    アイテムID:5319279の画像

    Moon Lence

  • 4
    アイテムID:5319304の画像

    Iwatani(イワタニ)

  • 5
    アイテムID:5319324の画像

    SEIKOH

  • 6
    アイテムID:5319360の画像

    ノーブランド

  • 7
    アイテムID:5319371の画像

    エスビット(Esbit)

  • 8
    アイテムID:5319378の画像

    Linkax

  • 9
    アイテムID:5319388の画像

    TOMSHOO

  • 商品名
  • ウッドストーブ
  • ウッドストーブ
  • D039
  • カセットガスストーブ
  • カセットガスストーブ 小型
  • 薪ストーブ
  • ポケットストーブミリタリー
  • キャンプストーブ
  • チタン ウッドストーブ
  • 特徴
  • 環境にやさしいコンパクトなストーブ
  • 二重壁構造
  • ソロキャンプに最適
  • ポータブルタイプ
  • 点火してすぐ温まるようになりました
  • 軽量&コンパクト
  • 軍隊で使用されている優れもの
  • 収納パック付き
  • 驚きの薄さ&軽さ
  • 価格
  • 1898円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 21800円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2550円(税込)
  • 1377円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 燃料
  • 枯れた木々など
  • 枝、葉、木材
  • 炭など
  • ガス
  • ガス
  • 薪、炭、アルコール
  • 固形燃料
  • 枝、枯葉、固形燃料
  • 木、小枝、枝、葉、紙など
  • 安全機能
  • -
  • -
  • -
  • 不完全燃焼防止装置、立消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • サイズ
  • 幅140mm×奥行140mm×高さ80mm
  • 幅130mm x 奥行130mm x 180mm
  • 幅230mm×奥行170mm×高さ55mm(収納時)
  • 幅311mm×奥行208mm×299mm
  • 幅285mm×奥行240mm×高さ270mm
  • 幅125mm × 奥行125mm × 高185mm(使用時)さ
  • 幅100mm×奥行77mm×高さ23mm(収納時)
  • 幅101mm×奥行101mm×高さ115mm(収納時)
  • 幅125mm × 奥行125mm × 高さ160mm
  • 重量
  • 約465g
  • 0.56kg
  • 0.85kg
  • 約2.6kg
  • 2.2kg
  • 約520g
  • 85g
  • 210g
  • 7.2g

大人数でのキャンプに!|キャンプ用ストーブおすすめ人気ランキング8選

第8位

ecozoom

EcozoomVersa グレー エコズーム・バーサ 防災推奨・キャンプ用 ポータブル アウトドア・クッキング薪コンロ ロケットストーブ

価格:20,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

触っても熱くないストーブ

落ちている「木の枝」はもちろん、「木炭」も燃料として燃やすことができるロケットストーブです。燃焼効率が高いため、僅かな燃料で調理することもでき、有毒ガスや煙がほとんど出ません。

 

また、本体を触ってもあまり熱くならず、ハンドルもシリコンカバーでできているため、火傷の心配が少なく、子供やお年寄りが多い場所でも安心して使用することができます

 

持ち運びに便利なキャリーバッグ付きで、パワーリングなど一式がすっぽり入る専用設計。ポケットにはライター、枝などを入れておくこともできます。

燃料木の枝、木炭など安全機能-
サイズ直径240mmx高さ290mm重量6.5kg

口コミをご紹介

初めての冬キャンプをする事になり、暖房器具を探しはじめ、ロケットストーブという物を知りました。スチール缶の物よりデザインに一目惚れです。カッコイイ‼︎子供がいるので、燃焼中も外側があまり熱くならないのもポイント高いです。届いてすぐその実力を試してみました。確かに少量の燃料でよく燃えます。これからの季節に重宝しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

山善(YAMAZEN)

電気ストーブ

価格:2,410円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンダードな電気ストーブ

手軽に使えるスタンダードタイプの電気ストーブです。ダイヤルを回すだけの、簡単でシンプルな操作です。誤って転倒させてしまっても、自動で電源がOFFになる転倒OFFスイッチ機能で火災を防止することができます。

