記事ID141373のサムネイル画像

学生ローンのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

お金に困ってるけど誰にも借りられない。そのように悩んでいる学生には学生ローンがおすすめです。学生ローンはすぐにお金が借りられるので多くの学生が利用しています。今回はおすすめの学生ローンや安全な学生ローンの選び方をご紹介します。

そもそも学生ローンとはなにか

学生ローンとは学生を対象に融資を行う消費者金融のことです。学生だと遊びや旅行などでお金が必要になりますよね。ですが学生だからアルバイトもあまりできず、お金がなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時におすすめなのが学生ローンです。学生ローンを利用すればすぐにお金を借りることができます。学生ローンは銀行のカードローンと比べて審査のハードルが低く、毎月の収入があれば18、19歳の未成年でも利用できます。

 

学生ローンは会社によって特徴が異なります。そこで今回は学生ローンの注意点やおすすめの学生ローンをランキング形式でご紹介します。どの学生ローンにするか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

学生ローンと銀行ローンはどう違うのか

学生ローンとは学生対象の融資のことです。学生ローンは銀行ローンとは違い、学生向けに融資をしています。なので銀行ローンよりも学生でも審査が通りやすい利用限度額や金利が低いといった違いがあります。


また銀行ローンは主に保護者が契約者となる場合が多いですが、学生ローンの契約者は学生本人で、学生証があれば借りられるという点でも異なります。そのためお金を借りるならば学生向けに優遇されている学生ローンの利用がおすすめです。

おすすめの学生ローン人気ランキング5選

第5位

友林堂

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

審査はたった5分

友林堂は全国のどこでも即日融資を受けられる学生ローンの会社です。友林堂では借入残高などの取引内容をネットで確認できます。他の学生ローン専門店ではないあまり使われていないサービスで、利用すると返済の計画を立てやすくなります。

 

友林堂の大きな特徴は最短5分で審査が完了することです。他の学生ローン専門店でも30分ほどかかるところが多いので、友林堂の審査はとても早いことがわかりますね。融資を受けるまでのスピードも業界のなかでもダントツで速いです。

 

友林堂の金利は12%〜16.8%と低く、来店せずに融資を受けられます。また友人紹介サービスがあり、抽選で500円〜5000円が紹介者と友人にプレゼントされます。紹介者と友人の両方にメリットのあるキャンペーンでとてもお得です。

金利14.4%〜16.8%審査時間最短5分
利用限度額1万円〜30万円
第4位

イー・キャンパス

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

学生ローンを利用したことがなくても安心

イー・キャンパスはサポートが充実している学生ローン専門の会社です。イー・キャンパスでは学生ローンに関して不安なことがあれば相談に乗ってくれます。そのため学生ローンを利用したことがない方でも安心して利用できます。

 

さらに追加の融資や返済方法まで問題があれば丁寧に対応してもらえるためおすすめです。イー・キャンパスの金利は14.5%〜16.5%で、来店せずに融資を受けられます。なので店舗から離れた場所に住んでいても利用できます。

 

イー・キャンパスではクイック診断という学生ローンの審査に通るかわかるものを受けることができます。気になった方は診断を受けてみましょう。ただし精度が高いわけではないので、診断結果がよくても必ず審査に通るわけではないことは覚えておきましょう。

金利12%〜16.8%審査時間最短30分
利用限度額50万円以内
第3位

アミーゴ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収入証明なしで借りられる

アミーゴは北海道から沖縄までの全国各地の学生が利用する学生ローンの専門店です。アミーゴでは様々なキャンペーンを行なっています。例えば来店で学生ローンの契約を行うと図書カードをもらえる特典があります。

 

また学費を支払う目的で学生ローンを借りた場合、金利は15.6%です。金利は審査に通らないとわからないことが多いので、あらかじめ金利が決められていると返済に必要な額をきちんと把握できます。

 

