記事ID141366のサムネイル画像

お金を借りる方法おすすめ人気ランキング【即日・金利・目的別解説】

お金を借りたことがない方はどこでお金を借りれば良いのか難しいですよね。今回はそんな人向けにお金を借りる方法を1から解説していきます。今回は目的別におすすめのお金を借りる方法を解説していくので、どなたでも安心してお金を借りれるようになります!

目次

お金を借りるにはどうすれば良いの?

 

「どこが一番安全にお金が借りられるの?」

「金利を一番やすく済ますには?」

「いますぐお金が必要なんだけど、、」

「家族や会社の人にバレずにお金を借りれないかなぁ、、」

「専業主婦・フリーター・学生でもお金を貸してくれるところはあるのかな?」

 

などの疑問を持たれたことのある方も多いのではないでしょうか。

お金を借りる前は誰しもが慎重になりますよね。

 

銀行や消費者金融など、お金の借入先によって金利、審査の仕方やスピード、プラン、返済方法がそれぞれ違うので、お金を借りる際は、それぞれの特徴や違いを比較したうえで、あなたにマッチするベストな借入先を見つけることが非常に重要になってきます。

 

この記事では、人それぞれであるの借入目的ごとに合った安全でベストなお金の借り方を見つけられることを願って、全力で、即日借入・金利・目的からオススメの借入先まで徹底解説していきます!

 

まだお金を借りたことがなく、どこでお金を借りるか検討をしている方はぜひご覧ください。

 

*後々返済が過大な負担になってしまっては元も子もないので、あなたの返済能力の範囲内で無理のない借り入れを心がけ、ローンを有効に活用しましょう!

基本中の基本! 消費者金融・金融機関・信販会社の違い

「お金を借りる」と調べると、消費者金融・金融機関・信販会社の3つはよく目にするのではないでしょうか。

しかし、実際にそれぞれの言葉に対してしっかりと判別することができる方は少ないと思います。

 

  • 消費者金融:一般の個人に対して無担保での融資事業を中心とする貸金業を行っている会社
  • 金融機関:基本的に預貯金取扱金融機関を言う。銀行。
  • 信販会社:販売信用(消費者の商品代金の支払いを建て替えるサービス)を営んでいる会社。クレジットカード会社など。

 

このような分類の際、金融機関とは基本的に銀行(バンク)のことを表し、一方で消費者金融・信販会社の2つはノンバンクと呼ばれることが多々あります。

意外と知らない カードローン・キャッシング・フリーローンの違い

お金を借りる方法を知る前に!

あなたはカードローン・キャッシング・フリーローンの違いをしっかり理解できてますか?

意外と知らない人も多いので、ここで上記3つを解説していきます!

カードローンとキャッシング

まず、カードローンとキャッシングの違いは何なのでしょう。

最近では単に、金融機関・消費者金融・信託会社で借りる場合を「カードローン」、クレジットカードで借りる場合は「キャッシング」と呼ぶことが多いようで、双方に大きな違いはありません。

 

平成22年の「貸金業法」改正施行以前は、キャッシング は翌月一括返済、カードローンは毎月分割して返済という違いがありました。

主にキャッシングは消費者金融、カードローンは金融機関のものという分け方もできました。

しかし現在は、消費者金融の借入もカードローンと呼ぶようになり、返済方法も一括かリボルビング返済かを選べるようになったため双方の違いがなくなってきました。

 

また、クレジットカードに付帯するキャッシングも、一括かリボルビング返済かを選ぶことができるので、銀行のカードローン・消費者金融カードローン・クレジットカードキャッシングのサービス内容はほとんど同じと言えます。

 

カードローン/キャッシング とフリーローン

  カードローン・キャッシング フリーローン
扱っている先 銀行・消費者金融・クレカ会社 銀行
融資先 個人 個人
融資の種類 当座貸越 証書貸付
借り入れ回数 無制限(限度額内に限る) 1回の利用につき1回まで
金利 比較的高め 比較的低め
融資スピード 非常に早い 2回目以降も審査が必要で遅い

 

カードローンとは、銀行・消費者金融・クレジットカード会社などが取り扱う、専用のカードを用いて利用できる個人向けのローンです。

当座貸越(一定のお金の利用可能額の範囲内で自由にお金を借りたり返したりすることができる融資形態)を採用しています。

例:審査で100万円のカードローンご利用額が決まった場合、その枠内で1万円だけ借り入れる。もしくは、100万円借りることも可能。

 

フリーローンとは、銀行が取り扱っている個人向けローンで、事業用や投資用として使う以外の目的であれば自由に使うことができるローン。

証書貸付(金銭消費貸借契約書に署名、押印して、銀行から必要な分のお金をそのまま借りる融資形態)を採用しています。

よって、2度目以降の融資を受けたい際は、再び審査する必要があります。

お金を借りる4つのおすすめ方法|自分にあった資金調達方法を確認!