 

また、2段階切替でお好みの暖かさを選ぶことができ、上下どちらか付けたり、両方付けたりでシーンごとに調整が可能。重さも約1.7Kgで軽量なため、どこでも気軽に移動することができます。

燃料電気安全機能転倒OFFスイッチ
サイズ幅305mm×奥行135mm×高さ365mm重量約1.7Kg

口コミをご紹介

冬キャンプのテント内で使用しました。すぐに温まり快適でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

KMRYP

灯油ヒーター

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5~8人におすすめ

屋外ストーブ、バーナー、コンロとして、アウトドアシーンで大活躍する商品です。軽量でコンパクトな設計のため、持ち運びにも便利です。

 

灯油残量のスケジュール付きで、いつでも燃料の使用状況が分かります。また、転倒や振動による自動消火機能も備わっているため、万が一の時にも安心です。難しい設定は一切必要なく、ボタンを回してから、すぐにぽかぽか温まります。

燃料石油安全機能転倒や振動による自動消火機能
サイズ幅330mm×奥行330mm×高さ460mm重量4.9kg

口コミをご紹介

油漏れは無く、燃焼も問題なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Iwatani(イワタニ)

カセットガスストーブ

価格:12,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワータイプ デカ暖

少ないガス消費量なのに、とっても暖かい暖房効力を発揮するカセットガスストーブです。小型石油ストーブに匹敵する暖かさを得ることができます。電池も電源コードも不要で、灯油も必要ありません。

 

カセットガスの交換もらくらくで、手が汚れません。移動も簡単に行えるため、暖かさを持ち運べる嬉しい商品です。

燃料ガス安全機能不完全燃焼防止装置、立消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置
サイズ幅349mm×奥行280mm×高さ408mm重量約4.1kg

口コミをご紹介

キャンプで使用してますが、これ一つで小型のツールームテントなら暖かく過ごせます!
もちろん一酸化炭素チェッカーなどは必需ですが。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

コロナ(CORONA)

石油ストーブ 対流型

価格:16,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

身体を芯から温めるストーブ

広いスペースをまるごと暖房、遠赤外線炎筒とホワイトフレームが身体を芯から温める石油ストーブです。屋内はもちろん、屋外キャンプでも大活躍します。

 

「対震自動消火装置」が付いていて、2011年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した人気商品です。

燃料石油安全機能対震自動消火
サイズ幅460mm×奥行460mm×高さ598mm重量11.2kg

口コミをご紹介

初期慣らし期間(最初1~2回)は灯油の臭いはかなりしますが、それを過ぎれば安定します。かなりパワーのあるストーブなので、-2℃ぐらいの冬キャンプでも少し暑いと感じたぐらいです。燃費は決していいとは言えませんが、1泊ぐらいのキャンプなら余裕で一晩中ポカポカです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

トヨトミ(TOYOTOMI)

対流型 石油ストーブ

価格:24,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カンタン一発点火

足元を照らす暖かくて明るいランタン調レインボーストーブです。七色のやさしい炎が浮かび上がる、特殊コーティングのガラス円筒を採用しています。およそ40Wの明るさ(白熱球相当)で、非常時の照明にも。

 

ニオイの原因である未燃ガスを燃やしきり、ニオイの発生を抑える「ニオイセーブ消火」機能付き。2重タンク構造で、万一の転倒にも油がこぼれにくく安心・安全です。

燃料石油安全機能-
サイズ幅388mm × 奥行388mm × 高さ485.7mm重量約6.2kg

口コミをご紹介

冬キャンプで使う為に買いました。オシャレで傘付きでかわいくてお気に入りです。注意点としてはティピータイプの背の高いテントだと対流式ストーブの為暖かい空気が上に行き、下は冷えたままなので寝るとき寒くなります。単体で使わずエコファンやサーキュレーターを使い空気を流して使うのをオススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

solo stove(ソロストーブ)