さらにアミーゴなら収入証明書を用意しなくても、学生ローンが利用できます。なのでアルバイト先や親にばれづらくなるでしょう。ですが収入証明書を提出すると金利の優遇があるので、提出した方がお得だといえます。

金利14.5%〜16.5%審査時間最短10分
利用限度額3万円〜50万円
第2位

フレンド田

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

18歳以上なら利用できるフレンド田

フレンド田は高田馬場にある学生ローンの専門店です。フレンド田も設立から40年ほどの実績があります。フレンド田では18歳、19歳でも学生ローンを利用できるところが大きな魅力です。

 

学生ローンは20歳以上から利用できるところが多く18歳、19歳で利用できるところは少ないといえます。ただし高卒以上が対象で、未成年の場合は親権者の承諾が必要です。実質年利は12.0%〜17.0%と低めに設定されており、セキュリティ面も問題はありません。

 

またフレンド田はネットで申し込みができるので、全国のどこにいても学生ローンを利用できます。問い合わせに対する対応も良く、相談があれば借入の前に相談に乗ってもらえるので安心です。

金利12%〜17%審査時間最短30分
利用限度額1万円〜50万円
第1位

カレッヂ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セブン銀行ATMが利用できる

カレッヂは1977年に学生ローン専門店として設立し、43年も営業を行なっています。多くの学生が利用しているので利用したことがない方でも安心です。またカレッヂは東京都から貸金業者として認められているため、信頼性が高いといえます。

 

カレッヂならどこに住んでいても、電話で審査に通れば融資を受けることができます。銀行口座さえあれば地方の方でも問題はありません。ですが自宅に書類が届くので、親に知られたくない方はお店で学生ローンを契約しましょう。

 

さらに銀行ATMから返済ができるので利用しやすいです。自社専用ATMを採用しているのはカレッヂのみです。また返済で銀行ATMを利用すれば、手数料がかかりません。ただしATMを利用する前に手続きをする必要があります。

金利15%〜17%審査時間最短30分
利用限度額1000円〜50万円

おすすめ人気学生ローン比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5292983の画像

  • 2
    アイテムID:5292982の画像

  • 3
    アイテムID:5292979の画像

  • 4
    アイテムID:5292981の画像

  • 5
    アイテムID:5292980の画像

  • 商品名
  • カレッヂ
  • フレンド田
  • アミーゴ
  • イー・キャンパス
  • 友林堂
  • 特徴
  • セブン銀行ATMが利用できる
  • 18歳以上なら利用できるフレンド田
  • 収入証明なしで借りられる
  • 学生ローンを利用したことがなくても安心
  • 審査はたった5分
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 金利
  • 15%〜17%
  • 12%〜17%
  • 14.5%〜16.5%
  • 12%〜16.8%
  • 14.4%〜16.8%
  • 審査時間
  • 最短30分
  • 最短30分
  • 最短10分
  • 最短30分
  • 最短5分
  • 利用限度額
  • 1000円〜50万円
  • 1万円〜50万円
  • 3万円〜50万円
  • 50万円以内
  • 1万円〜30万円

金利で選ぶならここで決まり|おすすめの学生ローン【条件別に紹介】

第5位

ニチデン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金利が低い

ニチデンは関西に店舗を構える学生ローン専門店です。ニチデンの大きなメリットは金利が低いことです。一般的な学生ローンの金利には幅がありますが、ニチデンの金利は9.125%で統一されています。10%を下回る学生ローンは多くありません。

 

そのため金利で選ぶならニチデンがおすすめです。また審査のスピードも早く最短10分の審査で即日融資を受けることができます。ただしニチデンは近畿圏在住の学生対象の学生ローンなので、店舗から遠くに住んでいる方は利用できないのがデメリットといえるでしょう。

金利9.125%審査時間最短即日
利用限度額1万円〜40万円
第4位

トーエイ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

親にバレにくい

トーエイは長期に渡って営業をしている学生ローン専門店です。20歳以上の収入がある学生を対象に学生ローンの融資を行なっています。トーエイの金利は15%〜18%で平均的だといえます。

