記事ID141596のサムネイル画像

携帯ポンプのおすすめ人気ランキング20選【ロードバイクの必需品】

ロードバイクやMTBなどの自転車に乗る方にとって必要な携帯ポンプですが、電動や取り付け式、小型のものなど、様々な種類があります。どれを選んで良いかわからないという方のために、今回、携帯ポンプの選び方やおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。

携帯ポンプのメリット!

ロードバイクやマウンテンバイクなどでのロングライド時に、最も困るのはパンクですよね。もちろん修理をすれば再度乗ることができますが、修理する店が近くにあるケースはほとんど無いのです。そんな時に活躍するのが、「携帯ポンプ」です。

 

携帯ポンプの最大のメリットは、一般家庭用の空気入れとは異なり、コンパクトで軽量なため持ち運びにとても便利なことです。極力荷物を減らしてロングライドを楽しむロード乗りにとっては、欠かすことのできない重要なアイテムなのです。

 

しかし、携帯ポンプだけでも多くの種類があるため、選び方に悩む方も多いです。そこで今回は、携帯ポンプの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

携帯ポンプを選ぶ軸!

1.タイプ:携帯ポンプには、「ハンディタイプ」「フロアポンプタイプ」「ボンベタイプ」があります。それぞれに異なる特徴があるため、用途に合わせて選ぶことが大切です。

 

2.空気圧計付き:携帯ポンプには、空気圧計が付いているものがあります。適正な空気圧にするために便利ですので、必要な方は取り入れてみましょう。

 

3.コンパクト&軽量:ロードバイクなどで走行するうえで、荷物は最小限に抑えることが重要です。携帯ポンプも、できる限りコンパクト&軽量のものを選ぶように注意しましょう。

 

4.フレームにつけられるもの:バッグに収納するのではなく、フレームに取り付けるタイプの携帯ポンプがあります。自分で抱える荷物を減らすことができるため、必要な方は検討してみましょう。

 

5.バルブの数:バルブには種類があるため、自分のタイヤのバルブに対応した携帯ポンプが必要です。複数の種類に対応した商品もありますので、対応している数が多いだけ安心です。

携帯ポンプの選び方

数ある携帯ポンプの中から自分に合った商品を選ぶために、どのような点に注意をすればい良いか、ポイントを確認していきましょう。

用途に合わせてタイプから選ぼう!

どのように使用したいかによって、おすすめのタイプが異なります。それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

「ハンディタイプ」

「ハンディタイプ」は、比較的コンパクトかつ軽量タイプの携帯ポンプです。持ち運びにとても便利なタイプですが、ハンディタイプの場合、片方で本体を持ちながら、もう片方の手でポンプを押して空気をいれる方式が主流のため、作業に少し手間がかかります。

 

コンパクトかつ軽量で、さらに作業も簡単なものがほしいという場合には、押しても引いても空気が入る「ダブルアクション式」のものや、角度の調整が効くホースが付いているものもおすすめです。軽さや収納のしやすさを重視する方は、ハンディタイプから選びましょう。

「フロアポンプタイプ」

「フロアポンプタイプ」は、ポンプを下に押し下げて空気をいれるタイプの携帯ポンプです。体重をかけてポンプを押すことができるため、ハンディタイプと比べて空気を入れる作業が楽になります。

 

空気の入れやすさが重視されているためサイズは大きい傾向がありますが、携帯ポンプの使用頻度が高くなるロングライド時や、複数人でライドに出かける際などに重宝します。

「ボンベタイプ」

「ボンベタイプ」は、最も簡単に空気を入れることができるタイプの携帯ポンプです。CO2ボンベを使用して空気をいれるため、身体に負担をかけることなく作業ができます

 

非常に便利なボンベタイプですが、荷物がふえてしまうという点や、ボンベが空になると空気を入れることができないというデメリットがあります。

 

このデメリットも踏まえたうえで、空気入れの手間を減らすことを優先したい方には、ボンベタイプがおすすめです。

空気圧計付きだと適切に入れられる!

ロードバイクに空気を入れる際、空気が多すぎたり少なすぎたりすると、タイヤのパンクにつながってしまいます。そのため、適切な空気の量を入れる必要があるのですが、感覚ではなかなか分かりませんよね。

 

そんな時には、空気圧計がついている携帯ポンプが役に立ちます。どの程度の空気が必要であるのかを簡単に確認することができるため、空気入れにあまり慣れていない方にもおすすめです。

できるだけコンパクトで軽いものを!

