記事ID141368のサムネイル画像

消費者金融おすすめ人気ランキング!【絶対に失敗しない選び方】

消費者金融は最短即日、審査の通りやすさや無金利キャンペーンなどお金を借りる先として銀行よりも優れている点が多い金融機関です。初めて利用する方向けに消費者金融のおすすめ会社を紹介していきます!今回の記事を読んでいただければ安心してお金を借りることができます!

お金を借りる時消費者金融はおすすめ?

今すぐまとまったお金が必要だけど、誰から、どこから借りたらいいか分からない。

 

そんなときの選択肢として、消費者金融があると思います。

 

初めて消費者金融を使う人は、本当に安心して借りられるのか、不安な気持ちもあると思います。

 

結論から言うと、正しい知識を持っていれば、全く心配なく消費者金融で安心してお金を借りることができます。

 

この記事では、消費者金融の仕組みから、おすすめの消費者金融、消費者金融を利用する際の注意点についても徹底解説します。

 

この記事を読み終わる頃には、あなたもどこの消費者金融でお金を借りるか決めることができるでしょう。

消費者金融とは?仕組みを解説

消費者金融がそもそもどのようなものかしっかりとわかっていないと、消費者金融に対して良い印象を持っているという方は少ないと思います。

 

そもそも消費者金融とは、皆さんのような個人向けに、少額の融資を行っている業者のことです。

 

消費者金融の中では確かに過去には、「団地金融」「さら金」「街金」などと呼ばれている業者も存在しました。

 

消費者金融の代表的な大手企業は広告やテレビCMで見かけるようなアコム、プロミスなどが代表例です。

現代でテレビCMを出稿するためには企業としてクリーンな経営を行わなければテレビCMを放送することが出来ないので、テレビCMで見かけるということはしっかりと綺麗に経営しているということです。

 

それでは、この章では実際に消費者金融について解説していきます。

消費者金融の仕組み

なぜ、消費者金融は銀行と違って預金業務もしていないのに、個人向けにお金を貸し出すことができるのでしょうか?

 

結論を言うと、消費者金融は銀行からお金を借りて、それを個人向けに貸し付けています。

 

と言っても、銀行に払う金利と同じ金利で個人に貸付をしていては、消費者金融の業者に利益がありませんよね。

 

そのため消費者金融では、銀行融資よりも高い金利で個人に貸し付けをすることによって利益を得ています。

 

消費者金融は銀行よりも高い金利なのに利用者がいるのは「利便性」「サービス内容」「融資スピード」などが非常に銀行に比べて優れているからです。

 

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンを比較すると銀行カードローンの方が審査が格段に厳しいという現実があります。

 

これは、以前銀行が積極的に個人向け融資をした結果、返済することが出来ない人が続出したためです。

 

また消費者金融と違い、銀行カードローンは即日融資に対応していませんので、今すぐにお金が必要な人にはおすすめできません。

 

銀行カードローンが消費者金融よりも優れている点としては、銀行カードローンの方が消費者金融に比べて金利が低いというメリットもあります。

消費者金融と闇金の違い

消費者金融と闇金を混同してしまっている人も多く見かけます。

 

しかし、消費者金融と闇金のこれら2つは実際には全くの別物です。

 

消費者金融が賃金法という日本が定めた法律の範囲内で個人向け融資をしている一方で、闇金は賃金法よりも圧倒的に高い違法な金利で貸し付けを行っていることが特徴です。

 

闇金は日本の法律の範囲内ではない金利でお金を貸し付けるだけではなく、取り立てなど怖い思いをしてしまう可能性があるため、絶対に利用しないように注意してください。

消費者金融を利用する4つのメリット

カードローンには、消費者金融以外にも銀行系カードローンもあります。

 

今回は銀行系カードローンではなく消費者金融を利用する際のメリットをご紹介していきます。

 

銀行系カードローンに対して消費者金融のメリットは大きく3つあります。

  • 即日での融資に対応している
  • ネットで完結することができる
  • 家族や会社にバレることなく利用できる
  • 無利息期間がある

消費者金融のメリット: 即日での融資に対応している

消費者金融でお金を借りようとしている人の中には、当日中に借りたいという人もいるでしょう。

 

そのような急ぎの用件で現金が必要な人の希望通り、即日での融資に対応しているのが消費者金融です。

 

審査状況や審査申し込みの時間帯によっては翌日になる場合もありますが、ほとんどの消費者金融では最短1時間での融資が可能となっています。

 

それに対して銀行系カードローンは基本的には申し込む銀行の銀行口座が必要で、借り入れ申請から通常1営業日~3営業日ほど審査の時間が必要となるため、即日対応は原則行われていません。

