記事ID141627のサムネイル画像

キャディバッグおすすめ人気ランキング15選【スタンドやエナメルも】

キャディバッグは、カート型とスタンド型に大きく分かれます。また、珍しいデザインやシンプルなもの、軽量素材のナイロンやポリエステル、高級感のある本革、エナメル製などがあり、どれが良いのか迷っていませんか。ここでは、キャディバッグの選び方やおすすめをご紹介します。

キャディバッグとは?

キャディバッグはゴルフでコースを回ったり、練習場へゴルフクラブを入れて持ち運んだりするのに必要なアイテムです。日本国内のゴルフコースではカートに乗って移動することがほとんどのため、カート型のキャディバッグがあると便利でしょう。

 

また、セルフプレーやショートコースでキャディバッグを運んだり、ショートコースでカートを使えなかったりする場合などには、スタンド型のキャディバッグがおすすめです。しかし、キャディバッグだけでもタイプやサイズ、大きさ、重さ、口枠の数、素材などさまざまな種類があります。

 

そこで、今回はキャディバッグの選び方やおすすめをランキング形式でご紹介します。ゴルフ初心者の方も、キャディバッグの買い替えを検討している方も、迷われていたら参考にしてみてくださいね。

キャディバッグを選ぶ軸!

タイプ:キャディバッグは丈夫でしっかりとした作りで高級感のあるカートに乗ってラウンドする機会が多い方におすすめの「カート型」と、セルフゴルフなど自分でキャディバッグを担ぐ機会が多い方におすすめの「スタンド型」に分かれます。

 

口径サイズ:口径サイズは、クラブを出し入れする口の部分に当たります。口径サイズは、大きいほどクラブを出し入れしやすいですが、初めてキャディバッグを購入する方には9型がおすすめです。

仕切りの数:キャディバッグには、クラブをすっきり格納するための仕切りが付いています。コースで使えるクラブを1本ずつ格納したい方には本数分の仕切り、ラウンド中に出し入れをスムーズにしたい方には6分割くらいが最適です。

 

大きさ・重さ:キャディバッグはクラブを入れて持ち運ぶため、かなりの重さになります。ですから、持ち運びする際の負担を軽減したい方は3kg程度の重さのキャディバッグを選ぶと良いでしょう。また、お持ちの車のトランクにキャディバッグが入るかもチェックしてみてください。

 

素材:キャディバッグの素材にはポリエステルやナイロン、エナメル、本革、帆布などの種類があります。軽量タイプのキャディバッグをお探しの型には丈夫で軽いポリエステルやナイロン製を選ぶと良いでしょう。エナメル、本革などは素材自体が重くなるため、キャディバッグ本体の重さもポリエステル製などよりは重くなります。

キャディバッグの選び方

キャディバッグを選ぶ際、タイプやサイズ、重さ・大きさ、口径サイズ、口枠の数、仕切りの数、ポケット、素材などから探すことができます。そこで、それぞれの特徴についてご説明します。

特徴をチェックしてタイプから選ぼう!

キャディバッグには、タイプ別にそれぞれ特徴があります。

出し入れしやすく直立する「カート型」

「カート型」のキャディバッグは、丈夫でクラブの出し入れがしやすいのが特徴です。キャディバッグの基本形でもある「カート型」は、底部がフラットでそのまま置いて直立します。

 

また、口枠が大きいのもが多いため、クラブの出し入れがしやすいです。そして、本体部分にもさまざまなサイズの収納ポケットが付いているため、ゴルフギアを収納できて便利。それから、基本形のキャディバッグはサイズやデザインも豊富で、大きさのバリエーションも多いのが特徴です。

 

しかし、素材そのものが重いものが多く、大きさもあるため、自宅などの収納スペースが狭い方には不便になることもあるでしょう。

軽量かつ担ぎやすい!「スタンド型」

「スタンド型」のキャディバッグは、自分でキャディバッグを担いで移動するセルフゴルフを楽しむ方におすすめです。キャディバッグに備え付いているスタンドで支えて立つのが特徴で、軽量な上、担ぎやすいストラップやショルダーが付いています。