ロードバイクに乗る際は、走りに影響することが無いよう、荷物を最小限に抑えますよね。そのため、携帯ポンプを選ぶ際には、できる限りコンパクトで軽い商品を選ぶようにしましょう。

 

自分の持っている荷物入れやバッグに収納できるサイズの商品を選ぶのはもちろんのこと、重さは150g以下であれば負担を感じること無く携帯できると考えられています。これを目安に、商品を選んでみてくださいね。

フレームにつけられるものだと便利!

携帯ポンプの中には、ロードバイクやマウンテンバイクのフレームに装着することができる商品もあります。このタイプだと、荷物入れやバッグに収納して自分で抱える必要がないため、負担を感じることが全くありません。

 

また、必要になった時にはさっと取り外すことができるため、非常にスムーズです。簡単に取り外しはできますが、走行中に落ちてしまうことが無いよう、マジックテープやネジで固定することができるようになっています

 

携帯ポンプを自分が抱えて走行することによる体への負担を極力避けてたいという方は、府フレームに取り付けるタイプの商品を選んでみると良いでしょう。

バルブは複数あると安心!

空気を入れる際には、タイヤについているバルブから空気を送り込みますよね。タイヤのバルブには、「英式」「米式」「仏式」の3つの種類があり、携帯ポンプを選ぶ際には、自分の使用しているタイヤのバルブに対応している商品であるかを確認する必要があります。

 

携帯ポンプの中には、1種類のバルブ専用の商品や、すべての種類に対応している商品もあります。1種類のバルブにしか使うことがないという方は専用のものでも良いですが、複数のバルブに対応している商品の方が、より安心です。

 

長い目で、携帯ポンプを使うシチュエーションのことを考えて、より良い方を選ぶようにしましょう。

ハンディ|携帯ポンプのおすすめ人気ランキング10選 

第10位

BETO

PVP-003A

価格:1,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最小・最軽量

高速で快適な走行ができるロードバイクやクロスバイクといったスポーツタイプの自転車を、高い空気圧が必要で、快適な走行を維持するためには空気をこまめに入れなければなりません。

 

BETOのPVP-003Aシリーズでは、そんな空気入れの手軽さを追求し、ポケットに入れられるくらい極限まで小型化したミニポンプです。ボディー素材として、丈夫で軽量のアルミ材を使用しているため軽量化を実現。サイクリングの携帯に邪魔になりません。

 

自転車フレームへ取り付けるためのアタッチメントも付属。さらに、小型ながらも最大空気圧は800kPaまで対応しています。

重量50gフレーム取り付け
対応しているバルブ仏式

口コミをご紹介

届いてビックリ!確かに世界最小かも。アルミ製のしっかりした作りで、小型でも簡単に使えて価格も安い商品。質感とデザインはとてもかっこ良く気に入りましたので、五つ星を付けさせていただきました。実測値は52g!今まではボトルゲージ2つをフル使用していて、空気入れをつける場所がなかったです。これなら、常時リュックサックに入れても問題ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

ジーヨ(GIYO)

GP-871E

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンダードな万能ポンプ

米式、仏式、英式の3種類全てのバルブ方式に対応したスタンダードな万能ポータブルポンプです。見やすい大型空気圧ゲージが付いているため、空気圧が一目でわかります。タイヤに応じた適切な空気圧管理もバッチリです。

 

144gの軽量コンパクト仕様で持ち運び、収納にも便利。最大空気圧は120psi/8barまで測れることができます。シティサイクル、ロードバイクなどの自転車だけではなく、ボール、風船や浮き輪などにも使用することができます。

重量144gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

他社の小型の空気入れを使っていましたが、ゲージが小さくて見にくい。ゲージが大きいのでこちらを購入しました。電動自転車に米式バルブの変換アダプターをつけています。米式バルブは空気が軽く入りますから、通常サイズの空気入れは必要ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

BETO

MP-036

価格:2,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サスペンション・タイヤ兼用

高圧モード(hi-v)と高容量モード(hi-p)の切り替えダイヤルスイッチを搭載した、高性能の携帯ポンプです。サスペンション用ポンプと自転車空気入れが一体化しています。

 

米式、仏式、英式の3種類全てのバルブ方式に対応したスタンダードな万能ポータブルポンプ。一般車からロードバイク、MTB、クロスバイクなどを持っている方におすすめです。また、ハイプレッシャー、ハイボリュームの切り替えで、最大300psiの充填が可能です。