 

そのため、当日中だったり、急ぎの用件で現金が必要な方は消費者金融の方が借り入れ速度が速いためおすすめです。

 

 

来社不要でネットで全て完結できる

大手消費者金融では、実際に消費者金融の店舗や街中に置いてある自動契約機に行かなくても、申し込みから実際の借入を行うまでを全てオンライン上で完結させることができます。

 

必要書類の提出や契約の手続きなども全てオンラインで完結するので、忙しい人でもスマホ1台で安心して申し込みを行えます。

 

アプリで借入できる「アプリローン」や、カードを発行せずに借入を行うことができる「カードレスローン」などのサービスも展開されているため、利用者の申し込みしやすい手段で申請可能です。

 

大手消費者金融は完全にネットだけで誰とも対面せずにお金を借りられるのに対して銀行系カードローンの申請は原則銀行に行かなくてはいけないため、若干心理的ハードルが高いと言えます。

家族や会社にバレることなく利用できる

消費者金融でお金を借りる際、家族や会社にどうしても知られたくないという方も多いでしょう。

 

職場へ電話をされたり、自宅に消費者金融からの郵便物が届いてしまうことはなるべく防ぎたいポイントですよね。

 

消費者金融では会社によっては家族にばれないための郵送物なしでOKのサービスや会社への電話での在籍確認を行わない利用者に優しい会社も存在します。

 

無利息期間が設定されている

大手消費者金融では、30日間の無利息期間を設けている会社が多いです。

 

これは申し込みをする消費者金融を初めて利用する方向けのサービスで、現金を借りて1ヶ月以内に完済することができれば利息が1円もかからないというものです。

 

消費者金融の無利息期間キャンペーンといったことは銀行では行っていないため、まだ消費者金融を利用したことがない方はこの無利息キャンペーン利用のために消費者金融を選んでも良いと言えるほど素晴らしいサービスです。

 

消費者金融は銀行系カードローンに比べると、それぞれの会社ごとに様々なサービスを設けていますので、ご自分にあった業者をお選びください。

大手消費者金融おすすめ人気ランキング5選

はじめて消費者金融を利用する人は、使い勝手がよく、サービスも充実している大手の消費者金融から利用するべきです。

 

今回ご紹介するのは「会社の信頼性・安全性」「金利」「サービス内容」など総合的に比較してランキング形式5社ご紹介していきます!

 

今回ご紹介する消費者金融はしっかりと運営していて闇金ではない会社なので安心してご利用ください。

第5位

レイクALSA

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

180日間無利息キャンペーン実施中のレイクALSA!

レイクALSAでは、申し込み後なんと最短15秒で審査結果が表示され、最短1時間での融資が可能となっています。

 

またWeb完結申し込みができ、カードレス契約システムも採用しているため、非常に使い勝手の良い消費者金融です。

 

5万円の借り入れまでなら180日間も無利息期間が設定されており、無利息期間については他社よりもお得になっています。

 

しかし、審査通過率は他社と比べて低めなため、他社での審査に落ちた人がレイクALSAの審査を通過する可能性は低いです。

第4位

アイフル

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイフルは、1,000円からの融資に対応しており、初めてキャッシングをする人でも安心して利用できます。

 

手続きなども全てWeb完結することができ、即日融資にも対応しています。

 

また、アイフルでは、会社への在籍確認を行う代わりに書類での在籍確認が可能となっており、会社にバレずにキャッシングすることができます。

 

過去にアイフルが悪質な取り立てを行っていたことが社会問題化しましたが、現在では消費者金融の取り立てが規制され、悪質な取り立てはありません。

 

第3位

SMBCモビット

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

誰にもばれずに利用できる消費者金融!

SMBCモビットは、審査時に必要な、会社への電話確認を行わないため、家族や会社に一切バレることなく借入することができます。

 

最短1時間で契約が完了し、無人契約機でその場でキャッシングができます。

 

また、パートやアルバイトなど、不安定な雇用でも借り入れできる可能性が高い消費者金融となっています。

第2位

アコム

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の大手消費者金融「アコム」

アコムは、プロミスと同じく知名度の高い消費者金融で、利用者数は業界No.1です。

 

ネット申し込みにも対応しており、来店不要で即日融資を受けることができます。

 

自身の銀行口座に最短1分ほどで融資が振り込まれるので、すぐに利用したい場合にとても便利です。

第1位

プロミス

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

知名度No. 1の消費者金融プロミス!