 

また、縦置きで使いたい場合は不安定で、ゴルフカートでは収まりが悪い場合もあります。そして、「カート型」と比較すると軽量素材を使っているものが多いため、頑丈さに欠けて収納力も劣る点がデメリットです。

 

その上、「カート型」と比べると種類が少ないので、変わったデザインなどを探している方には選択肢が少なくてお気に入りを見つけるまで時間がかかるでしょう。しかし、コースや移動じなどの持ち運びの負担を減らしたい方には、軽量タイプの「スタンド型」は最適です。

ドライバーの長さと合わせてキャディバッグのサイズをチェックしよう!

キャディバッグには、46インチや47インチと言った長さの表示があります。一般的にウッドはクラブの中でも長さがあるため、お手持ちのクラブにウッドやユーティリティなどがある場合は、それらがちゃんと格納できるかどうかもチェックしましょう。

 

また、キャディバッグの多くにはクラブを傷やホコリなどから守ってくれるカバーが付いています。そのため、カバーを付けた時にすべてのクラブがちゃんと入るかも確認してみてください。

重さ・大きさは大丈夫?持ち運びしやすいものを!

キャディバッグを選ぶ際、自宅から自家用車や自家用車からゴルフ場、練習場などへ移動するのに持ち運ぶシーンもあります。そのため、キャディバッグ本体重量とクラブの本数をプラスした重さが実際の重さになります。

 

また、セルフゴルフなどの機会が多い方には、3kg前後の重さを選ぶと使いやすいでしょう。そして、自家用車のトランクや収納する場所などを広さもチェックして、キャディバッグが収まるかどうかを確認してみてください。

口径をチェックしよう!

キャディバッグには、ゴルフクラブを出し入れするバッグの口があります。この口を口径と言い、口径サイズにはさまざまなバリエーションがあります。口径サイズは大きいとクラブ同士もぶつかりにくく、出し入れもしやすいでしょう。

 

しかし、カートに複数のキャディバッグを乗せると大きな口径サイズは、はみ出してしまうデメリットもあります。ですから、キャディバッグを初めて購入する方には、使いやすい9型がおすすめです。そして、コースで使用する14本のクラブには、9型や9.5型が最適なサイズ。

 

ちなみに、口径サイズを表す「型」はインチの意味で、9型の場合は9×2.54cm(=1インチ)=22.86cmが口径サイズと言うことになります。数字だけではピント来ない場合は、店頭で実際のサイズを確認すると良いでしょう。

仕切りの数をチェックしよう!

キャディバッグには、クラブを使いやすく格納するための仕切りが付いています。仕切りの数は6~15分割まであり、コースで使える14本のクラブを1本ずつ格納したい場合は14個の仕切りのキャディバッグもあります。

 

しかし、プロモデルには6分割が定番で、仕切りの数が少ないタイプも人気です。そのため、しっかり1本ずつ格納したい方は持っている本数分、出し入れもしやすく、効率良くラウンドしたい方には6分割くらいが最適です。

ポケットがあると小分けに便利!

キャディバッグに収納ポケットが付いていると、ラウンドで必要なゴルフボールやティー、グリーンフォーク、ボールマーカーなどの細々したものをすっきり入れられて便利です。大き目のポケットには、気温の変わりやすい季節にはジャケットも収納できます。

 

しかし、便利な収納ポケットにあれやこれや入れると逆に嵩張り、自家用車のトランクの収まりが悪くなることもあるでしょう。ですから、スマホや電子機器、シューズ入れなどボストンバッグやトートバッグを別に用意するのもおすすめです。また、ランド中に必要なものは、カートバッグを用意しても良いでしょう。

素材をしっかりチェックしよう!