重量246gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

以前購入した別メーカー品がフロントのタイヤに合わず後輪にしか空気が入れれなかったのでこちらを購入。こちらはサイズもコンパクトでポーチに入れることができるくらい。ノスルはねじ込みになるのでしっかりと固定されてエア漏れもなかった。高圧モードは頭を地面につけて使用すると意外と力を込めなくてもエアを注入することができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

AiraceUSA

携帯ポンプ

価格:1,489円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロードバイク、MTBに最適

AIRACE携帯ポンプは、最大空気圧100psiのミニサイズポンプです。柔らかな延長ホースは、空気を入れる際にスポークに傷を付けません。また、ポンプヘッドのダストキャップはホコリから口金を守ってくれます。

 

バルブ内部の部品を反転させ、組み替えることで、米式、仏式、英式の変換ができます。パンクなど緊急時に活躍する携帯用ポンプで、外出先でのトラブルのために、持っておくと安心です。

重量100gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

軽量コンパクトで英式米式仏式に対応なので、今後変なスイッチが入ってクロスバイクやMTBに乗り換えても使えそうです。付属のホルダーはママチャリのフレームにはそのままつけられないので、前カゴにでもつけようかと思いましたが、ディパックに入れておけばいいだけですので、とりあえず保管しています

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Fityou

携帯ポンプ

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品も豊富

錆びにくく、耐久性に優れた高品質アルミ合金製の最軽量ミニポンプです。エクステンションに使用するゴムチューブは丈夫で、何度も曲げても安心です。圧力計をつけたことで正確に圧力を測定し、過度のタイヤ空気圧によるタイヤの破裂を防ぎます。

 

この小さな空気ポンプを使えば、いつでもどこでも持ち運んで使用することができます。長さ19cm、重さ145gで、小物収納袋に入れられます。もちろん自転車にも取り付け可能です。

重量145gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

空気入れもしっかりしてるし、サドルバッグも画像以上にデカいのでたくさん入ります

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

YaPanda

ミニポンプ

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性も子供も気軽に使える

長さ18cm、重量100gのミニサイズの携帯ポンプです。ポケットにも入りますし、簡単にバッグの中に収めることもできます。自転車にも取り付けることができるので、携帯に超便利な自転車ポンプです。

 

サイズが小さいのに、空気圧の上限が300PSIもあります。独特のデザインにより、あまり力を使わなくても空気を高圧状態にすることができるため、従来の携帯用エアポンプと比べてとても省力的です。女性も子供も気軽に使うことができます。

 

マウンテンバイク、クロスバイク、ロードバイクなどの自転車だけでなく、バイク、ボールなどにも使えます。

重量100gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

小さい方を購入。携帯性は最高です。
実用性はホース付きなのでバルブに負担をかけません。
また思ったよりも早く空気が入りました。
50回以下のポンピングで45psi入っていました

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ジーヨ(GIYO)

GP-61S 携帯ポンプ

価格:973円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンストロークでより多くの空気を

ワンストロークでより多くの空気を入れることができる、テレスコピック(全長:210~450mm)タイプの携帯ポンプです。通常210mmですが、ポンピングをするときは倍の450mmまで伸びるため、1度でかなりの空気が入ります

 

また、何気圧まで入ったかわかるエアーゲージ付きのため、思い通りの正確な空気圧にすることができます。

 

フレームに取り付けるほか、ツールケースに収納できるためフレームの邪魔になることがなく、レースの際にわざわざマウントを外す作業も必要もありません。

重量-フレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

携帯用のポンプでは一番小さくて高性能で軽いです。90回くらいのポンピングで5気圧になります。ミニフロアポンプ型のどんなポンプより優秀でポンピングも軽いです。携帯ポンプでは一番値段が安く高性能なポンプだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

LAND CAST

携帯ポンプ

価格:2,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い力でぐんぐん入る

携帯性を取るか、ポンプ性能を取るか。ロードバイク乗りを長年悩ませてきた携帯ポンプの選択。LAND CASTマジックポンプはコンパクト+300psi高圧対応」で、どちらも諦めたくない人のために開発されました。

 

フロア型はロードバイクタイヤが必要とする高圧までポンピング可能ですが、大きくて重量がある点がデメリット。ハンドポンプ型は小さく軽く、携帯性に優れている一方でポンピングは重く、高圧まで入れるのは至難の業でした。