プロミスは知名度も高く、初めて消費者金融を利用する人にとっては使い勝手が良いです。

 

即日融資に対応しており、最短1時間での融資が可能です。

 

また、アプリで借入ができる「アプリローン」や、カードなしで入金・出金ができるサービスも展開しています。

消費者金融でお金を借りるときの実際の流れ|4ステップ

それでは、実際に自分に合った消費者金融からお金を借りる流れを4ステップに分けて解説します。

 

基本的に、どこの消費者金融でも手順は同じですので、まとめてご説明します。

  1. 消費者金融の公式サイトから申し込みをする
  2. 仮審査を行う
  3. 本審査を行う
  4. カードの発行と借り入れ

それではそれぞれの項目を解説していきます。

 

各消費者金融の公式サイトから申し込みをする

消費者金融には、電話や街中にある自動契約機からも申し込みをすることはできますが、webからの申し込みが自分の好きなタイミングですぐに申し込みができるのでおすすめです。

 

webから申し込む場合はまずは、各消費者金融のホームページの申し込みフォームを開き、必要事項を記入しましょう。

 

氏名や生年月日、住所、勤務先情報などを書き込み、内容確認をしてから送信します。

 

申し込み時には、本人確認のできる書類が必要になる場合もありますので、必ず用意してから申し込みを進めてください。

仮審査を行う

申し込み手続きが完了したら、消費者金融が申し込み内容に基づいて一度目の審査を行います。

 

大手消費者金融では、申告内容を人工知能(AI)によって自動で数値に直し、その数値が基準に達しているかどうかで融資の可否判断しています。

 

各消費者金融が設定している基準スコアはバラバラで、どの会社も公表していないため、申し込み者側の外部の人間が融資の数値基準から審査の可否を判断することはできません。

 

逆に言えば、ある消費者金融の審査に落ちたからといって別の審査も落ちるとは限りません。

 

諦めずに別の消費者金融にも申し込んでみることも可能です。

本審査を行う

仮審査に通ったあとは本審査に移ります。

 

本審査では、申し込み者の勤務先に電話をし、勤務情報について虚偽の申請がないかどうかを確認します。

 

基本的には勤務先の電話にかかってくるため、本人が電話に出ればその場で在籍確認は終了します。

 

また、本人の代わりに同僚や上司が出た場合でも、本人が在籍していることが確認できれば大丈夫です。

 

消費者金融会社は在籍確認の際、基本的に会社名を名乗らず電話をして本人がいるかどうかを確かめます。

 

なので基本的には、申し込み者が消費者金融を利用していることは勤務先にバレることがないような仕組みになっています。

カードの発行と借り入れ

本審査に通ると、借り入れ用のローンカードが発行されます。

 

カードは、自宅への郵送またはローン契約機での発行となり、カードを手にしたらATMなどで借入ができます。

 

最近のサービスでは、予め指定した銀行口座に振り込みが行われる場合もありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

カードレスで申請した場合には、会員番号などの情報が書かれた書類が発行されますので、無くさないように保管してください。

 

ここまでのステップを完了したら既に借り入れが可能です!

ここまで早い方だと最短で1時間という方もいらっしゃるようです!

消費者金融を利用するときの注意点

消費者金融は、正しい利用方法を知っていれば安心してお金を借りることができます。

 

間違った使い方をしてトラブルを招かないよう、消費者金融を利用する時の注意点もしっかりと確認しておきましょう。

 

学生は消費者金融を利用できる?

安定した収入が無い学生が消費者金融を利用する時には注意が必要です。

 

結論から言いますと、学生が利用できる消費者金融は限られていますが、20歳以上で一定の収入を得ていれば、キャッシング自体は可能です。

 

学生でもキャッシングが可能なおすすめの消費者金融は、レイクALSAです。

週に数日シフトにはいっており、しっかり在籍確認ができれば問題なく借り入れすることができるでしょう。

 

レイクALSAであれば、ネット完結で借り入れができ、親にバレにくいと言えます。

 

パート・アルバイトの人は消費者金融を利用できる?

結論から言うと、学生と同じように返済能力が確認されれば、パート・アルバイトでも消費者金融を利用できます。

 

直近3〜5ヶ月程度、パートやアルバイトでの収入が安定してあれば審査に通過しやすくなります。

 

もちろん本人の名義で申し込みを行うので、審査の段階で夫や夫の会社、親戚などにバレる心配もありません。

申し込み金額通りちゃんと借りられるのか?