まず、お金を借りると一言で言っても、知人・家族からお金を借りるのか、銀行、消費者金融、クレジットカード、信用金庫、ゆうちょ銀行、信用保証協会、市役所、国からお金を借りる、など様々な方法があります。

 

その中でも今回の記事では、お金を借りるメジャーな4つのおすすめ(消費者金融カードローン・銀行カードローン・学生ローン・ファクタリング)に絞って、それぞれ順番に徹底解説していきます!

 

 

お金を借りるおすすめ方法① 消費者金融カードローン

 

消費者金融カードローンとは、消費者金融(プロミス・アイフル・アコムなど一般の個人に対して小口融資を行う業者)から、お金を借りることです。

 

上で言う「小口融資」とは50万円以下、多くても100万円程度の額を借りる事を指します。

それ以上の借入も可能ですが、その場合別のローン商品を検討した方が良いでしょう。

 

消費者金融カードローンの特徴として、下記の5つが挙げられます。

  1. 融資のスピードがとても早い!
  2. 口座開設が不要
  3. 金利は比較的高め
  4. 無利息期間がある
  5. 総量規制の対象

融資のスピードがとても早い!

消費者金融カードローンでは、手軽な借入が可能で、身分証明書さえあれば最短1時間でキャッシングすることができます。

 

クレジットカードは申し込みから利用まで1週間程かかりますから、消費者金融カードローンはとても早いことがわかります。

 

また、他のキャッシングサービスと比べても審査時間はとても早いです。

口座開設が不要

消費者金融カードローンの場合、銀行口座が必要無いため、特別な手続きは必要ありません。

申し込み時に銀行口座を登録しない限り、そのまま銀行口座が不要でカードローン利用が可能です。

その代わり、借入・返済にはローンカードを使う必要があります。

また、取引は基本的にATMで行われます。

金利は比較的高め

消費者金融は、銀行のカードローンに比べると金利はやや高い傾向にあります。

  金利(年間) 借り入れ限度額
プロミス 4.5%-17.8% 1~500万円
アコム 3.0%18.0% 1~800万円
アイフル 3.0%-18.0% 1~800万円
SMBCモビット 3.0%-18.0% 1~800万円

 

消費者金融の金利は、3~18%が相場です。

※初回の契約では、適用金利は上限の約18パーセントのなる場合が多いです。

 

消費者金融の金利は、契約額(借入枠)によって決まり、初回の場合借入枠が最大でも50万円までになるケースが多く、金利も上限金利が適用されます。

無利息期間がある

消費者金融では初回利用などの無利息サービスが非常に充実しており、最大の魅力です。

無利息サービスとは、初回契約に限り、30~60日間利息ゼロでお金が借りられるサービスです。

消費者金融 サービス内容 条件
プロミス 初回の出勤の翌日から30日間金利0円 メールアドレスを登録し、web明細サービスを利用の初回利用者
アコム 契約日の翌日から30日間 初回契約に限る
アイフル 契約日の翌日から30日間 初回契約に限る
レイクアルサ 契約日の翌日から60日間

契約額1万~200万円

webからの申し込みの初回利用者

 

総量規制の対象

また、金融機関(銀行)以外のカードローンやキャッシングは貸金業法が適用され、貸金業者からの借入できる残高は年収の3分の1を上限とする、総量規制の対象になります。

    総量規制の適用
カードローン 金融機関 対象外(銀行法適用)
  消費者金融 対象
キャッシング 信販会社(クレカ) 対象

 

消費者金融はイメージが悪い?サラ金?

消費者金融と聞くとあまり良くないイメージを持たれる方も少なくないですよね。

 

実は、消費者金融がまだ「さら金」と呼ばれていた時代に、今ほど法律が整備されていなかったため、強引な取り立てが横行し悪いイメージが定着していました。

 

さら金とはサラリーマン金融の略称で、元々サラリーマンを対象として小口融資を行う企業が多かったことから呼ばれ初めた呼称です。(闇金とは全く違います。)

 

一方で今や、強引な取り立てをしたら、一発で営業停止処分を喰らいますので、闇金のような高利貸付や悪質な取り立ては一切ありません。

 

アコムやプロミスなどの消費者金融は金融庁に認可された法律に則った正規の貸金業者です。

 

また、アコムやプロミスなど大手消費者金融は借入から30日間利息のつかないサービスなども行なっており、その効果もあってか、日本信用情報機構(JICC)によると2020時点での消費者金融等の利用者は1000万人以上と、単純計算で日本の成人の約9人に1人が利用しているという計算です。

 

昔のイメージを引きずる人もいまだに多いですが、消費者金融は今や安全に使えるお金に困った時にとても便利なサービスです

お金を借りるおすすめ方法② 銀行カードローン

 

銀行カードローンとは、その名の通り銀行からお金を借り入れることです。

 

銀行カードローンの特徴として、下記の5つが挙げられます。

  1. 金利が比較的低め
  2. 比較的審査が厳しい
  3. 無利息期間サービスは基本的にない
  4. 手数料無料で使えるATMが多い
  5. 総量規制対象外