LANDCASTはデュアルチャンバー構造とダブルアクション機構を搭載し、どちらの利点も両立させています。ネジ式ロック機構により、傾きが原因による空気漏れのロスなくしっかりと空気を入れる事ができます

重量110gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

このサイズでかつ高圧ポンプ・エアゲージ付きとベスト オブ ベストのスペックです。ツールケース(PWT製 215 mm)にちゃんと収まりますし、700 x 26Cタイヤ(110PSI)にも苦労なく充填できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

MEIBEI

自転車空気入れ

価格:1,570円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸長式ホースを採用

コンパクトサイズで携帯に便利な仏式、米式ポンプに対応のポンプです。手で押したり引いたりすることで、簡単に空気を入れる事ができます。付属のブラケットを自転車に取り付けることで、ポンプの持ち運びがとても便利になります。

 

アルミ製で、軽量の嬉しい119g。収納時の長さは18.8cmで、無理な力でバルブを損傷しないよう伸長式のホースを採用しています。

重量119gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

ロードバイクのタイヤに充填できました。伸縮のロックが無いので、ポンプの引き手を上に下状態で取り付ける必要が有ります。アルミで出来ているので剛性は高く、空気は入れやすいです。本体の重量がやや重いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

トピーク(TOPEAK)

レースロケット ゴールド

価格:3,168円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切り替え簡単

「スマートヘッド スレッドロック」を採用した小型軽量な携帯ポンプです。米式と仏式に対応し、バルブの切り替えはヘッドを回すだけ。バルブへの固定もネジ式で、高圧ポンピングでも抜けることはありません。

 

ダストキャップを開いてホースを引き出し、バルブにネジ込んでに固定する「スマートヘッド スレッドロック」は、ホースがフレキシブルで、どんなアングルからも操作しやすく、バルブにストレスがかからないため安心です。

重量85gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

ここ5年ほどこれを常備しています。サイズ・機能・重量のバランスが絶妙。実際パンクして3~4回使用。7気圧まで上げることは難しいですが、出先のパンクで、走れる状態に直すくらいなら十分です。口部分がネジ込み式なので、手で抑える必要がなく、チューブのバルブに変な力がかからないのが良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンディ|携帯ポンプの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5316504の画像

    トピーク(TOPEAK)

  • 2
    アイテムID:5316516の画像

    MEIBEI

  • 3
    アイテムID:5316528の画像

    LAND CAST

  • 4
    アイテムID:5316542の画像

    ジーヨ(GIYO)

  • 5
    アイテムID:5316554の画像

    YaPanda

  • 6
    アイテムID:5316565の画像

    Fityou

  • 7
    アイテムID:5316573の画像

    AiraceUSA

  • 8
    アイテムID:5316585の画像

    BETO

  • 9
    アイテムID:5316598の画像

    ジーヨ(GIYO)

  • 10
    アイテムID:5316611の画像

    BETO

  • 商品名
  • レースロケット ゴールド
  • 自転車空気入れ
  • 携帯ポンプ
  • GP-61S 携帯ポンプ
  • ミニポンプ
  • 携帯ポンプ
  • 携帯ポンプ
  • MP-036
  • GP-871E
  • PVP-003A
  • 特徴
  • 切り替え簡単
  • 伸長式ホースを採用
  • 軽い力でぐんぐん入る
  • ワンストロークでより多くの空気を
  • 女性も子供も気軽に使える
  • 付属品も豊富
  • ロードバイク、MTBに最適
  • サスペンション・タイヤ兼用
  • スタンダードな万能ポンプ
  • 世界最小・最軽量
  • 価格
  • 3168円(税込)
  • 1570円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 973円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 1489円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 重量
  • 85g
  • 119g
  • 110g
  • -
  • 100g
  • 145g
  • 100g
  • 246g
  • 144g
  • 50g
  • フレーム取り付け
  • 対応しているバルブ
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式、英式
  • 米式、仏式、英式
  • 米式、仏式、英式
  • 仏式

フロアポンプ|携帯ポンプのおすすめ人気ランキング5選

第10位

PWT

マイクロフロアポンプ

価格:2,187円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ながら140psiまで充填

出先でのパンク、空気入れにおすすめの携帯用ゲージ付きの携帯ポンプです。スリムなボディの内部に大容量のスペースを確保した携帯用としては、とてもパワフルなマイクロポンプです。小型ながら140psiまで充填することができます。

 