 

トーエイは直接店舗に行かなければ学生ローンの申し込みができません。ですが契約書はその場で発行され、自宅に郵便物が届かないので親にバレにくいといえます。ただし返済が遅いと電話連絡や郵便物が届くこともあるので延滞しないように返済することが肝心です。

金利15.0%〜18.0%審査時間最短20分
利用限度額1万円〜50万円
第3位

キャンパス

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

申し込めばすぐに借りられる

キャンパスは学生ローンのサービスを行う会社です。キャンパスでは独自に行われている様々なキャンペーンがあります。キャンパスの通常の金利は16.8%ですが女性なら15.6%の金利優遇新卒社会人なら16.8%の金利優遇があります。

 

また紹介料サービスといって友人を紹介すると現金2000円から5000円をもらえるサービスもありお得です。一般的に学生ローンは学生しか利用できませんがキャンパスなら新社会人でも利用できる融資もあります。ですから就職前の学生の方でも利用できます。

金利14.4%〜16.8%審査時間最短即日
利用限度額50万円以内
第2位

マルイ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金利優遇があって借りやすい

マルイはさまざまな用途で学生ローンを借りられる学生ローン専門店です。あなたの都合に合わせて返済の方法を対応してくれます。在学完了中に完済する必要はなく、卒業後に返済することも可能です。マルイの金利は15%〜17%で平均的だといえます。

 

マルイの特徴は即日融資です。マルイは朝の営業時間が早く、審査は最短20分でスピーディーと評判が良いです。また親権者の同意書も必要ないので今すぐお金が必要な方におすすめします。ただし高田馬場の店舗まで行かなければ契約できません。

金利15.0%〜17.0%審査時間最短30分
利用限度額50万円以内
第1位

学協

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

予備校生でも借りられる

学協は関東在住向けに学生ローンを提供している会社です。学協で学生ローンを契約するにはお店へ行かなければいけません。初回審査は必ず店舗で行われます。電話やWebでは契約できないので少し手間がかかってしまいます。

 

ですが審査の際に学生ローンに関する詳細を丁寧に説明してもらえます。なので学生ローンに関する知識があまりない方でも安心です。金利は17.52%で、20歳以上の学生ならば借りられるので予備校に通っている方でも利用できます。

金利17.52%審査時間最短10分
利用限度額30万円

学生ローンに求める条件別おすすめ人気学生ローン比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5292989の画像

  • 2
    アイテムID:5292988の画像

  • 3
    アイテムID:5292987の画像

  • 4
    アイテムID:5292986の画像

  • 5
    アイテムID:5292985の画像

  • 商品名
  • 学協
  • マルイ
  • キャンパス
  • トーエイ
  • ニチデン
  • 特徴
  • 予備校生でも借りられる
  • 金利優遇があって借りやすい
  • 申し込めばすぐに借りられる
  • 親にバレにくい
  • 金利が低い
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 金利
  • 17.52%
  • 15.0%〜17.0%
  • 14.4%〜16.8%
  • 15.0%〜18.0%
  • 9.125%
  • 審査時間
  • 最短10分
  • 最短30分
  • 最短即日
  • 最短20分
  • 最短即日
  • 利用限度額
  • 30万円
  • 50万円以内
  • 50万円以内
  • 1万円〜50万円
  • 1万円〜40万円

人気の理由がわかる|学生ローンの3つのメリット

おすすめの学生ローンがわかりましたね。続いて学生ローンのメリットを3つご紹介します。学生ローンのメリットを知って、お金の問題を解決しましょう。

高田馬場なら18歳、19歳から申し込める学生ローンがある

高田馬場にある学生ローンは18、19歳の未成年でも借りられます。高卒以上の学生でアルバイト等の収入が見込める場合は学生ローンを契約できます。親権者の同意書を用意する必要はありません。

 