金利が比較的低い

銀行カードローンは消費者金融カードローンの金利と比べると全体的に低めに設定されています。

消費者金融などは初回利用の場合は、信用度があまり高く無いため、金利が18%と設定されることが多いですが、銀行カードローンは平均して50万円以下の借り入れの場合は14%前後のことが多く、100万円程度の借入だと12%くらいになるケースが多いです。

 

比較的審査が厳しい

銀行カードローンの審査は、大手消費者金融よりも金利が低い分、また、法律による借入額の縛りがないため、銀行独自の審査基準を設けており、消費者金融カードローンよりも審査が厳しく、時間がかかる傾向にあります。

 

多重債務者や、信用情報に問題がある方は、銀行カードローンの審査に通過するのは困難でしょう。

 

とは言っても、ほとんどの銀行カードローンは働いていて安定した収入がある方であれば申し込みが可能で、お金持ちでないといけないということでは決してありません。

無利息サービスがない

多くの大手消費者金融カードローンが無利息サービスを提供している一方、銀行カードローンで無利息サービスを提供している銀行はほとんどありません。

 

そのため、まずは消費者金融でお金を借りて金利0キャンペーンが終了したら銀行カードローンに申し込むという方が多いようです。

手数料無料で使えるATMが多い

ATMは、カードローンの借入や返済の際に利用されます。

しかし、ATMの手数料はカードローン会社によって本当に様々で、完全無料のところから、毎回手数料がかかるものもあります。

 

返済時に毎月1回ATMを利用するとしても、年に12回、返済完了まで3年などと考えると、手数料も捨てたもんじゃありません。

 

銀行のカードローンは手数料無料で使えるATMが比較的多いので、無駄なコストを抑えられます。

総量規制対象外

また、金融機関(銀行)以外のカードローンやキャッシングは貸金業法が適用され、貸金業者からの借入を行うことができる残高は年収の3分の1を上限とする総量規制の対象になるります。

 

一方で銀行の場合、銀行法が代わって適用されるため、年収の3分の1を超えても審査が通る限り借入を行うことが可能です。

お金を借りるおすすめ方法③学生ローン・奨学金|学生向け

学生ローンとは、基本的にアルバイトなど毎月安定した収入のある20歳以上の学生(専門学生・大学生・短大生)を対象にお金を融資する金融機関のことです。

 

今月飲み会が多くて、、

卒業旅行に行きたいけどお金が少しだけ足りない、、

今月お金がキツいけど親には言えない、、

 

など、大学生でも何かとお金が必要な機会は多いですよね。

学生ローンを利用すれば、学生であっても親に内緒でお金を借りることができます。

 

学生ローンの特徴として、下記5点が挙げられます。

  1. 18歳から申し込みのできる学生ローンもある
  2. 比較的審査基準が低い
  3. 利便性にかける
  4. 限度額が低い
  5. 金利が比較的高い

18歳から申し込める学生ローンもある

学生ローンは、基本的にアルバイトなど毎月安定した収入のある20歳以上の学生(専門学生・大学生・短大生)のみが対象ですが、未成年でもお金を借入することができる学生ローンもあります。(例:アイシーローン・フレンド田・カレッジ)

 

とは言っても、高校生は借入することはできません。

また、20未満の未成年が借りられる上限額はどこも一律で10万円となっています。

比較的審査基準が緩い

学生ローンは学生向きということもあって、審査が比較的ゆるいです。

アルバイトを週に数日しかしていない場合でも融資を受けることができます。

 

また、学生ローンは借りられる金額が低いので、ほとんどの場合在籍確認といった勤務先に電話されるようなこともありません。

利便性にかける

学生ローンは消費者金融カードローンや、銀行カードローンに比べるとどうしても利便性にかけます。

学生ローンのお店の店舗数は圧倒的に少ない傾向にありますし、基本的にATMで借入・返済することはできません。

主に来店や銀行振り込みとなっています。

また、残高照会方法が電話かメールでの問い合わせなど、カードローンと比べると少し利便性が低く不便です。

借り入れ限度額が低い

学生ローンの限度額は50万円程度です。

大手消費者金融の限度額(アコムの限度額:800万円)と比べると、限度額が大幅に低いことがわかります。

しかし、学生ローンにも総量規制が適応されるので、借入を行うことができる額は最大であなたの年収の3分の1までです。

そう考えると、限度額よりも総量規制の方に影響されるケースの方が多いです。

金利が比較的高い

学生ローンの実質金利は15~18%と、銀行カードローンと比較すると高いと言えます。

金利の高さを比べると、

銀行カードローン < 学生ローン ≦ 消費者金融 

といった具合です。

お金を借りるおすすめ方法④ファクタリング|売掛金のある事業者向け

ファクタリングとは、自社が保有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡・売却する事によって、売掛債権から諸手数料を引いて現金化する資金調達方法です。

 

売掛金とは営業取引から発生した未収金で、1年以内に現金・預金での回収が見込まれるものですので、売掛債権とは、それを請求できる権利です。

 