スリムなボディの内部に大容量のスペースを確保し、同サイズのポンプの約2倍の空気を一度に送ることができます。フットサポート付きでフロアポンプのように使用できます。格納式ホース、ステップ、見やすいゲージと機能性とデザインを両立。

 

2種類の専用ブラケット付きで、ボトルケージと併設やフレームの好きな箇所に結束バンドで固定などお好みの箇所に取り付け可能です。口金のアタッチメントの調整で、簡単に米式、仏式バルブに切り替えすることもできます。

重量190gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

サイズが大きくて重いのですが、空気を入れることに関しては非常に入れやすいです。もっとサイズが小さく手だけでポンピングするタイプのものも所持していますが、正直握力がつらいのですが、この商品は地面に置いて足で固定してポンピングできるため、力のない女性でも空気を入れることができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

GIYO

GP99

価格:1,400円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デュアルチャンバー構造による加圧テクノロジーを採用

デュアルチャンバー構造による加圧テクノロジーを採用しており、従来の携帯ポンプに比べて小さい力でポンピングが可能な携帯ポンプです。

 

女性でも、子供でも、小さな力で高圧までしっかり空気が入ります。異なるバルブタイプのタイヤに空気を入れる時も、アダプターを切り替える必要がなく、そのままポンピングすることができます。

重量117gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

この価格でクレバーバルブ装備、ハイボリュームorハイプレッシャーの切り替えがあるのも凄い。樹脂部はエンプラのようで強度的にも特に不安はないです。GIYOはかなりの製品ラインナップがありこのような上位モデルはあまり日本で見かけないので販売してもらえてありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

HOPOPRO

ミニフロアポンプ

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

錆にくく、耐久性も抜群

コンパクトで持ち運びやすい、携帯ポンプです。携帯ポンプの長さは19cm、重量は僅か90gです。自転車のドリンクホルダーの横に装着し、簡単に持ち運ぶことができます。海へ遊びに行く時にも鞄に入れておけば浮き輪やボールも膨らませることができます。

 

米式バルブと仏式バルブ両方に対応しているため、ロードバイク・クロスバイクなど多種の自転車に使用することができます。出先での応急措置用、緊急避難的な用途として、十分な機能を発揮する商品です。

 

高品質アルミ合金製で錆にくく、耐久性にも優れています。空気入れの表面に指はさみ防止用&滑り止め用のゴムカバーが装備されていて、内蔵のチューブを使って空気を入れる事が出来るため、女性でも操作楽々です。

重量90gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

前に使っていた物が壊れてしまったので、こちらを購入しました。前に使っていたのは携帯型ではなかったので、とにかくコンパクトなのに驚きです。全長は20センチ弱しかありません。小さめの鞄でも余裕で入りますし、自転車に取り付けることも出来るので使い勝手がとても良いです。バルブのコネクタも2種類付いてるので、ボール等にも使えて便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

Best Wish

ミニフロアポンプ RW-CPT88

価格:1,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めてでも分かる日本語説明書付

空気を入れるポンプ口金を交換できますので、仏式、米式、英式のバルブにも対応可能で、もっとも流通の多い通学やママチャリに使われる通常の自転車にも空気を入れることができるミニフロアポンプです。

 

持ち運びのできる携帯ポンプですが、空気を入れる際はフロアポンプと同様のフォルムですのでフットべダルとT字グリップで、上から体重をかけやすく軽い力でポンピングできます。力の弱い方、女性でも楽に高圧のエアーを充填できるように設計されています。

 

また、エアゲージで空気圧を確認しながら空気を入れることができますので、思い通りに安定した空気圧で空気をいれることができます。高圧の最大空気圧140psi(9.6bar)まで充填可能です。

重量200gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

収納されているホース部が約20cm、折りたたみのパイプを合わせると約50cm程
タイヤにつなぐホース部の長さがあるので、自転車と距離をとれるのでポンピングがやりやすいです。MTBのタイヤに入れてみましたが、20回くらいのポンピングで一目盛り上げることが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Samuriding(サムライディング)

ミニフロアポンプ

価格:1,880円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全バルブ対応・クレバーツインバルブ搭載

クレバーツインバルブを搭載した、自転車の携帯ポンプです。変換アダプタなしで、米式、仏式、英式バルブに対応しています。ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・ママチャリにも使用することができます。

 

自転車に取り付けるアタッチメントはもちろん、収納袋も付いているのでバッグの中にも入れておくことができます。また、自転車空気入れとしてだけでなく、ボールや浮き輪へのくうきいれにもお使いいただける2種類のニードル付きです。