一般的な金融機関のローンは20歳以上でないと利用できないので、20歳未満でも借りられるのは学生ローンの大きなメリットです。しかし収入がない場合は審査に通るのが難しいです。

最短当日お金を借りられる

大学生になると旅行や合宿など、急にまとまったお金が必要になることもありますよね。学生ローン会社によっては申し込みから最短で申し込んですぐにお金を借りられます。ですから予定があるのにお金が足りなくて悩んでいる方は学生ローンを検討しましょう。

 

当日に借りたい方は申し込みの手続きを平日の午前中や昼過ぎなど早い時間に済ませる必要があります。日曜や祝日は休みの会社が多いので平日に比べると借りるまでに時間がかかることもありますが、翌営業日にはお金を借りられます。

審査基準が低いから手軽に借りられる

学生ローンは学生向けのローンなので、社会人向けの消費者金融や銀行のローンと比べると審査に通りやすい傾向があります。学生ローンを利用する前には必ず審査があります。

 

ですが審査といっても、借入の希望金額や返済能力があるかということを見られるためアルバイトをしていて返済がきちんとできる状態であれば手軽に借りることができます。

使う前に知っておくべき学生ローンの3つのデメリット

次に学生ローンのデメリットを3つご紹介します。学生ローンのデメリットを知らずに契約してしまうとあとになって後悔してしまいます。デメリットを理解した上で学生ローンを利用することが大切です。

利用限度額が低い

学生ローンのデメリットとして借りられる限度額が少ないことがあげられます。学生ローンは社会人向けのローンよりも利用限度額が低く設定されています。社会人向けのローンは住宅や車を購入するために利用することが多く、100万円以上の借入ができます。

 

しかし学生の主な収入源はアルバイトなので、学生ローンで借りられる金額は最大でも30万円〜50万円です。学費などのために100万円以上の借入をしたい方は消費者金融や奨学金も検討してみましょう。

返済方法が少ない

学生ローンは返済方法が少ないことです。学生ローンではカードが発行されないため消費者金融や銀行の返済方法でおなじみのATMが利用できません。学生ローンの返済は主に銀行振り込み、来店による返済、現金書留による郵送の3つです。

 

毎月返済するので自分の生活にあった返済方法を選ぶことで、スムーズに返済していくことができます。カレッヂやマルイの学生ローンなら、コンビニATMを利用をして返済できるので、コンビニを利用して返済したい方は上記の2社をおすすめします。

借りすぎてしまう可能性がある

学生ローンは借入の時の審査で融資限度金額を決められ、それに応じたお金を借りることができます。学生ローン会社によっては追加融資を申し込めます。追加融資に審査がいらない学生ローン会社もあります。


一般的に追加融資をするには再度審査が必要です。審査に通過すれば利用限度額を増やし、利用することができます。そのため必要以上にお金を借りてしまう可能性があります。お金を借りすぎると返済が大変になるので、学生ローンは計画的に利用することが大切です。

必ず気をつけたい|学生ローンを借りる時の注意点

学生ローンは学生がお金を借りられる便利なサービスです。しかし間違った方法で利用してしまうとあなたの身に危険を及ぼしかねません。ここでは学生ローンを借りるときに注意するべきポイントや利用上の注意点をわかりやすくご紹介します。

2chなどにのってる怪しい情報に惑わされないこと

学生ローンを申し込む時には怪しい情報に惑わされないようにしましょう。2chなどの掲示板にのってる情報は闇金業者によって意図的に書かれたものもあります。闇金とは違法な金利や取り立てを行う金融業者です。


闇金でお金を借りてしまうと、返済額が膨大になり破産するリスクがあります。また実際にSNSでのお金の借り入れでトラブルに巻き込まれるケースも発生しています。情報を正しく見極め、学生ローン会社が安全かどうか確認した上で利用することが重要です。

借入できる金額は年収の3分の1まで

学生ローンで借りられる金額は年収の3分の1までと決められています。限度額が3分の1までというのはお金を貸している業者に対して、必ず定められている決まりです。例えば5万円借りたい場合、年収は15万円ほど必要です。