日本の商習慣として、信用取引の後日払いが大半であり、ほとんどの場合で取引完了後、半月〜2ヶ月後にその報酬を得る事になります。

 

商品を販売したり、依頼された仕事を完了した際は売り上げを計上しますが、その対価として現金の支払いを受けるまでの期間は売掛金という債権の形で保有します。

 

その入金待ちの請求書を買い取ってもらって、早めに現金化してしまうのがファクタリングです。

ファクタリングの特徴として、

  1. 最短1日スピード資金調達
  2. 銀行融資に比べると手数料が高いが審査が優しい
  3. 取引先が倒産しても回収義務がない
  4. 担保・保証人なしで利用可能
  5. 信用情報に影響しない(融資NGでも利用可能)

などが挙げられます。

 

売掛金をお持ちの事業者の方には「ファクタリング」がおすすめです。

即日でお金を借りるなら消費者金融がおすすめ【今すぐお金が欲しい】

今すぐお金が欲しい!というスピード重視の方には、融資までのスピードが圧倒的に早い消費者金融がオススメです。

銀行のカードローンは消費者金融に比べ、比較的金利は低いのですが、即日融資には対応しておらず、最短でも翌営業日の融資になってしまいます。

 

一方で、ほとんどの大手消費者金融は、融資までの時間が最短1時間ととてもスピーディーで、一瞬のうちに借入完了することが可能です。

また、消費者金融は平日だけではなく、土日や休日でも即日現金を借り入れすることができるため、いつでも好きな時に好きなタイミングで利用可能です。

大手消費者金融おすすめ人気ランキング3選

消費者金融と一概に言っても、どの消費者金融を選べば良いかわからないという人も多いですよね。

大手消費者金融でも異なる特徴や強みがあるので、全て比較した上で自分にあったものを選びましょう。

ここでは、即日でお金を借りたい人にオススメの大手消費者金融3選をご紹介します。

第3位

アコム

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「はじめての、アコム」でおなじみ、知名度が高く、新規申込者が多い大手消費者金融がアコムです。

データを公開している消費者金融大手3社の中でも3年連続トップで新規申込者数を獲得しています。

 

また、アコムは消費者金融の中でも融資スピードが早く、プロミス同様 webからの申し込みで審査時間が最短30分、最短60分でお金を借りられます。

 

さらに、融資金額はプロミスの「最大500万円」に対し、アコムは「最大800万円」と300万円多く設定されています。

キャンペーン30日間無利息期間
第2位

プロミス

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CMでもよく見かける、知名度の高いSMBCグループの消費者金融がプロミスです。

プロミスは、アプリで借り入れのできるアプリローンや、カード発行なしで融資を受けられるカードレスキャッシングなど利用者にとって便利なサービスを多く提供しています。

アプリローンを活用し、アプリから申し込むと、セブン銀行ATMで最短1時間の即自治融資が受けられますし、カードレスキャッシングなどは自宅に郵送物一切なしでお金を借りることができます。

 

店舗も全国に展開しており、土日祝日でも審査、振込、借入可能、登録から申し込み方法までも非常に簡単なので、初めて利用するユーザーにとっても安心です。

 

また、プロミスも30日間利息無料なのですが、アイフルやアコムなど他の消費者金融が契約日翌日から30日無利息なのに対し、プロミスは借入日翌日から30日カウントするので、日数を無駄にしてしまうことがありません。

 

プロミスは他の大手消費者金融同様、審査時間は30分、最短で1時間で融資が可能です。

また、プロミスの瞬フリを使えば、原則24時間最短10秒で即日融資が受けられます。

キャンペーン30日間利息0円
第1位

アイフル

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大手消費者金融の中でも、圧倒的親切、丁寧な対応で定評があるのがアイフルです。

わからないこと・気になることがあれば、なんでも専門のスタッフが丁寧に教えてくれるので、初めてお金を借りる方にも安心して使っていただける、自信を持ってオススメできる大手消費者金融の1つです。

 

また、サポートが充実しているだけではなく、女性専用フリーダイアルが用意されていたりと、女性が借りやすいサービスでもあります。

初めてアイフルを利用する方は、30日間の無利息サービスを使うことができ、審査は最短30分、最短即日融資にももちろん対応しています。

 

加えてアイフルは豊富なローン商品を取り扱っており、SuLaLiという限度額10万円の女性向けカードローンや、最低融資額が100万円といった高所得者向けのファーストプレミアムカードローンといったカードローンなど豊富なカードローン商品を展開しており、あなたの用途に合わせて選択できるようになっています。

キャンペーン30日利息0円

大手消費者金融おすすめ人気ランキング3社一覧比較早見表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5292938の画像

  • 2
    アイテムID:5292933の画像

  • 3
    アイテムID:5292926の画像

  • 商品名
  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • 特徴
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • キャンペーン
  • 30日利息0円
  • 30日間利息0円
  • 30日間無利息期間

大手消費者金融の審査で落ちても中小消費者金融でもお金を借りられる!