 

台湾の中でも、台中は大手ブランドのOEM生産を手掛けるブランド・工場が密集しています。 その台中に拠点を置く世界有数のポンプブランドに、生産を委託しました。 某米国完成車の大手ブランドが委託生産を行っているので、品質は折り紙付きです。

重量約138gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

緊急時に使えそうなポンプを、、と思い購入。。携帯型という事で機能面ではあまり期待はしていなかったが、思った以上に空気が入り正直驚いた、、携帯ポンプ系は、小ささ故にポンピングのしずらさがネックになるかと思っていたが、こちらのポンプでは、ハンドルやフットステップがあるおかげで楽に空気が入れられた◎あと、付属の説明書もわかりやすかった◎

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

ジーヨ(GIYO)

携帯用マイクロフロアポンプ GM-71

価格:2,099円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザイン

フロアポンプの性能をそのままに、軽量かつスリムなボディの携帯ポンプにゲージが搭載されています。格納式ホース、足踏みステップ、握りやすいグリップと見やすいゲージ、コンパクトながら作業性とスタイリッシュなデザインが特徴です。

 

専用ブラケットは、ダウンチューブ、シートチューブなどのボトルケージ台座に取り付けるネジと、固定場所が自由で取り外しが可能なバンドの2種類で固定することが可能です。口金のアタッチメントの調整で簡単に米式、仏式バルブに切り替えをすることもできます。

重量215gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

想像はある程度してはいたがやはり手に持つとそのコンパクトさに感心する。
役目もしっかり果たせる。自分はスクーターの非常時のため車体に常備するつもりで購入したが、スペアタイヤキャリアにホルダーが括り付けられるようになっているのも有難い。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

AirSmith

携帯ミニポンプ

価格:3,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

140Psi/10Bar対応

コンパクトサイズながら、高圧140psi(10bar)まで対応している携帯ポンプです。空気圧ゲージ付のため、空気を入れすぎることもありません。T形状ハンドル、ステンレス製フットステップでフロアポンプのように楽に空気を充填することができます。

 

強度・耐食性・軽量性に優れたアルミ合金素材を使用。軽く携帯性に優れ、耐久性のある丈夫な設計。高級感のあるデープブラックも人気の理由です。

重量200gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

アルミボディがクール。ステップを出して体重をかけてポンピングできるので、8気圧までなら、大きさの割にはそこまで苦労せずに入ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

パナレーサー(Panaracer)

ミニフロアポンプ BMP-N21AGF2-S

価格:2,806円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気圧ゲージ付

フロアポンプにもハンドポンプにもなる、便利で丈夫なアルミ製のミニフロアポンプです。フットステップと一体になった回転式空気圧ゲージと、ハンドル部を収納する事によってストレート形状になるコンパクト設計です。


容量優先と圧力優先の切り替えが可能で、高圧対応を可能とするフリップヘッド(米式・仏式、反転式)を採用し、さらに英式クリップも付属しています。フレーム取付用アタッチメントも付いていて、便利で人気のある商品です。

重量-フレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

値段の割りにとても良い造りです。容量が少ないNANOOの14インチタイヤで試してみましたが、エアーが逆流するような事は無く、高圧モードで50回程のポンピングで大よそいい感じの35psiまで入りました。丈夫かどうかと聞かれると、決して堅固とは言えない構造ですが、必要にして最高のパフォーマンスを持っている商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

パナレーサー(Panaracer)

ミニフロアポンプ BFP-AMAS1

価格:1,536円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボール・浮き輪用アダプター付き

軽量コンパクトなアルミボディのミニポンプです。自転車取り付け用のフレームアタッチメント付きのため、持ち運びも簡単です。

 

空気が入れやすくなるフットステップも装備されていて、付属のアダプターを使用すれば、ボールや浮き輪にも使用することができます。

重量200gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

この商品はまず安かった。それでいてコンパクトだった。自転車に取り付けて持ち運べるというのが持ち味のようですが、僕は通常使いなので、玄関や物置に収納する予定で探していましたが、この商品だと下駄箱の靴の間とか、無駄になっていたスペースにするっと入ってしまいます。思いがけない商品と出会ってしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ジーヨ(GIYO)

GM-821 アルミミニフロアポンプ

価格:2,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大空気圧140psi(9.6bar)充填可能

携帯ポンプでスリムなフォルムながら、最大空気圧が140psi(9.6bar)まで充填可能なフロアポンプタイプの携帯ポンプです。重量200g、長さ300mm(携帯時)のコンパクトサイズで、フレームへの取り付けができます。