キャッシング申し込み時に、借り入れ希望額を記入する欄があります。

 

しかし結論を言うと、必ずしも希望額通り全額借りられるとは限りません。

 

なぜなら、1回での融資金額には大体の相場が決まっているからです。

 

消費者金融を利用すると、キャッシング枠というものが設けられるのですが、最初に与えられる枠としては10〜50万円が相場です。

 

また消費者金融でのキャッシングは、他社での借り入れも含めて年収の3分の1以下までという規制がなされているため、限度額を超えてキャッシングすることはできません。

キャッシングは信用情報に傷がつくのか?

キャッシングを行うと、借り入れから返済までの記録が自分の信用情報として残ります。

 

もし、滞納してしまった場合、1ヶ月の滞納程度であれば事故情報として残らない場合も多いようです。

 

しかし、たび重なる滞納や強制解約の場合は最長で5年、自己破産の場合は最長で10年もの間事故情報として扱われてしまいますので注意してください。

 

当然そうなってしまうと、今後他社でキャッシングする場合や住宅ローンを組むときにも影響します。

 

消費者金融や銀行カードローンを利用するだけでは、信用情報に影響をそこまで大きく与えるわけではないので、遅延や延滞は繰り返さないようにしましょう。

おすすめの消費者金融を使うときのよくある質問Q&A

初めて消費者金融を利用する人にとってはわからないことも多くあると思います

 

今回は消費者金融を利用する方によくある質問5つに回答していきます。

 

 

審査が緩い消費者金融ってどこ?

初めて消費者金融を利用するときは、大手消費者金融のプロミスかアコムを使いましょう。

 

どちらも審査通過率が47〜48%と、消費者金融の中では非常に高い数値になっています。

 

他社での借り入れの際に遅延や延滞があまりにもある方や安定した収入がない方以外は審査に通る可能性が高いです。

 

また、大手の審査に一度落ちてしまった方や、過去に自己破産などの経験がある人は、中小消費者金融のアローやキャネットを利用してみましょう。

 

アローやキャネットは、金融ブラックの方にも積極的に融資を行っており、大手の審査に落ちた方でも借り入れすることができる可能性があります。

即日融資してもらえるの?

大手の消費者金融であれば、基本的に即日融資に対応しています。

 

Web完結で申し込みができ、審査も最短で30分、融資も最短で1時間から可能なところが多いです。

 

中小消費者金融でも基本的に即日融資に対応していますが、中には対応していない会社もあるので注意が必要です。

 

上述してきましたが、銀行カードローンは基本的に即日融資に対応していないケースが多いです。

 

即日融資を受けたい場合は大手消費者金融がおすすめです。

 

 

引越ししたら、申告する必要はあるの?

引越しや転職など、自分の個人情報に変更があった場合は、なるべく早く利用している消費者金融に連絡をしましょう。

 

返済をしっかりと滞納せずにしていれば、実際には個人情報はあまり関係ありません。

 

しかし引越しや転職を連絡していないことがバレれば、消費者金融側からの心象は非常に悪くなりますので、連絡しておいて損はないでしょう。

 

また、携帯電話番号が変わったときは連絡が取れなくなってしまいますので、速やかに報告しましょう。

クレジットカード払いのために借りてもいい?

今月クレジットカードの支払いが多くてお金が足りないと思ったときに、消費者金融で借りてもいいかという疑問を持つ方がいます。

 

結論から言いますとこれはやらないことをおすすめします。

 

これは会社で言えば自転車操業の状態と全く一緒で、借金を借金で返しているような状態です。

 

返せなくなってもまた別で借りればいいという考えになってしまうと、借金が雪だるましきに増えていき、最終的には自己破産という結果が待っています。

闇金で借りても大丈夫?

どの消費者金融でも審査に落ちて、あとは闇金という選択肢しか残っていないという方もいらっしゃいます。

 

結論、闇金からは絶対に借りてはいけません。

 

闇金業者は、トイチ(10日で1割)、トヨン(10日で4割)など法外な金利で貸付を行い、返済が遅れると追い詰めてまで取り立ててきます。

 

こうなってしまっては、もう普通の生活には戻れませんので、闇金に手を出すのは絶対にやめてください。

 

また、中小の消費者金融だと思って借りたら実は闇金だったなんてこともありますので、よく調べてから利用するようにしてください。

消費者金融おすすめまとめ

さて、ここまでおすすめの消費者金融や、消費者金融の使い方を解説してきました。

 

あなたのお悩みは解決できましたか?

 

今回紹介してきた通り日本の賃金法に則っている大手の消費者金融なら安心して利用することができます!

 

あくまでも借金をしているという自覚を持って、トラブルを起こさず計画通りに上手に利用しましょう!

 

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