キャンプファイヤー

価格:13,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

火が付きやすい3~4人向けストーブ

軽くて丈夫なステンレス構造のストーブです。2重壁で燃焼効率が高いため、ガスを使わず小枝などの自然素材でも簡単に燃焼させることができます。

 

ソロストーブのキャンプファイヤーは、3~4人のファミリー向けサイズです。より強い火力を必要とする調理などに活用でき、約950mlの水を2~4分で沸かすことができます。

燃料薪、小枝などの自然素材安全機能-
サイズ幅178mm × 奥行178mm × 高さ170mm(収納時)重量約1kg

口コミをご紹介

やっぱり火力がすごい!! 完全燃焼されて最後はわずかな灰しか残らない。材料としてはペレット、薪、炭を使って見たが、火力はペレットが一番でお湯を沸かすなどに最適。通常の調理は薪や小枝を使うと良い。但し、薪も入れすぎると火力が強くなってしまうので注意を。炭は弱火で長持ちするので焼肉に向いている。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Aladdin

Sengoku Aladdin SAGBF01-R

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブルガスストーブ

伝統のブルーフレームをモチーフにしたガスストーブが、Sengoku Aladdinから誕生しました。燃料にカセットボンベを使用するため扱いやすく、移動も楽々です。

 

すぐ暖まりたい時はハイパワー運転、ゆっくり暖を取りたい時は長時間運転など、シーンに応じて使用することができます。

燃料ガス安全機能圧力感知、立消え、転倒時消火、不完全燃焼防止
サイズ幅320mm×奥行335mm×高さ390mm重量5.7kg

口コミをご紹介

思いのほかコンパクトで暖かく、テンマクデサインの炎幕というテントを愛用してますが暖まるにはちょうど良い大きさでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

大人数でのキャンプに!|キャンプ用ストーブの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5319217の画像

    Aladdin

  • 2
    アイテムID:5319238の画像

    solo stove(ソロストーブ)

  • 3
    アイテムID:5319260の画像

    トヨトミ(TOYOTOMI)

  • 4
    アイテムID:5319292の画像

    コロナ(CORONA)

  • 5
    アイテムID:5319323の画像

    Iwatani(イワタニ)

  • 6
    アイテムID:5319392の画像

    KMRYP

  • 7
    アイテムID:5319408の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 8
    アイテムID:5319420の画像

    ecozoom

  • 商品名
  • Sengoku Aladdin SAGBF01-R
  • キャンプファイヤー
  • 対流型 石油ストーブ
  • 石油ストーブ 対流型
  • カセットガスストーブ
  • 灯油ヒーター
  • 電気ストーブ
  • EcozoomVersa グレー エコズーム・バーサ 防災推奨・キャンプ用 ポータブル アウトドア・クッキング薪コンロ ロケットストーブ
  • 特徴
  • ポータブルガスストーブ
  • 火が付きやすい3~4人向けストーブ
  • カンタン一発点火
  • 身体を芯から温めるストーブ
  • ハイパワータイプ デカ暖
  • 5~8人におすすめ
  • スタンダードな電気ストーブ
  • 触っても熱くないストーブ
  • 価格
  • 22800円(税込)
  • 13200円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 16299円(税込)
  • 12500円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 2410円(税込)
  • 20800円(税込)
  • 燃料
  • ガス
  • 薪、小枝などの自然素材
  • 石油
  • 石油
  • ガス
  • 石油
  • 電気
  • 木の枝、木炭など
  • 安全機能
  • 圧力感知、立消え、転倒時消火、不完全燃焼防止
  • -
  • -
  • 対震自動消火
  • 不完全燃焼防止装置、立消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置
  • 転倒や振動による自動消火機能
  • 転倒OFFスイッチ
  • -
  • サイズ
  • 幅320mm×奥行335mm×高さ390mm
  • 幅178mm × 奥行178mm × 高さ170mm(収納時)
  • 幅388mm × 奥行388mm × 高さ485.7mm
  • 幅460mm×奥行460mm×高さ598mm
  • 幅349mm×奥行280mm×高さ408mm
  • 幅330mm×奥行330mm×高さ460mm
  • 幅305mm×奥行135mm×高さ365mm
  • 直径240mmx高さ290mm
  • 重量
  • 5.7kg
  • 約1kg
  • 約6.2kg
  • 11.2kg
  • 約4.1kg
  • 4.9kg
  • 約1.7Kg
  • 6.5kg