大手消費者金融の審査で落ちてしまった、、

審査に通る自信がない、、

でも、どうしてもお金が必要、、、

 

こんな時もありますよね。

そんなあなたも諦めないでください。

 

大手消費者金融の審査に落ちてしまった方でも、中小消費者金融の審査に通る可能性はあります。

なぜなら、大手消費者金融は巨大な審査センターにより、コンピューターによる自動審査を行っています。

 

一方で、中小消費者金融は基本的に審査担当者のて審査がメインです。

よって、時間は大手よりもかかってしまいますが、自動審査ではじかれてしまった方も、中小消費者金融では審査に受かる可能性があるというわけです。

 

しかし、正直なところ、大手の消費者金融に比べて中小消費者金融に関する情報は少なく、事業規模が大きくないです。

そう言われると、本当に安心してお金を借りることができるのか不安になってしまいますよね。

 

そこで、この記事では、安心して自分にあった借入先を見つけてもらえるように、今回紹介する中小消費者金融は、法に従って正規に営業している、日本貸金業協会の会員企業のみです。

 

日本貸金業協会とは、国内の貸金業者による自主規制や機能強化を測る目的で運営されている団体です。

 

一般消費者向けの相談受付・闇金の情報公開・生活再建支援のカウンセリング・紛争解決の相談などのサービスを提供しており、消費者を守るための活動も行なっていおり、安心して利用していただき得ます。 

中小消費者金融おすすめは「フクホー」

大手消費者金融に受からなかった人におすすめの中小消費者金融は「フクホー」です!

この章では中小消費者金融「フクホー」について解説していきます。

フクホー

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フクホーは大阪の浪速区を本拠に消費者金融を営んでいる中小消費者金融です。

 

中小消費者金融ではあるものの、インターネットを介した融資サービスを行なっています。

基本的に中小消費者金融は大手と比べて柔軟な審査が期待できますが、実際、極端に審査が甘いというわけでもありません。

 

実は、中小消費者金融の審査通過率は、大手消費者金融を利用できなかった人が流れてくるパターンが多いということもあり、想像以上に低いです。

そのような中で柔軟な審査で定評のあるのが「フクホー」です。

「他社で断られてしまったけど、フクホーなら審査に通過できた」という口コミも多く、大手消費者金融の審査に落ちてしまったけど、お金の借入をしたい方にオススメです。

※逆にフクホーの審査で落ちてしまったら、正規金融機関での借入は厳しいと思った方が良いかもしれません。

フクホーでは、15時までのお申し込みで即日融資対応も可能です。

 

また、フクホーはカードローンではなく、証書貸付を採用しており、融資額を提示されたらあとは返済をくり返すのみです。

 

カードローンに比べると多少不便はありますが、逆にいうと、明確に返済期間が決まっているので、ズルズルと返済を先延ばしにすることなく完済しやすい借入サービスです。

 

フクホーの特徴として、カードの発行が不要で、銀行口座に直接振り込んでもらえること、また、セブンイレブンのマルチコピー機を利用して契約書類の受取りが可能であること、借入限度額が200万円と比較的低いことが挙げられます。

 

低金利でお金を借りるなら銀行カードローンがおすすめ!

「何としてもできるだけ低金利でお金を借りたい!」

という方は、絶対に銀行のカードローンがオススメです。

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が低めに設定されているため、利息負担を軽減することができます。

 

代表的な銀行カードローンの金利比較は以下の通りです。

銀行カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 2.9%-14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%-14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%-14.6%

と上記のようになっています。

 

大手消費者金融は最高の金利が18.0%である場合がほとんどだったので銀行カードローンの方が金利を抑えることができると言えます。

銀行カードローンのおすすめ人気ランキング3選

早速、低金利でお金を借りたい方にオススメ人気の銀行カードローンを3つご紹介します。

第3位

みずほ銀行カードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が提供する銀行カードローンです。

 

メガバンクという安心感に加えて、銀行カードローンならではの低金利、年金利2~14%と銀行カードローンの中でも低金利な設定になっています。

 

とにかく利息を抑えて借入したい方はみずほ銀行カードローンがぴったりです。

 

また、取引に使うカードとして、カードローン専用カードだけではなく、キャッシュカード兼用型もあるので、お好みの方を選択して下さい。

第2位

三井住友カードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三井住友カードローンは、三井住友銀行が提供するカードローンです。

お申し込みは24時間365日スマホ・パソコンから可能で、全国の三井住友銀行・提携コンビニATMでいつでも、なんででも手数料無料で利用できます。

 

返済はお近くのATMで入金・インターネットバンキングへのお振込・または、毎月自動口座振替の3つがあり、ご返済日は毎月5日・10日・15日・25日・月末の4つからあなたのご都合にあわせて選ぶことができます。

 