 

金額が大きくなるほど必要な年収の金額も増えます。たとえ延滞せず返済できていたとしても、法律で決められているので年収が少ない方は大きな金額は借りられないと考えておきましょう。

学生ローンの利用には在籍確認が必要

学生ローンを利用するには在籍確認が必要なケースが多いです。在籍確認とは学生ローン会社が学校やアルバイト先へ連絡をすることです。学生証の提示で学校に連絡されることはありません。ですがアルバイト先に在籍確認を行う会社があります。

 

全ての会社で在籍確認が行われているわけではありませんが、収入に対して不安な点があると判断されたとき在籍確認を行うこともあります。ですが在籍確認は会社名や用件を言わず◯◯さんはいらっしゃいますか?と尋ねられるので、職場にバレる可能性は低いでしょう。

 

それでもアルバイト先の人に知られないようにしたい方は、バイト先の記入がなく在籍確認をされにくいイーキャンパスやアミーゴを利用すると良いです。

学生ローンを借りるための条件とは|学生ローンの審査通過のポイント3選

学生ローンのメリットとデメリットがわかりましたね。次に学生ローンを借りるための条件を解説します。学生ローンは学生なら誰でも利用できるわけではなく、利用するには審査に通過しなければいけません。そこで審査に通過するためのポイント3つをお伝えします。

18歳以上の大学生や専門学校に通う学生であること

大前提として学生ローンは18歳以上の学生でなければ借りられません。また高校生以下の学生は利用できません。学生ローンを利用するには高卒以上の学生であれば良いので大学、専門学校、短大や予備校など学校の種類は問われません。


ただし一部の学生ローンの会社では新社会人でも借りられるローンを提供しています。なので就職活動を終えた学生の方でも利用することができます。ローンの返済は自分の都合で決められるため、社会人になってまとめて返すことも可能です。

安定した収入があること

学生ローンは安定した収入がないと借りることができません。安定した収入というと曖昧ですが、アルバイトなどで少なくとも毎月3万円ほど稼いでいる必要があります。収入は審査に通過するための条件の中でもっとも重要なポイントです。

 

収入が少ないとローンを返さない可能性があると判断されてしまい、審査に落とされることが多いです。会社は利用者にローンを返済してもらわないと赤字になってしまうため、収入がない学生の融資は行なっていません。

利用目的が明確であること

学生ローンを申し込むときに利用目的を聞かれます。学生ローンの利用目的はさまざまですが、運転免許取得費用、学費、旅行の費用などが多いようです。答える時に嘘をつくとバレた時に思わぬトラブルに巻き込まれることがあるので、利用目的は正直に答えましょう。

 

しかし利用目的に投資やギャンブルなどと答えてしまうと返済できるのか信用してもらえず、審査に落ちる可能性が高いです。また他社の学生ローンの返済と答えた場合も、お金に困っていると判断され学生ローンを借りられないことが多いでしょう。

覚えておくと役立つ|学生ローンの借入・返済方法

次に学生ローンの借り入れの方法と返済方法をご紹介します。学生ローンを利用する時に必要な手順を知っておくことで、手続きをスムーズに進められるでしょう。

学生ローンの借入方法

まず学生ローンの借入方法をご紹介します。学生ローンの審査に通過すると決められた限度額をまとめて借ります。受け取る方法は店舗の窓口で現金受け取り、または銀行振込の2つです。

 

お店へ来店してお金を受け取るときは土日祝日ではなく平日に行くようにしましょう。学生ローン会社の多くは平日のみ営業しています。銀行振込は銀行の営業時間しか利用できず、平日の9時から14時30分までの間で受け取れます。

 