キャディバッグには、ナイロン製やポリエステル製、エナメル製、天然革製などさまざまな素材があります。それぞれ素材の特徴を知って、キャディバッグ選びのポイントの1つとして参考にしてみてください。

ナイロン製|耐久性に優れる

軽さと丈夫さを兼ね備えたナイロンは、セルフゴルフに最適なスタンド型に多く使用されている素材です。ナイロンはポリエステルと同じで、さまざまな機能を加工できます。また、ナイロンとポリエステルは似ているため、どちらが良いのか迷っている方もいらっしゃるでしょう。

 

ナイロンは耐久性と軽さ、伸縮性に富んだ素材で、ゴルフなど天候や気温が変化する外で行うスポーツにはナイロンより耐久性があっておすすめです。しかし、吸湿性と耐熱性に弱いため、バッグの中が濡れたらすぐに乾かし、保管は直射日光などが当たらない場所に置きましょう。

ポリエステル製|とにかく軽量で扱いやすい

ポリエステルは耐久性があり、速乾性や耐候性に優れている上に、軽量なのが特徴です。型崩れもしにくく、シワにもなりにくいため、キャディバッグに向いています。ポリエステルは特にスタンド型に多く使用されている素材で軽量なため、セルフプレーが多い方におすすめです。

エナメル製|光沢とツヤが魅力的

エナメルは、合成皮革やPUと表示されているキャディバッグに多く使用されている素材です。光沢とツヤ感のあるエナメル製キャディバッグは、見た目の高級感と上品さが魅力。

 

また、ポリエステルやナイロンと比較すると重さがあるのがデメリットですが、水滴や汚れはサッと拭き取れてお手入れも簡単です。エナメルは重量感があるため、カート型のキャディバッグに使用されいることが多いのも特徴。

天然革・帆布製|重厚で高級感あふれる

天然革・帆布製のキャディバッグは、ナイロンやポリエステル製と比較すると見た目の高級感と重厚感があります。しかし、キャディバッグ本体の重さが重くなるため、持ち運びの機会が少ないカートを使ってラウンドする方におすすめです。

 

また、ラウンド中の急な雨などに合った際のお手入れが、ほかの素材と比べると面倒。例えば天候が悪くなることがわかっている場合は、防水スプレーなどを使って予防をしたり、使った後は丁寧にケアしたりする手間があるのがデメリットです。

車のトランクに入り切る?最終確認を忘れずに!

キャディバッグの大きさでも少し触れましたが、ゴルフ場へ行く際は自家用車などで移動する方も多いでしょう。そのため、キャディバッグを自家用車のトランクへ収納しなければなりません。

 

また、カバーを付けてトランクへ入れることが多いでしょうから、カバーを付けた際の全長がトランクに入りきるかを必ずチェックしましょう。一度、トランクの大きさを計ってから、キャディバッグの全長と照らし合わすのがおすすめです。

カート型|キャディバッグのおすすめ人気ランキング4選

第4位

MIZUNO(ミズノ)

キャディバッグ ライトスタイル NEXLITE(ネクスライト)

価格:15,312円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2.5kgの超軽量タイプで持ち運び楽々

ミズノゴルフのライトスタイル NEXLITEは、2019年モデルでシューズが入るポケットも付いて収納機能にも優れたキャディバッグです。ポリエステルと合成皮革を使用したキャディバッグはしっかりとした作りなのに、軽量で持ち運びの負担も軽減できておすすめ。

 

また、キャディバッグの中もしっかり仕切りが付いているため、クラブが絡み合あったり、クラブが傷ついたりするのを防いてくれます。

タイプカート型口径サイズ9型
仕切りの数5分割長さ対応47インチ
重さ約2.5kg素材合成皮革(PU)

口コミを紹介

前に使っていたバッグに比べて軽量(2.5kg)で、本体もスリム。楽に運べて車に乗せるのも楽でした。なんと言ってもブルーと白を基調としたデザインが気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