また、三井住友銀行カードローンはローン契約きでカードの受け取りができ、店舗によって営業時間は異なりますが、基本的にローン契約機は平日、土日祝日も21時まで利用可能ですので、お仕事終わりにカードを受け取るなんてことも可能です。

 

先にネットで申し込みを行い審査結果が通知されてから、ローン契約機でカードを受け取りましょう。

第1位

楽天スーパーカードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天スーパーカードローンは、楽天市場でおなじみの楽天株式会社の傘下にあるネット銀行「楽天銀行」が提供するカードローンです。

楽天スーパーカードローンは銀行ならではの圧倒的に低い金利とお得な入会キャンペーンで急激に利用者を増やしています。

また、楽天スーパーカードローンは口座開設が不要で、契約手続きを進めることができます。

普通預金口座の口座開設は手間がかかってめんどくさいという方におすすめです。

学生がお金を借りるなら学生ローンはおすすめ?

 

結論から言うと、学生だからといって必ずしも学生ローンがおすすめとは限りません。

 

利便さを取るなら、学生であっても消費者金融カードローンがおすすめです。

 

少しでも低い金利が良い、もしくは、アルバイトを初めてまだ数ヶ月など審査に通る可能性を選ぶなら学生ローンがおすすめです。

学生で使用できる銀行カードローンもいくつかありますが、審査に通る可能性が低く、あまり現実的ではありません。(三井住友銀行カードローン・みずほ銀行カードローンなど)

 

学生ローンの事業規模は比較的小さめで、大手消費者金融や銀行カードローンに比べれば、サービス充実度や利便性は圧倒的に劣ります。

また、金利は借入額にもよりますが、大手消費者金融より若干低いくらいの設定で大きな差はありません。

 

よって、少しでも金利を低くお金を借りたい学生、大手消費者金融の審査に受からなかった学生、もしくは絶対に在籍確認をして欲しくないなどの場合は学生ローン、そうでなければ大手消費者金融カードローンを使うことをオススメします。

 

とは言っても、学生ローンが気になる方のためにオススメの学生ローン3選をご紹介します。

 

※そもそも学生ローンだけでなく、一般的に貸金業社や銀行からお金を借りることのできる絶対条件として、

・20歳以上であること

・本人に安定した収入があること

が挙げられます。

この「本人に安定した収入がある」という項目について、両親の仕送りや奨学金、預貯金などは全く考慮されません。

 

学生ローンであっても、収入の一切ない方はお金を借りることができないことを押さえておきましょう。

また、安定した収入というのは「1年以上アルバイトを続けている」というのを目安に考えてみると良いです。

 

※通常カードローンを利用する場合、在籍確認が行われますが、個人名を使って電話をするため、お金を借りようとしていることがバレる可能性は非常に低いです。

 

一方で、学生ローンでは電話連絡をせずに契約できる会社も多いので、絶対に電話されたくない方は学生ローンの方が良いかもしれません。

専業主婦でもお金を借りれる!主婦がお金を借りるおすすめ方法

専業主婦でもお金を借りることはできるのでしょうか?

答えはYESです!

 

配属者に安定した収入がある場合、専業主婦でも基本的に銀行カードローンの審査に通ります。

しかし、専業主婦は、消費者金融やクレジットカードの信販会社の審査にはほとんど通りません。

 

なぜなら、銀行のカードローンは、貸金業法で定められた総量規制の対象外だからです。

 

総量規制とは、貸金業者からお金を借りる際、個人年収の3分の1しか借入できないという法律です。

専業主婦は実質年収0ですから、この総量規制によってカードローン審査に引っかかってしまうわけです。

 

一方で、銀行では銀行法が代わりに適応され、総量規制が対象外であるために、収入を得ていない専業主婦でも融資を受けることができます。

よって、銀行カードローンは配偶者収入があれば、専業主婦でも安定な収入があると判断し、無職やニートとは別の扱いになります。

実際に多くの銀行が専業主婦への貸付に対応しており、特にネット銀行は専業主婦に対して前向きな融資を行なっています。

とは言っても、専業主婦が借りられる上限金額は10~50万円未満であるケースがほとんどです。

メガバンクの銀行カードローンの場合でも限度額一杯の借入は難しく、同じく最高で10~50万円ほどになる場合がほとんどです。

ネット銀行系のカードローンは、メガバンク(三井住友銀行、東京UFJ銀行、みずほ銀行)とは違って専業主婦の融資に対して前向きな印象があり、審査も通りやすいです。また、専業主婦の方にとっては嬉しい要素かもしれないネット完結だから、夫にバレずにお金を借りることができると言う点が挙げられます。

専業主婦の方におすすめのネット銀行カードローンはジャパンネット銀行カードローンです。

フリーターでもお金を借りれる?

フリーターの中にも、

お金がどうしても必要、、

お金を借りたい、、

と言う場合がありますよね。

とはいえ、正社員ではなく非正規雇用であるフリーターがお金を借りることはできるのでしょうか?