そのため土日祝日は借入ができません。平日でも夜遅くや銀行が閉まってからお金を受け取れないため、すぐにお金が必要ならば平日の午前中に学生ローンを申し込みましょう。

学生ローンの返済方法

学生ローンの返済方法を説明します。学生ローンの返済方法は銀行振り込み、来店による返済、現金書留による郵送の3種類です。返済でお金をかけたくない方はお店に直接行って返済しましょう。銀行振り込みで返済をする場合は、返済のたびに振込手数料がかかります。

 

利用する銀行によって変わりますが毎月100円〜700円ほどの手数料がかかります。また郵送で返済できる会社もあります。ただし送料は利用者負担です。学生ローン会社によって返済方法は違うので手数料が気になる方は利用する前に必ず確認すべきです。

 

さらに返済の期限が迫った状態で返済手続きをすると、トラブルがあったときに延滞してしまう恐れがあります。延滞をすると罰金や信用を落としてしまうため、余裕を持って返済手続きを行いましょう。

たった10分で解決|学生ローンに関するよくあるQ&A

つづいて学生ローンに関するよくある質問をご紹介します。たった10分で学生ローンに対する悩みや不安が解消されるはずです。

親にバレることはあるのか

学生ローンの利用を親にばれたくないと思う方は多いのではないでしょうか。結論からいうと学生ローンの利用方法によって見つかってしまうことがあります。ですが業者が自宅に来ることなどはなく、注意していれば親にばれる可能性は低いです。

 

親にばれる原因で多いのはカードローン会社からの郵便物や電話です。ネットで申し込みをすると契約書類が自宅へ郵送されたときに親にばれる可能性が高くなります。ですが店舗で直接申し込めば書類をその場で受け取れるので、書類の郵送はありません。

 

しかし返済が遅れた場合、催促の電話がかかってきたりはがきが自宅に送られてきたりすることがあります。なので返済はきちんと期日までに済ませるようにしましょう。

保証人は必要なのか

 

学生ローンでは保証人は必要ないです。学生ローン以外で学生がお金を借りる場合、親権者の同意や保証人が必要なことが多いため、保証人が必要ないということも学生ローンを利用するメリットといえるでしょう。

 

しかし銀行の学生ローンを利用するときは保証人が必要なことも多いです。また未成年で学生ローンを利用したい方は事前に親権者の同意が必要ないのか公式サイト等で調べておきましょう。

毎月の返済額はどれくらいか

学生ローンの返済額は自分で決められる会社が多いです。多くの学生ローン会社の返済額は利息分以上で良いとされており、借りる金額によっては1000円程度で構いません。なので自分の都合に合わせた返済プランが立てられます。

 

ですが月々の返済を利息分しかしていないと返済が長引いてしまう可能性が高いです。返済が長引くと支払わなければいけない利息も増えて、合計返済額が高くなります。お金に余裕があるときは多めに返済すると、計画的に完済できるでしょう。

学生ローンを借りるには何が必要か

学生ローンを申し込むには一般的に学生証保険証または免許証が必要です。学生証は必要書類としている学生ローン会社が多いですが、中には学生証を提示せずに借りられる会社もあります。


また振込をする際に利用するため銀行のキャッシュカードが必要です。必要書類は学生ローン会社によって異なるので、あらかじめ公式サイトを確認した上で申し込むようにしましょう。

学生ローンの利用は安全なのか

学生ローンを利用する上で会社の信頼性はとても重要ですよね。学生ローンの利用は消費者金融の営業を認められている会社なら安全です。学生ローン会社の公式サイトに情報が書かれているので、利用する前に確認することをおすすめします。

 

学生ローンの中には審査や金利が不要といった申し込みを誘う業者もあります。ですが正規の業者では、審査をせずに契約することはありません。怪しい業者を利用するとあなたの身に危険が及ぶこともあるので事前によく調べてから利用しましょう。

学生ローンを活用して学生生活を楽しもう

学生ローンを利用すれば、旅行や学費の支払いをサクサク済ませることができます。お金を借りる前に相談がしたいという方は、店舗へ行って相談すると悩みを解消できるでしょう。ご紹介した学生ローンで気になる会社があればぜひ申し込んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