OAKLEY

キャディバッグ FOS900201

価格:25,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイドのブランドデザインが印象的

OAKLEYのキャディバッグは、PU素材やポリエステルなど異素材を使った特徴があるアイテム。見た目の重厚感とシンプルなデザインは、お手持ちのゴルフウェアとのコーディネートもしやすいでしょう。

 

また、電子機器やアイウェア、ボールなどの小物が入るポケットも、使いやすい位置に配置されています。そして、持ち運びしやすいショルダーパットやOctostick成型ハンドルで、身体の負担を軽減してくれておすすめです。

タイプカート型口径サイズ9.5型
仕切りの数6分割長さ対応47インチ
重さ4.7kg素材ポリウレタン、ナイロン(02E,10F) ポリウレタン、ポリエステル(106)

口コミを紹介

収納も多く、素材から型崩れしにくい印象。
その分、やや大きめなサイズですが、非常に良いバッグです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

MIZUNO(ミズノ)

キャディバッグ T-ZOID(ティーゾイド)

価格:9,273円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量なのにボリューム感もある

ミズノゴルフのT-ZOIDは約2.7kgと軽量で、口径サイズが大きめでクラブの出し入れもしやすいのが特徴。仕切りの数も5分割で、クラブを使いやすく格納できて便利です。また、フルオープンポケットには1ダースのボールもすっきり収納できて、出し入れもスムーズ。

 

そして、搭載されているバランスハンドルは握りやすい上に、クラブが飛び出しにくくておすすめです。

タイプカート型口径サイズ9.5型
仕切りの数5分割長さ対応47インチ
重さ約2.7kg素材合成繊維(ポリエステル)

口コミを紹介

作りがしっかりしていて、ゴルフクラブを入れてもしっかり支えてくれます。
バッグの形状がちゃんと維持されるので持ち運び時に疲れにくいです。
また、肩の位置に大きめのパッドが用意されているので変に食い込むこともありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

キャロウェイ(Callaway)

キャディバッグ Sport

価格:17,045円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブランド名デザインが印象的

キャロウェイのカート型キャディバッグは、トリコロールカラーなどのカラーバリエーションがありアメリカンテイストにスポーティな印象がプラスされています。2019年モデルのキャディバッグはポリエステル製なので、丈夫な上に軽量でおすすめ。

 

また、少し変わったデザインをお探しの方には、シリーズ内で迷彩柄も選べます。

タイプカート型口径サイズ9.0型
仕切りの数5分割長さ対応47インチ
重さ3.1kg素材ポリエステル/合成皮革

口コミを紹介

軽量なので取り扱いが楽、サイズもややコンパクトなのでとてもGood

出典:https://www.amazon.co.jp

カート型|キャディバッグのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5322196の画像

    キャロウェイ(Callaway)

  • 2
    アイテムID:5322197の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • 3
    アイテムID:5322201の画像

    OAKLEY

  • 4
    アイテムID:5322202の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • 商品名
  • キャディバッグ Sport
  • キャディバッグ T-ZOID(ティーゾイド)
  • キャディバッグ FOS900201
  • キャディバッグ ライトスタイル NEXLITE(ネクスライト)
  • 特徴
  • ブランド名デザインが印象的
  • 軽量なのにボリューム感もある
  • サイドのブランドデザインが印象的
  • 2.5kgの超軽量タイプで持ち運び楽々
  • 価格
  • 17045円(税込)
  • 9273円(税込)
  • 25980円(税込)
  • 15312円(税込)
  • タイプ
  • カート型
  • カート型
  • カート型
  • カート型
  • 口径サイズ
  • 9.0型
  • 9.5型
  • 9.5型
  • 9型
  • 仕切りの数
  • 5分割
  • 5分割
  • 6分割
  • 5分割
  • 長さ対応
  • 47インチ
  • 47インチ
  • 47インチ
  • 47インチ
  • 重さ
  • 3.1kg
  • 約2.7kg
  • 4.7kg
  • 約2.5kg
  • 素材
  • ポリエステル/合成皮革
  • 合成繊維(ポリエステル)
  • ポリウレタン、ナイロン(02E,10F) ポリウレタン、ポリエステル(106)
  • 合成皮革(PU)