結論から言うと、銀行や消費者金融の扱うカードローンであれば、フリーターでもお金を借りることができます。

ただし、フリーターは正社員に比べ収入や勤務年数が安定していない傾向にあるため、カードローン審査は慎重に行われる傾向にあります。

実際にフリーターがカードローン審査で見られるポイントは以下の3つがあります。

 

  1. 勤務年数
  2. 借入件数・他社借入額
  3. 過去の金融関係の歴史

 

上記のように、「勤務年数が短い」「金融事故を過去に起こしている」などの場合は審査に通るのが難しいですが、

そうでない限りは基本的に安定した収入がある限りカードローンを利用できます。

 

※フリーターがカードローン審査に通るためのポイント

 

  • 借入希望金額を低めに設定
  • アルバイトを掛け持ちしている場合は全て申告
  • 社会保険に加入
  • 複数のカードローンに申し込まない
  • 虚偽の申告をしない

 

カードローン審査に受かりたいフリーターの方は、これらを頭に入れておきましょう!

フリーターにおすすめの消費者金融は「アイフル」

アイフル

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フリーターの方で、どの消費者金融でお金の借入をするか迷ったら、アイフルがおすすめです。


アイフルは大手消費者金融の中でも、圧倒的親切、丁寧な対応で定評があり、わからないこと・気になることがあれば、なんでも専門のスタッフが丁寧に教えてくれるので、初めてお金を借りる方にも安心して使っていただける、自信を持ってオススメできる大手消費者金融の1つです。


また、サポートが充実しているだけではなく、女性専用フリーダイアルが用意されていたり、30日間の無利息サービスを使うことができたり、審査は最短30分、最短即日融資にももちろん対応、とサービス・サポート共に充実しています。

売掛金をお持ちの事業者の方には「ファクタリング」がおすすめ!

急ぎで現金が必要な時や融資が受けられない企業にとって、心強い資金調達手段になっているのがファクタリングです。

ファクタリングとは、自社が保有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡・売却する事によって、売掛債権から諸手数料を引いて現金化する資金調達方法です。

売掛金とは営業取引から発生した未収金で、1年以内に現金・預金での回収が見込まれるもので、売掛債権とは、それを請求できる権利です。

ファクタリングは、現金化が最短即日と早く、2社間ファクタリングを活用することで取引先にバレることもなく、信用情報にも悪影響が出ずにノンリコース、担保・保証人なしで使えるので資金繰りに悩んでいる経営者の方におすすめです。

お金を借りるのにおすすめできない方法は?|詐欺に注意

お金を借りる際に一番怖いのが闇金など詐欺業者からお金を借りてしまうことですね。

そのようなことを避けるために今回は闇金業者の特徴を解説していきます。

 

闇金とは、貸金業者でありながら、国に届け出を出していない違法業者のことです。

 

通常、店舗型・インターネット経由で融資を行うサイト型など営業形態関係なく、消費者金融などの貸金業を営む場合、特定の役所に開業申請や登録をし、国から許可を得る必要があります。

 

しかし、闇金は法外な金利で悪質な取り立てを行いより多くの利益を得たいがために、国や都道府県への登録を行わず、利用者を地獄へ陥れます。

闇金の特徴として下記の3つが挙げられます。

・契約方法と取り立てが悪質

・法定金利を超える条件で融資する

・ブラックリストの人に返済能力以上の額を融資する

契約方法と取り立てが悪質

多くの闇金は白紙委任状にサインを求めてきます。

ここにサイン・押印してしまうと、後から闇金の都合の良い内容を記入されその条件にあなたが同意したことになり、法的な効力が発生、どんなにめちゃくちゃな内容でも従うしか無くなってしまいます。

 

例:「借金の返済ができない場合、給料・財産を差し押さえても異議を唱えない」とあなたがサインした白紙委任状に後から書かれてしまうと、返済ができなくなった場合に無条件であなたの給料・財産が差し押さえられます。

 

また、住所や電話番号などの個人情報を教えてしまうと、後々悪質な取り立てに苦しむことになってしまいます。

自宅に怖い人が押しかける、脅迫されるなど、テレビの中のお話のように聞こえるかもしれませんが、実際のところいまだに多くの人が苦しんでいるのが現実です。

 

最終的には、あなただけでなくあなたの友人や同僚、家族にまで取り立てが及び、周りの人まで不幸に、あなたの生活や人間関係までをどん底まで陥れてしまいます。

法定金利を超える条件で融資する

カードローンなどの融資商品の金利は、賃金法というしっかりとした法律で、最高でも20パーセントと決められています。

ですが闇金は、

・10日で3割(トサン)

・10日で5割(トゴ)