 

米式、仏式、英式の3種類のバルブに対応しているため、いざというときも安心の携帯ポンプです。

重量200gフレーム取り付け
対応しているバルブ米式、仏式、英式

口コミをご紹介

新しいロードバイクに取り付けるために購入しました。耐久性の良さは折り紙つき。ただ、細く小さいエアポンプゆえに、一度に入る空気の量は少なく、時間と労力はかかりますが、使い易さと携行性は魅力です。パンク修理ツールと共に必需品となっております。

出典:https://www.amazon.co.jp

フロアポンプ|携帯ポンプの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5316350の画像

    ジーヨ(GIYO)

  • 2
    アイテムID:5316357の画像

    パナレーサー(Panaracer)

  • 3
    アイテムID:5316362の画像

    パナレーサー(Panaracer)

  • 4
    アイテムID:5316372の画像

    AirSmith

  • 5
    アイテムID:5316400の画像

    ジーヨ(GIYO)

  • 6
    アイテムID:5316415の画像

    Samuriding(サムライディング)

  • 7
    アイテムID:5316436の画像

    Best Wish

  • 8
    アイテムID:5316448の画像

    HOPOPRO

  • 9
    アイテムID:5316459の画像

    GIYO

  • 10
    アイテムID:5316480の画像

    PWT

  • 商品名
  • GM-821 アルミミニフロアポンプ
  • ミニフロアポンプ BFP-AMAS1
  • ミニフロアポンプ BMP-N21AGF2-S
  • 携帯ミニポンプ
  • 携帯用マイクロフロアポンプ GM-71
  • ミニフロアポンプ
  • ミニフロアポンプ RW-CPT88
  • ミニフロアポンプ
  • GP99
  • マイクロフロアポンプ
  • 特徴
  • 最大空気圧140psi(9.6bar)充填可能
  • ボール・浮き輪用アダプター付き
  • 空気圧ゲージ付
  • 140Psi/10Bar対応
  • スタイリッシュなデザイン
  • 全バルブ対応・クレバーツインバルブ搭載
  • 初めてでも分かる日本語説明書付
  • 錆にくく、耐久性も抜群
  • デュアルチャンバー構造による加圧テクノロジーを採用
  • 小型ながら140psiまで充填
  • 価格
  • 2100円(税込)
  • 1536円(税込)
  • 2806円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1380円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 2187円(税込)
  • 重量
  • 200g
  • 200g
  • -
  • 200g
  • 215g
  • 約138g
  • 200g
  • 90g
  • 117g
  • 190g
  • フレーム取り付け
  • 対応しているバルブ
  • 米式、仏式、英式
  • 米式、仏式、英式
  • 米式、仏式、英式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式、英式
  • 米式、仏式、英式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式、英式

ボンベ|携帯ポンプのおすすめ人気ランキング5選

第5位

ティーエヌアイ(TNI )

ハイブリッドポンプ

価格:1,650円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボンベが無くなっても安心

CO2インフレーター機能と、ポンプの機能を併せ持った便利な携帯ポンプです。しかも、この機能で超コンパクト。市販のツールカンにも入る大きさです。

 

普段からCO2インフレーターを持ってバイクに乗る方にとっては、CO2ボンベの所持数は悩ましいところ。考えれば考えるほど、予備が増えてしまいますよね。そんな方でも、このポンプなら安心。ボンベが無くなっても、通常のポンプ機能で空気充填が可能です。

重量63g(本体)フレーム取り付け不可
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

この小ささは素晴らしいですね。小さくてツールケースにも入ります。チューブ交換時に少し空気を入れてるのに使いチューブ交換、交換後あとはCO2という人にはピッタリのものだと思います。空気入れとしては全然ですが、チューブ交換の補助なら小ささ含め最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Viaggio+

CO2 インフレーター

価格:1,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体+カートリッジ2本セット

クロスバイク、ロードバイク等のパンク修理に便利なインフレーターとガスカートリッジの2本セットです。インフレーターはネジ式ではなく押し込むだけのタイプで、効率良く簡単に自転車に空気を入れることが可能です。

 

また、つまみを回せば封入できるガスの量が調整できるため、空気を入れすぎることもありません。ガス注入中や、注入直後は本体が急速に冷却されます。使用する際には、直接触れないよう注意が必要ですが、使い勝手が良く人気のある商品です。