スタンド型|キャディバッグのおすすめ人気ランキング3選

第3位

MIZUNO(ミズノ)

キャディバッグ ツアーシリーズ

価格:15,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーティで爽やかな配色

ミズノゴルフのツアーシリーズは、ホワイトとブルーの爽やかなカラーが印象的なスタンド型のキャディバッグです。フルオープンのポケットには、ゴルフボールやティーなどラウンドで必要なアイテムを収納できて便利。

 

また、ポリエステル製のキャディバッグは2.8kgと軽量で丈夫なため、海外ゴルフをする方にも持ち運びしやすくておすすめです。

タイプスタンド型口径サイズ9.5型
仕切りの数4分割長さ対応47インチ
重さ約2.8kg素材合成皮革 (ポリエステル)

口コミを紹介

垂直置きした時の(スタンドバーを使わずに)座りも良く。クラブの出し入れも非常にしやすいです。何より軽いのがよいですね!!

出典:https://osusume.excite.co.jp

第2位

OAKLEY

キャディバッグ FOS900199

価格:14,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4点式ショルダーで持ち運びもしやすい

OAKLEYのキャディバッグはポリエステル製のスタンド型キャディバッグで、シンプルなデザインにサイドのブランドロゴが印象的です。セルフゴルフなどに便利な4点式ショルダーで担ぎやすい上に、オクトスティックハンドルが搭載されて持ちやすさも魅力。

 

また、アメリカカリフォルニア州発のOAKELYのキャディバッグは、アメリカンテイストの中にスポーティさを兼ね備えていておすすめです。

 

 

 

 

タイプスタンド型口径サイズ9.5型
仕切りの数5分割長さ対応47インチ
重さ約2.8kg素材ポリエステル

口コミを紹介

黒色ですっきりしたデザインでかっこよく、以前使っていたタイトリスより断然軽いです。
軽いけど作りはしっかりしているように思えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

PYKES PEAK

キャディバッグ スタンド式

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショルダーストラップ付きで身体も疲れにくい

2020年最新モデルのパイクスピークのキャディバッグは、耐久性に優れたポリエステルと合成皮革を使ったアイテム。不安定な場所でも安定するスタンド式キャディバッグは、ラウンド中の急な雨にも強い撥水性の高い素材を使用しています。

 

また、2.2kgと超軽量なキャディバッグは女性からゴルフ初心者、重いキャディバッグからの買い替えなどさまざまな方におすすめです。

タイプスタンド型口径サイズ9.0型
仕切りの数6分割長さ対応47インチ
重さ2.2kg素材ポリエステル、合成皮革

口コミを紹介

今まで使っていたものより軽量で、収納もたくさんあって、トランクにもすっぽり入りました。思ってた以上に使いやすかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

スタンド型|キャディバッグのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5322207の画像

    PYKES PEAK

  • 2
    アイテムID:5322211の画像

    OAKLEY

  • 3
    アイテムID:5322214の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • 商品名
  • キャディバッグ スタンド式
  • キャディバッグ FOS900199
  • キャディバッグ ツアーシリーズ
  • 特徴
  • ショルダーストラップ付きで身体も疲れにくい
  • 4点式ショルダーで持ち運びもしやすい
  • スポーティで爽やかな配色
  • 価格
  • 9980円(税込)
  • 14900円(税込)
  • 15840円(税込)
  • タイプ
  • スタンド型
  • スタンド型
  • スタンド型
  • 口径サイズ
  • 9.0型
  • 9.5型
  • 9.5型
  • 仕切りの数
  • 6分割
  • 5分割
  • 4分割
  • 長さ対応
  • 47インチ
  • 47インチ
  • 47インチ
  • 重さ
  • 2.2kg
  • 約2.8kg
  • 約2.8kg
  • 素材
  • ポリエステル、合成皮革
  • ポリエステル
  • 合成皮革 (ポリエステル)