など

法定金利を大幅に超えた融資を行います。

また、闇金のやり口も巧妙で、「うちはトゴだけどお客さんならちゃんと返してくれそうだからトサンでいいよ」

などと言葉巧みに融資につなげて来ようとします。

ブラックリストの人に返済能力以上の額を融資する

闇金はブラックリストにのっているようなお金に困っている人を狙ってきます。

金利や利息はどうでもいいから今すぐお金が欲しいという心理につけ込み、膨大な利息を支払わせるため、ブラックの人や多重債務者に簡単に融資します。

そして利息を含めた借金は返せなくなってしまい、最終的には自己破産に追い込まれます。

もう一度言いますが、どんなに困っても、闇金だけには手を出さないようにしましょう。

個人間融資はおすすめできない!やめるべき理由

個人間融資とは、TwitterなどのSNSや掲示板を利用して行われるお金の貸し借りです。

金融機関の融資とは違い、個人間ですから審査などもありません。

ブラックや多重債務者になど、主に何らかの理由で金融機関からお金が借りられない人に利用されています。

個人融資と聞くと、一見悪くないように思われるかもしれません。

しかし、結果から言うと個人間融資には手を出さないのがあなたのためです。

理由は主に3つあります。

 

  • 闇金や詐欺業者が高確率で紛れている
  • トラブルが起こったとしても警察が介入することができない場合がある
  • 違法金利での取引が横行している

上述した項目と似ていますが、詐欺業者が紛れ込んでいる可能性が非常に高く、法外の金利で取引されていることが多いのでしっかりと消費者金融や銀行かりお金を借りられる方は借りましょう。

お金を借りる時によくある質問|お金のQ&A

ここではお金を借りる際によくある質問に答えていきます。

では実際に見ていきましょう。

無職でもお金を借りることはできますか?

この記事で主に紹介した、消費者金融・銀行・信販会社・学生ローンなどでは、お金を借りることのできる人の条件として、「安定した収入があること」が挙げられ、収入のない無職の方がお金を借りることは難しいです。

しかし、ニートや失業中でもお金を借りられる方法は以下3つあります。

 

  1. 国の融資を受ける
  2. 生命保険の契約者貸付を利用
  3. 内定者ローン

 

  1. 国の融資を受ける

失業中であれば、総合支援資金という制度を利用できます。

市役所にある社会福祉協議会の窓口から、失業や減収などを理由に生活困難に陥っている人に救いの手を差し伸べてくれる制度です。

  1. 生命保険の契約者貸付を利用

終身保険・養老保険・個人年金保険・学資保険のいずれかに加入している場合、この契約者貸付を利用することで、ニートや失業中であっても、保険を解約した時に支払われるお金を元にしてお金を借りることができます。

融資審査を受ける必要もなく、簡単にお金を借りることができるので、生命保険に加入している人にとっては、お金を借りる良い手段となります。

 

  1. 内定者ローン

卒業後の就職が内定しているのであれば、今アルバイトをしておらず収入がないとしても、内定者専用ローンを利用することができます。

内定者ローンは銀行やろうきんが提供する学生向けローンです。

お金を借りる時に在籍確認なしでも借りれますか?

金融機関からお金を借りる際、会社への在籍確認の電話は大きな不安要素ではないでしょうか。

会社の上司や同僚にお金の借入をしていることがバレるのは嫌ですよね。

 

結論から言うと、在籍確認が一切無しでお金を借りることのできる金融機関は存在しません。

在籍確認はあなたの信用性・返済力を計る重要な工程なのです。

 

しかし、在籍確認は必ずしも電話審査というわけではなく書類審査など、電話以外の方法で行なっている場合も多くあります。

 

在籍確認を行われたくない方は電話連絡のないカードローン会社を利用することをお勧めします。

誰にも知られずにお金を借りることはできますか?

結論から言うと、誰にも知らずにお金を借りることは可能です。

誰にも知られずにお金を借りたい場合も、先ほど「お金を借りる時に在籍確認をしなくてもお金を借りられますか?」で紹介した、電話連絡のない金融機関でお金を借りることで親や友人にバレることなく生活費を工面できます。

 

また、絶対にバレずにお金を借りたい際は、電話連絡の有無だけでなく、以下の2点にも注意しておきましょう。

 

  1. 郵送物を無しにできるか
  2. カードレスで借入することができるか

お金を借りるおすすめの方法まとめ

以上、お金を借りるおすすめの方法でした!

 

消費者金融カードローン・銀行カードローン・学生ローン・ファクタリングとみてきましたが、結局、万人に共通した絶対的に良い貸金業者などなく、各社比較した上で、あなたのニーズにぴったりの借入先を見つけることが重要です。

 

比較検討するのには時間もかかり、めんどくさいのも事実ですが、あなたにマッチした借入先を見つけることで、結果的に、ミスマッチがへり、負荷やストレスも減り、とあなたに返ってくるので、かしこい情報収集を心がけ、借入の目的に合わせて消費者金融や銀行カードローンなどうまく活用していきましょう!

 

自分のニーズがぼんやりしている方は、とりあえず一番使い勝手が良く無利子期間のある大手消費者金融で考えてみることをオススメします。

大手消費者金融は利用者も圧倒的に多く、サービスも充実しているので、がっかりすることはないでしょう。

 

あなたにマッチする借入先が見つかり、あなたの生活や心が少しでも豊かになることを願っています!

 

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