重量17gフレーム取り付け不可
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

普段使ってたインフレーターが劣化したため買い替えで購入しました。CO2カートリッジもこれまで使ってたものとほぼ変わりなく、操作面などこれまでと同じ様に使えそうです。あと、他のメーカーよりも安く購入できるのがいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

レザイン(LEZYNE)

CO2インフレ―ター CONTROL DRIVE

価格:3,828円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイヤル調整機構で簡単・確実に充填可能

回転式バルブを採用し、ねじるだけで必要な量だけ確実正確に充填できる、とても使いやすい携帯ポンプ(CO2インフレーター)です。100%CNC鍛造アルミニウム製で、ねじ式のCO2カートリッジ専用の商品です。

 

充填時に手を保護する凍結防止ジャケットが付いているため、安心して充填することができます。デザインもおしゃれで、人気のある商品です。

重量46gフレーム取り付け不可
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

しっかりした作りで、見た目もカッコ良くオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ROCKBROS

co2インフレーター

価格:2,399円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手操作可能

アルミニウム合金材質を高精度CNC加工・内蔵したストレージキャニスターです。緊急時の心強い味方で、チューブを交換した後、一瞬で空気が入り、タイヤが膨らみます。

 

軽量で、かつ片手で操作することができるため作業も苦になりません。所望の圧力まで充填したら、レバーを「close」位置に戻して、残ったCO2ガスは「最大1ヶ月間」保存することができます。

重量-フレーム取り付け不可
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

注入量の調整が出来るので、期待しています。
出来れば使うことが無い方が良いのですが、使ってみたいなーという気持ちもあります。
持っていてカッコいいので満足しています。
赤いスポンジが少し滑りにくく、タンクに装着するのに苦労しましたが、御愛嬌ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ティーエヌアイ(TNI )

CO2 ボンベセット

価格:1,039円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に使えるボンベタイプ

持ち運びに便利な、CO2ボンベセットです。米式と仏式の兼用タイプで、外出時の急なパンク修理に便利な商品です。

 

使用方法も簡単で、ボンベを装着し、チューブのバルブが開いているか確認した上で、ボンベヘッドをバルブにねじ込みます。その後、ヘッドを回転させることで、チューブに空気を充填することができます。

 

バルブを少し回転させるだけで簡単に空気が出るため、ゆっくりとバルブを開けて使用するようにしましょう。

重量-フレーム取り付け不可
対応しているバルブ米式、仏式

口コミをご紹介

めちゃくちゃ便利です。3000km以上走ってタイヤがかなり擦り減っている状態のところに数ミリのガラス片が刺さってパンク。常日頃お守り代わりに予備チューブとタイヤレバー、携帯ポンプ、それに当商品を常備してましたので無事に対応できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボンベ|携帯ポンプの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5316291の画像

    ティーエヌアイ(TNI )

  • 2
    アイテムID:5316310の画像

    ROCKBROS

  • 3
    アイテムID:5316325の画像

    レザイン(LEZYNE)

  • 4
    アイテムID:5316332の画像

    Viaggio+

  • 5
    アイテムID:5316339の画像

    ティーエヌアイ(TNI )

  • 商品名
  • CO2 ボンベセット
  • co2インフレーター
  • CO2インフレ―ター CONTROL DRIVE
  • CO2 インフレーター
  • ハイブリッドポンプ
  • 特徴
  • 簡単に使えるボンベタイプ
  • 片手操作可能
  • ダイヤル調整機構で簡単・確実に充填可能
  • 本体+カートリッジ2本セット
  • ボンベが無くなっても安心
  • 価格
  • 1039円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 3828円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 重量
  • -
  • -
  • 46g
  • 17g
  • 63g(本体)
  • フレーム取り付け
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 対応しているバルブ
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式
  • 米式、仏式

携帯ポンプだけでなくチューブも必要

今回ご紹介した携帯ポンプの他、パンクしてしまった時に必要となるのがチューブです。これも、タイヤのサイズに合ったものや素材で選ぶなど、様々な選び方の注意点があります。

 

これからパンク修理のために必要なアイテムをそろえる方は、下記の記事にて、ロードバイクチューブのおすすめ人気ランキング10選をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

より自分に合った携帯ポンプを手に入れよう

ここまで、携帯ポンプのおすすめの選び方や人気商品20選をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。用途やサイズ、重量などによって選び方が異なりますので、様々なポイントに注意して、より自分に合った携帯ポンプを手に入れましょう。

TOPへ