ナイロン製|キャディバッグのおすすめ人気ランキング2選

第2位

タイトリスト(TITLEIST)

キャディバッグ CBS76-BK

価格:11,827円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムで軽量なのでセルフゴルフにピッタリ

タイトルリストの丈夫なポリエステル製のキャディバッグ、2.4kgと超軽量なので持ち運びもしやすくておすすめです。スタンドと口枠部分のカラーコーディネートがポイントのキャディバッグはスポーティなデザインで、持ち運びの負担が軽減できてセルフゴルフに最適。

タイプスタンド型口径サイズ9型
仕切りの数5分割長さ対応47インチ
重さ2.4kg素材ポリエステル
第1位

レザックス

U.S.Athlete キャディバッグ

価格:5,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショートコースやセルフプレーにおすすめ

レザックスのU.S.Athlete キャディバッグは、2.2kgと超軽量タイプのナイロン製です。フード付きなので、収納時やトランクに入れる際などはクラブを傷や汚れなどから守ってくれて便利です。

 

また、ショートコースやセルフプレーの多い方におすすめのキャディバッグは、ダブルショルダーベルト付きで両肩で背負うことができておすすめ。

タイプスタンド型口径サイズ6.5型
仕切りの数長さ対応48インチ
重さ2.2kg素材ナイロン

口コミを紹介

ショートコースと練習場用に限定にするなら充分。フルセットは入らない。ショートコースなら大きいクラブは必要ないので用は足りる。

出典:https://www.amazon.co.jp

ポリエステル製|キャディバッグのおすすめ人気ランキング2選

第2位

キャロウェイ

キャディバッグ CHEV

価格:16,940円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利なスリムで軽量タイプ

キャロウェイのキャディバッグ CHEVは丈夫で軽量なポリエステル製で、セルフゴルフなど自分で持ち運ぶ機会が多い方におすすめ。仕切りも5分割で、クラブを使いやすく収納し分けられて便利です。また、口枠とスタンドのカラーを統一することで、全体のワンポイントにもなっています。

タイプスタンド型口径サイズ9型
仕切りの数5分割(底までの仕切り:3分割)長さ対応47インチ
重さ2.4kg素材ポリエステル
第1位

le coq sportif/GOLF COLLECTION

キャディバッグ QQBPJJ08

価格:17,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーティで2色使いがおしゃれ

ルコック スポルティフ ゴルフのキャディバッグは2色使いで、サイドのブランドロゴが印象的なアイテム。スポーティな印象のキャディバッグは、ラウンドに必要なクラブを6分割の仕切りに収納できて便利です。

 

また、10本前後のクラブを入れても本体が3.0kgと軽量なので、持ち運びの負担も軽くできておすすめ。

タイプカート型口径サイズ9.0型
仕切りの数6分割長さ対応47インチ
重さ3.0kg素材ポリエステル/合成皮革(PVC加工)

口コミを紹介

カッコイイししっかりした作りに満足。靴を入れるスペースあれば尚良し。

出典:https://www.amazon.co.jp

エナメル製|キャディバッグのおすすめ人気ランキング2選

第2位

タイトリスト(TITLEIST)

キャディバッグ CB991 シンプルアスリート

価格:17,270円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすくて収納力もあるポケット付き

タイトルリストのキャディバッグ シンプルアスリートは軽量でシンプルなデザインなので、長く愛用できておすすめです。前ポケットにも必要なゴルフギアをしっかり収納できて、オーソドックスなシェイプが好みの方には最適。