アウトドアに!|キャンプ用ストーブおすすめ人気ランキング8選

第8位

Lixada

ステンレススチールロケットストーブ

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

釣り、キャンプ旅行、屋外イベントに

「Lixada」は、ランニング、サイクリング、水泳、スノースキー、狩猟、その他の野外活動などが好きな人々を支援する製品に焦点を当てた登録商標です。そのLixadaから発売された、耐久性のある丈夫なステンレス鋼構造の薪ストーブです。

 

クロススタンドは、鍋ややかんなどを安定した状態で乗せることができるプラットフォームを形成します。収納時は箱状ですが、あっという間に簡単にストーブへと組み立てることができます。

燃料スティック、木質ペレット、その他のバイオ燃料安全機能-
サイズ幅75mm×奥行227mm×高さ83mm(収納時)重量-

口コミをご紹介

ナイスなキャンプ品物で コスパもよくて購入してよかったです 次回も購入希望いたします

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

ホンマ製作所

黒耐熱窓付時計型薪ストーブ

価格:14,757円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐食性&風格

ステンレスを用い、さらに黒の耐熱塗装を施すことで、耐食性と風格を高めた薪ストーブです。ガラス窓を正面扉に配置したため、揺らぐ炎を存分に楽しむことができます。

 

脚は安定性の高い鋳物製を採用。天板には鍋やヤカンを置いて、調理などに活用できます。薪の炎で美味しいご飯も炊くことができる本格派のストーブです。

燃料安全機能-
サイズ幅400mm×奥行600mm×高さ400mm重量6.7kg

口コミをご紹介

大きいですが、暖かくていい感じです。
キャンプで大活躍です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

角型ストーブ UG-51

価格:16,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立ても簡単

アウトドアシーンに合わせた、角型のかまど煙突ストーブです。大小2つのゴトクで同時に料理が可能。ネジ不要で、脚を広げるだけで組み立てができます。

 

薪や炭のつぎたしに便利な扉や、バーベキューが楽しめる網が付属しています。煙突は3段階に高さ調節可能です。また、脚もハイ・ロー2段階高さ調節が可能で、ハイは腰をかがめずに調理できる高さ、ローはゆったり座ってくつろぐ高さになっています。

燃料薪、炭安全機能-
サイズ幅480mm×奥行き270mm×高さ265mm(収納時)重量10kg

口コミをご紹介

思ったよりコンパクトで高さもちょうど良い。ホンマ製作所の半直筒100mmとエビ曲45度を組み合わせてなんとかスクリーンタープの中で使える様になった。テント内での使用は自己責任だが断熱材にセラカバーとラス網を使用しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Deelight

ワーク タフ ストーブ

価格:49,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者もこだわりキャンパーも納得

寒い季節のキャンプで、すでに定番となっているストーブ。仲間やファミリーとストーブを囲む時間は格別で、この商品は初心者もこだわりキャンパーも納得の出来栄えで、軽量で扱いやすいワークタフストーブです。

 

暖をとるためだけでなく、「焼く」、「煮る」、「炒める」など、全てこなせる万能型の調理器具としても使用できます。さらに、フロント・サイドに設置された大きな耐熱ガラスの窓から中の炎を存分に眺め、楽しむことができます。

 

延長煙突や脚など付属のアイテムを取り外し、本体の中に収納できます。そのまま付属のバッグに入れられて、コンパクトになって持ち運びやすい設計です。本体は錆に強いステンレススチール製で、耐熱ガラスも特別耐熱性が高く、水にも強いです。

燃料安全機能-
サイズ10.4kg重量幅260mm×奥行400mm×高さ300mm(収納時)

口コミをご紹介

重さはそこそこありますが、すべての部品が中に納まるので便利です。テントによっては別売りの煙突を追加しなければなりません(その場合追加した煙突は別収納になりますが)
天板にダッチオーブンを置いて調理もできます。片面ですが、大きな窓がついているので、炎を眺めることができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

G-Stove

Heat View

価格:46,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薪ストーブ本体セット

ノルウェー発のアウトドアブランド「Gストーブ」が製造する、スタイリッシュな薪ストーブ「HEAT VIEW」です。コンパクト性に優れたデザイン設計で、付属の煙突&煙突蓋&スクレーパーは全て本体に収納することができ、持ち運びもとってもラクラクです。

 

本来の暖をとるストーブとしては勿論のこと、本体上部に鍋やフライパンを乗せて、「焼く」、「煮る」、「炒める」等の料理も万能にこなす事ができます。

 

燃焼効率&煙突からの煙のはけもとても良く、携帯性と機能性を兼ね備えた万能な薪ストーブです。

燃料安全機能-
サイズ横420mm×奥行420mm×高さ2360mm重量約10kg

口コミをご紹介

飽きずに長く愛用できそうな薪ストーブをと考えた時に、ステンレス製であることと蛇口付きのウォータータンクや物干し用のハンガーなど排熱を利用したオプション品が多数あって拡張性に優れている点と徐々に買い揃える楽しみもあって、それが決め手となり購入に至りました。なんとなくですがスチール製だと、数年毎に耐熱塗料で補修している自分が目に浮かび候補から外しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ホンマ製作所

ステンレス時計1型薪ストーブセット

価格:10,594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豪華で嬉しいセット

変わらぬデザインが懐かしい、日本の薪ストーブです。暖房、野外調理、防災用品と様々な用途でお使いいただける優れものです。ストーブ本体はステンレス製で、錆びにくく美しい見た目が特長となっています。すぐに使える煙突付きなのもポイント。

 

時計型薪ストーブの魅力は、暖や煮炊きに必要な熱を素早く確保する優れた速熱能力や、ストーブ天板に鍋や夜間をセットして調理ができ、30リットルのお湯を余裕で沸騰させる頼もしい熱量があることです。

 

さらには、軽量で持ち運びにも便利なため、多くのアウトドアキャンパーに選ばれています。

燃料安全機能-
サイズ幅400mmx奥行600mmx高さ345mm重量7.5 Kg

口コミをご紹介

寒くなるとストーブが欲しくなってこれで3台目です。ステンレスなので三年以上は使えます。こまめに煙突の掃除は必要ですが、乾燥した薪ですと効率良く燃えてるので大変良いストーブです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ホンマ製作所

クッキングストーブ

価格:8,738円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

暖もとれるクッキングストーブ

ミリタリーグリーンの本体がおしゃれな、アウトドア用ストーブです。クッキングストーブとして造られたストーブではありますが、ストーブ本体表面が300度の高温になるため、暖をとることもできます。

 

小窓から火が見えるため、ゆらゆらと揺れる炎を眺めながら、アウトドアキャンプを堪能することができます。持ち運びがしやすい取手付きなのも、嬉しいポイントです。

燃料安全機能-
サイズ幅350mm×奥行350mm×高さ450mm重量6kg

口コミをご紹介

冬キャンプで使用しました。 最高にあったかくて、調理も出来て良かったです。 キャンプ用の小さい鍋を3つ置いて調理できたのも良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

テンマクデザイン

ウッドストーブ【S】

価格:43,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お得なスペシャルパッケージ

耐久性抜群の高品質ステンレス304製「薪ストーブ」スペシャルパッケージは、ウォータータンク、防火シート、収納ケースが標準付属したお得なセットです。

 