タイプカート型口径サイズ9.5型
仕切りの数5分割長さ対応47インチ
重さ2.8kg素材ポリエステル、PUレザー

口コミを紹介

少しコンパクトですが、思ったとおりのゴルフバッグで大変気に入りました!値段も安くて言うことありません!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

キャディバッグ TOUR B CBG001 プロレプリカモデル

価格:29,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ仕様の操作性のあるキャディバッグ

ブリヂストンのキャディバッグ TOUR Bは操作性を追求したプロレプリカモデルで、カートを使ってラウンドする機会が多い方におすすめのデザイン。クッション性のある幅広のショルダーベルト付きのキャディバッグは持ち運びしやすく、5分割の仕切りはクラブの出し入れも便利です。

タイプカート型口径サイズ9.5型
仕切りの数4分割長さ対応
重さ3.7kg素材合成皮革×ポリエステル

口コミを紹介

約10年振りに買い替え、店頭で見て気に入り購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

天然革・帆布製|キャディバッグのおすすめ人気ランキング2選

第2位

mesishi

タイトルリスト 限定販売 キャディバッグ

価格:24,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重厚感と高級感なのに軽量

タイトルリストの限定販売のキャディバッグは牛革や高耐久PUレザー、PVCレザーなどを使用して、高級感と重厚感のあるクラッシックデザインが特徴。本革の風合いをいかしたキャディバッグは軽量なのに丈夫で、海外ゴルフなどの飛行機輸送も安心です。

 

また、スポーティでクールな印象のキャディバッグはオンライン限定アイテムなので、見つけたらお早めに。

タイプスタンド型口径サイズ9型
仕切りの数長さ対応
重さ素材牛革、高耐久PUレザー、PVCレザー

口コミを紹介

見た目は良いですし、プレーするには十分です。もつところの耐久性が心配ですが、大体5年ぐらいで買い換えているので、5年はもつと思います。私は、PXGのアイアンを所有しているのでバックも統一できてよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

katoushop

タイトルリスト キャディバッグ

価格:24,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感と重厚感のある牛革製

タイトルリストのキャディバッグは、高級感と重厚感がある牛革を使用したクラシックデザインのアイテム。高級化のあるパーツなどの細部までこだわったキャディバッグは、ツアーキャディバッグをイメージした2色展開のシンプルさが特徴です。

 

また、重くなりがちな本革を使用したキャディバッグは一部に高耐久PUレザーを採用しているため、耐久性の向上と重量の軽減を実現しています。

タイプカート型口径サイズ9型
仕切りの数長さ対応
重さ素材牛革、高耐久PUレザー、PVCレザー

口コミを紹介

とても良いデザインと質。細部まで気を使ってる作り。さすがタイトリストって感じ。
写真では伝わらないのが残念ですが、想像以上の物で大満足です。
滅多にレビューはしないのに コレばっかりは⭐️5です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゴルフの練習用にはクラブケースが便利!

ゴルフコースを回る時は、カート型やスタンド型のキャディバッグが便利です、しかし、ゴルフの練習場へ10本前後のクラブをカート型のキャディバッグに入れると、重さもあり移動の負担が増えてしまいます。

 

そこで、練習場には苦手な番手を数本入れられたり、10本のクラブでもすっきり収納できたりするクラブケースがとても便利です。クラブケースはスタンド付きとないものと大きく2種類に分かれます。また、ワンショルダーで担げて、軽量タイプが多いのも特徴です。

 

ですから、練習用にクラブを持ち運ぶ際は、コース用のキャディバッグ以外にクラブケースを用意しておくと良いでしょう。

お気に入りのキャディバッグでラウンドを楽しもう!

キャディバッグにはカート型とスタンド型のタイプがあり、口径サイズや仕切りの数、大きさ、重さ、素材などさまざまな種類がありました。今回ご紹介した情報を参考に、初めてキャディバッグを購入する方も、買い替えを検討されている方も、お気に入りの1つを見つけてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