炎が見えるガラス窓に、使い勝手のよいバタフライ型ステンレス棚、ワンタッチ開閉や自動ロック&解除ができる脚など、本格的なのに使い勝手が良いように設計されています。

 

天板の丸フタを外せば、直火調理も可能。空気調整が容易で、火力コントロールがしやすくなっています。本格的なアウトドアキャンプを楽しみたい方や、本体の重量はありますが、ソロキャンプを極めたい方にもおすすめの屋外用薪ストーブです。

燃料安全機能-
サイズ幅150mm×奥行320mm×高さ160mm(収納時)重量6kg

口コミをご紹介

昨日届きました。まだ使って無いですが、物欲満足感は半端ないですね^ - ^
すぐ売り切れるので、金額高いけど即ポチ^ - ^
今年の秋くらいから、使いまくります。

出典:https://www.amazon.co.jp

アウトドアに!|キャンプ用ストーブの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5318969の画像

    テンマクデザイン

  • 2
    アイテムID:5318985の画像

    ホンマ製作所

  • 3
    アイテムID:5319000の画像

    ホンマ製作所

  • 4
    アイテムID:5319077の画像

    G-Stove

  • 5
    アイテムID:5319096の画像

    Deelight

  • 6
    アイテムID:5319114の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 7
    アイテムID:5319137の画像

    ホンマ製作所

  • 8
    アイテムID:5319166の画像

    Lixada

  • 商品名
  • ウッドストーブ【S】
  • クッキングストーブ
  • ステンレス時計1型薪ストーブセット
  • Heat View
  • ワーク タフ ストーブ
  • 角型ストーブ UG-51
  • 黒耐熱窓付時計型薪ストーブ
  • ステンレススチールロケットストーブ
  • 特徴
  • お得なスペシャルパッケージ
  • 暖もとれるクッキングストーブ
  • 豪華で嬉しいセット
  • 薪ストーブ本体セット
  • 初心者もこだわりキャンパーも納得
  • 組み立ても簡単
  • 耐食性&風格
  • 釣り、キャンプ旅行、屋外イベントに
  • 価格
  • 43780円(税込)
  • 8738円(税込)
  • 10594円(税込)
  • 46530円(税込)
  • 49500円(税込)
  • 16380円(税込)
  • 14757円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 燃料
  • 薪、炭
  • スティック、木質ペレット、その他のバイオ燃料
  • 安全機能
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • サイズ
  • 幅150mm×奥行320mm×高さ160mm(収納時)
  • 幅350mm×奥行350mm×高さ450mm
  • 幅400mmx奥行600mmx高さ345mm
  • 横420mm×奥行420mm×高さ2360mm
  • 10.4kg
  • 幅480mm×奥行き270mm×高さ265mm(収納時)
  • 幅400mm×奥行600mm×高さ400mm
  • 幅75mm×奥行227mm×高さ83mm(収納時)
  • 重量
  • 6kg
  • 6kg
  • 7.5 Kg
  • 約10kg
  • 幅260mm×奥行400mm×高さ300mm(収納時)
  • 10kg
  • 6.7kg
  • -

ストーブ以外にも大切なものを揃えよう

冬のキャンプに不可欠なストーブを購入することが出来たら、他に忘れているものがないか、ひとつひとつ確認することも重要です。荷物を最小限に抑えることを優先しすぎて、大切なものを忘れてしまってはいけませんよね。

 

下記の記事にて、そろえておけば安心のキャンプ用品のおすすめ人気ランキング25選をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ぴったりのキャンプ用ストーブで身体を温めよう

ここまで、キャンプ用ストーブのおすすめの選び方や人気商品25選をランキング形式でご紹介 してきましたが、いかがでしたでしょうか。燃料の種類や用途などによって選び方が異なりますので、自分にぴったりのキャンプ用ストーブを見つけて、身体を温めてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